会社に入ってゴルフを始めて約6年、もうすぐ30歳で最近は85~90くらいでまわれるようになりました。
年に一回くらいプロのトーナメント見に行ったり、時々テレビでプロのスイングを見たりするのですが、
プロのダイナミックなフォロースルーに憧れています。
時計で言うと4時の角度くらいまで両肘が伸びきり、それでも決して窮屈な感じはしません。
何を心がければあの様なダイナミックなフォロースルーを得る事が出来るのでしょうか?
意識してスイングしてビデオで見ると、その分遠心力で変な体の起き上がりになってしまいます。
どなたか教えていただけないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

追加します


「坂田ゴルフ」
いわゆる坂田プロのゴルフ理論です
坂田塾はその理論の実践の場の一つですね
坂田プロはこれまでに色々な人が色々な言葉で教えてきた
ゴルフの基本理論を独自の方法で一貫した理論にまとめ
誰でもわかる様に優しく具体的に説明しているものです
ゴルフダイジェスト社から「ショートスイング」
から始まってシリーズでビデオテープや本が
出版されています
私自身約3年かけて自分のスイングを作り直しました
おかげでハンデイキャップが10ばかり良くなりました
その価値は十分にあります
    • good
    • 0

たいへん大事な所に気が付きました


あなたのゴルフは上達し続けることでしょう
ところで回答ですが
まずスイングの基本がしっかり出来上がる事
スイングの中でボールを捕らえる意識が確立する事
以上がポイントです
基本から短時間で要領よく仕上げたいと思うなら
「坂田ゴルフ」を実践する事につきます
私の知る限り世界中で一番良く出来たレッスン方法だと
思います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有り難う御座います。
ちなみに先週末色々多忙で練習に行けずfishbowl66さんのアドバイスを実践できず
何も感触はつかんで無いのですが、
「坂田ゴルフ」というのは本の名前でしょうか?
「坂田塾」というのをテレビで見たことがあるのですがその関連ですよね?

お礼日時:2002/03/11 21:58

お役に立てるかどうか解りませんが、私の練習方法をお知らせします。

(右利きです)

スタンスを肩幅以下にして、左腕が地面と水平迄バックスイングし、右腕が地面と水平になるまでスイングします。

その間にフェイスの向きやクラブの入り方をチェックしますが、3時の方向まで両肘が伸びています、上記の練習ではバックスイングで左肩はあごの少し左側ですが、フルショットの場合は腕を動かさず上体だけ動かし、左肩があごの下に来るイメージです。

いわゆるハーフショットですが、そこででフォロースルーを意識して練習すればあなたの望むフォロースルーが出来る用になるのではないでしょうか。

老婆心ながら左ひざが伸びると起き上がります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

有り難うございます!
早速練習してみます。

お礼日時:2002/03/07 20:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q絵がうまいのは自慢できることですか? やっぱり男はバスケとかサッカーとか野球とかがかっこいいんです

絵がうまいのは自慢できることですか?

やっぱり男はバスケとかサッカーとか野球とかがかっこいいんですか?

あの、正直に言ってほしいので!

できれば、答えるときに女性か男性か
教えてください!お願いします

Aベストアンサー

自分で自慢することはやめておきましょう!反感かいますから。
何も男は、スポーツをしている、できる、事だけがカッコいいとは限りませんよ!絵がうまい、ピアノがうまい、学問ができる、歌がうまい、○○がうまい、○○ができる〜.みんな努力したならカッコいいですよ!ちなみに私は、うまい、できるほどではありませんが、料理好きのおやじです!

Qトーナメントプロとツアープロ

良く、トーナメントプロとかツアープロとかレッスンプロとかプロの呼び方でも色々耳にしますが、どんな種類があるのか?また、それらは格付けがあるのかなど、また、アマチュアにも格付けがあるのでしょうか?
教えていただけませんでしょうか。

Aベストアンサー

厳然とした格付けではないです。
資格としては、ツアープロはプロテスト合格、レッスンプロはレッスンプロの資格試験がありそれに通ればレッスンプロとして働けます。
以前は、プロテストは1本でしたから、レッスンプロもプロテスト合格の必要がありましたが。
表現方法としての、トーナメントプロやツアープロは、トーナメント(プロツアー)の賞金だけで生活できるプロ、または、ツアーを中心に活動しているプロを言います。ですから、シード選手を中心に言います。
レッスンプロとはゴルフ練習場やゴルフコースに所属して、練習を教えるプロを言います。この場合、プロテストを合格した人もいるし、レッスンプロの資格を取った人もいます。

