政府が株の空売り規制をしましたが空売りってなんでしょうか?
また空売り規制をしてから株価が上がっていますが、それなら
なぜ早く規制をしなかったのでしょうか?
また他国はどのような状況なのでしょうか。
ご教授ください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

くだけた感じで説明します。


将来その銘柄が「下がってる」と予想するなら「空売り」し将来株価が上がってると予想するなら「空買い」をして利益がでます。「空」とは「買ったふり」「売ったふり」という事です。ただし、『一定期間後実際に反対売買する』条件付きで。(空売りなら→実際に買い戻す/空買いなら→実際に売り戻す)という事

「空売り」とは、実際に株を手放すのではなく、「一定期間後に、その時の株価で売った分を買い戻さなければならない」という仕組みです。ですから全ての銘柄ではなく「貸借指定」銘柄に限定(例外省略)され、かつ、「空売り・空買い」ともに、「一定の担保(現金or株)を証券会社に預けておく事が条件です。(この担保を預けるので、「信用取引」(きいた事ありませんか?)と呼ばれます。

具体例だと:株価1000円で空売り→買戻し時に株価が800円ならトータルで200円の利益がでます。
「空買い」も同様に:1000円で「空買い」して、「売り戻し時」に1200円なら、200円の利益が出るという仕組み

では、予想がはずれたら、1000円で「空売り」した銘柄が、信用取引決済日に5000円だったら、4000円の損失です。1000円で「空買い」した銘柄が決済日に10円だったら990円の損失です。

上記の予想はずれのケースで実際には決済日前に「追い証」(追加担保と大雑把に)が発生し、支払義務が出るのです。決済日前に「追い証」を日々(大雑把)納める必要
が出てきます。決済当日の結果まで何もしなくていい訳ではありません。その割合が「逆日歩」というものです。これは「空売り・空買い」ともに「売った・買った振り」と言いましたが実際には「日証金」などの組織から「株を借りたり・貸したり」しています。そこで空売りと空買いに過不足がでると、「逆日歩」(新聞にあります。捜してみてください)という表現で発表します。(信用取引してる投資家はこの欄を見てびくびくしてます。追い証を納める利率ですから)

空売り規制をする事で、投資家は「早めに反対売買の買戻し」をしはじめたので、「株価が上がってる」のが現況です。(本当はこんなもんじゃないけど)

以上『非難・訂正・補筆』覚悟で極めて省略して説明してみました。(実際はこれの100倍以上ややこしいですが)
いえることは唯一つ「空売り・空買い共に将来の株価の予想に基づいた投資で、先物取引に近いリスクが伴うもの」だという事です。
P.S.投資家の方へ。これは超簡略版で齟齬もあります。非難訂正はご勘弁を! 
※アッと「外国」欧米にも、堂々とあります。ただ、日本と規模、参加可能な投資家レベルが全く違う。機関投資家向けでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
とても良くわかりました。
追い証という言葉は先物取引の関連で聞いたことがあります。
やはり空売りは先物の様なものなのですね。

>日本と規模、参加可能な投資家レベルが全く違う

最近の報道で空売り規制は日本市場を外国人のおもちゃにしないため
という話がありました
ここまで空売り攻勢によって株価が影響を受けるのは日本だけなのでしょうか?
また、先物で聞いたときも理解ができなかったのですが追い証とはどのような
ものでしょうか?
空売りについて単純に考えると「株を借りる」→「期限までに株を返す」
という話だと思うのですが、そこに追い証が登場するのはなぜでしょうか?
稚拙な質問だと思いますが、もし簡単な話でしたらご教授ください

お礼日時:2002/03/07 19:14

空売りというのは株価を短期間に急上昇させたり、むりあり下落させたりして乱高下すること。


世界大恐慌やアジア通貨危機などの恐慌や通貨危機がおこった原因の一つです。
ただし、エンロン疑惑を出た原因を作ったのは空売りだとも言われています。
最近になりアメリカなどでは空売りを見直す動きが少し出てきています。
空売りが本当に悪いかどうかはいまだに不明です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
素人目に見ると、空売りがあると確かに株の流動性は上がるでしょうが、
問題の方が多い気がします

お礼日時:2002/03/11 02:39

こんにちは。


空売りとは、
証券会社からその銘柄の株券を借りて売却する取引のことです。
今後値下がりが確実と判断できる株式があれば、そうしたいインセンティブはあります。
なぜなら、
 投資家は定められた期間のなかで、その銘柄を買い戻し証券会社に返却すればいいのです。つまり、空売りを行ってから、実際にその銘柄を買い戻すまでにタイムラグがあります。この際、予想通り売却した価格より株価が値下がりしていれば、買い戻した価格との差が利益となります。しかし、値上がりしていれば、大損です。

空売りを規制すれば 株価の上昇をするのはごく自然なことです。
もし規制がなければ、ある程度株価が高くなったとき、株を売りたいと(空売り)
思う人は増えるわけです。(これから株価はファンデメンタルに基づいて下がると予想するため)経済学上、価格(株価も含めて)株を売りたいというひとの数と買いたいと言う人の数に依存します。相対的に株を売りたいと言う人が増えれば、株価はファンデメンタルに基づいて価格が下がるよりも「早く」下がります。しかし、規制があるとこのように価格を下げる力が働くのが「遅く」なるため、株の乱高下が激しくなります。そう言う意味で、空売りはもし投資家の予想が適当であれば、
株価の乱高下を押さえると言う意味で、効率的な投資なのです。
だから、空売り規制は必ずしもよいものではありません。

規制がされてこなかったのは規制は経済学上悪いものではなかったからだと思います。
ただし、規制にふみきったのは投資家の予想がそれほど実際の経済を反映しているものではないとかんがえられてしまったからかもしれません。

他の国については勉強不足でわかりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
仕組みが良く分かりました。

>株価の乱高下を押さえると言う意味で、効率的な投資なのです

今は規制をしましたが将来的には規制を撤廃する可能性があるという
事でしょうか?

お礼日時:2002/03/07 19:07

空売りとはというページを見つけました



参考になれば幸いです

参考URL:http://kworld.miller.co.jp/beginner/gini_a57.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
参考になりました

お礼日時:2002/03/07 19:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q空売りについて

貸借銘柄以外の空売りは、だれが
どのようにして行っているのでしょうか?
一般個人は貸借銘柄以外は空売りができません
しかし、制度信用銘柄、また、制度信用以外でも
空売り残がある銘柄が多数あります
だれが、どのようにして???

そもそも、証券会社自己はなんでもできるのですよね
例のジェイコムの誤発注のときも空売りでか?
証券自己は、信用買い、空売りもするのですか?
金利はどうしているのでしょうか?
証券自己は、現物は手数料なしですよね
でも、信用持ち越しは?

また、証券自己は売り禁銘柄でも空売りできるのでしょうか?
売り禁銘柄で、空売りが増えたりする場面が多々あります
両建ての人が信用買いをはずして、食い合い分の空売りが
相対的に増えて空売り増となるのはわかりますが
その増減高から、それ以外の要素が含まれているように
思えて仕方ありません

また貸借銘柄以外で、ここを売れば大天井で翌日から
下落と感じるときがありますが、個人は空売りでき
なくて、証券自己だけが
空売りできるのは、なんとなくフェアじゃないと思います
空売りには色々とわからないところが多くて勉強中です
よろしくお願いします

貸借銘柄以外の空売りは、だれが
どのようにして行っているのでしょうか?
一般個人は貸借銘柄以外は空売りができません
しかし、制度信用銘柄、また、制度信用以外でも
空売り残がある銘柄が多数あります
だれが、どのようにして???

そもそも、証券会社自己はなんでもできるのですよね
例のジェイコムの誤発注のときも空売りでか?
証券自己は、信用買い、空売りもするのですか?
金利はどうしているのでしょうか?
証券自己は、現物は手数料なしですよね
でも、信用持ち越しは?

