乾燥肌、冬の肌トラブルに本気の対策 >>

10年以上使用しているエアコンです。

エアコンの室内機から室外機まで、4つのパイプが一緒に束ねられて行っていますね。それらは、電気コード、室内機からの水滴を流すパイプ、そしてフロンが流れる細めのパイプ2本の計4本ですよね。(違っていたら指摘して下さいね。)

最近購入したエアコンの室外機では、フロン用のパイプが剥き出しにはなっていないのですが、古いのは接続部分の金具や接続部分に近いパイプが剥き出しになっています。これはパイプに巻かれている断熱材が劣化して、かなり失くなっているからでもあるのですが。

それで質問なのですが、この剥き出しの部分の金具やパイプが水が流れているように濡れていて、触ってみると冷たいのです。フロンのパイプが冷たくて水蒸気が結露する、だからこれは問題はないのでしょうか?この状態は正常なのでしょうか?あるいは、剥き出しの部分を何かで覆うべきなのでしょうか?今頃になってこんなことに気づきました。

剥き出しの部分は断熱材が劣化しただけではなく、取り付け時から金属部分は外部にさらされた状態なのですが、昔のエアコンはそんなものだったのでしょうか?これから、どうしたらいいのかご教授願えませんか?よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

配管部分は冷たくなっていて問題ありません。


逆に冷たくないようであれば故障です。

最近のエアコン室外機ではこの接続部分もカバーで隠すような構造になっているものが多いため、結露している様子などは見えませんが、同様に配管は冷たくなっています。
仮に室内の部分で断熱材が取れてしまっていると断熱不良により結露が生じ、水漏れなどが発生することがあります。

室外機の配管で比較的細い管だけが冷たく、太い側のパイプが冷たくない場合や、細い管が結露ではなく凍ってしまって霜がつくような場合ですとガスが不足していることもあります。太いパイプが霜付きを起こす場合は室内機の熱交換器が汚れているなど室内側での風量不足などがあります。

特に片方のパイプだけが冷たいというのでなければ、何もする必要はありませんが、配管接続部分の下に水が垂れて困るという状況であれば断熱材などを巻くという方法もありますよ。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

>特に片方のパイプだけが冷たいというのでなければ、何もする必要はありませんが・・・
→両方のパイプが濡れていて冷たい状態です。断熱材で巻いた方が効率的なのかなあと思っちゃいますけど、如何でしょう?
ご回答を頂き、誠にありがとうございました。

お礼日時:2006/07/26 16:53

#9のお礼を見てさらに。

。。

仮に冷媒が抜けているなどして足りなくなっている時には補充するのではなく、全部抜き真空にした状態から規定量を入れるほうが望ましいです。

というのは、ガスは目に見えるものではないので、抜けた量がわからず、圧力を見ただけでおおよその補充はできますが、メーカー推奨の規定量にはならないため何らかの支障が出る場合があるためです。
このため、一度抜いて真空にしてからメーカーで規定されている量を入れるようにします。

お礼の書き込みを見ると、何らかの解釈違いもあるような気がしますが、ガスが規定量入っていないものであったとすれば全入れ替えをお勧めしても問題ではなく、逆に望ましい方法だったと思いますよ。

旧機種が故障して冷媒が無いもしくは修理費用が高額、部品が調達不能という状況になれば、新機種へ交換するしかないと思います。
その際、先に書いたように配管も交換しなければならないかと思いますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>お礼の書き込みを見ると、何らかの解釈違いもあるような気がしますが、ガスが規定量入っていないものであったとすれば全入れ替えをお勧めしても問題ではなく、逆に望ましい方法だったと思いますよ。
→古いエアコンのガスが不足してきた場合、補充ではなく全入れ替えが望ましいのですよね。しかも、それは新冷媒ではなく旧冷媒にしなければなりませんよね。でも、その店員さんは新冷媒になると言われたんです。ですから、やはりまずくはありませんか?

今回も大変ご親切に説明下さり、申し訳ありません。本当にありがとうございました。m(_ _)m

お礼日時:2006/07/27 22:03

shippoです。

#4のお礼も見ました。
で、さらに気になったので書き込みしておきます。

数年前に従来使用していたR12,R22などのフロンガスは塩素が含まれているためオゾン層を破壊するとして使用が禁止になりました。
この禁止とは新製品を販売・製造する際に使用してはいけませんという内容のものであって、従来の機種までその対象を広げてはいません。
修理やその他で従来の製品に旧冷媒を使用することは認められていますし、修理に関しても部品など修理をして直せるようにするために最低保有年数というのが国で定められているため、すぐには全撤廃になりません。

従来の旧冷媒を使用している機種に新冷媒を入れてしまっても、圧力の違いやコンプレッサー内のオイルの問題などにより使用できなくなります。
混ぜずに全部抜き、真空ポンプで真空にしてから入れたとして同様に使用できません。

