軽いうつ病を半年くらい患っている者です。うつ状態になってからすぐに心療内科に通い始め薬を飲み始めたおかげか、症状はだんだん良くなっているようです。

ただ私の場合、自分がうつ病になった理由がよくわからないので、今でも理由について考え込み、堂々めぐりをしています。よく言われるうつ病の原因は、仕事の重圧や人間関係のストレス、引っ越しや子供の巣立ちなどですよね。私の場合、どれも当てはまりません。

私の発病のきっかけと(たぶん)思われることは、長年あこがれていた芸能人に個人的に会うことができ、人生でかつてないほどのものすごい緊張状態におかれたこと(もう呼吸が止まってしまうほどでした)と、その時さまざまな悪条件が重なり、その人にすごく失礼な態度をしてしまったことです。そのことがあった直後は、自分なりに一生懸命やったのだから仕方がないと割り切れていたのに、しばらくして落ち着いて考えたときにいきなりど~んとショックが起き、翌日から早朝覚醒するようになりました。でも、こんなことでうつ病になることってあるのでしょうか?

どなたか、私がうつ病になった理由を分析していただけませんか?また、うつ病を患ったことのある方、どんなことがきっかけで発病されましたか?御自分の経験をよかったら教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

chimさん、こんにちは。


私はうつ病ではないのですが、2年ほど前に自律神経失調症と診断されました。
(でも私の最初の病状は軽症うつ病の症状によく似ていたので、今でもそうではなかったのかと疑ってたりもするのですが(笑)
私も自分がこうなった理由を考えては堂堂巡りしてしまいます。
軽症うつ病の場合、よく「心の風邪」だという表現をしますよね。
風邪と言うのは、潜伏期間があって、発病しますよね。
私は最近、風邪をひいたのですが発病するまでの経過はこうです。
同じバイトの人にどうやら風邪をうつされていたらしい→カラオケに行って歌い過ぎてのどを痛めた→発病・・・といったカンジです。
では、私が自律神経失調症になった経過はこうです。
別に普通の生活をしていたけれどそれなりにストレスもたまっていたのだろう。→「少年Aへの手紙」という本を読んでものすごい衝撃を受ける→自分が怖くなる→発病・・・こんなカンジです。

chimさんの場合、それ以前にも普通の生活をしていながらも、ちょこちょことしたストレスはあったんじゃないかなと思います。人間誰だってそうでしょう?
それで憧れていた芸能人に会い、失礼な態度をとってしまった、いわば、普通の生活とはちょっと違った人間関係において失敗をしてしまった、というショックが自分で思っているよりもchimさんの中では大きかったんではないでしょうか?
で、それがきっかけとなって発病してしまった・・・というわけです。
きっかけというのは結構ささいなものだと思います。(私も本を読んだだけで発病でしたから。)
そこにいくまでの過程で自分では感じてもいなかったストレスがつもり積もっていたということが大きいんじゃないかな、と思います。
心の病気というのは律儀で、感受性が強い人ほどなりやすいといいます。
おそらくchimさんも律儀なお方なのではないでしょうか?その後、その芸能人の人にお詫びの手紙を送ってらっしゃるみたいですし。
No.1の方の回答のお礼のところでchimさん自身もおっしゃってますが、心の病気というのは患うと治療に結構時間がかかったりします。
ですが、「まあこんなこともあるよね~」くらいの軽い気持ちで治療を続けられてみてください。深く悩み込むと、同じところをぐるぐると回って、闇の中に迷い込んだような気持ちになって、どんどん気持ちが沈んでいきますから。(って普段から物事を考えすぎてしまう私にいわれても説得力ないかもしれませんが(笑)
でも、その芸能人の方とは誤解も解けたみたいでよかったですね(^^)
軽症うつ病は「心の風邪」です。きっと治る日が訪れますよ。お互い気楽にいきましょうね。
あんまりいいアドバイスにはなってないかも知れないけど・・・(-_-;)
では(^^)

この回答への補足

上に書いてあるお礼の文面が、コピー・ペーストの手違いでおかしくなってしまいました。後半の部分を下のように訂正します。

それが今回の大きな挫折をきっかけに一度に吹きだしてしまったようです。もし芸能人と会えたことが大成功の結果になっていたら、私はさらに大きな目標を目指して突き進み、ストレスをますます抱えていったかもしれません。早めに挫折を経験したのは良かったのかもしれません。これからは気楽に風邪を治療していこうと思います。ありがとうございました。

