すご~く探しています。
検索エンジンで探したり、人に聞いて回ったのですが
それでも分らなくて…。
今から10年ほど前に教科書(高校)で読んだ小説なのですが、
そのタイトルと作者さんをもし分ればお教えください!

内容(かなりうろ覚えです)
風景のイメージは中国辺りの草原の村という感じです。
------
男が住んでいます。
隣に姉弟が引っ越してきます。
その内隔てている壁に穴があき、行き来できるようになります。
その内に姉と男は結婚(恋仲?)となります。
(この辺で弟と一悶着あった気がします)
最終的に姉は花になってしまい話は終わります。
------

以上、私が覚えている内容です。
これだけだと不条理ものっぽくて分りづらいかも
しれないですね(^^;

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

中国の志怪説話を集めた「聊斎志異」の中の一篇「黄英」じゃないでしょうか。


教科書でお読みになったのは、それを太宰治が江戸期日本の設定に移しかえた短編「清貧譚」かもしれません。

参考URL:http://www.aozora.gr.jp/cards/dazai/seihintan.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こっ!これです!確かにこれです。
ありがとうございました!
すごく嬉しいです~。

いや~太宰先生の移しかえた方だったのですね。
今読み返すと結構男が嫌な人だったですね~。

志怪説話とは初耳です。
こんな不思議な話がそこにもまだありそうなので
チェックしてみたいと思います。

ほんっとにありがとうざいました(^^)/

お礼日時:2002/03/07 22:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大草原の小さな家

大草原の小さな家

舞台背景やこのお話からわかる西部劇の話など教えてください

Aベストアンサー

作者のマンガ伝記です。
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%AB%E3%82%B9%E2%80%95%E5%A4%A7%E8%8D%89%E5%8E%9F%E3%81%AB%E7%94%9F%E3%81%8D%E3%81%9F%E5%A5%B3%E6%80%A7%E4%BD%9C%E5%AE%B6-%E5%B0%8F%E5%AD%A6%E9%A4%A8%E7%89%88%E5%AD%A6%E7%BF%92%E3%81%BE%E3%82%93%E3%81%8C%E4%BA%BA%E7%89%A9%E9%A4%A8-%E5%BE%8C%E8%97%A4-%E3%83%A6%E3%82%BF%E3%82%AB/dp/4092700075
「大草原の小さな家」は作者の実体験を元にしたものなので、かなり参考になると思います。

Qトムソーヤ、大草原の小さな家、宝島

トムソーヤの冒険、大草原の小さな家、宝島
時代はいつ頃でしょうか?どれが一番古いでしょう??
今、家飲みしてて意見が分かれています。
飲み会終わるまでに答えが知りたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

時代が重なっている気がするので、厳密に区別するのはむつかしいと思います。
まず、「トム・ソーヤの冒険」ですが、発表されたのが1876年。19世紀後半。作者の少年時代と重ねるとしても、19世紀半ば頃。

「大草原の小さな家」は、ローラ・インガルス・ワイルダーの回想記を元に、脚色してドラマ化したもの。このローラは1867年に生まれていますから、その少女時代は19世紀の後半。

「宝島」が発表されたのは1881年から1882年。これも19世紀の後半です。ただし、これは空想の小説なので、その時代設定がもっと古いことも考えられますが、作者の少年時代くらいとみなすと、やはり19世紀の半ばくらいのものでしょう。

「大草原の小さな家」を除くと、正確な年代を決めるのは無理がありそうです。何しろ、作者だって答えられないかもしれないですから。
けれど、それでもあえてどれかということになると、他の回答者の方々と同じ答えになりますが、「トム・ソーヤ」かもしれません。

Q兄妹、姉弟を好きになる話って何がありましたっけ?

兄妹、姉弟を好きになってしまう話って、どんなのがありましたっけ?
思いつくところではジョン・アーヴィング「ホテル・ニューハンプシャー」とそれの影響を明らかに受けている西加奈子の「さくら」しか思いつかないのですが。
他に何がありましたっけ?
映画でもいいです。映画だと「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」くらいしか思いつきません。
実の兄妹、姉弟じゃなくても、義理の兄妹、姉弟でもよいです。
できれば、そのことがテーマになってるくらい濃いーのがいいんですけど、そのことに葛藤する場面がある、くらいのでもよいです。上にあげたのはそうですね。
単にそういう設定だというだけで、その心理を描いてある場面が全くないのは避けてもらえると嬉しいです。
何か思いついた方、お願いします。

