前田利家は、犬千代とか又佐衛門(←漢字違うかも)とか呼ばれてますが、
どういうときにこの名前で呼ぶとか決まってるんでしょうか?

あと、利家は前田(又佐衛門)利家で、前田利家ですよね?
なぜ前田慶次は、前田(慶次郎)利ます?(なんですよね?)なのに、
一般的に前田慶次って呼ばれてるんでしょうか・・・。

どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

今では名前というと「姓=苗字」+「名」と2つの組み合わせだけなのですが


昔は「姓」も「苗字」も別のもので「名」も幼名・字・諱等多くの種類がありました。
それらを全部繋げて述べるのではなく一定の決まりによって呼び名やつなげ方が変るのです。
事細かに述べると長くなりますが前田利家の例であげれば
姓は菅原朝臣・苗字は前田・幼名が犬千代・字が又佐衛門・諱が利家となります。
幼名は字の如く幼い時の名です。
大人になると大人としての名が付くのですがそれまではこの幼名で呼ばれます。
一般的に名を呼んだり書いたりする場合は又佐衛門と呼びます。
正式な文書として名を署名する時は利家が用いられます。

信長は前田利家を随分可愛がっていたようで長じても幼名の犬千代から犬と呼ぶ
こともあった様に話が残されておりますが、信長は家臣をあだ名で呼ぶことも
多く残されておりますので、そんなつもりで呼んでいたのでしょう。
同輩で長じても犬と呼ぶものがいたら余程仲の良い者達であったかもしれません。

今日、前田又佐衛門ではなく前田利家が一般的なのは教科書によるものだと思います。
諱の方が正式な場で用いられますので教科書もそのようにしているのでしょう。

前田利益(利大)よりも前田慶次郎で通っているのはやはり「花の慶次」の影響が強かったのだと思います。
このコミック連載前にもいくつかの書籍等で登場することもありましたが
利大であったり利益であったり、慶次郎だったり慶次だったり、まちまちです。

一般的には「苗字+諱」で書くことが多いのですが。学校で習うような大名・武将
以外の場合は、「何で知名度があがったか」に左右されるかと思います。
人気の出た小説やコミックで用いられていた呼び方がそのまま定着するのでしょう。
水戸光圀がTVの影響で水戸黄門と呼ばれるほうが一般的になってしまった様なものだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ホントにわかりやすかったです☆ ありがとうございます。
犬千代だの万千代だの、皆いっぱい名前があるんで
後の誰なのか把握するのに、いっぱいいっぱいです・・・。
また質問したときはよろしくお願いしまーす。

お礼日時:2002/03/06 22:29

前田 又左衛門尉 利家 幼名犬千代



利家というのは諱(忌み名)、実名などと呼ばれ現代人の名前に当ります。
元々身分が高い人の実名を声に出すのははばかられるということで実名の代りに呼び名としてつけられたのが字(あざな)、仮名などと呼ばれる通称で、彼の場合は又左衛門尉(通常略して又左衛門、さらに略して又左などと)がこれにあたります。
本来は目上のものが目下のものを呼ぶ際には実名、逆の場合は仮名を使うはずなのですが、なぜか逆のほうがしっくりきますね。

実名については身分の高い人物から一文字をもらうことがあり(偏諱と言います)、それによって変更されることがあります。
上杉謙信ははじめ景虎、関東管領上杉憲政から政をもらい政虎、さらに将軍足利義輝から輝をもらい輝虎と改めています。

幼名はその名の通り、幼い時期に使われる名前です。
元服(現在の成人式に該当)まではこちらで呼ばれます。
「利家とまつ」で利家が"犬"と呼ばれるのをいやがるのはこのためでしょう。

前田慶次郎が実名で呼ばれることが少ないのは、なにより彼の実名がはっきりわかってないことが大きいのでは。
利益、利大、利太、利貞などなど…
さらに彼に関しての一番有名な資料が本人が書いた「前田慶次道中日記」なのも原因でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ものすごーくよくわかりました。
どうもありがとうございます♪
それにしても皆さんよくご存知で・・・

お礼日時:2002/03/06 22:22

昔の人は、生まれた時につけられる「幼名」に始まり、元服後につけられる名前。

また、変名なども合わせると多くの名前を持っている人が多いようです。まぁ、今と違って戸籍があるわけじゃありませんからね。結構、縁起をかついでの改名なんてのもあるみたいですし。。。

他にも、仏門に入ることで法名を得た人(武田信玄や上杉謙信など)に、出世と共に名前が変わった人(斎藤道三や豊臣秀吉など)、色々いますよ。どのように呼ぶかは、その時期時期によって違うのでは?ドラマでの呼び名は、あくまでフィクションなので、あまり当てにするのもどうかと思いますしね…

まぁ話が脱線してしまいましたので、参考URL:「加賀百万石の物語」をご案内します。ホントに参考になるかは何とも言えませんけどね(笑)

参考URL:http://shofu.pref.ishikawa.jp/inpaku/toshiie/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

謙信はなんとなく知ってましたが、信玄も仏門に入って
名前が変わったんですね。初知りです(笑)。ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/06 22:18

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「前田利家」
http://www7.ocn.ne.jp/~sengoku/tenka/tenka7.html#1
(前田利益)
http://village.infoweb.ne.jp/~isamun/monarchs/pe …
(前田氏)
http://mugen.where-i.net/rekisi/reco/maeda1.html
(「異端児」前田慶次)

ご参考まで。

参考URL:http://www2s.biglobe.ne.jp/~gokuh/ghp/busho/mbu_ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。HPみてみます。

お礼日時:2002/03/06 22:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q前田利家と前田慶次郎

どちらも槍の名手ですが どちらが槍使いに長けていたのでしょうか?

