最新閲覧日:

うちは毎年いらないぐらいさくらんぼができます。( 1つのきで)
なんとなく木の数を増やしたいんです。

A 回答 (3件)

m-s-tです。

どうやら僕の説明不足があり、勘違いをされているようですので、補足および、訂正させていただきます。

暖かい日、暑い日は葉からの水分の蒸散が多くなります。根が出ないうちは、水を吸い上げにくく、蒸散においつきません。ですから、半日陰等の直射日光の当たらない場所に置くことを心がけてください。又、土が乾かないように注意してください。

至らない所がありましたこと、深くお詫び申し上げます。
    • good
    • 0

挿し木でも実生でもいいですね。


挿し木は川砂がいいです、明るい日陰に最初置いて、根が出た頃
半日陰で春先まで置けばいいでしょう。
後一月位して葉が少し出てからがいいでしょう。
実生は落ちたサクランボを土に埋めておきます。
発芽は早くて次ぎの春、もう一年先になることもあります。
ですから挿し木の方が2,3年早く成長します。
土は発芽にはやはり川砂がいいので下に腐葉土の入った土にし
上に砂を入れておけばいいですね。種は洗った方がいいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
この方法でやってみます。
(もう少し暖かくなってから)

お礼日時:2002/03/07 21:57

さくらんぼの木に限らず、大抵のものは挿し木で増やすことができます。

若い枝を切って地面にさしてみてください。心配なら、園芸店やホームセンターなどで「発根促進剤」を買ってみてください。挿し木の際に発根しやすくするものです。又、栄用水などにつける方法もあります。

いずれにしても、今はまだ寒いのでうまくいきませんので、もっと暖かくなってからですね。それと、根が出るまでは水をあまり吸い上げないので、日陰に置いてやることです。葉から水分が蒸散するので、追いつかなくなってかれてしまいます。

あ、そうそう、切った枝の後には病気が入ることもあるので、園芸店などで薬を買って塗っておいてあげてください。

必ずうまくいくとは限りませんので、複数挿し木することをお勧めします。

「桜切る馬鹿」って昔から言いますけど、桜の挿し木ってよくやるんですよ。根っこさえいためなければ結構丈夫なんです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
ためしてみます。
あまり水をやらないほうがいいということがわかりました

お礼日時:2002/03/07 21:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