デッサンを学ぶのによい書籍を教えてください。
光や形の捕らえ方について、例になる絵が入っているものだと、
なお、歓迎です。

最近、絵画教室に通いはじめましたが、それだけでは、と
自宅でデッサンを描いています。
数年前までクロッキーを描いていたので、鉛筆のもち方や、
また、今は写真が趣味なので、光の見方などは
何となく身についているようです。
でも、もっと論理的に、モノの形の捕らえ方がわかれば、
複雑な形も読めますよね。
よい情報をお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

現在も刊行されているかどうか自信がありませんが『アトリエ』という雑誌があります。

絵画に関する教則本のようなものですが、大きな画材店や書店に多分あると思います。芸大受験の頃、ずいぶん御世話になった雑誌で、ある程度描けるヒトには良い参考書だと思います。ただ、気になるのは「もっと理論的に、モノの形の捕らえ方…」と仰る部分なのですが、そこまで追求なさりたいのなら、絵画教室よりも、芸大・美大受験のためのゼミを開講しているような学校の一般コースを受講してしまうほうが手っ取り早いと思います。本で習得出来る事もありますが、何といっても、実際に描いているところをご自分の目で見る事で習得できる部分も沢山ある分野だから。でも、もし、あくまでも趣味の範囲で楽しんでおられるのなら、理論的に学ぶのは、少し考えてからの方が良いと思います。プロのレベルで理論的に描くことの辛さなど知らないほうが断然楽しいですよ。私は芸大受験のために10年近くデッサンを勉強しましたが、今考えてみると、絵を描くのに一番大切な『感性や情熱』を、テクニックや理論を優先してしまった結果、どこかに置き去りにしてきてしまいました。幸いなことに、現在、"描くこと"を職業にしていますが、小学校の頃の、親に叱られても懐中電燈の明かりで布団に潜ってまで絵を描いていた頃の気持ちを思うと、ちょっと寂しい気がします。(理論と情緒を両立出来なかった私の実力不足が一番の問題点だったりして)訳わかんなくてゴメンなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
お礼が遅くなり、申し訳ありません。
経験に基づいたお言葉、考えさせられました。
今、手を動かして描くのは楽しいです。
そして、何故こういう風に見えるのだろう?と
光や色について考えるのも楽しいです。
電気スタンドを持ち出したり、静物の下にレフを置いたりして
実験するのも、私にとっては絵画の一部のようです。
こうして夢中になれる時間を、愛しく感じます。
shima13さんの回答を読んで、もうしばらくは、
独学で(皆様から教えていただいた参考書を読みつつ)
試行錯誤してみるのも、よいかもしれないなと思いました。
絵筆とは長い付き合いになる(~にしたい)ので、あせるより、
じっくりと考えて、自分のスピードで身に付けていこうと思います。

お礼日時:2002/03/18 09:43

デッサンの技法書とは言えないかもしれませんが・・・


デッサンの基本はまず『見る』という事ですよね。
この『見る』意識と『描く』意識のリンクを、実際的に課題をこなしながら身につけていける本ですので、是非おすすめしたいのが
『内なる画家の目』ベティ・エドワーズ著 エルテ出版

一見デッサンとは関係なさそうな課題ばっかりですけど、やり始めると面白いですよ~
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れてごめんなさい。
紹介していただいた本を街の本屋で探している最中です。
実際に鉛筆を持っている時間以外にも、
学べそうな本ですね。
見つかるのが楽しみです。

お礼日時:2002/03/18 09:26

絵を習った経験もあるのですが人物画で私はつまづきました。


それ故にこの2冊が美術関係では初めて買った本になりました。
人物の捉え方についてはこの本で十分いけると思います。

A・ルーミス マール社
「やさしい人物画」
「やさしい顔と手の書き方」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
画材屋さんで紹介いただいた本を見つけました。
今はまだ、静物をかいていますが、
もっと上達したら、人物画にもチャレンジしてみます。
そのとき、また、よく読んでみたいと思います。

