「主よ、変えられないものを受け入れる勇気と、変えられるものを変える勇気、それを見分ける叡智を~」

この言葉を私はある所で聞きました。とてもいい言葉だと思い、その前後の文が知りたくてメモしておいたのですが、出典を聞きそびれてしまいました。
多分聖書あたりに載ってそうだとは思うのですが、あの膨大な文の中でコレだけを頼りに探すのは至難の技です。
どなたか、これはどこに載っていた言葉だとご存知の方がいらしたら教えて下さい。又は、ここへ行くとこういう言葉を検索できるというような場所でも構いません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんにちは、otonaさん。


上記の言葉ですが、いい言葉ですね。
調べてみたところ、どうやら聖書ではない?ようです。
アメリカの神学者、ラインホールド・ニーバーが教会で説教したときの祈りが出典のようです。
いくつかサイトを記入しておきますので、ご参考ください。

http://www.m-net.ne.jp/~suno/yoshi/poetry/p_nieb …
http://www.pauline.or.jp/oinori/rein.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうごさいます!参考になりました!!

お礼日時:2002/03/05 20:29

  これは、アメリカの神学者、Reinhold Neibuhr(ラインホールド・ニーバー)が


説教の時に述べた言葉が元になっており、Alcoholics Anonymous(米国アルコ-ル中
毒患者更生会[禁酒団体])が、組織の標語として取り上げ、その後、大量に印刷さ
れて有名になったもので、英語で、Serenity Prayer(「平静の祈り」でしょうか)
と言います(Sailor Moon が祈っている祈りではないようです)。以下のURLに英
文での全文が出ています:
  >http://recovery.hiwaay.net/jtr/serenity.html
 
  ただ、上のURLでも「起源問題」に触れられているのですが、ニーバーが説教
で使う前から、この形の祈りはあったのであり、ニーバーは、引用したのだという説
があります。ニーバー自身もそれを認めているとも言われています。彼は、18世紀
の神学者 Friedrich Oetinger(フルードリッヒ・エーティンガー)から、この祈り
の起源を得たという説があります。
 
  以下のURLは、アルコール禁酒会のページですが、ここでは、この「平静の祈
り」の起源について、もっと大胆なことが述べられていて、ニーバーは、「こういう
祈りの言葉が何年、何世紀も前から使われていたのかも知れないが、わたしはそうは
考えない。わたしは説教の時、自分で考えた言葉を祈ったのだ」と述べたとも言って
います。
 
  この祈りの言葉の起源として、古代ギリシアの詩だとか、イギリスの無名詩人の
作品、アメリカの海軍士官の作、更に、ソクラテス、アリストテレス、聖アウグス
ティヌス、聖トマス・アクィナス、スピノザ、あるいはキケロの言葉の訳だという説
まであって、有名人はみな作者のようです。
  >http://www.aahistory.com/prayer.html
 
  ただ、云えることは、フル・ヴァージョン形を述べたのは、ラインホールド・
ニーバーでしょうが、これに類似した句や表現はおそらく古くからあったのだろうと
いうことです。イエズスの言葉(「ゲッセマネの祈り」にも、これに似た表現があり
ます。ギリシア語の言葉を英語に訳す時、意訳すると、ニーバーの言葉のようなもの
になる可能性が高いです。それにニーバーが、言葉を付け加えて説教の祈りにしたの
だとも考えられます。ニーバー本人は意識していなくともです)。
 
  なお、日本語の訳文は他の人が提示していますので、英語での元の原文全体の
ページを紹介します。最初の参考URLがそうです。

参考URL:http://recovery.hiwaay.net/jtr/serenity.html,http://www.aahistory.com/prayer.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい説明、ありがとうごさいました!!

お礼日時:2002/03/08 00:27

こんにちは。



いくつかのキーワードで検索をかけたら、ヒットしました。
(例えば参考URL)

聖書ではなくて、アメリカの神学者の言葉のようですね。

受け入れる  勇気  見分ける  英知 くらいで、
検索してみて下さい。

では。

参考URL:http://www.heiwa.aletheia.ac.jp/57-CCW-212.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうごさいます。そうですね、今度からそうやって検索かけてみます。

お礼日時:2002/03/05 20:26

「ラインホールド・ニーバーの祈りの言葉」が出典らしいですよ。


参考URLをどうぞ。

参考URL:http://www.seig.ac.jp/edu/inori.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうごさいます!!

