昔活躍していたプロレスラーについて色々知りたいです。昭和プロレスの時代に活躍していたレスラーについて色々載っているHPがありましたら教えて下さい。

A 回答 (2件)

昭和プロレス関連で有名なサイトです。


それぞれ色々な側面でのページですが、参考になると思います。

http://www.ne.jp/asahi/wrestling/history/history …
プロレス史探訪

http://www5a.biglobe.ne.jp/~pikaichi/
セピア色の昭和

http://www.shueisha.co.jp/riki/
RIKI DOZAN(集英社)

http://drmick.tripod.co.jp/home.htm
ミック博士の昭和プロレス研究室

その他にも、昭和プロレスや、往年のレスラー1人だけに絞ったサイトが
ありますので、以下URLにてネットサーフィンしてみてはどうでしょうか?

参考URL:http://www.prowrestle.tv/
    • good
    • 0

「Google」で「昭和プロレス」と検索したら


沢山出てきました。

参考URL:http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclien …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプロレスラーにケンカを売ったら・・・

もしアマレスで日本トップクラスの選手が、街中でプロレスラーにケンカを売ったらセメントファイトならプロレスラーの圧勝ですか?プロレスラーは素人を相手にしないと言う意見は今回は無しでお願いします。

Aベストアンサー

喧嘩とプロレスとアマレスは技術体系が異なります。
喧嘩になったら、喧嘩が強い奴が勝つとしかいえません。喧嘩で、手4つからタックルや間接の取り合いにはならないでしょうから。
まあ、殴られた痛みに耐えらる度合いなどを考えれば、メジャー団体のプロレスラーのほうが明らかに強いでしょうが。

Qプロレスだったらプロレスラーが最強ですか?

ヒョードルやミルコといえども、プロレスの試合だったら、プロレスのチャンピオンに勝つのは不可能ですか?

丸藤正道や棚橋弘至に、プロレスの試合で勝つことは絶望的ですか?

ミルコのハイキックも、プロレスの試合だったら、ヒットさせることは無理でしょうか?
仮にヒットしても、それで打たれ強いプロレスラーを仕留めることは不可能でしょうか?

Aベストアンサー

予定調和があろうとなかろうと、プロレスの試合ならプロレスラーが有利ですよ。ロープブレークや場外、反則がOKですから、他の格闘技の選手はプロレス特有のペースにとまどうはずです。もちろんヒョードルやミルコとなると、勝てるプロレスラーも多くはないでしょうが、全滅にはならないでしょう。プロレス界で実力者と言われている選手なら負けない可能性も高いです。
意外に小川良成選手あたりが迎撃に適任かもしれません。

「その世界において、現役プロレスラーが結果を出したことはない」なんてことはないです。パッと思い浮かぶだけでもダン・スバーン、桜庭、A大塚、藤田、中邑とか。

スリーカウントルールは柔術の選手相手には有効ですよ。簡単にフォールとれます。私はプロレスラーではありませんが、スパーで某有名選手を簡単にフォールしました。

彼らがプロレスを成立させるような動きをしてもトップ選手のスタミナにはついていけないでしょうし、最初からセメントで攻めても、プロレスラー側がそれを最初から察知していれば、終始ロープを背にして、相手が近づけばサッと場外に出るなどして、イライラさせれば大丈夫でしょう。

予定調和があろうとなかろうと、プロレスの試合ならプロレスラーが有利ですよ。ロープブレークや場外、反則がOKですから、他の格闘技の選手はプロレス特有のペースにとまどうはずです。もちろんヒョードルやミルコとなると、勝てるプロレスラーも多くはないでしょうが、全滅にはならないでしょう。プロレス界で実力者と言われている選手なら負けない可能性も高いです。
意外に小川良成選手あたりが迎撃に適任かもしれません。

「その世界において、現役プロレスラーが結果を出したことはない」なんてことは...続きを読む

Qやはり最強はプロレスラー?

