現在、ネットトレードで為替証拠金取引を楽しんでいますが、商品先物取引も体験したいと考えています。しかし、若干気がかりがあります。「ナニワ金融道」という漫画では商品先物取引で身を滅ぼす場面が出てきます。あれは極端な例であるにせよ、オンライントレードをしているにもかかわらず、電話が自宅や会社にかかってくるようなことがあれば、生活しづらくなります。そこで質問があります。
 商品先物取引のオンライントレードをするに当たり、レバレッジを低く保てば、頻繁にトレードすることなく、決済月まで長期間にわたりポジションを保持することが可能か。日常生活に大きな負担となることなく取引を続けていくことができるでしょうか。レードで成功するかしないかは、個人の資質や努力 によるところが大ですが、平均的な素人投資家を想定した場合のアドバイスをお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

# レバレッジを低く保てば、頻繁にトレードすることなく、決済月まで長期間にわたりポジションを保持することが可能か。



基本的には可能です。
当限になると建玉制限があるのでたくさんは持てません。


# 日常生活に大きな負担となることなく取引を続けていくことができるでしょうか。

個々の投資家によって違いますので回答不能です。


商品先物は岡藤商事とSBIフューチャーズとセンチュリー証券に口座がありますが、ずいぶん前にSBIがまだイーコモディティーだった頃、何度か連絡があったくらいで、他は電話連絡は無いです。
センチュリーは証券の方で不足が発生したときに電話がありました。
勧誘系の電話があっても「いらない」と言えばおしまいです。
資料請求したあと電話がしつこかったのはスターアセット証券で、スターフューチャーズ証券という名前の頃です。着信拒否してましたけど。
    • good
    • 0

だいぶ、勉強されている様なので最後に1つ。


長期保有は可能です、多くのファンドもその様な取引だと推察します。
問題は、リスクのヘッジを、どのようにするか、それに尽きると思います。
例 さやとり、建玉の操作法、試し玉の活用法など
あとは、ご自分で勉強してください。
    • good
    • 0

>決済月まで長期間にわたりポジションを保持することが可能か。


#1さんと基本的には同じです。

しかし、現実的に
たとえば、金を1枚取引します、倍率は確か1000倍です。
今2335円で、売買すると実際の取引額は2,335,000円になります。
10%、20%の変動は株でも、為替でもありますよね。
そうすると、1枚でも、20万から40万円の損益は出てしまいます。
その時の価格変動に精神的に耐えられますか?..1枚ですよ

長期間保有して価格が戻る可能性は十分ありますが、決済日が決まっています、
それまで
>日常生活に大きな負担となることなく

できますか?、始めるとしたら、1枚から時間をかけて経験を積みましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 確かに値動きが早いのが先物取引の特徴ですから、長期間保有するためには価格変動に耐えられるだけの資金がなければなりません。
 昨日、商品先物取引のセミナーに行ってきました。そこでは、損切の重要性を繰り返し主張していました。将来の価格変動はほとんどわからない。大きく下落することもあり、その時、資金を使い切ったら市場から退場することになる。これを避けるためには、損切が不可欠であるという内容です。商品先物取引の参加者の多くがこのような考え方の上で取引しているのであれば、私のような長期投資は、少数派になります。長期投資で利益を上げている方がいれば、それを真似ようと考えていたのですが、このような観点はあきらめたほうがいいと感じました。有難うございます。

お礼日時:2006/07/30 15:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q商品先物取引業者 オンライントレード

商品先物のネットトレードで質問です。
 1.皆さんのお勧めの会社がありましたら教えてください。(できればお勧めポイントや悪い点なども)
 2.ネットトレードのみなのに先物会社から自宅、勤務先に勧誘が来ることはありましたか?
興味はあるんですが何かと悪いイメージが浸透してますんで経験者の方のご意見をお伺いしたいです。
ちなみにネットトレード以外ではやるつもりはないです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1、北辰商品
http://www.hokushinshohin.co.jp/
手数料が安く約定も早い。早いってのは、他に使ってた会社よりも
体感速度が速いと感じただけで、最速かどうかは知りませんが。
ちなみに工業製品、貴金属のみで穀物の売買はできません。

2、ありません。
っていうか、あり得ないのでは??なぜなら、その会社でトレードする
ってことは既に口座が開いてるのだから、さらに新規勧誘する意味がない。
ネットトレードなんで、当然アナリストや外務員から無料でアドバイスを
もらえるわけでもありません。

