マンションの上の階の方が、トイレの手を洗う所の水をあふれさせて、階下の私の家に水が滴り落ちてきました。換気扇(換気口)などを伝って水がきましたので、トイレ内、やトイレの外、トイレの天井裏が水びたしです。
家内と2人がかりで、掃除に3時間を費やしました。
掃除のための道具なども慌てて買ってきた次第です。
また、トイレの近くの部屋に敷いていたカーペットも水びたしで使い物になりません。
上の階の方は、マンションの管理組合を通してくれ、そこで責任の所在を明らかにしたいと言っています。

ここでご相談ですが・・・。
1、掃除のための道具(数千円程度)、カーペットのクリーニング費用(数千円)、は上の階の方に請求できるでしょうか?
2、家内と2人で3時間も掃除しなくてはならないというのは非常に面倒だったのですが、これについては慰謝料などを請求できるでしょうか?
3、この先の話し合いは、どのように進めていけば良いでしょうか?

以上、よろしくお願いします。
尚、水浸しになった状況は写真に撮ってあります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

1、掃除のための道具(数千円程度)、カーペットのクリーニング費用(数千円)、は上の階の方に請求できるでしょうか?



できます。相手の方も払わざるを得ません。ただし保険加入の場合は、保険会社が払います。

2、家内と2人で3時間も掃除しなくてはならないというのは非常に面倒だったのですが、これについては慰謝料などを請求できるでしょうか?

保険加入の場合は、保険会社の契約によります。保険に加入していなくて相手の方が支払う場合は、ご近所の方故、請求しないことをお勧めします。

3、この先の話し合いは、どのように進めていけば良いでしょうか?

相手の方のおっしゃるとおり、管理組合を通すのが良いでしょう。自主管理のマンションでなければ、その前に管理会社が間に入ってくれるでしょう。

管理組合もしくは管理会社に次のことを確認します。

イ.各住戸は個人責任賠償保険(理由・程度を問わず個人が第三者に損害を与えたときはその損害を賠償してくれる保険)に加入しているか?
ロ.組合は水漏れ損害賠償保険(普通は建物火災保険のオプション。水漏れの原因が共有部分に有る場合、管理組合に代わって損害費用、修繕費用を払ってくれる保険)に加入しているか?
ハ.組合は水漏れ原因調査費用補償保険(普通は建物火災保険のオプション。水漏れの原因が個人かマンションの共有部分か調査するための費用、約50万円前後を払ってくれる保険)に加入しているか?

すべて、Yesなら保険ですべてカバーできる話になりますから、当事者がそのことをわきまえて冷静に事を進めれば、本件、時間はかかるにしても、容易に解決します。

すべてNoの場合は、相手の方、組合が費用を負担することになります。相手の方、組合いずれも費用負担に応じなければ、裁判に訴えるしか方法がなく、かつこれが最善の方法です。相手の方や組合役員と喧嘩してもしこりが残るだけで、解決ができず泣き寝入りするだけです。

大筋としてはこういくことですから、保険すべてNoの場合は、

1.管理会社に状況を説明し、善後策を相談する。
2.加害者に弁明してもらい、共用部分の瑕疵が原因と主張するなら、加害者に管理会社、管理組合にその旨伝え、管理組合が責任とるように主張してもらう。
3.管理会社・管理組合が、共用部分の瑕疵でないと主張するなら、その旨加害者に主張してもらう。
4.加害者は自分の責任でないと主張し、管理組合が共用部分の瑕疵でないと主張したら、加害者、管理組合に内容証明便を送り、期限内に損害金を払ってほしいそでなければ賠償請求裁判を起こすと連絡する。
5.金額は少ないでしょうから、大抵払ってくれるでしょう。そうでなければ加害者、組合相手に裁判を起こす。

という手順になるでしょう。加害者、共用部分の不具合、どちらかが明確になれば、裁判の相手は加害者、もしくは管理組合どちらかに絞れ、その前の損害額を払ってくれて本件解決するでしょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご助言、どうもありがとうございました。
管理会社を通して給排水関連の業者を呼んでチェックしてもらいました。それによると共有部分の瑕疵というよりは、加害者の過失のようです。
ご助言を参考にさせて戴きます。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/07/25 05:49

再びNo5です。



>管理会社を通して給排水関連の業者を呼んでチェックしてもらいました。それによると共有部分の瑕疵というよりは、加害者の過失のようです。

はっきりして良かったですね。そうすると階上の方は次の民法の規定により、質問者に損害賠償責任を負います。

民法第709条(不法行為による損害賠償)故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。

裁判になれば質問者が絶対に勝つ裁判になるでしょうが、そうならないよう(弁護士代、準備時間の負担が大きいですからね)しっかり階上の方を説得することが大切になります。

