私は、この4月から雑誌の編集の仕事に転職することが決まっています。
業界的にも仕事的にも全くの未経験で、やってみたいという気持ちだけで採用試験に臨み、合格したものの、決まった現在少し不安になっています。
待遇面・給料面共に満足いく条件ではなく、私にやっていけるのか・・・と最初の勢いを無くしています。
そんな時、派遣社員で広告の企画営業の仕事のお話をいただき、給料面・休日待遇面等でひかれるものがあります。
まずは、派遣社員として業界でやっていけるかを自分自身勉強するのも手かなぁ・・・と逃げ腰になっています。
もともと編集に拘っていたわけではなく、広告・出版の企画や制作に携われる業務につきたいと考えていて、私にとってはどちらも魅力的な業務に思えます。
編集業務での給料面でもう少し条件が良ければ、社員として働くことを選ぶと思うのですが・・・。
何に重点を置けばいいのか・・・どう判断するべきか・・・編集業務・広告の企画営業をされている方のアドバイスをいただければと思います。
現状を把握して、しっかり自分の進路を決めたいと思っていますので、ヨロシクお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

まず思うのは、派遣社員としての経験はあまりキャリアとして認められにくいということです。

ましてその前がまったく未経験だったとすると、そのくらいの人がやれる派遣の仕事だったんだなと、判断されそうな気がしますが、どうでしょうか。もし、編集や広告の制作の仕事を続けたいと思うのであれば、キャリアがものをいいます。そして、別に同じ会社にずっといる必要はありません。
新卒の方ではないならば、まったくの未経験で編集や広告の仕事に、そう簡単にはつけません。(編集や広告の分野が、たとえば技術系であるなど、専門的で、前職でそれに関係する仕事をしている場合は別です)
ですが、一度編集の仕事をやったことがある、そのことが次の採用に大きくちがいます。私は新卒で出版会社に入ったときは、それまでの就職活動は、大して有名な大学の出身ではなかったので、大変苦労しました。編集の会社に入って、2年間仕事をしましたが、自分では全然プロになれたという気はしませんでしたが、転職のときははじめに面接した会社3社から採用といわれました。これには驚きました。で、転職したはじめはかなり自信がありませんでしたが、働くにつれ1ヶ月ほどでやっていける、と思いました。実践をやるのとやらないのではまったく違います。
ですから、ずっとこの分野で仕事をしたいのであれば、せっかく採用されたんですから、最初は待遇面などではあまり贅沢をいわないで、キャリアのためだと思って1~2年くらい働くのも手だと思います。
実力に自信がないのであればなおさらそうすべきだと思います。実践で実力がだんだんと身についたら、仕事も楽しくなってきます。

あ、でももちろん、未経験で採用するということは、それをいいことに、やたらにこきつかおうとするような、嫌な会社もあるかもしれません。もしいいように使われてしまうとか、きついとかそういうことなら耐える必要はないと思います。でもこれは入ってみないとわからないこともあるかもしれませんね。労働条件面で不条理なことはなかったですか?有給休暇がないとか…。でも残業手当がないのは、編集や広告の制作ではあたりまえみたいなところがあります。クリエイティブなどといいますが、時間がたつほどたくさん成果が出るような仕事ではないですものね。

あと、多分企画営業だと、企画を自分で考えるというよりは、編集者たちが作った企画を売り込みにいく、というような仕事が多いような気がします。そうではなく、自分で企画を練られるところもあると思いますが。でも、制作の仕事をしたいなら、やはり編集の仕事で企画を考える経験をつむとよいです。営業企画になるのでも、制作の仕事をしてからのほうが就職には有利だし、現場の仕事もわかって自分の企画づくりにも大変役にたつと思います。
    • good
    • 0

