嫌がらせのメールと電話を受けて困っています。刑法にふれる内容だと警察に届ければ対処してくれるとの事ですが、刑法にふれる内容の基準が分かりません。
慰謝料をいくらよこせ!!とは言われていませんが、慰謝料をもらいたいもんだ、お前はそれだけの事をしたと言われました。殺すとは言われていませんが、世の中には恨みで人を殺す人間がたくさんいるんだよと、私が許すって言うまで誤れ、何度も誤れとか、でないとずっとメールを送り続けてやると言われました。
これでは警察は動いてくれないのでしょうか?夜遅くにもメールと電話が鳴るので眠れない日が続いています。どうしたら良いのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

まず、題名の「恐喝、強要、脅迫」の基準から説明しましょう。



脅迫罪(刑法222条)は「生命や身体に対して害を加えるといって人を脅迫した者は、2年以下の懲役又は30万円以下の罰金」
強要罪(223条)は、「生命や身体に対して害を加えるといって人を脅迫して、人に義務の無いことをさせた場合は3年以下の懲役。また未遂も罰する」
恐喝罪(249条)は「人を恐喝して財物を交付させたものは10年以下の懲役」
簡単に言うと、脅かしたら脅迫、それで何かをさせたら強要、金を出させたら恐喝、という分け方になります。

ただし、ご質問の内容では、204条傷害罪が適用させると考えられます。
 (人の身体を傷害した者は、10年以下の懲役又は30万円以下の罰金若しくは科料)
いやがらせ電話でノイローゼになった場合に傷害罪が適用されるというのは現在の定説です。
ただ、加害者側に電話をかけまくってノイローゼにしてやろうという故意、もしくは、ノイローゼになるかもしれないがなっても構わないという意思が必要となります。(ここのところ良く分かりづらいとは思いますが)

また、平成12年に施行された「ストーカー規正法」では「拒まれたのにもかかわらず連続して電話をかける行為」を「つきまとい行為」として規制対象にしています。
警察署に訴えると、それが問題だと判断された場合には、即、加害者に弁明の機会を与えることなく仮差止め命令を出すことになっています。

質問の内容から見ると、貴方と加害者の間には何かゴタゴタがあったようですが、それが分かると他にも解決方法があるのではないかと思います。

そして、加害者からの電話の記録(これはメモをつけていく)、メールの記録をとっておく、電話を録音する、などの証拠集めをしておいてください。

もし録音できれば、「あなたの電話でノイローゼになってしまうから止めて欲しい」と言って、加害者側の回答を録音できるといいですね。(上記した加害者の故意を確定するため)

証拠も集まり、止まらなかったら、いよいよ警察へ告訴することになります。
ただ、証拠集めに一生懸命になり、タイミングを遅くしないようにしてください。
事件がおきてからでは遅いので、早めに行くことを薦めます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細に説明していただきありがとうございます。とても参考になりました。
相手とのごたごたの原因と言うのは付き合いを断ったからです。その断る理由についてもはっきり伝えました。ただ、その断る理由が気に入らなかったらしく、結果として今回のようなことに繋がってしまいました。警察の関与を希望するのは、単純な考えですが、そのほうが解決が早いと思ったためです。以前、セクハラを受けた時に第三者立会いのもとで念書を書いてもらったのですが、効果はありませんでした。念書を書いてもらう前は公然と行なっていたものが行なわなくなっただけでした。弁護士さんには念書を書いてもらう前なら良かったと言われました。また同じようなことにならないために公的、法的な形で解決したいと思ったのです。
加害者の故意を確定するような内容のもの、メールなのですが取っておいてます。
再度止めて貰うように伝えてそれでも駄目なら警察に相談してみることにします。
本当にありがとうございました。少し気が楽になりました。

お礼日時:2002/03/06 13:35

たいへんそうですね。


3の回答の
>加害者側に電話をかけまくってノイローゼにしてやろうという故意、もしくは、ノイローゼになるかもしれないがなっても構わないという意思が必要となります
について。

1の回答の「安眠妨害」が健康を損なうのは、一般常識ですので、毎日深夜に電話で起こすことが健康をそこなうことは、知っていてやっている、というふうに考えられると思います。ノイローゼでなくても病気のもとになるのは十分考えられるはず。(未必の故意ですね)

