うちは毎年いらないぐらいさくらんぼができます。( 1つのきで)
なんとなく木の数を増やしたいんです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

挿し木でも実生でもいいですね。


挿し木は川砂がいいです、明るい日陰に最初置いて、根が出た頃
半日陰で春先まで置けばいいでしょう。
後一月位して葉が少し出てからがいいでしょう。
実生は落ちたサクランボを土に埋めておきます。
発芽は早くて次ぎの春、もう一年先になることもあります。
ですから挿し木の方が2,3年早く成長します。
土は発芽にはやはり川砂がいいので下に腐葉土の入った土にし
上に砂を入れておけばいいですね。種は洗った方がいいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
この方法でやってみます。
(もう少し暖かくなってから)

お礼日時:2002/03/07 21:57

m-s-tです。

どうやら僕の説明不足があり、勘違いをされているようですので、補足および、訂正させていただきます。

暖かい日、暑い日は葉からの水分の蒸散が多くなります。根が出ないうちは、水を吸い上げにくく、蒸散においつきません。ですから、半日陰等の直射日光の当たらない場所に置くことを心がけてください。又、土が乾かないように注意してください。

至らない所がありましたこと、深くお詫び申し上げます。
    • good
    • 0

さくらんぼの木に限らず、大抵のものは挿し木で増やすことができます。

若い枝を切って地面にさしてみてください。心配なら、園芸店やホームセンターなどで「発根促進剤」を買ってみてください。挿し木の際に発根しやすくするものです。又、栄用水などにつける方法もあります。

いずれにしても、今はまだ寒いのでうまくいきませんので、もっと暖かくなってからですね。それと、根が出るまでは水をあまり吸い上げないので、日陰に置いてやることです。葉から水分が蒸散するので、追いつかなくなってかれてしまいます。

あ、そうそう、切った枝の後には病気が入ることもあるので、園芸店などで薬を買って塗っておいてあげてください。

必ずうまくいくとは限りませんので、複数挿し木することをお勧めします。

「桜切る馬鹿」って昔から言いますけど、桜の挿し木ってよくやるんですよ。根っこさえいためなければ結構丈夫なんです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
ためしてみます。
あまり水をやらないほうがいいということがわかりました

お礼日時:2002/03/07 21:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qさるなしの剪定、育て方

さるなしの剪定について、育て方についてを家にある本で見たところなにぶん古いので載っていませんでした。なので、どなたか詳しい人、さるなしの剪定、育て方についてくわしく教えてください。

Aベストアンサー

検索はGoogle使用で、キーワード:サルナシ 栽培 管理 で行ないました。
http://www.pref.akita.jp/morigi/research_topics/sarunasi.htm
http://www.cc.rd.pref.gifu.jp/forest/rd/rinsan/0409gr.html

キーワード追加で、サルナシ 栽培 管理 花芽 OR 剪定 とした結果が参考URLなどです。

サルナシはキウイフルーツと同系統ですので、雌雄異株です。
雄木と雌木の比率は不明。

参考URL:http://f61.aaa.livedoor.jp/~skcnc/green/kiwi/saibai%20data.html

Q桜の木に毎年害虫がつきますが 卵を産み付ける前に薬の散布をしたほうがい

桜の木に毎年害虫がつきますが 卵を産み付ける前に薬の散布をしたほうがいいのですか? 時期とか注意点など教えてください

Aベストアンサー

一般的には2月頃の蕾などがでていない休眠時期にやや濃い目(200倍程度)の薬剤を散布し、虫がでてきた頃にもう一度今度は1000倍気さく程度で散布します。
薬剤ですが、毛虫(アメリカヒロシトリ?)ならデュプテレックスが効果があると思います。この薬剤は劇薬扱いです。農事用品の販売店で購入するには印鑑が必要です。
なおガーデニング用品売り場で売られているものは、劇薬扱いを避けるためか、値段は変わらないのに薄めたものが売っていました。使用前には念のために希釈方法を確認して下さい。

Qフクシアの育て方 剪定

こんにちは。
フクシアの育て方・剪定についてご指導ください。

4月末から5月頭にかけてフクシアの苗を購入し、育てています。
種類は
・1枚目写真 左の鉢 アナベル
・1枚目写真 右の鉢・左 テンプテーション
・1枚目写真 右の鉢・右 ポーラジェーン
・2枚目写真 白紫(?タグにこのように書いてありました)

現在、写真の様な育成状況なのですが、剪定は必要でしょうか?
2枚目の白紫はつぼみが付いてきました。他はまだ付いていません。
また剪定の仕方を詳しく教えて下さい。
また、まだ剪定が必要ないのであれば、どのくらいになったらした方が良いでしょうか?