広告関係です。

出版業界にも広告業界にも、よほど名の知れた大手企業でない限り、すべての条件を満たす会社はまずないと考えたほうがいいでしょう。ましてや未経験ならば、給与面に関しては妥協せざるを得ないと思います。
また、広告も編集も「魅力的」とのことですが、はっきり言って編集と広告では仕事の内容がまったく違いますよ。同じマスコミ業界ですから、一見すると似たようなものと思われがちですが、広告のスキルは編集には活かせませんし、その逆もありえない。もしいずれかの業界に入るとしても、仕事内容をはっきりと把握してからでないと。
ちなみに、私の知り合いの編集やっている子の例ですが、7年目でも未だ年収は300万円前後とのことです。残業代は当然つかず、一般の人の2.5倍働いてこの額です。その子の会社は編集プロダクションでいわゆる版元ではないのですが、この業界では大体妥当な給料なんだそう。私も驚きましたけどね。
あと広告業界ですが、派遣で企画営業とのことですが、多分仕事内容は正社員とほぼ同様でしょう。ただしノルマがきついかとは思います。

そして、質問でいまいち分からなかったのが、編集にしても広告にしても、制作のほうを希望されているのですか?う~ん、どっちにしても何をしたいかをはっきりはめないと効果的な助言は難しい…まぁ、業界のことは実際入ってみないと分からないとは思いますが、「ここでこういうことをしたい」ってはじめのうちからはっきり決めないと、あいまいな気持ちでトライしても続かないと思います。マジで、きつい仕事ですから。私の場合、週の労働時間が余裕で100時間を超えますからね…。
と、脅すようなことばかり申し上げてすみませんが、最終的にはご自分で決断し、どちらを目指されるのであっても、失敗を恐れず前向きにがんばってみてください。
    • good
    • 0

なぜ転職なさろうと思ったんでしょうか。

私は出版社で働いてまして、編集ではないですが、広告の仕事も知っています。
No.1の方もおっしゃっているように、「何が基準」で働かれるのかです。お金の為なのか、やりがいその他の為なのか。人は金の為だけに働くにあらずでしたっけ?とは言いますが、現実このご時世、そうは言ってられないでしょう。
どちらにもメリット・デメリットがあります。
このご時世ですから、派遣社員で高待遇の意味を考えて下さいね。それだけの仕事をしないと駄目って事ですよ。割と名の知れた広告会社が倒産しています。厳しい仕事になると思います。編集と同じ位忙しくしてます、休日が絶対に取れるとは思えないのですが・・・。派遣社員の方が簡単ですからね、切り捨てるのが。
さて、社員として編集に入った場合。社員は責任もあります。しかしその分やりがいもあるでしょうし、派遣社員にできなくて社員にできる仕事が存在します。その分ハードです。
若手社員より高給貰っている派遣さんもいるし(でも、いつ契約を切られるかもとビクビクしている。といって切られてもなんとか次へのつては作っている)、やりがいみつけて企画しても、社員さんにとられて悔しい思いをしている派遣さんもいます。同じ給料安い中で頑張っていたら、社員がかぶらなければならなくなる仕事もあるでしょう。

どちらを選んでもステップアップとか一生懸命頑張って、他の会社に引っ張られるって事があります。
脅かす訳じゃないのですが、どちらも憧れている人はいっぱいいて、待遇悪くても転職を願い、転職してくる人は沢山います。それなりの努力をしないとキツイですから、頑張って下さいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

何がいいかなんて、どんなに考えても今の時点では解りませんよね。
どちらにしても厳しい状況は変わらないはず・・・自分自身が本当にどうしたいかをしっかり見つめなおし考えてみます。

お礼日時:2002/03/05 19:10

「仕事を選ぶ基準が何か」によると思います。



生活の為の「お金をもらう」為に仕事をするのであれば待遇面が良い方を選べば
良いし、「お給料よりもやりたい事を優先させたい」というのであれば、編集と
広告は同じマスコミでも違ってきますから自ずとどちらを選択すべきかは
決まってくるでしょう。

マスコミ経験者ではないですが、日芸卒なので文芸学科の友達が出版業界に多く
就職しましたし、私の学科で広告業界に就職した子もいます。
おそらくどちらの業界も(友達の話を聞く限りでは)忙しいし残業も多いです。
また会社にもよりますが、派遣社員はすぐ切り捨てられてしまう可能性もありますし、
派遣だからやらせてもらえないジレンマがあるかもしれません。
正社員で編集の仕事ができても、バイトと同じようなお給料で朝晩区切りなく
働かされる可能性もあります。
地域新聞の会社の契約社員で、手取り13万、休日出勤が多く代休も勝手に取得日を
決められてしまう友達は、「残業は残業代がつかない契約社員の仕事、、、」と
嘆いてました。
逆に出版会社でスキルをつんで、好条件のところに次々と転職したり、フリーになったり
する子もいます。環境によってそれぞれ異なるので一概に言えません。

