英語の不規則動詞を出来るだけ多く知りたいのですが、何か良い方法を知っている方がいれば教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

バカみたいな回答で申し訳ないのですが、英和辞典の巻末には、「不規則動詞活用表」というのが載っているものが多いので、それを頼りにしてはいかがでしょうか。



表なのでもちろん見やすいですし、例えば、workの過去・過分がworkedと同時にwroughtという形もあるのだ、などということがよくわかります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。参考にしてみます。

お礼日時:2002/03/14 22:24

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q不規則動詞について

英語の不規則動詞を出来るだけ多く知りたいのですが、何か良い方法を知っている方がいれば教えて下さい。

Aベストアンサー

バカみたいな回答で申し訳ないのですが、英和辞典の巻末には、「不規則動詞活用表」というのが載っているものが多いので、それを頼りにしてはいかがでしょうか。

表なのでもちろん見やすいですし、例えば、workの過去・過分がworkedと同時にwroughtという形もあるのだ、などということがよくわかります。

Q英語 視覚/知覚動詞+O+動詞の原型、視覚/知覚動詞+O+現在/過去分詞について 視覚/知覚動詞+O

英語

視覚/知覚動詞+O+動詞の原型、視覚/知覚動詞+O+現在/過去分詞について

視覚/知覚動詞+O+動詞の原型を受身の形にしたい時はto不定詞が使われますよね、
The boy was seen to fall down.
訳:その男の子は転ぶのを見られた
このような感じに

ここで、知覚/視覚動詞+O+現在/過去分詞の形を受身にしたい場合はどうすればよいのでしょうか?

その男の子は母親に叱られるのを見られた
この文を英文にしたい場合

The boy was seen to be scolded by his mother.
翻訳アプリではto不定詞を用いて↑のように表していたのですが、翻訳アプリなので文法が合っているのか分からないので質問させていただきました。
(あまり使わない表現だと思いますが文法を知りたいので別の言い回し等は聞いていません^^;)

Aベストアンサー

> 要するに受身を表す分詞の形は適切な表現が無い

人によるってことです。
「知覚動詞+O+過去分詞」を受身にした形に、何の問題も無いという人もいるし、一瞬、何のことか理解できない人もいる。

だから、先に挙げたスレッドでは
”The boy was seen knocked down by a car.”
が言えるかどうかで、議論になっている。

不自然だという人は、これを読んで不自然に思わない人のことが理解できない。
逆に、言えるという人にとっては、これのどこが不自然なのか理解できない。
だから、探せば用例はたくさん出てくる。



> 文法問題で分詞を使った視覚/知覚動詞+O+過去分詞をつかった問題はまず出てこない

大学入試レベルではまず出さないでしょう。

そもそも「知覚動詞+O+過去分詞」がそれほど頻度が高くない。
「知覚動詞+O+現在分詞」または「知覚動詞+O+形容詞」の方がはるかに多い。

だから、「知覚動詞+O+現在分詞」または「知覚動詞+O+形容詞」の受け身形なら出るかもしれない。
でもまあ、「知覚動詞+O+過去分詞」の受身を問題として出されたとしても、これでもう分かるようになったんじゃありませんか?
実際、用例がないわけじゃないから。



> The boy was seen being scolded by his mother.

これは
Someone saw the boy being scolded by his mother.
「男の子が叱られているのを見た」
「知覚動詞+O+現在分詞」の受け身形です。

> 要するに受身を表す分詞の形は適切な表現が無い

人によるってことです。
「知覚動詞+O+過去分詞」を受身にした形に、何の問題も無いという人もいるし、一瞬、何のことか理解できない人もいる。

だから、先に挙げたスレッドでは
”The boy was seen knocked down by a car.”
が言えるかどうかで、議論になっている。

不自然だという人は、これを読んで不自然に思わない人のことが理解できない。
逆に、言えるという人にとっては、これのどこが不自然なのか理解できない。
だから、探せば用例はたくさん出て...続きを読む

Q不規則動詞の変化が同じものについて

初歩的な質問なのですが、不規則動詞でA-A-A型(cut,hit,put等)はどのようにして過去形や過去分詞形を見分けるのですか?

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問:
<不規則動詞でA-A-A型(cut,hit,put等)はどのようにして過去形や過去分詞形を見分けるのですか?>

1.主語が3人称単数なら、現在形には3単現のsがつきますから、区別は簡単です。
例:
He cut(過去形)
He cuts(現在形)

2.しかし、主語が1人称単数なら、現在形も過去形も同形になりますから、区別するのは前後文脈に頼ります。
例:
I cut(現在形・過去形)

前後文脈で時制が現在形か過去形かで文の流れから判断します。

3.過去分詞は、それが使われる状況をまず把握します。過去分詞は

(1)受動態:
例:
It is put
「それは置かれる」
「be動詞+現在形・過去形」の形は文法上ありえませんから、このputは過去分詞だとわかります。

(2)have+ppという現在完了形:
例:
I have put it.
「それをずっと置いている」
haveは現在完了を表す助動詞ですから、「have+現在形・過去形」の形は文法上ありえないので、このputは過去分詞だとわかります。

(3)had+ppという過去完了形:

同上

(4)名詞を修飾する形容詞的な働きをするもの:

I like your hair cut by him.
(直訳)「彼にカットされたあなたの髪型好きよ」
→(意訳)「彼がカットしたあなたの髪型好きよ」

cut byのbyから「~によって」という受け身のニュアンスを出していることがわかりますから、このcutは名詞hairに後置修飾する形容詞的な用法の過去分詞だとわかります。

さらに、動詞likeがありますから、ここに他の動詞がきても浮いてしまいます。

(5)SVOCの第5文型で補語となる過去分詞:
例:
I have my hair cut.
(直訳)「髪を、切らせる」
→(意訳)「散髪してもらう」

このhaveは使役動詞で、have+目的語O+補語CでSVOCの第5文型になる用法です。このOとCの間には主語と動詞の関係があります。
例:
my hair is cut.

髪が主語になると、「髪は切られる」と受け身になりますから、このcutは受動態に使われる過去分詞になります。

従って、この例文のcutも過去分詞だとわかるのです。

ちなみにこの使役動詞の働きは高校で習うことですので、中学生でいらしたら、あまり気にしないで下さい。

以上ご参考までに。

はじめまして。

ご質問:
<不規則動詞でA-A-A型(cut,hit,put等)はどのようにして過去形や過去分詞形を見分けるのですか?>

1.主語が3人称単数なら、現在形には3単現のsがつきますから、区別は簡単です。
例:
He cut(過去形)
He cuts(現在形)

2.しかし、主語が1人称単数なら、現在形も過去形も同形になりますから、区別するのは前後文脈に頼ります。
例:
I cut(現在形・過去形)

前後文脈で時制が現在形か過去形かで文の流れから判断します。

3.過去分詞は、それが使...続きを読む

Q“不規則変化動詞”の暗記について…

“不規則変化動詞”って
どうやって覚えたらいいんでしょうか?
1日後に不規則変化動詞のテストがあるんですが、
どう覚えればいいのか悩んでいます。
1日後なのであまり時間もないですし、
簡単といいますか…効率よく覚えられる
方法ってないでしょうか?
皆さんがこう覚えていた!とか、
こうするといいよ!っていう覚え方がありましたら、
教えていただけると嬉しいです(^O^)

Aベストアンサー

英語の不規則変化動詞にはかなりの規則性があります。
sing/sang/sung ring/rang/rung
draw/drew/drawn throw/threw/thrown などなど。
しかし、法則を一つ覚えれば済むというものではありませんので(だったら規則変化ですよね)、皆さんが書いているように音読して覚えるのが一番です。というか、そうしているうちに必ず身に付きます。明日の試験には間に合わないかもしれませんが。

Q不規則動詞

英語の不規則動詞を覚えなければならないんですが
どうやったら効率よく全て覚えられるでしょうか?

Aベストアンサー

不規則変化型はバラバラに覚えては駄目。

同じように変化するのを同一のグループにまとめて、
一緒に覚えてしまう。

これしか方法はない。

Q英語 動詞 be動詞

英語の基礎から勉強し直しています。

利用している参考書はロイヤル英文法です。
動詞の種類として、本動詞と助動詞があるとありました。

本動詞は、述語動詞として用いられたり不定詞、分詞、動名詞などとして
用いられる。
助動詞は、本動詞を助けて時制、法、態を作ったり、別の意味を添えたり
する。

と説明がありました。

ここで、be動詞は本動詞と助動詞のどちらなのでしょうか?
述語動詞となるから本動詞と理解していました。

しかし、ロイヤル英文法(P385)では動詞の中でbe,do,haveはどれも
助動詞として用いられると説明があります。

I am Tom.におけるamはbe動詞ですが、助動詞なのですか?

さっぱりわかりません・・・

be,do,haveがなぜ助動詞になるのでしょうか?
doやhaveは一般動詞ではないのですか?