世界の一流の格闘家がプロレスルールで戦った場合、最強はやはりプロレスラーでしょうか?
さすがのミルコやヒョードルも、プロレスルールなら、プロレスラーの必殺技の前に(バックドロップや卍固め等)、なすすべもなく轟沈するだけでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
私もお相撲さんに一票です。
あのあんこ型の巨体でフォールされただけでも返せる人、そんなにいないんじゃないかな?

あと、プロレスラーがよく相手をコーナーに追い詰めてタックルかましてますよね。
あれをお相撲さんがぶちかましでやったら・・・死ぬかもしれませんね。

Q女子プロレスラー、クレーンユウについて。新日本プロレスのブラックキャットについて。

昔、クレーンユウと言う女子プロレスラーがいたと思うのですが、彼女はレスラーを辞めてレフリィ-になったと聞いたのですが本当ですか?もし本当なのであればなぜそうしたのですか?教えてください。
また、新日本プロレスにブラックキャットというレスラーがいると思うのですが彼について詳しく知っている方はいろいろ教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

初めまして、男です。

ブラック・キャットとは今から15年位前に会場で主婦(小さいガキ連れ)
にサインを求められサインした後、主婦に「ところであなたは誰ですか?」
と言われた、そういうタイプのレスラーで細かく言うと人種的には確か
メキシコ人と中国人のハーフで今から約20年位前に来日し現在に至り
ビジュアル的に言えば最近のモハメッド・アリに似ていて褐色の肌に
モヒカン、おまけに胸板には激闘の?長い歴史を裏づける深い傷があり
性格的にはテレビ放送のときは必ずカメラが向いてる方に常に居るという
大変動きが早く勘の鋭い目立ちたがり屋のレスラーです。

それでは良い一日を

Q「プロレスラー」とは

「格闘家」なんですか?
「スポーツマン」なんですか?
「エンターテイナー」なんですか?

全てに当てはまるようで、どれも微妙に違うような気がする。
プロレスラーって一種独特な立ち位置だと思いますが、結局プロレスラーとは何なんでしょう?

Aベストアンサー

大前提として、

「格闘家ではない。」

その路線に走ろうと頑張ったプロレスラーは確かに各時代にいましたが、誰一人成功した例がありません。それは、プロレスがその他の格闘技と決定的に違う面があるからです。それは、

「負けることに価値があるのがプロレス。」

プロレスをアンチとして見る格闘技ファンが何より嫌うのがこの点で、またプロレスファンが何より「プロレス最強説」の根拠にしているのも実はこの点なのです。

当然ご存知だとは思いますが、プロレスでの決着といえば、肩をマットに着いて1・2・3~の3カウント、または絞め技極め技などでのギブアップ、基本この2点です。
(リングアウトとかノックアウトとか、この辺りは団体ごとにルールが違うので割愛します)

この辺が、プロレスとその他の格闘技の「概念の違い」にも現れます。簡単に言うと、

「倒す側の都合で決着が付くのが格闘技、倒される側の都合で決着が付くのがプロレス。」

プロレスの3カウントにしてもギブアップにしても、本当に仕掛ける側の都合だけで決着が付く(受けた側が意識を失う、重傷化するまで極め続ける等)ケースはまずありません。まず、というのは過去にそういう決着が実際に起ったケースは「確かに」あるからです。ただし、その場合勝利者に与えられるのは、名誉ではなく「排除」です。プロレスでの流儀として、

「返せない技・ケガをする技は掛けない。」

これは悪い意味ではありません。人間どれほど鍛えても「受け身の限界」はあります。腕拉ぎ十字固めにしても、かけられた相手の所作に関係なく、肘・肩関節を負傷させてまで掛け続ける、そんな選手は必要ありません。あくまでもプロレスの決着は、仕掛けられた側が「諦めること」でのケースのみです。上記の3カウントにしてもギブアップにしてもです。うまい選手の場合、仮に相手選手が手加減を知らない、用語的には「塩」レスラーだった場合、危険を察知して自ら試合を終了させるために3カウント取らせたり(安全ですし)、痛くも何ともない段階でギブアップを宣言して終わらせます。これは、間違った行為ではなく、身の安全を考えればやむを得ない、トップレスラーならではの「技術」です。そして、その「負け方」がうまい、いかにも仕掛けたレスラーの方が強かったと観客にも納得させ、しかもお互いケガもせず、次の興行(ここが重要)に臨める。プロレスにとって重要なのは、次の大会・興行に支障が出る試合はしない、これです。