また、最近の冷媒を使用するときには配管の銅部分の肉厚も厚くなっています。これは圧力が旧冷媒のころより増えたことによるもので、暖房時に特に高圧力となりますので古い規格の配管を使用するとガス漏れなどの恐れや配管破裂(よほどでなければないですがね)などもありえます。

それから配管の太さですが、細い管と太い管の2種類で一組になっているものがほとんどです。家庭用の小型機ですと2分と3分という太さの配管を使用します。太さの違いは直系にして約5mm程度の違いです。

この配管ですが、低圧・高圧と呼ばれていることもありますが、厳密には冷房時は細管も太管も低圧です。暖房時には両方ともに高圧になります。細管と太管の圧力を比べてみれば冷房時には細管が低圧で、太管が高圧にはなっているのですがね。
まぁ、ここまで詳細なことは知っていなくてもエアコンの使用には問題ないですが話題にはなっていたので一応。。。

あと、車のエアコンの冷媒についても昔はよく抜けてましたが、最近のはよほどのこと(事故などによる破損など)がない限り抜けなくなってきています。10年以上経った車でも抜けているというのを見かけなくなっています。まったくゼロということではないですけどね。

以上、参考まで。。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>修理やその他で従来の製品に旧冷媒を使用することは認められていますし、・・・
→ええっ、私はかなり詳しく話しを求めたのですが、そんなことは電器屋さんは言っていませんでした。ですから、私は旧ガスの場合は補充ではなく、入れ替えするものだと解釈していました。ひょっとして、ガスの入れ替えをさせようとしていたのかも・・・。性格が悪くなってきた私・・・。
>混ぜずに全部抜き、真空ポンプで真空にしてから入れたとして同様に使用できません。
→益々ええーっです。あの電器屋の店員さん、私が素人だと思って適当なことを言ったに違いありません。そう言えば、セールス専門という感じの人で、機会には疎いのかも知れない・・・。このサイトは皆さんがご覧になるので、間違いがあればこのように指摘して頂けると有り難いですね!
>また、最近の冷媒を使用するときには配管の銅部分の肉厚も厚くなっています。
→ということは、もし昔のエアコンのガスが抜けたら、旧冷媒を補充するか、新しいエアコンに買い換えるかするということになりますね。うーん、勉強になりますねえ。あと、配管についてもいろいろと説明をいただき賢くなりました。(と思います^^;)

ご親切に何度もご回答を頂き、誠にありがとうございました。

お礼日時:2006/07/27 10:22

NO.3&6です



>afewgoodmenさんのエアコンは品質が特に良かったので…

はい、お察しの通りです
当時、某メーカー製で20万以上しました
(何でこんな高いの買ったんだ??ぐらい高かったです。親が選んで買ってきたものです。ちなみに冷蔵庫は20年近く使ってて今年のお正月に買い換えました)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>当時、某メーカー製で20万以上しました
→値段が高いだけでなく、当たりでもあったと言いたかったんですよ。(^^)
>ちなみに冷蔵庫は20年近く使ってて今年のお正月に買い換えました)
→これも当たりですね。ただ、長期間使用する場合はエアコンとか最近省エネタイプが結局はお得ですから、少々高くても買い換えた方がいいかもね。(何だか、世間話をしている感じがしてきました・・・^^;)

何度もお相手して(^^;)いただき、誠にありがとうございました。

お礼日時:2006/07/27 10:10

昔も今も、ボルト部分までは、断熱していません。


また、管の部分が10センチ以上むき出しならば、同じような物で断熱すれば、ほんのわずかですが、消費電力が少なくなるかも?
あと、昔は、室外機との接続部分にカバーが無い物が多かったです。
現行の機種は、ほとんどカバー付ですから、そこらあたりも、見た目の断熱の違いかもしれません。
あと、ガス抜けですが、車でも、昔はGS等、ガス補充の看板はよく見ましたが、最近は全く見かけません。
私も、車のエアコンの故障はありますが、ガス抜けは一度もありません。ですから、車のガス抜けが頻繁と思うのは、適切では無いように思います。
あと、エアコン(住宅用)のガス抜けも、基本的には、漏れなければ、抜けません。
抜けるという事は、原因はいろいろありますが、設置工事等に問題がある場合が多いです。
あと、エアコン用のガスですが、旧冷媒(旧式のガス)と、新冷媒(最近のガス)があり、工事業者は、両方のガスのボンベを持っていますので、混じるとか、違う規格のガスを入れるとかは、無いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

himaさん、こんにちは。HN、ユーモアがあり好き!でも、ひょっとして、暇さんではなく、日間さんだとかだったりして・・・。(^^;) 
>また、管の部分が10センチ以上むき出しならば、同じような物で断熱すれば、ほんのわずかですが、消費電力が少なくなるかも?
→断熱材が劣化して取れているので、20~30センチくらい剥き出しです。何かで巻くことを考えますね。まだまだ働いて欲しいですからね。
>あと、ガス抜けですが、車でも、昔はGS等、ガス補充の看板はよく見ましたが、最近は全く見かけません。
→そう言えばそうですね。私の車も長い間ガス補充なんてしたことないですねえ。
>あと、エアコン(住宅用)のガス抜けも、基本的には、漏れなければ、抜けません。抜けるという事は、原因はいろいろありますが、設置工事等に問題がある場合が多いです。
→電器屋さんが言ったことなんです。今でも、ガスはやはり抜けるって・・・。だから、ガスは何CC(液体の状態)を補充するか、充填し直すかによるけど、普通は新冷媒にし直すと16,000円位かかるって。でも、新しくエアコンを買うよりいいですよね。