また、証券...続きを読む

Aベストアンサー

確かに売禁銘柄でも関係なく売り浴びせてますよね。
日証金の貸借倍率がとんでもない状態(0.1以下)で高い逆日歩が付いていても全くお構いなく売り残を積み上げ、株価が売りの重みに耐え切れず崩落するまで徹底的に売ってきます。

私たち個人投資家は、制度信用取引の仕組みを利用して証券会社から株を借りて貸借銘柄に対してのみ空売りできるのに対して、一部の大口機関投資家は当該銘柄の一般の安定株主(生保など)から名目的に株を借りて空売りしてくるので、制度信用銘柄かどうかは関係ナシです。

また貸している安定株主側も貸し株で手数料収入を得ることを業務化している部署を置いているところもあるらしく、貸し株による手数料収入は増加するが、空売りで保有株式の時価が下落して含み損が増えると言う利益相反関係を生み出している問題がおきていると、今日ラジオ日経で記者が解説していました。

昨年11月株価対策の一環としてネーキッドショート(株式を確保せずに行う空売り)の禁止策が取られましたが、それまでは株を借りていない状態で青天井に空売りを仕掛けていたヘッジファンドもあったみたいです。
全く都合のいい話です。

ただ直近の株式市場は信用売り残高が株数ベースで記録的に積みあがった状態にあり、加えて年度末に向けて正規の株主に借りている株を返す必要があることから、ショートカバー(買戻し)が発生しやすい相場環境にあって、しかもかなり大規模な踏み上げ相場となる可能性もあるとの示唆があります。

確かに売禁銘柄でも関係なく売り浴びせてますよね。
日証金の貸借倍率がとんでもない状態(0.1以下)で高い逆日歩が付いていても全くお構いなく売り残を積み上げ、株価が売りの重みに耐え切れず崩落するまで徹底的に売ってきます。

私たち個人投資家は、制度信用取引の仕組みを利用して証券会社から株を借りて貸借銘柄に対してのみ空売りできるのに対して、一部の大口機関投資家は当該銘柄の一般の安定株主(生保など)から名目的に株を借りて空売りしてくるので、制度信用銘柄かどうかは関係ナシです。

...続きを読む

Q英・米・日の小さな政府とは具体的にどのような政策か

新聞やテレビでは、イギリスではサッチャー首相、アメリカではレーガン大統領、日本では中曽根首相以後、自由放任主義・市場原理主義や小さな政府を志向してきたと報道していますが、わからないことや疑問に思うことがあります。

日本では中曽根内閣の時に国鉄、電電公社の民営化、小泉内閣の時に郵政公社、道路公団の民営化をしたことは知ってます。今年度は今の金融危機と世界不況に対する非常時予算で、予算は前年比で著しく増額していることは知ってます。

イギリスでは1980年代以後、鉄道、電話、石油、航空の国営企業が民営化されたことは知っていますが、それ以外のことは、詳しく知りません。

アメリカの1980年代以後の具体的な政策は詳しく知りません。

1980年代以後イギリスやアメリカや日本で、自由放任主義・市場原理主義や小さな政府志向の政策がどのように採られたのか、政府の予算や役割を増やす政策もあったのか、イギリスやアメリカのGDPや国家予算や、国家予算/GDPの比重がどのように変化しているのかも(英語が苦手なこともあり)知りません。

新自由主義を批判する人からは、福祉を切捨てて、貧富の格差を大ききしたと批判されますが、先進国で既存の福祉制度を廃止したり、著しく削減したり、国家予算を著しく削減して、国民に対して全て自己責任で生きろなどという政策が、先進国でできるのか疑問です。次の選挙で不利になるように思えるのですが。例えば、もし日本で、政権党が健保や年金や介護保険を廃止するとか削減すると言ったら、次の選挙で敗北は必至です。

経済に対する規制を全面的に(または大部分を)廃止し、政府の役割を警察と司法と軍事だけにして、自由放任主義・市場原理主義で経済運営することなど、現代の先進国ではありえないと思うのですが、新聞やテレビの報道が事実に反するか、偏った報道をしているように推測しています。

1.アメリカ、イギリス、日本であらゆる規制を全廃するか、著しく削減して、自由放任主義・市場原理主義の経済政策が採られていましたか。

2.アメリカ、イギリス、日本で社会保障や福祉の廃止や大規模な削減が行われましたか。

3.アメリカ、イギリス、日本で国家予算や、国家予算/GDPの大規模な削減が行われましたか。

4.アメリカ、イギリス、日本で上記外の民営化や、政府機関の廃止や縮小、政府の役割の削減が行われましたか。

5.アメリカ、イギリス、日本で、政府部門の役割を増大する政策や、国家予算や、国家予算/GDPを増大させる政策は、全く採られていませんか。

注:現在の金融危機と世界不況時に対する政策が開始される前の時点までの政策の質問です。

アメリカやイギリスの政治や経済に詳しい人、日本のことでも上記以外の事実を知っている人、回答をお願いします(根拠となる一次資料を提示していただけるとありがたいです)。

新聞やテレビでは、イギリスではサッチャー首相、アメリカではレーガン大統領、日本では中曽根首相以後、自由放任主義・市場原理主義や小さな政府を志向してきたと報道していますが、わからないことや疑問に思うことがあります。

日本では中曽根内閣の時に国鉄、電電公社の民営化、小泉内閣の時に郵政公社、道路公団の民営化をしたことは知ってます。今年度は今の金融危機と世界不況に対する非常時予算で、予算は前年比で著しく増額していることは知ってます。

イギリスでは1980年代以後、鉄道、電話、石油...続きを読む

Aベストアンサー

>先進国で既存の福祉制度を廃止したり、著しく削減したり、国家予算を著しく削減して、国民に対して全て自己責任で生きろなどという政策が、先進国でできるのか疑問です。

そういう国は、ありませんよ。日本にしろ米国にしろ、社会保障費は拡大しているのです。

>経済に対する規制を全面的に(または大部分を)廃止し、政府の役割を警察と司法と軍事だけにして、自由放任主義・市場原理主義で経済運営することなど、現代の先進国ではありえないと思うのですが、新聞やテレビの報道が事実に反するか、偏った報道をしているように推測しています。

規制改革が全面的に廃止しようとしていないですね、ガットからWTOに変わり各国が抱える貿易障壁を無くそうとしてますが、無くす為には保護政策の見直しをやらなければならない、それがマスコミには自由原理主義と騒いでます。

1.自由放任主義は、やってません。米国は日本に対して日米自動車協定を結び輸入規制をやったり、半導体、鉄鋼などいろんな規制をやってきているのです。自国産業保護なのですが、今は通りません。
世界貿易機構(WTO)で提訴されるのです。
世界の発展は貿易です。貿易を活発にすることで経済発展するのですが、自国産業の活況することもあれば衰退する産業も当然起こります。
日本の輸出産業が米国産業に打撃を与え消えた産業もあるのです。
先進国は新興国の追い上げで屈強に立たされた産業があるように自由主義は競争の場で生きているです。もし、仮に生き残れない産業を保護しようとすると税金で保護となるのですね、この税負担を国民が望んでいるとは限りません。

2.日本の社会保障は年々増大傾向です。9年前に医療に占める介護を切り離し介護保険制度が出来ました。これとて不足分は国が負担しているのです。基礎年金の国庫負担分を1/3から1/2に引き上げるのも国庫負担です。社会保障費は自然増加は毎年1兆円と言われているのです。小泉は2200億円の削減をやざしましたが、それでも7000億円は増えるのです。国庫負担はつまりは我々国民の税負担なのです。野党が社会保障の充実を叫んでいますが、その歳入はどこから捻出するかは一言も触れていないのですね、

米国は、日本みたいに国が医療費を負担することはありません、すべて企業と個人が負担するのです。失業した人は医療は実費になるのです。一部弱者の障害者は別ですが、今の政権は国による医療制度を作ろうとしてます。
英国の実情は知りませんが、社会保障費を削減しているどころか増やしているのが現実です。一人当たりの医療費となれば減りつつありますが、経済成長(税収の伸び)と社会保障の伸びが比例するものではなく、現実は社会保障の伸びに経済成長が追いつかないのです。収入が減ってすべての予算が伸びることはできないのです。

3.国家予算はどこの国も伸びてますよ。予算は足りなければ国債発行して歳入を増やしてやりくりしているのです。財政拡大は世界どの国も増えているのです。GDPに対しても英国はサッチャー以後経済成長を続けてきましたから、GDP比では米国や日本より伸び率は低いでしょうがそれだけ税収が良かったことになります。日本は小泉以前の15年間低成長でGDPの伸びが低い状態で財政は拡大させてきたのです。
米国もそうです。湾岸戦争、アフガン・イラク戦争と財政は拡大です。

4.米国は各省庁の人員削減はドラスチックです。必要性が薄れれば削減し、重要度が増せば増やします。冷戦終結後は軍の再編をやってます。
英国ではインフラ整備にPFIです。日本では三位一体による改革などです。

5.政府が関与することが多くなりました。資本注入による金融庁の関与、米国はクリントン政権では経済版NSCを立ち上げました。英国は金融ビックバンで、シティに資金が集まりました。
>国家予算や、国家予算/GDPを増大させる政策は、全く採られていませんか。
そういう国がありますか?自国のGDPの拡大が成長をもたらすのです。成長させる為に政策を採っているのです。首相の所信表明や米国は一般教書演説に成長の話しは欠かせません。政策は政権の目玉でもあるのです。

社会保障費
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2796.html
税収
http://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/siryou/011.htm
税収が伸びて社会保障費が賄え経済や失業対策ができるのです。
出来の良い輸出産業で稼ぎ、政府保護されている産業には規制撤廃で政府からの補助を打ち切ることで税収が伸びるのです。何でもかんでも政府が守れるものではなく、選択と選別が今後求められると思います。
社会保障費の中には生活保護を受ける為の支出もありますが、社会保障充実に不況の中で生活保護者が増え続けて納税者の負担を増やせば収まるわけはないのです。一般国民は、国からのサービスを受けたがるがその負担となる税の所在を余りにも知らない、

>先進国で既存の福祉制度を廃止したり、著しく削減したり、国家予算を著しく削減して、国民に対して全て自己責任で生きろなどという政策が、先進国でできるのか疑問です。

そういう国は、ありませんよ。日本にしろ米国にしろ、社会保障費は拡大しているのです。

>経済に対する規制を全面的に(または大部分を)廃止し、政府の役割を警察と司法と軍事だけにして、自由放任主義・市場原理主義で経済運営することなど、現代の先進国ではありえないと思うのですが、新聞やテレビの報道が事実に反するか、偏っ...続きを読む

Q空売りは悪ですか?

株を始めて2年目になります。
信用口座も開設済みで、空売りもよくやります。

掲示板などで、空売りの話をすると、
よく叩かれますが、なぜでしょうか?

今の相場なんかは、まさに空売り天国で、
私もけっこう儲けました。

でもなんか、空売りで利益を得ることが、
正当ではないかのような雰囲気を感じます。

空売りは悪なんでしょうか?

Aベストアンサー

株式投資の場合、基本的には「買う」と言う行為が先にあり、成長が見込まれる企業に株を買うことで出資し、更なる成長を促すことに主眼がおかれているので「空売りは悪」と評されることが多いようです。

日本人特有の考え方なのでしょうが、株などの投資で「楽して儲ける」=「悪(真っ当ではない)」なのでしょう。

投資の手法として信用売りが可能ですので、決して悪では無いと思いますし、ルールに従って投資をしているので他人からとやかく言われる筋合いのものではありませんよね。

Q政府の市場介入の度合いをしらべるのにはどのような経済指標を利用したらよ

政府の市場介入の度合いをしらべるのにはどのような経済指標を利用したらよいでしょうか?

Aベストアンサー

財務省が発表している外国為替平衡操作で確認できます.
http://www.mof.go.jp/1c021.htm

Q空売りの極意

空売りで7613シークスと7313TSテックを保有していますが、連日の高騰で大損です。空売りする前は高すぎるな・・と思い空売りしたのですが・・。反省点としては損切りができなかった事、欲張りすぎた事、PBRがまだまだ低い事などが思いつきます。空売りで利益を稼ぐのに確認したほうがいいポイントをご教授していただけたら幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も空売りでは、さんざんだったくちですが・・・(^^ゞ

空売りって敵(機関投資家や大口)に丸見えなんですよ、
戦争でいえば、どの程度の部隊規模で、どのような武装をした兵が、どこにどのくらいいるか?が、バレバレってことです。

個人でも日証金を見ればどの程度の空売りが入っているのか推察できるので、ましてやプロには筒抜け同然ではないでしょうかね。

そうすると、大量に資金を動かせる方々は踏み上げられると判断すればねらって買いあがってくるでしょう。逆日歩も付きます。資金的に余裕の無い空売り個人は哀れにも、高値であわてて買い戻すハメになるでしょう。
それで株価は一転、すっ高値に急騰!!

空売りをいれるなら、上記の事は常に気を使わなければなりません。

時価総額が大きく、かつ、浮動株数が多い銘柄をねらう(ちょっとやそっとの買い上げでは、株価が上げられないからです)

貸借倍率の悪化した銘柄をねらう(逆日歩が付きづらいからです)

投資資金を少なくする(多少踏み上げられても踏ん張るためです、元来高値だと判断できるから空売りを入れていると思いますので、不自然な暴騰は長続きしません)

まだまだ注意点はあるかと思いますが、空売りは常に用心が必要なことをお忘れなく・・・・

参考URL:https://www.rakuten-sec.co.jp/ITS/investment/in04_ondemand.html#skip6

私も空売りでは、さんざんだったくちですが・・・(^^ゞ

空売りって敵(機関投資家や大口)に丸見えなんですよ、
戦争でいえば、どの程度の部隊規模で、どのような武装をした兵が、どこにどのくらいいるか?が、バレバレってことです。

個人でも日証金を見ればどの程度の空売りが入っているのか推察できるので、ましてやプロには筒抜け同然ではないでしょうかね。

そうすると、大量に資金を動かせる方々は踏み上げられると判断すればねらって買いあがってくるでしょう。逆日歩も付きます。資金的に余裕の...続きを読む

Q空売りって?

まったくの素人です。株の空売りって何ですか。やさしく教えてくれたら幸いです。

Aベストアンサー

ざっくりと説明します。
ようは、株価が下がると見込んで行なう賭けのようなものです。
たとえば、

Aさんが○×社の株を持っていたとします。
(200円の株を100口持っていたとします)
Aさんはその株をBさんにリースします。
(1口10円のリース料で50口リースしたとします)
Bさんはその株を売りに出します。
(Bさんの持ち金は10000円となります)
Bさんは、○×社の株価が売った金額より安くなったら
売りに出した分を購入しなおします。
(株価が100円に下がったと想定すると、
 5000円(100円×50口)で購入することとなります)
BさんはAさんに借りた株を返却し、
儲けた差額からリース料を支払います。
のこりの差額はBさんの儲けとなります。
(Bさんは、持ち金10000円-購入金額5000円-リース料500円
 の4500円が儲けとなります。
 Aさんは株数は元のままで、リース料の500円が儲けとなります)

Aさんは貸した株の差し引きはなく、リース料が儲けとなり、
Bさんは元手なしで、発生した差額からリース料を引いた分が
儲けとなります。

わかりますでしょうか?
あくまでも簡易な例ですので、
手数料やらなんかはまるっきり無視しています。
以前TVでこんな感じの説明がありました。

ざっくりと説明します。
ようは、株価が下がると見込んで行なう賭けのようなものです。
たとえば、

Aさんが○×社の株を持っていたとします。
(200円の株を100口持っていたとします)
Aさんはその株をBさんにリースします。
(1口10円のリース料で50口リースしたとします)
Bさんはその株を売りに出します。
(Bさんの持ち金は10000円となります)
Bさんは、○×社の株価が売った金額より安くなったら
売りに出した分を購入しなおします。
(株価が100円に下がったと想定する...続きを読む

Q空売りの50単元の質問

個人投資家が空売りする場合、1銘柄当たり50単元までとありますが、
翌日に同銘柄をまた空売りできるでしょうか?

1日目に1単元1株のA株を50株空売りする。
2日目に1単元1株のA株を50株空売りする(合計100株)。
前日のA株50株は買い戻ししないで持続。

上記の空売りは可能でしょうか?
それとも、違反になるのでしょうか?
教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

No.1です。
すいません、肝心なことを忘れていました。
価格規制についてですが、基本的に現在値を下げるような注文が違反と
なります。細かく言いますと成行注文及び直近価格未満の指値、ただし
直近価格のその前の違う価格が直近価格を上回っている場合です。
後半部分はわかりにくいと思いますので、具体的に言うと、直近価格
(現在値)が100円の時、指値100円の空売り注文はその前の価格が
99円の場合は違反になりませんが、101円なら違反となります。
上記の価格規制が適用されるのは50単元超(51単元から)の注文です。
50単元以下(50単元まで)は適用されませんので、成行でも問題あり
ません。

Q国債の空売りはできるか

国債は将来暴落間違いなしといわれています
それでは 空売りをしておけば、確実に設けることができそうですが
できるでしょうか?国債金利は 史上最低ですこれ以上国債が値上げ利する可能性は低く、値上がりしても知れているでしょう。空売りできればローリスクでハイリターンのような気がします。

Aベストアンサー

国債でも空売りできます。
ただし、今、空売りして儲かるとは限りません。
空売り、空買いは、何ヵ月後かには精算しなければならないからです。
また、高いところで売って、安いところで買い戻せば儲かるというのは、小学生でもわかる理論です。
このような小学生理論で儲かるはずもありません。
これで儲かるならば、みんな儲かっているはずです。
株でもなんでもそうですが、高いところで買わなければ儲からないのです。
安いところで売るのです。
この理論がわかるようになるには、20年以上かかります。
あまり単純に考えないほうがいいと思います。
儲けの理論が知りたいときは、私のところにメールください。
くわしく教えてあげます。

Q空売り規制の意味

株価下落抑制のために空売り規制をするということですが、空売り規制は抑制になるのでしょうか。

東1などの優良銘柄はほぼ貸借銘柄です、なので株価下がっても空売りの買戻しなどで株価が一方に振れない、安定した値動きになるいるともいます。

それが、空売りがなくなると、新興銘柄のように下落するときは一方通行になってしまうのではないでしょうか。

そもそも空売りはヘッジのために作られたものですよね、それを規制するということはヘッジなしの相場、投資家にリスクの増える環境になってしまうのではないでしょうか。

空売りができないなら、最初から買わないということにならないでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは、べつに普通の空売りを禁止しているのではありません。
大口のヘッジファンドなどが所謂「売り崩し」に使う、株価の手当もない架空の株式を売り立てる事を禁止するだけです。
ですから、普通の投資家が手持ちの株式の分だけを空売りしておく分にはなんら問題は無いかと思います。
そもそも、短期的にこの世に数量的に有りもしない株式を売れる事自体が、までポーカーのようで問題ではないかと思いますけれど。
流動性流動性とのたまうのは、空売りを提供して手数料を稼いでいる証券会社などからのアナウンスがほとんどで、普通の人は手持ちを売れば良いだけで、売るに売れない株式を保有している関係者などはごく少数で、それらの人が必ず空売りを入れている分けでは有りませんし、空売りを多数の会社が入れてたとすれば、現在発表たけなわの決算で、保有証券の評価損なんて無い訳ですからね。
だいたいヘッジファンドは最近出来立てで、空売りは500年も前から存在していたようですし。
まあ、反対に手当てしなければ売れない状態ならあり得ない、有りもしない株券を大量に売る事が出来るそのおかげで、ジェイコム事件のように大きく儲けた人もいますけれど。

こんにちは、べつに普通の空売りを禁止しているのではありません。
大口のヘッジファンドなどが所謂「売り崩し」に使う、株価の手当もない架空の株式を売り立てる事を禁止するだけです。
ですから、普通の投資家が手持ちの株式の分だけを空売りしておく分にはなんら問題は無いかと思います。
そもそも、短期的にこの世に数量的に有りもしない株式を売れる事自体が、までポーカーのようで問題ではないかと思いますけれど。
流動性流動性とのたまうのは、空売りを提供して手数料を稼いでいる証券会社などからの...続きを読む

Q「空売り」とは何ですか?

相場のことは、素人でよく分かりません。どういうことなのか分かり易く教えて頂けませんか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

持ってない株を売る事です。

高値で売った後に安値で買い戻して差額で儲ける訳です。

で、実際には、持ってない株を売る事は出来ませんので、

1.証券会社から株を借りる(信用が必要)
2.借りた株を高値で売る
3.安くなったら買い戻す
4.証券会社に借りた株を返す

と言う事になり、1で株を借りる時にお金が要ります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報