人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

Core duo搭載のノートPCを買おうとここ数日考えていましたが,
7/27のCore 2 duoの発表を見て,混乱しています。

性能があまり変わらないのであれば
すぐさまcore duoのPCを買ってしまってもよいと思っています。
しかし,core 2 duoの性能がcore duoに比べて格段に性能が良くかつ安価だった場合,
しばらく様子を見た方がよいと思っています。

そこで
・これまでのcore duo と 新しいノートPC用のcore 2 duoの違いはどこにあるのでしょうか?
・core 2 duoの発売以降,core duoの存在価値はどこにあるのでしょうか?

具体さを欠いた質問かもしれませんが
どうぞよろしくお願いいたします。

A 回答 (3件)

>性能があまり変わらないのであれば


>すぐさまcore duoのPCを買ってしまってもよいと思っています。

やめた方がいいです
core(Yonah)とcore2(Merom)ではアーキテクチャが全く違います
core2にはIntelがAMDからシェアを奪還する意気込みというか、凄みが凝縮しています
AMD社のCPUに大きく遅れをとったIntelが悪あがきで出したcoreと、起死回生の切り札のcore2では、比べるべくもありません
もともとYonahはMeromへのつなぎですから、一年くらいしか作るつもりがないと言われていました
core2発売以降、coreは急速に姿を消すことになっています
秋発売の各メーカーのノートPCのラインナップを見てから、ゆっくり判断してくださいね

なおcore2の主な新機能は、
・各コアに対するL2キャッシュの共有化
・キャッシュのメインメモリ先読み
・128ビットSSE命令の1サイクル化(従来は64ビット×2サイクル)
・プロセッサの区画を細かく分け、使用していないブロックへ電力供給をカットして消費電力を抑える
などです

まあ、在庫処分のたたき売りを1年程度の一定期間だけ使うつもり、というのはありかも

参考URL:http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/0607/ …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

Intelの狙いや経緯が理解できて,非常に納得しました。
CPUを換装すればすぐに製品化できるようなものでもなさそうなので,しばらく時間はかかりそうですね。
しかし私にとっては高価な買い物ですので,
やはりこれからの動向をもう少し見守ってから購入に踏み切ろうと思います。

大変参考になりました。
どうもありがとうございます。

お礼日時:2006/07/29 01:12

No2の補足です。


L2キャッシュの共有はCoreからですよ。
確か開発が遅れたので寿命が短かったのです。
もっと早くにでていればよかったのでしょうけど。
遅かったですね。
あと64bitに対応していないというのもあると思います。
intelが悪あがきで出したのはPentiumDという
デスクトップのCPUです。
Coreは決してそうではありません。
Core2の進化の過程というみたいな感じでしょうか。
クロック当りの効率が2で上がっています。

CoreとCore2はアーキテクチャーが違います。
Core2が出てもCoreが安ければ存在価値はありますが。
2で新機能がたくさんあるのでうまみはないかもしれませんね。
Coreは競合のAMDのデスクトップCPUX2と同じくらいの性能です。2で追い越しましたが。

つまり同じ値段なら絶対Core2です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

Core自体は決して「まずい」ものではないということですね。

同じクロックで値段が4~5万も変わるようであればさすがに考えますが,
まずはノートPC用のCore2の値段の公表を待ってみたいと思います。
しかし少なくとも「CoreはCore2の廉価版」というわけではないようですね。。。

参考&勉強になりました。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2006/07/29 02:36

>これまでのcore duo と 新しいノートPC用のcore 2 duoの違いはどこにあるのでしょうか?



全く構造が異なります。Intel曰く、Core2は初代Pentiumの時と同じぐらい革新的なCPUだと豪語していますから。
確かに、性能は挙がってるみたいですね。逆に消費電力は下がってますし。かなり売れると思います。

>core 2 duoの発売以降,core duoの存在価値はどこにあるのでしょうか?

