例を挙げると、吉田修一の「パレード」のように
普通の現代小説かと思って読み始めたら
どんでん返しがあった、結末が怖かった、という
小説を読みたいのですが、おすすめがありましたら教えてください。

また、村上龍「オーディション」のように、
純文学作家が書いた怖い小説でもかまいません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

河野多惠子さんの「不意の声」(講談社文芸文庫)


「後日の話」(文春文庫)などはどうでしょうか。
純文学の大家ですが、背筋がぞくぞくするような
不穏な気配の作品が多いので、この二作品以外に
もあたってみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

河野多恵子さんはまだ読んだことありません。
今度書店でチェックしてみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/07/24 19:42

桐野夏生さんの「OUT」


奥様方怖すぎです。昔ドラマになってました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは
「OUT」はだいぶ前に読みました。
ミステリー小説というのがあらかじめわかっていたので、怖くはあるのですが意外性がないのです。
できればそういう意外性のある小説を読みたいのですが、あまりないようですね。

お礼日時:2006/07/30 19:23

かなり古い本ですが……



倉本總・著『ニングル』
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4652071299/50 …

最初は著者のエッセイのように始まるのですが、やがて森の精霊・ニングルが出てきてファンタジーめいた展開になり、クライマックスには私は恐怖を覚えました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても評価の高い作品のようですね。
今度探してみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/07/24 19:50

北村薫「紙魚家崩壊」は、北村氏特有の完成された文章が、ちょっと最初は難しい感じがしますが、ぞくりとしましたね。


あとは、恩田陸「Q&A」も怖かったです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「紙魚家」「Q&A」いずれも既に読んだ作品ですが、面白かったです。
特に「Q&A」は怖い作品です。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/07/24 19:48

藤堂志津子さんの「男の始末」がちょっと怖かったです。


イタ電のエピソードが最後に伏線となって効いてきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

藤堂志津子さんは以前何冊か読んだことがありましたが、
挙げていただいた作品は未読だと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/07/24 19:46

最近読んだ貫井 徳郎 の愚行録が、ぞくりときました。



参考URL:http://www.amazon.co.jp/gp/product/4488023878/50 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貫井さんは、ミステリー作家ですね。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/07/24 19:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q村上春樹の小説を読んでみたいです。 私は小説を読むことが好きで色々と読んでいたのですが、村上春樹さん

村上春樹の小説を読んでみたいです。
私は小説を読むことが好きで色々と読んでいたのですが、村上春樹さんはノルウェイの森しか読んだことがありません。以前までは大丈夫だったのですが最近はグロテスクな表現やハードボイルド系の小説が苦手で、山田悠介さんや太宰治などは読めなくなってしまいました。そういった表現がないものでオススメを教えて下さい。

Aベストアンサー

「回転木馬のデッドヒート」はどうでしょうか。
読みやすいわりに奥の深い短編集です。

下記の書評の中で同じことを書いてる人がいますが、私が初めて読んだ村上春樹の本で、結局今でもこれが一番好きです。

書評
https://www.amazon.co.jp/%E5%9B%9E%E8%BB%A2%E6%9C%A8%E9%A6%AC%E3%81%AE%E3%83%87%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%92%E3%83%BC%E3%83%88-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%9D%91%E4%B8%8A-%E6%98%A5%E6%A8%B9/dp/4062749068

Q村上龍の小説の読む順番を教えてください。

30歳女です。
「はじめての文学」という本を読んで、
村上龍さんの本をもっと読んでみたくなりました。

おすすめの読む順番を教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

自選小説集があるので、それを1巻から読んでみたらいかがでしょう。
代表作はぜんぶ揃ってます。
後ろから読むのはお薦めしません。
後ろの巻になるほど内容がマニアックで強烈です。

http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_ss_b?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%91%BA%8F%E3%97%B4%8E%A9%91I%8F%AC%90%E0%8FW+&x=14&y=23

Q私が今、読みたい小説があります。その小説は7年前、担任の先生に借りて読まさせて頂いてました。しかし、

私が今、読みたい小説があります。その小説は7年前、担任の先生に借りて読まさせて頂いてました。しかし、主人公の下の名前しか覚えていません。名前はヘブンかヘヴンで若い女の子です。小説自体は厚めで文庫本の少し大きいサイズでした。冊子は柔らかく、カバーはつるつるの素材でした。主人公は表で見た記憶だと、黒髪ロングの子です。挿し絵があったかどうかも曖昧です。
これだけの情報だと、やはりわかる人はそうそういないでしょう…。わかる方はご回答、宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

「サムライガール」かな?https://www.lib.adachi.tokyo.jp/young/tokusyu/tokusyu-kako/tokusyu-kako1102.html

Qエロ小説でも犯罪小説でも純文学?