携帯であれば着歴が残るので、ストーカー規制法で対処するのにも物証になります。(たとえ消去してあっても、刑事事件とあらば、ドコモなりJフォンなりが記録を出してくれるでしょうが)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答え頂きありがとうございました。
状況は残念ながら良くなりません。
送られてくるメールもいざと言うときのために取って置いてるのですが、
その数もかなりのものになったので(苦笑、今着信拒否をしています。
自宅の電話も同様にしているので、電話やメールにに悩まされると言うことはなくなりました。
家の窓ガラスが割られていたのですが、これは誰がやったのかはっきりしないので、今は保留にしています。
もうしばらく様子をみて検討したいと思います。

お礼日時:2002/03/19 16:25

う~ん?文面だけではよくわかりません。


>慰謝料をいくらよこせ!!とは言われていませんが、慰謝料をもらいたいもんだ、お前はそれだけの事をしたと言われました。
それで、貴方ご自身が相手にした事?を改めて考えて見てどう思いますか。一方的に理不尽な事をされていると思いますか。それとも多少無理もない面もあると思いますか。
>これでは警察は動いてくれないのでしょうか?夜遅くにもメールと電話が鳴るので眠れない日が続いています。どうしたら良いのでしょうか?
相手が特定できていて、しかも相手はそれを認めているようです。普通であれば何らかの手立てがあるように思います。それが貴方には何らかの理由によりできないか、あるいは憚られる状態という事ではないのでしょうか。刑法に触れるかどうかを聞いていらっしゃいますが、それ以前に何かあるような気がする文面なのですが・・・。
以上、限られた文面の中での私の推測ですので、間違ってたら申し訳ありません。ご容赦下さい。参考迄と聞き流して下さい。NO.1の方もおっしゃられているように慎重な対応が必要と思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答え頂いてありがとうございました。
今回のようなことが起きた原因は前の方のところに書きましたが、相手側には私の返事、対応の仕方が気に入らない、傷ついたと言われました。傷つけたのは悪かったと思ったので誤りました。でも相手の希望には答えられないことを告げたところ、嫌がらせのメール、電話がくるようになりました。相手の言動やメールの内容より、そういった行動に出ると言うこと自体が私には信じられず、正直驚いたことなので、過去の経験のこともありますが、民事的、また知人に中に入ってもらうと言うようなことは避けた方が良いと思ったものですから…。
判断し難い文面で申し訳ありませんでした。にも変わらず丁寧にお答え頂いて本当にありがとうございました。

お礼日時:2002/03/06 14:10

内容以前の問題として、夜中にたびたび電話やメールの音がして眠れないのなら、立派な「安眠妨害」ではないでしょうか?



恐喝=相手を脅して何らかの利益を得ること
脅迫=書いて字のごとく、相手を脅し迫ること
強要=無理やり何かをやらすこと

簡単に言えばこんなところだと思うのですが。

電話の内容を録音するとかして警察又は、弁護士の方など、法律に詳しい方にに聞いてもらうのがベストだと思います。
ただしそのことを相手に伝えると逆上してしまうかも知れないので注意してください。

くれぐれも自分で何とかしようとは思わないようにして下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答え頂きありがとうござました。1度警察に相談したのですが、事件にはならない、第三者に中に入ってもらって仲直りするようにしてくださいと言われました。
そういった方法で解決したくなかったものですから何か良い方法はないだろうかと考えました。「安眠妨害」というものがどういったものかよく解らないのですが、
専門の方にもう1度相談してみるようにします。

お礼日時:2002/03/06 14:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこれは刑法でいう恐喝ではないのか?

いつもお世話になっております。

学生のサークルを運営しているのですが、OBで会費を10万使い込んでなんど催促しても返さない人(今は卒業して他府県にいる)がいるので、内容証明で請求したところ、内容証明で回答してきました。
「自分は金を返す義務はない!(説明理由なし)」
「おまえを告訴する!」
「おまえを民事で訴えてやる!」
という内容でした。
これは恐喝の内容を含んでいるように感じますが刑法上ではどうなのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.4の回答者です。

質問内容の再確認ですが、質問内容は

>これは刑法でいう恐喝ではないのか?