お礼日時:2002/03/05 20:22

ラインホールド・ニーバー


詩「変革の祈り」

文章表現自体は私の知っているものと似ているのですが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうごさいます!!

お礼日時:2002/03/05 20:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q刑法の『者』の読み方

大学の刑法の授業で、例えば「人を殺したる者は…、」という条文の『者』は、人ではなく行為を意味するものだから、「もの」ではなく「しゃ」と読む、と学者は言っていたのですが、
ほんとうにその読み方でいいのですか?
常識はずれで不自然な読み方だと思うのですが。

Aベストアンサー

法律上は規定なし。
法学上(講学上)通説や多数説、有力説か如何かは知らないが、社会科学に絶対的正解など存在しないので其の学者の支持する説はそうであると言う事です。

Q『絶対的な叡智』の悟り

エデンの園で『善悪を知る木の実』を食べますと、(【本音と建て前】の都合で)判断が相対化され得ますので、【絶対的な叡智】からの乖離を防ぐ為に、神はそれの摂取を禁じたのだろう、と考えられますが、そう考えています内に次の疑問にぶつかりましたから、教えて下さい。

Q:「【絶対的な叡智】は、価値判断を介さず、暗号の様に、【無心状態】の者達によって直観的に閃かれるのでしょうか?」

Aベストアンサー

私の勝手な解釈ですが。

人間の脳は、本能を司る旧い部分と、理性を司る新しい部分
とからなっています。
この新しい部分こそが人間を人間たらしめている訳ですが
知恵の実を食べた、ということは、人間には理性が備わった
ということだと思います。

そして、人間の悩みは総てこの新しい部分に起因する
ものです。ミミズは悩んだりしないでしょう。
知恵の実を食べて、人間は初めて、死の存在を知りました。
そして、死を怖れるようになりました。

京都大学でチンパンジーを研究しているグループがおりますが、
そこの責任者によると、チンパンジーの記憶力は一部人間を上回る。
数も解るし、人語もある程度解することができる。
ただ一つ、人間と異なるのは、チンパンジーは将来を考える
ことが出来ない。
だから悩みはない。
人間だったら自殺するような眼にあっても、ケロッとして脳天気に
過ごすことができる。

私は、旧い脳は神によって与えられた部分であり、新しい脳は
人間が勝手に発達させた部分であると考えています。
事実、よく勉強したり、考えたりする人は、この新しい部分が
発達しているそうです。

そこで私の勝手な回答ですが、絶対的叡智が旧い部分を意味する
ものであれば、価値判断を介することはない、ということに
なると思います。
それこそ、機械のように外部信号によって、自動的に反応する
だけとなるでしょう。

私の勝手な解釈ですが。

人間の脳は、本能を司る旧い部分と、理性を司る新しい部分
とからなっています。
この新しい部分こそが人間を人間たらしめている訳ですが
知恵の実を食べた、ということは、人間には理性が備わった
ということだと思います。

そして、人間の悩みは総てこの新しい部分に起因する
ものです。ミミズは悩んだりしないでしょう。
知恵の実を食べて、人間は初めて、死の存在を知りました。
そして、死を怖れるようになりました。

京都大学でチンパンジーを研究しているグループがおりますが、...続きを読む

Q松川事件の容疑者(判決無罪)の浜崎二雄さんの読み方を雄教えてください

松川事件の容疑者(判決無罪)の浜崎二雄さんの読み方を雄教えてください

Aベストアンサー

#1です。詳細が揃いましたので、改めて回答します。

名前の読み方は、
『バマザキ フタオ』
さんでした。

出典は、

タイトル:松川15年・真実の勝利の為に
出版社:労働旬報社
出版年数:昭和39年8月
読み仮名記載ページ:44ページ

【補足】

1,現在、労働旬報社は「旬報社」に改称
2,上記の本は現在絶版ですが、復刻版として事件50年目に復刻。しかし流通してない為、現物がご希望の場合には松川事件研究の福島大学・伊部(イベ)教授までお問い合わせ下さい。

イベ先生の連絡先電話番号は、このサイトの性質上ここに記載出来ませんのでご理解下さい。

大変申し訳ありませんでした、頑張って下さい。

Q紅一点という言葉は存在しますが、黒一点という言葉が存在しないのは、何故だと思いますか?