いろいろと気のついた点をお書き頂き、誠にありがとうございました。

お礼日時:2006/07/27 10:03

>ガスは補充か、新しいフロンに充填し直したりされましたか?まさか、ガスはそのまま…



そのまさかで、買ったときのまんまです
引越し前はあまりというか殆ど使ってなくて宝の持ち腐れ状態でした
(ちゃんと冷えてます)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

車のエアコンのガスほどには抜けないと思いますが、十年近くも経つと、少しずつ抜けるそうですよ。冷えが悪くなったので電器屋さんに見てもらったら、抜けているということで補充して貰いました。afewgoodmenさんのエアコンは品質が特に良かったのでしょうね。(^^)
>引越し前はあまりというか殆ど使ってなくて宝の持ち腐れ状態でした
→うちは暖房には使っていないんですが、使う頻度に拘わらず、機密性の問題で抜ける面もあるそうですよ。そう言えば、昔かった窓につけるエアコン(まどっぽ)はまだ冷えますねえ。当たりハズレもあるのでしょうね!
余計なことを言いまして、わざわざお返事をいただきました。ご回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2006/07/26 21:09

エアコンの配管には太い方(低圧)細い方(高圧)があります。


この細い方はたいへん冷たいはずです。ずっと触っていると、冷たくてがまんできなくなると思います。
これで正常です。そのために結露してしまいますので、気になるようでしたら断熱材を巻いておいてください。
むき出しのままでも特に問題はありません。

もしよろしければ下のサイトで、エアコンの説明がしてあります。1度ご覧ください。

参考URL:http://www.monoshiri-kagaku.com/kagaku/shikumi/a …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>エアコンの配管には太い方(低圧)細い方(高圧)があります。
→このエアコンの配管の太さはあまり違わないんです。どうしてでしょうね?
エアコンのサイトを紹介いただきありがとうございました。ご回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2006/07/26 21:00

#2です。

お礼見ました。
別に断熱材は巻かなくてもいいです。
特に効率が落ちるといったこともありません。
水が垂れて困るようなら断熱材を巻いてください。

それから、エアコンのフロンガスについて#3さんのお礼に書いてあるのを見て一言。。。
エアコンに使用しているガス、特に10年ぐらい前の機種であればR22というフロンガスを使用していると思います。

で、このフロンガスは抜けない限り永久的に使用できます。

フロンガスは移設時などに回収するのですが、業者がミスをして回収しきれなかった場合や、設置する際にエアパージをしすぎて(最近は環境配慮のため真空ポンプでエア抜きをしますが以前はフロンガスでエア抜きをしていました)ガスの量が足りなくなるということはありました。

この場合にはできるだけ規定のガス量をガスを完全に抜いてから入れるのが望ましいのですが、機械的な弁を使用していない機種やインバーターでない機種では圧力を見ながら追加補充する場合もありました。

このように抜けることがあるのは設置、取り外しの際の問題であることがありますし、場合により配管亀裂や弁のパッキン不良で漏れるものもあります。
この場合にはフロンガスを補充なりしますが、先に書いたようにフロンガスは永久的に使えますので、ガスが劣化して冷房・暖房能力が落ちるなんていうことはありませんよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>別に断熱材は巻かなくてもいいです。特に効率が落ちるといったこともありません。
→効率が落ちませんか、良かったです。(^^)
>この場合にはフロンガスを補充なりしますが、先に書いたようにフロンガスは永久的に使えますので、ガスが劣化して冷房・暖房能力が落ちるなんていうことはありませんよ。
→ガスが劣化するとは思いませんが、当時のフロンは今は禁止ですよね。ですから、違う種類のガスを混ぜるといけませんよね。抜いて最近のガスを充填し直さないといけないですよね。私が余計なことを書くものだから、質問とはだんだんと離れてきましたね。
いろいろと丁寧なご説明をいただき、誠にありがとうございました。

お礼日時:2006/07/26 20:57

うちのエアコンは15年以上使用してます



数年前に引っ越したのですが引っ越す前も引っ越してからも金属部分は何センチか剥き出しのままです
(引越し後のほうが剥き出し部分は長い)