ま、株の信用やるよりわかりやすいと思うよ。

Q為替証拠金取引と比較した上での商品先物取引について その2

 前回に続いての質問です。商品先物取引のオンライントレードをするに当たって、初心者 が玄人のカモにされる可能性について
 情報量や経験の差により初心者 が一方的に不利にならないか。為替証拠金取引においては、初心者 であっても十分に利益を上げることができます。反対に機関投資家であってもコンスタントには勝てない。インサイダー取引がなく、また、市場規模が極めて大きいため投機筋の仕掛けがあっても市場が短期間に吸収してしまい、市場が混乱することが少ないなど非常に公正な市場であると見ています。これに対して、商品先物市場は、情報が一部の専門家に集中してしまい、一般投資家が情報を得た時点では市場の流れから取り残されてしまわないか。また、投機筋により市場が混乱されることはないのか。という心配があります。最初から商品先物取引で大きな利益を得ようとは思っていませんが、短期間で市場から退場するようなことにはなりたくありません。トレードで成功するかしないかは、個人の資質や努力 によるところが大ですが、平均的な素人投資家を想定した場合のアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

# 情報量や経験の差により初心者 が一方的に不利にならないか。

なる場合は当然あります。商品相場に限ったことではありませんが。


# 為替証拠金取引においては、初心者であっても十分に利益を上げることができます。

この根拠がわかりません。
個人的には円が対ドルで50円、対ユーロで70円みたいなところまで円高になったら、相当たくさんの素人が「為替証拠金取引は危険」と言い出すんじゃないかと思ってるんですが。
もしそういうレベルの「利益を上げることができます。」ではなくしっかりとしたスタイルを確立してマーケットに対応できているのなら、商品相場についても大した疑問は無いと思うんですが。


# これに対して、商品先物市場は、情報が一部の専門家に集中してしまい、一般投資家が情報を得た時点では市場の流れから取り残されてしまわないか。

そういうレベルの情報もあるしそうでない情報もありますが、株と比べればインサイダー情報、インサイダー取引なんてものはほとんど無いです。為替と同じ程度です。
仕手戦ぐらいでしょうか。でも最近は仕手戦らしい仕手戦はほとんどありませんが。


# また、投機筋により市場が混乱されることはないのか。という心配があります。

最近は仕手戦らしい仕手戦はほとんどありません。
ある程度の恣意性は入ります。
商品相場は仕手戦があっても株みたいに原資産価格が半年やそこらで2倍にも3倍にもなるようなことは無いです。


# 短期間で市場から退場するようなことにはなりたくありません。トレードで成功するかしないかは、個人の資質や努力によるところが大ですが、平均的な素人投資家を想定した場合のアドバイスをお願いします。

まず成功しない場合があることについて覚悟すること。最悪の場合はお金が無くなって撤退しなくてはいけなくなる覚悟をする。
次に自分のスタンスを確立すること。特にお金のこと。
運用資金量と最大許容損失額を決める。最悪の場合いくら無くなっていいのか。
そのつぎに、ちゃんと相場の研究すること。儲かる可能性が高いと思える方法論が無ければやらない。わからなければやらない。商品相場にかぎったことではありませんが。

「商品相場は儲かるか」ではなくて、商品相場をやる蓋然性を見つけることです。
エネルギーは1日のボラが大きいからデイトレに向いてるとか、総じてトレンドを形成することが多いのでトレンドフォローに向いてるとか、いろいろあるはずです。
それが無ければ、為替で儲かっているなら為替でいいじゃないですか。
なぜ商品相場をやろうとしているのかよく考えてみてください。

# 情報量や経験の差により初心者 が一方的に不利にならないか。

なる場合は当然あります。商品相場に限ったことではありませんが。


# 為替証拠金取引においては、初心者であっても十分に利益を上げることができます。

この根拠がわかりません。
個人的には円が対ドルで50円、対ユーロで70円みたいなところまで円高になったら、相当たくさんの素人が「為替証拠金取引は危険」と言い出すんじゃないかと思ってるんですが。
もしそういうレベルの「利益を上げることができます。」ではなくしっか...続きを読む