掃除ですっかり元に戻ったようですが、普通は戻らず壁紙交換に至るようです。

天井、壁の壁紙にシミは残っていないか、確認してみると良いです。

管理組合は個人賠償責任保険に入っていない場合でも、階上の方は知らないうちに個人賠償責任保険に入っている可能性も高いです。

参考URL見て下さい。そしてこのことを階上の方に教えてあげることも、解決の早道でしょう。

参考URL:http://allabout.co.jp/finance/insurance/closeup/ …
    • good
    • 5
この回答へのお礼

重ねてのご助言、ありがとうございます。
現在、管理会社が間に入っておりますので、しばらくは管理会社からの連絡待ちの状態です。
ご助言を活かしていきたいと思います。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2006/07/25 19:51

恐らくはくじ引きで決めた理事が集まるマンションの管理組合で、ニ当事者間で起きた問題について何を話しても意味が無さそうですので、損害保険会社を介在させる方が良さそうに考えます。



(1)相手方に水漏れの原因を作ったことの認識があることが大前提なので、その点の事実確定は至急行う。
(2)相手方が加入している火災保険の項目に水漏れによる第三者への損害発生が含まれているかを確認させる
(3)自身で加入している火災保険での水漏れ被害の条件を確認する(損害賠償額の把握への考え方を自身で明確にしておく)
(4)相手方の考え方と当方の考え方をすり合わせる機会を設ける

我が家での加入契約ですが、自家加入保険で損害補填が有りそうですが、事故・過失の解釈等実務までは分りませんのであくまでご参考まで。
http://www.nissaydowa.co.jp/download/cu0017_02.pdf
    • good
    • 2
この回答へのお礼

具体的な段取りまで含めてのご助言、どうもありがとうございました。
参考にさせて戴きます。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/07/24 20:34

まず「誰に対して請求できるか」と云うことと


「幾ら請求できるか」と云う2つを考える必要があります。
「誰に」の点は、相手が「管理組合を通してくれ」と云っていることからみて、管理責任や構造上の問題をあげての回答であろうと思います。
ところで「手を洗う所の水をあふれさせて」と云う点、相手は認めていますか。
認めているなら、kurenaiyさんが管理責任など考える必要はなく階上の者に請求すればいいです。
万一、裁判になっても同じです。
次の「幾ら」は、これは直接要した費用(掃除用具等)と慰謝料等合算した金額となります。
掃除用具などは時価ですから領収書などで明らかにします。
後者の慰謝料などは、心の問題ですからkurenaiyさん自身で決めて下さい。
でも、実際に裁判しても裁判所の認定価格は非常に低額です。
3時間の時給程度と思われます。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご助言有り難うございました。
参考にさせて戴きます。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2006/07/24 20:33

できます。



私も、以前住んでいたマンションで同じ被害にあいました。(私の場合は、洗面室とリビングの一部が全部やられ、壁紙と床の張替えが必要になりました)
壁紙の張替え、床、畳、そこに置いてあったカーペットや家具など、被害にあったものは全て請求できます。

掃除にかかったために、通常の労働ができなかった分についても、休損が請求できるでしょう。(私の場合は、すぐに上の階の人が来て掃除をしてくれたのでそこまではしませんでした。)

慰謝料は難しいです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご助言ありがとうございました。
休業損害は考えていませんでしたが・・・。
>私の場合は、すぐに上の階の人が来て掃除をしてくれたので・・・
そうですか・・・。非常に誠実な方だったようで、羨ましいです。

お礼日時:2006/07/24 20:30

実際に受けた損害については請求はできますのでまず損害額を確定するべきでしょう。

もちろん掃除に要した時間についても加えてもいいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々にレスをありがとうございます。
掃除に要した時間は具体的にはどのように算定するものなのでしょうか?
ご存知でしたらお教え下さい。

お礼日時:2006/07/24 05:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q2階建て賃貸事務所。建物の内階段をふさぐ場所について…。1階、2階に2

2階建て賃貸事務所。建物の内階段をふさぐ場所について…。1階、2階に2社入居予定があります。目下入り口は一箇所のみです。が、近日中に外階段を取り付け、入り口も別になります。故に2階に通じる建物内の階段をふさぐ予定です。この場合のふさぎ方は、(1)1階から…(2)1・2階中央踊り場あたりから…(3)その他… なお、賃貸借契約にはこの旨の記載はありません。ということは1・2階賃貸人の合意によりどこからでもよいのでしょうか?

