国民健康保険税と国民年金の13年度の支払い額が、150万円くらいになったんですが、(前年までの払っていない分とあわせて)払った分全部を申告できますか?金額の上限はありませんか?

A 回答 (2件)

 滞納分なども含めた、支払額の上限はありません。

生命保険や損害保険には上限がありますが、社会保険料控除には上限はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

   税務署に行かずに済みました。ありがとうございます。

お礼日時:2002/03/06 22:15

 支払った社会保険料がすべて控除の対象にならない場合もあります。

下記URLにある通り、まだ納付期限が到来していない、いわゆる前納分については下記のような扱いになります。

・1年を越える期間を前納した場合

【前納した社会保険料の全額(支払実額)】×【前納した社会保険料等にかかるその年中に到来する納付期日の回数】/【前納した社会保険料等に係る納付期日の総回数】

・前納の期間が1年以内

 実際に支払った社会保険料の全額

・過去の滞納分を支払った場合

 実際に支払った社会保険料の全額

 1年以上も先払いすることは考えられませんので#1の回答で十分かとは思いますが。


http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kihon/syoto …

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kihon/syoto …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解決しました。ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/06 22:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q総合課税となる収入・所得がない場合、社会保険料控除、生命保険料控除、地

総合課税となる収入・所得がない場合、社会保険料控除、生命保険料控除、地震保険料控除は受けられないのでしょうか?

確定申告の際に、総合課税となる収入・所得がなく、分離課税になる収入・所得がある場合、社会保険料控除、生命保険料控除、地震保険料控除は受けられないのでしょうか?

Aベストアンサー

>分離課税になる収入・所得がある場合、社会保険料控除、生命保険料控除、地震保険料控除は受けられないのでしょうか?
いいえ。
受けられます。
通常、分離課税は他の所得とは別に所得税を計算しますが、総合課税の所得から所得控除を引ききれていない場合は、分離課税の所得から引くことができます。

Q青色申告 国民年金の延滞分払った場合の控除

こんにちわ。
確定申告についてなのですが・

控除について教えて下さい。

主人が自営業をしています。
私はパートにでていて配偶者控除を受けています。

主人の国民年金を今まで過去にさかのぼって二年分と、今年一年分を払いました。
今まで何年間か払えていませんでした。

その場合の控除は今年一年分だけなのですか?

Aベストアンサー

社会保険料控除である国民年金保険料は、支払った日の含まれる年分の確定申告で社会保険料控除が受けられます。

控除のためには、支払ったことを証明するものとなる控除証明書や領収証書などが必要です。
必要によって、市役所などへ確認しましょう。

Q社会保険料控除

確定申告の書類をつくっています。

扶養がいる場合、その人の国民年金保険料などを負担した場合は
社会保険料控除にいれてもいいのでしょうか?
また、健康保険料もしかりです。
世帯主ではないにしても、健康保険料を負担したのが自分ならば
すべて社会保険料控除として申告できるのでしょうか?

Aベストアンサー

>扶養がいる場合、その人の国民年金保険料などを負担した場合は
社会保険料控除にいれてもいいのでしょうか?

よいと思います。
私は子どもの分の国民年金保険料を私自身の銀行口座から振替にしておりますので、
私の社会保険料控除に入れています。
年金の領収証明書は本人あてのものしか発行されませんが、私が負担していることには
間違いないので、確定申告でも全く問題なくOKとなっています。
(特に私の場合は、子どもは主人の扶養親族になっていますが、生計を一にしている
ことには間違いないので、問題なくOKとなっています)


>世帯主ではないにしても、健康保険料を負担したのが自分ならば
すべて社会保険料控除として申告できるのでしょうか?

こちらもよいと思います。
我が家は私しか国民健康保険に加入していませんので、保険料は私自身の銀行口座から
振替にしています。
ところが、国民健康保険は【世帯主】あてにしか証明書が発行されません。
(通知書も世帯主あてですよね)
それでも確定申告では全く問題なくOKですよ。

Q短期借入金は返済すると、その分の金額は売上(収入)金額に計上されるのでしょうか?