アマチュアには格付けのような物はなく、どんな人でもアマチュアです。(笑)
ただ、トップアマ、シングル、アベレージ、ビギナーという言い方はありますが、トップアマはアマの試合に常時上位にいる人でシングルとは一桁ハンデの人というぐらいの基準はありますが、それもあくまで、正式な格付けがあるわけではないです。

Qフォロースルー

打撃で、フォロースルーを大きくしたいと思っています。どのようにしたらフォロースルーを大きくできますか? 教えてください。

Aベストアンサー

引き手より、押し手が重要です。右バッターなら右腕です。右の肘をしっかり前に押し出すようにしましょう。そうすればヘッドが下がらずにしっかりインパクトまで持っていけますし、もちろnフォロースルーも大きくなります。わかるかな・・・。
 日本ハムの小笠原選手が、ネクストバッターズサークルにいるとき、よくやってます。まあ彼の場合は左バッターですから左腕ですけど。

今シーズンも終わってしまいましたが、ビデオなどで参考にされたらいかがでしょう。

Qフォロースルーです

プロみたいにかっこよく決めたいんですが、うまくいきません。フォロースルーで意識する事はなんですか??偉そうにあなたには理解できませんとかの回答はお断りです。親切に教えてください

Aベストアンサー

はじめまして。
フォロースルーがかっこいいと、なんだかうまくなったような(実際はほとんど変わってないんだけど。)気がしませんか?僕だけでしょうかね。

僕の場合は、スイングしていく中でフォロースルーを考えるのではなくて、フィニッシュから戻るテイクバックを考えます。
つまり「結果よければすべてよし!」と考えて、きれいにまとまったフィニッシュからスタートして、ゆっくりとフォロースルーを逆戻り。そのままテイクバックまで持っていきます。
テイクバック位置まできたら、今度は普通のスイング。ただし、これもゆっくり。
手の位置とか、体の位置(スエーしないように。とか)とかを気にしながらゆっくりやります。
これを何度か繰り返しながら、ほんとにちょっとづつスピードを上げます。
通常の半分くらいのスピードまで上げたところで、また最初からやり直しです。
コレを何度か繰り返します。それほど時間のかかることでもないので、1日になんどか、自分のイメージを膨らませながらやってます。

ckdさんと、僕の考えるかっこいいフォロースルーが違うと困るので、こんな説明になりましたが、おわかりになりますか?

はじめまして。
フォロースルーがかっこいいと、なんだかうまくなったような(実際はほとんど変わってないんだけど。)気がしませんか?僕だけでしょうかね。

僕の場合は、スイングしていく中でフォロースルーを考えるのではなくて、フィニッシュから戻るテイクバックを考えます。
つまり「結果よければすべてよし!」と考えて、きれいにまとまったフィニッシュからスタートして、ゆっくりとフォロースルーを逆戻り。そのままテイクバックまで持っていきます。
テイクバック位置まできたら、今度は普通のス...続きを読む

Q片手バックハンドストロークのフォロースルーについて

フォアハンドストロークのフォロースルーは、深く打つ時、浅く打つ時、強打する時、弱く打つ時、いかなる場合でも、フィニッシュは左肩(右利きの場合)まで持っていきますが、片手バックハンドストロークのフォロースルーのフィニッシュはどうなのでしょうか?

片手バックハンドストロークの場合は、浅く打つ時、弱く打つ時は、最後まで振り上げずに途中で止めるのでしょうか?

