旅行好きのおしりトラブル対策グッズ3選

テレビで,堆積岩は4種類に分類される。と言っていました。堆積岩は,「砕屑性(砂岩,泥岩など)」「火砕性(凝灰岩)」「破砕性(氷河堆積物)」の3種類に分類されると思っているのですが・・・。4種類に分類されるとすれば,どのような分類になるのですか?教えてください。お願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

砕屑岩(風化・浸食・運搬による堆積物からできたもの)


火山砕屑岩(火山性の堆積物からできたもの)
化学岩(化学的に沈殿したものからできたもの)
生物岩(生物の遺骸が堆積してできたもの)
という4種類の分類があります。
    • good
    • 1

四種類に分類するとすれば多分No1さんの回答のようになると思います。



ただ分類と言うものは人為的なものですので、その背後にある堆積岩形成の本質を確実に理解するようにするとよいでしょう。

つまり

1.何が堆積しているのか(構成粒子の起源・組成)
2.どのように堆積したのか(運搬営力)

このように考えれば、質問者の挙げられた砕屑性と破砕性および火砕性という分類はどちらかと言うと2の観点から分類されていることが分かるでしょう。
またNo1さんの回答ではどちらかと言うと1の観点からの分類になります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q堆積岩の見分け方

堆積岩の見分け方

野外調査で岩石を見分ける際

粒の大きさで泥岩・砂岩・礫岩は見分けられますよね。
しかし、チャート・石灰岩・凝灰岩も関係してくると、ごちゃごちゃになりません?

たとえば、チャートと泥岩の見分け方は?

チャートと石灰岩は硬さや酢酸をかけて発泡するかなどで比べることができますが
チャートと泥岩の成分を比較して明確に判断するのは、その場ではできませんよね?


凝灰岩と火山岩の見分け方は?

詳しい方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>チャートと泥岩
チャートはガラス質ですので割った時の切り口に光沢があり断口状となります。
それに比し泥岩は、そうなりません。

>凝灰岩と火山岩の見分け方は?
含まれている鉱物の結晶が壊れているのが凝灰岩で壊れていないのが火山岩です。
従って岩をルーペで拡大して観察し、中の鉱物が壊れていないか確認して判定を行ないます。

流紋岩など細粒なものはルーペで見ても結晶が認識できない場合がありますが、その場合はハンマーで叩いた時の硬さの違いで判定します(火花が出るくらい硬ければ火山岩です)。

また、例えば溶岩であっても縁辺部は急冷されますので鉱物が壊れ凝灰岩状となります。
この場合は、産状から凝灰岩ではなく溶岩本体と一括して火山岩と判定します。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報