義理の叔父と甥の関係で血縁関係は無かったので両者の槍の上手さはたまたま偶然だったと思いますが
利家は 槍の又佐とか 堤の上の槍 と呼ばれたほどの名手だし
慶次郎もそのかぶき者ぶりと槍裁きに秀吉が惚れて100万石で家臣にしようとした程です

甲乙つけがたいとは思いますが どちらがすぐれていたのか教えてください

Aベストアンサー

前田利家は赤母衣衆として働き実際に槍により武功をあげたわけですが、慶次郎利益の武功は関ヶ原時であり60前後ですよね?それ以前も前田家の一員として当然戦場に出たわけですが、ほとんど個人としての記録はないわけで、戦場で実際に槍を振るって強かったと我々が判断するのは無理があります。
おそらく歌舞伎者として、演武のごとく人前で槍を振り回すのは強かったが戦場でとなると人並みだったのではないでしょうか?

ただし武将としては没落後の上杉家でも厚遇で召し抱えられたのですから、かなりのものだったのでしょう。

Q前田慶次郎の前田家出奔のエピソードについて

真冬のある日、前田利家が前田慶次郎がに風呂をすすめられ湯殿に入ると湯船には冷水が浸っていた。激怒する利家を後目に慶次郎はそのまま前田家を飛び出してしまった。
と、有名なエピソードがあります。
さて、これは実話なのでしょうか?
実話でしたらその出典は何処に残されているのか?
創作でしたらいつ頃誰が流したものなのか?
ご存じの方、いらっしゃいますでしょうか?

多くの小説やコミックでは、利家が湯船に浸かると冷水だったので慌てて飛び出した様な描写で描かれているものも少なくありません。
ですが、真冬に湯気も熱気もたっていない湯船に手なり足なり浸かるとは思えません。
実話にしろ創作にしろ、初出ではどう書かれているのでしょうか?
差し迫った問題ではないのですが、気になりましたので投稿いたしました。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

18世紀前半、備前岡山藩士湯浅常山が著した「常山紀談」にこの話があります。この本は随筆集で当時民間に伝わっていた14~16世紀にかけてのいろいろな話を集めたものです。該当部分は巻16の「前田慶次が事」にあります。その中の記載は次の通りです(原文を現代仮名遣いで)。
 「利大(慶次郎のこと)は文学を嗜み、さまざま芸にも達せり。滑稽にして世を玩び、人を軽んじけるゆえ、利家、教訓せらるること、たびたびに及べり。利大、大息ついて、たとえ万戸侯たりとも、心に任せぬことあれば、匹夫も同じ、出奔せんと独り言せしが、ある時利家に茶奉るべき由いいしかば、悦びて慶次が許に来られしに慶次、水風呂に水を十分にたたえてかくし置き、湯風呂の候、入り給わんやと横山山城守長知をもていえば利家よかりなんとて浴所に至る。慶次自ら湯を試みて、よく候といえば、利家、何の心もなく風呂に行かれしに寒水をたたえたり。利家、馬鹿者に欺かれしよ引き来れといわれしに、慶次谷風という逸物の馬を裏門に引き立てさせて置きたりしに打ち乗り、出奔しけるとぞ。」とあります。また、大日本人名辞書(明治19年発刊の人名辞典)の前田利太(ママ)の項に同じような話(ここでは馬の名前が松風となっています)があり、出典は翁草とあります。翁草(京都の町奉行所の与力を退職した神沢杜口が表わした歴史見聞録)も湯浅常山と同時代の人の著作ですので、割合世に知られていた話と思います。

18世紀前半、備前岡山藩士湯浅常山が著した「常山紀談」にこの話があります。この本は随筆集で当時民間に伝わっていた14~16世紀にかけてのいろいろな話を集めたものです。該当部分は巻16の「前田慶次が事」にあります。その中の記載は次の通りです(原文を現代仮名遣いで)。
 「利大(慶次郎のこと)は文学を嗜み、さまざま芸にも達せり。滑稽にして世を玩び、人を軽んじけるゆえ、利家、教訓せらるること、たびたびに及べり。利大、大息ついて、たとえ万戸侯たりとも、心に任せぬことあれば、匹夫も...続きを読む