去年、初めてフクシアを知り中程度の大きさのものを育てたのですが夏に全て枯れてしまいました。
今年はいろいろインターネットでも調べているので何とか頑張りたいです。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

現状では剪定は必要有りません。6月頃までは順調に成長している様であれば、そのままの水やりと肥料の管理で花を楽しんだり、成長させて下さい。

6月の後半、梅雨に入り、昼の気温が28度を越えるような日が出てきたら、根元から2~3節だけ残して、枝を全て切り落とします。(風通しをよくするため)
夜間の気温が25度以上でかつ、湿度が高い日は特に注意が必要です。
6月から9月までは直射日光を避け、遮光70%程度が理想です。

基本的には夏場を越すのが非常に難しい植物です。夏場でも低温、加湿な気候が理想なので、冷房の入った室内が最も適した環境と言えます。
東北では枝を切り、日陰の風通しが良いところに置いておけば問題なく夏越し出来ますが、暖かい地域にお住まいの場合は特に夏場の高温にご注意下さい。

Q木が一本だけでもさくらんぼが成る?

お世話になります。

もう一つさくらんぼについて教えてください。

近所の家に一本だけ、さくらんぼの木が庭に植えてあるのですが、既に花が咲いて散り、葉も出ています。

さくらんぼは複数の樹種がないと結実しないと思うのですが、一本だけでも結実するものはあるのでしょうか?

さくらんぼのようで実は違う果物なのでしょうか?

結実する時期には鳥よけに網をかけてあって果物であることは間違いありません。

ご存知の方がいらしゃいましたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。うちにもサクランボの木があります。
中古で家を購入した時に既に植えてありました。高さ4m位かな。
昨年は1000個位採りましたね。今年もたくさん実がついています。
多分「暖地桜桃」だと思います。生で食べると甘みが少なくちょっと…と
いう感じですが、ジャムにしたらと~~~~ってもおいしかったです。
暖地桜桃は早咲きで、今年は3/2に開花でした(関東南部)。
もう葉も青々と茂っていますね。

他には「はるか」「さおり」「アメリカンチェリー」等が自家結実するようです。

Qプチトマトの育て方(剪定)がよく分かりません。

毎年、プチトマトを数種類庭に植えています。
最初のうちはとても良い実がなって嬉しい気持ちになります。

ところが、暑さとともに枝がいっぱい増えてボサボサ状態になって無数の実がつきますが気分的に収穫の喜びがなくなってしまいます。どうでもいいわ、っていう感じになってしまいます。

プチトマトの苗を買ったときに、わき芽を摘むとよいということが書いてありましたが、それがよく分かりません。

今年こそは良い状態のまま夏の終わりまで頑張ろうと思っています。

剪定かどうか分かりませんが、上手な育て方を教えてください。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

脇芽とは枝になる芽です、出てきたら早めに摘んで、
一本立ちにするのが基本です。

Qさくらんぼの木が枯れそうです。

今年の3月に引越ししました。そこで、前の家に植えてあった6本のさくらんぼの木を五月上旬に移植しました。なるべく広い範囲を掘って持ってきたのですが、花は咲いたのに、葉が茶色くなって落ちてしまいました。いまは秋のようにほとんど葉がありません。大きい木のほうがダメージが大きいのか、小さい木はまだ少し緑の葉をつけています。
木の大きさはまちまちで、大きいものは家の二階の屋根くらい(4mくらいかなぁ)、幹の太さは一番太いところで直径14cmくらいです。小さいものは、3mくらいで、直径9cmくらいです。北海道在住で、引っ越したのもすぐ近くです。植えたところは腐葉土交じりの庭土で、肥料はあげていません。植え替え時には水をたっぷりあげました。その後はあまり気にしていなかったのですが。最近は少し意識してあげています。
思い出のある木なので枯らしたくありません。どうしたらよいでしょうか。教えていただきたいです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 何とも難しい状態ですね。  本来桜などは落葉後に根回しをして翌年3月彼岸頃が適期でした。 急な引越しでそれも出来ない事情だったのでしょう。
 北海道の5月上旬と言えば関東近辺での4月初めころでしょうか。
 ちょうど根が活動し始めたころでしょう。葉が枯れたのは根を切断したために地上部とのバランスをとる為に植物本来の生命反応です。 が全部落ちているのは大変危険な状態です。
 枝の上の方から剪定はさみでカットして心が緑色をしていなければ枝葉死んでいますので、緑色のところまで刈り込んで見るしかないでしょう。 
 新根が出れば回復する見込みはありますが、今は水をやらずに土を出来るだけ乾燥させて新根を出させるようにさせるほうが先決です。
 根の周りに藁かムシロのようなもので囲って(60~1m程度)現在の水分だけで生育できるような環境にしてやりましょう。 
 そして水遣りは1週間に1回程度たっぷりとかけてやるほうがよろしいですよ。
 土を乾かしながら必要な時にたっぷり地下部(現在の根の下)に水があるように管理すれば生命力のある植物は新根を伸ばす可能性はあります。
 みずのやり過ぎは絶対だめです。現在の桜の生命力に期待するしかありません。 幸い腐葉土交じりの庭土が功を奏するかもしれません。 肥料を上げなかったことも正解です。 2年は上げる必要はありません。 我慢です。 
 あなたのやっとことは枯れて当然のことをしたということをまず認識することです。まづは「ごめんなさい。」声をだして謝りましょうね。
 生き物を扱うということは大変難しいことです。
 わたしもよく移植はしますが、根回しと移植適期は守りますし、移植後は剪定して地上と地下のバランスをとります。 根回しが出来ない場合は頑強な根鉢と
移植後の剪定と添え木は絶対欠かしません。
 当然添え木はしてますよね。風で木が動くようではどんな適期に移植しても枯れる確立は高いですよ。