帳簿ソフトを使って、帳簿を付けていて理解出来ない点があったので質問させて下さい。
70万円の借入金を返済したのですが、それを記帳すると決算画面の売り上げ
(収入)金額も70万円増えてしまいます。
返済した借入金は収入と考えるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

>70万円の借入金を返済したのですが、それを記帳すると決算画面の売り上げ(収入)金額も70万円増えてしまいます。

お使いの帳簿ソフトがどのようなものか分かりませんが、考えられることはソフト上の科目の設定だと思います。

短期借入金つまり流動負債の減少にともなって売上という収益が増加するということは、短期借入金の設定登録場所が本来は前受金であるところに設定されておりませんか? (工事前受金/売上高のような仕訳が考えられます)

今一度、システム上の設定を確認なさった方が宜しいと思います。

Q公的年金にかかる雑所得は社会保険料控除?

公的年金にかかる雑所得は、年末調整か確定申告で所得控除されるとのことですが、
物的控除には
・雑損控除
・医療費控除
・社会保険料控除
・小規模企業共済等掛け金控除
・生命保険料控除
・地震保険料控除
・寄付金控除
の7種類しかなくて、公的年金控除というものがないのですが、どうやって控除されるのでしょうか?
社会保険料控除のなかに公的年金も含まれるのですか?

ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「公的年金にかかる雑所得は、年末調整か確定申告で所得控除される」これ間違いです。
雑所得というぐらいですから、所得です。控除される、つまりマイナスされるものではないです。

所得区分は事業所得、給与所得、一時所得、雑所得など区分されてます。
それぞれが、収入額から所得をどうやって算出するか規定されてます。
事業所得の場合には、事業収入・売上ー経費が事業所得というようにです。

公的年金は雑所得とされてます。
貰った年金総額を収入とすると、経費はないのか?貰った額全額が課税対象なのか?という突込みが入ります。
そこで公的年金総額から法令で定められた公的年金控除額をひいて雑所得の金額とします。
例えば65歳以上の者で320万円なら、120万円が公的年金控除額ですので、雑所得は200万円となるわけです。

各所得の計算上「・・・・控除額」というは給与所得控除額と公的年金等控除額です。
所得の計算をするさいに控除します。

これに対して・雑損控除 ・医療費控除 ・社会保険料控除 などの所得控除額は、全ての所得額の合計から差し引いて、課税所得額をだします。

給与収入ー給与所得控除額=A
公的年金ー公的年金等控除額=B
総所得C=A+B

Cから、雑損控除 、医療費控除 、社会保険料控除 などの所得控除を引いた額が課税所得D。
D×税率=年税額

という計算になります。

参考URL:http://www.nta.go.jp/taxanswer///shotoku/1600.htm

「公的年金にかかる雑所得は、年末調整か確定申告で所得控除される」これ間違いです。
雑所得というぐらいですから、所得です。控除される、つまりマイナスされるものではないです。

所得区分は事業所得、給与所得、一時所得、雑所得など区分されてます。
それぞれが、収入額から所得をどうやって算出するか規定されてます。
事業所得の場合には、事業収入・売上ー経費が事業所得というようにです。

公的年金は雑所得とされてます。
貰った年金総額を収入とすると、経費はないのか?貰った額全額が課税対象なの...続きを読む

Q前年に納品した案件が翌年支払いで源泉徴収された場合

フリーでライターの仕事をしております。

確定申告では発生主義をとっていますので、お客様に納品した時点で売上として計算しているのですが、よくわからないケースが出てきました。

2011年12月に納品した案件で、お客様から2012年1月に支払いをしてもらいました。
そのときの支払額は源泉徴収額を引いた金額となっていました。
お客様から支払調書が届くのは、おそらく2013年の1月ごろとなると思います。

この案件は発生主義で考えると2011年の売上となると思うのですが、源泉徴収されたのは2012年の支払いとなりますので、2012年の売上としたほうがいいのでしょうか?

ご存じの方にアドバイスをいただけると大変助かります。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>1月に支払いをしてもらいました。
そのときの支払額は源泉徴収額を引いた金額…

確定申告書で言う「未納付の源泉徴収税額」です。
○51欄ね。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/pdf/h23/02.pdf

>お客様から支払調書が届くのは、おそらく2013年の1月ごろとなると…

給与の源泉徴収票と違って、支払調書は確定申告に必須な資料ではありません。
なくてもかまわないのです。

>源泉徴収されたのは2012年の支払いとなりますので、2012年の売上としたほうがい…

青色申告で、かつ、現金主義の届けを出してある場合を除き、平成23年 (税金は和暦です) 分です。

Q年末調整の社会保険料控除について

給与所得者の保険料控除申告書の「社会保険料控除」について質問です。

私は正社員で健康保険料は天引きになっているのですが、同居している母はパートに出ており、国民健康保険料は世帯主である私の口座から引き落としになっています。
毎月母が自分の給料から保険料を私に現金で返してくれるのですが、この場合でも社会保険料控除の欄に記入しても良いのでしょうか?

