いきなりですが、本家、分家はともかくとして、別れ家や新家とかなんだかいろんな○○家というのが、有るんでしょうか???
で、其の違いとは一体なんなんでしょうか???本家(宗家?)と分家の違いはなんとなーく(実際、良くわかってないかもしれませんが/汗)分っているつもりなんですけど、本当はどうなのでしょうか?
良ければ、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

家族の意味」に関するQ&A: 家族の意味

A 回答 (2件)

 戦前の民法での本家、分家、新家の説明をします。

本家と分家は相対的なものです。分家もそれから分けられるとき本家となります。昔の一家は戸主を中心に親や兄弟、叔父、叔母あるいは従兄弟を含むその家に住む家族の一団を意味しました(典型的なものとして合掌造りの家族)。家族は戸主の許可を得て、自分の直系卑属(子・孫)と一緒にその家を離れることが認められていました。これが分家です。婚姻や養子で家を離れて、離婚や離縁により相手の家を離れた場合、復籍できましたが、戸主が拒否しますと、新たに家を創設することになります。これが新家です。ほかに新家となるのは、親が誰かわからないときや家族が戸主に勝手に結婚したり、住所を変えたときにも戸主から離籍され新家が創設されることになります。
    • good
    • 5

本家:先祖代々その土地に住んでいる場合。


先祖が住んでいた土地(場所)に住み、本家が持っている仏壇や神棚を継承している家族。

分家の場合は、自分の戸籍を調べると多少はわかりますが、本家から嫁または婿に出た場合や、女性しかおらず養子をもうけて結婚したが本家に留まらず違う場所で生活した場合は、分家となるようです。それぞれの土地によって多少変わるようです。

新家の場合は、本家から分かれた家族(土地によっては結婚された夫婦)を新家と呼ぶ土地がありますが、そのように呼ばない土地もあります。

地方などは、「xxx家の本家は・・・」「xxx家の分家」等や、「○○○屋敷の本家」のように場所や土地名(それぞれの家族によって土地名を持っていた)ような場合などは、その呼び名で「xxx家の本家」や「分家」を呼び分けている土地もあります。

宗家の場合は、「xxx流」「仏教の宗派」の総本山を指す場合があります。

わたしも自分の系図をしらべてやっと、「本家」「分家」の区別がはっきりしたようです。しかし、実際は、親戚回りや葬式、法事、結婚式等がなければ具体的にわからない可能性があるので、いろいろ苦労して理解してみてください。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q本家と分家のお墓

宗派は浄土宗です。
夫が亡くなり、夫の希望で公園墓地にお墓を建てました。
その2年前に義父が亡くなったのですが、本家のお墓の継承者がいない為、以前より義父がお墓を見ていた為、義父は本家のお墓へ入りました。
夫は本家のお墓は嫌だと言い、義父は本家のお墓に入りたいと言っておりましたので、その通りにしたものの、父親と息子が違うお墓に入っているのはあまり良くないのではないかと義母と話をしています。
そこで、
(1)義父を夫のお墓へ一緒に入ってもらい、本家のお墓は永代供養をしてもらう。
(2)本家のお墓にある遺骨を全て夫のお墓へ移す。
どちらかにしようと思っているのですが、知識がないため迷っています。
どなたか、ご助言を頂けましたら幸いです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

なるほど・・・

状況を詳しく理解していないので、ゴク簡単に述べさせていただきます。

はっきりさせておきますが、決まりは何もありません。一番肝心なことはご遺族の皆さんがどうしたいか、どうしてあげたいかを最優先にするということです。

亡夫さまは、なぜ本家の墓を嫌がったのでしょう。察するところ、本家のみんなと一緒の墓に入ることが嫌だったのではないでしょうか。
だとすると、本家のお墓にある遺骨を全て亡夫さまのお墓へ移すのは、亡夫さまを本家の墓に埋葬するのと同じことではないでしょうか。
また、公園墓地の場合、埋葬できる血縁範囲はかなり限られますので、本家の墓にある遺骨全てを改葬するのは現実的に不可能かと思われます。
さらにまた、本家の墓が寺院墓地(菩提寺)で、永代供養を受けてもらえるのならば