他の格闘技の場合、選手も興行主も基本的にはその1試合に全力です。極端な話、余程胡散臭い裏側でもない限り、次の試合がどうこうなどという話は出ません(米UFCや日本のIGFは除く)。そして、試合では強い方が勝つ。相手によりダメージを与え、致命打を与え、ダウンを強いる。その結果評価されるのは「勝者のみ」です。負けた側に何某か話が及ぶことはまずありません。○○選手に敗れ…以上、です。

日本の現在での最大のプロレス団体である新日本プロレスがキャッチフレーズに「キング・オブ・スポーツ」と銘打っているのも、世界最大のプロレス団体であるWWEの3文字の意味が「World Wrestling Entertainment」と表記しているのも、ある種のプロレスの本質を表現したものといえます。つまり、

「プロレスはスポーツであり、エンターテインメントである。」

うまい負け方、そして相手の強さを引き立てる試合内容、これは間違いなくエンターテイナーの資質が求められる面です。でも、それを実現するためにはプロレスラーとして、他のスポーツとは根本的に違う、スポーツとしては圧倒的に体力・パワー・テクニックが求められる。

もちろんプロレスに格闘技センスも必要ですが、あくまでもプロレスの試合の中での「隠し味・エッセンス」程度でしかありません。下手よりマシ、という程度の価値です。

そもそもプロレスを見るファンは、試合に「殺し合い」を求めてはいません。もちろん大技の応酬、いぶし銀の技の切り返し、そして派手な空中殺法、いろいろ要素はあります。でも、観客が許容しているのはせいぜい流血まで。次の試合に支障が出るような負傷まで求めはしません。そのギリギリの線を演出するのに長けていたのが上記2団体、アントニオ猪木vsタイガー・ジェット・シン戦でのこれまでと明らかに違う殺伐とした試合を見せた新日本プロレス、そしてケージマッチからヘル・イン・ア・セル(屋根まで金網で覆った試合、その屋根の上に上がっての攻防、何よりスーパーヘビー級のレスラーがいかに数mの天井から「派手に落下するか」が見ものでした)、ハードコア戦での単発の凶器だったパイプ椅子やテーブルなどをTLC(テーブル・ラダー(脚立)・チェア)として試合形式として成立させたWWE。

でも、それでも観客はそこで命の奪い合いが行われるとは思っていない。プロレスはあくまで「興行」です。だからこそプロレスラーには「どのスポーツよりも高いスポーツマンシップ」と「どの演じ手よりも優れた演技を見せるエンターテイナー」の両方が高いレベルで求められます。

プロレスの長い歴史で、日本でも世界でもプロレスラーの絶対数の割に「名選手」が少ないのは、どちらも会得した選手が少なかったから。

過去の名選手の評価で言うなら、格闘家としての評価はカール・ゴッチが上ですが、プロレスラーとしての評価はルー・テーズの足元にも及びません。強さしか求めなかったゴッチならではの現在の評価です。

長文失礼しました。

大前提として、

「格闘家ではない。」

その路線に走ろうと頑張ったプロレスラーは確かに各時代にいましたが、誰一人成功した例がありません。それは、プロレスがその他の格闘技と決定的に違う面があるからです。それは、

「負けることに価値があるのがプロレス。」

プロレスをアンチとして見る格闘技ファンが何より嫌うのがこの点で、またプロレスファンが何より「プロレス最強説」の根拠にしているのも実はこの点なのです。

当然ご存知だとは思いますが、プロレスでの決着といえば、肩をマットに着いて1・...続きを読む

Qアメリカンプロレスと昭和プロレス

古き良き時代のアメリカンプロレスといいますが、
アメリカンプロレスとはどういったスタイルをいうのですか。
また、昭和のプロレスはアメリカンプロレスとどういう点が
違いますか。
プロレスは好きですが、古くは知らないので
教えてください。

