相対論で時間に対する概念が非常に変わりましたが、時間の遅れる、進むの記述はできても時間そのものに対する記述ではないような気がするんですが実際、現段階では時間というものはどう解釈されているんですか?
たとえばよく知らないのですが超弦理論では4つの力が統一されているらしいのですが時間というものは、そこではどう解釈されているんですか?
別に超弦理論に限った話ではないですがお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 


  「時間」については、すでに多くの話があり、質問検索されると、複数の人が、時間について質問していることが分かります。
 
  それらの参考文章を読んでいただくとして、ここでは簡単に述べさせて戴きます。基本的に「時間」は、意識の主観時間、意識の経験する内的な「経験時間」というものがあります。このような「意識の経験時間」について考察したのはベルグソンです。ベルグソンは、「純粋持続」であるこの「意識の時間」以外の時間は、「時間の空間表現」であると言いました。時間を空間の広がりで比喩的に把握しようとしたということで、実は、非常に精緻に思える物理学の時間も、この「空間的に把握され、表現された時間」の一種です。
 
  「現段階の時間の把握」と言っても、時間論は、率直に感じている処を述べますと、ベルグソンの洞察以降、さほど変化も進展もしていないというのが実状です。時間についての哲学的考察や物理学的考察は多数ありますが、結局、時間とは何か、掴みきれないです。「掴みきれない」というのは、それ以前に考えられた「時間の概念」以上の概念を展開できなかったという意味です。物理学の新しい理論や現象を元に、新しく時間の概念を考察しようとしても、言葉だけ新しく、本質的な部分では、例えば、アウグスティヌスの時間論やニュートンの時間概念、ベルグソンの時間論、また仏教哲学やヒンドゥー思想のなかの、「刹那」という時間の最小単位概念や、「刹那と刹那のあいだには何があるか?」などの問題で考え抜かれた結論を追い抜くような概念、考え方は「ない」ということです。
 
  以下の質問のなかで、「神の時間」のような言葉が出てきますが、こういう「神の視点の絶対時間」というのは、わたしも考えていますし、アウグスティヌスの時間は、このような「永遠的時間」でもあったのです。「永遠的時間=絶対時間」のなかで、現象の時間が流れる、あるいは展開しているというイメージになります。「意識の主観時間」は、「生きている時間」であって、哲学的には、これは、「永遠時間」に繋がっているという考えがあります。
  >No.228574 質問:永久に会えない星たち
  >http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=228574
 
  物理学の時間は、ニュートンの時間は、丁度空間と同じで、均等に同質的に流れて行く時間です。こういう時間の背景に、神の絶対時間というものが考えられていたのです。神の絶対時間の展開のなかで、運動や時間の経過や現象は生起する、という考え方です。時間と空間の枠組みは、神が絶対的に定めたもので、そうであればこそ、「物理学の運動の法則」が、あのように美しい数式で表現されるのである。これがニュートンの時間です。
 
  相対性理論は、時間と空間の概念を大改変したと言われますが、ニュートンの時間の背後にあった「絶対時間」の概念からすれば、実は、それほど、大きな変化ではなかったとも云えます。「ニュートンの絶対時間・絶対空間」は「絶対ではない」というのが、相対性理論です。それは、運動によって、時間が延びたり縮んだり、空間も延びたり縮んだりするのですが、一体、時間や空間が延びたり縮むとは何のことかです。
 
  アインシュタインの理論は、時間と空間が、互いに重なっているというようなイメージを提示したのです。時間が縮んだ分、空間が延び、空間が縮んだ分、時間が延びるというように、時間と空間の流れや計量は、独立したものではなく、相互連関したものであり、それ故、それは「時空」という新しい概念になりました。しかし、時間と空間は独立している訳ではないという考えは、古代ギリシアにも、インドの思想や仏教の思想にもあったのです。アインシュタインの変革は、時間と空間を独立変数とした、ニュートンの「時空」に対し、この絶対性を覆したという意味なのです。
 
