昭和50年前後に発刊された雑誌 JOTOMO(女学生の友)が閲覧できるサイトを教えてください。

A 回答 (1件)

ちょっと探してみたんですが・・・


s40くらいのモノからあった筈です。
行ってみてください。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Hollywood/8014/
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q雑誌のふろくのデザイナーは?

子どもの雑誌には、紙で組み立てるふろくがよくついてきますが、そのふろくのデザイナーやデザイン会社などについて情報はありませんか。
また、古いふろくの企画者で今は有名なデザイナーなんて人もいたら教えてください。

Aベストアンサー

ペーパークラフトデザイナーの高橋孝一さんは雑誌の付録も手がけていたと思います。

「雑誌の付録」というより「ペーパークラフト」という観点で探すとたくさんのデザイナーさんやデザイン会社が見つかるかもしれませんよ。

参考URL:http://www.np-g.com/npi_yoshi/yoshi/vol47.pdf

Q昭和45年前後の少年雑誌が倉庫から出てきました

自分には必要がないので出てきた雑誌を売りたいのですが、虫食いがあるものもあります。
こういったものはやはり商品的価値はないでしょうか?
また売れない場合、個人的に欲しいと引き取ってくれる人を探せるような場所はないでしょうか?
できるなら必要としている人の手に渡って欲しいので・・・

Aベストアンサー

 こんにちは。
 書名が具体的に判ればもっときちんとした回答も出来ますが、それは良しとします。世の中ものの考え方も人様々です。捨てる人や価値を知らずに売り払ってしまう人がいなければ古物を扱う商売は成り立ちません。私は1枚の切符に数百円どころか、万を越える値を付けて手に入れることもある者の一人です(念のために言っておくとこの世界でももっと上が数多くいます)。

 よほどボロボロでもうゴミと変わらないほどにひどくなければ多分売れるでしょう。当時の少年雑誌と言うと漫画でしょうか。それだと1冊当たり2~300円は確実です。内容によってはもっと高くなります。当時の漫画が主でない雑誌で思い出せるのは『ボーイズライフ』しかありませんが、これはもっと珍しいはずです。
 話がずれますが、もし少女向けの『女学生の友』だとか『ジュニア文芸』といったものになると、2000円では買えなくなります。はっきり言って、これは奪い合いの状況です。
 とにかくこちらで誌名を入力して、過去のオークションの結果を見てみるのが一番参考になるでしょう。
http://aucfan.com/search#
 

 こんにちは。
 書名が具体的に判ればもっときちんとした回答も出来ますが、それは良しとします。世の中ものの考え方も人様々です。捨てる人や価値を知らずに売り払ってしまう人がいなければ古物を扱う商売は成り立ちません。私は1枚の切符に数百円どころか、万を越える値を付けて手に入れることもある者の一人です(念のために言っておくとこの世界でももっと上が数多くいます)。

 よほどボロボロでもうゴミと変わらないほどにひどくなければ多分売れるでしょう。当時の少年雑誌と言うと漫画でしょうか...続きを読む

Q雑誌のふろく

雑誌のふろくってふろく独特の匂いしますよね
特にかばんとか
あの匂いを取りたいんですがなにかいい方法知ってる方いませんか?

Aベストアンサー

中表にして、風通しの良いところに陰干しすれば、2~3日で気にならなくなると思います。

ファブリーズのような製品は、鞄の素材によっては染みになるそうですし、
プリント部分や装飾(スパンコールなど)に影響を与えることもあるみたいなので、
むやみに使わない方が良さそうですよ。

参考になれば幸いです。

QNHKのドラマ 昭和50年頃で正月 旅館 年越

旅館で年越しをする人が年に一回集まる。

その年、旅館の娘?が待っていたが、男性は来なかった?

この原作を読んでみたいのですが。

月の庭?とか 春の庭 とか ?