もし可能であれば、仕事内容や待遇面を担当者の方に相談されるのはどうでしょうか。
出版業界、広告業界、正社員、派遣のメリット・デメリットを再確認するのが
良いかと思うのですが、、、。
参考にもならなかったらごめんなさい。新しいお仕事がうまくいきますように。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
何を基準に選ぶのか・・・転職すると決めた時やりたい仕事をしたいから今の好条件で働きやすい職場を捨てると決意をしたはずなのに・・・。
実際に近づくにつれて不安が大きくなってきてしまって。
実は転職と同時に引越しもしなくてはならなくて、給与面で優遇されている派遣を魅力に感じているのかもしれません。再度自分自身を見なおして考えてみます。

お礼日時:2002/03/05 19:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q文藝社社長

Wikipedeiaの涼宮ハルヒの中文(繁体字なので、台湾語のようです)版を見ました。

長門有希の説明に文藝社社長(因みに日本語では文芸部部長)、朝比奈實玖瑠(朝比奈 みくる)の説明には、原書法社社員(書道部部員),未來人とあります。
台湾でも、学校の部活動はありますよね。台湾語では、社活動と言ってるのでしょうか。それから、文藝社社長という肩書きはどこかの会社の社長と間違われないのでしょうか。
朝比奈實玖瑠の實玖の部分は未來人ですから、未來の方が相応しいような気がしますが何でそうなってないんでしょうか(翻訳者に聞かなきゃ分からないような気もしますが)。
それから、キョンの台湾語が阿虛となっていますが、日本語のキョンと発音は同じでしょうか。

Aベストアンサー

涼宮ハルヒですね。

実は中国ではクラブの事を社団と言います。
日本語と同じく、というか日本から伝わった「倶楽部」
という表現もありますが、一般的には社団です。
ですからクラブ活動は「社団活動」になりますね。
「社団」の長だから「社長」になります。
ちなみに中国では、日本の社長の事は「総経理」と
言いますので、混同される心配もあります。

次、みくる。
日本語のひらがなを中国語で表す場合は、当て字が使われます。
ですから。本来は「未来」と書いて「みくる」なのですが、
最初に当て字を考えた人が、勝手に「実玖瑠」に
しちゃったんでしょう。仰るとおり、最初に翻訳した人が
それを知らなかった事が原因でしょうな。

最後。そもそもキョンってあだ名の由来を知らんので、
何故「虚」なのか分からないですが、取り合えず「虚」は
中国語で「シュウ」です。必ずしも正確な表記ではないですが、
敢えて日本語で書くとそうなります。ですから「阿虚」で
「アァシュウ」に近い発音になりますかね。「阿」は、
台湾や中国南方で、相手の名前を親しみを込めて呼ぶ際に
良く使われる接頭語です。

以上、参考になれば幸いです。

涼宮ハルヒですね。

実は中国ではクラブの事を社団と言います。
日本語と同じく、というか日本から伝わった「倶楽部」
という表現もありますが、一般的には社団です。
ですからクラブ活動は「社団活動」になりますね。
「社団」の長だから「社長」になります。
ちなみに中国では、日本の社長の事は「総経理」と
言いますので、混同される心配もあります。

次、みくる。
日本語のひらがなを中国語で表す場合は、当て字が使われます。
ですから。本来は「未来」と書いて「みくる」なのですが、
最初に当て字を考え...続きを読む

Q大手広告代理店の社員待遇について

業界最大手の某広告代理店で、
クリエイティブの仕事をしていると言う方が、
飲み物とタバコは無料で提供されている
とおっしゃってました。
これは本当でしょうか?