ですね?
答えとしては、他の回答者様も書いている通り、これだけで直ちに恐喝罪が成立することはないでしょう。

ただし、補足していただいた内容から判断すると、横領罪が成立する可能性はあるようです。
が、横領罪で告発したりするよりも、相手から大事な会費を取り戻す方が良いですね。

お勧めなのは少額訴訟です。

少額訴訟について↓
http://www.e-legal-office.net/syougaku/

少額訴訟について簡単に説明すると、民事上小額(30万円以下、平成16年4月1日以降に事由が発生した場合は60万円以下)の請求に関する簡易な訴訟手続きで、弁護士などを雇わない本人訴訟が比較的楽にできます。また、裁判は基本的に1日で終わり、出された判決は法的な拘束力を持ちます。

ご質問の趣旨からは外れますが、このような方法を検討されてはいかがでしょうか。

Q刑法や民法にふれていない?

公共事業の代替地と公共事業用地として土地を取得する場合の質問
ですが、土地の所有者が既に亡くなっていて相続人から取得する必
要が有りました。
この際、事業予定地域の町会議員から不動産屋の様に話が有り、相続
人から土地所得代金の3%?を取りました。
最初は、仲介料と言っていましたが、こちらが公共事業で仲介料の
必要はおかしい?と言うと相続する為に努力したので、その為の礼
金だと要求し恐喝まがいになって来たので支払いました。
領収書を要求すると、「金額100万円で100円の印紙を貼ったものを
FAXで送ってきました。」(印紙の金額も間違ってる)

この公共事業は、県の発注を公社が下請けのような形で行ったもの
で確定申告の際には所得税もゼロでした。しかし、手数料が要ると
は、どう考えても変じゃないでしょうか?
この場合、どこに訴えれば良いでしょうか?また時効は?

書類として残っているのは
(1)最初に訪問した際、渡された町会議員の名刺
(2)相手からFAXで送って来た領収書
(3)公共用地分だけは、手数料を銀行から振り込んだ。
(4)地形図等に、町会議員が書いた面積に対する要求金額。

最後まで読んでいただき有難うございます。

公共事業の代替地と公共事業用地として土地を取得する場合の質問
ですが、土地の所有者が既に亡くなっていて相続人から取得する必
要が有りました。
この際、事業予定地域の町会議員から不動産屋の様に話が有り、相続
人から土地所得代金の3%?を取りました。
最初は、仲介料と言っていましたが、こちらが公共事業で仲介料の
必要はおかしい?と言うと相続する為に努力したので、その為の礼
金だと要求し恐喝まがいになって来たので支払いました。
領収書を要求すると、「金額100万円で100円の印紙を貼...続きを読む

Aベストアンサー

 いわゆる、公共事業(道路・河川工事、下水道・港湾故事、学校建設・公園工事等)に関して、その工事自体に直接必要となる土地の買収を、「事業用地買収」と呼びます。
 
 これに対して、その事業用地提供者の移転先を見つける事を容易にするため、その事業用地提供者が、移転する土地の提供者に対しても、税の特別優遇税制が設けられています。 その場合、事業用地提供者が、その事業用地の代わりに入手する土地を、「代替地」と呼びます。

 公共事業を促進するため、前者の事業用地提供者には、「5000万控除」の恩典があり、代替地提供者についても、「1500万控除」の恩典が税法上認められています。

 しかし、税務署では、納税者の自己申告に基づき、その控除額を定めるのではなく、前者を「収用に基づく譲渡」として、公共事業施工者(国・県・市町村等々)が証明書を発行するように求めています。
 その場合の証明書が、
  「収用証明書」・
  「公共事業用資産の買取り等の申し出証明書」・
  「公共事業用資産の買取り等の証明書」の3点となります。
  これに契約書の写しを添えて、譲渡所得の申告を行います。