Aベストアンサー

 こんにちは。

 今回この質問を調べる過程で判ったのですが、こちらには放送局による検索条件が設定されていません。
http://www.tvdrama-db.com/detail_search.htm
ただしウェブのテレビ・ドラマのデータ・ベースはほとんどこれしかありません。ですからとにかく調べてみます。
1.先ず時期と、解説項目NHKで検索・・・それらしい結果無し。
尚、期間は念のために前後3年ほどを含めています。
2.時期と、庭・・・それらしい結果無し。
3.時期と、月・・・それらしい結果無し。

4.時期と、春・・・どうやらそれらしいものが出てきました。
「春の橋」
http://www.tvdrama-db.com/drama_info/p/id-15097
 これだとすると、原作は無しなので、脚本家のオリジナルと思えます。この場合脚本が本になる可能性は極めて低いため、ほぼ単行本としては刊行されていないと思います。
 残る可能性は、確か当時2誌あった月刊の脚本またはドラマ雑誌に掲載されたことがあったかもしれない、となります。

 回答が中途半端で申し訳ないのですが、実はその「雑誌の主な内容を調べる」というのが並大抵の作業ではありません。図書館のデータ・ベースはそこまできちんと作成されていません。
 とにかく誌名だけでも確定しようと思い続けて調べたところ。
1.「Drama」は1979年創刊のため、これの可能性は無い、だろう。
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000038957-00
2.とすると残るは「シナリオ」ということになります。
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000010312-00
 或いはまだほかにもテレビドラマの脚本を掲載する雑誌があったかもしれません。この辺は私には思い当たりがありません。また、調べるとなると相当な時間を要するので、これはここまでにします。調べるにはフィルムセンターの図書室に尋ねるのが速いかと思います。
 次にその上で、該当の作品のシナリオが掲載された号があるのかどうかを調べることになります。

 私もこの頃のNHKのドラマはかなり良く見ていました。これも見たかもしれませんが、記憶にはありません。正月休み向けの単発ドラマはほとんど再放送されたことは無かったと思います。
 作品そのものが残っているかどうか微妙な時期でもあります。この頃佐々木昭一郎さんが単発ドラマをNHKで1~2年に1作ほど作っています。彼の場合16mmのフィルムで撮影したので、ほぼすべての作品が残っています。ビデオ撮影されたものは昭和50年辺りですらまだ残っている方が少ない状況でしょう(テープを再利用したため、作品が消滅した)。
 当時の資料として割合簡単に目にすることが出来るのは、
・「グラフNHK」。
NHK放送博物館図書館で閲覧できると思います。
http://www.nhk.or.jp/museum/
・まだ当時の新聞の縮刷版を所蔵している図書館は少なくないので、それを探す。
http://www.jla.or.jp/link/public.html
こんなところです。

 以上調査の第一歩とお考え下さい。

 こんにちは。

 今回この質問を調べる過程で判ったのですが、こちらには放送局による検索条件が設定されていません。
http://www.tvdrama-db.com/detail_search.htm
ただしウェブのテレビ・ドラマのデータ・ベースはほとんどこれしかありません。ですからとにかく調べてみます。
1.先ず時期と、解説項目NHKで検索・・・それらしい結果無し。
尚、期間は念のために前後3年ほどを含めています。
2.時期と、庭・・・それらしい結果無し。
3.時期と、月・・・それらしい結果無し。

4.時期と、春・・・ど...続きを読む

Q幼児雑誌の紙ふろく

こどもが一歳の時から、幼児雑誌を買っています。
私は紙付録がすきなのですが、なぜか子どもも好きなようで、毎日のように引っ張り出してきてあれこれと遊びます。最近でいうと、自動販売機を紙で再現したものがあって、これはおもしろいようで特に大ヒットでした。

子どもが紙付録を壊すということはないので、私が意図的に捨てないかぎり(収納スペースの問題など)、ずっと遊んでいて、一歳台に買ったものも多数現役です。一年経つと、ふろくが一周するというか、二年目にまた似たような付録がでたりするのですが、それもこどもにとってはバージョンアップしたようなもので嬉しいらしく、「またおかいものごっこか」ではなく「おかいものごっこのパーツが増えた」という感覚のようで喜んでいます。

で、ここまではいいのですが、私は付録をつくるのが上手ではありません。長く遊ぶこどもに応えるようになるべくうまく作りたい(丈夫につくりたい)のですが、テープで補強するくらいしか方法を知りません。(なるべく裏側・内側にテープするよう気をつけていますが、結構見栄えが悪いです。)

工作の上手なお母さん・お父さんならもっとかっちりと丈夫な付録にできるんだろうなと思いをはせたりします。丈夫なふろく、遊んでたのしいふろくにするためによい補強方法、参考になるもの・用意しておくと良い道具などあれば教えてください。

こどもが一歳の時から、幼児雑誌を買っています。
私は紙付録がすきなのですが、なぜか子どもも好きなようで、毎日のように引っ張り出してきてあれこれと遊びます。最近でいうと、自動販売機を紙で再現したものがあって、これはおもしろいようで特に大ヒットでした。

子どもが紙付録を壊すということはないので、私が意図的に捨てないかぎり(収納スペースの問題など)、ずっと遊んでいて、一歳台に買ったものも多数現役です。一年経つと、ふろくが一周するというか、二年目にまた似たような付録がでたりするので...続きを読む

Aベストアンサー

ペーパークラフトですが、主に痛んでくるのは紙の『切断面』です。
なので補修以前に切断面の扱いで変わってきます。

雑誌付録の場合、手でちぎれるようにミシン目とかになっていると思われます。
ここをあえてカッターで切断すると切断面がほつれにくいです。
カッターの下に敷くマットは小さいものなら100均でもあります。

また折り目も一発でキレイに決めた方がダメージが少ないです。
定規やヘラなどを当てて、と言うのが定番です。(目盛りの消えた定規とかを切断していろんな幅のアテモノを作っておくと本格的)

またコピーなどをとっておいて別のボール紙を切り出して予備パーツを作る、などの場合、穴あけポンチがあるとクオリティが上がります。

http://www.amazon.co.jp/iHelp-%E7%A9%B4%E3%81%82%E3%81%91%E3%83%9D%E3%83%B3%E3%83%81-1%E3%83%9F%E3%83%AA/dp/B001V7FWHC/ref=sr_1_2?s=diy&ie=UTF8&qid=1381592118&sr=1-2&keywords=iHelp%E3%80%80%E7%A9%B4%E3%81%82%E3%81%91%E3%83%9D%E3%83%B3%E3%83%81

丸穴をあけるだけでなく切れ込みを入れるときに『とまりあな』を作るのに使えます。
切れ込みの終端(行き止まり)をカッターで切りっぱなしにするのではなく、ポンチで丸穴にするのです。
(ポンチで穴をあけてそこから外へ向かって切っていく)
こうすると切れ込みがどんどんと広がっていきにくくなります。

紙の補強ですが、プラカラー(塗料)や瞬間接着剤を染み込ますと強くなります。
ただこの方法は印刷面に影響が出やすいので端材(切り抜いて捨てる部分等)で試してみてから、となります。


余談ですが自分が小さい頃はいろんなものの空き箱がストックしてありました。
お菓子やら石鹸やらです。(ティシュの箱とかも)
積み木であり工作の材料でもありました。
ものによってはわざわざへんな開け方をしたりもしていました(笑)
ひょっとしたら気に入ってもらえるかも?

ペーパークラフトですが、主に痛んでくるのは紙の『切断面』です。
なので補修以前に切断面の扱いで変わってきます。

雑誌付録の場合、手でちぎれるようにミシン目とかになっていると思われます。
ここをあえてカッターで切断すると切断面がほつれにくいです。
カッターの下に敷くマットは小さいものなら100均でもあります。

また折り目も一発でキレイに決めた方がダメージが少ないです。
定規やヘラなどを当てて、と言うのが定番です。(目盛りの消えた定規とかを切断していろんな幅のアテモノを作っておく...続きを読む