コーヒー等の飲料物は、よくありますが、
タバコまで貰えるという会社は聞いた事ありません。

初めは、さすが最大手は違うなぁと思ったのですが
その会社の社員かどうかも怪しいと思い始めました。
ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

大手代理店の仕事をしています。クリエイティブです。
タバコがただでもらえる…というのは、下の方も仰るように、タバコメーカーの仕事に関わるとかいった理由ではないかと思いますが、さすがに喫煙者のためにタバコが無償提供されるというのは聞いたことがないです…。
吸える場所も相当限定されてきている今の状況下では、多分あり得ないことだと思います。

以前、知り合いが勤めていたある外資系代理店では、某外資ビールメーカーとの取引があったため、社内にそのビールのベンダーがあり、終業後は自由に飲めるらしいと聞いたことがあります。ただ、相当前の話なので、現在はどうかは分かりません。

代理店の場合、福利厚生として取引クライアントの商品を社販で激安で購入できるということはよくあります。
また福利厚生ではないですが、担当するクライアントの商品をいただけることはよくあります。食品など消え物の場合、撮影用としてお借りしたものを撮影後にいただくなどですね。

Qすばる賞と文藝賞の違いについて教えてください。

すばる賞と文藝賞の違いについて教えてください。
どちらも純文学の公募だと思うのですが、こまかなジャンルあるいは対象年齢とかの違いがあるのでしょうか?他にも違いがあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

過去の受賞作品のカラーがそれぞれあります。個人的にはすばるが「純文学的」、文藝賞は「娯楽的」に感じます。ほかにはすばる賞のほうがより短編です。

文藝賞のついて
河出書房新社が『文藝』誌の復刊を機会に「新人の発掘」を目的として創設。
(1)応募原稿は未発表の小説原稿に限る。
(2)枚数は400字詰原稿用紙100枚以上400枚以内
(ワープロ原稿は400字詰原稿用紙に換算した枚数を明記)
(3)原稿には題名、枚数、筆名、本名、年齢、生年月日、住所、電話番号、略歴を記す。
(4)原稿は右肩を綴じ、通し番号をふる

すばる文学賞について
気鋭の新人を待つ文学賞。
「既成の文学観にとらわれず、混迷を深める現代をえぐる意欲的な力作・秀作をお寄せ下さい。」
(1)応募原稿は、未発表小説に限ります。(同人雑誌などに既に発表したもの、及び当文学賞の発表より前に発表予定があるものについては、選考の対象外とする。)
(2)枚数は四百字詰原稿用紙で五十枚以上三百枚までとする。ワープロ原稿は、一行三十字× 四十行を目安にA4判のマス目のない紙に縦に印字し、四百字換算枚数を明記する。
(2)必ず通し番号(ページ数)を入れて、右肩を綴じる。一枚目にタイトル、氏名または筆名を明記する。
(3)原稿の末尾に、住所、電話番号、氏名(本名)、年齢、職業と簡単な経歴を付記する。
参考URL http://www.shueisha.co.jp/bungei-13nen/subaru/subaru.html

参考URL:http://www.kawade.co.jp/boshu/index.htm

過去の受賞作品のカラーがそれぞれあります。個人的にはすばるが「純文学的」、文藝賞は「娯楽的」に感じます。ほかにはすばる賞のほうがより短編です。

文藝賞のついて
河出書房新社が『文藝』誌の復刊を機会に「新人の発掘」を目的として創設。
(1)応募原稿は未発表の小説原稿に限る。
(2)枚数は400字詰原稿用紙100枚以上400枚以内
(ワープロ原稿は400字詰原稿用紙に換算した枚数を明記)
(3)原稿には題名、枚数、筆名、本名、年齢、生年月日、住所、電話番号、略歴を記す。
(4)原稿は右肩を綴じ、通...続きを読む

QWEB業界の企画営業向け業界紙や、お勧めWEBページを教えてください!!

WEB制作会社の企画営業部に採用されたのですが、
未経験の仕事の為、いろいろ勉強したいと思っているのですが、
何から始めれば良いか悩んでいます。
そこで、このような仕事に役立つ、雑誌や業界紙、
WEBページなどを知りたいと思っています。


企画営業の場合、マーケットについてや、企業の動向についてなども
必要になります。WEBページ作成についてや、新しい技術についてのものなら
たくさんあるのですが、企画営業向けとなるとなかなか見つからなくて・・・

ご存知の方、ぜひ教えてください!