Aベストアンサー

法的にはその保険料を負担した方が控除を受けられるのですが、実際問題として質問者様のケースでは母上が負担していると証明することの方が難しいので、質問者様が申告しても問題ないでしょう。

Q個人事業で年末をまたいだ売上の源泉税を前年分として記帳するには?

 平成19年12月に掛けで売り上げがあり、平成20年1月に振込で入金がありま
した。このとき源泉税を差し引かれた金額が振り込まれています。
この取引を
12月 売掛金 / 売上
 1月 普通預金 / 売掛金(繰越)
    事業主貸(源泉税) / 普通預金
と記帳しました。こうすると、源泉税は平成20年の帳簿にのみ記帳されること
になると思います。
 しかし、平成19年分として支払調書が送られてきました。先日このサイトで
教えていただいた結果、この源泉税は平成19年分の確定申告にて還付申告をす
べきものとわかりました。
 実際に入金があった時点ではじめて源泉税を記帳すると、上記のように平成
20年の扱いになってしまうと思います。この源泉税を平成19年の帳簿に反映す
るにはどのように仕訳・記帳したらよいでしょうか。
 ご教示いただければさいわいです。

Aベストアンサー

#2です。回答の一部に誤りがありましたので、改めて、全文を書き直します。


>12月 売掛金 / 売上
 1月 普通預金 / 売掛金(繰越)
    事業主貸(源泉税) / 普通預金

12月 売掛金 / 売上
は問題ありません。

1月 普通預金 / 売掛金(繰越)
    事業主貸(源泉税) / 普通預金
この仕訳は会計としては誤りです。天引きされた源泉所得税は国へ仮払い(概算払い)したのであって、事業主に仮払い(概算払い)したものではないからです。

ですから正しくは、
〔借方〕普通預金ooooo/〔貸方〕売掛金(繰越)*****
〔借方〕仮払税金#####/
仮払税金は仮払金でもOKです。

さて本題です。

所得税の源泉徴収は、売上げの発生時ではなく、売上代金の支払時に行われます。従って、平成19年12月の売上であっても、平成20年1月に支払われる場合は1月に源泉徴収されます。ですから、この源泉所得税は、平成19年の決算に反映されなくても良い、というより、反映させないのが正解です。反映させるのは誤りです。

#2です。回答の一部に誤りがありましたので、改めて、全文を書き直します。


>12月 売掛金 / 売上
 1月 普通預金 / 売掛金(繰越)
    事業主貸(源泉税) / 普通預金

12月 売掛金 / 売上
は問題ありません。

1月 普通預金 / 売掛金(繰越)
    事業主貸(源泉税) / 普通預金
この仕訳は会計としては誤りです。天引きされた源泉所得税は国へ仮払い(概算払い)したのであって、事業主に仮払い(概算払い)したものではないからです。

ですから正しくは、
〔借方〕普通預金...続きを読む

Q「給与所得者の保険料控除申告書」の「社会保険料控除」欄の書き方を教えてください。

先日、アルバイトの勤務先から、「平成17年分 給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書」と「平成18年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」をもらいました。

「平成17年分 給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書」の左下には、「社会保険料控除」と題する欄があり、その中には、
「社会保険の種類」、「保険料支払い先の名称」、「保険料を負担することになっている人の氏名」、「保険料を負担することになっている人のあなた(書類を作成する人)との続柄」、「あなたが本年中に支払った保険料の金額」
の五項目があります。

アルバイトと健康保険の加入状況は次のとおりです。
今年の2月・・・アルバイト、勤務先の健康保険に加入。(給料から健康保険料・年金保険料が天引きされる)
3月~10月・・・アルバイトをせずに就職活動、国民健康保険に加入。
11月・・・・・・再びアルバイトを開始。引き続き国民健康保険に加入(アルバイトは開始していますが、会社の保険に入り給料から健康保険料・年金保険料が天引きされるようになるまで、勤務を開始して2,3ヶ月かかると言われております)

私の場合における「社会保険料控除」の五項目の記載方法を教えてください。

特に五項目の中に「あなたが本年中に支払った保険料の金額」とありますが、まだ今年は11月なので、今年中に「支払った保険料の金額」はまだ確定しないと思われますが、どのように記載すればいいのでしょうか。

また、この書類の記載方法を記したサイトなどがあれば合わせてご教授をお願いします。

なお、「平成18年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」については、私は結婚もしていないし、扶養家族もいないので、この書類は簡単な記載で済ますことができそうです。

どうぞよろしくお願い致します。どうぞよろしくお願い致します。

先日、アルバイトの勤務先から、「平成17年分 給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書」と「平成18年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」をもらいました。

「平成17年分 給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書」の左下には、「社会保険料控除」と題する欄があり、その中には、
「社会保険の種類」、「保険料支払い先の名称」、「保険料を負担することになっている人の氏名」、「保険料を負担することになっている人のあなた(書類を作...続きを読む

Aベストアンサー

>今年の2月・・・アルバイト、勤務先の健康保険に加入。(給料から健康保険料・年金保険料が天引きされる)
この分は記入しません。

>3月~10月・・・アルバイトをせずに就職活動、国民健康保険に加入。
11月・・・・・・再びアルバイトを開始。引き続き国民健康保険に加入
この部分を記入します。

国民健康保険
社会保険の種類→国民健康保険
保険料の支払い先の名称→住んでいる区・市・町など
保険料を負担することになっている人の氏名→世帯主
国民健康保険は世帯主に請求がきます。世帯主が貴方なら、貴方の名前、同居していて親が世帯主の場合は親の名前を書きます。納付書で確認してください。
続柄→貴方が"保険料を負担することになっている人"なら「本人」、親などであれば「子」、妻や夫であれば「配偶者」です。
支払った保険料→12月末日までに支払う見込み額でいいです。もし支払わなかったりしたら、1月に会社で年末調整の訂正をお願いするか、確定申告で訂正します。

国民年金
社会保険の種類→国民年金
保険料の支払い先の名称→社会保険庁
保険料を負担することになっている人の氏名→貴方の名前
続柄→本人
支払った保険料→これも12月末日までに支払う見込みです。
※尚、国民年金は今年から控除証明書の添付が必要となりました。もう家に届いていると思います。

2月までのアルバイトの給料、支払った保険料などは源泉徴収票が証明してくれます。ですから、その前のアルバイト先から源泉徴収票を取り寄せて、今回の年末調整の書類と一緒に今のアルバイト先に提出します。

参考URL:http://www.m-net.ne.jp/~k-web/nentyou/hokenryo.html

>今年の2月・・・アルバイト、勤務先の健康保険に加入。(給料から健康保険料・年金保険料が天引きされる)
この分は記入しません。

>3月~10月・・・アルバイトをせずに就職活動、国民健康保険に加入。
11月・・・・・・再びアルバイトを開始。引き続き国民健康保険に加入
この部分を記入します。

国民健康保険
社会保険の種類→国民健康保険
保険料の支払い先の名称→住んでいる区・市・町など
保険料を負担することになっている人の氏名→世帯主
国民健康保険は世帯主に請求がきます。世帯主が貴方な...続きを読む

Q前年の赤字分を繰越し忘れた!

開業以来、青色申告者です。
H14年分で120万赤字が出ました。
H15年分(利益50万)とH16年分(利益300万)から
赤字分を控除するのを忘れ、確定申告をしてしまい
ました。
修正申告をしようと思いますが、
納める税金が減るので、税務署は
怪訝になるでしょうか?
当然の権利なのですが、心配です。

会計ソフトで申告しているのですが、
どのような仕訳をすればよいのでしょうか?

あと、会計ソフトで仕訳し直したら、それを
税務署に持っていき、修正申告の旨を
伝え、書類を提出すればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

個人事業の青色申告の純損失の繰越控除の適用忘れ加と思いますが、この場合、所得税の還付になりますので、修正申告ではなく更正の請求ということになります。

更正の請求は、申告期限から1年以内が基本ですので、H15年分につきましてはH17.3.15までしか請求することができません。

H16年分については、更正の請求の期限内ですので還付請求をすることができそうですが、所得税の規定と照らし合わせると、H15年に繰越をしていないことがネックになる可能性があります。

私はこのケースを経験したことがないので、明確なお答えはできませんが、税務署にH14年分、H15年分、H16年分の申告書の控をもっていって相談されるのがいいかと思います。

会計ソフトではおそらくこのケースの更正の請求には対応していないかと思いますので、税務署で相談をした上で税務署の書類に手書きで記載されるのがいいかと思います。


人気Q&Aランキング