Q雑誌の発刊日と○月号の差異について

いつもお世話になっています。

雑誌を読んでいて、ふと思ったのですが、
何故雑誌は週刊であれば発行日の1週間先、月刊であれば1ヶ月先と
発刊日と号名に食い違いがあるのでしょうか。
単に媒体の特性から先取りしてる感を・・・とかいう理由ではないと思うのですが。

ご存知の方、ご教示下さい。

Aベストアンサー

雑誌が次から次に創刊されていた頃に、ある出版社が「うちが一番新しい情報を取り扱ってます」というイメージを持ってもらって他社の雑誌よりも売り上げを伸ばすために、一つ先の発売日(月)をつけて売るようしたのが広まった、と何かで読んだことがあります。

ついでに、文庫や単行本の「初版○○月××日」とかも、その出版社の1つ先の配本日(大体一ヶ月先)になっていたりします。こちらは江戸時代あたりから合ったらしいですが、やっぱり同じ理由らしいです。

Q幼児雑誌のふろくの収納方法

こどもも、私も幼児雑誌が好きで毎月楽しみに買っています。

各社、毎月たのしい付録をつけてくれますが、プラ製の付録もありますが、
紙製のふろくもたくさんついてきます。
細かいものから、組み立て終わるとかなりの大きさになるものまでさまざまです。
この紙製のふろくの収納にかなりこまっています。

プラ製のものは、強度もあるので、おもちゃ箱にポイっと入れても良いのですが、
紙製はデリケートなのでそうは行きません。

最新号を買うと、古い号の付録で遊ばなくなるというわけではなく、ひきつづき
喜んで遊ぶので、毎月捨てるにはしのびなくて(本誌のほうも、2年前に買ったのでも
楽しそうに読んでいるので、使っている以上捨てられないし、本誌をとっておくと
表紙にその号の付録がでかでかと載っているので、これで遊ぶといいだすことも
多いです)。

紙製の付録だけあつめて衣装ケースにいれたり、細かいものは月別にジッパー付きの
袋に入れてまとめたりしていますが、なんとなくしっくり来ません。
もともと収納が超のつくほど下手なので、いい案が思い浮かばないのだと思います・・・

良い収納方法がありましたら教えてください。

こどもも、私も幼児雑誌が好きで毎月楽しみに買っています。

各社、毎月たのしい付録をつけてくれますが、プラ製の付録もありますが、
紙製のふろくもたくさんついてきます。
細かいものから、組み立て終わるとかなりの大きさになるものまでさまざまです。
この紙製のふろくの収納にかなりこまっています。

プラ製のものは、強度もあるので、おもちゃ箱にポイっと入れても良いのですが、
紙製はデリケートなのでそうは行きません。

最新号を買うと、古い号の付録で遊ばなくなるというわけではなく、ひきつづき
...続きを読む

Aベストアンサー

付録の収納方法、悩みますよね。

私は、組み立てて大きくなったものは、子どもが見える場所に飾りました。
しばらく飾っておくことで子どもの気も済むようで、
捨てる時にごねることが減りました。
ほこりをかぶるので、たまにベランダでフーフー吹くのが少々手間でしたが・・・

こまごましたものは、ビニールポケット式のファイルに入れました。
紙製の着せ替え人形など、ドバッとまとめて入れられて便利ですよ。
ただ、ファイルのビニール袋にはフタがないため、
小さい子だと、ファイルごと逆さまにして中身がドバッと出てきてしまうかもしれません。
それが嫌な場合は、今お使いのジッパー付きの袋に穴開けパンチで穴をあけて、
(穴は、補強用の丸いシールを貼ると丈夫になります。シールは100均にあります)
ジッパー袋のサイズに合いそうなファイルに閉じると、片付きやすいと思います。

付録がカードなど、厚みがなくて数も少ない場合には、
セロテープで補強した封筒を、雑誌に直接貼り付けて、そこへ入れることもあります。

Q雑誌のバックナンバーについて 花とゆめという雑誌の2017年9号が欲しいです! 付録が欲しかったので

雑誌のバックナンバーについて
花とゆめという雑誌の2017年9号が欲しいです!
付録が欲しかったのですが、もう10号が出てしまっているようで、書店に行って店員さんに伺ったのですが、ないということでした。
もうひとつ大きな書店があるので、そちらの方でも聞いてみようと思います(恐らくないと思いますが...)なかった場合、書店からその雑誌を取り寄せることは可能でしょうか?