Aベストアンサー

ネット上で情報を得られるサイトをご紹介します.
http://internet.watch.impress.co.jp/www/digest/index.htm
http://japan.internet.com/home.shtml
http://www.zdnet.co.jp/enterprise/index.html

また,メルマガも購読されたらよろしいかと思います.
”まぐまぐ”などでは,同業者が発行しているメルマガを目にすることも
ありますし,業界向けの情報が見つかることもあります.
http://www.mag2.co.jp/j/05/

例)
http://www.mag2.com/m/0000057397.htm

他に私の場合,参考URLにあるサイトのメルマガを購読しています.

ただご存知かとは思いますが,営業職の場合,専門的な情報ばかりを集めて
いてもダメなんですね.
世間のニーズを洞察する意味では,日経MJがたいへん参考になりますよ.
http://www.nikkei.co.jp/mj/

創造的,開拓的な職種なのでいろいろたいへんでしょうが,やりがいのある部署
だと思います.
私は日ごろの地味な情報収集が,後に役立つことを実感しています.

参考URL:http://www.e-atmark.com/

ネット上で情報を得られるサイトをご紹介します.
http://internet.watch.impress.co.jp/www/digest/index.htm
http://japan.internet.com/home.shtml
http://www.zdnet.co.jp/enterprise/index.html

また,メルマガも購読されたらよろしいかと思います.
”まぐまぐ”などでは,同業者が発行しているメルマガを目にすることも
ありますし,業界向けの情報が見つかることもあります.
http://www.mag2.co.jp/j/05/

例)
http://www.mag2.com/m/0000057397.htm

他に私の場合,参考URLにあるサイト...続きを読む

Q文藝賞の投稿条件について

文藝賞に出す作品はやはり手書きよりパソコンで書いたほうが良いんでしょうか?学生なんでパソコンでの書き方はわからないんですが。

Aベストアンサー

それによる有利不利はないでしょう。
大御所になると、原稿用紙派の人は多いですし、主婦層だって、そんなに使えていないと思います。

ただ、手書きだと、
(1) 誤字脱字の可能性が増えてしまうこと
(2) 推敲後の書き直し作業が大変なこと
(3) 手書きの時間がかかること
など、別のところで、大変になります。まぁ、(1)に関しては、作品のでき以前の部分でダメになってしまうかも知れません。

<学生なんで>パソコンでの書き方がわからない…なんていう理由はちょっとヘンかな。応募を機会にパソコンでの書き方をマスターしてみてください。(難しくないから)

Q同僚が社員から契約社員に降格、この契約書で残業手当無しと差別的待遇!

同僚がこの契約で残業手当が付かず困っています


労働契約書
平成年月日
氏 名 殿 印

×会社×工業 角印
代表取締役 氏名

契約期間期間の定め無し(H15年12/21開始)
就業場所本社工場
業務の内容○○業 他
就業時間始業 午前8時30分~終業 午後5時30分
休憩時間80分 (10:00~10分・12:00~60分・15:00~10分間)
有給休暇入社6ヶ月勤続経過後~10日支給
その他休暇お盆8/13―15 年末年始12/30―1/4
日給○  ○円(5ヶ月間は見習とする)
諸手当日給契約においては諸手当はつかない
但し、通勤手当は日割り計算で支給する
賃金20日締切日、25日払い
昇給4月勤続、勤怠、勤務成績等査定対象となる
賞与7月、11月、12月、但し、業績が極めて悪い場合はこれにあらず
退職関係定年制有 60歳自己都合退職は30日以上前に届け出ること
退職金原則的には、勤続3年経過後 中小企業退職金制度に加入
その他社会保険加入、雇用保険加、労働保険加入