そこからも水は流れてます


詳しくはわかりませんがちゃんと使えてるので大丈夫じゃないですかね?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>うちのエアコンは15年以上使用してます
→頑張っていますね!ガスは補充か、新しいフロンに充填し直したりされましたか?まさか、ガスはそのままということは無いですよね。そうだったら、多分冷えないと思いますから。うちは6年前に補充しました。
>数年前に引っ越したのですが引っ越す前も引っ越してからも金属部分は何センチか剥き出しのままです
(引越し後のほうが剥き出し部分は長い)
→よく観察されていますね。そうですか、うちのも問題ないのですね。あー良かった!
ご回答を頂きありがとうございました。

お礼日時:2006/07/26 16:59

昔(10年ほど前)使っていたエアコン、確か同じ状態でしたよ。

別に結露だから心配ないと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうでしたか、よく観察されていましたねえ。私は今頃・・・。(^^;)
ご回答を頂きありがとうございました。

お礼日時:2006/07/26 16:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエアコンの室内機と配管が結露します。

設置して5年の家庭用4.0kwのエアコンですが、
室内機の表面の蓋と配管が結露して、大量の水滴が落ちてきました。
湿度は80%(家庭用なのと古いので精度低い)はあると思います。
今まで、結露など考えもしたことないし、
そのようなことも起きたことはないと思います。

この症状は故障なのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。

非常に暑い昨今のことですから、お帰りになってすぐなど、暑くなってしまった部屋を
急冷しようとしたなら、結露の可能性はあります。湿気も多い時期ですしね。

エアコン自体の故障ではないように感じます。

エアコンの配管は、銅管の上に断熱材を隙間なく被せたものを使用していまして、
更に、その上から非粘着式の外装テープで、冷媒ガス管・電源ケーブル・ドレンホース(排水ホース)を一まとめに
しているはずです。あるいは、樹脂製の配管カバーを用います。
その工程にミスがあれば、設置後すぐにトラブルが起こったはずですが、設置後5年経過している
となると、単に設置ミス、ということではなく
・やはり、室温・湿度と、エアコン設定温度の差(湿度が高ければ、結露もあるでしょう)
・銅管の腐食などによる亀裂(亀裂から封入ガスが漏れ出すことで、温度差による結露はあります、エアコンは数日以内に効かなくなります)
・被覆テープや断熱材の劣化による銅管の披露(ガスで冷えた銅管が外気に触れて汗をかきます)
・ドレンホースの問題(この場合,室内機の結露は起きないでしょう)

ではないかと思います。
室内機に結露がある、ということですから、
今回は室温・湿度・設定温度の問題だと思いますが、その場合、エアコン作動の前に、
通気を行って、室温を少しでも下げておく、などの工夫で改善できるかも知れません。

例えば、特に湿度が高いときにエアコンを作動した、近所に新しい物件ができて風が通らなくなった、
生活環境の変化で、ご自室の通気の環境が変わった(日中窓を開けられない、最近水槽を置いた、など)
ということはなかったでしょうか?

ドレンホースの問題については、
○埃などが溜まって徐々に排水ができなくなる場合
○ドレンホースの先端に何か問題が起きて排水ができなくなる
○イタズラなどによって、ドレンホースの先端が持ち上がっていて排水ができていない
というケースがあり得ますが、この場合は考えにくいと思います。

余計なことまで書いたようですが、今回は、湿気・通気対策が一番の解決策のように思います。

こんばんは。

非常に暑い昨今のことですから、お帰りになってすぐなど、暑くなってしまった部屋を
急冷しようとしたなら、結露の可能性はあります。湿気も多い時期ですしね。

エアコン自体の故障ではないように感じます。

エアコンの配管は、銅管の上に断熱材を隙間なく被せたものを使用していまして、
更に、その上から非粘着式の外装テープで、冷媒ガス管・電源ケーブル・ドレンホース(排水ホース)を一まとめに
しているはずです。あるいは、樹脂製の配管カバーを用います。
その工程にミスがあれば、設置後...続きを読む

Qエアコンが冷えなくて困っています。

エアコンが冷えない原因追求で悩んでいます。

2年ぶりに和室のエアコンを使用したら
生ぬるい風しか出てきませんでした。

冷媒の抜けを考え室外機カバーを外してみたら
送り(高圧)側の配管は冷たくなって結露していました。

冷媒は十分に冷やされているのでエアコンのフィンを触ると
全然冷たくなく熱交換がされていませんでした。

この間の配管詰まりを考え、高圧側を閉じて運転して
冷媒が室外機に戻るか確認しました。

10分程度運転して低圧側も閉じてエアコンガスチャージの箇所を一瞬突付くと
シュっと音がしたので、やっぱり配管が詰まって戻っていないのかと思い
高圧側を再度開くとシューと配管内にガスが充填される音がしました。

ガスの量が少ないのかと冷房18度、風量を強にして30分程度動かしましたが
高圧側配管の凍結も無く、配管は冷たく結露はしていました。

その後、高圧側、低圧側を開けたり閉めたりして冷媒の詰まりを確認しましたが
詰まっている感じではありませんでした。

しばらく使っていないのでガスの循環が悪いのかなと1時間程度運転しましたが
冷たい風は出ませんでした。

やはり送り側の配管が冷たくなっているのにエアコンフィンが冷たくないのを考えると
配管の詰まりを考えてしまうのですが
3年前に購入と比較的新しいエアコンなので配管詰まりを疑ってしまいます。
どのような症例が考えられるのでしょうか?