お礼日時:2002/03/18 09:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q受験デッサンの鉛筆の役割

鉛筆はFABER CASTELLを使ってます。
組モチーフなんですが、赤いポット(UCCのロゴ入り)の金属製を例に例えると
1:HBで形を取る
2:HBで全体を塗り潰す
3:それを指でならす(いわく空気の部分らしい)
4:2Bで影を分割して濃い部分をクロスハッチング
5:4Bで影の薄い部分を調整する為に全体を塗り潰す
6:指で全体をならす
7:5Bでより濃い部分を取ってクロスハッチング
8:最初に取った輪郭をぼかす為に5Bで細かく輪郭線をグラデーションしていく。
9:ハイライトは、練り消しで周りを薄くしてからいれます。
今、絵画教室でやってる事です。
これは、鉛筆の役割があるらしいです。
後、形を取るのに手間どります。特にポットの取手と差し口の部分。
リンゴが一緒にあるとリンゴを比率の基準として他のモチーフにあてはめます。
なんか注意点とかコツがあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

文字だけじゃわかりにくいと思うので、理解しやすいと思った資料を1つ紹介します

http://www.musain.co.jp/_special_contents/special_index.html

詳しくは(無料なので)実際に資料を請求して読んでみてください。→
http://www.musain.co.jp/

ご質問に対しての回答と意図がズレていたらすみません。

Q鉛筆デッサンの影について

鉛筆デッサンにおいて、鉛筆の線を指でこすって影をつけるのは良いのでしょうか。
影をつけるといっても素人には難しいです。
練習したので、自分の手の影はそこそこうまくつけられるようになりましたが・・・。

というのも、私は教員採用試験を受けますが、そこに鉛筆デッサンの実技試験があるのです。
内容は立体やハンカチ、自分の手などで、20分程度の実技試験です。

ちなみに『鉛筆デッサンを始める人へ』を参考にしています。

Aベストアンサー

擦ってはだめだという意見が多いですが、美しくなるのであれば一応何をやってもいいんではないでしょうか?
ちゃんと鉛筆デッサン用の擦筆という道具もありますよ。
初心者が失敗しやすいのは擦ったあと何もしないからです。1度描いたものを擦って遠景とし、さらに描き起こして中近景にするのはデッサンの基本だと思います。
まあ指で擦ると汚れちゃうので専用の道具を使うといいとおもいます。

Q鉛筆デッサン

私は最近画塾に通い始めた高3のものです。

芸大の入試にで鉛筆精密模写と色彩構成があり。
今から間に合うものか心配なのですが、この前デッサンしてる時にモチーフを置いて鉛筆で長さを測り画用紙に描くことをしたのですが、うまく描けず先生に教えられたのですがいざ書くとなるとまたわからなくなってしまいました。


鉛筆ではかった後B3の紙に書くとき何倍かにしてかくんですか?
倍率をどのくらいにしていいかとか、どこを基準にしていいかわかりません。

あと、色彩構成で使う色ってのは決まりというか、青だったら横はこういう色がいいとかいう決まりがあるのでしょうか?

教えてください。

Aベストアンサー

「鉛筆ではかった後B3の紙に書くとき何倍かにしてかくんですか?」
モデルと紙の両方を視界に入れた位置関係を保ち、
その全体を一枚の紙と考えて、見ための上での同じ長さに
写します。

「色彩構成で使う色ってのは決まりというか、青だったら横はこういう色がいいとかいう決まりがあるのでしょうか?」
決まりではなく法則、天ぷらには酢のものを添えるという具合の
相性の問題です。
或る色に対して近いのはこれ真逆はこれと決まっているので、
その表を覚えたうえで、逆が良いか順が良いかどの程度かという
判断をしてから選びます。
また、絵は常に全体の構成が問題なので部分の隣の部分はという
発想ではありません。