同僚は“退職か契約か”を迫られ仕方なく受け入れました
降格時に退職金は出ていません
年金は加入
社員よりはるかに残業が多く残業手当は無し
残業が多いのに更に多くの仕事を押し付けられる
社員の中には全く残業しない者がいる(そいつからも仕事を押し付けられる)
休日出勤手当は少々支給(度々休日出勤を迫られます)社員より多い))
4週6休の会社で12名の事業所、就業規則未公開
?この契約書面を作成した社長は労基法をよく理解して作成したのでしょうか
?違法性は
この他にも口頭で
社員に戻りたければ○○
残業手当は○わない、他
等の条件もあったようです

?何時自分が同じ目に会うか心配です 対応法はありますか
下手に口に出せば契約内容を更新時社長有利に書き換えられそうな気がします。

長文、末筆ながら宜しくお願い致します。

同僚がこの契約で残業手当が付かず困っています


労働契約書
平成年月日
氏 名 殿 印

×会社×工業 角印
代表取締役 氏名

契約期間期間の定め無し(H15年12/21開始)
就業場所本社工場
業務の内容○○業 他
就業時間始業 午前8時30分~終業 午後5時30分
休憩時間80分 (10:00~10分・12:00~60分・15:00~10分間)
有給休暇入社6ヶ月勤続経過後~10日支給
その他休暇お盆8/13―15 年末年始12/30―1/4
日給○  ○円(5ヶ月間は見習とする)
諸手当日給契約においては諸手当はつ...続きを読む

Aベストアンサー

中小企業ではよくあるパターンであることを前提に、ご質問に簡潔に回答させて頂きます。
>?この契約書面を作成した社長は労基法をよく理解して作成したのでしょうか
社長は労基法の内容をある程度知っておられます。但し、自己防衛のための知識としてで、法の主旨や目的は理解していないと思います。
>?違法性は
労基法に反しているところは、違法というか無効です。この契約書で無効となるところは、今回困っておられる「残業手当」の支給です。労基法では、1日休憩時間を除き8時間を超えた部分、1週休憩時間を除き40時間を超えた部分については割増賃金(時間外手当)を支払うように定めています。従って、この契約書の内容如何に関わらず残業手当の支給を求めることができます。
>社員に戻りたければ○○
>?何時自分が同じ目に会うか心配です 対応法はありますか
この契約書の契約期間が「期間の定め無し」となっていることや「社員に戻りたければ○○」と言っているところをみると、社長が何らかの原因で一時的に感情的になって契約書を作成し現在に至っている節があります。その原因が何かはこの中では判断できませんが、同じことを繰り返さなければ同じ目にあうことはないでしょう。

中小企業ではよくあるパターンであることを前提に、ご質問に簡潔に回答させて頂きます。
>?この契約書面を作成した社長は労基法をよく理解して作成したのでしょうか
社長は労基法の内容をある程度知っておられます。但し、自己防衛のための知識としてで、法の主旨や目的は理解していないと思います。
>?違法性は
労基法に反しているところは、違法というか無効です。この契約書で無効となるところは、今回困っておられる「残業手当」の支給です。労基法では、1日休憩時間を除き8時間を超えた部分、1週休憩...続きを読む

Q文藝賞・・・何故?

長澤まゆみさんの少年アリスは河出の文藝獲ってますが、日本文学のジャンルに入るんですか?理由を教えていただけたらありがたいです。どうも眠たくなってメルヘンというかファンタジーにしか見えないんです。文学という理由を教えていただけたら、今度は、異なる視点で再度、読んでみると面白いと思うんです。お願いします。

Aベストアンサー

日本文学と言うと日本語で書かれた文学全部というイメージが私にはあるのですが、もしかしたら「純文学」のことでしょうか?

>日本文学のジャンルに入るんですか?

「ライトノベルは文学か?」みたいなのと同じ感覚でおっしゃっているのでしょうか。
ライトノベルは比較的(前からあったけど、比較的)歴史の新しいジャンルだし、若い人向けで、なんとなく評価はちょっと低めな気がしますが。
前に雑誌『ダヴィンチ』で、「ライトノベル読者はバカなのか?」という記事があった。
内容的には、ライトノベルをバカにせず、まずは読んでみよう、見直してみよう、という話でした。

