この間、「真田太平記」読みました。 それで、戦国時代のお薦め歴史小説を誰か教えてください。 興味がある人物は、北条早雲、上杉景勝、加藤清正などですが他の武将・家老でこの人は!という人物、小説があったら是非教えてください。 よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

この人の作品は歴史小説と言うより時代小説(史実より物語を重視しているという意味で)かも知れませんが、隆慶一郎さんの作品が好きです。



漫画化された『一夢庵風流記』(漫画題名は『花の慶次 雲のかなたに』)は「天下御免の傾奇者」前田慶次郎利益を世に知らしめた作品として有名です。
また、『影武者徳川家康』は徳川家康が実は関が原の合戦で死んでいて、その影武者が激動の戦国晩期を家康として生きていくという内容で、お勧めです(これも漫画化されていますね)。

戦国武将には魅力的な人物が多いですからね……いくらでも名前は挙げられますが、前田利家や真田幸村などは名将と呼ぶのに相応しいでしょう。
また、一般に「裏切り者」とされる、明智光秀、松永久秀、荒木村重のような武将を詳しく知ると、意外な魅力が見つかるかも知れませんよ。
    • good
    • 0

私も#2の方と同様に隆慶一郎さんの作品が大好きです。


質問者さんは上杉景勝に興味があおりでしたら、#2の方の挙げている『一夢庵風流記』をお勧めします。
主人公の前田慶次郎が上杉景勝やその部下の直江兼続と親交をもち、晩年は上杉家に身を寄せることになってます。

また、隆慶一郎氏の作品でしたら『死ぬことと見つけたり』もお勧めします。
佐賀鍋島家を舞台に武士道、“葉隠れ”とはどういうことなのか、を鍋島家下級武士を主人公に解りやすく描いていますよ。

司馬遼太郎氏の作品でしたら、『峠』は如何でしょうか。
幕末期に越後長岡藩が生き延びるように舵取りをした家老河合継之助を主人公にした物語です。

こうした一般には有名でない人物が、実は動乱期に特殊な活躍をしているのを知るのも楽しいですよ。
    • good
    • 0

自分は司馬遼太郎が好きです。



斉藤道三と信長の『国取り物語』
鈴木孫一の『尻啖え孫市』
北条早雲なら『箱根の坂』があったと思います。


有名すぎたかな(笑)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q真田太平記について

真田幸村、昌幸について読んでみたいのですが、全12巻はちょっと、しんどいかなと思い腰が引けてます。関ヶ原以降をを読みたいのですが、途中から読んでも話しが理解できる内容なんでしょうか。ご存じの方教えてください。

Aベストアンサー

理解できないということはないでしょうが
全巻でひとつの作品ですから、半分だけ読むのでは
「角兵衛」のエピソード、忍びたちの活動、人間関係など
わからない部分が出てくると思います
関ヶ原以前の「上田攻め」は大軍の徳川勢がひどい目に合う面白さもありますし
是非がんばって、全巻読んでください
(私は、NHKのドラマに少し先行して全巻読みました)
池波正太郎作品は、ドラマも悪くありませんが、
読むほうが断然面白いです
(仕掛人梅安、鬼平犯科帖、剣客商売etc)

Q【歴史・戦国時代の日本人口の矛盾】戦国時代の歴史教科書の総人口がおかしいことに気付いた。 戦国時代の

【歴史・戦国時代の日本人口の矛盾】戦国時代の歴史教科書の総人口がおかしいことに気付いた。

戦国時代の日本人口は1000万人くらい。

少なく見積もっても800万人。

で、大名に万石という土地を分け与えて国を管理していた。

そのときに3番目に多くの土地を貰っていたのは九州の大名で86万石。

天皇の朝廷
その時の天下人
でこの3番目の九州の大名

3番目の九州の大名で86万石。

日本で3番目に多くの領地を貰っている大名で最大で86万人しか食べられない。

ということは最低でも800万人国民いたとしたら、大名の数が当時の数と合わない。

本当はもっと総人口は少なかったのでは?

天下人と天皇の朝廷は大名に年貢を納めさせたので大名の万石から譲り受けたわけだからノーカウントとして、残り714万石。

あとの大名は10万石とかですよね。

当時の大名ってそんな数いませんよね?

おかしくないですか?

Aベストアンサー

士農工商のうち、武士以外が米を食っていたとでも?

QNHK 武蔵について。。

 宮本武蔵と真田幸村が面と向かって話してましたけど、真田太平記も読んだし吉川先生の宮本武蔵も読んでみましたがそういう事は書いてなかったような気がするんですが僕の勘違いかな?詳しい方がいらっしゃれば教えて下さい。よろしくお願いします!

Aベストアンサー

私も真田太平記にも宮本武蔵にも、真田幸村と武蔵が直接会ったということは書かれていなかったと思います。

ただ、武蔵に関する歴史資料はほとんど残っていないので、想像によるイメージで語り継がれてきたものだと思います。
今となっては、だれも、否定も肯定も出来ないと思いますよ。

フィクションとして楽しみましょうよ。

Q中学の歴史について質問です。 戦国時代に織田信長が、1568年にほかの戦国大名よりも早く京都を抑え、

中学の歴史について質問です。
戦国時代に織田信長が、1568年にほかの戦国大名よりも早く京都を抑え、足利義昭を将軍としたのに、1573年に足利義昭を追放して、室町幕府を滅ぼしたのですか?

Aベストアンサー

元々、室町幕府はあまり他の大名を統制できるような力を持っていませんでした。
そして、応仁の乱を抑えられなかったことにより、完全に幕府、将軍の権力はなくなり、その時々の実力者が、自分の意向を世に広めるために、将軍の名前を使って命令をする、というような状態でした。
そのため、都合が悪くなると、将軍を退位させ、別の将軍を立てる、なんていうことも珍しくない状態でした。実際、足利義昭が将軍になる3年前には、義昭の兄である13代将軍・足利義輝が、近畿地方で一大勢力を持っていた三好氏によって殺害され、替わりに義栄が14代将軍として擁立される、ということまで起きています。

信長が義昭を将軍に添えたのも、理由としては同じです。
世の中に色々と命令などを出したいが、自分の名前で出すと周囲の大名たちの反発を生んでしまう。義輝を殺害して、義栄を擁立した三好氏と同じように信長も、義栄を追放して、義昭を擁立することで、義昭の名前を利用しようとしたわけです。
実際、足利義昭を将軍に添えてから数年で近畿地方における勢力を確立しました。
しかし、信長の力が伸びることに反発した義昭は、周囲の大名に対して信長を討って自分を助けよ、というような書状を出すなどしました。
信長としては、近畿地方をほぼ制した上に、自分の敵ばかりを作る義昭、室町幕府はもはや用無し。なので、追放し、幕府を滅ぼした、ということになると思います。

元々、室町幕府はあまり他の大名を統制できるような力を持っていませんでした。
そして、応仁の乱を抑えられなかったことにより、完全に幕府、将軍の権力はなくなり、その時々の実力者が、自分の意向を世に広めるために、将軍の名前を使って命令をする、というような状態でした。
そのため、都合が悪くなると、将軍を退位させ、別の将軍を立てる、なんていうことも珍しくない状態でした。実際、足利義昭が将軍になる3年前には、義昭の兄である13代将軍・足利義輝が、近畿地方で一大勢力を持っていた三好氏によ...続きを読む

Q池波正太郎先生の作品を読む順番は?

質問です。今、池波正太郎先生の作品にはまってしまっています。
「鬼平」「剣客」「梅安」「真田太平記」の順に読んだりしているのですが
希望としては、「真田太平記」を読んだら、次は「獅子」とか・・・。
その物語に関連する番外的なのを続けて読みたいと思っています。
ただ、どの順で読んでいいのか分からなくて困っています。
先日も本屋(あまり種類が置いていないのですが)で蝶の戦記?の上下が
ぽつんとあったのですが、それを読んでしまっていいのか?
その前に続いているのがあるのでは・・・。と思っています。
できれば、どの順で読むと良い、みたいなことを教えていただければ、
と思っております。・・・長々と申し訳ありませんが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 池波正太郎先生の作品にはまっている方へ。ご年齢が不明なので、一概には言えませんが。

 「鬼平」、「剣客」、「梅安」と、3大シリーズを読んでいらっしゃるなら、番外を続けて読まれましたか。

 「鬼平」では、「乳房」、「にっぽん怪盗伝」、「おせん」。
 「剣客」では、「黒白」、「ないしょないしょ」。
 「梅安」では、「殺しの掟」。
 いずれも、文庫本で販売されています。私のお奨めは「まんぞくまんぞく」! 良いですよ。


 他の著名シリーズの「真田太平記」などもお読みらしいので、話の舞台(土地)や、年代(江戸後期、幕末)など、気に入ったものを片っ端からお読みになっては如何でしょうか。

 池波・先生の本は、何度も読んでも飽きが無いし、その都度に読んでて、良いなぁと思えます。私は、もう5回以上の読み返しをしております。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/gorozo

Q小学生のころから歴史が好きで、今まで 戦国時代→第二次大戦→湾岸戦争→中東・イライラ戦争→第一次大戦

小学生のころから歴史が好きで、今まで
戦国時代→第二次大戦→湾岸戦争→中東・イライラ戦争→第一次大戦と
勉強をしてきました、ほかに何か良さそうなものありますか?

高2です。

Aベストアンサー

必ずしも歴史書が歴史の真実を記しているとは限らない。それに、歴史書は必ずしも面白くない。面白く無ければ人間は読むのをやめてしまう。

そこで私が推薦するのは、パール・バックの「大地」だ。中古で千円以下で手に入るようだ。第一巻だけでも読むと良い。あなたの人生が変わる。とてつもない価値の有る本だ。ピューリッツァ賞と、ノーベル賞を取っただけの事はある。

Q数創の読み方

真田太平記の中で「身に数創を負っている」文の数創は「かずそう」と読むのでいいのでしょうか。
別の辞書でも調べるようにとPC上の検索にですのですが・・・・
教えてください。

Aベストアンサー

「すうそう」ではないでしょうか。
数箇所に創(きず)を負っている、ということだと思うのですが、
こういう時は両方とも音読みのほうがしっくりきます。

http://bon-emma.my.coocan.jp/sekihi/horibe_taketsune.html
(最初の段落の最後のほうに「数創(すうそう)を被(こうむ)り」とあります)

Q日本の戦国時代を書いた小説

僕は昔から織田信長に興味がありました。それで信長に関する本は何冊か読んだのですが、最近信長以外の人物にも興味を持ちはじめました。というより戦国時代ってどんなものだったのか知りたくなってきました。信長に興味があったのでそれなりには戦国時代についてわかりますが、詳しく全体的なことを知りたいのです。
そこで何かいい本、できれば小説はありませんか?
教えてください、お願いします。

Aベストアンサー

 司馬遼太郎といえば「新撰組」が有名ですが[国盗り物語]も彼の代表作としてお薦めします。

 国を取るのでなく「盗る」とした題名の意図、これこそ将に戦国時代の申し子「斎藤道三」に相応しいタイトルです。

 派生して出てくる信長、濃姫ほか人間模様の多さと司馬遼太郎の筆の軽やかな運びに魅せられる作品です。

Q真田幸村

私は、戦国武将の中で真田幸村が一番好きです。
自分の信念を曲げず、散っていった潔さにとても感銘を受けています。
真田太平記は読んだのですが、他におもしろい本はないでしょうか?
幸村だけでなくほかの歴史小説でもお薦めの物があったら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

幸村が登場する司馬遼太郎作品
「城塞」
「風神の門」

>自分の信念を曲げず、散っていった潔さ

司馬作品にしばしば登場するタイプですね。
中でも「燃えよ剣」「峠」「世に棲む日々」がお薦め。

フィクション性が強いですが
隆慶一郎「一夢庵風流記」「死ぬことと見つけたり」も同種の漢の物語です。

藤沢周平「蝉しぐれ」
全くのフィクションながら、某時代小説サイトの人気投票で
ダントツの1位を獲得した作品です。
 

参考URL:http://www.sanada.or.jp/contents/mystery1/bunken.html

Q戦国時代の裏歴史集

いきなり質問をさせていただくのですが、
戦国時代にでてきた人物とここでは限定させていただくのですが、歴史上の人物って、
なんか学校とかで習うのとは一味違った、
『裏の顔』を持っている人物って多いんですよね^^
それでですね、そういう戦国時代でのエピソードを集めたHPがありましたら教えてもらえませんか?
よろしくお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

 こちらはどうでしょう。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~jt7t-imfk/taiandir/taian02.htm,http://kumism.boo.jp/history/archives/cat_japan.html


おすすめ情報