現在、中古のマンション(築30年)に住んでいます。最近、新規に
マンションを購入しました。中古マンションは賃貸にしようと考えて
います。そこで、以下の質問があります。
1 このような場合、新規マンションについての住宅ローン控除は対象
  となるのでしょうか?
2 上記において、仮に控除の対象となる場合、家賃収入に対する所得
  税もローン控除の対象になるのでしょうか?
  ※払った所得税について住宅ローン控除が受けられると聞いていま
  すが、家賃収入も対象になるのでしょうか?

よろしくお願します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

1.住宅ローン控除は、その住居に居住していることが条件ですから、賃貸している場合は適用になりません。



2.住宅ローン控除は、年末のローン残高の1%が、納付ずみの所得税から控除されるものですから、控除を対象になります。

従って、新規購入の建物に居住して、中古のマンションを賃貸にした場合は、このようなことが可能になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても気になっていたので助かりました。ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/09 02:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマンション売却と新規住宅購入のローン控除

今年の7月に10年住んでいた、自己所有マンションを約800万円で売却しました。住宅金融公庫からの借入返済金が約900万円、残金としてありましたので、持ち出しが約100万円です。新規一戸建て建売住宅を購入し、今年8月から入居していますが、ファイナンスからの借入が約3000万円です。ご質問なのですが、住宅会社社員からの話を聞くに、H18年2月の確定申告では、マンション売却のときに”逆ザヤ”がでているので、まずそちらを税務署に申告したほうがいいと言われました。この場合申告順番とか、控除期限とか何か手順ルールや、メリットなどあるのでしょうか。素人しつもんですが、どなたかご教示ください。

Aベストアンサー

http://www.nta.go.jp/category/shinkoku/data/h16/2937/jyouto/01.htm
とりあえずは、ここを参考にしてみてください

>自己所有マンションを約800万円で売却しました。住宅金融公庫からの借入返済金が約900万円、残金としてありましたので、持ち出しが約100万円です。
これをもって逆ザヤと考えているようでしたら、誤解がありますので。

Q住宅ローン控除の年末調整をしたいのに「給与所得者の住宅借入金等特別控除申告書」がないのですが

会社で年末調整のため住宅ローン控除をしようと思うのですが、
何年か分もらったはずの「給与所得者の住宅借入金等特別控除申告書」が見つかりません。あの紙がないと年末調整はできないのでしょうか。
それともその用紙をWEBで印刷できるとか、税務署にいってもらってくるとかできるのでしょうか?それとも確定申告しなくてはいけないのでしょうか?すみません焦っています。教えてください。

Aベストアンサー

>税務署にいってもらってくるとかできるのでしょうか?

税務署で再発行してもらえますよ。
1週間くらいかかるみたいです。

Q家賃収入の所得は課税される?

サラリーマンしております(年収 約400万円)+妻は扶養を外れアルバイト(年収 約168~180万円)+子供2人(中学生1、小学生1)の4人家族です。

不動産会社から連絡あり、私名義の一戸建て(現在空家)を賃貸で貸そうと思っております、想定家賃85,000円+管理費5,000円が毎月入ってきます。
一戸建てのローン返済もあり、毎月 約60,000円+ボーナス時 約240,000円X年2回の返済をしております。
もちろん毎年 固定資産税も支払いしております。

(1)家賃収入に所得税がかかるのでしょうか?
(2)正確に計算しておりませんが、黒字の場合は課税率(税額)はどのくらいかかるのでしょうか?
(3)赤字の場合は、所得税はかからず確定申告の必要はないでしょうか? 
(4)赤字の場合は、給与所得の所得税が減額になり、税金が戻ってきますでしょうか?
(5)確定申告を漏らすと脱税で後年に割増課税されますでしょうか?