価格面での差が多少あると思いますが、最終的にCoreDuoはなくなるのではないでしょうか?
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
名前は似ていても中身はまったくの別物,
ということですね。

参考になりました。
どうもありがとうございます。

お礼日時:2006/07/29 00:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCeleron、Coreの違いは?

こんにちは。
PCのCeleron、Coreの違いを教えてください。
CPUの動作周波数GHzなども関わってくると思いますが、
呼び名が違うCeleron、Coreの内容が知りたいです。
Celeron、Coreの何千Mは数字が多い方が性能が良いようで。
また、CeleronよりCoreの方が良いのかと。
Coreでも i3 より i5 の方が動作向上になると思いますが。

詳しく分かる方、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

CPUの比較は、世代をまたぐと、非常に複雑になるので
基本的な概念だけを、まず理解しましょう。

原則として、CPUはブランディングされているものです。
ですから、CoreiはCore2やCoreよりも新しい新世代のものとして
より高性能のCPUブランドとなっています。

実際に、技術的に高速化が進んでおり、同じ動作周波数でも
コアあたりの性能が向上しています。


それに対して、Celeronは低価格CPUのブランドですから
「とにかくCeleronは嫌だ」という人もいますし…
あまり性能を求めない層にとっては
Celeronは手軽でお買い得なブランドとして受け止められたりもします。

現在のCeleronは、2,3世代のCeleronに比べれば
デュアルコア化していますし、2,3世代前のCore2Duoより高性能の場合もあります。

Pentiumは、Coreシリーズが出てくる前は、パーソナルのハイエンドがPentiumでしたから
「とにかくPentiumを買っておけばいい」という層がいるので
あえて、CeleronとCoreiの間に、Pentiumというブランドを復帰させています。
Celeronでも充分だけど、Pentiumブランドを支持する人にとって、これは良い選択肢です。


ともかく、CeleronやPentiumは、名称の歴史は10年以上ですから
単に、Celeronと言っても、その性能を推し量ることはまったくできないのです。


そういったブランディングがあるので、基本的には
上級ブランドのものは、同じクロックでは性能が上となります。

これはCPUアーキテクチャーの差や、CPUキャッシュの量の差
メモリーとのインターフェイスの速度の差などから生じます。


ただ、コア数が多いからこそ、上級ブランドであり高速という場合もあります。
(たとえば典型的にCore2QuadとCore2Duoがそういう関係でした)

しかし、実際にはソフトウェアの処理内容によっては
デュアルコアの効果が期待できず、上級ブランドでありながら
処理性能が同等になることもありえます。

CPUキャッシュが多くても、処理内容によっては
速度差は小さくなります。

ですから、細かいところを気にして比較しても
気に病むだけ無駄という場合もあります。

私は、メインのパソコンは動かしっぱなしで
エンコードや動画再生などを行いながら、さらに負荷の高い処理をしたりもするので
Core2Duoから買い換えるなら、4コアは欲しいなぁ…と考え
実際、パーツ販売店に行ったら、4コアでお買い得そうなものがCorei5 2405Sだったので
それとM/Bとメモリーを揃えて、購入しました。

ほかのCPUとの比較なんか、あんまり難しく考える必要は無いと思っています。
それは、市場原理が、お買い得なものを自然に作り出していくからです。

まぁ、完成品PCで考える場合は、考える要素がGPUやメモリーなど
より複雑な要素が必要になるので、CPUの差は、あまり難しく考えないほうが楽ですよ。
多少の性能差は、スペック厨とかベンチマーク厨だけが気にしてればいいんです。


より正確にCPUを選ぶためには

自分が、どういったソフトをどう使うのか?
そこに、マルチコアやHTによる多スレッド環境がどのくらい有効なのか?
速度低下の原因となるものが、どこにあるのか?