補足日時:2002/03/06 10:45
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わたしはストレスなんか少しもない幸せな生活を送っているように他人からは見えていると思いますが、uminosukiさんが推測されたように、人には分からない(ひょっとすると自分でもわからないところで)ストレスを長年にわたってためてきたという可能性は大きいと思います。今まで、自分の力以上のことを目指してがんばりすぎたのかもしれませんし、真に人生を楽しむことができない性格なのかもしれません。それが今回の大きな挫折をきっかけに一度に吹きになっていたら、私はさらに大きな目標を目指して突き進み、ストレスをますます抱えていったかもしれません。早めに挫折を経験したのは良かったのかもしれません。これからは気楽に風邪を治療していこうと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/06 10:43

神経内科


なんて本を見つけて読むと見当つくかもしれません。

重金属(鉛・砒素・カドミウム)を使っている(鉱業を含む)人の家庭のお子さんとか.
有機溶剤を使っている人の家庭のお子さんとか.
放射線(放射性部室を使った蛍光塗料を含む)を使っている方とか
が.近所では原因不明のうつ病になり易いようですが.さて.有為さがあるかどうかは不明です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼がたいへん遅くなってしまいました。みなさん、いろいろありがとうございました。心療内科に通い始めてちょうど半年になり、まだ薬は飲まなければならないようですが、じょじょに前向きな気持ちになってきています。最近、三笠文庫のジョセフ・マーフィーの著書を片っ端から読んでいます。どんなどん底にいる人でも希望が沸いてくる本だと思います。同病の人には是非読んでいただきたい本です。最初はマーフィー自身ではなく、日本人が解説している本の方からお読みになることをお奨めします。その方がとっつき安いと思いますので。

お礼日時:2002/04/23 13:42

鬱病というのは、原因もなく落ち込んだりふさぎ込んだりするもので、原因が思い当たらなくても(本人が気づいていないだけで本当は別に原因がある場合もあります)そういう状態はあります。

きちっと心療内科に通い、薬を飲んで、多少なりとも状態が改善されているのなら、そんなに心配することはありません。

私は一時これといった原因が思い当たらないのに、深く落ち込み、訳もなく泣いて泣いて、布団を被って表には出られないような切ない情況が続いたことがあります。勿論、メンタルクリニックには通っていましたが・・。

自分でも原因がわからないが、鬱病であるという診断がなされているのであれば、担当医からのアドバイスのようなものはないですか?精神科(心療内科)は患者と先生との相性も大事ですよ。

原因探しよりも、とにかく「頑張りすぎない」ことですね。自分の人生で今この瞬間が一番若いのですから、過去を振り返るより、自分にとって心が豊かになる楽しみを見つけて人生を楽しんで下さい。(なんて、偉そうなことは言えないですが)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

心療内科の先生からは、特にうつ病という診断はなされていません。病院に行く前に本をいろいろ読んで私自身うつ病という確信を持っていたので、初めて診察に行ったときに「うつ病になったので来ました。」と自分から病名を名乗ってしまいました。そのせいか、先生からのアドバイスも診断も今まで一度も聞いたことはありませんでした。私の症状によって薬の量や種類を増やしたり変えたりするだけです。

やはりうつの原因というのは、はっきり見えるものとは限らないのですね。人生で今が一番若いというのは気づきませんでした。私は今、春休みでちょっとのんびりしています。いつもなら、休み中でも目標を見つけてがんばらないと後で後悔する、と自分を叱咤激励していたのですが、今年は自分を甘やかして楽しく過ごすことだけを考えようと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/06 00:01

それこそまさしく人間関係のストレスだと思いますよ。


たとえば仕事の重圧、これは昇進したのに思うように結果が出せないことがストレスとなってのしかかるのですが、
あなたがあこがれの芸能人と個人的に会えたのは昇進であり、そして思いもよらず失礼な態度をとってしまったのは自分の思い描いた仕事結果が出せなかったということなのだから。
原因としては明快だと思うけど。

まあ、でも思い悩んでも時間は戻らないし、
それで地球が終わるわけでもなし
(終わらなかったでしょ^^)、
生きてる限りまたきっとそんな機会が何度かありますから
そのときにいつかうまくいけばいいのではないの?
人間は失敗する生き物だからこそ、
うまく行ったときに幸せなのですし。

その方にお手紙を書くというのもいいと思いますよ。
ときどき、週末に小旅行に出て、旅先から
長くない絵はがきを出し続けてみてはどうでしょう?
一年ぐらいゆっくりかけて
いつかまた思いが伝わると思うよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。人間関係のストレスの一種なのですね。他の方に理路整然と分析していただくと納得できます。うつ病になった後、その芸能人にはおわびのお手紙を書き(もちろんうつ病のことには触れていないのですが)、お返事もいただきました。思いやりのある人のようで、今でもときどきEメールを送ってくれます。もう相手は怒っていないとわかったのに、まだ私のうつ病がすっきり治りません。(もちろん改善には向かっているのですが。)一度、うつ病になってしまうと、原因となることが解決しても、すぐには治らないのですね。
心のこもった回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/05 13:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q仕事が原因でうつ病っぽい。転職すべきでしょうか?

最近うつ病っぽい症状があり、いくつかのHPでうつ病の自己診断をしたところ
どの自己診断でも中程度のうつ病だという結果が出ました。
近いうちに病院に行ってきちんと見てもらおうと思っているのですが、
本当にうつ病だとすれば原因は仕事だということははっきりしています。

自分で調べてみたところ、うつ病は薬物療法と十分な休息で直るということでした。
ただうつ病の原因が仕事なので、病院に行き、治ったとしても、
今の仕事を続けていれば、再びうつ病になるのではないかと思います。

そうなるとやはり転職をした方がいいのでしょうか?
今の仕事ではストレスも多いですが人間関係はよく、
また転職もそう簡単ではないことを考えると、
どちらがよいのか(転職すべきかどうか)分かりません…。
どなたかアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは^^
私は今macumacuさんと全く同じ状況から仕事を休職して鬱病を治そうとしているところです。
私も仕事ではすごくストレスがあり、それが原因で感情のコントロールができなくなり涙が止まらないといった症状が出てきたので、心療内科を受診し、今はお薬を飲んで毎日ゆっくり休んでいます。
まずは、一度病院に行ってみるのはどうでしょうか?
私は4月になって初めて心療内科というところに行きました。
そこで先生にゆっくりと日ごろのストレスの話や、自分の性格、毎日憂鬱になる時間帯はいつか・・・などお話して、そこで先生がどういったお薬で治していったら1番いいかというのを判断してくれます。
私は典型的な鬱症状だということで、鬱の症状をじょじょに治していくというお薬を毎晩飲んでいます。
抗不安薬というものを生まれて初めて飲むのでドキドキしましたが、特にひどい副作用などもなく、日々を過ごしています。
そして、まずはお仕事を休職されることだと思います。
仕事をしながら薬を飲みながらでは全然治らないと先生に言われました。
まずはストレスの原因となるものを切り離して、のんびりと生活していくことが鬱病完治への道らしいです。
私は今休職2ヶ月目ですが、一応調子が良くなってきたら復帰してみるつもりです。
ただ、私もmacumacuさんと同じで人間関係はいいのですが仕事でのストレスが激しい職場なので、復帰してみてどうしてもやっぱりダメだと思ったらその時に辞めるなりの判断をしようと思っています。
まずはお休みすることが1番みたいですよ^^

全く参考にならなかったかもしれませんが。。。
あまりに境遇が似ていたのでコメントさせて頂きました。
どうぞお大事にされてくださいね。

こんにちは^^
私は今macumacuさんと全く同じ状況から仕事を休職して鬱病を治そうとしているところです。
私も仕事ではすごくストレスがあり、それが原因で感情のコントロールができなくなり涙が止まらないといった症状が出てきたので、心療内科を受診し、今はお薬を飲んで毎日ゆっくり休んでいます。
まずは、一度病院に行ってみるのはどうでしょうか?
私は4月になって初めて心療内科というところに行きました。
そこで先生にゆっくりと日ごろのストレスの話や、自分の性格、毎日憂鬱になる時間帯はいつ...続きを読む