Q信用取引(or 商品先物取引)をやめさせたい

80歳ちかい父が信用取引 or 商品先物取引に手をだしてしまったようです。証拠をみつけたわけではないのですが、電話でそれらしきことを話していたのを聞いたのです。

本を買いあさったり友達にきいてみたりと激しく行動もおこしています。

昨日、問い詰めたのですがやってないの一点張りです。
本を買いあさったりネットをみているのは友達のためだし、見ているだけで面白いからと言います。

電話では夜中に起きてパソコンでチェックしたよ~とか3万がどうとか。ボタンを押したら
すぐだからねぇ。下がるから焦ったよ。。なんて調子よく話してました。

友達のために夜中にパソコン立ち上げたり、さがったりあがったりで一喜一憂するでしょうか。

元々簡単に借金をする人で、株でも大損をしています。
貯金はほぼゼロです。年金と後は母からちょろまかしたお金を集めて資金をかきあつめていると
思います。

お金がない人間が手をだす信用取引もしくは商品先物取引では、ないのは本人はわかっているのですが、回りの友人達(あそべるお金をもっている方々)が儲けているのを聞き、始めずには
いられなかったのだと思います。

今日、聞き出してもやってない!やるわけないだろ!と逆切れです。
やっているのは確実なんですが。

どうにか証拠を突き出したいのですが。
証券会社からは郵便物が届いていないので局留めにしているのか?
何も送ってこないよう依頼しているのかわかりません。

株をしているときはパソコンの前から離れず、株にのめりこんでいたのは一目瞭然だったのですが
今回はそうでもないのです。

数千万もの借金が出来るまでにどうにかやめさせなければ残った家族が一生をかけて
返していかなくてはなりません。
証拠を見せ付ければやめさせられるのですが。
パソコンの中をみるのはできません。

どうかどうかご教授よろしくお願いいたします。

80歳ちかい父が信用取引 or 商品先物取引に手をだしてしまったようです。証拠をみつけたわけではないのですが、電話でそれらしきことを話していたのを聞いたのです。

本を買いあさったり友達にきいてみたりと激しく行動もおこしています。

昨日、問い詰めたのですがやってないの一点張りです。
本を買いあさったりネットをみているのは友達のためだし、見ているだけで面白いからと言います。

電話では夜中に起きてパソコンでチェックしたよ~とか3万がどうとか。ボタンを押したら
すぐだからねぇ。下がるか...続きを読む

Aベストアンサー

二回目です。

信用取引の「信用」とは、「お金の後払い」という意味です。要するに、借金をして投資をするイメージです。ですから、100万円のキャッシュを投じて、さらに900万円を借りて、合わせて1千万円で投資する。、、、こんな感じです。だから投資が紙くずになったら、借金だけが残るという事態にもなりかねません。

素人は、信用取引をしないが無難です。

お父さんが投資に失敗して破産したら、お父さんが作った借金を返すために、お父さんの資産が没収されます。貴方名義の資産は無事です。しかし貴方が保証人になっていたら、貴方の資産も没収されます。お父さん名義になっている自宅や店舗その他を、貴方名義に変えるのが良いかも知れません。しかしすでに担保が設定されていたら、時すでに遅しです。

お父さんが信用取引に熱中しているようですね。もしかしたら、すでにかなりの額を損しているのかも知れません。2002年にノーベル経済学賞を受賞したプリンストン大学のダニエルカーネマン教授(心理学)のプロスペクト理論によると、人間は賭けに勝つと保守的になり、負けると積極的になる、との事です。負けだすと、負けた分を取り戻そうと、賭け金をつり上げたりすると。お父さんの投資状況を、家族で把握しておくべきと思います。

二回目です。

信用取引の「信用」とは、「お金の後払い」という意味です。要するに、借金をして投資をするイメージです。ですから、100万円のキャッシュを投じて、さらに900万円を借りて、合わせて1千万円で投資する。、、、こんな感じです。だから投資が紙くずになったら、借金だけが残るという事態にもなりかねません。

素人は、信用取引をしないが無難です。

お父さんが投資に失敗して破産したら、お父さんが作った借金を返すために、お父さんの資産が没収されます。貴方名義の資産は無事です。しかし貴方が...続きを読む

Q商品先物のデモトレード

商品先物でデモトレードができる業者はありますか?
操作の練習のためということではなく、デモ口座にてあたかも実トレードを行っているかのようなシミュレーションをしたいと思っております。
例えば、FXで言えばCMSのデモ口座のようなものを探しています。
何卒よろしくお願いいたします。
(別途、株式のカテゴリーでも株式についての同様の質問をいたします。よろしければ、そちらのほうもお願いいたします。)

Aベストアンサー

浪漫飛行
CXカフェ
あたりはどうですか?

Q先物取り引きにオンライントレードはないとの勧誘は詐欺?