 「代替地提供」についての、譲渡所得の場合は、
  「公共事業用資産の買取り等の証明書」と、
   三者契約書の写し
   (事業用地所有者は、事業用地を公共事業施工者に譲渡し、
    代替地所有者は、代替地を公共事業施工者に譲渡し、
    公共事業施工者は、その代替地を、事業用地所有者に譲渡する。
    土地代金は、公共事業施工者から代替地提供者に支払い、
    「事業用地代ー代替地代金」は、公共事業施工者から事業用地
      提供者に支払う 旨の契約)
   を、添えて申告します。

 逆に言えば、上記の証明書が、出ない買収は、いわゆる、公共事業に基づく買収(法律上「収用」)とは、いいません。

 しかしながら、地方公共団体は、公共事業の実施目的以外に土地を買収する事が多々あります。
 この場合も、地方公共団体の買収が、円滑に行われるように、「1500万控除」が認められています。

 この地方公共団体として、「公社」が認められているはずです。

 上記が、公共事業に基づく買収にともなう、おおざっぱな、税処理です。


 書き込み等から判断すると、貴方の買収は、「公社」が買収したと思われます。

 そこで、なぜ、県会議員に相談するのか?です。
  1 貴方は、この事業を、「県」の事業と記載しているからです。
  2 そのような、「県」の事業用地買収に、町会議員が暗躍するのか?
  3 なぜ、手数料をとってゆくのか?
  4 土木事務所も有る程度しっているようで、「公共事業である」と貴方
    をだまして、町会議員が、通常の買収を行っている事を放置している
    のか?
  5 どの、「公社」が買収にきたのか、私はあえて書いていませんが、
    このように土地を買収する「公社」は、限定され、その元締めも、
    県が行っている「公社」のはずだからです。

 いわゆる、公共事業(道路・河川工事、下水道・港湾故事、学校建設・公園工事等)に関して、その工事自体に直接必要となる土地の買収を、「事業用地買収」と呼びます。
 
 これに対して、その事業用地提供者の移転先を見つける事を容易にするため、その事業用地提供者が、移転する土地の提供者に対しても、税の特別優遇税制が設けられています。 その場合、事業用地提供者が、その事業用地の代わりに入手する土地を、「代替地」と呼びます。

 公共事業を促進するため、前者の事業用地提供者には、「5...続きを読む

Q恐喝罪

 刑法の教科書で正当な権利行使(警察に告訴するぞ、みたいな)の場合でも恐喝罪の構成要件には該当してしまうようなことが書いてありました。

 とすると、例えば、傷害を負わされたような場合に当事者同士で示談交渉をする際、民事上の不法行為に基づく損害賠償金を素直に払わないと、警察に告訴するぞ、なんていう交渉の仕方をしてはいけないということでか?逆に言うと素直に責任を認めれば警察沙汰にはしないでおくよ、なんていうことを言ってはいけないのですか?

 もちろん社会的正当性ありとして違法阻却される場合はあるようですがそれは裁判所による個別的な判断ですよね?あくまで理論的には。

Aベストアンサー

権利行使(告訴)の予告が恐喝罪の構成要件に該当する可能性があることは否定できません。しかし、同様に、権利行使が正当行為(刑法35条)に該当し、違法性が阻却される可能性もあるので、可罰性の有無は刑法35条の解釈に帰することになります。
従って、「損害賠償金を素直に払わないと、警察に告訴するぞ、なんていう交渉の仕方」が違法かどうかは、具体的な事案に即してケースバイケースで判断されることになるでしょう。

Q盗撮の慰謝料請求 起訴後警察・加害者から連絡が無く、その後を知りたいし慰謝料も取りたいと思っています。

2ヶ月ほど前スカートの中を盗撮されました。
犯人が自供し起訴したのですが
初犯のため執行猶予がつき罰金だけだろうとのことでした。

その後私はショックもあり忘れようとしたのですがこの事件のせいで
電車や男の人が怖くなり、こんなことなら慰謝料を取りたいと考えています。

しかし警察からの連絡や加害者からの謝罪は無く、どうしたらよいかわかりません。
まだ学生の一人暮らしで親にも話していないので、
弁護士をつけ民事訴訟をするなど大げさなことにはしたくないのですが

警察に加害者の連絡先を聞く

加害者に連絡、慰謝料を請求する

慰謝料を振り込ませる

のようにすることは可能でしょうか?

