時たま思うのですが会話の中で自分自身をなんと呼ぶのか悩むときがあります。
「私」・・・大人っぽいけど高飛車な感じがする。(あまり使わないし抵抗感があり強いて言えば文章の中で使う)
「俺」・・・粋がってる感じ。ガキっぽい。(一番よく使う)
「自分」・・・上下関係の厳しい中でつかわれる。【軍隊、体育会系】(目上の人といるときに使う)
「僕」・・・いかにもあまちゃんでガキっぽい。(使わない)
「自分の名前」・・・媚びがあるしぶりっこっぽい(この呼び方をする女が大嫌いです。)
というように私は思います。
「私」と言うには大人ではないし「俺」と呼ぶにはガキっぽくて嫌。
なんとなく自分自身のことをはっきり分かっていないと使えないんじゃないかと
ふと思ってしまいます。
そこで、みなさんは自分自身のことをなんと呼びますか?また、そのことに理由はありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (15件中1~10件)

御礼を見てまた来てしまいました。



>社会にでて一人で生活した事があるわけではないので
僕は社会に出て一人で生活しています(笑)

>「誰の?」「僕のです」
これは、誰から言われるか、って考えた時に一番無難です。
というか、誰から言われた時でも使えます。
たとえば、会社で、先輩とか上司に言われた場合に「俺のです」は印象悪いです。
人によってはムッとします。
かといって、「わたしです」もしくは「わたくしです」だと、他人行儀過ぎます。
(「誰の?」という聞き方からも、もっと親しいと思われますので)
入社以来、会社内では常に「わたくし」で通してた後輩がいるんですけど、
上司から「お客さん相手に営業してんじゃないんだから、普通にしろ」って
直されていた事がありますよ。

逆に、上司なんかも「僕」を使ってることが多いですよ。
「俺」なんて使われると「なにを偉そうに」ってイヤミな感じに聞こえます。
「私」だと「なに下の者に敬語つかってんの?」って変な感じがしますから。

※「うちの母」も硬い感じなのでめったに言わないですね。
 面接とか、初対面の人くらいですね。もちろん「うちのお母さん」もですよ。
 僕は「うちの母さん」ですね。
 これが「僕のです」という風に言うのと同じに感じますね。
 まあ、感じ方は人それぞれなので、押し付けても仕方ないんですけど。 

この回答への補足

もちろん「俺」というのは問題外ですが、「私」で他人行儀
過ぎると言いうのはもちろん仕事場でよい人間関係を作り出すということも
大事でしょうがどうにも腑に落ちません。
その上司の人は、仕事場で「わたくし」と言う事に対しなんの問題がある
と言うのですか?
はっきり言って無礼なやつよりよっぽどましだし、目上の人に
他人行儀にするなと言われても困ると思います。
あと2つ言いたいことがあります。
一つは「私」が敬語って言うのはおかしくないですか?
2つ目は、むきになるのも変ですが「うちの母」が堅い感じと言いますが、
ただの常識ではないのですか?(少なくともそう教育されました)
自分で書いていて要点のはっきりしない文章ですが、
全体として言いたいことは
「常識」を「堅い」というのはおかしいと思います。(常識は人それぞれ違いますが)
生意気をいっているのは自分でも分かりますが私は自分の思うところを
正直に書かせてもらいました。あしからず

補足日時:2002/03/10 19:42
    • good
    • 0

私は、初対面の他人、目上との会話の中では、「わたし」ということが多いようです。


親しんでくると「僕」に変ります。

戦争を知っている時代の人間です。
{自分」は、絶対使いません。
当時のことは、それなりに厳しさや、良い思い出なども一杯ある青春時代でしたが、「自分}とは、軍隊用語でしたから軍事教練のとき以外は、使いませんでした。
当時でも、私は、個性が好きで絶対服従の世界は嫌いでした。
今でも、学生や若い人など一般の人が「自分」という言い方をするのを聞くと少しですが違和感があります。
高校時代までは、正式には、やはり「私」でしたし、友人間では「俺」でした。
家でも「俺」でした。
大学では、「君、僕」が多かったです。
社会人になってからも、その習慣で、普段は「僕」が多かったと思います。
もちろん、正式な時は、「私」です。