Aベストアンサー

打つ位置がコートの中なのか、外なのかによっても違ってくると思いますが、浅く打つときはテイクバックを小さくして振り切れば、飛ばなくなりますから浅くなります。
また、普通にテイクバックしてスピン量が多くなるように振り上げれば浅くなります。
当然、相手のショットのスピードや威力によって飛ぶ長さは変わってきますが。

「弱く打つ」という意味が良く分からないのですが、死に球で返球ということであれば、相手のショットの力を利用して合わせる打ち方になりますから、フラットからややスライスで大きなフォロースルーは取りません。

Qフォロースルーについて

ゴルフ暦2年の20代男です。自分よりHCが少ない人にスイングを見てもらったのですが、前(フォロースルー)が小さいのでもっと右腕を伸ばすようにアドバイスをいただきました。それを意識して練習をしているのですが、右意識しすぎるあまり手打ちになってしまい、いつもよりアウトサイドインのスイングになりやすシックリきません。
どのように、インパクト以降右腕を使えばいいかがわかりません。

普通に考えてフォローが小さいのは、右腕が曲がっていることだけでしょうか?ほかにも意識すべきことはありますでしょうか?

Aベストアンサー

形だけ見ればそういうことではありますけど、それは結果論に過ぎないような気がしますね。(よく言われるダウンスイングのタメと同じような気がします)
確かにフォロースルーでは右腕は伸びていきますけど、能動的に伸ばすと意識したことなんてありません。むしろ例えば私の型で言うと体重移動というエンジンが、上半身の軸を得て自然にそうなるといった方がいいです。(違う方の型ですと上半身と下半身のねじり差がエンジンとなって、体重移動を軸として自然にそうなるとも言えます。体形によってどっちを選ぶかということだと思います)どっちにしても全身を使って腕を振るんですから自然に右腕は伸びていきますよ。
腕はあくまでテコの可動部にすぎません。動きに耐えるだけの丈夫さで十分です。意識や力を込めると腕の動きをスイング途中でブレーキかけるようなもんですから、軌道は狂うわ、ヘッドは走らないわでいいことなんて少しもありません。
それより作用点であるヘッドがいかにしたら走るかということを考えた方がいいですよ。さっき言った私の型では腰に負担がくるようでしたら、背筋をねじって体重移動を軸にすればいいでしょうし、逆に背筋をねじって体重移動を軸にすれば足首に負担がくるようでしたら、背筋を軸にして、体重移動をエンジンにすればいいでしょうしね。いずれの型でも全身を使ってスイングすることの方がいいと思いますね。そうすれば、右腕の形なんか自然に決まってくると思いますよ。

形だけ見ればそういうことではありますけど、それは結果論に過ぎないような気がしますね。(よく言われるダウンスイングのタメと同じような気がします)
確かにフォロースルーでは右腕は伸びていきますけど、能動的に伸ばすと意識したことなんてありません。むしろ例えば私の型で言うと体重移動というエンジンが、上半身の軸を得て自然にそうなるといった方がいいです。(違う方の型ですと上半身と下半身のねじり差がエンジンとなって、体重移動を軸として自然にそうなるとも言えます。体形によってどっちを選ぶ...続きを読む

Qフォロースルーの重要性について

テニスの本などを見ますと、ボールがラケットに触れているのは一瞬であり、フォロースルーの時にはボールはラケットとから離れていますが、コントロール等のためには重要であるとよく書いて有ります。

しかしながら、この説明では意味は伝わりますが、ボールが離れた後のラケットの動きがどうしてコントロール等を良くするのか理屈が判りません。

どうしてこのような説明が多いのか不思議ですが、改めてフォロースルーがどうして良いショットと関係有るのか理由を教えて下さい。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは、私はテニス歴28年程の50代の男性です。

私も以前は「フォロースルーが大事」を理解できませんでしたが、「テニスの科学」(三浦公亮著:絶版)により分かりました。(物理的に理解できたということ、自分ができるかどうかは別:現在は何故実行できないかを勉強中)そこには、「打球の運命はストリングスとの衝突時の、相手のボールの速度ベクトル(速さと向き)と、ラケットの速度ベクトルと面の角度で決まる」とありました。当たり前の話ですが、インパクト後にラケットをどう動かそうと、飛んでいってしまったボールをコントロールできません。

「テニスの科学」には、来る球の速度ベクトル(Vi)とラケットの速度ベクトル(Vr)、ボールのラケット面への入射角度(θ)、反発係数(k)を使い詳しく図解されています。文章で書けば、ボールとラケットの相対速度(Vi+Vr:ベクトル和)・入射角度(θ)でストリングに衝突し、ラケット面の法線からθと同じ反射角で出るが、反発係数を掛けて出射ベクトルを小さくし(k×(Vi+Vr))、これとラケットの速度ベクトル和でボールが出て行く、となります。(図でないとさっぱり分からないかもしれませんが)ちなみに、相対速度ベクトルが法線より下から入ると出て行くボールは逆回転(スライス)になり、上から入ると順回転(ドライブ)になります。