Q精神薬の服用について質問です。私、うつ病歴13年目、過呼吸、慢性胃炎、慢性閉塞性肺疾患を患っ

精神薬の服用について
質問です。

私、うつ病歴13年目、過呼吸、慢性胃炎、慢性閉塞性肺疾患を
患ってます。

現在、薬は、クロチアゼパム(デパス)、エビリファイを服用してます。
クロチアゼパムは服用して、13年目になります。
エビリファイは半年服用してます。
精神薬の長期服用は、体に害ですか?
今は、毎日、うつ病の症状に波があり、
精神薬無しでは日常生活が
困難な状態になってきました。

精神薬の事をネットで調べたのですが、
長期服用は体に害を及ぼすと
書かれていました。

これから先、精神薬を一生服用しなくては駄目なのか?
長期服用は体に害を及ぼすのか?と
考えたら落ち込んでしまいます。

やはり、長期服用は
体に害を及ぼすのでしょうか?

アドバイスお願いします<(_ _)>

Aベストアンサー

辛い状態に耐えてよく頑張っていますね。

僕はパニック障害を24年患って20年以上精神薬を飲みましたが、健康に害を及ぼすことはありませんでしたよ。
一生服用してもいいと思っていたんですが、治ってきたので少しずつ減らしてみて、飲まなくても大丈夫になってきました。

いまでも少し変だなと感じたら抗不安薬を飲みます。

デパスもエビリファイも安全な薬ですから大丈夫ですよ。

抗不安薬で辛い症状を抑えて、脳内のバランスを整える薬で自律神経を整えて、
頑張り過ぎない自分のペースを作って、
自分にも周囲にも優しくなっていければ、必ず治りますよ。

○○じゃなきゃいけない。と考えてしまったときは、

○○なこともある。
○○なときもある。
○○なひともいる。
という思考に切り替えてみてください。

頑張り過ぎないようにしてくださいね。

Qうつ病っぽいです。カウンセリングって効果あります?

ここ何ヶ月ずっと気分はさえず、
やらなければならないこともあるのにろくに進まず。
やらなくちゃ、と思うのにほかの事をしてしまって、だらだら時間を浪費して自己嫌悪に陥る毎日です。

うつ病かなとは思っていたのですが、寒いからなのか、冬季うつ病なのかとも思って様子見していたのですが。

さっきオンラインうつ病チェックで自己診断してみたら、ほとんど当てはまっていて、まともにうつ病っぽそうです。

カウンセリングを受けてみたいと思うのですが、外出したくありません (これも症状でしょうか)

電話やメッセンジャー、スカイプなどでカウンセリングを低価格かできれば無料で受けられるところはないでしょうか。


にしたところで、カウンセリングを受けるのはうつ病対処に有効なのでしょうか。


なんとなく自分のことを吐き出したい気持ちはすごくしますが。

なにを話したいのか自分でもよくわかりません。


よろしければご助言下さい。

どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

僕に相談した方の例で答えますと、冬季うつ病でアルバイトに出掛けられそうも無いのですが、アルバイトに行くべきなのでしょか、と言う質問には、「シャワーを浴びて、薄化粧をして出掛けて下さい」と答えました。
アルバイトは学習塾の講師です。授業時間中に自分のすべきことを思い出せなくなる問題と併せて、次のようなアドバイスをしました。
 「一点凝視法」を通勤時間中行うことと、授業時間中は出来たら歩く瞑想を行い、自分の行動に意識を集中するようにと、具体的な遣り方を教えました。
 普段の年だと4ヶ月ほど回復に必要なのが「一点凝視法」を毎日続けていたら、2ヶ月で回復したそうです。

強迫神経症は同居人もしくはあなたのお母さんとの関係に不満を持っていることが多いので「外的コントロール」を働かせないようにしてみることが必要だと言います。
母親の方にアドバイスしたら、自分では意識していなくともその様な力を働かせていることに気付き、注意することで、以前よりは仲の良い親子に成れたそうです。
こちらは「選択理論」の基本になる「外的コントロール」に就いての説明をしました。
それぞれの親子の間で色々な過去があり、思いも異なっていると思いますので、親子の事情を聴いた上でのアドバイスでした。

