私は、教習所の検定員をしてます。今日普通車の路上検定において歩行者保護不停止等、の「進路」で、試験を中止としました。・・といいますのも横断歩道(自転車横断帯のない場所で、信号機もない場所)で、自転車に乗った歩行者が横断歩道左側に、左右の交通の状況をみながら停止していました。後で状況を説明したところ、自転車に乗った歩行者は、横断しようとする歩行者とみなさないんでは・・っと言われ、何も減点がないよっていわれました。私はちょっと納得がいかず、横断歩道を横断しようとする歩行者とは、自転車に乗った歩行者も含むのでしょーか?
もちろん、自転車から降りて、横断しようとする場合だったら、歩行者扱いでしょーけど。専門家のご意見、また、教習所で技能検定を実施している皆さんのご意見、お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 ポイントが絞られてきたようですね。


 「検定中止が適切か不適切か」という点がそれだと思いますが、答えは「適切」だと思います。
 以上に関して検討してみます。
 まず、上司の「指導上は一時停止、検定は歩行者以外の場合は減点しないで下さい」という発言がポイントになると思います。なお、減点しないということについては、当然に「今後は」という言葉が省略されていると思います。
 その検定は公的なものであり、職位にもよりますが原則上司の発言は教習所の公式コメントと考えられます。今回の検定中止判断が不適切であるならば、教習所として特別な再検定をするなど配慮のうえ、受検者の権利を保全すべきですが、「指導上は一停」としているところからも、その必要はなく、ただし、「今後は」減点をしない(この是非は別として)という向きを表意したと解することができます。
 次に、今回の検定中止が「適切」か「不適切」か、という問題となれば、「適切」という言葉は、違法でないこと、法に抵触しなくてもある立場の人間の言動として妥当性を欠くもの、といえると思います。そして、その妥当性を欠くかどうかという点について、今回教習所見解と本来その基準とされるべき道交法以上とに矛盾が見られますが、むしろ妥当なのは先生の方であることは明らかだと思います。
 どうしても気になるようでしたら、認定教習所の検定方法に関する基準などは教習所や公安委員会などに文書化されているもの推察されますので、これをご確認いただくなり具体的に照会いただくなりも一法だと思いますが、あるいは職場において何らかの摩擦を生じる要因となるかも知れず、あまり追い込み過ぎないほうが無難かも知れません。
 そして、以上に照らせば、先生の判断は「適切」であるといえ、職業観にマイナスの影響を残すような必要はなく、こういった細部にわたる問題意識をもたれるような指導員の存在が、結果として交通安全社会にプラスをもたらすものではないかと思うところです。
 個人データついては、ニックネームをクリックで出ると思いますが、技能指導員資格なしで運転免許は全種免許、かつての貨物旅客乗務員経験を経て、現在自分の会社で安全運転管理者を兼務、社内等で安全運転教育に関して2種(大型・けん引など)免許教習の真似事などを行っている行政法研究者のはしくれです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今日は日曜日、いかがお過ごしでしょーか。大変すばらしいアドバイスありがとうございます。なんか自信が持てるよーなうれしい回答で、ありがたくおもいます。
この件につきまして、「私の方が正しいのだから、撤回していただきたい」というつもりはありません。ただ、様々な方からのご意見を聞いて、「どうなんかなー」っと、おもっている次第です。日曜日だというのに、熱心に回答して頂いて大変よいアドバイスを頂いて、ありがとうございます。今後も頑張っていきたいとおもいます。この件はもうちょっと締切りしないで、他の方からのご意見もちょっと待ってみよーとおもいます。ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/10 19:09

 「この条では」として自転車を歩行者等としていることから、横断しようとしている自転車がいる場合一時停止と解釈して間違いないと思います。

また、道交法を指導する先生がこれを違法と判断したことも間違いはないと思います。
 ただ、問題点とされているところの、教習所がそれを「検定中止」とするかどうかは、教習所運営を規制する法令などに規定されていない限り、上司なり教習所の裁量になるものとも考えられ、その前提において先生の検定方法は「間違い」というより、教習所の検定基準との間に「違い」があったということではないでしょうか。
 しかしながら、本件に関する限り、歩行者であれば「検定中止」、自転車の場合は「減点なし」という検定基準は合理的とはいえず、ご指摘のように、道交法と検定基準との間に微妙なズレが感じられるのは確かなので、もし教習所の方がこのログに目を通されるようなことがあれば、あるいは「検定中止」事由となるような気もします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。もっといろいろな方、立場からのご意見があればありがたいんですが・・回答者legalmindcojpさんは、どのよーな職種職業の方でしょーか?もしよろしかったら、教えていただきたいとおもいます。
私なりの考えですが、横断歩道を渡ろうとしている人がいるならば、一時停止をして安全に横断させてあげればいいんではないでしょーか。ここでいう「人」とは一般的に見て渡ろうとしている人をいい、自転車に乗っていよーが、荷車を押していよーが、原付を押して歩いていよーが、関係ないということです。道路交通法でいう、歩行者と扱う扱わないは関係ないとおもうのですが・・もっと簡単に言えば「安全に渡らしてあげればいいじゃん」ってことですね。
他の教習所の検定員の方、どうでしょーか?