最近、昔が懐かしく、支障がないときは、「俺」にしています。
「俺」と言える関係が一番人間らしく親しめる気がしています。
    • good
    • 0

自分の場合(いま「自分」という表現をしてしまいましたが)、このサイトに書き込みする際には「私」を使ってます。

質問コーナーの場合、お相手が不特定多数ですので、幅広い年齢層、様々な職業、様々な考え方をお持ちの皆様方を相手にしなければいけないので、自然と「私」という表現になります。先程のように、たまに「自分」になってしまう事もありますが・・そういえばドラマ「西部警察」で渡哲也氏が電話のシーンでいつも「自分は西部署の大門だ」と言ってたのが強く印象に残ってます。あの人は普段から公の場では自身の事を「自分」と表現していらっしゃるようで、それがそのままドラマに反映されていったのだと思います。
 職場では一応、後輩に対しては「俺」と言ってます(ナメられない為に?)。上司には基本的に「自分」を使ってるのですが、時たま「俺」と言ってしまう事があり、別におとがめは無いのですが、それに気づいたときは「どうしてそう言ってしまったのだろう」と思ってしまいましたね。仕事でお客様と接する時は「自分」「わたし」「わたくし」が不特定に使われてます。時たま「わたくしども」と言ってしまうこともあるのですが、ナゼなのか自分でもよくわからないですね。
 私には遠距離友達(そういう表現でいいのかな?)がいるのですが、電話で喋ってる時は「俺」なのですが、手紙の時は自然と「僕」と書いてます。
相手が見えない、相手の声が聞こえないときは、「僕」のほうがより親近感が伝わると思ったからでしょうか・・「書き言葉」と「言い言葉」では微妙に表現の仕方が違ってる様に感じます。

 先程の渡哲也氏の例を引き合いに出しましたが、TV等で著名人が自身の事をどう呼んでるのかを観察する(この表現、失礼かな・・)のも、その人の人柄を知る上で、更にご自身にとりましても勉強になるかもしれませんね。
 例えばプロレスラーですと(自分の趣味に引き込んでスミマセン・・プロレス音痴だったらゴメンナサイ)、「闘魂三銃士」(昔の名前)の三人で比較しますと、武藤敬司選手と蝶野正洋選手の二人は、まず100%「俺」なのですが、橋本真也選手は「俺」と「僕」を使い分けてるみたいです。橋本選手の口から「僕」という言葉が出ると、何だかホッとした気持ちになるんですよね。彼の人柄がにじみ出ていて‥。
 またレスラーの書いた本の中から見てみますと、三沢光晴選手の著書では「俺」ですね(ただトークショー等の場合は彼は「俺」「僕」を使い分けてますね。それは先程も書いたのですが、書き言葉と言い言葉は違うという事なのでしょうか‥)。小橋建太選手(当時は健太)の著書では、ほとんど「自分」ですが「俺」「僕」も僅かながら混ざってます。藤波辰爾選手の著書『無我』では「私」になってます。これは年齢を意識してのものですかねえ(失礼しました)。そして桜庭和志選手の本のタイトルは‥その名もズバリ『ぼく。』。われわれ一般人に親近感を与えさせる新世紀型レスラーの代表でしょう。
 プロレスラーはまあ、ああいうお職柄ですので、見る者に自分のイメージを植えつけさせる意味でも「俺」を使う人が多いのではないかと推測してるのですが・・。
 それから英語では「俺」も「僕」も「わたし」も、とにかく「I(アイ)」だけしかないですよね。そして外国人レスラーのインタビューでは、まず「俺」と訳されますよね。それはやはり翻訳者(通訳)が、その人のイメージで判断してそうしたのだと思います。

 それから、自身の呼称で一番オモシロイのは、やっぱり「モー娘」でしょうね。なんてったって年長者が自分の事を「なっちが~」「かおりが~」って言ってるのに対し、年少者の方が「加護がね」「辻はね」と苗字で言ってるんですから・・これは別のカテゴリで、どなたか様が書かれてましたが、自己アピール(見てる者に名前を早く覚えてもらう)のためらしいですね。でも新メンバー4人は4人とも、まだ「私」としか言ってないみたいですけどね・・。

 以上、ご参考になったかは分かりませんが、お目を通してくだされば幸いです。
    • good
    • 0

近所の習慣(二地区)で書きましょう。


私 比較的公的の場所で。現在住んでいる地区で女の子が使っているのを聞いて.ショックを受けました。
僕 子供の場合と.ある程度の知識人(大学教授等)
俺 男女問わず.一般的な自己を示す場合
あたし 男性1人称で非公式の場合
あたい 女性1人称で非公式の場合
    • good
    • 1

すみません。

また、しゃしゃり出ます。
ebinamoriさんは#9の補足の中で、

>実際考えてみると成人した人が「僕」というのは違和感がありませんか?

と、おっしゃっておられますが、それは「僕」という言葉の持つイメージの一面だと思います。「僕」という表現には対等な者同士が自分のことを呼ぶときに使う言葉と考えれば、必ずしも成人した大人に似合わない言葉ではないと思います。
実際、私の父は今年で82歳ですが、普段家では自分のことを「俺」と言っていますが、商店会の仲間達(年齢層は幅広いです)の会合や戦友会などでは、自分のことを今でも「僕」と言っています。『いやあ、僕はねえ、こう考えるんだけどね・・・」といった感じで。そう言っているときの父は「若輩者」といった感じはしません。むしろ年寄り臭く「わしゃあ」なんて言うより若々しく感じます。
    • good
    • 0

プライベートでは「俺」「僕」でも良いと思いますよ。


私は女ですが粋がってる感じに思いません。特に「俺」は多いですね。

自分のことを「自分の名前」でいう人は私の周りには沢山います。

逆に私は、そういう風に言える女の子がうらやましいと感じるときがあります。

きっと私が言ったら周りの人に、似合わないと言われるでしょう!
    • good
    • 0

「僕」が一番多い気がします。


「いかにもあまちゃんでガキっぽい」ですか…。
そう感じる人もいるのかと思うと、ちょっと考えてしまいますねぇ…。

改めて、日常会話を考えてみたら、
「僕は」とか、自分を指して言う機会って少ない、というか、
省略しても分かる事の方が多い気がしてきました。
具体例を挙げようと考えていたら、無くても分かる場合ばかり思いつきます。
「僕がやります」→「やります」
「僕は違うと思う」→「違うと思う」など。
文字でそこだけ抜き出すと分からないかもしれないけど、
会話の中でちゃんとつながりがあれば分かりますよね。
だから、僕の場合、省略して言ってないことが多いかもしれないですね。

あ、でも、「僕の」は省略できませんね。
「誰の?」「僕のです」とか、
「僕の服」「僕の家族」「僕の権利」「僕の場合」などの名詞に繋げて使う場合は。



このサイトでは、完全に「僕」で通してます。
理由は2つ。
・男だってすぐ分かるから。
・少なくとも、失礼な言い回しではないから。

この回答への補足

「あまちゃんでガキっぽい」というのは、言葉が悪いかもしれませんが
実際考えてみると成人した人が「僕」というのは違和感がありませんか?
まだ、社会にでて一人で生活した事があるわけではないのでこういうことを言うのは見当違いなのかもしれませんが
>「誰の?」「僕のです」
というのは
 「うちの母は」というのを「うちのお母さんは」という風に言うのと同じに感じます。

補足日時:2002/03/07 20:17
    • good
    • 0

『僕』は使い分けてますねぇ(^_^;)



ネット上だと「僕」か「自分」がほとんど。

会社だと「僕」か「私(わたし)」、時折「自分」←同僚か上司かで変わります。でも堅苦しいのが苦手な上司の奇妙なノリ一撃でくだけることも・・・いやはや、フレンドリーな上司に恵まれてますです(^。^;)

友達の間の会話だと「俺」「僕」「自分」と様々ですね、ふざけて「あっし」なんて言うこともあります。

個人的には「人間の本質は一人称(呼称)にあらず」と考え、こだわり過ぎないようにしています。その意味では女性が自分を名前で呼ぶことに対しても特に気にしませんね。
もちろん仕事上ではきちんと使い分けていることが前提ですけれどね(笑)

・・・というように、TPOで使い分けることが出来ることこそが必要ではないかと思います。

以上、駄文にて失礼しました。
    • good
    • 0

 俺の場合は、生活の99%で一貫して「俺」です。


 それ以外は一切使いません。仕事でやむをえない場合はさすがに「私」ですが。

 理由は単純で、アインシュタイン風に言うと「問題が複雑になりすぎるから」ってところです(笑)
    • good
    • 0

aruearue さん こんにちは



結論:わたしです。あえてひらがなで書きました。「わたくし」と混同されると思いましたので。理由ですか?下記を参照してね。↓

30歳になる私が「kuaainaちゃんね........なの」どう思いますか?寒い。単なる個人的な価値観です。私は女性です。女性の場合、「自分の名前」いわゆるkuaainaちゃん、もしくは「私」しかないような気がします。

しかし、男性の場合は色々ありますね。「俺」「自分」などなど。その使い分けを聞かれているのではないと分かりつつも、まさにTPOです。

我が主人は家に帰ると、いわゆるプライベートですが「俺」「自分」「僕ちゃん」などなど。要は使い分けです。

お分かりかと思いますが、一例ですが会社で「僕は。。。。。。。」(笑)「自分は..............」は個人的に許容範囲ですね。

ちなみに、OL時代、男性で「僕.......」と言う方は確かにいました。(特に若い方)

それでは by クアアイナ

この回答への補足

確かに女性の方は「わたし(あたし)」「自分の名前」くらいしか使いませんね。
でも「自分の名前」で自分の事を呼ぶのは何なんでしょうか。
誰しも自分のことを人前で装うのはわかるのですが
本当に素でやってるのならともかく(それはわかりませんが)自分を装うにしてはやりすぎに感じてしまいます。

補足日時:2002/03/07 06:58
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q義姉の御両親はなんと呼べば、、、

結婚してから主人の兄嫁と
とても仲良しになりました。そのうち、
兄嫁のお母さんから頂き物をするようになり、
お礼の電話をしたいのですが、なんと呼びかけて
いいのかわかりません。「おかあさん」も
違うような気がするし、「**さん」と
名前でよぶのもなんとなく失礼にあたるような、、、。
「おばさま」もちがうし、、、。
慣例としてこうよぶのがいい、というのを
御存じでしたら教えて下さい。

Aベストアンサー

私の場合は妹のご両親に対してですが,「お父さん」 「お母さん」と呼んでいますが,TVのドラマ等では、「お父様」 「お母様」と敬語で呼んでいる事が多い様です
初めは敬語で呼び会話の中でご本人にどう呼べば良いのか訪ねられたら良いと思います
其の時に角が立たないように自分の気持ちをはっきり伝えると良いですよ
文面を見ると「お母さん」と呼ぶのが貴方の気持ちが一番良く出ると思います

Qこのマークはなんと呼びますか?

シフトと7を同時押しで出る記号、 は何と呼び、どういうときに使われますか?

Aベストアンサー

アポストロフィ
欧米語の多くでは、短縮形の文字が省略されている位置につけます
また英語では、固有名詞の後にこれとsを付けると所有格になります

Qこれはなんと呼ぶのでしょう→『㶡』

これはなんと呼ぶのでしょう→『㶡』

日本では使われないようですが、なんとかわかりませんか?

どうかお願いします。

Aベストアンサー

問題の文字は「風」の虫が火に変わった「㶡」ですよね?
私に読みはわかりませんが、検索したところ
中国語でdài, huǒ, zuó ←文字化けしてるかも
広東語でfo2と読むらしいです。
私にはこの発音がどんなのかはわかりません。
日本語で使われない以上、中国語の発音で読むしかないのではないでしょうか。
一応発音記号の載っていたサイトのURLを貼っときます。

参考URL:http://www.chinaboard.de/fr/zi/%E3%B6%A1

Q麦粒腫(ものもらい)を なんと呼びますか?

学生の頃、目に「めばちこ」ができて うっとおしいと友達に言うと友達は二人とも目をぱちくりしています。

「めばちこ」がわからなかったようなので、大阪では ものもらいのことを「めばちこ」と言うのだというと、二人とも「何なの、それーギャハハハ!」と大爆笑されてしまいました。では、何と呼ぶのかと聞くと 京都の人は「めいぼ」で 鳥取の人は「めぼいた」だというのです。「目」に「いぼ」ができるから「めいぼ」だと。鳥取の人は それが痛いのか 似ているからいいやんー 「めばちこ」なんて絶対おかしいよーと 大阪人かたなしです。

大阪と京都は近いのに こんなに違うなんて・・・でも 地方によっては
もっと違う言い方もあるのかなあ と思って質問させていただきます。

こんな言い方もあるよ という方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんなサイト見つけましたよ~♪
よろしければどうぞ^^

参考URL:http://www.ne.jp/asahi/ogi/home/back/024.html

Qパピプペポなど○付きの文字はなんと呼べば(表現すれば)いいのでしょうか。

あいまいな書き方なのですが、
1.ガギグゲゴなど濁点付の文字を説明するときはどう表現(呼べば)すればよいのでしょうか。
2.パピプペポのような文字を説明するときはどう表現すればよいのでしょうか。
3.ャュョなどの文字を説明するときはどう表現すればよいのでしょうか。

以上、文章に記述するのになんと説明してよいのか分からなくて困っています。(常識かもしれませんが)
例えば、1は「濁点文字がある場合は・・・」でいいのかもしれませんが、3を「小さいヤがある場合は・・」って説明するのって変ですよね~。(^^;)
もし分かりましたら教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

皆さんの仰る方法で良いとお思いますが、正確には「濁音」とは/ga/とかの<音>を表す語で、「゛」という<文字>を表現する語ではありません。

従って、
「″」・・・濁点・濁音符・濁音記号・濁り点
「゜」・・・半濁点・半濁音符・半濁記号
「ゃ」「ゅ」「ょ」・・・小文字・小字
「っ」・・・促音記号
と表現するべきでしょうか。

ただ、この場合「小文字」に「っ」を含むと思われる可能性もあるし、そもそも「小文字」という言い方は余り普及していないので、あまり使わないほうがいいとは思います。

つまり、日常語としては
「″」を含む文字・・・濁点のある文字
「゜」を含む文字・・・半濁点のある文字・「ぱぴぷぺぽ」
「ゃ」「ゅ」「ょ」・・・拗音文字・小さい「やゆよ」
「っ」・・・促音文字・つまる「つ」・小さい「つ」
とか、言っておけば誤解がないし、特に変とも思われませんが。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報