タイトルの通りなのですが、金の先物取引きには、オンライントレードは無く、みんなが営業マンへの電話注文で取引きをしている説明され、口座開設の勧誘をうけました。
当然、オンラインよりも手数量が高し、不便だしで、やりきれない気持ちになってきています。
自分がよく調べなかったことは悪いけど、うそついての勧誘も詐欺にはなりませんか?
また、このような苦情はどこに訴えたら良いのでしょう?

Aベストアンサー

詐欺に持っていくのはけっこう大変かもしれません。刑事事件で警察管轄なので。
きっと商品取引所法に違反しているだろうと思って調べてみたのですが、ぴったり該当しそうな条項が見当たりません。脅迫してはいけないとか嘘をついてはいけないなんて当たり前なことは、特別法でわざわざ書くようなことでは無いのでしょうね。
一応施行規則に次のような条項はありましたので該当すると解釈することに無理は無いと思います。

(禁止行為)
第百三条  法第二百十四条第九号 の主務省令で定める行為は、次の各号に掲げるものとする。
(中略)
八  商品市場における取引等の委託につき、虚偽の表示をし又は重要な事項について誤解を生ぜしめるべき表示をすること。


オンライン取引はありませんという説明は明らかに外務員の故意です。オンライン取引があることを説明しないとかわからないと言ったのであれば不作為に対する責任まで追求するのは難しいと思いますが、無いという説明は明らかに虚偽です。
虚偽の説明が原因で電話注文の口座開設を意思決定したのであれば割高である手数料部分が損害と特定できます。常識的に賠償請求できる範囲ですので請求なさったらいいと思います。差額と言わず手数料は丸ごと請求してかまわないのでしょう。

業界団体に日商協というところがあります。ここはアテにならないということを書いてるホームページもありますが、自主規制団体としての機能は持っています。

http://www.nisshokyo.or.jp/consulting/index.html

もしここで埒が開かなさそうで、損害額が小額なら、小額訴訟を起こしてもいいと思います。手数料が60万円を超える多額なら本訴になりますが、それぐらい請求するなら弁護士を雇ってもいいでしょう。もし取引による実損または評価損があっても、ご質問の事情だけで賠償請求できるかどうかはわかりません。
考えられる問題は、「そんなことを言った事実は無い」と掌を返してくることです。事実否認されると挙証責任は原告にありますのでちょっと難しいですね。電話の録音なんかを取っておいた方がいいです。最近は携帯電話の会話もボイスレコーダーで録音できます。


まず初めにやることは現在の取引の中止ですね。
「口座の解約」ではなくて、残玉を全部決済して口座残高を全部出金するよう指示するんです。
続けたいなら他の会社にアカウントを作っておやりになるべきです。オンライン取引の口座はだいたい請求から1週間程度あれば開設できます。
もし外務員を通してやるのでも、自分のホームページを作って毎日更新なさってる方もいる。アテになるかどうかは知りませんが、少なくとも低レベルな嘘をつくようなことは無いと思いますのでそういう人に乗り換えられた方が良いと思います。
相場でも揉め事でも、主導権を相手に取られないようにしないと負けます。法律は権利の上に眠っている人を探し出して守ってくれたりしません。


なお、商品取引のオンライン取引を扱っている会社は山ほどあります。今どき扱っていない会社の方が少ないのではないでしょうか。
銘柄も、何でもできます。ザラ場でも板寄せでも。地方の取引所のよほど出来高の少ない銘柄ができなかったりする程度です。金の先物ができないオンライン取引なんて無いでしょう。
或いは金のオプション取引だったらまだオンライン取引システムで発注できない会社もあるかもしれません。オプションのことなら嘘じゃないかもしれません。

同じような動きをする異なる銘柄を両建てする取引はアービトラージとか鞘取りとかいうんですが、手法としてはポピュラーです。しかし値幅があまり取れませんからこういう取引こそ可能な限り安い手数料でやるものでしょう。

詐欺に持っていくのはけっこう大変かもしれません。刑事事件で警察管轄なので。
きっと商品取引所法に違反しているだろうと思って調べてみたのですが、ぴったり該当しそうな条項が見当たりません。脅迫してはいけないとか嘘をついてはいけないなんて当たり前なことは、特別法でわざわざ書くようなことでは無いのでしょうね。
一応施行規則に次のような条項はありましたので該当すると解釈することに無理は無いと思います。

(禁止行為)
第百三条  法第二百十四条第九号 の主務省令で定める行為は、次の各...続きを読む


おすすめ情報