Aベストアンサー

>警察に加害者の連絡先を聞く
>↓
>加害者に連絡、慰謝料を請求する
>↓
>慰謝料を振り込ませる
>のようにすることは可能でしょうか?

代理の人などを全く立てずにやるのですか。

加害者が拒否すればたてまえ上警察は加害者の連絡先をあなたに教えることはできません。現在事件を扱っている検察庁の検事も同じです。
起訴されたといってもまだ裁判が確定していないので厳密には加害者はまだ罪人ではないのです。(裁判が確定すれば訴訟記録は閲覧できます。(刑訴53条))
加害者側が示談のためにあなたに連絡を取ろうとしてくることもありえますが、あなたが連絡先を教えない、と拒否した場合でも同じで、警察や検察は無断で加害者側に連絡先を教えることはまずありません。
彼らは捜査担当者であって、被疑者・被告や被害者の人定事項は職務上知りえた秘密に当たるのでむやみにそれを漏らすことはできないのです。
警察や検察は損害賠償請求のような民事には直接関与はしませんし、できません。(支援はします。後述します。)

仮に連絡先を知ることができても“自分が請求したら本人からすんなりお振込みがありました”なんてうまい話になるとは思えません。通販ではないんですから。それから相手には自分の連絡先や口座番号だけを知らせるだけでは済みませんよ。ちゃんとあなたが被害者本人だと確認できないと普通は口座に金なんか振り込みません。
それじゃあ振り込め詐欺です。
加害者にそれらを直接教えられますか。直接交渉するのですか。性犯罪者を甘く見ていませんか。

素人が何に基づいてどのくらい請求するのですか。起訴されているのなら被告には弁護人が付いていますよ。
やるのなら被告の弁護人に交渉した方が安全ですし、あなたから相手方にアクションを起こすならあなたも弁護士に相談した方がいいです。弁護士に頼んだからといってすぐに訴訟が始まるなどということはありませんよ。民事では訴訟は最後の手段です。

警察や検察には被害者支援という制度があります。
警察庁 http://www.npa.go.jp/higaisya/home.htm
検察庁 http://www.moj.go.jp/KEIJI/keiji11.html
これに準じて各都道府県警察や地方検察庁にも独自に被害者支援要綱が定められています。
被害者への事件処理の経過連絡や加害者の処分結果の通知、民事のための関係機関の紹介などです。

警察の被害者支援要綱ではある一定の犯罪(身体犯や、精神的・身体的被害の大きな事件等として定められたもの)があった場合には警察が自発的に被害者に支援をすることとされています。
盗撮事件は当てはまりませんから、あなたから問い合わせないとあちらからはわざわざ余計なことはしません。
検察庁の被害者対策も必要ならあなたから問い合わせてみてください。

とりあえず両者とも被害者対策についてわかりやすいパンフレットを作成・配布していますからそれを手に入れてみてはどうですか。

>警察に加害者の連絡先を聞く
>↓
>加害者に連絡、慰謝料を請求する
>↓
>慰謝料を振り込ませる
>のようにすることは可能でしょうか?

代理の人などを全く立てずにやるのですか。

加害者が拒否すればたてまえ上警察は加害者の連絡先をあなたに教えることはできません。現在事件を扱っている検察庁の検事も同じです。
起訴されたといってもまだ裁判が確定していないので厳密には加害者はまだ罪人ではないのです。(裁判が確定すれば訴訟記録は閲覧できます。(刑訴53条))
加害者側が示談のため...続きを読む

Q脅迫 恐喝 強要罪について

今日、刑法各論のテストがあったのですが、事例問題で以下のような内容でした。「弁護士である甲はAから依頼をうけ、離婚の慰謝料である金を500万銀行口座にふりこませ預かっていたが、事務所の経営費用に使ってしまった。また、それからお金をかりる会社へ行き、「A代理甲」という借用書を書き、300万かりようとした。会社の社員であるBはAの確認がとれてからと言ったが、甲が「今すぐ払わなければ警察に言うぞ」と言い、Bに払わせた。
問題が手元になくうろ覚えなので多少違いがあります。これは業務上横領罪、私用文書偽造罪、恐喝罪が成立し、併合罪の関係でよろしいのでしょうか??

Aベストアンサー

 細かいことは分かりませんが,挙げられた以外に,偽造私文書行使罪(161条)が,私文書偽造罪(159条)と牽連犯になるのと,詐欺罪(246条)の検討(未遂になって,恐喝に流れる)が,少なくとも必要でしょう。

Q警察と刑法

このあいだ警察官の方と相談する機械があったとき、
「警察は基本的に刑法に基づいて動く」と言われました。
本当ですか?道路交通法って刑法じゃない気がするんですが。。。

Aベストアンサー

要は単なる言葉の綾です。そもそもそんなに厳密な話をしているとも思えませんし、前後の文脈を無視してそこだけ抜き出しても発言の趣旨を正確に伝えるものではありません。

警察の活動と一口に言っても、対外的には司法警察活動と行政警察活動があります。特に警察と言うとまず思い浮かぶであろう犯罪捜査という司法警察活動に関しては刑事法に従うわけで、刑事法という意味で刑法と言っているだけでしょう。無論司法警察活動がすべて刑事法だけで律せられるわけではないのですが(警察法などの組織法は刑事法ではないが、司法警察活動においても当然前提となっている)、詰まるところ、大雑把に言えば、犯罪捜査に関して警察は刑事法に沿って活動しているという程度の意味でしょう。それ以上に厳密な表現をしたらとても一言では言い切れないですが、それを単なる会話中でいちいち細かく言ってなどいられないし言う意味もないというのが実際のところでしょう。

道路交通法の罰則などに関する規定は刑事法ですし、そうでない部分は行政警察の範疇になりますが、犯罪の摘発という面で言えば、罰則などの部分が問題になるので、つまり刑事法にしたがっているということになります。

要は単なる言葉の綾です。そもそもそんなに厳密な話をしているとも思えませんし、前後の文脈を無視してそこだけ抜き出しても発言の趣旨を正確に伝えるものではありません。

警察の活動と一口に言っても、対外的には司法警察活動と行政警察活動があります。特に警察と言うとまず思い浮かぶであろう犯罪捜査という司法警察活動に関しては刑事法に従うわけで、刑事法という意味で刑法と言っているだけでしょう。無論司法警察活動がすべて刑事法だけで律せられるわけではないのですが(警察法などの組織法は刑事法...続きを読む

Q損害賠償請求と恐喝とのちがい

おはようございます。
素朴な質問ですみません。
民事で、損害賠償請求と恐喝とは、どこで
線引きがおこなわれるのでしょうか?
警察は民事には介入しないといいますが、
恐喝だと、犯罪になるので、刑事事件になります。
弁護士をとおせば、賠償請求で、個人でやれば、恐喝に
なるのでしょうか?
また、文書についても、脅しとそうでないことの線引きは
どこになるのでしょうか?

Aベストアンサー

「紙一重」といったところでしょう。

請求金額が客観的にも妥当であれば損害賠償だし、あまりに法外なら恐喝になります。その線引きを中立な立場で判断するのが裁判所。その手助けをするのが弁護士、ということになります。

「恐喝」は明らかに精神的苦痛を伴うような「脅し文句や容姿」で請求してきたとか、「私が受けた精神的苦痛は10億円に相当する」などというのもありますよね。個人や弁護士は基本的には関係なく、金額の妥当性だと思いますよ。

弁護士(正しくは悪徳弁護士)を使ってやさしい言葉でとんでもない金額を請求することもあるし、個人同士でも穏便に和解できることもあります。一概な線引きは難しいですね。

交渉時に暴力もしくは暴力的な言葉、いやがらせなどは交渉とは別に「その行為自体が刑事事件」になると思います。

Q韓国の刑法で一人の人間を殺したときの量刑は懲役何年?

こんにちわ、jixyoji-と申します(*^_^*) 。

お隣の韓国で仮に“殺人”を犯したらどれくらいの量刑が法律で決まってるのでしょう?日本のように無期懲役といいつつ最高15年程度の甘いものですか?逆に欧米などの用に終身刑などあります?
また日本のように実刑判決は“八割がけ”のような判決が相場なのでしょうか?
裁判手続きも日本のように地裁、高裁、最高裁といった感じで流れて仮に最高裁までいったとすれば大体裁判は合計何年ほどかかるんでしょうかね?
数人殺したとしたらアメリカのように量刑加算方式で懲役90年とか130年とかそういうこともあるのでしょうか?

“殺人”は1人を殺した場合と仮定します。殺意の意思もあるとします。

できるだけ詳細な情報をお待ちしていますm(._.)m。

Aベストアンサー

 jixyojiさん、こんにちは。

 詳細な情報でなくて申し訳なく思いますが取り敢えずの参考として以下のサイトを御紹介だけしておきます。

 「韓国WEB六法」
 http://www.geocities.co.jp/WallStreet/9133/index.html

では、失礼いたします。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/WallStreet/9133/index.html

Q刑法違反している人間がいたら・・・ 被害届け?

 刑法第220 221 222 223 230 231 233 250条 多数の刑法違反をしている人間にどうやったら加害者が警察に良くのですか?
 単純に計算して、 懲役20年以上になります。 懲役刑は、各刑法ごとの懲役が加算されるのですか?

 恐喝行為等された場合、ボイスレコーダー で録音して 警察に出したら、警察は動いてくれるのですか? 被害届け出しただけですぐ受理されるわけでもないし 受理されない事もある。

 被害届けはどうやったら受理されて警察が動くのですか?

 一応 加害者に、警告をして言うことを聞かなかったら、 相手は私の態度で、恐らく 暴行か傷害行為をして、そうなったらまず警察に現行犯逮捕してもらいたいものです。
 
 私は、策略で、加害者にとりあえず迷惑なのを止めて欲しいので、加害者を挑発させて、 私は家にこもり加害者が家に着たら カメラと録音機で 証拠物を獲得し それで警察に届けます。 
 策略的な事(罪ではない)で相手を挑発させ(加害者にとったら、私はありより地位が小さいよ思われているようで、少し悪い態度をとる) 事で相手が罪を犯したとして 私は証拠をとっていて それを警察に届けたら、警察は動きますか?

 ちょっと策略的で頭を使いますが・・・ ちょっとした相手の心を読んで簡単に言うと マインドコントロール???的な事で傷ついてる人間の変わりとして加害者に十分頭を冷やしてもらう計画です (マインドコントロールではありません のようなですから。) 
 
 警察は、 きちんと動かないために いろんな大きな事件につながったケースもありますよね?。 現在も、警察がきちんと捜査等しないケースもまだあるのですか??

 刑法第220 221 222 223 230 231 233 250条 多数の刑法違反をしている人間にどうやったら加害者が警察に良くのですか?
 単純に計算して、 懲役20年以上になります。 懲役刑は、各刑法ごとの懲役が加算されるのですか?

 恐喝行為等された場合、ボイスレコーダー で録音して 警察に出したら、警察は動いてくれるのですか? 被害届け出しただけですぐ受理されるわけでもないし 受理されない事もある。

 被害届けはどうやったら受理されて警察が動くのですか?

 一応 加害者に、警告...続きを読む

Aベストアンサー

逮捕監禁、恐喝、名誉毀損侮辱、信用毀損業務妨害・・・
一瞬、借金の取立てか?と思ってしまいました。

被害届は出せば受理されるんじゃないですか?
受理されたかどうかは、後日、受理番号というものが付きますので
確認できると思います。

挑発によって犯罪を誘発する事は、良くないですね。
公判で相手方がこれを立証すれば、量刑に影響が出るんじゃないかと。
挑発によって得たものを、裁判所が証拠として認めるかどうか。

困っているなら、とりあえず警察へ行ってみては如何ですか?
それでダメなら、法律の専門家に相談して見るとか。

Q「実質的意義の刑法」と「形式的意義の刑法」

「実質的意義の刑法」と「形式的意義の刑法」
両者の意味の違いがよく分かりません。
解説お願いします。

Aベストアンサー

どんな刑法の本にも書いてあることだと思うので、
それを見てくださればいいことだと思うのですが。

形式的意味の刑法とは、「刑法」という名前の法律のことです。
実質的意味の刑法とは、犯罪と刑罰について定めている法律の規定のことで、
必ずしも形式的意味の刑法にとどまらず、罰則を定めるすべての法規が含まれます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報