個人的好みや興味は別として、
ファンタジーはそれなりに歴史が古いので、文学ジャンルとして確立してると思います。

「メルヘンやファンタジーの形を取っている⇒薄っぺらい、ふわふわしている」とは限らないです。
私もそれほどファンタジーは読みませんが、世間では、宮沢賢治とか、アーシュラ・K・ルグインみたいな人たちは、深みがあると評されています。
(賢治さんは少し読んだ)


文藝賞のことはよく分かりませんが、過去の受賞作を見ると「純文学」と「エンタテイメント」の間の(あるいは両方の面を併せ持つ)若い世代向け路線という印象がします。
そういえば山田詠美さんも受賞者でした。

それと、近年はジャンル分けがはっきりしません。
純文学みたいなエンタテイメントみたいなSFっぽいところもある、ファンタジックな、という作品もけっこうある。

「少年アリス」(“長野”まゆみさんですよね)は読みました。
大好きってほどではないけれど、退屈もしなかった。
美しくノスタルジックな世界だと思いました。
文章的には新奇さよりは、古風で伝統的で文学的な感じがしました。

個人の好みによるので「素晴らしい」と高い評価を受けている作品でも、自分の好みでなければ「すごく面白い」とは感じないと思います。
眠たくなったのは、OKWEBMANIAさんがメルヘンやファンタジー的な作品を好まないからでは?(^^)

参考URL:http://www.kawade.co.jp/boshu/

日本文学と言うと日本語で書かれた文学全部というイメージが私にはあるのですが、もしかしたら「純文学」のことでしょうか?

>日本文学のジャンルに入るんですか?

「ライトノベルは文学か?」みたいなのと同じ感覚でおっしゃっているのでしょうか。
ライトノベルは比較的(前からあったけど、比較的)歴史の新しいジャンルだし、若い人向けで、なんとなく評価はちょっと低めな気がしますが。
前に雑誌『ダヴィンチ』で、「ライトノベル読者はバカなのか?」という記事があった。
内容的には、ライトノベ...続きを読む

Q社員と契約社員の給料の違いとは

私は正社員と同じ1日8時間労働ですが、契約社員として働いています。
私の前任者は、正社員でした。その正社員の人の仕事を引継したので、仕事の内容は、正社員と全く同じです。
お給料は、時給計算で、社会保険関連はすべて正社員と同じに支払っています。しかし、住宅補助がありません。
たぶん会社側としては、契約社員という契約の対象を既婚女性と考えていたんだと思います。私は一応独身で、1人暮らしの為、住宅手当が欲しいです。
契約社員としての規約には、細かい事が全く書かれていませんでした。
一応、上司には聞きましたが、総務課から、無理という返事がきました。
契約上仕方無い事なのでしょうか。教えて下さい。

Aベストアンサー

各種手当ては企業が自由に決められます(法律の規定がない)。

社内規定で「正社員と契約社員で手当て支給基準が違う」ことは問題ありません。

>>たぶん会社側としては、契約社員という契約の対象を既婚女性と考えていたんだと思います

これは主観であり、そのような規定が明示されていない以上、どうとも判断できません。

Q 文藝書房と言う出版社に原稿を送りました。すると46判での出版で、14

 文藝書房と言う出版社に原稿を送りました。すると46判での出版で、147万7万8千400円のうち、35%の51万程を評価等支援額、という出版社側の支援による共同出版を提案されました。これは高いのでしょうか、安いのでしょうか?ただ、この会社は「過度な期待には答えられません」「本はよほどの事がなければうれません」等の注意書きがあり、なかなか好感が持てました。会社の評判も含め、教えて下さい。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

出版の費用構成は、トータル経費のうち
  1/3 が、広告費
  1/3 が、流通費(書店や取次の取り分。小出版社なら5割程度)
そして、残りが、本を作る費用、いわゆる原価になります。作者の取り分もここに含まれます。
本を作る費用は、
 固定費がページ1000円くらい。これに校正をかける費用で、きちんとつくるならさらにほぼ同額がかかります。
 変動費(部数が増えるほどかかるお金)が、多くても30円、モノクロなら2~10円くらい。これに製本が仮製本(本屋でよく見る柔らかい表紙の本)で10~50円。上製本(百科事典みたいなヤツ)で100~200円くらい
です。
ということで、本格的な書籍を作ると、100部程度だと1部1万円を超えるなんて状態はよく起こります。
固定費、変動費を大幅に安くする簡易印刷という方法もあります。

で、多分、自費出版の多くは、全体の2/3を占める販売費や流通費を大幅に縮小して、ほとんどゼロにしているんじゃないでしょうか。
まず、校正は、誰がどのような方法でやるかを聞いてみてください。もし、作者におまかせなら、あてになりません。校正とは、文字の間違いを治すという文字校だけでなく、作品をより良くするものも含みます。ここで手を抜くということは、売りたいとか良い作品を創りたいのではなく、街の広場のように作っていくらという商売の出版社ということです。
印刷した本をどれだけ取次に渡し、どのくらいの期間、出版社の在庫がどのようになるかを聞いてみてください。ホントに良い作品と思ってなら、売ることに注力をするはずです。
取次にもし渡さなければ、出費の1/3を抑える事ができます。ただ、そんなことで経費を浮かすトコは、出版社ではないですよね。単に本を製造して発注元に渡す印刷会社に過ぎません。

私はもし、上記のように、出版社が書いた原稿を何もせずにそのまま本を依頼主に渡すだけなら、その費用は「高い」と思いますし、出版社として真っ当な出版活動をするとしたら、営業費が全く出ない費用だと思います。
いずれにしても、ご自身が知人に紹介した範囲でしか売れない類の本になるということです。仮に1万冊刷るとしたら、その1万冊全部がご自身のご自宅に半年後に送られてくることになるかと思います。
まずは、その場所の確保の算段をしてからご依頼されると良いかと思います。

コミックマーケットなどは行かれたことがありますか? 活字本よりも原価が高いので、1冊1000円で手売りしていますが、500~1000冊売って多分、損益分岐なのではと思います。(簡易印刷をしていれば、その1/3くらいでしょうけど)
ご自身がこのような同人誌即売会で手売りをする気持ちがない限り、在庫を抱え続けることになるかと思います。

出版の費用構成は、トータル経費のうち
  1/3 が、広告費
  1/3 が、流通費(書店や取次の取り分。小出版社なら5割程度)
そして、残りが、本を作る費用、いわゆる原価になります。作者の取り分もここに含まれます。
本を作る費用は、
 固定費がページ1000円くらい。これに校正をかける費用で、きちんとつくるならさらにほぼ同額がかかります。
 変動費(部数が増えるほどかかるお金)が、多くても30円、モノクロなら2~10円くらい。これに製本が仮製本(本屋でよく見る柔らかい表紙の本...続きを読む

Q海外赴任を経験された方へ質問です(主に待遇面)

海外赴任を経験された方に質問です。
今度海外赴任する可能性があるのですが、赴任中の待遇等について、教えてください。(ちなみに独身です)

また、現地の家賃・光熱費、渡航費・出発準備費用・盆/正月等の長期休暇時の帰国費用など、これら諸費用は全て会社が負担するのが一般的でしょうか?

場所はベトナムなので、ベトナム、東南アジアの情報を頂ければ助かります。
もちろん、欧米等他地域でも結構です。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。

家賃については会社で国別規定があると思いますが。
光熱費は基本的に自己負担です。渡航費用は会社もちで、準備費用も会社によって金額は違いますがあるのが一般的です。帰省費用(盆とか暮れという意味合いでは出ません)については国別に特別休暇日数とその目的地、例えば特別休暇が年2回うち東京1回、パリ1回という規定なら1回は赴任地から東京へもう1回は赴任地からパリまで渡航費が出ますので駐在員規定を確認してみたほうがいいですね。規定には海外の住宅に関する規定も載っています。
一般的に生活費は自己負担ですよね(家賃は規定による)。だって日本で生活していてもお金がかかるんですから。
それ以外に確認すべき事項として、赴任時に日本から送れるものの重量の規定や、送る方法がshipかairかなど(選択式で船のほうが沢山送れる場合が多い)
また、給与は現地通貨払いかドル払いかなど色々あります。
とにかく駐在員規定・赴任規定があるはずですから確認してみたほうがいいですよ。


人気Q&Aランキング