心理療法は脳内ホルモンのことなどは「気分が良くなる」の言葉で代表させるくらいで、脳内ホルモンを増やすことなど教えたりしませんよ。増やしたい人には教えることが出来ても、ホルモンが少なくなったから「ウツに成る」のか「ウツに成った」から少なくなったのかは分らないと考えています。
薬で治したい人は、ホルモンが少なくなるとウツに成ると考えるのでしょうが。

気分が能動的に成るのも、あなたの普段の行動を聞かないと、何が良いのかなどは答えられないのです。
ある人にはジョギングが良くても別の人には家具を磨くことが合っていたこともあります。
憂鬱になったら、歩きなさいやオーブンの掃除をしなさいは、大昔から言われていることです。

母娘二人での住まいでしたら、出来るだけ言葉を交わすようにした方が良いと思います。
その様の事情の人の話もよく聞かされました。僕も母子家庭育ちですし。

僕に相談した方の例で答えますと、冬季うつ病でアルバイトに出掛けられそうも無いのですが、アルバイトに行くべきなのでしょか、と言う質問には、「シャワーを浴びて、薄化粧をして出掛けて下さい」と答えました。
アルバイトは学習塾の講師です。授業時間中に自分のすべきことを思い出せなくなる問題と併せて、次のようなアドバイスをしました。
 「一点凝視法」を通勤時間中行うことと、授業時間中は出来たら歩く瞑想を行い、自分の行動に意識を集中するようにと、具体的な遣り方を教えました。
 普段の年だと...続きを読む

Q現在、うつ病 【医師診断】で1年半強ほど休んでいます。きっかけは、ないでしょうか?

現在、うつ病 【医師診断】で1年半強ほど休んでいます。仕事へ復帰、転職など、何を考えても先が見えないし、毎日家でゴロゴロしています。 何でもいいので快方に向かう良いきっかけづくりはないでしょうか?

金融・保険関係に就職後 → 配属先の人間関係、業務スタイルが不一致? → 不眠、うつ、眼精疲労 → 現在も眠剤がないと熟睡できず・・・です。

Aベストアンサー

1.何を考えても先が見えない
2.ストレスを感じて焦るので病気が悪化
3.毎日家でゴロゴロ→1へ

シンプルに解決します。1を止めて下さい。

ストレスを全て取り去り、睡眠を十分に取れば確実に快方に向かって思考力や自信を取り戻し始めます。
今はストレスにセンシティブに反応しやすい体になっているので、嫌だと思うことは過剰に体調を悪化させます。
回復は非常に遅いので、慎重にストレスマネジメントをしながら眠りまくって下さい。

先が見えない、整理出来ないのは病気に症状のせいです。
快方に向かえば解決します。

とにかくリバウンドをさせないことを最優先して下さい。

Qうつ病は自然治癒するのでしょうか?

自己診断をしたところ軽度うつ傾向と出ています。(結構上位のギリギリですが)
少しづつ感覚が悪くなっている感じがありますが、後2年ほどで退社し趣味を中心にした生活を計画しています。(50を越えて蓄えもあります。退社はうつ病とは関係ありません 若年からの計画です)
原因は仕事ですが何とか会社へは出社しています。
うつ病と決めた(決まった)わけではないのですが、
(1)退社し原因が除かれれば自然回復するのでしょうか?
(2)病院へ行った方が楽になるのでしょうか?
 その場合精神科で、「うつの診断」をお願いします、と言うのでしょうか?
以上 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

例えが適切かどうか判りませんが。
なかなか理解されませんが脳のかぜのようなものです。
精神だけでなくホルモンのバランスが狂っています。

自然治癒する人もいますし放っておくとひどくなる人もいます。
ひどくなれば自殺する人もいます。
受診して治療するのが完治の早道です。

ホルモンバランスを調整するためには薬(本人に合った薬)が近道です。
あとカウンセリングと時間が補助的に有効です。

わざわざ「うつ」とかいう必要は有りません。聞かれるままに自覚症状を説明するだけでいいです。
診断は医師が下してくれます。

私は休職11ヶ月で復帰しました。
お大事に。

Q鬱病です。どうしたらいいかわかりません。 五年前から重度の鬱病を患い、発病後実家で療養→二年ほど仕

鬱病です。どうしたらいいかわかりません。

五年前から重度の鬱病を患い、発病後実家で療養→二年ほど仕事→会社の都合によりクビ→現在また無職の実家療養中です。

うまくかけませんがどうしたらいいかわかりません。いまは病院処方の漢方とサインバルタと個人輸入のエチゾラムを飲んでいますがよくなっているのかわかりません。

無気力で判断力もなく外出もする気になれません。人と会いたいですが友人はみんな仕事や遠方などで無理です。死にたいきもちばかりずっとあってしんどいです。うまくいえなくてすみません。