紅一点という言葉は存在しますが、黒一点という言葉が存在しないのは、何故だと思いますか?

Aベストアンサー

それは、花だからでしょ。
沢山の雑草というか、ただの草のなかに花が一つあれば目立つし美しくもあるけど、たくさんの花の中に雑草が一つあっても何の意味もないし、気づきもしないから表現するに値しないってことじゃないかな。

Q「岸壁の母」の作曲者、平川浪竜の名前の読み方を教えて!

「岸壁の母」の作曲者、平川浪竜の名前の読み方を教えてください。

Aベストアンサー

さっき実家の祖母に電話して聞いたところ、「ひらかわ・なみりゅう」さんとのことです。
ちなみにこちらでも調べましたのでご参考に。1928年10月10日の神奈川県生まれの方だそうです。

Q【梵我一如という言葉を高校の倫理の授業で習いますか?】日本では国民がみな梵我一如という言葉の意味を高

【梵我一如という言葉を高校の倫理の授業で習いますか?】日本では国民がみな梵我一如という言葉の意味を高校で習って知っているんですか?

梵我一如の意味を高校の倫理の授業でどのように習うのか教えてください。

梵我一如ってどういう意味ですか?

Aベストアンサー

ウパニシャッド哲学(インド哲学)の、バラモン教(教典ヴェーダ)の中で学習すると思います。
梵(ブラフマン)と我(アートマン)が同一だと言う事を自覚する境地を「梵我一如」と言う言葉で表現します。(バラモン教の場合は、これにより輪廻から解脱できると考えます)
梵は、宇宙の根本原理を意味します、我は不変の自己(輪廻する自己そのもの)を意味します。
仏教(原始仏教)の場合は、正覚、正道により、一切の執着を捨て、悟りの境地に至る事により解脱出来るとしているのが、違いです。

Q「支払者」読み方についてご教授ください。

お世話になります。日本語の学生の純です。

下記言葉どう読みますか。
「支払者」しはらいしゃですかしはらいものですか。
もし両方の読み方正しいなら、どの場合どう読めば良いか教えていただけますか。

よろしくお願いします。
学生 純

Aベストアンサー

こんばんは。

「しはらいしゃ」です。

「者」を「もの」と読む言葉はたくさんあります。
A「しゃ」と読むのが正しい言葉
B「もの」と読みのが正しい言葉

Bのパターンは、その人を見下げている場合が多いです。
(「働き者」(はたらきもの)のように、良い意味で使う場合もありますが。)

ご参考に。

Q「神(仏)の御心」、「人類の叡智」、「私の理性」の相違は?

信仰の対象は問いません。主題は何でもよいのですが、信仰のある人が仮に食料危機、人口爆発、地球温暖化等々の人類に共通の困難を克服する方法について考えるとします。
このとき、
1 「神(仏)の御心」に忠実であろうとし、これを探りつつ考える。
2 「人類の叡智」に忠実であろうとし、これを探りつつ考える。
3 「私の理性」に忠実であろうとし、これに従って考える。

1、2、3によって結論に変化が生じますか。どんな違いが生じますか。
信仰をもつ方の見解を知りたいのですが、信仰をもたない人の場合も論理に基づいて推論することによって1、2、3の各場合の異同について答えられるのだと思います。よって、回答者に資格制限はありません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

あなたはすごい人だ。
こんなところで質問なんかしていないで、行動を
起こすべきです。グリーンピースでもシーシェバード
でも。
それともああでもないこうでもないと考えて一肉を
送るのが専門ですか。

Q被保険者の読み方

被保険者の読み方は、「ひほけんじゃ」ですか?「ひほけんしゃ」ですか?
また、介護保険での被保険者証は、「ひほけんじゃしょう」ですか?「ひほけんしゃしょう」ですか?