私としては、今回の件は大変ショックです。今回の件では、中止にしてはいけないものを、試験中止としたよーなことをいわれてるわけですから、受験をした教習生には、大変申し訳ないとしかいいようがありません。なんか納得がいかないというか、このまま検定員を続けることに自信がないというか、複雑な気持ちです。

 

お礼日時:2002/03/10 13:37

道交法第38条 車両等は、横断歩道又は自転車横断帯(以下この条において「横断歩道等」という)に接近する場合には、当該横断歩道等を通過する際に当該横断歩道等によりその進路の前方を横断しようとする歩行者又は自転車(以下この条において「歩行者等」という)がないことが明らかな場合を除き、(後略)


------------------------
 以上によれば、「歩行者等」は、「歩行者と自転車」となっているようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご質問の回答ありがとうございます。ちょっと専門的な質問だったので、どーかな?ておもっておりました。あれから私なりにいろいろ調べたんですが、道路交通法では、確かに自転車も含まれるよーです。ただ、自転車に乗った状態で、横断を待っている場合は、歩行者としてみなされないよーです。(六法で調べたんですが・・)

ここで私が問題にしてるのは、自転車に乗った人が歩行者として扱うか、扱わないかというのではなく、一時停止の義務があり、路上検定で中止とした事が間違えだったのかどうかという事です。
上司から、指導上は一時停止ということでやって下さい。検定は歩行者以外の場合は、なにも減点しないで下さいということになりました。

なにか道路交通法と採点基準の内容とちょっと違いがあるよーにおもえるのは、私だけでしょーか。

お礼日時:2002/03/07 21:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q明日は仮免試験…S字、クランクが心配で仕方ないです

毎度お世話になっております。

今、普通AT車の免許をとるために短期で教習所に通っています。
そして早くも、明日は仮免試験です…。

私はS字とクランク(特にS字)が苦手で、昨日も2時間教習を受けた際何回か脱輪してしまい、
また道路をどうしても右寄りに走ってしまう癖があって、昨日も教習で確認の時一人の先生に「後半はなおってきたけど、前半走行位置がめちゃくちゃでしたよ」と言われました;;

なので今日の朝、検定前最後の教習があったときには、昨日の先生のアドバイス通り左側の白線がだいたい車体の真ん中くらいに来るよう左寄りで走り、S字とクランクも今まで習ってきたことをもとに(特に私はハンドルをはやく切りすぎてしまうことが多いので、少し遅めに切るようにしました)やってみました。

そうしたら、S字とクランクどちらも何回かやったのですが初めて一度も脱輪することなく、始めにあらかじめ先生にも「S字とクランクが心配」と言っていたのですが終わりころには「だいぶいいね」と言ってくださり、S字クランクを通る時のスピードなど注意を受けたものの、一発で見極め良好をもらってしまいました・・・。

正直、私の場合先生によってリラックスした気持ちでできるか緊張してしまうかが分かれてしまう、というのもあるのですが・・・^^;

修了検定は、確かとなりに教官はいないのですよね・・・?(無線で指示をうけると聞きました)
今まで練習では、厳しい先生だとしても先生がいてくださったので「脱輪しそうなら指示を出してくれる」と思っている部分があり、それで少し気楽にできた、というのがありました。
しかし明日は隣にいない状態で一人で判断して操作しなければなりません。。

今日は成功したものの、明日脱輪しないか・・・と今から落ち着きません;

クランクで柵にぶつかったら検定中止になる、というのは聞きましたが、脱輪の場合も
中止になるのでしょうか?
また脱輪した場合、そのまま進行方向に進んだほうがいいのかバックしたほうがいいのか、
バックの場合ハンドルは切るのかそのままなのか、、状況による使い分けがまだいまいちわかりません;;
クランクやS字の際、これは気をつけて運転したほうがいい、というのはありますでしょうか・・・?