Aベストアンサー

アメリカのプロレスは、100年以上の歴史があるもので、内容も微妙に変わってきて、現在に至ります。で、俗に「アメプロ」というのは、日本で新日本プロレスが旗揚げされたころに、対立概念として用いられるようになった表現です。
つまり、アメリカのメジャープロモーションから完全にスポイルされ、独自の価値観を創造せざるを得なかった、「過激なプロレス」を標榜するアントニオ猪木に対して、従前の価値観を完全に踏襲し、従来どおりのスタイルを是とするジャイアント馬場率いる全日本。ただ、フアンは新日に傾倒することが多く、従来のプロレスを「アメプロ」と呼んで卑下したのです。

やがて80年代後半、WWF(現WWE)が全米進行を強め、ストーリーやTVインタビューを強化すると、それが見事に「馴れ合いのお芝居」と、日本人の目には映ってしまったのです。で、なおさら「あんな子供だましをするアメプロなんて・・・」という評価になった。でも、実際にその数年後にはWWFは「筋書きがある」ってことをカミングアウトし、しかしそれでも人気が落ちない現実を見ると、日米どっちのフアンのほうが、精神的に成熟してるのか・・・という気もしないではありません。

で、昭和プロレスってのは、ノスタルジーですね。いわゆる、長州率いる維新軍のハイスパートレスリング、全日本四天王の2.9カウントプロレス、ラリアットプロレスあたりから線を引いた対立概念(全日の西村が言ってるような奴)がそもそもなんですが、いつの間にか、単なる平成との時間的な線引きになっている。今時で言うレジェンド(三銃士や四天王あたりまで)の試合を総括して「昭和プロレス」と呼ぶようです。

ですから、本来であれば、いにしえの全日本がやっていた、NWA、AWAなどのレスリングスタイルに近いものが、昭和プロレスだったのでしょうが、話が違ってきてるって感じです。で、そのようなアメリカのプロレスは、今の日本では、クラシカルな正統派スタイルとして、再評価が進んでいます。いわゆる、ドリー、レイス、ニック、フレアーなどのゆったりした、しかしツボを押さえたスタイル。(ただ、この再評価も、WWEが先にやり始めたことなんですけどね)

アメリカのプロレスは、100年以上の歴史があるもので、内容も微妙に変わってきて、現在に至ります。で、俗に「アメプロ」というのは、日本で新日本プロレスが旗揚げされたころに、対立概念として用いられるようになった表現です。
つまり、アメリカのメジャープロモーションから完全にスポイルされ、独自の価値観を創造せざるを得なかった、「過激なプロレス」を標榜するアントニオ猪木に対して、従前の価値観を完全に踏襲し、従来どおりのスタイルを是とするジャイアント馬場率いる全日本。ただ、フアンは新日に...続きを読む

Qプロレスラーは、普段はどういう生活をしているのでしょうか。

プロレスラーは、普段はどういう生活をしているのでしょうか。
プロレスラーはリング降りたら本当に出来ることが少ない、
という話を聞きましたが、やはりそうなのでしょうか。
それとも第2の人生を考えて色々やっとるのでしょうか。

Aベストアンサー

プロレスラーつったってインディにヤングライオンにメジャーの一流どころまでいろいろいるでしょが。

Qプロレスラー時代の北尾はスタミナに難があった?

亡くなった山本小鉄氏は、北尾について
「あいつは素質は超一級品だが、練習嫌いで
恵まれたパワーを活かす技術が無くて、スタミナに
難があるのが致命的だ」と言ってたのですが、
実際、北尾は技術とスタミナに難があったのでしょうか?

