こんにちは、ログを色々と見たのですが、よく分からなくて質問させて頂きます。
今年の4月に住宅を購入しまして、年末での借入れ残高が約3000万円です。
毎月の所得税が1万円位だとすると、どのような計算をされてどれほどの金額のものが手元に戻ってくるのでしょうか?

上記から、取得税が年間12万円だとして、住宅控除額が3000万円の1%で30万円だとすると18万円が戻ってくる計算なのでしょうか?
しかし、そう思うと結局は所得税はとられているなぁと・・・。

何だか、よく分からなくいので非常に困ってます。

どうぞ、お分かりになる方いらっしゃいましたら教えてください。
よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 No1です。

先の回答の訂正をさせてください。中段の部分までを、

 昨年の4月に住宅を新築された場合には、今年の確定申告が最初の住宅取得控除の申告になります。この控除は、昨年末現在のローンの残高の1%相当額が、所得税から差し引かれて戻ってくることになります。

 ご質問の内容ですと、ローン残高の1%相当額が30万円ですので、その30万円が納めた所得税、又は確定申告により納めようとする所得税から控除になるものです。例えば昨年の所得に対しての所得税が40万円の場合には、住宅所得控除額の30万円が戻って来るか、確定申告により所得税を納める場合には、本来は40万円を納めるのですが10万円で良いことになります。

と、訂正させてください。失礼いたしました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早急で、分かりやすいご説明どうもありがとうございました。
てっきり、1%が懐に戻ってくるものだと思ってましたので、
かなりがっかりです・・・。

でも、本当にどうもありがとうございました。

お礼日時:2002/03/05 15:55

住宅を購入したのは昨年の4月ですね。



住宅ローン減税は昨年の7月以降と、以前では制度が変わっていますが、7月以前の購入の場合は次のようになっています。
毎年末のローン残高に対して、1~6年目は1%、7~11年目は0.75%、12~15年目は0.5%が、確定申告をすることで所得税から控除になります。
ただし、既に納めている所得税の範囲内での減額です。

つまり、ローン残高が3000万円で、それまでの所得税が12万円の場合、控除対象は30万円ですが、納付済み12万円が還付され、所得税は0になります。

なお、サラリーマンの場合、初年度は確定申告をしますが、次年度からは秋頃に税務署から「控除証明書」が送られて来ますから、それを年末調整の際に会社に提出すれことで、年末調整で控除が出来ます。

確定申告に必要な書類は、次の通りです。
1.住民票の写し
2.金融機関などからの年末残高証明書
3.区分建物全部事項証明書(または登記簿抄本)
4.売買契約書の写し
5.源泉徴収票(給与所得者の場合)

その他の適用条件は、参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www.tabisland.ne.jp/explain/zeisei5/zes5_ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早急なご回答どうもありがとうございました。
参考URLの方も見て、もっと勉強いたします。
本当に、どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/03/05 15:56

 昨年の4月に住宅を新築された場合には、今年の確定申告が最初の事由宅取得控除の申告になります。

この控除は、昨年末現在のローンの残高の1%相当額が、所得税から差し引かれて戻ってくることになります。

 ご質問の内容ですと、ローン残高の1%相当額が30万円ですので、その30万円が納めた所得税、又は確定申告により納めようとする所得税から控除になるものです。例えば昨年の所得に対しての所得税が40万円の場合には、40万円から住宅控除の30万円を差し引いて、10万円が戻って来るか、確定申告により所得税を納める場合には、本来は40万円を納めるのですが10万円で良いことになります。
 
 又、納めた所得税が控除対象の30万円より低い額の場合には、納めた所得税の範囲内で所得税が戻ることになります。例えば、所得税が20万円の場合には、納めた額以上の還付はありませんので、20万円しか還付になりません。

 事由宅取得控除のローン残額の1%がそのまま戻るのではなくて、戻るのは所得税が戻ることになりますので、年間12万円の所得税の場合には、控除対象額が30万円であっても、納めた所得税の全額である12万円が戻ることになります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「控除額を所得税から控除する」の意味

「控除額を所得税から控除する」という表現についてですが、意味を教えて下さい。

控除額が5万円だった場合、支払う税金が5万円減るという解釈で間違いないですか?

Aベストアンサー

 こんにちは。

 所得税の控除には「税額控除」と「所得控除」があります。

◇「税額控除」
・控除額が税額から直接引かれる控除です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto321.htm

◇「所得控除」
・課税される所得から控除されることにより,つまり課税される所得を減らすことにより,結果的に税額を減らす控除です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto320.htm

--------------------

>「控除額を所得税から控除する」という表現についてですが、意味を教えて下さい。

・上記のとおりです。

>控除額が5万円だった場合、支払う税金が5万円減るという解釈で間違いないですか?