今私が通っている教習所には、母の友人の知り合いの方が教官をなさっていて
そのつながりで紹介をしてもらって通っています。
実際にその教官に技能を教えてもらったこともありますが気さくな本当にいい先生で、
「一発で合格してほしいから」と私のできていないところの注意、アドバイスを丁寧にしてくださって、なぜできないのか一緒に考えてくださったり、また私が運転の指導をしてもらった他の先生にも私の運転について聞いてくださっていたり、「もうすぐ検定だけど、まだ走り慣れてないみたいだから」と心配してくださっていたようです。
それを知ってとてもうれしく思ったと同時に「一発で絶対合格したい」という気持ちが強くなり、
また今春休みで帰省しておりその中で短期でスケジュールを組んで受けているので
落ちるとこれからの計画がくずれてしまって、この休み中に卒業検定まで
いかないこと、また両親に金銭的な面であまり負担もかけることはできないことなどがあり
とにかく明日のことが心配です。。

何かアドバイスありましたら教えていただけないでしょうか・・・?

長文失礼いたしました。

毎度お世話になっております。

今、普通AT車の免許をとるために短期で教習所に通っています。
そして早くも、明日は仮免試験です…。

私はS字とクランク(特にS字)が苦手で、昨日も2時間教習を受けた際何回か脱輪してしまい、
また道路をどうしても右寄りに走ってしまう癖があって、昨日も教習で確認の時一人の先生に「後半はなおってきたけど、前半走行位置がめちゃくちゃでしたよ」と言われました;;

なので今日の朝、検定前最後の教習があったときには、昨日の先生のアドバイス通り左側の白線がだいたい車...続きを読む

Aベストアンサー

コツと言えるかどうか分からないけど、2点のみ助言を。

1.既回答にもありますが、方向を決めるのは車の前輪です。その前輪はあなたの体の真下ではなく、1m近く前にあります。まして、ボンネットの最先端にあるわけでもありません。

あ、曲がらなければ、と思ってハンドルを切る初心者のハンドル操作は、カーブが始まるかなり手前になる傾向があります。目ではカーブを捕えていても、車は実はまだまだカーブの手前なんですね。

ここでハンドルを切ると、当然脱輪します。体がカーブ開始位置に来たな、ぐらいでも十分曲がれます。感じとしては、ドアミラーがカーブ開始位置に来たあたりが、ナイスタイミング。スピードが遅いから、これで大丈夫!

S字カーブでも最初のカーブと次のカーブの曲がり具合はほとんど同じはずです。最初はゆるいカーブで、次が90度曲がるなんてコースはないですよ。同じタイミングでいいんです。

で、まず一つ目のコツ。前輪がカーブに対してどの位置にあるかをイメージしましょう。でも、これって教習中に指導員から教わりませんでしたか? あしたの仮免前に練習は出来ないでしょうから、夜にイメージトレーニングするしかないですねえ。

ハンドルは手を緩めると元の位置に戻ろうとします。当然車のカーブ具合もゆるくなり、そのままにすると直進します。そして次のカーブ開始がドアミラー付近まで来たら、同じようにゆっくりと曲がっていく。どうせスピードは20-25km程度過ぎません。

2.脱輪した時点で試験はおしまいの筈です。「再試験ね」と冷たく言われて・・・。

そこで第二のコツ。脱輪しそうになったら、まず止める。Rにギアを入れて、ハンドルはそのまま。ブレーキを緩めて絶対に切り返さずにバックして元の位置まで戻る。ここであわててハンドルを切ると今度は後輪が脱輪する可能性が大きくなります。

もとの位置まで戻ったらやり直してカーブを回る。

さあ、頑張って! 憧れの運転免許はすぐそこにある!

コツと言えるかどうか分からないけど、2点のみ助言を。

1.既回答にもありますが、方向を決めるのは車の前輪です。その前輪はあなたの体の真下ではなく、1m近く前にあります。まして、ボンネットの最先端にあるわけでもありません。

あ、曲がらなければ、と思ってハンドルを切る初心者のハンドル操作は、カーブが始まるかなり手前になる傾向があります。目ではカーブを捕えていても、車は実はまだまだカーブの手前なんですね。

ここでハンドルを切ると、当然脱輪します。体がカーブ開始位置に来たな、ぐらいで...続きを読む

Q自動車学校で使っている最新の教本を見たい

最近「超小型モビリティ」っていうカテゴリーの車が出てきましたが、
あれについて、自動車学校で使っている最新の教本ではどのように記述されているか知りたいです。

そのため「最新の教本」を入手したいのですが、安価に入手できる手段はないでしょうか。

Aベストアンサー

「交通の方法に関する教則」であれば、テキストは政府サイトにあります。
http://www.npa.go.jp/koutsuu/kikaku/kyousoku/index.htm