「じゃあ死ねば」などの返答はいりません。かきたければどうぞ。鬱病はどうすれば治るんですか?今できる最大のことはなんですか。再度閉鎖病棟に入院したいと家族に話したところ、ほとんど無視でした。家族は病気についてどうおもってるのかきくまでとないというかんじです。どうしたらいいですか。しんどいです。たすけてください

Aベストアンサー

お辛いでしょう でも我々第三者ではどうすることもできません
せいぜい参考リンクを貼ってあげることぐらいのことしかできません
http://matome.naver.jp/odai/2133902048636184201
http://enrique5581.net/utsu-sickness/
http://www.inaokhoac.com/

Q単なる「うつ病」ではなく、もっと細かい分類をして欲しいのですが

タイトル通りの質問なのですが、私は半年ほど前に心療内科に通い始め、うつ病と闘っています。
主治医は毎回2、30分時間を取ってくれ、私の話をきちんと聞いて下さるので、相性はそこそこよかったのだなと思い通院を続けています。
(ただ、休職を進められるのですが、休職すると間違いなく
将来の昇進等に響くため、私自身は休職を断り週1回の通院と服薬をしながら働いています。残業時間は月平均60時間ほどなので、世間一般では残業時間は軽いほうですよね。あと、20代で研究職やってます)

具体的な症状としては、発作のようなもの(胸が激しく締め付けられる感じ、ひどい息苦しさ、根拠の無い不安感など、言葉に表しにくい感覚)が不定期に来ます。最近は食欲もなくなり、休日はほとんどひきこもり状態です。
それで、主治医に何回か病名を聞いたのですが、毎回「やっぱり、うつ病なんじゃない?」としか答えてくれません。
よくテレビやインターネットなどで「○○性△△障害」や「○○型うつ病」など、細かな分類がされているのを見るたびに
単なるうつ病と診断されていることに、ちょっと疑問を感じるようになりました。

次に通院するときに、詳しい分類を聞きたいのですが
なんて聞けばいいのか・・・。
また、単なるうつ病なんて存在するのでしょうか?
もしかしたら、自己診断に過ぎませんがパニック障害とかかもしれませんし。
あと、金銭面でちょっときついので、セカンドオピニオン等は考えていません。
実際にうつにかかったことのある方などに質問なのですが、どんな風に症状を診断、分類されましたか?教えてください。

タイトル通りの質問なのですが、私は半年ほど前に心療内科に通い始め、うつ病と闘っています。
主治医は毎回2、30分時間を取ってくれ、私の話をきちんと聞いて下さるので、相性はそこそこよかったのだなと思い通院を続けています。
(ただ、休職を進められるのですが、休職すると間違いなく
将来の昇進等に響くため、私自身は休職を断り週1回の通院と服薬をしながら働いています。残業時間は月平均60時間ほどなので、世間一般では残業時間は軽いほうですよね。あと、20代で研究職やってます)

具体...続きを読む

Aベストアンサー

現在の精神疾患の分類は、アメリカ精神医学会のDSM-IV-TRか、WHOのICD-10です。

それで、うつ病性障害は、大うつ病性障害と気分変調性障害にしか分類されません。

昔は素質などからくる、内因性うつ病、心因からくる心因性うつ病と分けたのですけど、両方の集団は有意に分離されないし、抗うつ薬で一様に治療で着てしまったのでした。
ですからDSMではある程度重いうつ病を大うつ病性障害に、内因・心因に関わらず分類します。
だって、本当に内因か心因かなんて分からないでしょう?
http://homepage3.nifty.com/kazano/dsm.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%86%E3%81%A4%E7%97%85

ICD-10 は軽症うつ病を認めています
http://www.hosp.go.jp/~kamo/psy/icd-10f3.htm

あんまり、細かく分類しても意味がない可能性がありました。
一方、気分障害(うつ病と躁うつ病)と不安障害は合併しやすいので、その併存は記載されるべきです。
同様に人格障害の合併があればそれもです。