彼のプロレスでの試合はあまり観たことがないので、
ご回答をお待ちしております。

Aベストアンサー

山本小鉄がコーチあるいはブッカーとしての本心を語ったかどうかわかりませんが
とにかく試合でやるべき事をやりきれない北尾のセンスの無さは観客からもまるわかりでした。

身体がでかくて元横綱、スターレスラーとしてどうしても売り出したかったんでしょうが、デビュー戦の登場シーンでで既に失笑が漏れました。
黄色いコスチュームで色々ポーズを作るんですが、それが何ともいえずかっこ悪いんですよ。
かっこ悪いながらの味わいや愛嬌なんてものが無い、ただのかっこ悪さ。
本人はかっこよく極めていたつもりなんでしょうが、動作が練れていないんですよね。

で、試合が始まってみれば当時もっともプロレスが上手かったバンバン・ビガロにリードされてなんとか段取りをこなしているのがまるわかりで、「さすがビガロ北尾に何とか花を持たせたよ」という感想しか持てませんでした。

その後、しばらくは新日本プロレスで試合をしてはいましたが、TV放送なんかの扱いとは別に、いつまでたってもプロレスが上手くなりませんでした。
どうも北尾は自身のレスラーとしてのイメージを無敵の超人のように思い描いていたのか、相手の技を受ける事や痛がって見せる事を嫌っていたようで、他のレスラーとの間に本物の感情のわだかまりがあったようです。

プロレスというのは勝敗を競う競技では無く、試合内容とともにレスラー同士のライバル物語や下剋上をストーリーとして観客に見せて楽しませる興行です。
その仕組みを北尾が理解できなかったわけはないはずなんですが、常に二枚目的な立場で無いと納得しない役者のような心境だったのかもしれません。

その後トラブルを起こし親日を退社しますが移籍先でもまたトラブルを起こし退団、スポーツ冒険家と言うわけのわからない肩書きでインタビューを受けたりしていました。
現在は大相撲に何らかの形で復帰したようです。

身体の大きさや本来持っているはずの身体能力は素晴らしいものがあったとは思うのですが
彼がプロレスラーとして大成できなかったのは、時には泥水を呑む役割をする、というプロレスの仕組みをわかっていても受け入れる事が出来なかった点がもっとも大きかったでしょう。

動作のぎこちなさや見栄えの悪さはちゃんとプロレスをやっていればプロレスファンは「味」として受け止めて楽しめるようになったと思うのでデビュー当時のマイナス点以外は大した欠点にならなかったのではないかと思います。

山本小鉄がコーチあるいはブッカーとしての本心を語ったかどうかわかりませんが
とにかく試合でやるべき事をやりきれない北尾のセンスの無さは観客からもまるわかりでした。

身体がでかくて元横綱、スターレスラーとしてどうしても売り出したかったんでしょうが、デビュー戦の登場シーンでで既に失笑が漏れました。
黄色いコスチュームで色々ポーズを作るんですが、それが何ともいえずかっこ悪いんですよ。
かっこ悪いながらの味わいや愛嬌なんてものが無い、ただのかっこ悪さ。
本人はかっこよく極めていたつも...続きを読む

Q思い出のプロレスラー

あなたの、思い出のプロレスラーを教えて下さい。
古き良き時代のプロレスラーなら、とても嬉しいです。
(最近の人は分からないので・・)
複数回答可ですが、その場合も3人以内でお願いします。

この質問を天国の”狂犬”ディック・マードックに捧げます。

Aベストアンサー

 こんにちは。

 ダイナマイト・キッドです。
 動きも速いですが、髪の毛が伸びるのも早かったです。
 坊主頭がすぐ長髪になってたりして。

 あと、良くも悪くもロード・ウオリアーズには衝撃を受けました。
 「レスラーが重量挙げに負けた~」
 「試合時間短け~」
 なんて。

 あと、藤原組長の頭突きと関節技だけみたいな試合とか、天竜源一郎選手の西部劇のケンカみたいな試合もシビレましたね。

Q昔のプロレスラーについて教えてください

古い話で恐縮ですが、昔昭和20年代後半くらでしょうか、力道山と同様に人気のあった「遠藤みのる?」か「遠藤・・・」とかゆうレスラーについてご存知の方があれば教えてください。当時大阪の天六に彼の道場もあったそうですが・・。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

力道山とともにプロレスを創設した遠藤幸吉という柔道家がいました。シャープ兄弟と戦ったときのポスターを見た覚えがあります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%A0%E8%97%A4%E5%B9%B8%E5%90%89
大阪に同乗があったかどうかは知りません。


人気Q&Aランキング