揚げ物用に使うには 下のうち どれが一番いいと
思いますか?
もちろん カロリー控えめで 体にも良いもの。

サラダ油、コロナ油、ベジタブル油、オリーブ油、
コーン油、サンフラワー油、ピーナッツ油。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

訂正です。

オレイン酸を多く含むのは「サンフラワー油」ではなく、「サフラワー油」です。サンフラワー油は中高温(炒め物)で調理する時に良いと聞いています。

ピーナッツ油も、安定性を考えると高温調理に向いている油です。だから、中華料理ではピーナッツ油を使うようです。

あと精製された胡麻油(色が着いていない)も天麩羅を揚げる時に使いますが、「安定性」が高いからだと丸本よしおさんが仰られています。
    • good
    • 0

皆さんとは別の観点から.


オリーブ油とサフラワー油は.不飽和度が高く食べなれてないと下痢しやすいので.健康には.油に慣れてない方は良くないです。

コロナ・ベジタブルは使ったことがないので不明。

油のカロリーは50歩百歩でどれも同じだから.かろりーの観点からは.油切れのよい物.とかんがえると.私の腕ではどれも同じ。

私は横着した揚げ物が専門だから.なべの中に残っていて.酸化して発ガン部室を作ったりするのはいや.だから.低価格ですぐに.ポイポイ捨てられる油が最高。

ということで.もっとも低価格なサラダ油が良いと思います。
    • good
    • 1

高温で調理する時にはオメガ9が多い油を使わないと、身体に悪い何かの発ガン物質(すみません、これが何かど忘れしました!)が油の中にできるので、私は オレイン酸を多く含むサンフラワー油(註:オレイン酸が少ないのは安定性がオメガ9より悪いオメガ6が多い)かオメガ9を多く含むオリーブ油かカノーラ油を使います。



丸本よしお(漢字がわかりません!)さんという方の健康関連の本に詳しく説明されています。この方は医師でも栄養士でもないのですが、アメリカの最先端の健康事情などをやさしく解説した文庫本をたくさん出されているので、一読の価値があります。
    • good
    • 0

スイマセン、♯2で回答させて頂いた者です。



油ですが、汚れてきたらもちろん新しいのに取り換えます。目安としては、5,6回だそうです。
使った油は炒め物に使うと節約になるし、環境にも優しい(って、こういう話じゃないんですよねっ。)
家庭で使う分には、油が酸化することは無いんだそうです。

少しでも参考になったら、幸いなんですが・・。
話が違う方へ行ってしまって、ごめんなさい。

参考URL:http://www.nhk.or.jp/gatten/archive/1999q1/19990 …
    • good
    • 1

揚げ物に向いているという観点からでは、コーン油・キャノーラ油が適しているようです。



http://www.rakuten.co.jp/corochan/421369/421702/

カロリーなどが気になるのでしたら、それぞれの会社が独自で売り出している商品(エコナなど)がよいのではないでしょうか?

油が劣化すると油ぎれも悪くなりますので、古い揚げ油を使い続けるとカロリーが高くなると思います。(体にも悪そうですね)
    • good
    • 0

boohさん、初めまして!



はっきりとは言えないのですが(スミマセン)、うちはサラダ油を使っています。
使った油を容器に入れておき、何度も揚げ物に使っています(ドーナツなどを揚げる時は、別で)。
揚げ物は大量に油を使うと思うので、量がたくさんのサラダ油が良いと思います。・・カロリーは、分かりません(--;

あとboohさんが挙げられた油の他に、ゴマ油もありますね。
これは炒め物などに使うと(オリーブ油も)、香ばしくて美味しくなると思います。
自信のない回答でスミマセン。
    • good
    • 0

揚げ物に使うには高いのでちょっと贅沢かもしれませんが、ノン・コレステロール・体に良いということで「オリーブオイル」が良いかな。


でも美味しいのは「ごま油」(^^)
カロリーが気になるなら「サラダ油」に少し「ごま油」を混ぜてみると良いかも♪
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q一番体に良い油は何でしょうか?

一番体に良い油は何でしょうか?
料理をしていて常々疑問に感じていました。サラダ油、キャノーラ油、ヒマワリ油、コーン油、オリーブオイル、グレープシードオイルなど、他にもいろいろ沢山種類がありますが、どれが体に一番優しいのでしょうか。主人と2人暮らしのため用途別に使い分けるには消費ペースが遅いので、一種類に決めたいと思っています。体に良く、炒め物・揚げ物と何にでも使えるものとして常備するにはどの油が理想的でしょうか。ぜひ教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#3です。
前の回答は味重視でしたので訂正します。

健康重視で選ぶならば、生きていく上で絶対必要な必須脂肪酸をバランスよく含んでいることが大切であると考えました。必須脂肪酸というのは、リノール酸、γ-リノレン酸、アラキドン酸、α-リノレン酸、エイコサペンタエン酸 、ドコサヘキサエン酸 です。

このなかで、エイコサペンタエン酸 、ドコサヘキサエン酸 は魚に、アラキドン酸は肉と卵に含まれていて油に期待しなくても良いので、リノール酸、γ-リノレン酸、α-リノレン酸のバランスと考えます。

単品原料油では必須脂肪酸のバランスに偏りがありますので、何種類かの油をブレンドしたものがよいかと思います。

普通にサラダ油と称して販売されている油は、大豆とキャノーラ菜種のブレンドですから、必須脂肪酸のバランスも悪くないなではないかと思います。また、すべての料理をカバーすることを考えると、あまり個性の強い油も良くないのではと思います。

ということで、健康も配慮しすべての料理をカバーできる「これ一本」となるとサラダ油となります。

栄養素というのは、みんなそうですが、健康に良いからといって、やたらにたくさん取れば良いものではありませんで、過剰摂取は病気の原因にさえなります。

最近健康食品として人気のオレイン酸やα-リノレン酸も所詮は高カロリーの油ですから、過剰摂取はメタボの元になります。ふつうの食生活で必須脂肪酸不足になることはありません。

#3です。
前の回答は味重視でしたので訂正します。

健康重視で選ぶならば、生きていく上で絶対必要な必須脂肪酸をバランスよく含んでいることが大切であると考えました。必須脂肪酸というのは、リノール酸、γ-リノレン酸、アラキドン酸、α-リノレン酸、エイコサペンタエン酸 、ドコサヘキサエン酸 です。

このなかで、エイコサペンタエン酸 、ドコサヘキサエン酸 は魚に、アラキドン酸は肉と卵に含まれていて油に期待しなくても良いので、リノール酸、γ-リノレン酸、α-リノレン酸のバランスと考えます。

単品...続きを読む


人気Q&Aランキング