質問1
芥川賞の「共食い」と「苦役列車」のことなんですが。。。
まだ読んでいないのですが(これから読むつもり)、共食いの方はなんか近親相姦みたいな内容で、
苦役列車の方は「酒乱の父が犯罪ばかり繰り返している」、というような内容、と聞きました。

こういうのも純文学、っていうんでしょうか?
エロ小説、犯罪小説でよければ私でも書けそうなんですが・・・

純文学っていうからにはエロとか犯罪とかはNGのような気がしますが。
そういう内容でもいいんですか?


質問2
それから芥川賞を取るには、文学雑誌に発表された作品が対象、と聞きましたが、そもそもその文学雑誌に発表するにはどうすればいいのでしょうか?
募集とかしてるんでしょうか? 郵便で送ればいいのかな?  それとも漫画雑誌の「作品持ち込み」みたいに自分で編集部を訪ねて編集者に目の前で読んでもらう、というスタイルでしょうか?

Aベストアンサー

質問1 =

芥川賞の大元、芥川龍之介の作品を精査してみます。

かの有名な「羅生門」では、「ある下人」が主人公として出てきますが、この下人は「羅生門の楼の上で死骸の髪の毛を抜いてる老婆」を見咎めます。老婆は「この髪を抜いてな、かづらをつくろうと思うたのじゃ」と言います。平安の都で起きた飢饉により、かづらを売って食い物を手にし、生き抜く為の手段であると。すると下人は自分も生き抜く為に老婆の着物を奪い取ります。これは純文学でも「犯罪の描写」です。

また「地獄変」においても、主人公の絵師、良秀は大殿から「地獄変」の屏風絵を描くよう命じられます。話を受け入れた良秀ですが、彼は「実際に見たものしか描けない」絵師でした。彼は、地獄絵図を描くために弟子を鎖で縛り上げ、梟につつかせるなど、狂人さながらの行動をとります。しかしどうしても仕上がらない。燃え上がる牛車の中で焼け死ぬ女房の姿を書き加えたいが、どうしても描けない。つまり、実際に車の中で女が焼け死ぬ光景を見たい、と大殿に訴えて出ます。話を聞いた大殿は、その申し出を受け入れました。当日、屋敷に呼び出された良秀は、車に閉じ込められたわが娘の姿を見せつけられます。良秀は嘆くでも怒るでもなく、やがて車に火がかけられ、縛り上げられた娘は身もだえしつつ、纏った豪華な衣装とともに焼け焦がれていきます。これも明らかな「気違いじみた犯罪の描写」です。

ですから「犯罪を純文学に表現として入れるのは」問題ないと思います。


それとエロは作品全体がエロなら「官能小説」になりますが(例えば団鬼六作品)、一部描写では、全く問題は無いでしょう。大正時代は「接吻」と表現しただけでも「エロい」描写とされてましたからね。


質問2 =

こちらのURLをどうぞ

http://www.bunshun.co.jp/award/index.htm

質問1 =

芥川賞の大元、芥川龍之介の作品を精査してみます。

かの有名な「羅生門」では、「ある下人」が主人公として出てきますが、この下人は「羅生門の楼の上で死骸の髪の毛を抜いてる老婆」を見咎めます。老婆は「この髪を抜いてな、かづらをつくろうと思うたのじゃ」と言います。平安の都で起きた飢饉により、かづらを売って食い物を手にし、生き抜く為の手段であると。すると下人は自分も生き抜く為に老婆の着物を奪い取ります。これは純文学でも「犯罪の描写」です。

また「地獄変」においても、主人...続きを読む

Q村上龍さんの小説で性やドラッグを扱っていない小説はどれですか?

村上龍さんの「はじめての文学」という本の中の
「希望の国エクソダス」というのが面白かったので、
村上龍さんの小説を最初から読もうと思い、
「限りなく透明に近いブルー」を読み始めましたが、
性とドラッグの描写が生々しく、あまり入り込めません。

村上龍さんの小説の中で、性とドラッグを扱っていないもの、
「希望の国エクソダス」みたいな小説はどんなものがありますか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

村上龍さんの小説は、「希望の国のエクソダス」のような社会経済をメインに扱ったものと、
性やドラッグなどの社会風俗が多く使われているものと、
パターンがわりとはっきり分かれていると思います。

ota1978さんが読みたいタイプの小説は、
「愛と幻想のファシズム」→「希望の国のエクソダス」→「半島を出よ」
の流れで、出版されているという感じかと思います。
「希望の国のエクソダス」を読んだときは、「愛と幻想のファシズム」の
現代版だなあと思った記憶があります。
それから、私は読んでいないのですが、
「五分後の世界」とその続編の「ヒュウガ・ウィルス」も
似たタイプの小説ではないでしょうか。

「長崎オランダ村」や「共生虫」などもたしか性的な場面はでてきませんが
「希望の国のエクソダス」とは少しちがうカテゴリかもしれません。
(読んでみれば、面白いとは思います)

私も記憶が定かではないので、参考までに。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報