現在の精神疾患の分類は、アメリカ精神医学会のDSM-IV-TRか、WHOのICD-10です。

それで、うつ病性障害は、大うつ病性障害と気分変調性障害にしか分類されません。

昔は素質などからくる、内因性うつ病、心因からくる心因性うつ病と分けたのですけど、両方の集団は有意に分離されないし、抗うつ薬で一様に治療で着てしまったのでした。
ですからDSMではある程度重いうつ病を大うつ病性障害に、内因・心因に関わらず分類します。
だって、本当に内因か心因かなんて分からないでしょう?
http://homepage3.n...続きを読む

Qうつ病と自称うつ病(擬態うつ病)

義理の母(60代・専業主婦)の話です。診察を受けさせる前に、予備知識として知りたいと思っています。

実家は自営業で、昨年秋ごろから仕事が減り収入が半減しているのですが、義母はそのことが原因で
「このままでは、うつになりそうだ」と言っています。
詳しくは次のような内容・症状(?)です。
 ・専業主婦のため家にいる時間が長く、いつもお金のことを考えてしまう
 ・お金のやりくりが大変で、うつになりそう
 ・将来のことを考えると不安で、うつになりそう
 ・以前にもうつ病になったことがある、このままでは再発してしまう
 ・最近は死ぬことも考えいてる
 ・食欲が無い。体重は一ヶ月で10kg減った(ふっくらした体型でしたが、確かに最近痩せたようです)
 ・便秘がひどくなった
  (元々便秘症で下剤を常用。先日、内科で摘便&薬を処方してもらった)

このようなことを言い出したのはここ一ヶ月くらいです。
本やネットで得た浅はかな知識ですが、本当にうつ病を患っている人とは少し違う気がしました。
でも、収入が安定しない&以前と同じくらいまで増える見込みが無いことは確かなので、落ち込んだ気分の
うつ状態ではあると思います。
心配なのは、実際にはうつ病じゃないのにうつ病と診断されることで、うつじゃない人が抗うつ剤を飲むことの
リスクを考えると不安です。

そこで、専門家の方や経験者の方にお聞きしたいのですが
 1.上記のような状態でも、心の安定のために病院に行った方が良いですか?
   その場合、受診科目は心療内科で構わないですか?
 2.「うつ病」と「自称うつ」は見分けが付くものなのですか?
   また、見分けが微妙なときに処方するお薬はどのようなものですか?
 2.患者がうつ病と診断して欲しがっていることは、考慮されますか?
   考慮される場合、実際に処方するお薬は抗うつ剤ではないものになるのでしょうか?

お医者様によって対応が違うということは重々承知していますので、「私の場合は」という内容で構いません。
お医者様選びの参考にもさせて頂きたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします。

義理の母(60代・専業主婦)の話です。診察を受けさせる前に、予備知識として知りたいと思っています。

実家は自営業で、昨年秋ごろから仕事が減り収入が半減しているのですが、義母はそのことが原因で
「このままでは、うつになりそうだ」と言っています。
詳しくは次のような内容・症状(?)です。
 ・専業主婦のため家にいる時間が長く、いつもお金のことを考えてしまう
 ・お金のやりくりが大変で、うつになりそう
 ・将来のことを考えると不安で、うつになりそう
 ・以前にもうつ病になったこ...続きを読む

Aベストアンサー

>1.上記のような状態でも、心の安定のために病院に行った方が良いですか?

心療内科かメンタルクリニックです。
心の安定というよりも、正確には病気の診断が目的となります。
病気でなければ特に治療が必要ではありませんが、病気と診断されるようであれば早期治療をした方がよい結果が期待できます。気の持ちようで説明できるものではありませんので医師の診断に従いましょう。。

> 2.「うつ病」と「自称うつ」は見分けが付くものなのですか?
経験が豊富な医師なら見分けはつきます。また、診断の指標もあるはずです。
ただし、客観的に計測できる方法は今のところ存在しないため、医師の腕に依存するところが大きいのが実情です。受診する側が巧妙に鬱の症状を演出すればうつ病の診断を受けてしまうこともあります。
ただし、抗うつ薬は健康な人が飲んでも危機的な副作用はでません。
種類にもよりますが、のどが渇いたり排尿が出にくくなったり太ったりと、何らかの症状を伴います。副作用が出ない薬は今のところ存在しません。


> 2.患者がうつ病と診断して欲しがっていることは、考慮されますか?
   考慮される場合、実際に処方するお薬は抗うつ剤ではないものになるのでしょうか?

