『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

スポーツは何故、人気があるんでしょうか?
オリンピックやワールドカップで世界中で熱狂して盛り上がります。ここまで世界中で盛り上がっているのはこの2つぐらいでしょう。他にあったとしても私にはこれらに埋もれてしまっています。

また、小学校などの授業でどれが好きかと聞かれたら、「算数(数学)」や「国語」「理科」より「体育」と答える人が多いと感じます。昔、雨で体育が中止になって漢字のドリルになったときブーブー文句を言う人がいましたし。


何故、スポーツは人気があるのか皆さんの考えを教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

人は人生において3度、スポーツに魅せられるといいますが。

。。。スポーツだけとは限りません。

単なる暇つぶしだと思いますよ。
その方法は人それぞれ、それが絵画であったり、文学であったり、音楽であったり、学問的研究であったり、スポーツであったり、、広義で言うところの芸術ですよ。。

自己表現のひとつだと思いま~す。だから、根本的には人間の本能ですね。

特に♂は子供が産めないので、そういうものに必死になる傾向が強いのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

人生で魅せられるのはスポーツだけではないですよね。
スポーツは自己表現の一つで本能ですね。
男性が子供を産めないのとスポーツはどう関係があるのかわかりませんが、出来ないことがあると自分に出来ることに生きがいを見つけたいですね。
回答ありがとうございます。

お礼日時:2006/08/15 02:23

A)オリンピックやワールドカップで世界中で熱狂して盛り上がる


B)「体育」と答える人が多い

 この2つでは、理由が異なります。Aに人々が熱狂するのは
わが町・わが国の代表が世界を相手に闘う姿に感動するからで
あり、闘争本能や競争本能の発露と郷土愛が主たる理由です。

 オリンピックとサッカーW杯が突出しているのは、世界中の
どんな国でも参加できるからです。その他のスポーツでも地域
性を考慮すれば、局地的には同等以上の盛り上がりがあります。

 たとえば野球に関して言えば、日本がワールドベースボール
クラシックに優勝したときの熱狂度は、サッカーW杯に劣らな
いものでした。キューバのように野球が国技の国もそうです。
いくらサッカー日本代表に人気があっても、平均での熱狂度は
タイガースファンのほうが上でしょうね。

 また、オーストラリアやニュージーランドでは、ラグビーこそが
国の威信をかけたスポーツです。ラグビー国際試合の熱狂
度はサッカーW杯の比ではありません。

 米国ではなんといってもアメリカンフットボールです。スー
パーボウルの視聴率は毎年 40% を超え、開催日には全米中が
熱狂します。ちなみに開催前日は、全米でもっとも食料品が売
れる日です。みな、翌日に備えて買っておくからなんですね。

 また、大学バスケットの決勝リーグ( 俗に言うファイナル4 )も
ものすごい人気度があり、この時期は仕事をサボってテレビを
見る人が多いので、労働生産性が落ちるという統計があります。
毎年3月に開催されるので「 マーチ・マッドネス 」と呼ばれ、
とくに出場大学の地元は大変なお祭り騒ぎになります。

 B に関して言えば、スポーツは基本的にレクリエーションだ
から楽しめるのだと思います。たとえば、毎日6時間算数や国
語があっても平気というかそれが日常ですが、もし毎日6時間
体育の授業を受け続けるのであれば、かなり苦痛だと思います。
あくまで余暇程度だから楽しめるのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

出身地を愛するスポーツ選手がその地域の代表として世界相手に戦うのには熱狂しますね。
日本がワールドベースボールクラシックというのに優勝した時はそんなに盛り上がったんですか。
オーストラリア・ニュージーランドではラグビーが大人気なのですね。
米国の大学バスケでは仕事をサボって見る人がいるんですか。すごいですね・・・。
私は2時間でも体育は嫌なのに、6時間もあったら最悪ですね。
授業全部体育だったら好きな人も苦痛かもしれませんね。
ストレス解消のものもやり過ぎは身体に毒ですね。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/15 02:21

そこに、その人の「生き様」が見えるからではないでしょうか?陸上の末續選手、サッカーの中田選手、野球の王監督やイチロー選手などなど。

その人の、懸命な生き方が多くの人々を魅了するのだと、私は思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

活躍しているスポーツ選手を見ていると、その選手の生き様が見えるような気がするとき、ありますね。
スポーツを必死にやっているのを見ると懸命にやっていると伝わる人もいますね。
回答ありがとうございます。

お礼日時:2006/08/15 02:15

No.2さんに同意です。



われわれが「動物」だからではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

野生動物は交尾の相手に身体能力が長けている者を選ぶそうですからね。
そのように運動能力が長けている人は尊敬されるんですね。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/04 23:38

人間の持つ本能の一つだからではないですか。


もともと体を動かして食料を調達していた時代にはより足の速いものや遠くまで物が投げられるもの、力が強いもの等が優秀な人間として異性から好かれていました。
その種を選ぶことで遺伝的に子供も同じような能力を持ちまた回りから評価を受けて尊敬されました。
今では狩猟は食料調達の方法ではメジャーではないですがその本能は忘れてなくて自分よりも体力的に勝る人間を見ると惚れ惚れしますし、尊敬します。
実際に体を動かさないと人間は生きていけないのでその延長にある体を使ってスポーツすることは自分の中の本能的な部分を刺激するので見るのもするのも興味があるのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大昔の時代は食料調達において優秀な人は尊敬されそうですね。
その本能が残っていて運動能力が長けている人は同じように尊敬されるものなんですね。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/04 23:37

単純に楽しいからでしょう。

体育よりも算数のほうが楽しいですか?

アニメ・ゲームが大好きで運動嫌いな人にはわからないでしょうが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

スポーツは好きな人にとってはやっているとすごく楽しいですよね。
でも、算数も算数大好きの人ならやっていて楽しいと思います。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/04 23:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜサッカーが世界で人気No.1スポーツなのか?

なぜサッカーが世界で人気No.1スポーツなのか?

なぜでしょうか?
万物の霊長としてピラミッドの頂点にたつ人類ですが、それをなしえたのはどんなロボットもかなわないほどの精巧な”手”があるから。
手があるから器用に各種の道具を作り出し、文明を築いていくことができた。
その手を使わないサッカーがなぜ世界で人気No.1スポーツになりえたのでしょうか?

他のスポーツと比較して
  ルールが簡単だから?
  用具が少なくて済むから?

どこかの誰かの陰謀?

正解を教えてください。

(この質問はサッカーの楽しさを否定するものではありません)

Aベストアンサー

こんばんは^^

答えは簡単です。「興奮する」からです。

アフリカの草原で裸足でボールを追っている少年たちに、あるいはスカート姿でボールを蹴っているネパールの少女たちに、あるいはカンプノウでバルサの試合に見入るファンに、あるいはJリーグのゴール裏のサポーターたちに・・「なぜサッカーが世界で人気No.1スポーツなの?」って質問したら・・・。

まず、キョトンとされるでしょう。彼らに理由などないのです。

ただただ「楽しいから」「ワクワクするから」「熱くなるから」「(そのチームが)好きだから」という答えではないでしょうか。

ボールを追っている子供たちの笑顔や、試合に集中して一喜一憂(その表情は時として死刑を宣告された人の様に見えることもあります。頭を抱えるファンがこれだけ多いスポーツはありません)するファンたちを見ていると、サッカーって人間の本能の喜怒哀楽のスポーツだなあって思います。

根源的な理由以外をを探せば、一つの本になるぐらい色々な要素があるでしょう。でも、それはあくまで二次的なものです。

ボールゲームは楽しい・・でも、バスケやバレーは「高さ」、ラグビーやアメリカンフットボールは「体格」とかのどうしようもない要素がある中、サッカーは幼稚園、女子、年配の人みんな「やって楽しい」し、足でするスポーツなので「無限にうまくなる可能性を秘めた」スポーツです。

サッカー王様ペレやメッシは170cmぐらいでしたね。マラドーナは165cmぐらいだったでしょうか。欧州で成功した長友や香川も日本人一般人平均より低いかも知れません。その意味では日本人向きなボールゲームと言えます。

ボールゲームでは一番「点の入らない」スポーツです。ネガティブなこのことが実はサッカーの大きな魅力でもあります。相対的に、1点の価値は想像を絶するものがあります。その瞬間の歓喜。番狂わせも多い。同時にライバルも多い。アジアチャンピオンの日本ですら、アジア連盟内で「負けても驚かない」というチームは15チーム近くあります。世界的に見ても、各地域でライバルが一杯いてそれがますますファンを熱狂させます。それはクラブレベルでも同じです。

欧州・南米・アフリカ・アジア・北米・オセアニア・・・世界中に「サッカーを夢見る」子供たちがたくさんいます。それを実現する「舞台」もあります。その点では世界サッカー界の組織がしっかりしているのも大きな要素ですね。

例えば、日本の高校チームがバルセロナと真剣勝負する機会は0ではありません。高校生たちは天皇杯に参加でき、優勝すればACLに出れ、されにそこで優勝すればクラブワールドカップに出れます。

そのような「可能性」(限りなく0に近くても)が完璧に整備されている。プロアマの差別もない。ピラミッド型の組織がしっかりしていて頂点は4年に一度のワールドカップただ一つに統一されている。すごく高度に組織化されていながら、同時にシンプルで分かりやすい仕組みです。

初めてサッカーのワールドカップを見たのは66年のイングランド大会でした。当時でも、サッカーは世界一人気のあるスポーツでした。その熱狂は衝撃でした。あれから45年。まだまだサッカーは世界で拡大してきています。

長く「サッカー不毛の地」と世界から揶揄れたきた地域も劇的変化を遂げました。日本では、野球との完璧な「二大スポーツ」になりました。男の子の将来なりたい職業の1位は「サッカー選手」です。アメリカでも、サッカーを「する楽しさ」は完全に国民に広がりました。世界で一番サッカーの競技者人口の多い国はアメリカです。特に女子サッカーの人気実力はすごく、現在FIFAランク1位はアメリカです。オーストラリアも100人以上のプレーヤーが欧州でプレーするような時代となりました。

サッカーでの「言葉」にもその魅力のヒントがあります。

選手に対する賞賛の呼び名として、王様(ペレ・マラドーナ)、皇帝(ベッケンバウアー)、将軍(プラティニ)さらに妖精(ストイコビッチ)とか異端児(ジョージ・ベスト、ネッツァー)とかとか。プレー内容は「パフォーマンス」と呼ばれます。それは、まさに音楽や演劇でいう「ライブ・パフォーマンス」を意味します。

サッカー評論のなかに「美しい」「創造性あふれた」「華麗な」「夢のような」「知性あふれた」「消えていた」「ファンタスティックな」「悲劇」などの言葉が次々と出てくるのをみても、サッカーはスポーツというより「芸術」の範疇にも足を踏み入れている考えられます。「芸術」は普遍性があって、世界に自然に広まっていくものです。

「足」の技術がまだまだうまくなる無限の可能性があるように、サッカーはその「技術」「戦術」「普及」まだまだ「終わりが見えない」可能性があります。「理想のサッカー」がまだ先にあるワクワク感。しかも、各国にそれぞれ固有のスタイルが確立されている。これはある程度レベル的には上限まで達してしまった他のスポーツにないところです。

「自由」であり、「可能性が無限」で、かつしっかりとした「組織」を持ち、人間の喜怒哀楽や本能を刺激する「芸術に近い」スポーツ。「常に変化」し多様性のあるスポーツ。

でも、やっぱり「ドキドキ」するからサッカーから離れられない、って言うのが正解かも知れません。

こんばんは^^

答えは簡単です。「興奮する」からです。

アフリカの草原で裸足でボールを追っている少年たちに、あるいはスカート姿でボールを蹴っているネパールの少女たちに、あるいはカンプノウでバルサの試合に見入るファンに、あるいはJリーグのゴール裏のサポーターたちに・・「なぜサッカーが世界で人気No.1スポーツなの?」って質問したら・・・。

まず、キョトンとされるでしょう。彼らに理由などないのです。

ただただ「楽しいから」「ワクワクするから」「熱くなるから」「(そのチームが)好き...続きを読む


人気Q&Aランキング