Q前田慶次(花の慶次)について歴史の詳しい方・直江兼継ドラマ見てた方へ

花の慶次という漫画がとても好きで、それがきっかけで原作の本も読みましたし、戦国時代の歴史にとても興味ひかれるようになりました。
そこで前から疑問に思っていてふと今思い出したのでちょっと聞いてみようと思ったのですが、花の慶次の最後の方に関ヶ原の合戦後、上杉家から徳川家との和平交渉で上杉家より前田慶次が使者として徳川家に出向き和平成功させたと描かれているのですが、本当に前田慶次が使者として出向いたのかなと疑問に思っています。

歴史物を見ても大抵和平成立した時の会見の場はよく登場したりしますが、そこにいたるまでの過程はあまり登場する事は少なく当時難しかったであろう上杉・武田の和平の過程なんかもそういや知らないなと少々興味そそられるけどまた今度で良いかと今思ったりもするんですが、前田慶次の場合は大変感動的に描かれており涙した場面でしたので・・・

自分の中の直江兼継像を崩されるのが嫌で大河ドラマ見てなかったんですが、ひょっとしたら大河ドラマでそういう場面あったんじゃないかなと思い宜しければ教えてください。
書いてる途中で楽しくなってきて長文駄文になってしまってすみません(^^;)

花の慶次という漫画がとても好きで、それがきっかけで原作の本も読みましたし、戦国時代の歴史にとても興味ひかれるようになりました。
そこで前から疑問に思っていてふと今思い出したのでちょっと聞いてみようと思ったのですが、花の慶次の最後の方に関ヶ原の合戦後、上杉家から徳川家との和平交渉で上杉家より前田慶次が使者として徳川家に出向き和平成功させたと描かれているのですが、本当に前田慶次が使者として出向いたのかなと疑問に思っています。

歴史物を見ても大抵和平成立した時の会見の場はよく...続きを読む

Aベストアンサー

歴史はなんでもありで歴史読み物 小説 漫画 好きなように書いています 残念ながら創作でしょう 慶次の慶の字もありません やや当時としては グレ者らしく 喧嘩には強かったということでしょう 上杉景勝は関ヶ原の原因となった上杉征伐の張本人でしたから、徳川家康の難詰に対抗するため東北地方で伊達や最上ら奥羽諸大名と激戦を繰り広げました。九州では薩摩も家康を恫喝しているでしょう 兵力は温存してありますから脅かしにはなったようです。 西軍敗北後上杉の重臣千坂景親が本多正信がと親しかったこともあり、千坂を中心に謝罪活動に奔走しています。東軍の対上杉守備部隊総大将であった結城秀康の助けも得て景勝の減刑を画策したようですね。家康は当初上杉氏改易・景勝流罪を検討していましたが、結局 秀康・正信の周旋もあり米沢30万石への減封を勝ち取ったということです 

Q前田利家の弟、佐脇良行の事

現在、大河ドラマ「利家~」に、利家の弟として登場する「佐脇良行」の事についてご存知の方、教えて下さい。実在した人物なのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「佐脇良之」

ご参考まで。

参考URL:http://www2s.biglobe.ne.jp/~gokuh/ghp/busho/oda_009.htm

Q前田利家が後15年生きていたら?

NHKドラマで利家が諸大名より大きな人望があるように描かれていますが、秀吉末期の家康との位置づけはどうだったのでしょうか?又、仮に後15年前田利家が生きていたら、関が原、夏の陣など世の中が  どう変わっていたと思いますか?ご意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

 私も皆さんの意見に賛同しますが、ひとつ提案させていただきたいと思います。
 回答ではありませんが、この論議の中には、前田利家=豊臣擁護派、徳川家康=反豊臣派とすることが前提条件となっているような気がします。
 そもそもその前提条件を疑って係ることもお勧めします。
 前田利家が自分の行動の中でことさらに「律儀」を強調しはじめたのは、「余呉湖の敵前逃亡=裏切り」以後であること。徳川家康は、秀吉存命時までは、「律儀」をその「売り」としていたことを考えてみてはどうでしょう。
 前田利家が擁護派とならざるを得なかったのは、領地力差が大きく開いていたからと考えることもできます。
 もしも、家康と利家の領地をひっくり返していたら、利家は豊臣を擁護したのか、などなど。
 当時としては、力を失った主家に取って代わるのはあたりまえの考え方があり、私としては、もしも、家康より長生きしたとしても、徳川との実力差から保身に走ったと思います。また、擁護派を貫き、徳川を滅亡に追いやったとしたら、最大の実力者として豊臣の滅亡か無力化に奔走するということとなったと考えます。

 私も皆さんの意見に賛同しますが、ひとつ提案させていただきたいと思います。
 回答ではありませんが、この論議の中には、前田利家=豊臣擁護派、徳川家康=反豊臣派とすることが前提条件となっているような気がします。
 そもそもその前提条件を疑って係ることもお勧めします。
 前田利家が自分の行動の中でことさらに「律儀」を強調しはじめたのは、「余呉湖の敵前逃亡=裏切り」以後であること。徳川家康は、秀吉存命時までは、「律儀」をその「売り」としていたことを考えてみてはどうでしょう。
 ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報