赤道座標系による天体の位置の出し方(計算の仕方です。)がよくわかりません。詳しい方教えて下さいまし。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

何をお教えすればよろしいのでしょうか? もう少し具体的に書いていただかないと答えようがありません。

まして「困り度3」ならばなおさら。
他の座標系で表された天体の位置を赤道座標系に換算するということでしょうか?
星表に掲載された特定分点の赤道座標系の位置を,視位置に換算する方法でしょうか?
あるいは,そもそもそういった星表のデータはどうやって求められたかという話でしょうか?

参考文献は,日本語で書かれたものとしては私も「天体の位置計算」をお薦めします。
英語でよければたくさん出ています。

この回答への補足

特定分点の赤道座標系の位置を視位置に換算するということです。

補足日時:2002/03/06 05:09
    • good
    • 0

なるほど,分かりました。


といっても,計算の仕方を全部ここで書くのは無理ですので(長いのと,テキストでは式の表現が繁雑になってわかりにくいため),詳しくは参考書を見ていただくことにして,全体の流れだけ説明します。

星表には,ある特定の分点(たとえば2000.0)における恒星の平位(平均位置)が載っています。平位とは章動を0とみなしたときの位置です。
これを用いて赤道座標系の視位置を求めるには,次のようなステップをふみます。
1.固有運動による恒星の動き
2.歳差による座標系の回転
3.章動による座標系の回転
4.視差による位置のずれ(恒星の場合は年周視差だけで十分。惑星や月などの場合は地心視差も考慮)
5.光行差による位置のずれ(年周光行差,日周光行差)
なお,赤道座標系を地平座標系(方位角と高度,あるいは地平直交座標系)に直す場合は,さらに
6.地球の極運動の影響
7.大気差(大気中における光の屈折による浮き上がり)
を考慮する必要があります。

また,惑星など近距離の天体の場合は,こうやって求めた値に対して,惑星光行差を計算します。
というのは,惑星(衛星などでも同じなので以下惑星と書く)の場合,実際にその時刻に太陽系内のどこに位置しているのか,という計算の仕方をしますが,惑星からの光が地球に届くまでには時間がかかるので,その間に惑星が動いてしまうからです。
具体的には,求めたい時刻をはさんで前後数回の惑星の(仮の)視位置を求めておきます。
次に,求めたい時刻における,惑星から地球までの光の所要時間を求め,次にそれだけ時刻を前にずらして,その時刻における惑星の視位置を,補間法で求めます。
(本当はこの「次に~求めます」を,収束するまで続けるのだが,たいてい1~2回で同じ値に収束する)
なお,恒星の場合はもっと遠いので,最初からその補正はあきらめていいものとして(つまり実際にその時刻に恒星が宇宙のどこにあるかは考慮せず,見かけの位置だけを考えるという前提で)星表の位置が算出されています。

参考書としては:
長沢工『天体の位置計算』増補版(地人書館,1985年,2000円) これの第3章「恒星位置のずれ」(p.40-112)が,まるごとご質問に対するお答えになっています。(惑星の位置については第6章)
本章の第8節には計算式のまとめがあり,座標の回転を示す3×3行列を用いたやりかたで説明されていますので,一歩一歩計算を進めていくのに便利です。
また,長谷川一郎『天文計算入門』(地人書館,改訂3版1990年,2500円)の第6章「星の視位置」(p.81-101)はもう少し簡潔に書かれており,また「日日数(にちにちすう)」を用いた簡便な方法も載っています。
ただ,日日数そのものは,『天文年鑑』や『理科年表』には出ておらず,海上保安庁の『天体位置表』(2002年版は6100円…これでも安くなった。数年前は11,000円もしていた!)や,いわゆる英米暦(Astromonical Almanac)などを見る必要があります。
『天体位置表』には,一般相対性理論に基づいた,太陽の重力場の影響による光の経路の曲がりを補正した,最も厳密な恒星の視位置を求める方法も載っています。
    • good
    • 0

こんばんわ。



今、midgardさんがどこで困っているのか良く判らないので天体の位置計算の
参考文献を書きます。

「天体の位置計算」 長沢工著 地人書館

長沢さんは天文計算の本をたくさん出されています。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【天文学・天体の赤道、横道ってなんですか? 「 北極星の位置が変化するっということは天の赤道や黄道の

【天文学・天体の赤道、横道ってなんですか?


北極星の位置が変化するっということは天の赤道や黄道の位置も変化していることになり,星座占いで使っている黄道十二星座の位置と少しずつずれてきています。現在黄道上にあるのは12星座ではなく13星座になっています。


質問1:
天体の赤道、横道ってなんですか?

質問2:
星座占いって黄道十二星座を基本として作ってるんですか?

十三星座にいつの間にか星座が増えた理由は?

干支も12から13に本当はもうなってるってこと?

干支も横道?

また干支は別の話?