(1)義父さまを公園墓地に改葬し、本家の墓は永代供養する。

を、オススメします。

しかしながら、亡夫さまは菩提寺そのものを嫌っていたのかもしれません。ならば、公園墓地でみんな一緒もいいでしょう。
また、永代供養も一様ではなく、お寺さんによっては認めなかったり、無縁墓に合葬して既存の墓は更地にして変換することを永代供養といったり、そのまま墓を使用できたとしても30年とか50年の期限を付けられる場合が多くなってきましたので、永代供養について確認しておかなければなりません。

祭祀の承継については本件と無関係と思われますが、かなり難しい問題をはらんでおり、義父さまが使用権者であったかどうかも疑問がありますし、現在、貴家ご遺族の誰かが承継者であるどうかもかなり疑わしい状況です。墓を見ていたり(管理)、法事の施主になるだけでは承継者以外の者でもできます。法律的には現在承継者なしと考えてよいでしょう。もちろん、無縁ではありませんが、確認しておく必要があります。
(当方、民法の定める“祭祀の承継”については弁護士よりも詳しいです)

離檀料については憲法の保障する信教の自由を妨げるので負担する必要はありません。

余談ですが、亡夫さまが本家の墓を嫌ったのならば、義父さまを改葬した後、本家の墓は無縁にしてもかまわないかもしれません。亡夫さまはそのつもりだったような気がしてなりません。

合 掌

なるほど・・・

状況を詳しく理解していないので、ゴク簡単に述べさせていただきます。

はっきりさせておきますが、決まりは何もありません。一番肝心なことはご遺族の皆さんがどうしたいか、どうしてあげたいかを最優先にするということです。

亡夫さまは、なぜ本家の墓を嫌がったのでしょう。察するところ、本家のみんなと一緒の墓に入ることが嫌だったのではないでしょうか。
だとすると、本家のお墓にある遺骨を全て亡夫さまのお墓へ移すのは、亡夫さまを本家の墓に埋葬するのと同じことではないで...続きを読む

Q本家と分家の関係になるのでしょうか??

先日、興味があり自分の直系尊属(父方)の戸籍謄本をさかのぼれる
ところまでさかのぼって取得しました。
三代前が女しか生まれず養子をとっていたりといろんなことがわかり興味深かったのですが、ふと疑問に思ったことがあります。
父の父(私から見て祖父)がはじめに結婚した人との間に男が2人がうまれその長男
は結婚し子供が生まれて居るみたいです。
はじめに結婚した人は昭和初期に若くして死に(昭和13年死亡により婚姻解消)、その後祖父は再婚をして
男3人と女1人が生まれました。その男3人のうち上2人は子供がいず
、女は嫁ぎました。三男がわたしの父親です。祖父は昭和34年に死亡したとのことです。
つまり流れとしては、はじめの結婚でできた長男の系統と、再婚で
できた三男の系統(わたし)に成るみたいですが、この場合、
やはり私の方は分家と言うことになるのでしょうか?(でも死に別れて再婚しただけなので戸籍には「分家」とは当然書かれていない)。
この二つはどういう関係になるのでしょうか。

Aベストアンサー

 うちと同じような系譜ですね。
 うちの父方の祖父も最初の妻との間に2人の男児があり,最初の妻の死没後に再婚し,2人の男児が生まれました。(ややこしいので女児については省いています。)
 長男は幼くして亡くなっておりますので,二男(最初の妻との間の子)が本家となっています。うちの父は四男(再婚した妻との間の子)で分家という位置づけです。

Q本家OKWAVEがパートナーサイト!?の教えてGOOに優る利点とは?

私は最初から「教えてGOO」の方からやっているので
本家の方の事がよくわからないんですが
リニューアルしたとか改悪だとか言われています。
だったら「教えてGOO」でやったらいいのではと思ってしまいます。
どうしても本家でなくてはならない 本家ならではの利点とは何か?