全く無知な状態なので、くわしく教えて欲しいです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

(1)家賃収入に所得税がかかるのでしょうか?」
不動産所得ですから、当然課税対象です。
ただし、課税対象となることと所得税が発生することとは「別」です。

(2)正確に計算しておりませんが、黒字の場合は課税率(税額)はどのくらいかかるのでしょうか?
給与収入が400万円なら、給与所得が266万円です。
9万円×12ヶ月=108万円
ここから固定資産税等、不動産所得の経費を引きます。
その経費を仮に30万とします。
108万円ー30万円=78万円←これが不動産所得

給与所得266万円+不動産所得78万円=344万円
配偶者控除なし、控除対象扶養親族なし、基礎控除額38万円です。
生命保険料控除5万円、社会保険料控除額18万円(仮)として
344-5-18-38=283
283万円にかかる所得税は190,500円。

年末調整後の源泉徴収票に記載されてる「源泉所得税額」とこの190,500円との差額が、申告所得税として納付すべき額になります。

(3)赤字の場合は、所得税はかからず確定申告の必要はないでしょうか? 」
義務はありません。

(4)赤字の場合は、給与所得の所得税が減額になり、税金が戻ってきますでしょうか?」
損益通算といいますが、給与所得から赤字が引かれて、上記の計算がされますので、当然に源泉徴収されてる額が納めすぎになります。
つまり還付金が発生=税金が戻ってくる、、です。

(5)確定申告を漏らすと脱税で後年に割増課税されますでしょうか?」
還付の申告は元々義務がありませんので、割り増し課税もへったくれもなしです。
納税するべき申告所得税(これを確定申告時の3期分といいます)がある場合には、3期分の額を基準とした無申告加算税と実際に納税が完了されるまでの延滞税が計算され、請求されます。

(1)家賃収入に所得税がかかるのでしょうか?」
不動産所得ですから、当然課税対象です。
ただし、課税対象となることと所得税が発生することとは「別」です。

(2)正確に計算しておりませんが、黒字の場合は課税率(税額)はどのくらいかかるのでしょうか?
給与収入が400万円なら、給与所得が266万円です。
9万円×12ヶ月=108万円
ここから固定資産税等、不動産所得の経費を引きます。
その経費を仮に30万とします。
108万円ー30万円=78万円←これが不動産所得

給与所得266万円+不動...続きを読む

Q別居の扶養親族の医療費は、所得控除の対象?

姑とは、別居しております。
以前は、夫の職場の健康保険で、扶養の扱いにしていました。
現在は、後期高齢者の医療制度で、切り離されています。

以前、医療費が多くかかった年に、確定申告で、医療費控除の申請をすることができました。

昨年は、医療費は少なかったのですが、今年は入歯をつくったとかで、多くなる見込み。
今現在も、医療費控除の申請をすることはできるのでしょうか?

確定申告で、扶養者として、申告しています。

Aベストアンサー

ご主人の母上はご主人の親族なので、生計を一にしているならば、
(1)ご主人が母上と同居しているか別居しているかに関係なく、また
(2)母上がご主人の所得税を計算する際の扶養親族であるかどうかに関係なく、また
(3)母上がご主人の職場の健康保険の被扶養者であるかどうかに関係なく、
ご主人は今も、母上の医療費について医療費控除を申告する事ができます。

Q給与所得の場合、経費は控除対象になりますか?

私は本職以外に副業しています。
今回、初めて副業の給与所得に対して確定申告をすることになったのですが、ガソリン代等の経費が合計20万円ほどあるのですが、この経費は控除対象になるのでしょうか?
事業所得の場合のみ経費は控除対象になるとお聞きしましたが本当でしょうか?

Aベストアンサー

>給与所得の場合、経費は控除対象になりますか?

なりません。
個人事業主の場合は、事業にかかった経費を、収入から差し引くことができます。
会社員の場合は、経費として控除することはできません。
そのかわり、給与所得控除というのがあるのです。

>ガソリン代等の経費が合計20万円ほどあるのですが、この経費は控除対象になるのでしょうか?

控除対象にはなりません。
仕事でかかったお金なら、あなたから会社側に請求して下さい。
会社が認めてくれれば、その費用を、会社側が、経費として扱うことになります。

>事業所得の場合のみ経費は控除対象になるとお聞きしましたが本当でしょうか?

その通りです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報