Q鉛筆デッサンで・・・

こんにちわ。

僕は石膏デッサンはわりと得意ですが

静物となるとうまくいきません。

そこで鉛筆を用いてどのように材質を描き分けられるか

やこんなタッチでこんなものが描けるぞのような

サイト及び知識を紹介してください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

鉛筆デッサンについて私が知っている事や教わった事を…

・パース
部分部分の角度をその都度写し取っていく方法だと、どうしても誤差が生じやすいです。パースに則ったアタリをまず取り、その後も狂いがないか確かめながら描いていきます。影を描く時も、静物のパースと矛盾が生じないよう、物が置かれている(机などの)表面を描くという意識で。

・ハッチング
指先でこすってぼかす癖がついていると(私がそうでした;)、質感が偏ってしまいます。石膏は明度差さえ取っていればこの方法でもある程度表現できますが、色々な質感の物を描くとなると限界があります。
細い線を重ねて(ハッチング)トーンをつけます。指でぼかしたり鉛筆を寝かしたりしなくても、上手い人はこれだけで大抵の物を描き分けます。(私はできてませんが;)

・練り消し
練り消しは白く描くための道具だという意識で。新しい物と使い古した物、二種類用意して置くと便利です。私の場合、半分に千切って描いてる間手で暖めておき、残り半分の硬い方と使い分けたりもします。

・質感
とにかくよく観察して、特徴、他の物との違い、その違いがある事でどういった見え方になるのか等のポイントを掴みます。鉛筆デッサンでは色(彩度)で表現する事ができないので、その分特徴をやや大げさに表現するぐらいの気持ちで描きます。

・コツ
パースや質感にも多少重なりますが、「こういう場合はこう見える」という見え方の法則があります。例えば…暗い部分に隣接している部分はより明るく見えますし、手前にある物ほどくっきり(濃く)見えます。この法則を利用します。明るく見せたい部分の隣はわざと少し暗くしたり、手前にある部分をわざと濃い目に描いたりする事で、より「立体らしく」見せる事ができます。


立体を平面に、しかも白黒で再現しなければならないので、「ちょっと大げさかな」ぐらいを意識して描くようにしています。複数の静物を配置してデッサンする場合は特に、奥行きや質感の差を出すためにわざと大げさに描いたりします。(やりすぎるとエライ事になりますが;)


長文失礼致しました。参考にならなかったらすみません。
てゆーか多分ならないと思うので、こちら↓を参考になさって下さい。

参考URL:http://www.izu.co.jp/~atorie33/

鉛筆デッサンについて私が知っている事や教わった事を…

・パース
部分部分の角度をその都度写し取っていく方法だと、どうしても誤差が生じやすいです。パースに則ったアタリをまず取り、その後も狂いがないか確かめながら描いていきます。影を描く時も、静物のパースと矛盾が生じないよう、物が置かれている(机などの)表面を描くという意識で。

・ハッチング
指先でこすってぼかす癖がついていると(私がそうでした;)、質感が偏ってしまいます。石膏は明度差さえ取っていればこの方法でもある程度表現...続きを読む

Qデッサン用の鉛筆

デッサンに適した鉛筆ってどこのメーカーがいいのでしょうか?

逆にNGなメーカーってありますか?

Aベストアンサー

こんばんは、普通は(美大受験予備校や美大では)三菱のユニ、ハイユニ、ステッドラーのルモグラフあたりを使います。それぞれ質や色や値段が違うので色々試してお好みで。私はB系は3種類使い分け、H系はステッドラー中心で使ってました。

トンボを使っている人は見たこと無いです~。でも効果を狙って部分的に使う人はいるみたいです。あと三菱でもユニスターは質が悪いのでお勧めできません。

変り種ですと、スタビロ(確か会社潰れたからもう無いかも)とかファーバーカステルとか使う人もいました。がメインで使う人はあまりいません。あとグラファイトっていう芯だけの鉛筆もよく最初のあたりとか人物とかに使ってました◎

長くなってすみません、、まあ何使おうと、その鉛筆で得られる効果を狙って使うんならかまわないと思います。基本は前述のユニ、ハイユニ、ステッドラーあたりでそろえれば間違いありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報