以上、ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

be は be ~ing という進行形,be +過去分詞の受動態の場合,
助動詞とされます。

どんな動作を表すかは ing,過去分詞にゆだねられ,
be の部分は時制を表したり,進行形・受動態という文を完成させるため
にすぎない。

have +過去分詞という現在完了も,have 自体に本動詞としての意味はない。
ただ現在完了を完成させる,「現在」完了,「過去」完了
を have/has/had で使い分ける,にすぎない。

don't get
Do you know ~?
のように疑問文・否定文などで使う do はそういう機能のためであり,
動作は get/know の方で表す。

こういう動詞本来の意味より,機能上にすぎない場合に助動詞とされます。

こういうのは文法的理解としては正しいのですが,
英語学習者が特にわからなくてもいいことです。

それが英語全般の理解につながる部分もありますが,
力がついてきてからで十分,あるいは教師や研究家にでもならない限り
特に必要ではありません。

I am Tom. という普通の be は本動詞です。

I'm Tom. と短縮形になるように,もともと be は特殊な動詞ではあります。
そういう意味でもともと助動詞っぽくはありますが,
本動詞が必ず文には必要ですので I'm Tom. については本動詞です。

be は be ~ing という進行形,be +過去分詞の受動態の場合,
助動詞とされます。

どんな動作を表すかは ing,過去分詞にゆだねられ,
be の部分は時制を表したり,進行形・受動態という文を完成させるため
にすぎない。

have +過去分詞という現在完了も,have 自体に本動詞としての意味はない。
ただ現在完了を完成させる,「現在」完了,「過去」完了
を have/has/had で使い分ける,にすぎない。

don't get
Do you know ~?
のように疑問文・否定文などで使う do はそういう機能のためであり,
動作は get...続きを読む

Q不規則動詞の過去形♪

投票者のriho1214jasmineです。緊急です。次の不規則動詞の過去形をおしえてください!!
1,become 2,build 3,catch 4,hear 5,losat
です。

Aベストアンサー

............Preterit.....Past Participle
***************************************
1.become....became.......become
2.build.....built........built
3.catch.....caught.......caught
4.hear......heard........heard
5.lose......lost.........lost

*ちなみにlosatは不明です。

Q英語の状態動詞と動作動詞を簡単に見分ける方法ってありますか?

英語の状態動詞と動作動詞を簡単に見分ける方法ってありますか?
「進行形にできるかどうか」以外でお願いします。

また、love/believe/liveのように基本的には状態動詞だが、文脈によっては進行形にする場合もあり、両方の特徴を持つ動詞の数は多いのでしょうか?ほとんどの動詞はどちらかに分類されるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

ありません。
なお、自動詞/他動詞/両用の動詞の区別方法もありません。
単語が名詞か動詞か両用かの区別方法もありません。

Q不規則動詞の歴史

 数ヶ月前から、英語を勉強しなおしている者です。

 語学・言語学関連のwebサイトにより英語の生い立ちを追ってみました。それにより、語幹・語源などを理解することが学習上有効である事がわかりました。

 そんな中、不規則動詞について、ズバッと説明しているサイトが見つからず、歯がゆい思いをしています。
 どなたか、お知りでしたら教えてください。

Aベストアンサー

私は、不規則動詞の中でも特に
sing - sang - sung
のように、母音がi-a-uと交替するもの、
そして
bring - brought - brought
のように、過去形・過去分詞形でghtが生じるものについてヒントを差し上げます。

前者は英語が属す「ゲルマン語」、そしてさらにさかのぼって「インド・ヨーロッパ祖語(理論上の言語です)」に見られるAblaut(アプラウト・母音交替)現象です。

ゲルマン語族に属する言語にはドイツ語やオランダ語などがあり、(独)singen - sang - gesungenという活用をします。母音は英語と同じですよね。

Ablautで検索すると、日本語でも他国語でも参考になるサイトがあると思います。

一方、-ghtが生じる不規則動詞は*本当に*不規則で、さまざまな専門書にあたっても、詳細な説明があまり与えられていない印象があります。

上に挙げたbringは、seekなどの類例があります。
うろ覚えですが、ゲルマン祖語(理論上の言語)では既に-ghtに相当する要素が確認できるそうです。
故に、ドイツ語でもbringen - brachte - gebrachtのように-cht(e)が生じるのです。昔の英語ではghを[x](enough, laughのghの音)と発音し、現代のドイツ語ではchをこれと同様に発音しますので、関連があることはお分かりかと思います。

参考URL:http://en.wikipedia.org/wiki/Ablaut

私は、不規則動詞の中でも特に
sing - sang - sung
のように、母音がi-a-uと交替するもの、
そして
bring - brought - brought
のように、過去形・過去分詞形でghtが生じるものについてヒントを差し上げます。

前者は英語が属す「ゲルマン語」、そしてさらにさかのぼって「インド・ヨーロッパ祖語(理論上の言語です)」に見られるAblaut(アプラウト・母音交替)現象です。

ゲルマン語族に属する言語にはドイツ語やオランダ語などがあり、(独)singen - sang - gesungenという活用をします。母音は英...続きを読む

Q不規則動詞変化表の複数ある単語

不規則変化動詞表を変化の仕方によって(A-A-A、A-B-Aなどと)並び替えをしているのですが、過去形・過去分詞形の欄に二つ単語が載っているので困っています。

原形 - 過去形 - 過去分詞形

(1)abide(A) - abided,abode(B) - abided,abode(B)
(2)outbid(A) - outbid(B) - outbid , outbidden(C?)