Aベストアンサー

どういった契約内容か構造か分からないので断言できませんが、
1階2階両方の賃借人の合意が取れれば良いんじゃないでしょうか。
まぁ私だったら後々問題にならないように、
1階からも2階からも完全に塞いじゃいます。
費用やら消防法やらとの兼ね合いもあるだろうけど。

Q水漏れで下の階に被害

公社団地に住んでいる知人がいます。

その人がお風呂の水を(そんなに長い時間ではなく)出していたところ排水量が少ないため下の階を水浸しにしてしまったそうです。

公社に苦情を言ったところ公社は水を出していたあなたが悪いということで責任を回避しているようです。もちろん公社が費用を負担しなければその知人が補修費用を弁償しなければなりません。

もとより排水能力は低かったそうです。
水は1日中とか出していないようです。
古い団地です。

やはり弁護士に依頼しないといけませんか?弁護費用は勝訴しても全部依頼側負担になるのでしょうか?そうすると弁償代金と変わらなくなってきますね。

法律的な見解をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは、入居のときの契約書をもう一度見直すのが一番にやることですよ。

以前こんな話を聞きました。
冬場に旅行で数日間アパートを空けていたとき、水道管が凍り付いて破裂し、大家に交渉した結果、契約書に長期間外出する再は、ガス・電気・水道の元栓を締めるとあったらしく、実費で賠償したそうです。

しかし、この場合は当てはまらないですね、お金を取って貸している以上、貸主には家として最低限の機能を保障する義務があるのです。

アパートの水道の漏れなど、無償で直してくれます。

公団も特別扱いではなく、同じですよ。

Q上階からの水漏れ被害補償 工事期間中の宿泊費

当方分譲マンションに居住(所有者)しています。
タイトルの通り、上階の住人の洗面所の蛇口閉め忘れにより漏水被害をこうむりました。
上階の方は賃貸で居住されているのですが、お勤め先の企業が借り上げ契約をマンションのオーナーとされた上で住まわれています。
保険会社(上階居住者の勤め先企業が契約者)の窓口担当者と称される一級建築士の方と間接的に保障交渉となっているのですが。

・クロスの全面張替え(一部だと色が変わるため)
・漏水被害を受けた建て付け食器棚の交換工事
・クロスの張替えに伴う家財の移動梱包費用
・修繕工事により必要となった場合の外食費

以上については保険会社より支払いを受けられることとなっています。

私としては更に

・工事期間中に必要にせまられて外泊した場合の宿泊代

を支払ってもらえるように交渉していますが。
「2次被害項目は補償の対象外」といわれ支払いを拒否されています。「2次被害」といってしまえば、工事期間中の外食費も「2次被害」ではないかとも思え、納得をできないでいます。
このような副次的に発生する費用を被害者側が負担すべきなのでしょうか。

近所で同様の事例で、保険会社が外泊費を支払った例も聞いており、再交渉できるのではないかと考えています。
ご経験者、専門家の方のご意見がいただければ幸いです。

当方分譲マンションに居住(所有者)しています。
タイトルの通り、上階の住人の洗面所の蛇口閉め忘れにより漏水被害をこうむりました。
上階の方は賃貸で居住されているのですが、お勤め先の企業が借り上げ契約をマンションのオーナーとされた上で住まわれています。
保険会社(上階居住者の勤め先企業が契約者)の窓口担当者と称される一級建築士の方と間接的に保障交渉となっているのですが。

・クロスの全面張替え(一部だと色が変わるため)
・漏水被害を受けた建て付け食器棚の交換工事
・クロスの...続きを読む

Aベストアンサー

保険会社が補償するかどうかは、上階のオーナー企業と保険会社の間の契約に関することですから、極論すればあなたはあずかり知らぬことです。
二次被害についてもやむをえない状況での支出は、当然上階のオーナーに補償を求めれば良いと思います。

保険屋の代理人が言うことはいったんおいて置いて、上階のオーナー起業と直接折衝されたらいかがでしょうか?

Q世の中には数千という法律がありますが

刑法以外の法律は警察はノータッチですか?
どの法律はどこの管轄ってどこで調べるんですか?

Aベストアンサー

>刑法以外の法律は警察はノータッチですか?

