【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

このサイトは基本的に正しいことを言っていると思ってもいいのでしょうか?
有名なサイトですので、1度は見たことがあるという方も多くいらっしゃると思います。
ぜひ意見を聞かせてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

私は先の衆院選の時に「民主党に入れてみようか」と思い立ち調べ始めたところ


そのページに行き着きました。結局民主党に政権を任せると危ないと判断し投票
しませんでしたが。

その後いろいろ自分でできる範囲で調べてみたり、戦時中韓国と同じく占領下に
あった台湾人の方が書いた本や、韓国人の方が書いた「親日家のための弁明」
などを読んでみたりしていますが、資料も示している通り事実であることはほぼ
間違いないのではないかと思います。

確かに「日本から見た」という前置きが必要な部分もありますが、韓国が主張して
いる事柄への反論という意味では、No.2の方が書いているような一方的な見方を
しているものだけを集めて偏向されているというほどの偏りではないと思っています。

少なくとも韓国から上がってくる批判のほとんどは第三者が客観的に正当だと
判断できる根拠が乏しく、都合のいい部分だけを抜き出してきていることが多い
ので、より偏向的だと言えるのではないでしょうか?
    • good
    • 0

わたしはそのサイトを信用しろとも信用するなとも言いません。


言う資格は無いと思いますし。韓国のことなんて全く知らないし。
他の回答者さんと同じだと思います。
ただ、考えるヒントになれば、という点で、いくつか。
(私は日本の事しか知らないので、日本のことだけ)

マッカーサーは「日本がおこなった戦争は
 正当防衛であり侵略戦争ではなかった」と証言した
→証言してません。マッカーサーは中国に戦争を吹っかけようとした際、
「日本と同じように対応すれば中国とも戦争になる」と言いましたが、戦争しようとする国がその喧嘩をうる相手国を正当防衛なんていうわけがないです。

日本が戦争をしかけたわけではない(侵略戦争ではない)
→当時アメリカはどんな国も仮想敵国として(当然同盟国だったイギリスやオランダも)いたし、ハルノートは最後諜報でもなんでもなく、「交渉の叩き台」です。
そもそもハルノートが出てきたきっかけは日本がベトナムや中国を侵略したことに激怒したアメリカと日本との交渉での途中なわけですから、アメリカがベトナムや中国から日本が出て行くことを要求したハルノートは自然な訳です。
だから少なくても、「日本が戦争をしかけたわけではない」というのは完璧に間違っています。

南京事件は嘘っぱちである
→南京事件は実際に起きたことだと思われます。
少なくても、ここのサイトに書かれていることだけでは否定する根拠が薄弱です。
http://www.geocities.jp/yu77799/
こことかを参照ください。

日本共産党は2000年に朝鮮労働党と友党になった
→これは簡単に裏が取れます。
http://www.jcp.or.jp/jcp/index.html
少なくても体外的には友好関係には無いですね。
(細かいことですが共産党は「拉致は捏造だ」なんていってません)

日本人の私立学校への補助金は0円
→知り合いの私立高校等に通っている人に聞いてみてください。
私立学校には多額の補助金が税金から出ています。

「天皇家とは男系血統のこと」
→正直、根拠が無いです。
http://mu-cha.hp.infoseek.co.jp/go-go-emperor-01 …
すこしふざけたサイトですが、分かりやすく面白く男系論者の問題点を諭していると思います。

日本の歴史は2600年
→正直、2600年と言うのは日本の西暦に対するコンプレックスからあみ出した根拠の薄い数字ですから、
これを持ち出すと説得力が落ちます。

重ねて言いますが、私は無知な一般人です。
だから、これは平均的な日本人が突っ込める内容であって、専門家が見たらもっと突っ込める内容は多いであろう事が簡単に予想できます。
それが根本からこのサイトの信憑性を揺るがすものなのかはご自分で判断ください。
    • good
    • 0

ANo.4の者です。

『韓国は“なぜ”反日か?』というサイトに関連して、「嫌韓流」「嫌韓流2」という本が出ています。漫画でここで紹介して差し上げたサイトに書いてあることに関連して詳しく描いてありますので是非一読されることをお勧めします。買うまではしたくないのでしたら図書館でリクエストされてみては如何でしょうか?
    • good
    • 0

「韓国は”なぜ”反日か?」のサイトは正しいか?>だいたいが真実に近いと、思います。

何故って?今までの事件や日本に対する抗議を見ての結果です。隣人とは、やっかいなものです。隣人だからこそ嫉み心が発生するのが人情かと……。韓国政府は、危機に陥ると、必ず、隣人である日本に、なんでもかんでも、矛先を向けます。そうする事で韓国人の反抗を外に向けさせるのが和らげる術だと知っているからです。日本人も本気で怒りません。僅差ではなく大差で有るから、大人気ないからですよ。日本人が、あんまり怒らないから、せめて、わずかではあるがの精神で作られたサイトではあります事は否めません。韓国では、日本で成功するか、どうかで評価が決まります。日本人が韓国で成功したか、どうかは誰も評価しませんよ。
    • good
    • 0

このサイトは基本的に正しいことを言っていると思っていいと思います。

この類の他のサイトを紹介して差し上げます。
http://3.csx.jp/peachy/data/korea/korea.html
http://www.geocities.jp/savejapan2000/korea/
http://nandakorea.sakura.ne.jp/frame.html
http://www.interq.or.jp/earth/lucifer/mirror/dam …
    • good
    • 0

日本には言論の自由がある。


インターネットという個人の自由な発言場所においては
「反韓」だろうが「親韓」であろうが自由である。

メディアに「親韓」系が多い以上
 情報のバランスという意味において「反韓」系のサイトの出現は非常に喜ばしいことと思う。

大切なのは、いかに多くの資料を集めるかによるからね
    • good
    • 0

以前に類似の質問に回答しましたので、その時の回答を抜粋します。



参考:『韓国での自国民に対する歴史教育』No.3の回答
 http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=2034065

>とりあえず断言できることは、質問者の方が紹介したURLの内容は、嫌韓
>イデオロギーを広めるために作られたものということですね。

>私が読んでも、過激だけどまったくのウソではないなというのが、感想です。

>ただし、ウソではないにしても、自分に都合のよい情報だけを集めて編集
>すれば、どんな主張でも展開できます。
>このよい例が、マイケル・ムーアが監督した映画『華氏911』
>徹底的にブッシュをこき下ろした作品ですが、あれもとりあえずウソは
>それ程伝えていません。
>しかし、ブッシュのよい所は何も紹介せず、悪いところばかりを並べ立て
>た結果、反ブッシュの偏向作品になりました。

>よく言われるが、事実は一つだが真実は見る人の数だけ存在するという
>こと。
>ある一人の人の視点だけで物事を見れば、真実の一方向しか確認できない
>ため、事実から遠ざかってしまうということです。

>この手の偏向報道は、左翼メディアがさんざんしてきたことです。
>最近は左翼に限らないのかもしれませんが、本質を見極める眼力がある人
>以外は、有害な情報となる可能性があります。

>特定のメディア・特定のサイトの情報を鵜呑みにするのではなく、いろんな
>リソースから情報を集めて分析し、自分で事実を把握することが重要です。
>このことを、『メディア・リテラシー』と言います。

まるっきりの嘘ではないが、都合のいい情報だけを集めた結果、偏向情報となっているよい事例ですね。
    • good
    • 0

いかなるサイトでも過信せず。



サイトのそういう考え方に賛成もあるし
サイトのそういう考え方には反対もある。

そういう書き方(表現)に疑問を感じる時もあるし
そういう書き方(表現)で納得する時もある。

そうかもしれないし、
そうじゃないかもしれない。

有名だろうが無名だろうが、たかがサイトなんで……
私はサイト・雑誌・新聞・書籍の文面は、
あくまでも参考程度。
でもおおいに参考になることも沢山ある。
反面教師で参考になることも沢山ある。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング