あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

こんにちは。
このカテでいいのかちょっと迷うところでもあり、また非常に頭の悪い質問ですみませんが
よろしくお願いいたします。

各国での紛争や北朝鮮ミサイルなどなど、色々ときな臭い世の中ですが、私の記憶によると
スイスって永世中立国ですよね。つまりどこの戦争にも加担しない(自国の自衛の為の戦争は放棄して
いないとは思いますが)わけだと思いますが、他の国も、もしそうなりたいと思ったらなれるもんなんでしょうか?
例えば世界にそう宣言すれば。

それとも歴史的にスイスだけがそういう立場をとれるなにか事情でもあるんでしょうか?

もちろん例えば日本がそうしたいと思っても色々な事情でそんなのにすぐなれるとは思いませんが、
「中立国になりたぁい」と思った国が、そう世界に認めてもらう事って、どの国でも可能なんでしょうか?

前から素朴な疑問として思っていたもので、もし教えていただければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

スイスが永世中立国となりえたのは、歴史と地理的要因です。



スイスの独立は、中世末期ですが、当時のスイスは、山の中の貧困地で、占領するのが困難で、平野部も狭く、占領する価値がほとんど無い土地でした。

また、当時のスイスの最重要輸出品は、傭兵でした。
スイス人が、各国に赴き、そこで傭兵として戦い、スイスにお金を持ち帰りました。
そのため、特定の国との同盟関係は、傭兵の就職先を狭める事になるため、どことも同盟を組まない方針で臨みました。
その名残が、現在のバチカンの衛兵として、スイス人傭兵を使用している事です。

また、スイスは軍事国家なのですが、自国防衛の軍のみで、他国に侵攻できる軍を持ちません。
そのため、隣接国は、スイスからの侵略が有り得ないため、危険を犯してまで、スイス侵略が必要無くなります。
第2次大戦でスイスは中立を保ちましたが、もしスイスにドイツを侵攻出来る部隊(機甲師団など)が有れば、ドイツは、安全確保のために、スイス侵攻を行った可能性が有ります。

第一次世界大戦では、ベルギーが中立宣言しましたが、ドイツにあっさり無視され、侵攻されました。
ドイツとフランスが戦争になった場合、どちらの軍もベルギー通過をしないと戦争になりませんから、これは中立宣言をしても、侵攻を受けます。

これは、地理的に中立が不可能の例です。
また、日本の場合、日本の工業地帯の占領は、占領国の有利に働きますから、相手に侵略の意図が有れば、侵略しないという事にはなりません。

しかし、実際大陸諸国(ロシアや中国)が、日本に攻め込む事ができるかと言えば、NOです。
日本を侵攻する軍の維持ができずに、敗走するしかありません。
日本を侵略する能力を持つのは、唯一アメリカだけです。

現状では、アメリカと同盟を結び、アメリカの属国になるか、アメリカと手を切り、多国籍の広範囲の同盟を結び、アメリカに対抗するかの選択肢しか無くなっています。
「合縦連衡」の世界で、「合縦」してアメリカに対抗するか、「連衡」してアメリカの従属国になるかの選択しか無くなっています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

さっそくのご回答ありがとうございました。

スイスが中立国となりえた背景について分かりやすくご説明いただき、たいへん参考になりました。
けっして単純に、「平和を追求する精神」が中立国たらしめているわけではない事や、事はそんなに
単純ではない事がわかりました。

ベルギーに関しては、地理的不幸があったわけですね。本人が宣言しても「保証されるわけではない」例としてなるほどと思います。

軍事に関して無知なんですが、自国を防衛する軍事力と、他国に侵攻する軍事力というのは、同じ兵器や戦力を戦略的に使い分けるという違いだけでなく、物理的に区別してもっているわけですか?なるほどです。


日本を侵略できるのはアメリカだけ、というお話は興味深いですが、なぜアメリカはできて
ロシアや中国はできないのか理由の見解もぜひお聞きしたいところですが、軍事的シュミレーション話は
質問の趣旨とずれますのでまたの機会があればと思います。(非常に興味はありますが)

ありがとうございました!!

お礼日時:2006/07/27 15:41

No7です。


一応補足など
第二次世界大戦中のスイスはかなりドイツよりの考えをしていたようです。(というよりドイツから後ろ指指されないようにしていたっていうのが事実なんだろうか?)
露骨なユダヤ人差別など。逃げてきたユダヤ人を国境線で追い返したりもしています。
人道的配慮からユダヤ人を通行させようとしたスイス人警察署長は政府から糾弾され、職を懲戒解雇。 実に彼が「良いことをした」とスイスで公式に評価されたのは1990年代です。(かなり渋々の様ですが)
又マネーロータリングや没収した美術品等の売却もスイスを経由していました。
見た目ほどきれいじゃなくどろどろに汚れています。スイスも。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

今回の質問でとにかくスイスが私が漠然とイメージしているほど「単純な平和国家」ではない事がよくわかりました。

もし望んでも、地理条件や各国の思惑から完全に分離した純粋中立国を実現するのはめちゃくちゃ難しそう…
という事もよくわかりましたし、スイスが必ずしもそういう国ではない事も理解しました。


私はいわゆる「なんでもかんでも話せば分かる式の平和主義者」ではありませんし、
はっきりいって他国に蹂躙されるくらいなら突撃やむなしと思う方ですが、それより上位の考えが
あるとすればやはり、へたに触ると触った方が浄化されてしまうくらいの気高さや品性で「武装」した国だけが
最終的に中立を実現できるのだと思います(チョー理想ですが)

みなさん、ありがとうございました!!

お礼日時:2006/07/28 08:15

「中立」を宣言するのはいともたやすい事です。

しかし、「中立」を維持するのは容易なことではありません。

第一次大戦の開戦時、ベルギーは今のスイスと同じ「永世中立国」でした。ベルギーの永世中立は、イギリス、フランス、ロシアといった当時の列強が条約で承認していました。しかし、ドイツ軍がフランスに攻め込むルートを確保するためにいともたやすく永世中立は無視されました。

第二次大戦に当たり、欧州で、1939年9月の段階で中立の立場をとっていた国は

スイス、オランダ、ベルギー、ルクセンブルク、スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、スペイン、ポルトガル

このくらいがあったはずです。
これらの内、1945年まで中立を維持できたのは

スイス、スウェーデン、スペイン、ポルトガル

です。例えばノルウェーは、イギリス軍がノルウェーに侵攻する計画があると判断したドイツが先制侵攻し、ドイツ軍の占領下に置かれました。イギリスが実際にノルウェーに侵攻(進駐)する予定だったかは忘れましたが、これを実行するしないはイギリスの判断次第です。ノルウェーには大した軍事力はなかったので、強国であるイギリスやドイツに歯向かうことはできません。

日本という国は、幸い周りを海に囲まれていて陸軍を侵攻させるのは容易ではありません。少なくとも現時点では十分なカネとモノとヒトがあります。ですので、日本がその気になればスイスのような「武装中立」は可能です。

ただ、それには

「核ミサイル保有。十分な隻数の戦略ミサイル原潜を保有し、海中に常時潜ませる」
「空母機動部隊を保有し、例えば尖閣諸島に侵攻する敵や、日本に向けて発射準備を整えた敵ミサイル基地を殲滅できる能力を確保」
「日本近海の制空権と制海権を『完全に』確保し、シーレーンを維持する空軍力・海軍力」

が必要です。必要な資金の試算は困難ですが、今の防衛費ではとうてい不可能です。

第一、

「潜水艦に搭載する核弾道弾」
「戦略ミサイル原潜」
「攻撃型空母」
「艦載戦闘爆撃機」
「陸上を基地とする長距離爆撃機」

を開発保有するのは、ハイテク大国の日本と言えども
コスト以前に技術的に容易ではありません。アメリカの全面協力が必要です。

ちなみに、1941年の大東亜戦争開戦時の日本は、当時の基準では「アジアでの武装中立」を実現できるだけの軍事力を保有していました。当時のアメリカやイギリスといえども、日本を攻撃する力はなく、外洋海軍を持たないソ連や中華民国は「論外」でした。

ただ、日本はアメリカから屑鉄と石油を供給してもらえないとやって行けない状況にあったので、この二つの供給を止めて資産を凍結する経済制裁を行ったアメリカに無謀な戦争を仕掛ける運命となりました。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

普通に考えると、まずは他国に侵略を許さない軍事力が不可欠であるという事がよおくわかりました。
また同時に「気概」も必要であるとも思いました。

一言でいうなら「強くなければやさしくなれない」ってとこでしょうか(笑

第二次大戦で当初中立の立場を取った国のいくつかは、「永世中立国」とは若干意味が違うようにも
思いましたが、いずれにしろ中立を貫くのはたいへんなわけですね。

大東亜戦争突入時代、日本が中立を実現できるだけの軍事力はもっていた、というのは興味深いです。

ありがとうございました!

お礼日時:2006/07/27 18:51

何がおきても自分の力だけで切り向けることができるだけの実力がないとだめですね。

「軍事力」ももちろんですが「政治力」も。

日米同盟におんぶに抱っこの日本ではほぼ不可能でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

確かにその通りかと思います。
「中立を保つ」という事は、国レベルはもちろん、例えば会社や学校、小さな組織の中ですら容易ではない事から考えても
外交能力(個人単位で言えば交渉術や友達との問題を調整する能力)がないと実現できないのは確かですよね。

ありがとうございました。

お礼日時:2006/07/27 18:08

まあ、無理だと思います。



・国民皆兵の義務を作る。
 スイスでは20代に兵隊教育があり、その後毎年2週間程度の軍事教習がある。50代までは予備兵。武器を各家庭で保管しています。

・軍事に掛ける費用を拡大する。
 GNPの1%ねんて枠は撤去。 少なくても他国がそう簡単に侵略をしたいと思わないような軍事力を作る。
 スイスのトンネルや橋梁に爆弾を仕掛けてあり、いざというときは爆破してでも交通破壊をする覚悟がある。

・戦争になったとき他同盟国の救援は期待できない。

なお、平和主義者が言っている「軍事力放棄による平和主義」は夢物語以上ではありません。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

さっそくのご回答、ありがとうございました。

宣言するだけで中立国になれないのは完璧に分かりました(笑 ありがとうございます。

単なる軍事力放棄による平和主義 は当然夢物語で、もし軍事なしの平和を貫くなら、全世界全人種から尊敬、畏怖される気高さ崇高さでもない限り、またそれを知らしめる手段がないかぎり…、ですね。

つまり「神」のようになるしかない=無理 ですかね。

ありがとうございました。

お礼日時:2006/07/27 14:50

こんにちわ。



私は新婚旅行以来スイスが大好きで、先日も行ってきました。とっても綺麗な国です(^.^)

スイスは永世中立を宣言して、世界に認められていますが、中立を保つためには他国からの侵略に対して独力で対抗することが出来るほどの重武装が必要と言うことでもあります。
当然、他国から武器を買うのも難しくなるので、自国で生産しなければならない場合もあります。

No.1の方が書いてくれたURLや私の参考URLを見ていただくと分かると思いますが、スイスは中立国であるけれど、平和国家と言うワケでは無いと言うのが分かると思います。

実際に、スイスのあちこちには小さな民間飛行場が沢山あって、プロペラの飛行機が使っているのですが、よ~く見ると端のほうに軍用機の格納庫があったり、滑走路も戦闘機の離着陸が可能な長さを確保してあったりします。

また徴兵制があったり、兵役終了後も全員が「予備兵」となったりしますし、お家に核シェルターまであったりします。

日本が永世中立を宣言するとなると、アメリカとの同盟関係も破棄しなければなりませんし、そうなれば経済的にも厳しくなるでしょうね。
立地的にもスイスよりもさらに重武装しないと守りきれないだろうし....。中立を宣言した途端に戦争が始まりそうです....。




 

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%A4% …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

さっそくのご回答ありがとうございました。
スイス。。観光には本当にいいところなんでしょうね~!(行った事ない…)

もし日本が中立なんて事しようと思うと当然、アメリカよさようなら、をしなければいけないのはそうで、
あまりにも現実的ぢゃないですよね。。。

地理的にもおいしいところだしお人よし国民だから、なにかと因縁つけられて占領されそうですよね。。ハハ…。

ありがとうございました!!

お礼日時:2006/07/27 14:43

地政学上の問題もあります。



スイスに侵略したからといって、地図上の面積が増えることくらいしかメリットはないのですが(地政学では)。

日本の占める地理的な環境を考えれば、そうはいっていられないでしょうね。

その昔、中立を宣言していたベルギーなんかも、蹂躙されたことがありますから、中立ってのは単に「言葉にすぎない」のです。
認めてもらうことはできても、誰も保障してくれるものじゃないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのご回答ありがとうございます。

スイスと日本を単純には比較できないってことですね。なるほどです。

中立を宣言していても侵略されてしまうわけですか・・「認められても保証はされない」というのは中立国の難しさなんですね。

ありがとうございました!

お礼日時:2006/07/27 14:37

現在の世界で有力な中立国というと、スイスやスウェーデンがあります。


しかし両国とも、中立国ですのでどこの国とも同盟を結ぶことができず、そのため防衛に非常に力を入れています。

(参考:外務省HPより抜粋)
スウェーデン
 ・人口 901万人
 ・徴兵制度あり(19才~47才)
 ・兵力 陸軍5,000人、海軍2,500人、空軍2,500人(予備役約15,000人)
  (ただし戦時総動員兵力約20万人(2004年))
スイス
 ・人口 739万人
 ・徴兵制あり
 ・兵力 戦時動員数22万人、民間防衛12万人

単純比較になりますが、日本の人口が約1億2700万人ですから、徴兵制を導入して、戦時動員数を300万人くらいに設定すれば、日本も中立国になれそうですね。
ちなみに、両国とも自前で軍事産業をもっており、武器を輸出しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのご回答ありがとうございました。
具体的な数字等たいへん参考になりました。
軍事的中立国=軍事充実国家 でなければやっていけないわけですよね。。実際。

中立国をやっていくたいへんさがなんとなくわかってきました。

ありがとうございました!

お礼日時:2006/07/27 14:33

なれますよ。


以前自分のプログでその軍事力を計算したことがありあます。
 日本を強力な軍事国家にすればいい
 誰も米国に攻撃しようとする国家がいないのと一緒です

参考URL:http://ameblo.jp/rikukoro/entry-10008833717.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのご回答ありがとうございました。
ブログも拝見しました。逆説的に、そう簡単にはなれないし、中立=理想国家ではないという皮肉っぽさもおもしろいです。

同じ「だれも攻撃しようと思わない国」なら、戦争好きなアメリカよりスイスの方が「マシ」と言えなくもないですかね。

ありがとうございました!

お礼日時:2006/07/27 14:25

簡単にはなれないと思います。


国民の多くが、民兵だったかと思います。
トラブルが発生した際には、一定時間内にその場へ武器を携えはせ参じる義務もあります。
士官クラスは、自動車のトランクにロケットランチャーなどの武器を積んでいるかも知れません。多くの家庭には、核シェルターがあります。海も無いのに軍艦(?)もあるとか?
よく言われるスイスの銀行(決して1つではありません)には世界中の色々な多額の預金を持っています。(正当、違法な物等々色々)
まわりを多くの国に囲まれて中立的な立場を取らざるをえなかったのかも知れません。
うろ覚えで書いていますので、曖昧なところもあるかも知れませんので、ご自身でスイスについて色々と調べて見られる事をおすすめします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくご回答ありがとうございました。
「わたし中立でーす」と宣言するだけでは中立国家になれない事がよーく分かりました。
みなさんの参考URLなども見て調べてみようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/07/27 14:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本は永世中立国になれない?

小泉さんが、憲法9条改正について言及したことで、
ふと思ったんですが、
日本はなぜ永世中立国にならないんですか?

永世中立には自衛のための軍隊は、OKだったような気がします。
(気のせいだったらゴメンなさい)
ということは、自衛隊は、海外に行かなければ、いいんですよね。

多分ネックになっているのは、アメリカとの条約だと思うんです。
日米安保は、いわゆる「軍事協力」ですから、
これを破棄すれば、永世中立国になれるのでは?

それから、永世中立国になると、経済的、政治的に不利になるのでしょうか。
スイスとかオーストリアは、あまり発言力がないですよね。
なにも輸出入まで制限されるわけじゃないから、
少なくとも、経済的に発言力があってもよさそうです。

これだけ「平和」を叫びつづける日本のくせに、
なぜ先頭を切って永世中立国の宣言をしないのか、
不思議でなりません。

明確な回答は存在しないかもしれませんが、
みなさんのご意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

経済的、政治的にいかに不利か、については既に他の方の説明で御納得のことと思います。

> 永世中立には自衛のための軍隊は、OKだったような気がします。
逆に言うと、永世中立国には他国に頼らずに自衛するための強力な軍隊が必要になります。
現在の日本がその様な軍事力を保有することは経済的に不可能です。
(自衛隊は災害救助とアメリカの使い走りで精一杯の軍隊です。)
日本は地理的に攻めやすく守りにくい国であり、本気で他国の侵略に備えるならば長期の徴兵制や莫大なコストの兵器が大量に必要となります。
軍事力に金をつぎ込むぐらいならば、外交で国を守る方が遥かに安上がりで現実的です。
(過去のODAの様に安易に金をばらまくのが国を守る外交だとは言いませんが)

> 多分ネックになっているのは、アメリカとの条約だと思うんです。
> 日米安保は、いわゆる「軍事協力」ですから、
> これを破棄すれば、永世中立国になれるのでは?
たぶん、これが一番難しいと思いますよ。
9条を改正して自衛隊を合法化するよりも、(あるいは9条に従い自衛隊という名の軍事力を廃するよりも)日米安保を破棄することの方が難しいんじゃないかな?
元々、日米安保自体、国民多数の反対を押し切って結ばれ、今や完全に依存してますからね。
日米安保を破棄すれば、今までのようにアジア諸国の感情を無視した自己中心的で無神経な政治は出来なくなります。(内政・外交問わず)
アメリカという強引で凶暴な大国が日本のバックに付いているために身を引き裂かれるほどの屈辱に耐えている人々はアジア全体では少なくありません。
正しい歴史教育を受けていない無知な政治家の不用意な発言が即深刻な国際問題になってしまうでしょう。
近隣諸国とあまり仲が良くないことにさほどの危機感を感じない日本が日米安保を破棄するのは極めて危険です。

経済的、政治的にいかに不利か、については既に他の方の説明で御納得のことと思います。

> 永世中立には自衛のための軍隊は、OKだったような気がします。
逆に言うと、永世中立国には他国に頼らずに自衛するための強力な軍隊が必要になります。
現在の日本がその様な軍事力を保有することは経済的に不可能です。
(自衛隊は災害救助とアメリカの使い走りで精一杯の軍隊です。)
日本は地理的に攻めやすく守りにくい国であり、本気で他国の侵略に備えるならば長期の徴兵制や莫大なコストの兵器が大量に必要...続きを読む

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Qイデオロギーって何ですか???

イデオロギーとはどんな意味なんですか。
広辞苑などで調べてみたのですが、意味が分かりません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオロギ-には賛成・反対といった概念がないのです。

例えば、環境破壊は一般的に「やってはいけない事」という一定の考えに
組織されています。つまりみんなが根本的な共通の考え(やってはいけない事)として組織されているもの、これがイデオロギ-なんです。
しかし、社会的立場によってはその「やってはいけない事」を美化して
公共事業と称して環境破壊をする人達もいますけど。
ここでイデオロギ-という概念に対して色んな論説が出てくるわけです。
一応これは一つの例ですけど。

というかこれくらいしか説明の仕様がないですよ~~・・。
こういう抽象的な事はあまり難しく考えるとそれこそ分からなくなりますよ。
この説明で理解してくれると思いますけどね。

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオ...続きを読む

Q日本のミサイル防衛にTHAADが無いのは何故?

【ワシントン共同】米陸軍当局者は26日、米領グアムに配備した高性能の地上発射型迎撃システム「高高度防衛ミサイル」(THAAD)が完全な稼働状態に入ったことを明らかにした。との報道です。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130427/amr13042709290001-n1.htm
一方日本の場合イージス艦から発射するミサイルとPAC3でTHAADはありません。
日本の場合THAADは無くても良いのですか?


 

Aベストアンサー

>日本の場合THAADは無くても良いのですか?

はい、必要ありません。

THAAD (Terminal High Altitude Area Defense) Missile は射程 200km、射高 40km~150km の地上発射型迎撃 Missile で、High Altitude Area Defense (高高度域防御) の部分だけを見て ICBM (Inter-Continental Ballistic Missile:大陸間弾道弾) をその頂点付近の宇宙空間で迎撃するかのように誤解されがちですが、Terminal (末端の/終末の) のいう言葉が示すように、目標に向かって高度を下げて大気圏 (成層圏よりも上の 40km~150km にある化学圏) に突入してきた最終段階での弾道弾を撃墜する Missile です。

一方、日本が Aegis 艦に搭載している SM3 (Standard Missile 3) 161B Block IA は射程 400km、射高 250km で、先端部が Kinetic 弾頭と呼ばれる高機動弾頭になっているように、空気のない大気圏外での超高速運動能力を持たせたものとなっていて、THAAD よりも高性能な Missile になっています。

http://www.youtube.com/watch?v=Clny6teU5ik&feature=youtu.be

最初に海上自衛隊に配備された「こんごう」の SM3 161B Block IA は高度 160km を飛行する模擬弾道弾の直撃撃墜に成功していますし、現在は日米共同開発になる Block IIA の地上試験を終えて来年に飛行試験、2018 年には現在の Block IA を Block IIA に置き換える予定になっています。

http://www.youtube.com/watch?v=A6CIu9fRk3k

地上発射型で射程が 200km しかない THAAD では幅数百km 長さ 2000km 余りの日本列島に数十基の発射機を配置しなければならず、何時 Terrorism だの過激な反対運動の前に壊されるか判ったものではないのに比べ、SM3 は部外者など近付けない Aegis 艦の中にありますし、相手国の Missle 発射機から 400km 以内の海域に派遣すれば 1 隻で事足ります。

相手国が日本に向けて発射する Missile の Course は決まっていますので、日本列島近海に配置する Aegis 艦の数も数隻あればよく、既に海上自衛隊は上記「こんごう」型 Aegis DDG (Missile 護衛艦) を 4 隻、次級の「あたご」型 Aegis DDG を 3 隻運用していますので、2~3 隻が定期整備中であっても常時 4~5 隻は緊急配備に就くことができるようになっています。

>日本の場合THAADは無くても良いのですか?

はい、必要ありません。

THAAD (Terminal High Altitude Area Defense) Missile は射程 200km、射高 40km~150km の地上発射型迎撃 Missile で、High Altitude Area Defense (高高度域防御) の部分だけを見て ICBM (Inter-Continental Ballistic Missile:大陸間弾道弾) をその頂点付近の宇宙空間で迎撃するかのように誤解されがちですが、Terminal (末端の/終末の) のいう言葉が示すように、目標に向かって高度を下げて大気圏 (成層圏よりも上の 40km~150km ...続きを読む

Q「しばき隊」ってどのような組織なのですか?

在日コリアン排斥デモの横断幕破る 器物損壊容疑で男を逮捕 警視庁
2013.9.8 20:02 [事件・トラブル]
 東京・大久保の路上で在日コリアン排斥などを訴えてデモ活動をしていたグループの横断幕を破ったとして、警視庁新宿署は8日、器物損壊の現行犯で、男を逮捕した。同署によると、男は黙秘し、氏名も不詳という。逮捕容疑は、8日午後0時20分ごろ、新宿区大久保の路上で、グループ側が用意した「東京韓国学校の補助金全て撤廃」などと書かれた横断幕(時価約5千円相当)を破った疑い。

 デモ活動をしていたのは「在日特権を許さない市民の会(在特会)」などで、男は沿道から駆け寄り、参加者らが持っていた横断幕を突然引きちぎり、デモを警戒していた機動隊員に取り押さえられた。

 同署によると、男は在特会などの排斥デモ活動に反対する「レイシスト(人種差別主義者)をしばき隊」と称するグループの関係者とみられるが、身分を証明する所持品がなく、男の住所や年齢、氏名などが確認できていないという。



「レイシストをしばき隊」ってどのような組織なのですか?

ご教示を

Aベストアンサー

>「レイシストをしばき隊」ってどのような組織なのですか?

回答
野間易通氏が在特会に対抗するために結成した団体。
名前の通り、在特会に対抗する為にレイシストをしばくためのグループとして組織されたらしいです。
おもな活動は、在特会(在日特権を許さない市民の会)のデモへの抗議(と自称している何か)等です。
しかし、在特会の活動は在日特権(日本人に対する逆差別)に対する反対運動です。
それがどういうわけか、しばき隊にとっては外国人を非難する者はすべて「レイシスト」となるらしいです。

彼等の抗議の内容ですが、
正式に許可を得てデモをしている在特会に対して、罵声を浴びせたり、相手に手の甲を向けながら特定の指のみを立てるような行為を行うなど、社会生活で行った場合には問題になるような行動が多く、私はどちらがレイシストか判断しかねています。

【やっとレイシストしばき隊の素性がみえてきた】
http://blog.goo.ne.jp/jpakiyo/e/28cf50885d660b6ef2e138cbed4ff8f5


リーダーの野間易通氏ですが、中核派との関係が噂されています。
その理由ですが、野間氏と中核派は「首都圏反原発連合」という団体にも参加していますが、しばき隊がデモのときこの団体のマークの入ったスピーカーを使用しています


非合法活動も行っているらしいです。
2013年夏の参院選で、韓国に厳しい姿勢の候補者のポスターが大量に破られる事件が起っていますが、しばき隊のメンバーがネットで反抗を呟いています。

【しばき隊「レイシストのポスターびりびり破りを頑張った」 有田ヨシフ「全然違法ではない」】
http://www.hoshusokuhou.com/archives/29607946.html



反天連(反天皇制運動連絡会)との関係も噂されています。
新大久保での「在日外国人犯罪追放デモ」(平成25年6月30日)を妨害したしばき隊メンバーが、8月15日の反天連デモにも参加しています。

【反天皇制運動連絡会】
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%8D%E5%A4%A9%E7%9A%87%E5%88%B6%E9%81%8B%E5%8B%95%E9%80%A3%E7%B5%A1%E4%BC%9A
(反天皇制運動連絡会(はんてんのうせいうんどうれんらくかい)は、反皇室闘争を目的とする日本の新左翼グループの一つである。略称は「反天連」)

>「レイシストをしばき隊」ってどのような組織なのですか?

回答
野間易通氏が在特会に対抗するために結成した団体。
名前の通り、在特会に対抗する為にレイシストをしばくためのグループとして組織されたらしいです。
おもな活動は、在特会(在日特権を許さない市民の会)のデモへの抗議(と自称している何か)等です。
しかし、在特会の活動は在日特権(日本人に対する逆差別)に対する反対運動です。
それがどういうわけか、しばき隊にとっては外国人を非難する者はすべて「レイシスト」となるらしいです。

...続きを読む

Qよく戦後の謝罪はドイツを見習えというが本当?

よく「第二次世界大戦後のドイツの隣国への謝罪を見習え」という論調が
国内にとどまらず、中国や韓国からも出ますが(今回の韓国の竹島問題でも
少し話題に出ましたが)、

 ・本当にナチスドイツの謝罪はうまくいっているのでしょうか?
 ・もしそうでしたら、何がうまくいっていると言われているのでしょうか?
 ・また、日本以上に問題がこじれているものはないのでしょうか?

詳しくないので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 「謝罪」という行為にはそれ自体に倫理的価値がありますが、外交においては「和解」に資する道具立てとして重要です。そのため、いくら「謝罪」しても「和解」にいたらないのなら意味はありません。
 日本の場合はこれが「うまくいっていない」ので問題視されます。

 なぜそうなのか。理由はいろいろありますが、まず相手方の事情から。
 中国と韓国は日本の支配に抵抗し、独立解放を勝ち取ったことを一種の建国神話としています。実際には朝鮮半島は連合軍が日本帝国を打ち破ったからであり、中華人民共和国は戦後の国民党との内戦の結果生まれたものです。しかし、彼らは祖国をそのようなものとして認識し、誇っております。もちろん、根拠がないわけではありません。
 それに対して、ヨーロッパ諸国はナチスドイツの侵略をこうむった時点ですでに近代的な国民国家を築いておりました。ナチスからの解放によって再出発したことには違いがありませんが、「建国」の重要度はまったく異なります。
 中韓の場合は、日本の支配・侵略から脱したことがはるかに重要な意味を持っているのです。それだけに日本がそれに見合った行動をとらないと、彼らには「納得できない」となりがちです。

 次に、アメリカが戦後の東アジア戦略を構想する過程で、日本と近隣諸国が緊密な関係を築くことを望まなかったという事情があります。ソ連に対しては敵対し、韓国とはアメリカを抜きにした友好関係を望まず、中国には最初は敵視で途中から敵対はしないが友好的でもない関係にあることを期待し、そのために行動してきました。
 東アジア諸国はまんまと(とあえて言います)これに乗り、「和解」の努力を中途半端にしてきました。この事情を国内政治に利用したのです。韓国では日本の支配を非難すれば失政をごまかすことができ、日本では国内の軋轢を呼ぶしかない「謝罪」の問題を適当に処理して済ませても許されました。
 ドイツの「謝罪」に対する不充分さはほかの方も指摘しているとおりですが、いっぽうで「和解」を獲得するための努力は真剣なものでした。一例としてドイツが放棄した歴史的領土は日本の比ではありません。ドイツは全体としてアメリカの世界戦略にしたがいながらも、この一点では独自の外交路線をつらぬいたのです。EUは伊達や酔狂で成立したわけではありません。
 条件の相違はあるものの、日本にこの姿勢が足りなかったことは事実でしょう。

 また、日本の「謝罪」が不充分だったのもたしかだと思います。
 ドイツの場合はその罪を当初ヒトラーとナチスにかぶせることができたので、罪過を認めることもより容易でした。しかしそのいっぽうで、あれらはナチスを支持したドイツの罪である、という論調も世間に根づくようになりました。だから、ブラントの東方外交も支持されたし、ヴァイツゼッカーの演説も受け入れたのです。
 文言や事実だけなら中途半端という評価も正当ですが、これらの言動が生み出された土壌は日本にないものです。だから、周辺諸国も高く評価したのです。
 もっとも、近年は歴史修正主義と称して「ドイツの罪と言われるものには誤りがある」とか「言われるほどではなかった」という論調もありますが、いつもそういった主張は批判を浴びてきましたし、いまでも文学者のギュンター・グラスのようにナチスであった過去は批判の対象となります。表だって公言することがはばかられる言説なのです。

 それに対して、わが国では大日本帝国と日本国を切り分けることが終戦時の条件の相違から難しかったし、あえてあいまいにもしてきたので、戦前の罪を認めることにもあいまいさが付きまといました。
 おかげで今になって、植民地支配や侵略の過程でなされた行為の数々がなかったことにされています。あるいは、あったかなかったかわからないことになってます。しかし、その多くは学術的研究の成果として否定されるのではなく、そのほうが国内の納得を得られるから唱えられているにすぎません。
 こういうことを書くのは多くの反発を喰らうのでかなり勇気が要ります。そのこと自体がドイツと日本の差です。村山談話、河野談話の文言がどうあろうと、また過去公式にどれだけの「謝罪」が積み重ねられていようと、それを認めたくない世論が多数をしめているかぎり、説得力は生まれません。

 皆さんの賛同を得られない「回答」であることは承知しておりますが、わたしが理解しているかぎりではご質問に対する答えはこうです。
 本文でお尋ねになっていることに答えていない部分もありますが、そこは他の方に譲ります。

 長文回答失礼しました。

 「謝罪」という行為にはそれ自体に倫理的価値がありますが、外交においては「和解」に資する道具立てとして重要です。そのため、いくら「謝罪」しても「和解」にいたらないのなら意味はありません。
 日本の場合はこれが「うまくいっていない」ので問題視されます。

 なぜそうなのか。理由はいろいろありますが、まず相手方の事情から。
 中国と韓国は日本の支配に抵抗し、独立解放を勝ち取ったことを一種の建国神話としています。実際には朝鮮半島は連合軍が日本帝国を打ち破ったからであり、中華人民共和...続きを読む

Q軍隊の無い国家なんてあるの?

小泉首相が憲法改正することを目指しています。憲法的には日本は軍隊なるものがないのですが、実際のところは「自衛隊」という名称の軍隊があって特に日本は島国ということもあって海軍国らしいです。日本は同規模の他国から見ても世界的にも有数の軍隊を持つ軍事大国でもあります。
世界中で政府として軍隊を持たない国は、永世中立国であるスイスとオーストリアであるときいたことありますが、政府ではない国民としての軍隊があります。しかし純粋に軍隊の無い国なんてあるのでしょうか?警察位は当然あると思いますが、ヨーロッパや太平洋上離島の非常に小さな国家にも軍隊はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

ええと、「現代用語の基礎知識・2000年版」の付録についてた「世界事典」によりますと、(ですから1999年秋ごろの時点です。)
「モーリシャス共和国」が警察の別働隊である特別機動隊と湾岸警備隊だけ。
「リヒテンシュタイン公国」はスイス連邦が代行。
「モナコ公国」「アンドラ公国」が、外交と軍事をフランス共和国に委託してる形になっています。
「アイスランド共和国」は完全非武装だけど米軍とオランダ海軍が駐留。
「ハイチ共和国」が暫定治安部隊・沿岸警備隊・国家警察部隊だけ。
「プエルトリコ」は米軍が駐留。しかも男子は合衆国軍の兵役義務あり。
「アンティグア・バーブーダ」は米軍の基地があるだけ。
「セントクリストファー・ネイビス」「セントルシア」「セントビンセント・グレナディーン」は単に軍隊は無いとあるけど、どうしてるんだろう?アメリカの庭先だから必要ないのかな?
「ドミニカ国」は無しで、アメリカが後援する地域安全保障体制に参加してる。
「グレナダ」は警察隊が軍を兼ねてるらしい。
「コスタリカ共和国」は国家警備隊と地方警備隊だけ。
「ソロモン諸島」「バヌアツ共和国」は無し。
「サモア独立国」は無しで有事の際はニュージーランドが支援。
「ツバル」「キリバス共和国」は不明。
「ナウル共和国」は無しでオーストラリアが安全保障を。
「マーシャル諸島共和国」「ミクロネシア連邦」は財政援助と引き換えに米が軍事権を。
「パラオ共和国」はアメリカに委任。
また、厳密に国家と云えるかどうかは疑問ですが、「バチカン市国」「マカオ」もありません。ただし、バチカンにはスイス兵が駐留し、マカオには治安部隊があります。
やはり小さい国は警察程度か、他国に肩代わりしてもらう場合が多いようです。

ええと、「現代用語の基礎知識・2000年版」の付録についてた「世界事典」によりますと、(ですから1999年秋ごろの時点です。)
「モーリシャス共和国」が警察の別働隊である特別機動隊と湾岸警備隊だけ。
「リヒテンシュタイン公国」はスイス連邦が代行。
「モナコ公国」「アンドラ公国」が、外交と軍事をフランス共和国に委託してる形になっています。
「アイスランド共和国」は完全非武装だけど米軍とオランダ海軍が駐留。
「ハイチ共和国」が暫定治安部隊・沿岸警備隊・国家警察部隊だけ。
「プ...続きを読む

Q原爆・長崎・広島の被害者数は一体どれくらいなんでしょうか。

鳥インフルエンザ、新型(鳥)インフルエンザが流行してしまった場合、最悪の事態の予想を、新型インフルエンザ対策検討小委員会が明らかにしたという数値をみて、死者、患者共にその数の多さに驚きました。あくまで最悪の場合の予想とはいえ、ものすごい惨事であると思いました。そこで、生物兵器という言葉を思い出しました。兵器には核兵器もあると。そこで気になりました。原爆・長崎広島の被害者数はどれくらいなんでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

広島は当時人口42万人、死者、行方不明合わせて
12万2338人、長崎は、人口24万人、
死者、行方不明合わせて7万3884人と言われています。

被爆後5年間の間に広島で20万人、長崎で14万人
です。

Q日本は社会主義国家なのになぜ発展できたのでしょう?

かつてソ連のゴルバチョフ大統領が‘日本は世界で一番成功した社会主義国だ‘と発言したそうですが、確かに日本は表向きは資本主義国家ですが社会主義的要素が強いように思います。税金の累進性は欧米より強く高額所得者は税金をたくさんとられます。貧困層は福祉や公的補助、医療制度など優遇され高額所得者から巻き上げた税金が還元されます。サラリーマンは年功序列で能力で関係なく昇給しました。(以前は)
経済格差は‘悪‘と公言する政治家までいます。ソ連、旧東ドイツ、北朝鮮など社会主義国家はどこも貧困に喘ぎ崩壊しました。日本だけなぜこんなに発展できたのでしょう?またこれからも発展できますか?自分は経済学、政治学には疎いのでどなたかお教えください。

Aベストアンサー

戦後復興政策 ヨーロッパ西も東も社会主義
 「資本主義経済では、政府はなるべく経済に介入せず、市場のメカニズムに委ねるべきだ。それなのに日本では政府がマネーゲームのプレーヤーになっている。これでは社会主義のようだ」との見方もあるでしょう。
 でも同時代の欧州先進国、フランス、イギリス、ドイツと比べると日本は「市場原理主義」とも言えるほど、政府の介入の少ない自由経済であった。
 フランス──戦後のフランスはジャン・モネの考えによる「フランスは未だ十分に市場が成熟していないので、市場に任せず、政府が責任をもって経済を運営すべきだ」との、社会主義と資本主義の折衷政策「混合経済」政策をとった。このため多くの企業が国有化された。フランス石炭公社、フランス電力会社、フランスガス会社、鉄道部門、エール・フランス、フランス銀行 と四大預金銀行 クレディ・リヨネ、ソシエテ・ジェネラル、全国割引銀行+全国商工銀行⇒パリ国立銀行、保険会社、ルノー公社、航空機エンジン開発製造公社が国有企業として活動し始めた。
 石炭・鉄鋼に関してはドイツとの国境周辺地域に「欧州石炭鉄鋼共同体」を設立し、ドイツなど欧州6ヶ国で、アメリカ政府の援助資金であるマーシャル資金によって運営された。これは一国社会主義ではなくインターナショナル社会主義であった。1983年、フランス企業の売り上げ上位20社の内13社が国有企業であった。
 政治を見れば、ドゴール派の保守政権と社会党とが政権交代を繰り返した。日本に置き換えてみれば、石炭・鉄鋼がアメリカ政府資金による韓国との合弁、トヨタ自動車が国有、自民党と社会党が政権交代を繰り返す、といった状況だ。フランスから見れば日本は「市場原理主義」「自由放任主義」であった。
 イギリス──労働党の「ベヴァリッジ報告」による「ゆりかごから墓場まで」の社会主義政策を戦後の経済方針としていた。鉄鋼は、国有⇒民営⇒国有⇒民営と政権交代毎に弄ばれた。石炭はアーサー・スカーギルが率いる全国鉱山労組が仕切っていた。つまりアナルコ・サンディカリズムをやっていた。戦前アメリカに次ぐ自動車産業国であったが、中小企業が多く、このため国有企業に集約したが成果が上がらずホンダの支援を受けたがダメだった。政権は保守党と労働党が競い合い、その勢力は均衡していた。イギリスから見れば日本は「自由奔放経済」で「保守党独裁の反社会主義国家」であった。
 西ドイツ──アメリカ政府のマーシャル・プランによる援助資金をもとに戦後復興政策を進めた。戦後復興の基幹産業である石炭・鉄鋼は「欧州石炭鉄鋼共同体」という多国家管理による非民間企業に頼った。エアハルトは社会主義と資本主義の良いところをとった「社会的市場経済」を目指した。フォルクスワーゲンは戦後再出発にあたり、その株式20%を連邦政府が、さらに20%を地方政府が保有した。こうした石炭・鉄鋼・自動車産業を日本に当てはめるとどうなるか?それに比べれば日本経済は民間主導の自由経済であった。
 仏・英・独とも戦後何度も左翼政党が政権を担当した。現在英・独が保守政党を破っている。それに比べいかに日本の左翼・社会主義が信頼されていないか、よくわかる。

 日本では行政指導という政府の関与が話題になる。しかしそれ以上に「官に逆らった経営者」がいた。
 (1)天皇とまで言われた日銀一万田総裁に「川崎製鉄が千葉工場建設を強行するならば、ペンペン草を生やしてみせる」とまで言われた、西山弥太郎の大胆な設備投資、それに刺激され他社も追従した。戦争で古い設備が使えなくなったのは仏・英・独も同じ。しかし欧州の官僚にはあれほど大胆な発想は出来なかった。
 (2)「井深さんはトランジスタを使って補聴器を作るのですか?」と皮肉られ、特許導入を1年間遅らされた東京通信工業(後のソニー)。その1年の間に世界初のトランジスタ・ラジオはアメリカにやられた。大宅壮一に「ソニー・モルモット論」と皮肉られたが、今日の電子産業、官に逆らってトランジスタ特許を導入したソニーに始まると言って良い。
 (3)政府が成長産業を育成しようとした特定産業振興法、それに逆らって通産省で大型政務次官と言われた佐橋滋と喧嘩した、本田宗一郎は1983年のテレビインタビューで、佐橋滋と会った時を振り返り、次のように語っている。 「どうにも納得できないということで、僕は暴れたわけで、特振法とは何事だ。おれはやる(自動車を作る)権利がある。既存のメーカーだけが自動車を作って、われわれがやってはいけないという法律をつくるとは何事だ。自由である。大きな物を、永久に大きいとだれが断言できる。歴史を見なさい。新興勢力が伸びるにに決まっている。そんなに合同(合併)させたかったら、通産省が株主になって、株主総会でものを言え!と怒ったのです。うちは株式会社であり、政府の命令で、おれは動かない」(1995年2月5日、NHKテレビ「戦後経済を築いた男たち」から)
 (4)「官と闘った経営者」ヤマト運輸社長・小倉昌男が始めた「宅急便」、この普及は日本の流通業を大きく変えた。郵政民営化が問題になるのも宅急便の普及があったからだ。
 日本が「官民一体」ならば、仏・英・独は「民なしの、官のみ」だ。官に逆らった経営者たちのハイリスクな事業計画、前例を尊ぶ官僚にはとてもできない。戦後の荒廃はどの国も同じ、日本は度胸のある経営者が力を発揮できる自由な経済体制だった。進化論に例えれば、突然変異が出やすく、育ちやすい環境だったと言える。
 はしょって書きました。「官に逆らった経営者たち」「戦後復興政策 ヨーロッパ西も東も社会主義」をキーワードに検索してください。詳しく書かれたサイトがあります。

戦後復興政策 ヨーロッパ西も東も社会主義
 「資本主義経済では、政府はなるべく経済に介入せず、市場のメカニズムに委ねるべきだ。それなのに日本では政府がマネーゲームのプレーヤーになっている。これでは社会主義のようだ」との見方もあるでしょう。
 でも同時代の欧州先進国、フランス、イギリス、ドイツと比べると日本は「市場原理主義」とも言えるほど、政府の介入の少ない自由経済であった。
 フランス──戦後のフランスはジャン・モネの考えによる「フランスは未だ十分に市場が成熟していないの...続きを読む

Qローマ帝国が崩壊した理由。

ローマ帝国が崩壊した政治・経済・宗教上の理由ってなんですか??

教えて下さい。。。

Aベストアンサー

まず言っておきたいのは、領土(図体)が大きくなりすぎた事を念頭に入れておいて下さい。

政治的には領土が広すぎた為に軍司令官や属州総督を派遣するといったシステムが多かった様です。と言うのも東西だけで言うと最盛期にはスペインのジブラルタル海峡からロシアの黒海沿岸やイラク北部に跨っていました。今でこそ飛行機で何時間といった距離ですが当時は風任せ・人力便りのガレー船と徒歩や馬で街道を進むしか方法が無かった時代です。そんな交通事情では例えば蛮族(周辺住民)の組織的な侵略や略奪。或いは自然災害や飢餓等で一々首都ローマの皇帝に指示を貰って動いていたら今の日本のお役所仕事よりも状況は悪化します。なので担当者を派遣して急場は彼らが処理して根本的な対処(立法や公的資金の注入。軍の配置等)は事後報告を受けた皇帝が担当することになりました。
しかし皇帝が後継者を残さずに死んだりネロ等の様に住民や元老院に見放された皇帝が出てきたらついムラムラっと支配欲に燃える人も多かったりします。それが上り坂の時代ならば多少は許容されるのですが下り坂で蛮族の侵入が重なったりしたら内乱に乗じられたりする訳です。

経済的には政治的な内容と重なりますが内乱と蛮族の侵入が重なるとどうなると思いますか?
ここでは北アフリカを挙げたいと思います。内乱等で軍隊が指揮官の皇帝即位の為に他のライバルを武力討伐する為に他の地域へ移動すると周辺民族が侵入してきます。彼らは簡単に言うと銀行強盗の群れだったので街や村を略奪して回ります。そうすると住民は暴力を嫌って難民となり他所へ流れて行くことになります。基本的に経済は農作物や鉱山からの収益或いは貿易で成り立ちますし農業はそれらの基本です。そして農地は常に人が手入れしないと荒れる物です。信じられないかもしれませんが当時の北アフリカは砂漠では無く穀倉地帯だったんです。で荒れるに任せて砂漠化しました。これは他の地域では荒地になったり森林になったりして収穫は激減していったのです。
しかも強盗は略奪する物が無ければ支配して搾り取る方法にして居座り続ける事を始めたので二重の意味でダメージになりました。

宗教的には色々ありますが政治的・経済的行き詰りとキリスト教の普及が重なった事が大きいでしょう。ローマ古来の神々は我々を見捨ててしまった。そんな思いに駆られたローマ人の心のスキマにキリスト教は漬け込んだんです。曰く、今の状況は真の神を蔑ろにしたローマ人の所業のツケである。曰く、しかし真の神に帰依すれば救済されるとでも言ったのでしょう。ここで最後の審判で救われると言うのがミソです。来るかどうかも分からない最後があると言って置きながらそんなものは20世紀が終わってもありはしなかったのですからね。まぁこれは今だから言える事ですし当事者はパニックで冷静に考える余地が無かったのですけど。
それからカトリック教会とローマ法王という形で国家内にもう一つの国家を作り上げて寄生されたのも痛かったですね。飢饉で神父やシスターが難民にパンを配る・・・美しい光景ですが何の解決にもなっていません。解決するには行政サイドが動くしか無いのですがガタガタの帝国にはそんな力は残されていなかった。これでは教会に入る人が増えるし帝国に見切りをつける人が増えるのは止め様がありません。


最後に追加ですが戦争のやり方が変ったのも重要です。かつては重装歩兵が主力を担っていたのが騎兵に取って代わりました。単純に考えて甲冑と槍で済んでいたのが追加で馬が加わります。これがクセモノでして俗に牛飲馬食と言う言葉がありますがこれは飲み食い意が激しいのを牛馬に例えた言葉ですが馬を飼うには餌場を順々に回る遊牧生活か金で買って入手するしか方法がありません。しかも手綱や鞍を付けないと乗れませんし牧場や厩舎を作ったり練習の為の馬場も必要です。
これは何故かと言うと大陸の東のモンゴルとかの遊牧民が食い詰めてヨーロッパ方面に移動しました。と書くと穏やかですが戦争しながら原住民を土地から追い出して居座ると言う形で成されました。それでゲルマン人も食い詰めてローマに・・・と言うわけです。なので力関係では負けてるので弱ってるローマで略奪や居座りして新生活を始めよう・・・とそういう次第なんです。



纏まりが無く内容が重複した文章ですがそう私には見受けました。

まず言っておきたいのは、領土(図体)が大きくなりすぎた事を念頭に入れておいて下さい。

政治的には領土が広すぎた為に軍司令官や属州総督を派遣するといったシステムが多かった様です。と言うのも東西だけで言うと最盛期にはスペインのジブラルタル海峡からロシアの黒海沿岸やイラク北部に跨っていました。今でこそ飛行機で何時間といった距離ですが当時は風任せ・人力便りのガレー船と徒歩や馬で街道を進むしか方法が無かった時代です。そんな交通事情では例えば蛮族(周辺住民)の組織的な侵略や略奪。或...続きを読む


人気Q&Aランキング