1の場合は過去形と過去分詞形の単語が二つありますが同じなので、A-B-Bとなりますが、(2)の場合、過去分詞形では、「outbidden」という新しい単語が出てきます。だから、A-B-Cにするのがいいのでしょうか?それともA-B-Bにするのがいいのでしょうか?

また、辞書の不規則動詞変化表に「Bear」や「cleave」などの単語の末尾に、左上に小さく1と書いてあり(数学の1乗のように)また、「cleave」や「relay」などの単語には、左上に2と書いてありました(数学の二乗のように)。
これは、脚注のようなものですか?
(辞書:フェイバリット英和辞典二版)

よろしくお願いします。

不規則変化動詞表を変化の仕方によって(A-A-A、A-B-Aなどと)並び替えをしているのですが、過去形・過去分詞形の欄に二つ単語が載っているので困っています。

原形 - 過去形 - 過去分詞形

(1)abide(A) - abided,abode(B) - abided,abode(B)
(2)outbid(A) - outbid(B) - outbid , outbidden(C?)

1の場合は過去形と過去分詞形の単語が二つありますが同じなので、A-B-Bとなりますが、(2)の場合、過去分詞形では、「outbidden」という新しい単語が出てきます。だから、A-B-Cにするのがいいの...続きを読む

Aベストアンサー

えっと、全然言語学者でもなんでもないですし、覚え方は人それぞれで良いと思いますのであくまでアドバイスとして。

動詞の不規則変化ですが、不規則と言いつつもある程度の法則性はありますよねぇ。
英語にはウムラウトはありませんが母音だけが変化しているものが過去形に多い所とか、過去分詞に-(e)nや-tが多い点など、かなりドイツ語チックなのはきっと偶然ではないでしょう。
give→gave→givenなんてその典型みたいな物ですよね。
尚、take→took→takenと過去形が少し変わって見えるのはt○keというスペルの流れをくんでtokeとしちゃうとouという二重母音を含む"トウク"と読んじゃいそうだし、或いはtukeとしても"トゥーク"と読んじゃいそうなので、はじめに音ありきって感じで音に合わせて綴りをtookとしてるのかなぁ?、などと勝手な解釈をしております(^^ゞ

話が少しそれましたが、A-B-C型とすると何だか過去分詞が原形とも過去形とも似ても似つかない全く違う形に変化しているような感じがしませんかぁ?
そういう変化パターンのも今、パッと思いつかないのですがきっとあるのでしょうが、上で述べたように比較的ありがちな-(e)nで終わるタイプなら「’」型というのはいかがでしょうか?
つまり具体的に言うと、give-gave-givenならA-B-A'型で、steal-stole-stolenならA-B-B'型という訳です。
まぁ、この場合は「’」というのが-(e)nだというのを分かっている(or覚えている)というのが前提になってしまいますが。
紛らわしいとか覚えにくければ、A-B-A+en型とかA-B-B+en型とかでも良いかも。
で、(2)の動詞の場合は過去分詞が2パターンあるのと原形と過去形が同じ形なので、A-A-AorA’とされたらいかがでしょうか?

それにしても今、辞書で再確認したのですがbidって意味に応じて活用が変わるかなりややこしい動詞なんですねぇ。過去形にbadeとかもあるし(^^ゞ
でもoutが前について別の動詞になったら過去形でoutbadeとは言わないんですねぇ…。英語って難しい!!

えっと、全然言語学者でもなんでもないですし、覚え方は人それぞれで良いと思いますのであくまでアドバイスとして。

動詞の不規則変化ですが、不規則と言いつつもある程度の法則性はありますよねぇ。
英語にはウムラウトはありませんが母音だけが変化しているものが過去形に多い所とか、過去分詞に-(e)nや-tが多い点など、かなりドイツ語チックなのはきっと偶然ではないでしょう。
give→gave→givenなんてその典型みたいな物ですよね。
尚、take→took→takenと過去形が少し変わって見えるのはt○keというスペル...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報