・「税額控除」に当たる控除はそういうことになります。「所得控除」に当たる控除は上記のとおり,そうではないです。

Q3000万円で購入しようとした家がネットで2080万円で販売されてました

朝刊のチラシでよさそうな物件があったので、その不動産に連絡し
見に行ってきました。
チラシには間取りが載っていたのですが、自由設計のため
一応の間取りらしく、どこも空き地状態。
契約してから建てるそうです。
チラシの物件は思った以上に狭く、駐車場があると書かれてるのですが
車が通行できるスペースがなく、ちがう物件も多数見せていただきました。
でもすべて空き地だったので、場所だけの確認って感じでした。
そして見終わった後、会社に連れて行かれて営業部長と話をすることになったんですが
ローンがあるためオーバーローンを組む事になりました。
そこで紹介された物件があって、「ここだとオーバーロンが組めます」と言うのです。
そこは価格が三千万円だとのこと。
さっそく見に行ってきました。
その場では返事せず、結局高いので電話で断りました。
が、とてもとてもしつこく
信販会社のローンだけはなんとか消して下さいと言われてたんですが
それもないのでと断ると、それも我社がなんとかしましょうと…とにかくしつこくて。
で、断れたのか断れなかったのか分からないまま電話を切ったんですが
気になってパソコンで調べたら、同じ場所で同じ間取りの物件が売りに出されてて
その値段は2080万円だったんです。
私も家の事よく知らないんですが、載せてる価格より実際家を買うとなったら金額って一千万近く上がるんでしょうか?それともぼったくられてる?
話では、三千万円+諸経費120万円、そしてローンで合計3200万円だったんですが
それ意外でお金がかかるってことなんでしょうか?
どう思われますか?
もし騙されてるんだったらとても腹が立ちます。

朝刊のチラシでよさそうな物件があったので、その不動産に連絡し
見に行ってきました。
チラシには間取りが載っていたのですが、自由設計のため
一応の間取りらしく、どこも空き地状態。
契約してから建てるそうです。
チラシの物件は思った以上に狭く、駐車場があると書かれてるのですが
車が通行できるスペースがなく、ちがう物件も多数見せていただきました。
でもすべて空き地だったので、場所だけの確認って感じでした。
そして見終わった後、会社に連れて行かれて営業部長と話をすることになったん...続きを読む

Aベストアンサー

mamahahaさんが行った会社は他社の物件をさも自分の社有のように思わせてお客さんと契約した後に本当の売主である会社と契約するといったやり方ではないかと思われます。
だから価格の違いが有るのだと考えられます。
このような場合は先売り後買いと言って業法では禁止されているはずです。

不動産の場合価格が複数存在するこたはありませんし、もしお客さんによって価格を変えて話をするような会社はいんちきです。

社有物件の場合、物件を見て気に入った場合等は登記簿謄本を見せて下さいと言って、登記簿謄本にその会社の名前で登記されていれば問題がありませんが、登記簿謄本がない場合とか、言い訳をする場合はいんちきです。

不動産取引は売主も買主もお互い当事者ですので、片方が損をすれば片方が得をすると言う事になりますので、買主側に一方的に有利な話などありません。

安いものはなんかあると考えたほうが失敗はしないと思います。

Q控除の意味を教えてください

控除の意味を教えてください

Aベストアンサー

税金のカテゴリだから、税金の計算元である金額から、ある額を差し引いて税金を掛ける事をする。「差し引く」を控除という。

収入に税金が掛るわけでは無く、課税所得に対して累進税率で税金がかかる。

所得 = 収入(売上げ) - 経費
課税所得 = 所得 - 各種控除
税金 = 課税所得 × 所得によって決まる税率

サラリーマンの場合にも収入から経費が差し引かれている。
額によって率が変わるけれど、収入の一定割合を経費と見做して自動的に差し引かれている。
差し引かれた後の額が、「給与所得」
(給与所得 = 収入 - 見做し経費)

各種控除:基礎控除38万円をはじめ、配偶者控除、扶養控除、住宅取得控除、医療費控除など色々

Q住宅ローン控除と所得税の関係

住宅ローンの残高の1%が所得税から控除されますが、確か今年から?
所得税が減額になり、住民税が増額になると思ったのですが、この辺を説明しているサイトなどがありましたら教えてもらえないでしょうか?