<移植について>
1.前年の秋口に根回しをする。
2.植物にあった移植適期を見極める。
3.根回しが出来ない場合は頑強な根鉢を作る。
4.移植後は剪定および添え木をする。
5.出来れば根の周りにマルチングをして土の繁茂な蒸散を防止する。
6.水遣りは毎日しないで、乾いたらたっぷり根の下まで水が浸透するくらい潅水する。

 何とも難しい状態ですね。  本来桜などは落葉後に根回しをして翌年3月彼岸頃が適期でした。 急な引越しでそれも出来ない事情だったのでしょう。
 北海道の5月上旬と言えば関東近辺での4月初めころでしょうか。
 ちょうど根が活動し始めたころでしょう。葉が枯れたのは根を切断したために地上部とのバランスをとる為に植物本来の生命反応です。 が全部落ちているのは大変危険な状態です。
 枝の上の方から剪定はさみでカットして心が緑色をしていなければ枝葉死んでいますので、緑色のところまで刈...続きを読む

Qサクランボなどの育て方(剪定方法)

庭付きのアパートに住んでいます。初めて園芸をはじめました。

サクランボ(佐藤錦、高砂)
イチジク
ユズ
ウメ(南高)

などの苗(1mくらい、ユズは50cmくらい)を鉢植えにしています。現在10号のスリット鉢に植え、大きくなれば60lなどの鉢に植え、実を楽しみたいと思っています。ユズ以外の苗は葉も枝もついてません。

これからの育て方を調べていたら、主幹を60cmや30cmくらいで切り戻しし、Y字に仕立て方をするよいと書いてありました。特にサクランボは枝を地面と平行になるように誘引するとあります。それでは横幅をとるため、狭い庭では少々邪魔になります。

せっかく1mもありますし、見た目の好みからできれば背を高く育てたいと思いますが、いい実をつけるためここは60cmなどに切り戻し、そこから伸びる枝から育てるほうがいいのでしょうか。

実をつけない他の木なども主幹は短く切り戻しし、そこから3本6本と木をのばしていったほうが(見た目は好みもあると思いますが)木にいいのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

鉢植えなどの場合、コンパクトに育てる事を重視するので
低い形で密に育てるのが一般的ですが
別にそのままの大きさで上に伸ばしても良いと思います。

樹形というのは決まった形というのはありません。
要は好みの問題になります。

さくらんぼ農家でもビニールハウス内で効率よく収穫する為に
樹形について悪戦苦闘しているようですが、
最近では刑務所の塀のような形にする新しい樹形も広まっています。
数年後にはもっと違った樹形になる可能性だってありますよね。

その樹形にはメリットがあるからその形にするだけなので
メリットを求めないのであればどんな形・高さでも良いわけです。

ただし鉢植えの場合で高い樹形にすると
強い風ですぐ転倒するなどの可能性が高まるので
転倒しない様な工夫が必要になります。

また鉢という限られた土&栄養分で育成する訳ですから
大きく育てるという事は、水・栄養分・必要要素が
不足する恐れもある、という事は自覚しておきましょう。

どれくらいの大きさの鉢を使用なのか解かりませんが
鉢のサイズと枝の伸び具合は比例する部分もあり
根が大きく延ばせない鉢植えでは、幹や枝も地植えのようには大きくなりません。