だとしたら、警察はずいぶん喜ぶでしょうが、そうはいきません。

基本的に刑事罰が規定されている法律において、刑事罰を科すためには警察が捜査し、検察へ送致・送付しなければなりません(検察庁が直接捜査する事件を除きます)。

法律には所管する省庁等が処罰を行う行政処分と刑事罰のいずれか、または両方が規定されています。
行政処分とは、たとえば改善命令とか営業停止、免許の取り消しなどで違反者の権利を制限したり、義務を負わせることであり、それ以降の違反行為を防止しようとするものです。

一方、刑事罰は国家が違反者に生命刑(死刑)、自由刑(懲役・禁固・拘留)、財産刑(罰金、科料、没収)を科すことで違反行為を予防しようとするものですが、現実に違反があった場合に刑事罰を科すための手続きは警察・検察だけに認められたものなのです。

ちなみに、刑法は法務省の所管ですが、警察庁は内閣府の国家公安委員会に設置された特別機関です。
警察庁所管の主な法律は、警察法、暴対法、風営法、銃刀法、犯罪収益移転防止法、古物営業法、道交法、ストーカー規制法となどがあります。

>どの法律はどこの管轄ってどこで調べるんですか?

e-Gov(イーガブ)http://www.e-gov.go.jp/index.htmlという総務省が運営する行政ポータルサイトで調べることができます。
「カテゴリ別行政情報案内」の「組織・法令」の「所管の法令・告示・通達等」をクリックすると、下記サイトに行き着きます。
http://www.e-gov.go.jp/link/ordinance.html

法令の条文は、e-Govトップページの「法令検索」http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxsearch.cgiから照会できます。

>刑法以外の法律は警察はノータッチですか?

だとしたら、警察はずいぶん喜ぶでしょうが、そうはいきません。

基本的に刑事罰が規定されている法律において、刑事罰を科すためには警察が捜査し、検察へ送致・送付しなければなりません(検察庁が直接捜査する事件を除きます)。

法律には所管する省庁等が処罰を行う行政処分と刑事罰のいずれか、または両方が規定されています。
行政処分とは、たとえば改善命令とか営業停止、免許の取り消しなどで違反者の権利を制限したり、義務を負わせることであり、それ以...続きを読む

Q上の階の水漏れで部屋が水没しました。補償問題について教えてください。

4階建マンションの3階に住んでいます。4階は空き部屋なのですがその4階から水漏れがあり私の部屋が水没しました。補償問題に詳しい方教えてください。


リフォームしたての部屋に入居後2ヶ月で天井から水漏れがありました。

水漏れといえるような量ではなく洪水でした。夜2時~水が噴出し始め24時間以上出続けました。天井から、床から水が吹き出し部屋が水没し、水圧にまけ2m×2m四方の天井の板2枚が破れ落ちました。夜2時~水の掻き出し作業をし、朝6時から恋人に手伝ってもらいました。同刻に管理会社に連絡がつき、担当者が到着した9時~管理会社の指示に従いました。

管理会社の指示として、日曜日であったためか私たちと管理会社の担当者で水の掻き出し作業をする。引越しが必要なので水漏れのあった4Fの空き部屋に移り住むようにということでした。その引越しは私たちと担当者で行うようにという指示がありました。結局、作業は翌日の午後6時ごろまでかかりました。その日は休みで半年ほど会えなかった親友と予定を入れていたのですがキャンセル、恋人はやむを得ず仕事を休みました。

その後の、引越しに必要な役所手続きや、物損のあったものの買出し、電話線工事などの手配は全て私たちで行いました。補償についてたずねたところ、大家が補償するか管理会社が補償するか話し合うということでした。補償は思う額を請求して欲しいといわれたので従いました。

弁護士の無料相談にいったところ前例がないため具体的な額はだせないとのことでしたが、人件費その他慰謝料などいれ40万程度であれば問題ない額ではないかと教えていただきました。

ですので、40万円程度を請求したところ管理会社側の話では大家が補償するとのことでした。結局、保険金で補償全額をまかないたいとのことでしたが保険からはお見舞金として1万円程度が支給されただけした。管理会社に問い合わせたところ、大家側は慰謝料など全部込みで10万円以上は出せないとのことでした。当日に指示を受けた作業の私と恋人の人件費、その後の手続きにかかった人件費だけでも計算したところ10万円程度かかっています。総額10万円では慰謝料0円になるため納得いきません。今でも、不意に風呂場から水の漏れる音がするとビクっとしてしまいます。

この場合、本来の請求先は大家・管理会社どちらになるのでしょうか。
弁護士さんによると、額に開きがある場合は調停もしくは訴訟になると教えていただきましたが、できるなら調停などには持ち込みたくありません。交渉としてどのように進めていくのが良いのか法的な知識のある方教えてください。

4階建マンションの3階に住んでいます。4階は空き部屋なのですがその4階から水漏れがあり私の部屋が水没しました。補償問題に詳しい方教えてください。


リフォームしたての部屋に入居後2ヶ月で天井から水漏れがありました。

水漏れといえるような量ではなく洪水でした。夜2時~水が噴出し始め24時間以上出続けました。天井から、床から水が吹き出し部屋が水没し、水圧にまけ2m×2m四方の天井の板2枚が破れ落ちました。夜2時~水の掻き出し作業をし、朝6時から恋人に手伝ってもらいました。同...続きを読む

Aベストアンサー

自分は、日頃損害賠償請求の処理を専門に行っているので役に立てばと思いアドバイスします。
まず、法的手段をとることも辞さないとの考えがあるようなので、法的に整理してみます。
1)上階が空き部屋、、、、仮に上階の専有部分からの漏水とします。その場合、あなたは、不法行為責任または土地工作物責任(民法717条)で上階に対し損害賠償請求を行います。質問には上階の漏水原因が記載されていないので、仮に、区分所有者たる「大家」が賃借人を探していたが事故の時点で空き部屋だった、とすると大家は土地工作物責任による責任を負います。漏水は給水管からの放水でしょうか?すると占有者または占有者が責任を免れた場合は所有者が責任を負うと言う土地工作物責任の条文に従い区分所有者たる大家は責任を免れません。管理会社、、、法的には損害賠償請求の相手方としては少し的外れです。自分は損害賠償請求を実務的あるいは事務的にすすめるために管理会社と交渉すると考えておけば良いでしょう。
2)物損に慰謝料なし、大変にお気の毒ですが、我が国の賠償の慣例です。ですから調停にしろ訴訟にしろ、慰謝料要求し認められることはありません。
そこで考え方を変え、事故の復旧にあたり、自ら清掃作業や家具家財品の搬出にあたり引っ越し作業、電話回線の切り替え工事立ち会いなどにあたった。だから人件費相当を請求する。と考えてください。仮に10日分請求する!!!と言っても良いと思います。この場合1日あたりいくら請求するのか?あまり事例もありません。自分は以前からこの1日あたりの単価がどの程度が妥当なのか?気になり、立ち話程度と言って、裁判官に雑談で聞いてみたことが何回かあります。当然、考えたこともないので「うーん??」ですが、自賠責基準(交通事故休業損害の基準)で主婦の休業損害は1日あたり5,700円となっています。このあたりが妥当な単価ではないでしょうか?当然、自分の収入からして安すぎる、と思うでしょうが、、、非常に高い収入を得ている人が、自ら漏水事故の後始末をしたとしても、片付けと言う作業の内容からして、1日あたり3万とか5万円とか請求することはできません、「合理性を欠く」と誰しも思います。
3)法律家に委任して法的な手段により解決すること。 あまり勧められません。弁護士の中で損害賠償請求の実務に経験のある者は本当に一握りです。質問の中で「前例がないため具体的な額は、、、、」という発言は、言い方を変えれば「考えたこともないし、自分には考えてもわからない」と聞こえます。弁護士委任は有効な方法ではありません。弁護士の費用(着手金と成功報酬)は馬鹿にならない金額です。賠償金を得たとしても弁護士費用を支払えば満足のゆく金額は残らないでしょう。自分の頭と常識でじっくりと冷静に紳士的に費用請求するのが良いのではないでしょうか。あなたにとって不愉快な体験でしょうが、生活上の紛争はだいたいの場合常識的な主張をする者の勝ち!です。最後になりますが、「補償」と言う表現は適当でなく「損害賠償請求」と言うのが正確です。
*不適当なアドバイスかも知れませんが、一言言わせてください。他の人のアドバイスで、賠償金を得られない場合、家賃を不払いにして相殺すると言うコメントがありましたが、これには賛成できません。家賃の支払いは別の契約ですから、あなたが不払いなどしたら、それこそ社会的に非難される行動と思われますよ。弁護士にしろ裁判官にしろ、一部とんでもない例外(人たち)はいますが、多くは、社会的に非難されない行動、つまり常識的で紳士的な考え方や行動に何よりも価値を置く職業です。そのような教育を受け、実生活でもかなりの規制や我慢をする事があるのです。家賃不払いしながら損害賠償請求したいなどと言ったら多くの法律家はあなたの味方には決してなりませんよ。

自分は、日頃損害賠償請求の処理を専門に行っているので役に立てばと思いアドバイスします。
まず、法的手段をとることも辞さないとの考えがあるようなので、法的に整理してみます。
1)上階が空き部屋、、、、仮に上階の専有部分からの漏水とします。その場合、あなたは、不法行為責任または土地工作物責任(民法717条)で上階に対し損害賠償請求を行います。質問には上階の漏水原因が記載されていないので、仮に、区分所有者たる「大家」が賃借人を探していたが事故の時点で空き部屋だった、とすると大家は土地...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報