Aベストアンサー

空を地球を中心とする球の内面に見立てたものを天球と呼びます。
地球の赤道直上にある天球のラインを天の赤道と呼びます。
天球上を太陽が通るわけですが通り道はほぼ定まっていてこれを黄道と呼びます。

で、先ほど「ほぼ定まっていて」と書きましたが長期的には変動し続けています。
古代ギリシャの時代には黄道は12星座を通っていましたが変動の結果現在は13星座を通っています。

十二支は古代中国において太歳と言う仮想的な天体の位置を示すものでした。
太歳は木星の位置を基に割り出されていました。
木星は天球上の黄道付近をほぼ12年周期で動きますので太歳の動きの周期はそれに同じです。
太歳の位置を割り出すという風習はすっかり廃れましたが、十二支は生き残りました。
その詳しいいきさつは不明ですがおそらくは十二支と言うのが暦を作るのに便利だったということなのでしょう。

Q就職先について教えて下さい。位置天文学・天体力学・天体物理学の就職先を

就職先について教えて下さい。位置天文学・天体力学・天体物理学の就職先を教えて下さい。後、茨城大(理学部)の就職先も教えて下さい。

Aベストアンサー

質問者様は高校生ですか?
茨城大のHPがありますので、まずご自身でお調べなさい。
あと、参考程度に聞いて頂ければと思いますが、現実には学部で専攻した専門の関連企業なりに就職出来ると考えない方が良いです。私は文学部史学科卒ですが、現在まったく関連のない仕事をしてます。

QNASAの惑星位置座標系の著作権について

NASAが公表している惑星・衛星の位置データに著作権などはあるのでしょうか?
 もしそれを商用目的に使うのであればNASAに連絡を取らなければいけないのでしょうか?
 お願いします。

Aベストアンサー

事実の羅列に著作権は発生しません。
たとえそれがどんなに高度な技術で得たデータだとしても変わりありません。
ただし、データの並べ方や検索システムなどには著作権が発生する場合があります。五十音順や大きさ順などの単純な並べ方でなく、検索しやすいようなシステマチックな配列法であれば著作権がありますので、その並び順のままコピーすることは違反です。
その場合であってもデータ自体には著作権はありませんので、単純な並びに直せば問題なく使えます。

Q■□星が日周運動しても赤道座標が変わらないのはなぜでしょうか?□■

いつもお世話になっています。
天体で題名の通りなのですが…。
星が日周運動しても赤道座標が変わらないのはなぜでしょうか?

Aベストアンサー

赤道座標とは,赤経と赤緯のことでしょうか?

これでしたら,例えば地球上に固定した東経(西経)と北緯(南緯)があるのと同じで,天球上に固定した2次元座標系を設けている訳です。

ここで言う天球とは星と共に回転して行くものを指します。一方,夜空における位置を見かけ上の位置と以下呼ぶものとします。

赤経は,春分点(天の赤道と黄道との交点で,3月21日頃の太陽がある天球上の位置)をゼロ時として確か東回りに15度で1時ずつ増え,24時で一巡りする天の北極と天の南極を通る大円です。また,赤緯は天の北極を90度として,緯度と同じ考えで定められています。

さて,地球上の地点を経度と緯度で指定して特定するように,天球上の星の位置を経度(赤経)と緯度(赤緯)で特定します。このように天球上に固定した座標系で扱うと,星の(天球上の)位置が二つの数値の指定で簡単に表せるため,便利です。

このような座標系を使用して,夜空に見える星を探すには,基準が必要となります。例えば,真南にある星(南中している星)の赤経を知る必要があります。

非常に粗い計算法ですが,ある月(m月)の21日頃のx時に南中している星の赤径yは,時刻を24時間表示で考えると,
   y = x - 12 + ( m - 3 )
になります。

このように,天球上に固定した赤径,赤緯で星の位置を表すと二つの数字だけで星の座標系上の位置を特定でき,非常に楽です。夜空に見える星の見かけ上の位置を知るには,夜空のある方向の赤径を知るだけで十分となります。

もし,星の座標を見かけ上の位置で定義するとしたら,ご質問にあるように,時刻により座標が変わることになります。望遠鏡で見える星まで数えると,それこそ無限に近い数の星の位置をまとめるときに,時刻によって変わる座標を使うとしたら,気が遠くなり,整理などできなくなります。

視点を変えると分かり易くなるかも知れませんので,もう少し補足します。

地球上の全ての地点は(高度を除けば)経度と緯度で表されます。これは便利だからそうしている訳です。
さて,人工衛星で地球を周回しながら地表を見下ろすと,時刻の経過により,見える地点の経度(と緯度)がどんどん変ります。そんな場合,人工衛星側から見て,真下を原点とした座標系で地表の位置を決めてやれば当座は便利かも知れません。しかしながら,その地点が“どこか”を知ろうとする場合には,結局は緯度,経度に変換する必要が生じます。

ポイントを外した説明かも知れませんが,これでご理解頂けるでしょうか?

赤道座標とは,赤経と赤緯のことでしょうか?

これでしたら,例えば地球上に固定した東経(西経)と北緯(南緯)があるのと同じで,天球上に固定した2次元座標系を設けている訳です。

ここで言う天球とは星と共に回転して行くものを指します。一方,夜空における位置を見かけ上の位置と以下呼ぶものとします。

赤経は,春分点(天の赤道と黄道との交点で,3月21日頃の太陽がある天球上の位置)をゼロ時として確か東回りに15度で1時ずつ増え,24時で一巡りする天の北極と天の南極を通る大円です。また,赤...続きを読む

Q赤道は常に太陽に一番近い位置にあるのでしょうか?

赤道とは、地球の表面上で太陽に一番近い位置といえるのでしょうか?
もし、そうでなければ、地球の表面上で太陽に一番近い位置には、何か名称がついているのでしょうか?

Aベストアンサー

【黄道】ではなかったですか?

【赤道】を中心に
『北回帰線』と『南回帰線』の間を行ったり来たりしている
【黄道】このライン上の何処かに太陽がいるのではなかったかな?

地球が太陽に対して何度か地軸が傾いているからこうなるんですよね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報