今までは大体収入の10%前後が、所得税額なので大体見当がついたのですが、来年度の住宅ローン控除のためその辺を知っておきたいのです。
(一番知りたいのが例えば400万円の収入なら大体何万円ほどが所得税額になるかです)

Aベストアンサー

参考に

http://www.taxanser.nta.go.jp/shotoku.htm
http://www.taxanswer.nta.go.jp/2260.htm

Q【地震保険料控除】用語の意味を教えて下さい

【地震保険料控除が創設され、所得税については平成19年以降地震保険に支払った保険料について、最高5万円の控除を受けることができるようになります】

税金の計算方法が全くわかっていないのですが、この場合例えば地震保険料として10万円支払い、5万円の控除が受けられるとすれば極々単純に考えて支払った所得税から5万円が返ってくると思えばいいのでしょうか?それとも年収(所得金額)から5万円を差し引いた金額を所得税の課税対象とするという意味なのでしょうか?
前者ならすごくお金が戻ってくるので地震保険に入ろうかなとも思いますが後者ならほとんど税金が戻ってくることはありませんのでガッカリですね。それとも控除とは他の意味があるのでしょうか
素人の質問ですがよろしくお願い致します

Aベストアンサー

所得税の控除には、所得金額から差し引かれる「所得控除」と税金から差し引かれる「税額控除」の2通りあります。扶養控除や社会保険料・生命保険料・損害保険料・医療費控除など、控除の多くが「所得控除」です。「税額控除」の代表的なものは住宅ローン控除でしょうか。

ご質問の地震保険料控除は、今までの損害保険料控除を発展させたもので「所得控除」にあたり、ご質問では後者に該当します。損害保険料控除は15000円が控除額の上限だったのが、地震保険料では50000円まで控除できるということになるようです。

Q所得税のローン控除について教えて下さい

所得税のローン控除について教えて下さい

私の名義で買った土地(購入したのは10年ほど前です)に共有名義で新築を建てました。 特に理由はなかったのですが、土地が私の名義でしたので、家は嫁メインで私は連帯債務者としてローンを組みました。
嫁も正社員として収入がありますので、お互い持分比率50:50です。
ちなみにローンは住宅金融支援機構のフラット35Sで借りています。30年返済です

金額で言うと1500万ずつの返済という事になるのですが、両方ともローン控除は受けられるのでしょうか?
受けられるとして、各々の口座から返済するような形をとらなければ控除をうけられないなどしなければならないのでしょうか?

なにぶん税関係が苦手なもので、よくわかりません。 ご存知の方、お手数かけますがお答え頂けると助かります。よろしくお願い致します 

Aベストアンサー

>金額で言うと1500万ずつの返済という事になるのですが、両方ともローン控除は受けられるのでしょうか?

受けられます。


>受けられるとして、各々の口座から返済するような形をとらなければ控除をうけられないなどしなければならないのでしょうか?

どの口座から返済しているか、は気にしなくていいですよ。


住宅ローン控除は、あなたの年末時点での住宅ローン残高をもとに、控除額を算出します。
連帯債務ですから、年末残高の2分の1が「あなたの」住宅ローン残高です。




住宅ローン控除については、以上です。
以下は補足です。



住宅ローン控除は所得税法上の控除制度なので、返済口座については直接の関係はありません。
ただ、気をつけていただきたいのは贈与税です。

仮に、奥さんの口座から返済をしている、とします。
年間返済額が300万、と過程しましょう。
これを全額、奥さんが返済していれば、奥さんからあなたに150万円の贈与が行われたことになり、贈与税を課されます。
しかし、あなたが奥さんに150万支払っていれば、贈与自体、行われていないことになります。

>金額で言うと1500万ずつの返済という事になるのですが、両方ともローン控除は受けられるのでしょうか?

受けられます。


>受けられるとして、各々の口座から返済するような形をとらなければ控除をうけられないなどしなければならないのでしょうか?

どの口座から返済しているか、は気にしなくていいですよ。


住宅ローン控除は、あなたの年末時点での住宅ローン残高をもとに、控除額を算出します。
連帯債務ですから、年末残高の2分の1が「あなたの」住宅ローン残高です。




住宅ローン控除については、...続きを読む

Q「控除額=国に納める税金額」と言う意味でしょうか?

給料明細を見ていると、
---------------------------------------------------------
基本給218,000円

健康保険 9,744円
厚生年金 19,270円
雇用保険  1,308円
所得税   4,240円
住民税   8,300円

控除総額 42,862円
---------------------------------------------------------
となってるのですが、
「控除額=国・地方公共団体に納める税金額」と言う意味でしょうか?
ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>「控除額=国・地方公共団体に納める税金額」と言う意味でしょうか?
 ・上記に該当するのは、所得税 4,240円・・国に納める税金、
  住民税 8,300円・・都道府県、市区町村に収める税金 ・・の二つです

 ・健康保険 9,744円・・加入されている健康保険の保険料で病院等で診療を受けたときに、その7割分が健康保険から払われます
 ・厚生年金 19,270円・・厚生年金の保険料、国民年金の保険料になります・・将来、厚生年金(老齢厚生年金)、国民年金(老齢基礎年金)として年金受給になります
 ・雇用保険 1,308円・・雇用保険の保険料で離職後に(受給資格があれば)失業給付を受ける事が出来ます
 

Q住宅取得による所得税減税(返還)に関して

平成15年12月31日までに住宅を購入し、入居が完了した場合、
10年間、ローン残高に対する1%が所得税還付として
減税されるそうですが、
平成16年以降は、現時点ではどのような方向で話が進んでいるか
ご存知の方いらっしゃいますか?