Aベストアンサー

>どうしても本家でなくてはならない 本家ならではの利点とは何か?

ご本家のIDを取得している人は、パートナーサイトから入場できます。(一部を除く)
リニューアル版で都合が悪いと思う人は、とりあえずそちらへ移れます。
つまり、実験をやりやすい環境なのです。

しかし、goo ID では他のサイトから入場できません。
ハッキリ言って、日和見的に不具合があるようで、マトモに動作していないので、
goo で現状のリニューアル版へ移行したら、離反者続出です。
これは、OKwave にとって大打撃になります。

と、予測します。

Qなんだか

もうなんにもやる気がでなくてなんにもしたくありません。
どうしたらいいんでしょうか?死んだ方がいいんでしょうか?
こんなこと相談できる相手がいないので、つい書き込んでしまいました。

Aベストアンサー

 病院へは行った方が良いかもしれません。まだ心が風邪を引いている状態だと思いますので薬をもらうとすぐに直ると思います。

Q本家と分家の宗派

去年の暮れに母が亡くなりました。
突然の事でどうして良いか分からず、父の実家(本家)の墓に母の遺骨を納めました。父は次男ですので、分家です。けれど、自分のお墓を持っていなかった事、お墓を建てる資金がないという事であまり考える余地もなく、四十九日で本家のお墓へ母の遺骨を納骨しました。本家は今父と私たち子供(娘3人)が生活しているところからかなり離れていて、一年に一度お墓参りに行ければ良いほど距離があります。
当初、本家でも母の法要をしてくれるというので、私たちは本家と協力して十三回忌まで本家で行うつもりでいました。けれど、本家の伯母(父の兄の妻)が今月に亡くなり、いろいろとあるので、母の法要はできないと言ってきたのです。母の遺骨もなく、浄土真宗西本願寺派という事でお位牌もありません。なのに私たちが住む土地で一周忌をしなさいと本家が言ってきたのです。唖然としました。何故、母の法要をしてはいけないのか理解でできないのです。
そこで、私は母の遺骨を私たちの住む土地へ連れ帰る事にしました。本家と本家が檀家になっているお寺も承諾しています。
けれど、実家は子供が女子ばかりで全員嫁いでいる事、そして長男と結婚している事から後継者がいないので、お墓を建てたとしても無縁となってしまうという事で、いろいろと調べで三十三回忌までは個別壇でそれ以降は永代供養墓へ移され、永代供養してもらえる納骨堂を見つけました。けれど、そのお寺は、本家と宗派が違う曹洞宗です。そのお寺は
受け入れてくれるます。けれど、宗派が違うという事で法名から戒名への変更をせざる得ません。けれど、せっかくつけてもらった法名だからと下の二文字は残してもらえることになりました。
そんな複雑な状態ですが、良いのでしょうか???

去年の暮れに母が亡くなりました。
突然の事でどうして良いか分からず、父の実家(本家)の墓に母の遺骨を納めました。父は次男ですので、分家です。けれど、自分のお墓を持っていなかった事、お墓を建てる資金がないという事であまり考える余地もなく、四十九日で本家のお墓へ母の遺骨を納骨しました。本家は今父と私たち子供(娘3人)が生活しているところからかなり離れていて、一年に一度お墓参りに行ければ良いほど距離があります。
当初、本家でも母の法要をしてくれるというので、私たちは本家と協力し...続きを読む

Aベストアンサー

 ご質問が、>良いのでしょうか??? とのことなのですが、結果としてはご遺族がそれで良いとお考えであれば「良い」ということになります。本家と分家の宗派が違うことも、日本には信仰の自由がありますので別にかまいません。夫婦でも宗旨・宗派が違う家もあるくらいですから。

 ただご質問者さまの場合、納骨された場所(本家)と法要を分けて考える必要があったのでは?と感じます。
 納骨した場所でしか法要をしてはいけない、ということではありません。世の中には自宅とお墓が数時間も離れている家もたくさんあります。
 お母様のお骨は本家のお墓に一緒に納骨しておいて、今後の法要はkarakon様のお住まいの土地で(家でも近くの法要ができる設備のある葬儀会館でもホテルでも可能)お父様を施主として執り行うことで問題は解決するお話です。「納骨している本家が施主となって本家のある土地で必ず法要を執り行わなければいけない」ということではないのです。

 遺骨に関しては本家の墓にそのままでもかまわないでしょうし、曹洞宗のお寺の納骨堂に納めてもかまいませんが(墓地も納骨堂もどこでも「宗旨・宗派問わず」となっています)、浄土真宗本願寺派でしたら「大谷本廟」というのがありますので跡継ぎもいないのであればこちらも考慮されるのも1つの方法です。

http://www.hongwanji.or.jp/guide/honbyou/index.html

 整理すると

1)遺骨は本家の墓にそのままにしておき法要を分家で執り行う。分家には跡継ぎがいない状態だが、本家が跡継ぎがいる間は無縁墓になることはない。
2)大谷本廟に納骨する。宗派や法名を変更する必要がない。
3)曹洞宗のお寺に納骨する。宗派換えをする必要がある。位牌をつくることになるし、家の仏壇のご本尊は曹洞宗のものに換える必要がある。

 どれも選択肢としては可能です。

 ご質問が、>良いのでしょうか??? とのことなのですが、結果としてはご遺族がそれで良いとお考えであれば「良い」ということになります。本家と分家の宗派が違うことも、日本には信仰の自由がありますので別にかまいません。夫婦でも宗旨・宗派が違う家もあるくらいですから。

 ただご質問者さまの場合、納骨された場所(本家)と法要を分けて考える必要があったのでは?と感じます。
 納骨した場所でしか法要をしてはいけない、ということではありません。世の中には自宅とお墓が数時間も離れている家...続きを読む

Q芸術愛好家か芸術家愛好家か?

オークションで1万円からスタート予定だった作品がゴッホの作品ということが
判り、(ただし加筆修正あり、誰がしたのかな?)スタート価格が300万円から
になった、とニュースで言ってました。そして6600万で落札されたとか。

はぁーそんなものか・・・、と芸術作品に対する評価はいいかげんなものなんだ
と改めて感じました。
(特に当初1万円の価値をつけたオークション会社はその画に1万円の価値しか見
 出してなかったのだから、そのままスタートすべきと思うのですが・・
 堂々とインタビューに答えてたけど画のプロとして恥ずかしくないのかな?)

芸術品も結局アイドルグッズ(チャリティーとかで出るステージ衣装の販売とか)
なんかと同じで「誰が」描いたか、使ったか、着ていたか、に価値があり
作品そのものはどうでもいいのですかね。
もっと下品に言うと「下○売ります!」と一緒。「女子大生はいくら、女子高生なら
いくら・・」って値踏みする連中みたいに画の内容はそっちのけで
「ゴッホならいくら、シャガールならいくら・・」ってやってるみたい。
みなさんは、どう思われます?

ドガのステージで1人きりでスポットを浴びて踊っている踊り子の画や
ルドンの花瓶の花の画、いわさきちひろの画とか「いいな」って思うんですけどね。

オークションで1万円からスタート予定だった作品がゴッホの作品ということが
判り、(ただし加筆修正あり、誰がしたのかな?)スタート価格が300万円から
になった、とニュースで言ってました。そして6600万で落札されたとか。

はぁーそんなものか・・・、と芸術作品に対する評価はいいかげんなものなんだ
と改めて感じました。
(特に当初1万円の価値をつけたオークション会社はその画に1万円の価値しか見
 出してなかったのだから、そのままスタートすべきと思うのですが・・
 堂々とインタビューに答...続きを読む

Aベストアンサー

美術品の評価が美術品そのものではなく、
作家の知名度に依っている、という指摘はその通りだと思います。
ですが、それにはまた別の面もあると思います。

たとえばゴッホで言えば、ゴッホの優れた作品は確かに優れた作品です。
優れた作品が高い値で取引されるのは、まあ正当なことです。

しかし、一人の芸術家の作品は、必ずしも優れた作品ばかりではありません。
若い未熟なとき、また功成り名遂げて安定してしまったときの作品は
全盛期ほどの迫力も感動もないのが普通です。
上野の美術館で、アメリカの大金持ちのコレクションを見たことがあるのですが、
だいたいの作家が「安定してしまった」以降の作品で、
どうにもつまらなかった覚えがあります。
ゴッホの場合、安定するまで生きなかったわけですが、
かならずしも名作ばかりではないのは同じです。

名の通った作家なら、駄作でも、無名の作家の名作より高く取引されます。

ではなぜ駄作でも高く買うかというと……いや、私も名画を
買った経験は無いのですが、自分の嗜好を分析していうと……
それは「確かに優れた作品」を見たことがあるからです。
たとえ目の前にある作品がたいしたことがなくても、想像力によって、
その作家の一連の作品という「物語」を感じ取ろうとするわけです。

たとえていえば、一度、すごくおいしいカキフライを食べた経験があれば、
後にそれほどうまくないカキフライを食べたとしても、
想像によって「このカキフライ」に「あのカキフライ」を重ね合わせて、
十分楽しむことができる……というような。

美術コレクターの払う大金は、「想像(妄想か?)の種」に対する支払いであると
考えれば、個人的には、そういうこともあっていいだろうと思っています。
それが「想像に過ぎない」と言っても、
「想像で得られる感興もまた本物の感興だ」と言われるかもしれないし、
実際にそう感じているかもしれません。

美術品の評価が美術品そのものではなく、
作家の知名度に依っている、という指摘はその通りだと思います。
ですが、それにはまた別の面もあると思います。

たとえばゴッホで言えば、ゴッホの優れた作品は確かに優れた作品です。
優れた作品が高い値で取引されるのは、まあ正当なことです。

しかし、一人の芸術家の作品は、必ずしも優れた作品ばかりではありません。
若い未熟なとき、また功成り名遂げて安定してしまったときの作品は
全盛期ほどの迫力も感動もないのが普通です。
上野の美術館で、ア...続きを読む

Q本家と分家のトラブルです

私は父方の本家との縁を切ろうかと考えています。(任侠道では在りません)私の家は分家です。
私の本家は「分家は、本家以上に発展してはならない」、「本家に尽せ」と明言しています。
私の姉は理想の相手と結婚しましたが、本家の叔父の嫌がらせが元で破局。一時、気が触れました。幸い姉は、再婚しましたが、精神的に不安定で、何回も精神的負担を掛ける事が病気の再発を容易にしますので、私自身心配です。
私は本家に殴りこみを考えましたが、父に「親類同志で喧嘩したら、世間様に笑われるから止めろ」と言われ、止められました。
私の本家は、分家の家庭に平気で干渉してきます。最近はエスカレートしてきて、分家の悪口は言うし、分家の縁談を破談にするし、分家の子供が良い就職先につくと、コネを利用して不採用にさせたり。本家が経済的に苦しいせいもあります。分家の中には財産を返せと言われている家庭もあります。
幸い、私の父は財産分与を受けず、私自身経済力も人並みにあり、なんとか過干渉は避けていますが、他の分家はもう嫌だと言っています。
父の親類付き合いもありますが、私の結婚、家庭の安定についても心配です。

本家を立てるか、絶縁し分家同志良い関係を結ぶか、迷っています。
現在は大人の付き合いをしていますが、お盆で賑わう家庭を見かけまと切なくなります。
アドバイスお願いします。また、似たような体験談がありましたら、解決方法お願いします。遅れてもお礼申し上げますm(__)m

私は父方の本家との縁を切ろうかと考えています。(任侠道では在りません)私の家は分家です。
私の本家は「分家は、本家以上に発展してはならない」、「本家に尽せ」と明言しています。
私の姉は理想の相手と結婚しましたが、本家の叔父の嫌がらせが元で破局。一時、気が触れました。幸い姉は、再婚しましたが、精神的に不安定で、何回も精神的負担を掛ける事が病気の再発を容易にしますので、私自身心配です。
私は本家に殴りこみを考えましたが、父に「親類同志で喧嘩したら、世間様に笑われるから止めろ」...続きを読む

Aベストアンサー

>分家は、本家以上に発展してはならない

そう言う前に、分家に抜かれないように日々精進努力し、気高くあってほしい・・・と思ってしまいました。

世間体も大事ですが、ご自身の健全なる生活も大切です。
そういう本家とは距離を置きたいですね。

うちの父は生真面目な次男で婿でした。頼りない三男が後をとっており、いい加減な長男は自由きままな生活をしていました。三男は百姓をして生活をしていましたが、まだ名義が祖父になっていたり、一部長男の物になっていたりしたため、欲に目がくらんだ長男が、その田畑を欲しいと言ってきました。(20年程前の話ですが)
その長男からは、以前より私達姉妹の就職先や嫁ぎ先などへの嫌がらせもありました。
幸い理解のある方々に恵まれ、破談や退職に追い込まれるということはありませんでしたが。
とても文章では現せない、骨肉の争い・・・です。

三男があまりに頼りなく、また、自分自身が実家をとても心配していた次男である父は、三男に田畑を残してやりたい一心で、調停だ何だと駆け回っていました。
父が心筋梗塞で倒れたのは、裁判所へ行く予定の日の早朝でした。
意識が遠のく中、しきりに調停のことを心配していました。
そしてその日の夕方、父は息をひきとりました。

この日以来、この長男とのお付き合いは一切していません。
通夜、葬儀にも長男は訪ねて来ましたが、一歩も入れていません。
何処かで偶然見かけても、挨拶ひとつしない、完全無視です。
いわば、近所付合い以下です。

うちの話は極端かもしれませんが、
世間様が何と言おうと、自分たちの生活が第一です。
>私の本家は、分家の家庭に平気で干渉してきます。
>最近はエスカレートしてきて・・・
誰もそのような権利はないのです。
良識ある第三者、法的に明るい第三者を間に入れ、本家と分家との間で話し合いを持たれてはいかがでしょうか。
多勢に無勢というわけではありませんが、本家に反感を持っている分家は多いのですよね?ここは結束して、対抗しても良いと思います。
何もせずにいれば、今後も現状のまま、それ以上に不安な日々にならないとも限りません。

>分家は、本家以上に発展してはならない

そう言う前に、分家に抜かれないように日々精進努力し、気高くあってほしい・・・と思ってしまいました。

世間体も大事ですが、ご自身の健全なる生活も大切です。
そういう本家とは距離を置きたいですね。

うちの父は生真面目な次男で婿でした。頼りない三男が後をとっており、いい加減な長男は自由きままな生活をしていました。三男は百姓をして生活をしていましたが、まだ名義が祖父になっていたり、一部長男の物になっていたりしたため、欲に目がくらんだ長...続きを読む

Q家長制度や本家制度の常識を教えてください

独身で子供のいない叔母の扶養について親族間でもめているため、世間一般の常識を教えてください。

現在、叔母は痴呆が進行し老人介護施設に入所中です。一昨年までは弟である私の父が身の回りの世話をしていましたが昨年他界しました(父の死により叔母の兄弟は叔母を残し全て死去しました)。
現在は父の遺言通りに娘である私が叔母の通院介護をしていますが、施設の入所期限と叔母が書いている遺言書(遺産がらみ)の関係で、近々私が叔母を施設から引き取る事になりました。
また、先祖代々の仏壇や墓も父の亡兄(長男)の都合で末っ子である父が祀っていた為、現在も我が家でお祀りしています。

父の死後、突然 父の亡兄(長男)の息子が、家長制度と本家制度を建前に、他家に嫁いだ私が叔母の介護をするのはおかしいと主張し始めました。 彼の本当の目的は叔母の土地を私が相続する(叔母の遺言内容は父→私が叔母を扶養する代わり叔母の土地と先祖の墓も我々が相続すること)のを阻止する為です。

1)先祖代々の位牌や墓を祀りもせず他の親族とも殆ど交流の無い彼が本家制度(自分が家長である)を主張して私を排除できるのか?
2)他家に嫁いで姓が変わったことを理由に、私が実家の叔母の面倒をみることは筋違いなのか?(彼自身は今後も叔母を扶養する意志はありません)

もともと、本家制度や家長制度と無縁な家系だったのに遺産相続が絡んだ途端に問題視されて困っています。 世間一般の常識を教えてください。 宜しくお願いします。

独身で子供のいない叔母の扶養について親族間でもめているため、世間一般の常識を教えてください。

現在、叔母は痴呆が進行し老人介護施設に入所中です。一昨年までは弟である私の父が身の回りの世話をしていましたが昨年他界しました(父の死により叔母の兄弟は叔母を残し全て死去しました)。
現在は父の遺言通りに娘である私が叔母の通院介護をしていますが、施設の入所期限と叔母が書いている遺言書(遺産がらみ)の関係で、近々私が叔母を施設から引き取る事になりました。
また、先祖代々の仏壇や墓も...続きを読む

Aベストアンサー

法律の専門家ではありませんが、何年か後にはあなたのお父様の立場になりそうな者として、意見を述べさせてください。

>父の亡兄(長男)の息子が、家長制度と本家制度を建前に、他家に嫁いだ私が叔母の介護をするのはおかしいと…

昭和の大戦以前の旧民法下ならともかく、現在ではそのような主張は説得力がありません。法的根拠がないのは論外としても、これまで、家長、本家としての責を果たしてこなかった以上、遺産目当ての行動と判断して間違いありません。

>叔母の遺言内容は父→私が叔母を扶養する代わり叔母の土地と先祖の墓も我々が相続すること…

それは「遺言書」として残されていますか。もし、口約束だけなら、正式な文書としての遺言書を作成しておく必要があるでしょう。

>嫁いで姓が変わったことを理由に、私が実家の母の面倒をみることは筋違い…

叔母様を看ること自体は、赤の他人でもかまいません。まして、姪である以上、姓が変わって筋違いなどという論理は成り立ちません。
一方、相続に関しては、あくまでも血縁関係が優先で、姓は関係ありません。姓が同じでも、嫁や娘婿に相続権はありません。

>世間一般の常識を教えてください…

やはり、親身になってお世話した人に遺産が多く行くのは、自然なことでしょう。
ただ、遺言書に、「すべての財産を○○一人に」と書かれていても、他の相続人にいくらかは分けなければならず、これを「遺留分」といいます。
各地で行われている「無料法律相談」などに一度お出かけになり、遺留分がどれほどになるか試算してもらった上で、そのいとこさんとお話し合いになることをお奨めします。

法律の専門家ではありませんが、何年か後にはあなたのお父様の立場になりそうな者として、意見を述べさせてください。

>父の亡兄(長男)の息子が、家長制度と本家制度を建前に、他家に嫁いだ私が叔母の介護をするのはおかしいと…

昭和の大戦以前の旧民法下ならともかく、現在ではそのような主張は説得力がありません。法的根拠がないのは論外としても、これまで、家長、本家としての責を果たしてこなかった以上、遺産目当ての行動と判断して間違いありません。

>叔母の遺言内容は父→私が叔母を扶養す...続きを読む

Q本家と分家について

本家とはどういう場合を言うのでしょうか?
結婚を考えている彼が結婚したら彼の実家が本家になるんだから正月の挨拶は彼の実家にまず行くもんだ。
自分の家を捨てて彼の家の名字を名乗るんだから当たり前だと言われました。
嫁に行くってことは自分の家を捨てるってことなのと疑問に持ちましたが彼の言う本家と私の思う本家が違っているので質問させて頂きました。
私が思っているのは代々その家を継いでいるお家のことだと思っていたのですが、彼はずっと同じ名字を名乗るし長男だから本家と思っているみたいです。名字が変わった嫁の家が分家だと言っています。

彼は長男ですがずっと住んでいる場所も違うし実家は借家暮らしです。
代々のお家がなくても本家なのでしょうか?
ちなみに彼の父方の実家は別の兄弟の方が跡を継いでいます。

どなたか教えて頂けると有り難いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

旧家の長男で、実家を受け継ぎました。

参考
分家とは、ある家に属する家族が、その意思に基づき、その家から分離して新たに家を設立することをいう。
このとき、元々属していた家を「本家」と呼んだ。(ウィキペディア)

つまり「本家に属する兄弟の一人が、結婚を機に独立して新たに家を建てて、移り住んだ時に分家と成る」と言う事です。
女性が嫁いだり婿に入って、姓が変わった場合はこの限りでは有りません。

>彼の父方の実家は別の兄弟の方が跡を継いでいます。<
彼のお家は「分家」です。
彼の父方の実家も「本家」かどうか判りません。
彼の父方の実家が代々「本家」として、受け継がれて来たのか、何代か前に「分家」と成ったのか判りませんから。
「本家」とは、あなたの言う通り「代々その家を継いでいる家」の事です。
私は長男で「本家」を継ぎましたが、弟は結婚して「分家」と成りました。
「本家」から別れるのが「分家」です。
奥さんの実家が「分家」に成る事は有りません。

我が家は「本家」と言う事で、500年以上続いているようですが、その前の事は判りません。
「本家」と成る前は、何処かの「分家」が移住して来て「本家」と成ったのかもしれません。
「本家」が移住して来た事も考えられます。
「本家」「分家」って、その程度の物なんですよ。
(本家の責任は、分家と比較に成らない程大きいですが)
1000年もたてば「判らない」って事ですね。

>嫁に行くってことは自分の家を捨てるってことなの<
違います。
「自分の家から出る」と言うだけです。
だって結婚しても親子関係は変わりませんから。
「家を捨てる」と言う事は、「関係を断つ」と言う事ですから。
彼の考えが浅はかなだけです。

>正月の挨拶は彼の実家にまず行くもんだ。<
理由はともかく、この部分はその通りです。
貴女は彼の姓に成るのですから、彼の実家を優先させた方が良いでしょう。
(貴女の実家をないがしろにすると言う意味では有りませんよ)

結論を言うと「彼の勘違い」ですね。

旧家の長男で、実家を受け継ぎました。

参考
分家とは、ある家に属する家族が、その意思に基づき、その家から分離して新たに家を設立することをいう。
このとき、元々属していた家を「本家」と呼んだ。(ウィキペディア)

つまり「本家に属する兄弟の一人が、結婚を機に独立して新たに家を建てて、移り住んだ時に分家と成る」と言う事です。
女性が嫁いだり婿に入って、姓が変わった場合はこの限りでは有りません。

>彼の父方の実家は別の兄弟の方が跡を継いでいます。<
彼のお家は「分家」です。
彼の父方の...続きを読む

Q日本人の自閉症の発明家はいないんですか?

大昔から、日本人の自閉症の方が、機械などを発明して、世界中に有名な発明家の人はいないんですか?


また今の時代、日本人の自閉症の方で、世界中に有名な発明家の人が全くいない理由はなぜですか?

Aベストアンサー

>日本人の自閉症の方で、世界中に有名な発明家の人が全くいない理由はなぜですか?
日本人の世界中に有名な発明家がいないから。

それに日本人ら限らず「世界中に有名な発明家」の存在すら怪しいですね。
せいぜいエジソンくらいですね、他の人は特定の物などの発明者であっても発明家ではない。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング