よく,バイクのタイプで『ネイキッド』とか『アメリカン』とかありますけど,それはどんなのでしょう?また,他にはどんなのがありますか?

 後「水冷」とかってなんですか?それぞれ,どんな特徴があるんですか?

 おしえてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

思いついただけ述べると、


ネイキッドとアメリカンの他に、
レーサーレプリカ、ヨーロピアン、ツアラー、OFF車等が有ります。
レーサーレプリカは、GPレース等でも走っているバイクの市販版のようなもので
空力が考えられたカウルで覆われています。NSRやYZF-R1やGSX-R等がこれにあたります。
基本的には戦闘的な前傾ポジションで、ピーキーな特性です。
ヨーロピアンは、まぁ昔のバイクのスタイルといった所で、SRなんかがこれにあたります。
(ネイキッドと似ています)
ツアラーは、高速巡航を目的として考えられたバイクで、
レーサーレプリカのようにフルカウルが多いですが、風防効果の高いカウルだったり
ポジションがゆったりとしているものが多いです。ZZ-Rやブラックバード、ハヤブサなどです。
話だけだとピンと来ないかも知れませんが、
街で走っているバイクをよーく眺めてみてくださいね。
いろんな種類があって面白いですよ。


また、エンジンの種類ですが、大きく分けて
「空冷」「水冷」「油冷」の三種類です。
空冷は大気放熱によりエンジンを冷やすもので、昔のバイクはこの空冷から始まりました。
大気との接触面を増やすために、綺麗な空冷フィンが特徴です。
構造がシンプルで丈夫なのですが、エンジンサイズが大きくなるのと、
高出力を出すのに向いていないため、現在ではあまり使われていません。
ただ、デザインを重視して、空冷エンジンを採用する車種もあります。
本当の意味では空冷と呼ばないかも知れませんが、
ゼファー、XJRがこれのエンジンです。
(空冷フィンの他に、オイルクーラーも付いており、
 オイルを一度エンジン外部に出して冷やしているので油冷との声もあります)

水冷は、エンジン内部にウォーターラインを通し、
水(冷却水)の力でエンジンの熱対策をしているエンジンです。
構造は複雑ですが、水冷なら、大容量の熱も冷却することが可能なため、
高出力、高回転のエンジンも作ることが出来ます。
現在では車はもとより、ほとんどのバイクが水冷を採用しています。
ラジエターを呼ばれる水を冷やす冷却板がエンジン前部に付いてるのが特徴です。
フィンがついているものもありますが、ダミーです。

油冷は、SUZUKIが独自に開発したエンジンで
エンジン内部やピストンの裏にエンジンオイルを吹き付けることによって
エンジンが発する熱を冷却しています。
勿論、エンジン外部でオイルを冷やすオイルクーラーを装備しています。
高出力、コンパクトなのが売りなのですが、
ある一定以上の出力になると発熱対策が
やはり難しいということで、SUZUKIも最近のトップモデルには水冷を導入しています。
大年のGSX-Rなどは油冷です。

こんなので分かっていただけましたでしょうか?
もしも何か間違っていることがありましたら識者の方ご指摘下さい。
それでは。
    • good
    • 0

No1の回答に補足して、



ネイキッドは必要最小限のカウルがないものも含まれます。
というよりも、カウルがないもののことを差すことの方が多いです。
アメリカンもカウルが無いのでネイキッドと共通点がありますがライディングポジションの違いとフロントフォークの長さの違いで分けられています。

ステップに直立した状態からシートに座りハンドルに手を伸ばした時に手がハンドルにちょうど触れる状態のものが「ネイキッド」、肘が曲がるものが「アメリカン」、前かがみにならないと届かないのが「スーパースポーツ(レーサーレプリカ)」といって良いでしょう。

また、アメリカンはフロントフォークが長くリヤサスペンションが短い傾向にあります。
エンジン特性が同じでも車体姿勢によって呼称が変わります。

バイクを分ける要素は
1.外観 上記のネイキッド、アメリカンなどの分類
2.用途 オンロード・オフロードの路面の違い
3.エンジン 単気筒、二気筒、マルチ(主に四気筒以上)
4.性格 移動のための手段か走りを極めるための道具か
5.排気量 原付と1600ccでは同じ二輪でも全く社会が異なります