ボールとストリングスの接触時間は、約千分の4秒ほどで、打たれたボールのスピード・方向・回転はこの時に決まってしまいます。この打球の瞬間にラケットを操作(押すとか、面角度を変える)しようとしても、時間的に短すぎて不可能です。ラケットは300g程あり、慣性の法則のために瞬時に加速することも止めることもできません。

このように、直接にインパクトを制御できないので、インパクトの情報が含まれているフォロースルーをチェックしようというわけです。滑らかにスイングした後フォロースルーがしっかりできたということは、インパクトでラケットを高速に、なおかつ良い方向に振れた結果だということです。したがって、横振りスイング後に直角にラケットを上げて(L字のような軌道)、最終ポーズだけ素晴らしくても意味がありません。

インパクト後にすぐスイングが終わることができる(フォロースルーが極端に短い)ということは、打球時にはラケットスピードがかなり低速なのです。打点が遅れるとこのような状況になりやすく、初心者によく見られます。上級者でも相手のボールに押されて、つまったスイングの時にはフォロースルーは大きくできません。インパクト時のラケットスピードが低いと、打球方向は面の角度に大きく影響されてしまいます。アングルボレーやドロップショットはスイングスピードが小さいので、ボールの行方はラケット面の角度に大きく依存し、少し狂っただけでエラーになってしまいます。

結局「フォロースルーが大事」、ネット方向へのラケットスピードを上げ、「深めのショットをスイングで入れる感覚を身につけろ」ということです。一般的にネット方向に高く大きくフォロースルーを取れという指導になります。

初心者がバックアウトを恐がって面を上に向けてそっと振り、軽く逆回転になってかえってアウトしてしまう光景を見たことがないでしょうか。最近のラケットは反発力が大きいので、特にこの傾向は強いです。私がこの症状で、何故か不思議でしょうがなかったので、勉強しました。未だにしっかりできませんが。

なお、三浦先生は「三浦折り」という、大面積の太陽電池パネルを特殊な方法で折りたたんでスペースシャトルに入れ、宇宙空間で簡単に広げられる方法(NASAで採用された)を考案されるなど多くのユニークな研究をされた方で、テニスの大ファンだそうです。

長くて、申し訳ありません。

こんにちは、私はテニス歴28年程の50代の男性です。

私も以前は「フォロースルーが大事」を理解できませんでしたが、「テニスの科学」(三浦公亮著:絶版)により分かりました。(物理的に理解できたということ、自分ができるかどうかは別:現在は何故実行できないかを勉強中)そこには、「打球の運命はストリングスとの衝突時の、相手のボールの速度ベクトル(速さと向き)と、ラケットの速度ベクトルと面の角度で決まる」とありました。当たり前の話ですが、インパクト後にラケットをどう動かそうと、飛...続きを読む

Qインパクトからフォロースルーの治し方を教えて下さい

ゴルフ暦1年 身長175cm 体重70kg 年齢は30代前半です。

上手な方とラウンドするといつも
1.インパクトが緩んでいる
2.インパクト時に右肩が下がっている
3.フォロースルーのときに腰が回っていない

と言われます。
そのせいか、スイングの流れが悪く、ヘッドスピードが無く飛距離が出ません。
特にアイアンはスイングしたときにビュッという音がなく、フワフワした弾道になってしまいます。
特に力が無いとか、体が硬いわけではないと思います。

なんとかしたいと思うのですが、具体的にどのような意識でスイングすればよいのでしょうか。
また、何かいい練習法があればぜひ教えて下さい。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

左がつまった感じがしますか?
するようであれば次のドリルをおすすめします。

・インパクトの形をおぼえる
 通常通りスタンスをとり、ボールを置く位置にクラブを垂直に立て、
 上から手でクラブを押さえます。そして、クラブを垂直のまま保ち、
 下半身をインパクトを迎える形に右から左へ腰を押し込みます。
 これでまず、インパクトの正しい形をおぼえて下さい。