  時間は、物理学では、「変数」として表現されており、それは、とりあえず、連続変数で、実数線と対応するものと考えられています。実は、こういうヴィジョンがニュートンの時間であったのですが。物理学の様々な法則で、公式の時間変数を、マイナスにしても、理論が成立するように思える場合が多くあります。これは、「時間反転」と言い、時間を反転させても、物理公式が、同じように成立する場合、法則または公式は、「時間対称」だとも言います。しかし、熱力学の公式などは、時間対称ではなく、特定の方向、つまり、エントロピーが増大する「時間の方向」を定めています。
 
  素粒子物理学でも、法則や公式が、時間反転に対し成立する場合がほとんどです。これは、素粒子反応過程の逆過程が存在し得るということを意味し、実際、存在することが多くあります。こういう話をすると、「時間が逆に流れる宇宙」があるのではないかという話にもなります。しかし、「時間の流れる方向が逆」だとは、どういう意味であるのかです。「神の絶対時間」というものと比較すれば、それは、「現象の展開」が、単に反対向きになっているというだけのことに過ぎません。
 
  「意識の主観的経験時間」と、この反転した時間は、どういう関係にあるのかと言えば、現象の展開が逆転方向に進めば、意識も逆の方向に時間の経過を感じるという考え方ができそうなのですが、おそらく違うはずなのです(これはわたしの意見ですが)。「意識の経験時間」は、「絶対時間」と同じ方向に未来を感じるはずなのです。
 
  「超弦理論」はよく分からないのですが(かなり難しい解説書を読みましたが、理解できないので忘れました。色量子力学辺りで、頭が混乱して来ます)、超弦理論の理論的結果として、「空間の最小単位」というものが出てきます。これは、「超弦」が閉じたり、閉じた超弦が絡んだりが、各種の場や、場の交換力粒子や、色々な粒子に対応するのですが、超弦は、「有限の太さ」を持っているのです。「弦」というのは太さがあります。そして、空間の最小単位は、この「弦の太さ」が決めます。ということは、時間もまた、最小単位かそれに似た様相で理論記述され、また理論では表現されることになります。
 
  空間や時間の「連続性」というものは、或る意味で、超弦の構造からして、不連続になるとも云えます。しかし、それは、極端に微細な空間単位においてで、時間もまた微細な長さで、単位的な不連続があると考えられます。しかし、こういう時間のイメージは、古くから実はあるのです。
 
  超弦理論でなくとも、量子力学でも、時間や空間の不連続性という概念は出てきます。ただ、それらは連続時空を前提に、確率的に不連続性が出てくるのであり、超弦理論の空間と時間の不連続性は、基本となる時間そのものの不連続性であるということになります。しかし、空間に単位があるとか、時間の不連続性とか言っても、それは、一段上に、連続的な絶対時間を前提して、その内部で、不連続を記述しているのだとも云えます。
 
  タイムマシーンは可能であるか、という質問に対し、以下のURLでわたしは回答し、可能だと答えています。あまりに空想的過ぎると思われるのはいやなので、大分、元の文章を削って、何を言っているのか分からなくなっていますが、こういう考察もあるという意味で参照してください。
  >No.208052 質問:タイムマシーンに乗って
  >http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=208052
 
  何か、随分いい加減なことを書いているような気もします。超弦理論を含めて、最新の物理学理論についての本を見つけましたら、もう一度読んで見て、明らかにおかしい場合、訂正させて戴くかも知れません。また、どなたか、もっと詳しい方の意見を伺いたくも思います。
 
  以下のURLで「時間とは何か」を色々な人が述べています。最初のURLを参考URLに入れますが、ここのわたしの回答を参照してください。この回答で書いたのとあまり変わりありませんが、少し違うことも述べています。他のURL(91554 と 39434)は、わたしは加わっていませんが、過去にあった、時間についての質問のページです。
 
  >No.193704 質問:時間とは?
  >http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=193704
 
  >No.91554 質問:「時間」について
  >http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=91554
 
  >No.39434 質問:時間とは何でしょうか。
  >http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=39434
 
  なお、十何次元とか、途方もない次元を超弦理論が要請しているのは、これは、多様な場やその素粒子を記述するために、超弦の背景となる空間に「自由度」が必要だからです。空間の「三つの次元」だけが、展開されており、残りの次元あるいは自由度は、「縮退」して、もの凄く薄くなっています。「次元」というより、「独立自由度」と言った方がよいでしょう。(超弦理論あたりで分からないことを書いていると思いますので、自信なしとします。一般的な「時間論」なら、自信ありにするのですが)。
 

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=193704
    • good
    • 2

文系からの回答。


E=±mccとディラックがマイナス記号をつけた。のちに粒子の散乱の写真を撮ると、「中心部から外へ散乱する軌道を描く粒子の中に何故か逆に中心部へ向かう粒子があった」などから「反物質」の存在が確認される。
変に有名なホーキングは、(撤回したが)宇宙が或る極限まで膨張すると、そこから収縮に転じその過程では「時間が逆転」する:「フィルムを逆回ししたような」:といっていた。上記の逆に軌道を描く物質は、「反物質」すなわち「時間」の向き(いい加減な表現です)が逆になってる。(ただ、写真の露光時間とは逆ベクトルの時間に支配されてるから、やむを得ず「位置」=運動エネルギーの動きが逆の軌道を描いてしまう)
ただ、文系からいうと「人間の脳」の中での感覚の範囲内での「時間と物質の関係を定式化」したのが相対論でしよう。太陽光線を感知しうるから、「日食時に重力で太陽光線が曲がる」事を数式化し論理付けたというだけ。(それ以前の理論では説明不可能だったが)
あと、スーパーストリングセオリーは良く知りません。ただ、5次元・10次元・26次元といっても、3次元しか認識しえない人間だから…
せめて、4次元だけでも「直観」出切ればと思う(各面が立方体で構成された立方体想像出切るまで、人間は進化し得ないと思う。)
おまけ:「超弦理論」ならまだしも「超ひも理論」て翻訳はセンス無いと思う。誰だ初めて訳した人は?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「整合性がとれてない」=「矛盾している」と言う意味

「整合性がとれてない」=「矛盾している」と言う意味でしょうか?

とある人に「お前の話は整合性がとれてない」と言われたのですが
よく意味がわかりませんでした。

「矛盾している」と言う意味でしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

イコールにはならないです。

単に整合性が取れていない例だと、
・私はリンゴが好きだ。
・だから髪が長い。
とか。

整合性が取れていない中で、相反する内容だと矛盾してるって事になるとか。
・私はリンゴが好きだ。
・果物は全て嫌いだ。
とか。

Q超ひも理論(超弦理論)について、わかりやすいたとえ話を教えて下さい

まったくの素人ですが、最近物理に興味があって、本屋でひろい読みしたり、少しづつ学びたいと思っています。

相対性理論の入門書のようなものを買ったときは、アインシュタインが「熱いストーブに座っている一時間と、かわいい女の子と話している一時間、どっちが長く感じるかね?」という発言を偶然知り、意外と面白い学問なのかな、と興味がわいたのがきっかけでした。

超ひも理論においても、まったくの素人や子供が聞いてもなんとなく納得できたり、興味が持てるような、たとえ話的な解説は無いでしょうか?

オリジナルでもよいので、おしえていただければ幸いです。

Aベストアンサー

ピンっと張った糸を弾くと音がします。
張る長さを変えたり、弾く強さを変えると音が違いますね。

もし現在発見されている素粒子の各々を、こうした「弦」の「音色」の違いだとすれば、全ての素粒子はたった一つの「ひも」で説明できるのではないか!?というのが超ひも理論ってところですかね…

Qシステムの可用性という意味

情報系の勉強をしています。いろいろ勉強していると、
可用性という意味には障害に対する強さと意味と、セキュリティ上で、権限のある人には情報を容易に閲覧できる、という意味があるようです。この2つの可用性って別なんですか。それとも、広い意味で似ているものですか。試験で一般に可用性といったら、どっちですか。

Aベストアンサー

追加します。

壊れ難い。結果、得たい情報が素早く得られる。
直接の意味は壊れにくさだと思います。
得たい情報が得られるのは間接的な意味ではな
いでしょうか。

Q弦理論やM理論を究極的には点粒子理論に還元できないか

弦理論やM理論で紐や膜は,素となるものとして,扱われていますが,振動モードや結合や切断といったパラメータを取ることから,
究極的には,紐や膜はそれらを構成する点の集まりから成っていると捉えると
素は点粒子から成っていると考えることが出来ないだろうかと思います。
そして,この場合,理論の(唯一の)パラメータは点が他の点に及ぼす作用と考えます。
その作用の有り様から紐や膜を作るような結合力ができるようになっているのだと解釈することは出来ないでしょうか
(* これらの理論に関して,全くの素人なので,素朴な疑問として浮かびました)

それから,これも素人の勝手な想像ですが,理論物理の発展過程において,
古典論 → 相対論,量子論 → ヒモ理論 を説明する一つの考え方として,
主観時空と客観時空という概念を用いて,説明することが出来ないかと思います。

古典論 では、… 主観時空を客観視していたことにより精度の限界があった
相対論 では、… 主観時空を客観視したままになっている。
古典論と比較できるところは,主観時空の全体的構造を捉えるようになったこと
量子論 では、… 主観時空を主観視することができるようになった
ヒモ理論 では、… 客観時空を捉えるようになった

というようなことを考えることはできないでしょうか?

弦理論やM理論で紐や膜は,素となるものとして,扱われていますが,振動モードや結合や切断といったパラメータを取ることから,
究極的には,紐や膜はそれらを構成する点の集まりから成っていると捉えると
素は点粒子から成っていると考えることが出来ないだろうかと思います。
そして,この場合,理論の(唯一の)パラメータは点が他の点に及ぼす作用と考えます。
その作用の有り様から紐や膜を作るような結合力ができるようになっているのだと解釈することは出来ないでしょうか
(* これらの理論に関して,全くの素人...続きを読む

Aベストアンサー

>紐や膜が振動する以上、それらは剛体とはいえないので

結論はまだ出ていないことですが、こうゆうことです。
1)プランク長以下の世界は直接観測されておらず、
  観測にかかる範囲だと、ヒモは振動と回転を
  もった存在のように見えること。
  
 *電子のスピンが電子が実際に回転しているというのと
  は違うというのと同じです。
(発端は1968年のベネチアーノの有名な論文です。)


2)ヒモは硬い時空を背景として定義してあるだけで、
  空間とヒモや膜との繋がりがよく分かっていない。
  ヒモが振動している空間(背景)があるわけで、
  ヒモだけで空間を表現する方法が確立されていない。

  これについては、ロジャーペンローズの
  スピンネットワークという理論をベースにした
  ループ量子重力理論を応用する方法に期待が持たれて
  いる。
  スピンネットワークはスピン(回転)という
  物理量をもとにして、空間を定義する方法で、
  これをヒモの回転成分に応用できれば、ヒモから
  時空の状態が定義できる可能性がある。

  ニュートン力学のように、まず暗黙のうちに
  空間、あるいは固定した空間座標があると
  して、運動を定義していくのではなく、
  物理量がまずあって、そこから空間が決まって
  いくというもの。
  物体の運動によって空間が歪むとする相対性理論
  で、すでに運動が空間を変化させることが分かった
  が、スピンネットワークではさらに一歩進んで
  運動がなければ空間もないという考え。
  物質の間の関係だけを考えたのが、相対性理論で
  この相対性が物質と空間の間にもあるというもので、
  この考えの発端は、アインシュタインが相対性理論
  の論文の冒頭で引用した、エルンストマッハの
  回転の相対性についての考え方。

>紐や膜が振動する以上、それらは剛体とはいえないので

結論はまだ出ていないことですが、こうゆうことです。
1)プランク長以下の世界は直接観測されておらず、
  観測にかかる範囲だと、ヒモは振動と回転を
  もった存在のように見えること。
  
 *電子のスピンが電子が実際に回転しているというのと
  は違うというのと同じです。
(発端は1968年のベネチアーノの有名な論文です。)


2)ヒモは硬い時空を背景として定義してあるだけで、
  空間とヒモや膜との繋がりがよく...続きを読む

Q整合性の意味について

整合性の意味を調べると⇒むむじゅん‐せい【無矛盾性】
と出てきます。そして【無矛盾性】⇒「理論体系一般において、ある公理系内に相互に矛盾する公理が存在しないこと。また、そこからの命題の導出に論理的矛盾がないこと。」

と出てきます。

さっぱり意味がわかりません。

無矛盾だから、要は矛盾していないということでしょう?

簡単に言うとどういうことでしょうか?

意味や使い方をお教えいただきたいです。
よろいしくお願いします。

Aベストアンサー

「整合性」と言う言葉が使われる場合は

「整合性がある」「整合性がない」

とか

「整合性が取れている」「整合性が取れない/取れていない」

とかの使い方をします。

意味は

整合性がある=矛盾がない

整合性がない=矛盾がある

整合性が取れている=矛盾が起きていない/矛盾を取り除けた

整合性が取れていない=矛盾が起きている/矛盾が取り除けない

と言う感じ。

「整合性がある=矛盾性はない」のように、「整合性」と「矛盾性」は、逆の関係になってます。

Q超弦理論について

超弦理論の意味がどうしてもどこをみてもイマイチ意味がわかりません。分かり易く教えてください!

Aベストアンサー

点粒子だと理論全体の整合がとれないのです。
そこで、基本粒子は振動するひもとなりました。
4次元では説明できなくなり、次元数はいくつ?が最大問題です。

ものすごく、おおまかに、かつ、自己流に説明します。
電子は外部4次元と内部に6次元を持ちます。
ニュートリノは外部に4次元と内部に16次元を持つようです。
電子とニュートリノを記述すると4+6+16=26次元です。
さらに空間自体が内部に1次元を持つと考えると
4+6+16+1=27次元となります。
電子と空間だけで記述すると
4+6+1=11次元となります。
ハドロンについては、特殊な対称性を持ち込んで扱います。

Q表在性の意味

局所性は限られた部分のみで、
表在性という意味はどういう意味なのでしょうか?

Aベストアンサー

以下のURLを参考にしてみてください。

  http://web.kyoto-inet.or.jp/org/kanpo/3W/sinkin.html

「表層部分に存在する」という意味になります。

Q超弦理論 1.

超弦理論が旧い弦理論と異なるのなぜか?つまり導入された理由は何か?少し外れるが日本語で超弦理論と書かれるが英語は何(知っているが、既に認知症で失語症を起こしている)

Aベストアンサー

No1です。次のペア?後の2つ?限界を超える?このセット?の意味が、よくわかりませんが、超対称性粒子は、

すべてのフェルミオンにはボゾン (電子(エレクトロン)>>セレクトロン等:もとのフェルミオンの名前の先頭にSをつける)
すべてのボゾンはフェルミオン (光子(フォトン)>>フォティーノ等:ものとボゾンの後ろに、inoをつける)

が対応し、その相手を超対称性パートナーと呼びます。

Q相乗性及び相加性雑音の意味

こんにちは、
相乗性及び相加性雑音とは、簡単にいうとどういう意味でしょうか?調べても、よくわかりませんでした。

Aベストアンサー

>相乗性及び相加性雑音とは、簡単にいうとどういう意味でしょうか? ....

英語で検索するほうが、わかりやすいのかも。
乱暴に一括してみます。
  ↓
 ・相乗性雑音 (multiplicative noise) : フェーディングなど、信号波形の時間的変動で生じたもの。
 ・相加性雑音 (additive noise) : 熱雑音外や来雑音など、信号に加算されたもの。
 

Q超弦理論について教えて下さい。

先日、超弦理論のテレビを見ました。
なんとなく、見た直後は、解かったような気がしたのですが、後で考えると、やっぱりなにか解からなく無くなりました。
超弦理論の他にループ重力理論という名前もよく聞きます。
素粒子を研究されている方は、大半が超弦理論かループ重力理論なのでしょうか?
どちらにも属さず、例えば、点粒子のままの標準理論を修正するような研究はされてないのでしょうか?
これらの超弦理論派、ループ重力理論派、無派閥派は、お互いに仲が悪いのでしょうか?
(派閥内で相手の考えは、100%間違っていると信じて結束しているとか)
(同じ大学には、同じ派閥の人しかいないとか)

Aベストアンサー

超弦(ひも)理論は1980年代から出てきたのだったかな。
歴史的経緯から言えば、電子と陽子を同じ粒子の+と-ではないかとしたアイデアあたりからで、これはその後に陽電子が見つかり違ったねってなったのですが、このような2つの粒子を『同じ粒子だけど電荷(とか”何とか荷”)だけが違う』などと見て、対象性を見出し理論を構築するという流れが主流になりました。(対象性があれば保存則がある、とか)
それで出てきたのが超弦理論で、粒子を点ではなく1次元の弦(ひも)のようなものと考え、この振動のモードごとが別々の粒子じゃないか。一見よさそうに見えたのですが、粒子の素を”なんでもあり”にしちゃったようなもので、なんでもありすぎて逆に現実を記述できないという感じ。
そんななかで数学的に研究されて、粒子が弦ではなく膜(2次元的)じゃないかとか、膜は粒子じゃなくてこの世界の次元じゃないかとか、派生したようです。元のひも粒子の方も研究は遅々として進まず”なんでもあり”状態のままです。

その一方、現実を見よう派は、重力を除く3つの力を統一した”標準理論”を実験で検証して修正していくという作業で、先日のノーベル賞もニュートリノの質量の有無とかでこれに貢献したものです。
こちらの方の人も、超対象性理論という、昔の電子と陽子がペアではなかったように、今見つかっている粒子も見つかっていないペアがあるのではないかといった理論を作っていて、これは理論的には美しいらしいのですが、沢山ある粒子のペアとなる粒子が1つも見つかっていない、という絶望的な現実があります。
また超ひも理論の影響からか、この世って何次元でもいいんじゃないの?という感じで10次元とか11次元とか(数学的には10次元も11次元も同じものとみなせるらしい)の世界を考えてたりもします。

物理学者は、理論のほうは一人々々で考えて先に言った者勝ち、みたいなところがありますから、他人のアイデアだろうが何だろうがパクれるものはパクって結果(理論が)うまくいけばそれでよい、というところもあると思います。
なので、自分が”こっち方面の研究をしている”とか、他人の研究を”あれはダメだろ”とか言うことはあっても、”派閥を組んで”みたいなことは全く無いと思います。

超弦(ひも)理論は1980年代から出てきたのだったかな。
歴史的経緯から言えば、電子と陽子を同じ粒子の+と-ではないかとしたアイデアあたりからで、これはその後に陽電子が見つかり違ったねってなったのですが、このような2つの粒子を『同じ粒子だけど電荷(とか”何とか荷”)だけが違う』などと見て、対象性を見出し理論を構築するという流れが主流になりました。(対象性があれば保存則がある、とか)
それで出てきたのが超弦理論で、粒子を点ではなく1次元の弦(ひも)のようなものと考え、この振動の...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報