何年か前に、テレビでチラッと
 聞いただけなんですけど、タイトルが
『死体のある風景』だったと思うんです。
 確か、小泉今日子さんが、モデルで出ていらしたと
 思うんですが。これも、曖昧なのでわからないですけど
 この、写真集を探しています。
 ほんとうに有るのか、ないのかもわからないです。
 何か、情報があれば教えてください。
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

もし『ジャップ』でしたら、オークションに出品中ですので見てみてください。



参考URL:http://page5.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e10 …
    • good
    • 0
    • good
    • 0
    • good
    • 0

たぶんこれのことだと思うんですが……。


 『死体のある20の風景』
 著:伊島薫 発行:1999/2
 発売元:光琳社出版
 ISBNコード:4771303592 3800円

私は写真集の方しか知らないのですが、雑誌に掲載
されていた、ということですので、元々はmnmaさん
が書かれている雑誌に掲載されていたをまとめたの
だと思います。
小泉今日子さんもモデルとして登場されてます。
    • good
    • 0

写真集ではないのですが、それは「ジャップ」の


「連続女優殺人事件」ではないでしょうか?

「ジャップ」とは、写真家の伊島薫氏が編集をされていた写真雑誌です。
今はなき、京都の出版社・光琳社から発行されていました。
当初は「ジャップ」と表記されていましたが
いつからだったか、「zyappu」という表記になり
日本語(平仮名・カタカナ・漢字)を使わない
という主旨の雑誌になっていました。
モデル写真などが多く、今見ても面白いものです。
その雑誌の連載に、「連続女優殺人事件」という
コーナーがあって、毎回誰か俳優が死体となって
登場していました。
最終的に犯人が本木雅弘で最終回だったのは
覚えているのですが、小泉今日子さんが
登場したかどうかはわかりません……。
山口智子さんや坂井真紀さんが登場したのは
覚えてるんですが。

残念なことに光琳社が今はないので、
図書館でご覧になるか、古書でお探しになるか
方法はないのですが。

以上です。
全く違ったらごめんなさい。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qすごく曖昧な記憶なんですが・・・

探している本が2つあります。
1:「走っている電車の上を走る方法」というのが書いてあった気がします。
その他いろいろ日常の生活でありそうでない危機にあったときの対処法が書いてある本です。
2:「オープン価格は本当に得なのか」
「ノートパソコンは値段の半分くらいが液晶画面である」
「100円均一は果たして得なのか」
とか、お金の消費について書いてある本です。

タイトルは覚えてません。旅行中本屋で立ち読みしただけですので・・・
小さな事でもいいので何かタイトルなどに心あたりのある方は、
教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

1番だけなんですが・・
『この方法で生きのびろ!』(ジョシュア・ペイビン、デビット・ボーゲニクト)だと思います。
同じシリーズで「旅先サバイバル扁」もあります。

日本ではこんなことありえないよな~というのもありましたが、おもしろかったです。

Q自然の風景(海、空)、動物、子どもの写真集でお薦めってありますか?

写真集を探しています。海や空の写真集とか動物や子ども
その他、きれいな写真がいっぱい載っているお薦めの写真集があったら
ぜひ教えてください。実は、将来、写真家を目指しているお友達に
プレゼントしたいと思っています。
その、友達はよく、街の風景なんかを撮っているのですが・・・・。
特にジャンルは問いません。
見ていると心が和むような、「わぁーきれいだなー」って思えるような
そんな写真集を探しています。
「これはいいよ!」ってゆうのがあれば教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 自分で買おうと思って、そのままになっているのですが。
 友人が持っていた「空の名前」(漢字だったかどうか自信無し)という雲の写真集がとてもすてきでした。
 いろいろな雲の形と、その名前が載っているものでした。

Q岩波書店がCD-ROM版『広辞苑』を刊行した最初の年は何年でしょうか。

岩波書店がCD-ROM版『広辞苑』を刊行した最初の年は何年でしょうか。

Aベストアンサー

1987年ではないでしょうか。

参考URL:http://www.kddi.com/business/oyakudachi/square/front/ueno/index.html

Q趣味について聞きたいんですけど

読書の趣味について質問したことがあるんですが、その時、1年間に300冊は読まないと読書が趣味とは言えないようなことを書き込まれたことがあります。
そこで質問したいことがあるんですが、
読書が趣味というのは、敷居が高いんでしょうか。
たとえば、「散歩することが好きなんですが、いえいえ、そんなに本格的にはやりません。趣味程度のことなんですよ」と言った感じの、“趣味”と、読書の趣味とは、圧倒的に何か違いがあるんでしょうか。
てっきり、趣味とは“自己満足”のようなものなのかと思っていたんですが、もし違うなら、自分は読書を熟読玩味精読丁寧に再読までじっくり時間と思い入れをかけて楽しむ、数ページでも長い長い世界と時間、心象を感じて、不思議で面白くていいな~と、作品世界そのものを楽しむことを趣味(とは言えないのか?)と思っている自分は、趣味とはとても言えないことになるんでしょうか。

ちなみに、速く読むと、自分は知的障害ほどではありませんが、文字自体を理解できないので、理解しながら速く読んでも、ページごとに1分半くらいかかります。(簡単なジュブナイル物でもライトノベルでさえも)
苦手なものは嫌いとは同義でもないし、苦手でも好きなわけです。
好みと能力は違う。その好みを、趣味というのはおこがましいことなのでしょうか。

読書の趣味について質問したことがあるんですが、その時、1年間に300冊は読まないと読書が趣味とは言えないようなことを書き込まれたことがあります。
そこで質問したいことがあるんですが、
読書が趣味というのは、敷居が高いんでしょうか。
たとえば、「散歩することが好きなんですが、いえいえ、そんなに本格的にはやりません。趣味程度のことなんですよ」と言った感じの、“趣味”と、読書の趣味とは、圧倒的に何か違いがあるんでしょうか。
てっきり、趣味とは“自己満足”のようなものなのかと思ってい...続きを読む

Aベストアンサー

趣味:
人間が自由時間(生理的必要時間と労働時間を除いた時間、余暇)に、好んで習慣的に繰り返しおこなう事柄やその対象のこと。道楽ないしホビー(英:hobby)。
(Wikipediaより部分引用)

・自分が好んで
・習慣的に
やっているのであれば十分趣味でしょう。

年間300冊読破することを自慢しても、その中身を理解していなければ「ただ単に読むのが速い人」でしかありませんし、
速読であればものの数分で文庫本1冊を読み切る人もいます。
そうやって「毎日読んだ冊数を誇る」事を趣味にしても別に構わないと思いますが、他人を巻き込んで欲しくは無いものですねw

本の世界にどっぷり浸かってその世界を楽しむ。良い本の楽しみ方だと思いますよ。

ちなみに私は小説などを読んで
「うわっ、そう来るか」「その振りは無いだろ」「あんた、また同じネタを・・・」
などと心の中で作者に突っ込みを入れながら読むのが好きです。
ええ、オタクです。

Q午腸 茂雄の写真集をネットで購入したいのですけど

午腸 茂雄の写真集をネットで購入したいのですけど
サイトあったら教えて下さい

Aベストアンサー

アマゾンで2冊取り扱いがありますね。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-form/249-1497025-1120334


人気Q&Aランキング

おすすめ情報