オンライン販売は100円
http://p.booklog.jp/book/36295

交通教材であれば交通安全協会で販売している中にあると思います。
http://www.jtsa.or.jp/about/teaching.html

こんなのもあります。公認の教習課程に完全準拠とのこと。
http://www.natsume.co.jp/book/index.php?action=show&code=002636

Q路上の白の実線について。本当に混乱して困っています。

こんにちは。今まで何度か出てきた質問だと思いますが、本当のところどうなのか分からずに困り果てています。
調べに調べましたが分かりません。
本日警察に行ってまで聞いて見ましたが、交通課の人がいなく、とても納得いかない回答をもらいました。

質問は、「中央線ではない、車両通行帯を区分する白の実線」が何を意味するのか、と言うことです。

進路変更(=車線変更)をしてはいけない、という意味だとおもっていましたが、どうもそうでもなさそうです。でもそうなると、白の破線と何の差があるのでしょうか。
進路変更をしてはいけないのは、黄色の実線部分のみだと思いますが。。

また、交差点の手前30メートルだけ白の実線になっていますが何か意味があるのでしょうか。やっぱり白の実線は進路変更禁止でしょうか?でもそれならなんで黄色の実線にしないのでしょうか。また、「交差点の手前30メートルは進路変更禁止」という条項(条文)はどこにも見当たりません。。
警察の人が言っていたのですが、交差点の手前30メートルでも(黄色の実線じゃなければ)進路変更はできるみたいです。

カーブやトンネル内も白の実線になっているところが多いです。
これは一体なんででしょうか。
進路変更禁止でしたら、なぜ黄色の実線にしないのでしょうか。
進路変更できるのでしたら、なぜわざわざ白の実線にするのでしょうか。

こちらの過去の回答を読んでも、皆で言ってることが微妙に違うので分からないです。。
真実(^^;)を教えてください!

こんにちは。今まで何度か出てきた質問だと思いますが、本当のところどうなのか分からずに困り果てています。
調べに調べましたが分かりません。
本日警察に行ってまで聞いて見ましたが、交通課の人がいなく、とても納得いかない回答をもらいました。

質問は、「中央線ではない、車両通行帯を区分する白の実線」が何を意味するのか、と言うことです。

進路変更(=車線変更)をしてはいけない、という意味だとおもっていましたが、どうもそうでもなさそうです。でもそうなると、白の破線と何の差があるので...続きを読む

Aベストアンサー

下に示すサイトと、道路交通法の条文を熟読して頂けたら、ナゾが解けるのでは、と思います。

まず、「中央線ではない、車両通行帯を区分する白の実線」は、そのまま車両通行帯を区分してるだけ、ではないでしょうか。
交差点の手前30メートルだけ中央線が白の実線にされるのは、中央線の設置基準の中の「白の実線:道路の右側にはみ出してはならないことを特に示す必要がある場所」なのでしょう。ですから、この白線には「進路変更禁止」の意味合いは含まれていません。

また、「交差点の手前30メートルは進路変更禁止」は間違いです。道交法30条を読んでください。「交差点30m以内では、追越をするための車線変更は禁止」です。つまり、追越し目的でなければ、交差点30m以内でも進路変更は可という事になります。
ですから、警察官の「交差点の手前30メートルでも(黄色の実線じゃなければ)進路変更はできる」は正解です。

黄の実線については、「追越しのための隣り車線へのはみ出し禁止」または「進路変更禁止」の場所に引かれる、ことのようです。

なお、カーブやトンネルでも進路変更は出来ます。道交法30条に「追越しをするための進路変更は禁止」とあります。
この文だけを厳格に捉えると、カーブやトンネルの中央線は黄色にすべき、と考えられます。
しかし、それでも白色にするのは、「追越し目的でなくても、道路の右側にはみ出してはならない」事を示しているのでしょう。

ナゾは解けましたか?

参考URL:http://www.kictec.co.jp/go/line/line%20index.html

下に示すサイトと、道路交通法の条文を熟読して頂けたら、ナゾが解けるのでは、と思います。

まず、「中央線ではない、車両通行帯を区分する白の実線」は、そのまま車両通行帯を区分してるだけ、ではないでしょうか。
交差点の手前30メートルだけ中央線が白の実線にされるのは、中央線の設置基準の中の「白の実線:道路の右側にはみ出してはならないことを特に示す必要がある場所」なのでしょう。ですから、この白線には「進路変更禁止」の意味合いは含まれていません。

また、「交差点の手前30メート...続きを読む

Q中型自動車免許の「隘路とその切り返し」の攻略法を教えてください

 私は今、中型自動車の教習を受けています。
 教習コースのほとんどのところは上手く攻略できるようになったのですが、ただ一箇所、「隘路進入」のところでつまづいています。
 いつも運転席から最も遠い位置にある後輪(左後タイヤ)が枠内に収まりきれないか、枠線を踏んでしまうのです。
 しかも、枠線を踏んだあとの『切り返し・幅寄せ』は、バックギアを使い後退しながらハンドルを左右にきらなければならないため、なかなか上手く思ったとおりに幅寄せできません。(反対方向に幅寄せしてしまい、状況がさらに悪化することもしばしばです)
 どうすれば上手く『隘路進入とそれが失敗した時の幅寄せ』を攻略できるでしょうか? どなたか上手いコツを知っておられる方がおられたら、そのコツを教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

目印っていうのもなんだかですが、左隘路なら、事前に右側線まで寄せていき、左助手席の窓に隘路の右側の線が映ったくらいで、思いっきり、ハンドルを左に切り、ゆっくりゆっくり曲がりながら左ミラーで後輪が枠に近づいてきたら、徐々に戻していくって感じです。逆の右隘路もしかりです。運転席の窓に左側の線が見え始める手前くらいで思いっきり切っちゃいます。車種によってタイミングは違うのであくまで参考になりますが、こんな感じです。たぶんハンドルを切るのがちょっと早いか戻すのが遅いのではないでしょうか? 
我慢して頭を突っ込んで思いっきり切って、ちょうど、隘路に対して45度くらいになったところからおそるおそるハンドルを戻して、左線の中に左後輪を誘導していくって感じでされると良いです。

切り返しですが、難しいですね。許容範囲内まで思いっきりバックして、入れなおすほうが無難です。一種だったら据え切りも減点対象外だっと思うので、思いっきり据え切りしちゃって、寄せると良いかと思います。ただ、教官に怒られるかもしれません(汗  ちなみに中型よりでかい大型では後ろも見えないしホイールベースが長いので切り返しで修正はよほど上手くないとほとんど不可能です。中型もできれば、一発勝負って考えられたほうが無難です。。

目印っていうのもなんだかですが、左隘路なら、事前に右側線まで寄せていき、左助手席の窓に隘路の右側の線が映ったくらいで、思いっきり、ハンドルを左に切り、ゆっくりゆっくり曲がりながら左ミラーで後輪が枠に近づいてきたら、徐々に戻していくって感じです。逆の右隘路もしかりです。運転席の窓に左側の線が見え始める手前くらいで思いっきり切っちゃいます。車種によってタイミングは違うのであくまで参考になりますが、こんな感じです。たぶんハンドルを切るのがちょっと早いか戻すのが遅いのではないでし...続きを読む

Q教習所の検定員試験

教習所の検定員(仮免や卒検の審査を行う指導員)になるためには指導員になって、検定を行う全ての免許を取得し、試験をするんですよね。
その検定員試験はいつ頃行われるのでしょうか?毎月行われるのですか??
知っている方、教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは

>教習所の検定員になるためには指導員になって、

教習指導員と技能検定員は別なものです。
教習指導員の資格はなくて技能検定員の資格がある方もいます。
しかし、やはり指導員になってから検定員の資格を取る方が大半です。

>検定を行う全ての免許を取得し、

該当する免許(普通及び二輪免許は必須)を所持していれば、全ての免許がなくても検定員の資格を取る事ができます。
つまり、第一種普通免許の検定員は、大型免許がなくても普通免許及び二輪免許があれば、取得できます。

>試験をするんですよね。

かなり難しいです。
教習指導員でさえ約1年間は寝る間を惜しんで勉強します。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H06/H06F30301000003.html

>その検定員試験はいつ頃行われるのでしょうか?毎月行われるのですか??

各都道府県公安委員会によって違います。
また、車種によってサイクルが違います。
例えば四輪なら年2回、二輪なら年1回というように・・・
官報等に掲載されます。

こんにちは

>教習所の検定員になるためには指導員になって、

教習指導員と技能検定員は別なものです。
教習指導員の資格はなくて技能検定員の資格がある方もいます。
しかし、やはり指導員になってから検定員の資格を取る方が大半です。

>検定を行う全ての免許を取得し、

該当する免許(普通及び二輪免許は必須)を所持していれば、全ての免許がなくても検定員の資格を取る事ができます。
つまり、第一種普通免許の検定員は、大型免許がなくても普通免許及び二輪免許があれば、取得できます。

...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報