いろんな要素を、充分に把握する必要があります。

あるいはCPUのランクを落としてでも
メモリーをより多くしたほうがいい場合もありますし
CPUもメモリーもそこそこのまま、SSD+HDDにするほうが良い場合もあります。


ノートPC特有の問題としては、CPUもGPUも換装できないという基本則があります。
(例外はありますけどね)

ですから、Celeronなどを選ぶ場合は、ちょっと踏み込んで
CPU内蔵GPUが何か?そこも確認しておきましょう。

似たような性能の二つのCeleronやPentiumなどの間で
実際には、GPU性能に格差があるような場合もあるのです。

CPUの比較は、世代をまたぐと、非常に複雑になるので
基本的な概念だけを、まず理解しましょう。

原則として、CPUはブランディングされているものです。
ですから、CoreiはCore2やCoreよりも新しい新世代のものとして
より高性能のCPUブランドとなっています。

実際に、技術的に高速化が進んでおり、同じ動作周波数でも
コアあたりの性能が向上しています。


それに対して、Celeronは低価格CPUのブランドですから
「とにかくCeleronは嫌だ」という人もいますし…
あまり性能を求めない層にとっては
Celeronは手...続きを読む

QCore2Duoとセレロンのちがい

ノートパソコンの購入を考えています。用途はワードとエクセル少々、あと無料のハガキ作成ソフトを使ったり、インターネットでの検索、いろいろなサイトを見たり・・、あといいずらいですが、エロ画像収集(笑)ぐらいなもんです(笑)このような用途ですとCPUは「セレロン」ぐらいがいいのでしょうか?このような用途でも「Core2Duo」の方がそれなりに良いのでしょうか? 逆に、どのような作業をする人が「Core2Duo」を選ぶのでしょうか?ほいで、セレロンMとセレロンDってどう違うのでしょうか?
イラストレーターやホームページビルダーてなソフトを使うのならば「Core2Duo」が良いって感じなのでしょうか?
「Core2Duo」のテレビコマーシャルを最近見ましたが、これから先、安価なPCでも「Core2Duo」搭載のものが増えてくるのでしょうか?(家電量販店で12、3、4万位のものを購入したいと思ってるのですが・・、もう少し待つべきでしょうか・・)
どちらの搭載のものを買うべきでしょうか・・。。

Aベストアンサー

質問者の言う作業でしたらCeleronでも間に合うと思います。

簡単に言うと、処理速度が断然違います。
同じ作業、例えばDVDに書き込む際にCeleronだと30分かかる作業でもCore2Duoだと10分で終わる。(仮の話です)
という感じですね。

動画編集、画像編集、3DゲームなどCPUパワーが必要な作業の場合はCeleronじゃ役不足ですね。

QCore DuoからCore 2 DuoへのCPU換装

有名メーカーでないノートパソコンでCPUがCore Duo T2400&メモリーDDR2-2GBの..です。
しかし諸般の事情で「T2700 2.33 GHz」までスペックを上げたいと考えましたが、どうせCPUを換装するのであれば、冷却や保証の問題は自己責任で解決出来るので理論上可能な「Core 2 Duo」を差し込んでみたいと欲を出しましたが、いかがなものでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
機種名が分かりませんので、断言は出来ませんが、BIOSとチップセットが対応していれば、YonahからMeromへの換装は可能の様です。TDPではYonah→Meromで3Wのアップですね。

ちょっと調べたところ、実例がいくつか見つかりましたので参考まで・・

http://d.hatena.ne.jp/edajima/20060910#p1
http://www.vaioethics.com/blog/archives/2006/06/sz_3.html

只、Yonahも充分に高性能なCPUですので、個人的には、換装しても64bit対応以外にはあまりメリットが無いような気がします。私にも経験がありますが、こういうのは自己満足の世界なので、CPU換装したい気持ちは理解出来ます。

QCore 2 Duo T8100はなぜT7500の上なんでしょうか?

IntelのCPUのCore 2 Duo T8100はなぜCore 2 Duo T7500よりも上の位置づけなのでしょうか?
クロック周波数を見ても2.1GHzと2.2GHzの違いでT7500の方が多いし、FSBは800MHzでどちらも同じ!
L2キャッシュは3MBと4MBの違いでこれまたT7500の方が多いですよね!?
しかし製造プロセスを見ると、Core 2 Duo T8100が45nmでCore 2 Duo T7500が65nmです。
まわりのCPUを見渡してもこの「製造プロセス」の数字の少ない方が上位にきてますよね!?
と言うことは、この「製造プロセス」と言うものはクロック周波数やL2キャッシュをも上回るだけの行程(製造プロセスだからCPUを造るまでの行程だと勝手に解釈しました)なのでしょうか?
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/article/modelno/intel.htm

Aベストアンサー

>(製造プロセスだからCPUを造るまでの行程だと勝手に解釈しました)
全くの間違いです。「製造プロセスXXnm」(製造プロセスと訳されるから誤解の根源なのだけど)は要するに「CPUなどの半導体を製造する際の基本的な線の太さを表わす」ものです。
これが細い方が消費電力や発熱も低減できるのです。
http://yougo.ascii.jp/gh/81/008159.html

それだけでなく位置付けが上位なのはT8000の方がT7000よりも「シリーズとして新しいから」もありますけどね。

QWindwos 7はデュアルコアでは対応できない!?

Windwos 7はデュアルコアでは対応できない!?

こんにちは。現在Windows XP搭載のPCを使っています。
これからWindows7へアップグレード(初期化してから再インストール)しようと思っています

そこで、Windows 7を買おうと思い、某パソコン専門店に行き買おうと思いました。

すると、やはりXPで使っていたCeleron Dual-Core E3300では非力ではないかと心配になり、

CPUと一緒になっているDSP版があることを知り、Pentium Dual-Core E6700とのDSPで買おうと思いました。

すると店員が
「殆ど、そのCPUでWindows 7を快適に動かすというのは難しいことだと思いますよ。LGA775はもう終わりですから、たとえCore 2 Quadやエクストリームでも対応が出来ないんですよ。デュアルコアではほぼ対応できないOSですね」といわれました。

それから「今はLGA1156や1356が主流ですから、今からCPUの交換をして、LGA775で動かすというのは大変難しいと思います」

要は、パソコンを買わせたいというのか・・・

本当にこのスペックじゃ、Windows 7快適に使用できないのでしょうか。
ちなみに、使用用途はDVDを見たり、インターネットをしたりワードをしたりするくらいです。
CPU: Pentium Dual-Core E6600
メモリ: PC2-6400 2GB+1GB=3GB)
HDD: 7200rpm S-ATA 320GB
グラフィック: NVIDIA GeForce GT220 DDR3 1GB

もし本当に対応できないのであれば、また自作しようかと思うのですが・・・
実際のところどうなでしょうか。まわりに使っている人がいないので実際に使っている人の話を聞ければ幸いです

よろしくお願いします

Windwos 7はデュアルコアでは対応できない!?

こんにちは。現在Windows XP搭載のPCを使っています。
これからWindows7へアップグレード(初期化してから再インストール)しようと思っています

そこで、Windows 7を買おうと思い、某パソコン専門店に行き買おうと思いました。

すると、やはりXPで使っていたCeleron Dual-Core E3300では非力ではないかと心配になり、

CPUと一緒になっているDSP版があることを知り、Pentium Dual-Core E6700とのDSPで買おうと思いました。

すると店員が
「殆ど、そのCPUでWindo...続きを読む

Aベストアンサー

デュアルコアですらないPentium4 3.6GHz使っていますが、問題なく使えています。
Win7 エクスペリエンス・インデックスでも、CPUは"4.4"ですから、
WIndows 7を動かすのに必要十分な性能を持っています。

Celeron E3300ならおそらく5以上、Pentium E6600なら6程度になると思うので、
十分だと思います。
Atomだと3超えたくらいですが、これにWindows 7載せたPCもありますから、
全く問題ありません。

QCore Duoプロセッサー T2300E (1.66GHz)   と   Core2 Duoプロセッサー T5500 (1.66GHz)

・インテル(R) Core(TM)Duoプロセッサー T2300E(2MB L2キャッシュ, 1.66GHz,667MHz FSB)
・インテル(R) Core(TM)2 Duoプロセッサー T5500(2MB L2キャッシュ, 1.66GHz, 667MHz FSB)

他の条件がまったく同一のノートPCでは、どれくらい処理能力等に差がありますか?
また、この二者の差額が3,000円(Core2の方が高額)の場合、どちらがお勧めですか?
(Core2に変更することに、3,000円以上の価値がありますか)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>他の条件がまったく同一のノートPCでは、どれくらい処理能力等に差がありますか?

ベンチマークのスコアにおいて10%程度Core 2 Duoのほうが優れています。ただ、実際に使用すると性能差を体感できるほどの違いはありません。ベンチマークのスコアで10%程度の差では体感速度の違いがほとんど無いようなものです。ちなみに、Core 2 Duoのほうが消費電力が増えているのでバッテリーでの使用時間が10~15%ぐらい短くなります。

>この二者の差額が3,000円(Core2の方が高額)の場合、どちらがお勧めですか?

Core 2 Duoのほうが良いですね。ただ、3000円の価値があるのかは微妙です。価格を抑えたい人やバッテリーの持ちを重視する人にはCore Duoのほうが魅力的ですし。

Qwindowsのライセンス認証をしなかった場合?

macにwindowsをインストールする際、
「オンラインになったとき、自動的にwindowsライセンス認証の手続きを行う」
か、どうかのチェックボックスが出てきます。

ライセンス認証は基本的にしないといけないと思うのですが、
もししない場合は、他のpcにも複数インストール出来てしまうのでしょうか...?
メリット、デメリット、ご存知の方教えて頂ければ助かります!

Aベストアンサー

インストール作業だけなら何台でもできますが、認証しないで何日かすると、認証手続きをしないとログインできない状態(実質的に認証しないと使えない状態)になります。
認証可能なのは1台だけなので、最初に認証したものだけが使用可能で他は使えなくなります。

Qペンティアム4とcore2duoはどの程度能力に差があるんでしょうか・・?

ペンティアム4 HT 3,0GHZ 1MBL2

core2duo E6300 1,86GHZ

この二つはペンティアム4を50としたら、どうなりますか??

お願いします<m(__)m>

Aベストアンサー

Core2 DuoはデュアルコアCPUです。
コア数の増加は対応するソフトウェアでは大幅に高速化しますが、対応しないソフトウェアでは全く高速化しません。
この関係で、デュアルコアに対応するソフトウェアと層でないものではどの程度差がつくがかなり変わってきます。
また、コア数の増加は複数のソフトウェアの同時実行などでおこる速度低下を軽減するという効果もあります。
こちらはソフトウェアの対応は必要ありません。
現行のCPUは最低クラスのCeleron 420でもPentium4 3.0GHzに迫る性能です。
Core2 DuoとCeleronは同じCoreマイクロアーキテクチャですが、二次キャッシュの量やFSBに差がありますのでCore2 Duoの方がクロックあたりの性能が高いです。
ですから、同クロックで比較するとCore2 DuoはPentium4の2倍以上の性能になるでしょう。
デュアルコアに対応するソフトウェアではそこからさらに大幅な高速化がおこるため、もはや比べられるような代物ではなくなります。
さらに、デュアルコアによる複数のソフトウェアを同時実行したときの速度低下が軽減するというおまけもつきます。

Core2 DuoはデュアルコアCPUです。
コア数の増加は対応するソフトウェアでは大幅に高速化しますが、対応しないソフトウェアでは全く高速化しません。
この関係で、デュアルコアに対応するソフトウェアと層でないものではどの程度差がつくがかなり変わってきます。
また、コア数の増加は複数のソフトウェアの同時実行などでおこる速度低下を軽減するという効果もあります。
こちらはソフトウェアの対応は必要ありません。
現行のCPUは最低クラスのCeleron 420でもPentium4 3.0GHzに迫る性能です。
Core2 Duo...続きを読む

QIDEのHDDをSATAに変換して使用したいのですが

 このたび、PCを更新しようと考えています。
 スペック等については検討中ですが、3Dオンラインゲームを
バリバリするとかはなく、インターネット、メール、オフィス等を中心に使用を考えています。
 このため、CPUはCore2DuoのE7000番台かAthlonIIあたりで、グラフィックはオンボード、メモリは2G~4G搭載しようと思っています。
 OSについては、現在使用しているXP Proをインストールしなおししようと思っています。
 HDDについては、BTOなどで注文すると、500GBあたりが標準みたいですが、とりあえず1TBくらいにはしようと思っています。
 その場合、現在のIDE接続のHDD(500GB)が余ってしまうので、SATAへの変換アダプタをつけて第2HDDとして使おうかと思っています。

 ここで、質問です。
(1)第1HDDが(正規の)SATAで、第2がこのような「変換SATA」とした場合、なにか問題はありますか(動作速度が遅くなる、とか)
(2)マザーボードにはSATAとIDEと両方接続できるタイプのものもあるみたいです。そういうボードを使う場合は、無理にSATA変換せず、IDE接続でそのまま使うということもできるかと思いますが、上の(1)と比べメリット・デメリットありますか。
(3)「どうしても使いたいのなら、むりに内部接続しないで、USB外付けアダプタをつけて使った方がいい」というようなことを耳にしましたが、そういうものでしょうか。

 自作をする、といってもこんな基本的な質問で申し訳ありませんが、アドバイスをお願いいたします。
 

 このたび、PCを更新しようと考えています。
 スペック等については検討中ですが、3Dオンラインゲームを
バリバリするとかはなく、インターネット、メール、オフィス等を中心に使用を考えています。
 このため、CPUはCore2DuoのE7000番台かAthlonIIあたりで、グラフィックはオンボード、メモリは2G~4G搭載しようと思っています。
 OSについては、現在使用しているXP Proをインストールしなおししようと思っています。
 HDDについては、BTOなどで注文すると、500GBあた...続きを読む

Aベストアンサー

以前似たような構成でHDDを使用していました。

余っていたIDEのHDDをSATA変換アダプタを使用してつないでいましたが、
特に不満なく動いていました。

外付け(ケース)HDDのメリットは必要な時だけ電源を入れられるといったことぐらいでしょうか。
HDDのベイが空いているなら外付けケース買うよりもSATAアダプタの方が安上がりの上、
速度的にも勝っているので外付けにするメリットはあまり無いように思います。

1ファイル数ギガの動画編集や数千単位のファイル数を一度にコピーするとか、
タフな使い方をしなければ、
当初の予定通りの構成で速度的には問題ないかと思います。


実際に使用していたもの
http://www.century.co.jp/products/ide-sata.html
HDDの全長が長くなるなのでPCケースによってはケーブルの取り回しに注意。

Q低スペックに向いたlinux

古いノートPCにおすすめのlinuxディストリビューションを教えてください!

 CPU Pentium M 725 1.6GHz
 メモリ 512MB

使用目的は,インターネットやデジカメデータやCDの取り込み,再生が主です.

スペック的に今流行りのubuntuは厳しいかなと思いました.
red hatは2年程使っていたので少し知識はあると思います.



よろしくお願いします.

Aベストアンサー

実用の可否は、行なう作業にもよるんじゃないかな。

LinuxでのGUI環境の重い軽いの格差は非常に大きいものですが…
実用性を妨げるのは、OSだけでなくコンテンツの重さでもあります。

CUIじゃないと重いというのは、500MHz程度の
WindowsXPでは挑むこともできないような環境での話です。
もっとも技術的には、600MHzのARMで動くAndroid携帯のように
Linuxカーネルで軽量のGUIを利用する方法は多様です。
まぁAndroidやMeeGoをノートPCに入れるのはオススメできませんが。


挙げられている使用目的の中では、インターネット利用での高画素動画
GyaOに代表されるようなDRMを伴う動画配信などの利用が無理です。
前者はFLASHによる動画再生が重いのも一因で
後者は技術的にLinuxでは対応できないのです。

ニコニコ動画やYouTubeでの480p程度は問題ないはずです。
でも、Windows専用やWin/Mac限定のコンテンツはままあります。


またデジカメの動画機能もHD画質が一般化した現在では
これをまともに扱えない場合があります。
Jpegでの写真データは普通に扱えますが
デジタル一眼レフなどのRAW現像などにも対応できません。


うちは、725(Dothanコア)より若干劣る
BaniasコアのPentiumM/1.4GHzのX31を持っていますが
内蔵無線LANの速度は不満ですが…実用の範囲だとは思っています。

ただ、重い処理には別に2GHzのコアを6つくらい動かしているので
X31は外出時のネット端末専用としての実用性があるという認識です。
また、XPのSP無しやSP3との比較は知りません。Windows使いませんし。

持ち歩き時の衝撃を考慮して、安いSSDに換装してありますけど
HDDのままでも、そう遅いとは思っていません。
(ちなみにsudo hdparm -t /dev/sdaの数字で72MB/sec程度)


肝心の利用しているディストリビューションは
軽量のデスクトップ環境として知られるLXDEを用いたLubuntu相当。
実際にはUbuntu10.04LTSを導入し、lubuntu-desktopを追加した構成。

電源投入から10秒でGRUBメニューが出て
その15秒後にはログインメニューが出て…
電源投入から30秒でデスクトップが表示されます。

Chrome相当のchromium-browserを使い、通信速度さえ充分なら
とりたてて問題は無いと思います。


Puppyや、他のLXDE採用のディストリビューションのほうが
Lubuntuより軽いという話はありますが…
この程度のCPUがあれば、問題はOSの重い軽いだけでなく
アプリケーションやコンテンツの重さがより大きな問題となります。

Firefoxが重いという声にも納得はいきます。
でも、これはOSをPuppyにしても画期的な改善は期待できないのです。

Puppyはメモリー消費を抑えるとともに
より軽量なソフトを組み合わせていますが
これにOpenOffice.orgなどを動かしてみると
メモリー不足は緩和されても
大幅に軽くなったりはしないのです。


ですから、1.6GHzあるなら、Puppyを積極的に奨めたいとは思いません。
Ubuntuでは重いでしょうが情報量を考えれば悪くはありません。
通常はLXDE環境にしておいて、必要に応じてGNOMEにしてもいいです。

512MBというメモリー量も難点ですが、XP SP3よりはマシだと思います。
またLinuxでは古いPCへの対応がWindowsより積極的ですから
compcacheのような技術で512MBの環境をより快適にできる可能性もあります。


将来的には、GUIの表示の基礎部分の改良としてWaylandが注目を集め
Ubuntuでは次期11.04での採用を予定していると記憶しています。
それが、どの分野でどのくらい成果を見せるかはまだわからないんですけどね。

実用の可否は、行なう作業にもよるんじゃないかな。

LinuxでのGUI環境の重い軽いの格差は非常に大きいものですが…
実用性を妨げるのは、OSだけでなくコンテンツの重さでもあります。

CUIじゃないと重いというのは、500MHz程度の
WindowsXPでは挑むこともできないような環境での話です。
もっとも技術的には、600MHzのARMで動くAndroid携帯のように
Linuxカーネルで軽量のGUIを利用する方法は多様です。
まぁAndroidやMeeGoをノートPCに入れるのはオススメできませんが。


挙げられている使用目的の中では、イン...続きを読む


人気Q&Aランキング