自分の目標としては、もっと大きく育って欲しい・・・
と願っても、小さな鉢ではすぐ根が詰まってしまい
成長を緩やかにしてしまうという事もあるので
地植えと同じ様に考えていると誤算も考えられます。

大きな植物、成長の早い植物、を鉢植えで育てるには
夏場の水の管理などが非常に難しくなってきます。

サクランボなどの果実の生る木を育て、
おいしい果実を求めるとなれば、その様な水切れは致命的になりますし
木が大きく、鉢が小さければ、その分いろいろな意味で難易度が増すので
コンパクトに小さく育てる方が何かと問題が少なくなるので好まれるだけです。

難易度が増しても大きく育てたいという場合は
挑戦してみるのも良いでしょう。

大きく育てたから果実が不味く、小さく育てれば果実がおいしい、
という様な違いはないので、その辺は心配無用です。

鉢植えなどの場合、コンパクトに育てる事を重視するので
低い形で密に育てるのが一般的ですが
別にそのままの大きさで上に伸ばしても良いと思います。

樹形というのは決まった形というのはありません。
要は好みの問題になります。

さくらんぼ農家でもビニールハウス内で効率よく収穫する為に
樹形について悪戦苦闘しているようですが、
最近では刑務所の塀のような形にする新しい樹形も広まっています。
数年後にはもっと違った樹形になる可能性だってありますよね。

その樹形にはメリットがあるからその形に...続きを読む

Qさくらんぼの木 葉が変色

庭に鉢植えのさくらんぼの木があるのですが(1M程のものです)、ほとんどの葉が変色してしまっています
これは何の病気でしょうか?

変色してしまう前に、葉が虫に食われていたので、ベニカXファインスプレーがいいと聞き、たっぷりと葉に撒きました(撒く前は虫食いはありましたが葉っぱは綺麗でした)
そして、その数日後に葉がこの様になってしまっていました
変色しているのはほとんどの葉に及んでいて、2~3枚しかまともなものが残っておりません
ベニカのスプレーが悪かったのか、たまたまかは判りませんが、この症状を治すにはどうすればいいでしょうか?

ご存知の方が居ましたら何卒宜しくお願い致します

Aベストアンサー

もしやと思いまして確認しました。散布された薬剤の技術資料ではサクランボは対象樹種に上がっていません。以下の商品ページの黄緑色の枠の部分に注意書きが書いてあります。上から7つめに桜桃(サクランボ)にはかからないように注意(薬害)とあります。

http://store.shopping.yahoo.co.jp/chanet/190598.html

予想に過ぎませんが、葉の表から裏に浸透する薬剤が含まれており、サクランボの葉に対しては合わないということでしょう。

対策はありませんので普通に世話するだけです。葉が残っていますからダメージはあるでしょうが、枯れることはないと思います。

Qゴールドクレストの上手な育て方(特に剪定の仕方)を教えてください。

我が家のゴールドクレスト、植えて4年になります。地植えで、生垣の一部として2本あります。現在3~4Mですが、最近北側(生垣の内側にあたります)の下枝が枯れてきました。また、先日の台風では、支柱の竹が折れて、倒れてしまいました。(元に戻しましたが)
剪定は春に伸びたてっぺんの枝を切る程度しかしていません。ご近所で庭師さんが入って全体をきれいに刈り込んだ所、真っ黒になってそのまま新芽が吹かなかったのを見て、難しいんだな~と思い、切れなくなりました。
このままにしておくと、下枝はますます枯れそうだし、風が吹けば倒れそうだし、心配です。どうしたらうまく育てられるのか教えてください。

Aベストアンサー

刈り込みには耐える方なので、時々軽く刈り込んで形を整えます。

下記のページを参考にしてください。

http://www.keihannet.ne.jp/garden/goldkurest.html

http://www.lifecity.ne.jp/netparfait/forum/flower/138.html#1

Qさくらんぼの木の根っこから芽がたくさんでています

地表に近いさくらんぼの木の根っこから、脇芽のようなものがたくさん生えてきています。夫はそのまま全部育てるといいますが、私は元来の木が弱るように思うので切ったほうがいいと思いますがいかがでしょうか?芽は結構大きくなっていて10数本あり、それぞれに葉が10枚くらいついています。

Aベストアンサー

貴女の考えの方が正しいです。それは本来サクランボには必要の無い枝で、
一般的に不要枝を言います。本来の枝や幹と違いますから、その枝に結実を
する事はありません。本体の幹や枝に送るべき養分を奪い取ってしまいます
から、そのままでは結実に大きく影響し収穫量も少なくなり、時には味覚も
失われる事もあります。根元の地際から切断をし、切り口から雑菌が入らな
いようにトップジンM等の融合剤を塗って下さい。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報