もしかしたら、案さえも国会で出ていないかもしれませんが、
どのような方向に行くのが有力なのでしょうか?

私個人としては、期間が延長になればと思っています。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

現在はまだ住宅ローン減税の改正・延長については公には未定のようですね。
但し、住宅取得に関する税の優遇措置について、世代間の資産移転促進
のため贈与税・相続税については論じられているようですね。
業者サイドの意見としては、税優遇の廃止による駆け込み需要も欲しいが、
税優遇廃止により住宅需要の急激な冷え込みも恐ろしいと言うのが
あるのではないでしょうか。
以前、住宅取得による所得税の控除の期間が最大6年から15年に
改正された時などは、1月施行の税控除の内容が年の瀬の迫った
11月に報じられた事もありました。
(これは早く報じると買い控えが想定されると言う思惑もあった
のではないかと勝手に想像しているのですが・・・真意はわかりません)
いずれにしても現時点でははっきりしていないため、もし現在住宅取得の
ご計画があるとするならば、準備だけはすすめておかれて、税の優遇措置の
経緯を見て判断できるようにされていらっしゃると良いと思います。

Q損害保険料控除証明書の意味がわかりません

保険会社から「損害保険料控除証明書」の葉書が届きました。満期払い戻し金は無しで、保険金額が5000円、控除対象保険料が4920円となっています。掛け捨ての保険だと思っていたのですが、これを持って税務署に行けば4920円が戻ってくるという意味なのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

申告すべき所得(給与所得控除などをしたあとの残りの所得)から、控除証明額4,920円なので3,000円を引いて、それに税金がかかります。

最終的な所得にもよりますが、300万円以下なら10%の課税ですので、都合300円税金が安くなります。

Q住宅ローンの借入れについて

現在、住宅ローンの借入れを行い、家を建てようと思っております。
現在のことを下記に箇条書きにさせて頂きます。

借入れは無謀でしょうか。まだ妥当な金額、考え直さなければいけない点などありましたら、是非、教えてください。

●32歳昨年の年収680万、30坪の土地を持っています
●嫁と子と私の3人暮らし、来年にはもう一人欲しい
●住宅メーカー 積水ハウス
●自己資金は400万
●注文住宅 3階建て 160平米 4400万
●ローン SBIネット 35年 2.89%で4000万借入れ
 ボーナス返済なし
  
借入額、ローンの銀行について悩んでいます。
毎月14万以上の返済を行い、子供を大学へいかせれるのか。
たまに旅行はいけるのか。家を小さくするべきではないか。
この住宅が高すぎる(積水だから?)のでしょうか。
ハウスメーカーから考え直すべきでしょうか。
32歳で4000万の借入れは妥当でしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

返済比率約25%ですから、銀行が示す返済比率の基準から考えれば楽勝ですが、実際に返済してみると、4人家族なら返済比率20%程度でも、結構大変です。
だとすると、返済額月額11万円~12万円くらいが私が考える、ぎりぎりの水準ですね。

4,400万円の中身がわかりませんが、約100万円を諸経費とすると、契約金額は税抜4,095万円となりますね。これは坪単価でいえば、約85万円。地盤改良、外構工事等込みかもそれませんが、もしそうでないなら積水ハウスといえどもちょっとコストが高いですね。
あと、どれだけの広さを求めるかは、個人的な問題ですので、どうこう言えませんが、4人家族を想定するなら30坪~35坪くらいが多いかと。あと、ゆとりの一部屋を設けたとしても40坪くらいというのが一般的です。
坪単価70万円で40坪。地盤改良、外構、設備込みで、3,100万円くらいで考えられればいかがでしょうか?

諸経費すべてこみこみで総額3,400万円くらいの計画です。

これなら、借入3,000万円で、返済額113,000円、返済比率20パーセントです。

大手ハウスメーカーでも可能な金額かと。ただしビルとインガレージを計画されているなら、ちょっときびしいかな・・・。

返済比率約25%ですから、銀行が示す返済比率の基準から考えれば楽勝ですが、実際に返済してみると、4人家族なら返済比率20%程度でも、結構大変です。
だとすると、返済額月額11万円~12万円くらいが私が考える、ぎりぎりの水準ですね。

4,400万円の中身がわかりませんが、約100万円を諸経費とすると、契約金額は税抜4,095万円となりますね。これは坪単価でいえば、約85万円。地盤改良、外構工事等込みかもそれませんが、もしそうでないなら積水ハウスといえどもちょっとコストが高...続きを読む


人気Q&Aランキング