Aベストアンサー

直接「白泉社」に問い合わせてみられてはどうでしょうか。
問い合わせ先をのせておきます、ご参考にしてみてください。

http://www.hakusensha.co.jp/contact/

Q雑誌のふろく

幼児向けの月刊雑誌(正しくは学習絵本というらしい)の『付録』についてですが、作るのが難しすぎませんか?

たいてい紙製の組み立てモノですが、とても幼児が作れる代物ではなく、我が家ではほとんど親が作るハメになっています。

「親と一緒に作ることでコミュニケーションを・・・」

というフレコミなのかもしれませんが、子供が作れる部分がとても少なく、(当然ながら)子供は出来上がった付録に愛着なぞ示しません。1~2日で飽きてしまいます。

出来るだけ自分の手で作らせようとしても、うまく作れずにかんしゃくを起こすことも。

親子で一緒に作るという考えには異論無いのですが、もっと(半分くらいは子供が作れる)簡単な付録にしてほしいものです。

皆さんのお家ではどうでしょうか?

Aベストアンサー

いや~,わかります。「おうちのかたといっしょにつくってね」と書いてあっても,事実上「おうちのかたにつくってもらってね」としか言いようのないものがありますよね。
雑誌によっても違いがあるような気がします。
多少とも学習雑誌ぽい読み物やパズルなどが載っている雑誌だと,付録もそれなりに対象年齢に合わせていたり,飛行機や観覧車,的当てなど,そんなに複雑でないものが多いようです。
一方,誌面の大部分がテレビ番組とタイアップしているような雑誌(あまりいうと誌名が特定できてしまうかな)は難しいのが多いですね。特にロボット系で,手足や首などが動かせるようなものは,可動部があるためにパーツが多く,複雑で,未就学児にはかなりきついですね。小学2~3年ぐらいでなんとか,という感じです。
大人が一生懸命作っていても,1時間やそこらではできなくて,もう子供は待ちきれなくて他のことをしていたり,2~3歳ぐらいだと,やっと出来上がっても「感動・信頼…」以前に,待ちくたびれて飽きていたり。
しかも紙製だから,子供が動かしているうちにすぐ外れたり壊れたりする。
そこで子供がうるさく泣いて,仕方なくプラスチックや金属でできている本物のおもちゃを買うはめになる--という作戦なのかなと思ってしまうのは,ちょっと考えすぎかもしれませんが,「(半分くらいは子供が作れる)簡単な付録にしてほしいものです」には同感です。
まあ,子供の年齢とか日ごろの親子関係などを考えながら,雑誌を買う時は付録もよく見て買いましょう,という無難な結論でした。

いや~,わかります。「おうちのかたといっしょにつくってね」と書いてあっても,事実上「おうちのかたにつくってもらってね」としか言いようのないものがありますよね。
雑誌によっても違いがあるような気がします。
多少とも学習雑誌ぽい読み物やパズルなどが載っている雑誌だと,付録もそれなりに対象年齢に合わせていたり,飛行機や観覧車,的当てなど,そんなに複雑でないものが多いようです。
一方,誌面の大部分がテレビ番組とタイアップしているような雑誌(あまりいうと誌名が特定できてしまうかな)...続きを読む

Q30歳前後の男性向けのファッション雑誌。

こんにちは。
タイトルそのままですが、30歳前後の男性向けのファッション雑誌ってなにがありますか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

雑誌・定期購読専門のWebサイトがあります。
雑誌のコンセプトなども簡単に紹介されています。
カテゴリー別で検索できるので、ファッション雑誌>メンズファッションで探すと簡単です。ちなみにティーンズや熟年向けを含め36誌ほど掲載されていました。

余談ですが、質問の内容が分かるタイトルというのは、とても重要だと思います。

参考URL:http://www.fujisan.co.jp/


人気Q&Aランキング