補足ですが
送り側の配管が冷たくなっているのを確認したのは室外機を出たすぐのスイベル部分です

今回のエアコンは3年前に購入、
自分でもエアコンの取付が出来ますが
取付工事込み価格だったので
業者で取付けを行い1年目は普通に使えていました。

他の部屋は以前使用していたエアコンを自分で取付しています


少しマニアックな質問ですが知恵をお貸しください。
またプロに頼めば・・・等、一言程度のコメントはご遠慮下さい。

よろしくお願いします。

エアコンが冷えない原因追求で悩んでいます。

2年ぶりに和室のエアコンを使用したら
生ぬるい風しか出てきませんでした。

冷媒の抜けを考え室外機カバーを外してみたら
送り(高圧)側の配管は冷たくなって結露していました。

冷媒は十分に冷やされているのでエアコンのフィンを触ると
全然冷たくなく熱交換がされていませんでした。

この間の配管詰まりを考え、高圧側を閉じて運転して
冷媒が室外機に戻るか確認しました。

10分程度運転して低圧側も閉じてエアコンガスチャージの箇所を一瞬突付くと
シ...続きを読む

Aベストアンサー

説明が言葉足らずだったようですみません。私は冷凍機は扱わないので空調との違いがあるのだと思いますが、私が理解している空調機の動きを記したいと思います。

空調の場合、室外機から冷たい冷媒を送り出してそれで室内の空気を冷やすと言うより、冷媒が気化する時に周囲の物(空気)から熱をたくさん奪うという原理を使っています。15℃程度の温度でも冷媒が液体から気体に変わる時には多くの気化熱を奪います。それは冷たい水を熱交換器に通してファンで空気を送るときよりも多くの熱を奪います。ですから室外機から出る冷媒は液体で適度な温度と圧力のもとにあればいい訳で特に冷たくなくてもいいということになります。

そしてエアコンの冷媒は液体の状態にあるとき圧力と温度には相関関係があります。つまり圧力が高ければ高温、低ければ低温になります。室外機から出た冷媒は室内機を通ってまた室外機に戻るにつれ、圧縮機により強く吸入されるので圧力は下がり、温度も下がります。液管よりガス管の方が冷たいと言うのはガス管の方がより低圧でかつ完全に気化しておらず一部は液体のまま戻ってきているという状態を表しています。

冷媒量が正常なら熱交換器で冷媒の気化が起きるのですが、ガス漏れや詰まりで十分の液体冷媒が回らないと気化するポイントが冷媒回路上で前にずれてきます。液管に霜が付いているような場合はそこで気化してしまい熱交換器ではすでに気化してしまった冷媒が通るだけなので空気の熱を奪うことはできず、生温い風しか出てこなくなります。そしてエアコンの場合冷媒が完全に気化せずに一部液体で戻ってくると言うのは大切で、特別な冷却機構を持たないコンプレッサの温度を下げる役目があります。ガス漏れや詰まりで冷媒が完全に気化して戻ってくるような場合(つまり液管よりガス管の温度が高い)コンプレッサの温度はどんどん上昇して、過昇保護機能が働いて停止してしまいます。

取り留めの無い文章になってしまいましたが、前の回答より幾らかましにはなったでしょうか。ちなみに私は空調機の修理を仕事にしているので上に書いたことは、仕事上学んだ幾らかの知識と経験に基づいています。空調に関係する原理や物質の状態遷移を専門的に学校で学んだわけではありませんので、その程度のものだと考えてくだされば幸いです。

説明が言葉足らずだったようですみません。私は冷凍機は扱わないので空調との違いがあるのだと思いますが、私が理解している空調機の動きを記したいと思います。

空調の場合、室外機から冷たい冷媒を送り出してそれで室内の空気を冷やすと言うより、冷媒が気化する時に周囲の物(空気)から熱をたくさん奪うという原理を使っています。15℃程度の温度でも冷媒が液体から気体に変わる時には多くの気化熱を奪います。それは冷たい水を熱交換器に通してファンで空気を送るときよりも多くの熱を奪います。ですから室...続きを読む