不安感を感じる対策として軽度の抗うつ薬を服用するケースは割と一般的に存在します。
抗うつ薬ではなくて睡眠薬だったりすることもあり、診断結果から判断されます。
ただ、うつ病と診断されることを希望して抗うつ薬の処方箋を書くと、昨今事件になっていますから医師の側はわりと慎重になると思われます。


どうも質問文の様子からだと、相当ストレスを抱え込んでいるようです。
長期にわたって過剰なストレスを抱え込むとうつ病などの精神疾患にかかります。
現状、あなたがネットから得たうつ病の症状と違うからと言っても、うつ病なのかもしれませんし、一歩手前の危険な状態なのかもしれません。
まずは医師の診断を受けることをおすすめします。
未病のうちに手を打てるならそれに越したことはありません。

また、うつ病かどうかは結果でしか無く、根本的な解決方法は、本人が家計のやりくりで執着的に問題を抱えこんでしまっていることのようですので、このストレスから解放させてあげる必要があります。

何が原因で何が結果なのか一度整理すると本人もあなたも落ち着くんじゃないでしょうか?
医師やカウンセラーは病気そのものの対処は出来ますが、根本的な原因となっている家庭の問題はが踏み込めない領域です。

>1.上記のような状態でも、心の安定のために病院に行った方が良いですか?

心療内科かメンタルクリニックです。
心の安定というよりも、正確には病気の診断が目的となります。
病気でなければ特に治療が必要ではありませんが、病気と診断されるようであれば早期治療をした方がよい結果が期待できます。気の持ちようで説明できるものではありませんので医師の診断に従いましょう。。

> 2.「うつ病」と「自称うつ」は見分けが付くものなのですか?
経験が豊富な医師なら見分けはつきます。また、診...続きを読む

Qうつ病の薬の止め方

2年ほど前に口論となり、その間にうつ病になって音信不通になっていた友人からつい最近連絡がありました。
その中で「薬を飲むのを止めた、止めて2~3ヶ月経つが変わりはない」と治ったかのように言っていました(本当に治ったならいいのですが)。
私は「それは医者の判断か?」と聞いたら、
「あの手の医者は薬を切らせてくれない、もっともその手で儲けているんだろうけど」と主治医を馬鹿にしたような発言が返ってきました。
少々話し方がハイテンションなのが気になりましたが、うつ病の治る時ってそんなものなのでしょうか?
勝手に自己診断して悪化しなければいいのですが。

Aベストアンサー

私も以前、うつの薬を勝手にやめてしまったことがあります。
その結果、1年後更に悪化してしまい、2年近くの休職をしています。

主治医に注意され、「私の患者で、自分の判断で薬をやめて自殺した人が何人かいる」と聞かされ怖くなりました。

うつの治りかけって結構元気になるようです。でもその治りかけが一番危ない時期でもあります。
私の妻の友人もうつで、段々薬の量も減ってきていい調子だねって思っていたら、自殺未遂ってことで緊急入院した人がいます。

自己診断は危険です。薬は序々に減らしていかないと、後で大変なことになりますよ。

Q【うつ病と地黒の関係性】すぐに日焼けする色黒の人はうつ病になりにくいそうです。昔はうつ病=色白=

【うつ病と地黒の関係性】すぐに日焼けする色黒の人はうつ病になりにくいそうです。

昔はうつ病=色白=日に当たってないからという図式だったと思うのですが、最近の研究によると地黒の人はそもそもうつ病になりにくい性質なのだそうです。

うつ病だから色白じゃなくて、色黒はうつ病になりにくい。

この研究結果はどこが出典なのでしょうか?

これは本当ですか?

Aベストアンサー

違うと思います。色が黒いと言うことは太陽の下で働く人が多いという意味でしょう。
農業、建設業そんな人たちは肉体的には疲れるけど、精神的には疲れないので鬱病などになりにくいのだと思います。
 当然鬱病の人たちのデータを取ったらあまり日焼けしていない人が多いのだと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報