・クラブを振れるようになる
 通常通りスタンスをとり、片手(左手右手各々)でスタンスに並行にク
 ラブを左右に振ります。スムーズに180度以上腕とクラブが振れるよ
 うになったら、左手で振る時に手がフォロー側に出たら体を左側に回転
 して下さい。(左足はスタンスそのままガマン)これで、きれいなフォ
 ローが完成です。

ちょっと文章ではうまく表現できてないかも知れませんが、私がボディーターンを意識しすぎていて腕が振れず、左も詰まった感じのスイングの時に
インストラクターに教えてもらったドリルです。

ご参考まで

Qフォロースルーについて

打った後のフォロースルーは、最後は片手になったほうが良いのか、それとも両手の方が良いのかどちらか教えてください。

Aベストアンサー

フォロースルーに関しては両手の方がいいと思います。
片手なら慣れてしまうと時にいつバットが片手になるかわかりません。
ミートポイントの振りぬいてしまう場合もあると思います。その場合、下をこねてしまったり、力を伝えてないまま振り抜くとも考えられます。
両手なら何がいいかと言うと綺麗に振りぬけます。
片手なら力がない分、体が異様にバットを振りぬいた瞬間に姿勢がおかしくなります。
両手なら大体、決まった場所でバットが止まります。
それだけで走り出しも変わってきます。
片手になる場合、自分の経験上はフォームがおかしくなってます。
No.3さんの意見もいいと思います。
意識ですね。自分の感じたままで書いているのですが自分の経験上では両手の方がいいとおもいます。

Qフォロースルーでもアドレスの前傾はキープすべき?

最近90を切ったレベルの者です。
新しくプロモデルのアイアンを購入して練習してます。

打ってみると左にひっかけ気味の球ばかり出ていたので
試行錯誤しながら練習していてあることに気づきました。

アドレスではきちんと前傾できているのですが
インパクトからフォロースルーにかけて、前傾がなくなってしまっていました(上半身が直立に近い状態)。

つまり、アドレスで首を左にひねって前方を見ると景色は斜めに見えますが、インパクト後のフォロースルーで飛んでいくボールを見た時には
景色が直立で見るのと同じように見えていたのです。

試しに、前傾角度を保ったままアイアンを振り抜くと
インパクト音の良いきれいな球がでました。

やはり、インパクト後に飛んでいくボールを見た時に
アドレスで見える景色の角度と同じであることが正しいですよね?

どうして今まで気づかなかったんだろうかと思います。
たまにトップ気味の球がでていたのも、前傾が崩れてトゥ側が浮いてしまっていたのではないかと思いました。

Aベストアンサー

スイングの「く」の字キープは本当に重要です。

「く」の字キープができていないフォローの時はトップ球や右に曲がるこすれ球が出やすくなります。
低いフォロースルーは本当にいいショットで気持ちイイものです。
しかしボールを追いかける景色となると…フィニッシュまでの動作が一連となりますので...「く」の字キープのままではいけません。
コントロールショットの際のフィニッシュでもアドレスの角度キープでもよいと思いますが、
振り抜いたスイングの時はというのはフィニッシュ時には直立になりますよね。
コレを無理に抑えようとするとインパクトをしてしまうスイングになりがちです。
また…腰にもよくありません><;

まずはフィニッシュまでの一連の動きで「目線」を覚えられることをお勧めします。
(テーマ外になるのでここでは書きませんね)
また、「く」の字キープのコツは、お尻の位置が前にズレないようにスイングすることです。

コースラウンドでは、「目とボールの距離を変えない」という意識を大切しろ!とよく言われます。
スイングのアレコレを考えるより、この意識でヘッドアップや伸び上がりを矯正できる名言だと思います。

スイングの「く」の字キープは本当に重要です。

「く」の字キープができていないフォローの時はトップ球や右に曲がるこすれ球が出やすくなります。
低いフォロースルーは本当にいいショットで気持ちイイものです。
しかしボールを追いかける景色となると…フィニッシュまでの動作が一連となりますので...「く」の字キープのままではいけません。
コントロールショットの際のフィニッシュでもアドレスの角度キープでもよいと思いますが、
振り抜いたスイングの時はというのはフィニッシュ時には直立になりま...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報