Qエアコン室外機からの水漏れ

エアコン室外機のドレンフォースではない配管部分から水漏れしています。
説明書を読むと、「冷房時に冷えた配管や配管接続部に水滴がつき、滴下するためです」とあり、故障ではないと書いてありますが、
本当にこのままにしておいてよいのか心配しております。
エアコンの設置状況は、マンションのリビングでベランダに室外機を設置しております。
配管は化粧カバーをしており、水が漏っているだろう部分は、
配管部分で室外機に近く、化粧カバーしていないテーピング部分です。
水漏れ具合は触るとぬれているのがわかる程度ですが、
ウッドデッキの上にあるため、ウッドデッキがしばらくすると筋上にぬれています。
通常のドレンフォースはかさあげしているウッドデッキに穴を開けてそこに
挿しているのでウッドデッキの下を流れています。
エアコンは1ヶ月前に購入、エアコンのサイズは71型で家庭用では一番大きなものです。神奈川在住です。
今まで一度もドレンフォース以外から水が滴ることはありませんでしたが、昨日の夜初めてもれていることに気づきました。
夜だったため漏れの部分が確認できませでしたので、
今日確認しようと思っていたところ、
エアコンは朝からつけ始めてお昼ごろみてみたところ漏れは確認できず、夕方になりまたもれていることに気づきました。
素人考えで、土日でしたので朝からつけており(平日は共働きで夜のみ)、
暑さのためかなぁ・・。と思っておりましたが故障していたり穴があいていたとなれば困ります。
あまりにもひどいようなら購入先の問い合わせしてみようと思いますが、
まずは皆さんのご意見をよろくお願いいたします。
故障ではない水漏れはどのくらいの範囲を言うのでしょうか?
故障でなくても毎日のようにもれる可能性はありますか?

なかなか症状をみてみないと答えにくいとは思いますが、
なんでもいいのでアドバイスお願いいたします。

エアコン室外機のドレンフォースではない配管部分から水漏れしています。
説明書を読むと、「冷房時に冷えた配管や配管接続部に水滴がつき、滴下するためです」とあり、故障ではないと書いてありますが、
本当にこのままにしておいてよいのか心配しております。
エアコンの設置状況は、マンションのリビングでベランダに室外機を設置しております。
配管は化粧カバーをしており、水が漏っているだろう部分は、
配管部分で室外機に近く、化粧カバーしていないテーピング部分です。
水漏れ具合は触るとぬれて...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。

それを水漏れというかどうかは別として、通常のドレンホースは室内機からの水を外に流すもので、マンションベランダなどに天釣りする場合以外には、室外機用のドレン処理(頭の上に水がおちますから)は、普通しません。

主に暖房をかけたときに室外機から水が出ますが、夏場でも配管は冷たくなりますので、少量の水が落ちることはありますね。

ozon_ozonさん宅の場合、室外機はウッドデッキの上に置かれているのでしょうか?
特別に言わなければ室外機用のドレン処理はしてくれないので、取り付け業者を呼び、追加工事として行わせてください。

ご自分でやりたい場合は、室外機ドレンホースのアタッチメント(室外機の付属品として入っていることが多いですが業者さんが片付けてしまっているかも。)があるか確認し、ドレンホースと接続したあとに室外機の底面に取り付けておしまいです。

アタッチメントがない場合、付属品であれば「無料で持ってきて」と言えることですから、ついでに「ホースも1mくらいほしい」といえばわけてくれると思います。

どこまで無料対応してくれるかは業者によるでしょう。

はじめまして。

それを水漏れというかどうかは別として、通常のドレンホースは室内機からの水を外に流すもので、マンションベランダなどに天釣りする場合以外には、室外機用のドレン処理(頭の上に水がおちますから)は、普通しません。

主に暖房をかけたときに室外機から水が出ますが、夏場でも配管は冷たくなりますので、少量の水が落ちることはありますね。

ozon_ozonさん宅の場合、室外機はウッドデッキの上に置かれているのでしょうか?
特別に言わなければ室外機用のドレン処理はしてくれないので、...続きを読む

Qエアコンのガスの有無を調べる方法

エアコンのガスで検索したのですが、みんな「無い」のを前提にアドバイスを求められてたので新しく質問させていただきました。
去年の夏にこのマンションに越してきたのですが、クーラーがほとんど効かずとても大変でした。
しかし建物が古く断熱材も入ってるのか疑わしいくらい壁が熱かったのでそのせいだと思ってましたが、今年はしっかりチェックしたいと思いました。
水道水の汚れや騒音で連続して大家にクレームを言ったが為に、確信のないエアコンガスについてなかなか切り出せません。
入ってるのか入ってないのか素人でもチェックできる方法はあるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

電気系統が故障していないことを大前提で。

エアコンを「強制冷房運転」する。
5分くらい経ったら室外機を見に行く。
ファンが回っていることを確認。
冷媒配管が接続されている部分のフレアナット部分と銅管を確認。ここの冷たさがガスの量の目安になります。

金属部分が冷たくなって、さらに水滴が付いているのなら、ガスは入っています。

水滴ではなくて白く霜が付いているならガス不足です。修理を依頼してください。

まったく冷たくないなら、ガスがありませんから速やかに運転を停止して修理を依頼してください。

大雑把な確認方法ですが、ご参考までに。

Qエアコン配管の断熱材補修について

 添付写真をご覧ください。うちのエアコンなのですが、かなりひどい状態です。配管はとぐろを巻いてまともに処理されておらず、断熱材に防水テープなどがないむき出しのために劣化してボロボロ、配管が露出してしまっております。

 もう20年もたつエアコンだそうですので買い換えかなとは思いましたが、まだ使えるには使えますし、来客時くらいにしか使わないので断熱材の補修だけで済ませたいと思っております。そこで、どんな部材を揃えてどんな処理をしたらいいのか、どんな注意事項があるのかを教えていただけないでしょうか。

 あと、やはりこれは手抜き工事ということなのでしょうか。配管がとぐろを巻いていて、防水処理もされておらず、室外機の防振対策もしておらず、ネジを取り付けるような穴もあるのに固定もされてません。ブロックの上においてあるだけです。もしそうなら次に取り付ける際にはどんな業者を選択し、どのような点に注意すべきかアドバイスをいただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

手抜きとかでは有りませんよ。それに屋外風雨や日光に晒されていれば20年もたてばテープも断熱材も、見事にぼろぼろになります。また、家庭用のエアコンでは基本的な配管の長さが決まっている場合が多く、きっちり切って長さをあわせることは少ないのですよ。これは、きっちりの長さにしてしまうと引越しなどで移設する際に配管を新たに購入する必要が出る可能性が高いという理由からで、一般的なエアコンでは3.5mないし4mの長さが標準とされています。従って工事を行う場合でもそのままの長さで使う場合が多いのです。

室外ユニット自体を固定するのであればコンクリートにアンカーボルトを打ち込んで固定ということにありますが、アンカーボルトは一度打ち込んでしまうと抜くことはできません。一戸建てで有れば問題が無いでしょうけれど、賃貸などではエアコンの機種を交換する際にボルトに位置が合うかどうかは判らない(合うことはめったにない)ですから、不用意に打ち込んでしまうことはできません。まぁ。気休め程度にカールプラグで固定することもできますが、たぶん大きな地震などがきたらなんの役にも立たないでしょう。

補修については断熱用の発砲ウレタン(ホームセンターなどで売ってます)とエアコン配管用のテープ(通常70mm程度の幅で接着剤は付いていない)を買ってきて、交換すれば良いでしょう。ついでに排水用のホース(樹脂製のホースで室外に出たところから数十センチあたりのところでつないである)もドレーンホースという名前で売っていますので交換しましょう。配管自体は急角度で折り曲げるようなことをしなければ大丈夫なので、作業がしやすいように室外機を移動してやれば素人でもできます。その際に配管の継ぎ目のナットなどは決して緩めてはいけません。内部には高圧のガスが入っていますので緩めると一気に噴出してしまいエアコンが使えなくなります。

業者に依頼するのであれば問題は無いでしょうけれど、配管をきっちりと切り詰めてしまうと移設する際に新品の配管が必要になる場合が多いでしょうし、切り詰めても性能には殆ど影響はありません。

家電販売店のエアコンのチラシを見ると標準配管工事(3.5mとか4mとか)つきとしてある場合が多いことに気がつくと思いますが、この長さの配管が付属ということで工事されているのです。また、一般の工事ではあらかじめその長さに切られた配管を使う場合が多いので、性能に影響が無い上に多少の室外機の移動もや移設も可能ということで、あえて切らない場合が多いのです。

私は自分で工事を行いましたし移設の予定もないので長尺(20m巻)からひつような長さだけ切り、両端を加工して取り付けましたが、これは一般的ではありません。配管が短くて済むので安くすむからやっただけで、家のエアコンは7台とも全部きっちりの長さしかありませんが、家をどうにかするときは配管は交換するしかない状態ですね。
.

手抜きとかでは有りませんよ。それに屋外風雨や日光に晒されていれば20年もたてばテープも断熱材も、見事にぼろぼろになります。また、家庭用のエアコンでは基本的な配管の長さが決まっている場合が多く、きっちり切って長さをあわせることは少ないのですよ。これは、きっちりの長さにしてしまうと引越しなどで移設する際に配管を新たに購入する必要が出る可能性が高いという理由からで、一般的なエアコンでは3.5mないし4mの長さが標準とされています。従って工事を行う場合でもそのままの長さで使う場合...続きを読む

Qエアコンの風が冷たくないです。

こんにちは。実家のリビングの部屋のエアコンが効かなくて困っています。
私の部屋では27度に設定すると十分に涼しく感じるのですが、問題のエアコンは20度に設定しても、私の部屋より暑いです。
風はゴーゴー出ているのですが、手を近づけると肝心の風の温度がいまいちという感じです。
エアコン用交換フィルターの清掃の清掃は行ったのですが、それでもほとんど改善されません。買い換えるしかないのでしょうか?

Aベストアンサー

冷房にして運転します
セパレート型、ウインドウ型を問わず室外への排気に手をかざして見てください
熱い空気が出ていなかったら故障です
コンプレッサーのまわる音がしなかったら修理代はそれほどかからないと思います
コンプレッサーが回っているのに熱い空気が出ていなかったらたぶんガス漏れです
新しいものを買ったほうが安いです

まさか室内側のフィルターが詰まっているなんてことはないでしょうね
もしそうだったら室内側に氷が付いているはずです
そのときはフィルターの掃除をして氷が融けるまで電源を切っておいてください

Qエアコン配管の霜付きについて

初めて質問します。
10年以上使用しているエアコンですが設置場所を移動して
冷房運転をしてみたところ3~5分ほど経つと室外機の運転が
止まってしまいます。
コンプレッサーが動き出してから室外機の配管接続部分を見ていると
まず細い管に霜が付きだしてその後太い管に霜が付いて真っ白に
なった後、運転が止まります。
配管には茶色のテープが巻いてあるので室内機と配管の接続部分にも
うっすらと霜が付いているのがわかります。
室内機は一応風は出ているようですが弱い風で常温です。
一応少しだけ取付工事はしたことがあり自分で取付をしたのですが
エアコン取り外しの際のガスの回収は問題なかったと思います。
古いエアコンをもらい自分で取り付けたのでもし壊れてしまっていても
あきらめもつきますが、直せるようなら直して使いたいと思っています。
工具等は借りればありますので配管のやり直しやガスの補充は
出来ます。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ごく普通のルームエアコンですよね?
室内機のエアフィルタや熱交換器は汚れで目詰まりしてませんか?
室内機のファンの羽根に汚れが異常に付着してませんか?(羽根の形が変わるくらいに:送風の用をなさなくなる)
室外機側太い配管(ガス管)に霜が付くのは、室内機での熱交換が正常に出来てないということです。液冷媒が室内熱交換器でまともに蒸発できず、液のまま室外機に戻ろうとして断熱材が途切れたところで蒸発が起こり、室外機の入口バルブ付近で霜が付きます。
3~5分ほどで室外機が止まってしまうのは、運転ランプ点滅とかの異常停止でなければ凍結防止による強制サーモオフ(室内熱交換器の凍りつき防止、凍結後停止時の水漏れ防止)と思います。
もし冷媒量の問題だとしたら、ガス欠ではなく過充填です。
汚れてたら掃除してください。自分の手におえなければ業者に洗浄してもらってください。
室内機と配管のつなぎ目に霜が付くのは、そこの断熱材の処置が不十分なのだと思います(仕上テープで見えないとは思いますが)

Qエアコンの室外機が回らない

2日ほど前からエアコンの効きが悪く、調べたところ、室外機が回っていません。エアコンは三洋製で、6年半経っています。8畳用ですが、今年は除湿のため、部屋の仕切り戸を開けて使っています。コンプレッサーが壊れたのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

修理業者です、おそらく室内もしくは室外機の制御基板又は
室外機のパワートランジスタの故障です。
たまに、コンプレッサーの温度過昇防止装置の作動がありますが、
この場合温度が下がれば作動します。

修理が必要です、費用は2万~3万くらいですね。
エコポイントも付きますので、買い替えと迷いますね。

Q家電エアコンを、ガス補充する費用はいくらくらいですか?

約20年前に購入した大手家電メーカーのエアコンですが、冷却能力が落ちたような気がしますのでガスを補充したいと思います。

本当は買いかえたいのですが、事情があり簡単にそう出来ないないため、ガスの補充にどれくらい費用がかかるのかが知りたいのですが・・・。

経験がある方、専門家の方どうか教えて下さい。

Aベストアンサー

参考までに、追加コメントです。

エアコンの「掃除」はされていますか。

1週間に1回はフィルターについたほこりをきれいに掃除することです。
中もエアコン洗浄スプレーで掃除するのもいいです。
これだけでも「効き」が変わります。(電気代も)

大々的にクリーニングするのなら「ダスキン」などに依頼するのもいいでしょう。
実家で実施したところ20年来使用しているエアコンがよく効くようになったとのことでした。

参考URL:http://www.100100.co.jp/goods/h1living.html

Qエアコンの室外機から水が出ない、しかし・・

エアコンの室外機から水が一滴もでません。しかし部屋は良く冷えます。以前使っていたエアコンの室外機からは水が出ていました。このまま使っていて大丈夫なものでしょうか?購入先に問い合わせても、”そういうこともありえます”との頼りない返事でメーカーのHITACHIに問い合わせても同じような回答でした。どなたかこういう経験はございませんか?ちなみに型番はRAS-2800NXです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

エアコンの水は、室内の湿気が冷却される事で、水になって現れるものです。

室内機を開けてみて、室内機内に水が溜まっていないようであれば問題無いでしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報