水冷はシリンダー(ピストンが上下しているところ)の廻りに水の通り道があり、シリンダー内でガソリンが燃焼した熱を水に伝えてエンジンが厚くなりすぎるのを防止する装置です。

空冷に比べると冷却効率が高いので高性能エンジンには欠かせません。
空冷でラジエターが付いているものは潤滑用のオイルを冷却するものでシリンダーを冷却する水冷のラジエターとは冷却対象が異なります。
ただしその中間的存在として「油冷」というものもあります。

詳しくはバイク雑誌を購読して研究してください。
人から聞いた情報よりも本の文字から得た情報のほうが身に付きますよ。
    • good
    • 0

「ネイキッド」とはその名前の「裸」という意味通り必要最低限のカウルしかないバイクです。

これに対を成すバイクが「フルカウル」と呼ばれるレース用によく見られるタイプで、空気抵抗を考えられたカウルがバイクの前半分についています。
これらを総じて「オンロード(舗装路用)」と呼びます。

「アメリカン」はハーレー・ダビッドソンに代表されるバイクで、主に乗車姿勢がまっすぐか後傾でエンジンの回転数をあまり上げなくも加速する特性をもっています。

「オフロード(未舗装路用)」と呼ばれるジャンルもあります。
細かくわけると「モトクロス」「ダートトラック」「トレッキング」とがあります。


「水冷」というのは大きなラジエター(冷却装置)が装備されているタイプです。熱いエンジンの中に液体を循環させエンジンの外に取り付けてあるラジエターで風に当てて冷やすのです。
主に「空冷」バイクより性能がよいと言われているようです。ただし「空冷」バイクにもエンジンオイルを冷やすラジエターがついているタイプがあったりして結構あいまいですが。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qネイキッドとアメリカン等 ハンドル交換

スポーツ系のバイクとアメリカン系のバイクは
ハンドルの構造?は違いますか?
形などではなくケーブル類の取り回し、必要な工具など
同じなのでしょうか?

Aベストアンサー

クリップオンなら構造が違うという表現も当てはまるとは思うけど、必要な工具類でいえば大抵は共通でしょう。

ただずいぶん昔に、ハンドル(中空パイプ)の中をハーネスかケーブルが通っているのを見た気もするな。

Qアメリカンとネイキッド

京都在住で学生の僕は、初めてバイクを買います。
そこで今、アメリカンかネイキッドか悩んでいます。

皆さんはどちらがいいと思いますか??

Aベストアンサー

それなりの田舎に住んでる者です。
かなり漠然とした質問ですが、気持ちは良くわかります。
価値観の問題でしょうね。走り自体を楽しみたいなら断然ネイキッドです。優越感や「旅」するなら断然アメリカンです。私も学生のころCB400SFに乗ってましたが、たまにツーリングで道の駅なんかに寄ったとき、なんともいえない劣等感を感じ高級感(値段は大差ないですが)のあるアメリカンに乗り換えました。正直、アメリカンにしてからは知らないおっちゃんが話しかけてきたり、ツーリング中に子供が手を振ってきたり、景色を眺めながら走ること(ネイキッドのときは前の車を抜くことや、カーブを攻めることしか考えてませんでした。。。)が日常的になり、今となってはアメリカン意外眼中にありません。あなたの目指すバイクライフ次第だと思いますよ。

Qアメリカンかネイキッドか

アメリカン(クルーザー)かネイキッドかで迷っています。

・年に4回ほどの帰省で高速道路を使う
・街でのちょっとした乗り回し(雨天も)
・街乗りでの燃費の良さ(乗り方次第だろうけど実感として)

この3つの点でピッタシなのはどちらでしょう?
アメリカンはあのどしっとしたデザインが好きなんですが、やはり高速でスクリーン無しはきついでしょうか?
個人的には金銭的・実用的に250cc程度が丁度良いと思っているので、イントルーダー250、エリミ、エストレヤ、GV250、ST250なんかが好みです。

Aベストアンサー

確かに250アメリカンや、そのあたりの250単気筒エンジンではパワーがあまりないので
高速などでは力不足で多少のストレスを感じる人が多いと思います。
ただ高速使う回数は少ないようですし、距離があまり長くないとか
一番左の車線の流通り80~100km/hであまり飛ばさず流しているとかなら不足はないとは思いますよ

スクリーンについてはアメリカンでも後付け出来るし(市販のガイラシールド等)
気にする事もないとは思います。自分は取り付けを工夫して
1分で取り付けや取り外しできるようにしていますし
必要なときだけつけるというのも可能かとは思います

また速度も90km/h位までの巡航なら意外とスクリーンなしでもそれほど辛くないですよ
ただ110~120以上だとスクリーン無しで長時間は辛く感じますね
質問者さんが上げた車種で巡航するのにはここらの速度がエンジン的にも
限界っぽいイメージがありますね、最高速130~140km/h出るバイクだと
常時巡航はせいぜい110~120位が限度だと思いますし。←それでもエンジンは結構必死で大変そうです
そういう意味で早い速度での巡航がしたい場合はその候補では厳しいかとは思います。

街乗りでの乗り回しや雨天に関してはどちらも対して変わりないとは思います。強いて言うと車の間をすり抜けするならばアメリカンは不利かとは思いますが、しなければそれほどの差があるとは思えません

燃費に関してはネイキッドの250シングルはとてもいいですアメリカンより軽いですしね、
よってアメリカンよりまずいいと思って良いかと思いますよ。

どの要素をどの程度重視するかは質問者さん次第なのでどれが良いと車種は上げにくいので
ここらを見て判断されたら良いかと思います。高い速度の高速走行を
快適にしたい場合は400クラスが必要かもしれませんね

確かに250アメリカンや、そのあたりの250単気筒エンジンではパワーがあまりないので
高速などでは力不足で多少のストレスを感じる人が多いと思います。
ただ高速使う回数は少ないようですし、距離があまり長くないとか
一番左の車線の流通り80~100km/hであまり飛ばさず流しているとかなら不足はないとは思いますよ

スクリーンについてはアメリカンでも後付け出来るし(市販のガイラシールド等)
気にする事もないとは思います。自分は取り付けを工夫して
1分で取り付けや取り外しできるようにしていますし...続きを読む

Qネイキッドでアメリカンのエンジン音

ネイキッドでアメリカンのような「ドドドドドド」
っていう迫力あるエンジン音ってだせるんでしょうか?
ちなみにイナズマを購入しようと思っているんですけど
イナズマは油冷独特の感じは好きなんですけど
ある程度のスピードをだすとガラガラいうのが少し気になるんです。
マフラーやエンジンをいじることで「ドドドドドド」
をだせるんでしょうか?

Aベストアンサー

まず結論から言うと、イナズマとか4気筒ネイキッドでは実質無理ですねぇ

理由はあのドドドドドという音は2気筒だから出せる音だからです。
4気筒というのは細かく4気筒分に分けてエンジン内部で爆発させてこそ
4気筒のメリットが出せるのでそうすると音も細かく分かれてしまい
ドドドドドとならないんです。1気筒辺りも小さいですしね
という事で4気筒であの音を出すというのは市販者では無理なはずです。

改造で4気筒エンジン内部のクランクを位相(位置をずらす)させたりすれば
出来るかもしれませんが何百万円かかけてもできるか怪しいレベルです

技術的に不可能ではないと思いますがもはやバイク屋レベルなんて超越する位のものが必要です。

という事で2気筒で極力排気量の大きいバイクを購入するかのが現実的、という事になってしまいます

Qネイキッドアメリカンについて!

400CC以下の排気量でネイキッドアメリカンと呼ばれている車体を教えてくださいm(__)


または扱いやすいというか、取り回しがいいアメリカンを教えてくださいm(__)m

お願いしますm(__)m

Aベストアンサー

ネイキッドアメリカンと続けていう呼び方は初めて聞きました。従って車種はわかりません。取り回しのいいアメリカンは、250のクラスならどれでも大丈夫。400になるとそれ以上の排気量のクラスと車体がほぼ同じだったりするので取り回しは重いです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報