Aベストアンサー

追記から

介護も国保も後期高齢者医療保険も
全て「保険者」です。
読みは「ほけんしゃ」です。

Q言葉遣いという問題から言葉の本質へ

放送禁止用語とか、そんな言葉遣いはやめろとか、こういえば認めるがそういういい方は認めないとか、なにか言葉遣いに関して制約や圧迫が最近はかなりのものです。また、それに関してますます圧力が強まっているようです。
で、もうちょっと突き詰めてみますと、たとえば「貴様」なんていいますのは、昔は丁寧な言い方だったわけです。ですので、「kisama」という発音自体にその言葉の性格を宿しているわけではなく、変遷してきた時代時代によって、言葉の認知されうる性格、性質というものが変わるわけで、その時代時代によってある言葉が、ある決まった性質を持つ。

そして、放送禁止用語、あるいは親がたしなめるような言葉、あるいはけんかになるような言葉というものは、すなわち、話しての心象をあらわすわけです。「貴様」といったら「この方は丁寧に呼んでいるのではなく、敵意蔑視を表明しているのだ」ということになるわけです。

つまり、放送禁止とかその類の言葉というのは、その発信者の対象への蔑視、荒み、その他のマイナス感情を表明するという意味合いで禁止されるということでしょうか?つまり、そういう心象を表明する自由を現代社会は奪われている、あるいは非情に圧力がかかっているということになるわけでしょうか?突き詰めれば、言葉遣いをどうこうという問題は、発信者にその真実の心象表明を禁ずるという意味にほぼイコールでしょうか?

放送禁止用語とか、そんな言葉遣いはやめろとか、こういえば認めるがそういういい方は認めないとか、なにか言葉遣いに関して制約や圧迫が最近はかなりのものです。また、それに関してますます圧力が強まっているようです。
で、もうちょっと突き詰めてみますと、たとえば「貴様」なんていいますのは、昔は丁寧な言い方だったわけです。ですので、「kisama」という発音自体にその言葉の性格を宿しているわけではなく、変遷してきた時代時代によって、言葉の認知されうる性格、性質というものが変わるわけで、その...続きを読む

Aベストアンサー

no1です。
 物事はいろいろな方向から捉えてみないと総合的に分からないもので今度は逆から見てみたいと思います。
 逆に圧力を掛けすぎるという行為も逆に攻撃に値するだろうと思います。例えばまともな相手を攻撃する意図もなければ、ルールで違反もされてもいない、しかも表現としては至極法律範囲内と考えた場合、逆に圧力を掛けている方が問題だろうと思います。
 つまり気持ちがあるが言葉の内容にはなんら問題点などは見つからない場合ということになるかと思います。
 例えば「コピー用紙を持ってきてもらいたい」と上司から命令されたとします。
 そこで「はい」と答えたときに、その「はい」の言い方がどうも気に食わなかったのか上司が怒ったという場合はこれは逆に圧力を掛けている方に攻撃の意図があり、圧力を掛けている側の精神に問題があるということになるのではないかと思います。
 例えばこれが相当な怒鳴り声でさも上司を侮辱するようなニアンスというのがあるのならまだ話は別ですが、そうでない場合ある種異常と言ってもいいでしょう。
 圧力を掛けている側はもはや「まとも」ではなく「まともではない」と考えるべきだと思います。
 これもやはり野蛮への退行であり、道理として成り立たないだろうと思います。
 つまり人の価値を貶めるような行為として発信する側と規制する側が使用する場合人間崩壊であると考えます。

no1です。
 物事はいろいろな方向から捉えてみないと総合的に分からないもので今度は逆から見てみたいと思います。
 逆に圧力を掛けすぎるという行為も逆に攻撃に値するだろうと思います。例えばまともな相手を攻撃する意図もなければ、ルールで違反もされてもいない、しかも表現としては至極法律範囲内と考えた場合、逆に圧力を掛けている方が問題だろうと思います。
 つまり気持ちがあるが言葉の内容にはなんら問題点などは見つからない場合ということになるかと思います。
 例えば「コピー用紙を持って...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報