Aベストアンサー

自分は、村山由佳の『星々の舟』@直木賞受賞作を思い出しますが。。。

Qうろ覚えの昔話のタイトルと話全部が知りたいのです。

昔ラジオか本で知った昔話です。
若者が雪の日に囲炉裏の前で弓か何かの手入れをしていると、その地方に住む化け物が現れ命をとろうとした。その化け物は人の心が読めるので、若者が平静を装いながら反撃の機会を狙っていることがバレてしまい手が出せない。しかし、たまたま手でいじっていた弓が弾けてうっかり手元にあったものを飛ばしてしまうと、心にもないことをやってのける人間に恐れをなした化け物は逃げていった。
たしかこんな話だと思うのです。遠野物語の中にあったのかもしれません。どうしても思い出せずにいます。ご存知の方がいらっしゃいましたら是非タイトルとこの内容であっているかを教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 いわゆる「さとりの化け物」とか「さとるの化け物」ですね。伝承ですので、細かい違いがある話がいろいろあるようです。

http://www.rg-youkai.com/tales/ja/06_yamagata/07_satori.html

Q「不条理」が文学作品のテーマに用いられる理由

カフカを初め、「不条理」をテーマにした小説等は多く見受けられますが、なぜ「不条理」は文学作品のテーマとして用いられるのでしょうか?
もちろん作者によってその理由はまちまちでしょうから、一般論で結構です。

ご回答頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

不条理は誰でも経験する事ですから、作家本人の創造能力に余り依存せずに説得力の在る作品が書きやすいからではないですか。皆さんに受け入れやすければ、名作としても残りやすいですよね。

他の例では、どこの国の話でも地獄の話は面白く、また、描きやすいですね。苦しみは誰にでも共感できるからです。一方、退屈しない天国を描くのは、それこそ、その著者の能力が試されます。ですから、行ってみたくなるような天国の描写は滅多に在りませんね。私の経験では、ダンテの『神国』の地獄は面白かったが、天国なんて行ってみたいと思えませんでした。個人的には源信の『往生要集』の極楽なら行ってみたいと思えましたが、こんなのは例外中の例外です。

悲劇を描けば古典として残りやすいですが、喜劇では中々説得力のある古典が在りませんね。不条理と同じで、悲劇は人間の脳味噌のなかでも最も原始的な部分を感情的に刺激するので、誰でも簡単に納得させられてしまうのですが、一方喜劇を理解するには、その時の文化を理解している必要があり、相当な知的訓練を受けていないと、中々楽しめるものでは在りません。外国語で話される冗談がすぐ分からないのと同じです。喜劇役者になるには相当頭が良くなくては成れませんが、二枚目役者や美人役者などは、そんなに頭が良くてもなれるのと同じです。不条理や悲劇をテーマにした作品は、二枚目役者みたいなもので、皆さんの動物のレベルの感情ですぐ共感できますが、喜びをテーマにすると、喜劇役者並みの知的能力が在っても、中々納得してもらえないのです。

勝手な想像ですが、優れた作家は多分一生に一度ぐらい、喜びをテーマにした作品に挑戦するかもしれませんが、ほとんどの場合失敗しているか、あるいは、それに挑戦するだけの勇気がないのではないですか。そんな賭けをするよりも、きっと、誰にでも簡単に受け入れてもらえる、悲劇や不条理に流れて行ってしまうのだと思います。

何か、作曲家が滅多にバイオリン協奏曲を書かないのと似ていますね。ただ不思議な事には、そんなに珍しいバイオリン協奏曲には名曲が多い。ところで、喜びをテーマにした文学作品には滅多にお目にかかれないと思いますが、それにもやはり名作品は多いのでしょうか。単なる経験不足かもしれませんが、文学に疎い者の独断と偏見に満ちたコメントになってしまいました。悪しからず。

不条理は誰でも経験する事ですから、作家本人の創造能力に余り依存せずに説得力の在る作品が書きやすいからではないですか。皆さんに受け入れやすければ、名作としても残りやすいですよね。

他の例では、どこの国の話でも地獄の話は面白く、また、描きやすいですね。苦しみは誰にでも共感できるからです。一方、退屈しない天国を描くのは、それこそ、その著者の能力が試されます。ですから、行ってみたくなるような天国の描写は滅多に在りませんね。私の経験では、ダンテの『神国』の地獄は面白かったが、天国...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報