痔になりやすい生活習慣とは?

山東省から上海に行くことになりました。
中国で鉄道を利用したことが無いので、是非この機会に利用してみたいと思うのですが、不安な点があるので教えて下さい。
軟臥を利用したいのですが、女一人だと逆に危険だと言う人もいます。硬臥を利用すべきでしょうか?
あと、友人から中国の列車(特にトイレ)は我慢できないほど汚い、と聞いたのですが、軟臥でもそうですか?その友人はいつも硬座を利用しているようなので、軟臥や硬臥はそうでなければいいな、と思っています。
飛行機を利用することも考えていますが、中国人の方と話しながらの長旅もいいなーと思うので、安全面と衛生面に問題がなければ列車を利用したいです。
詳しい方、ご意見お聞かせください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

中国の鉄道で一番問題なのは切符の販売網が全国ネットでオンライン化されていないので、基本的に切符を購入する駅乗車の切符しか買えないことです。

(最近は大都市の駅では全国主要駅始発切符が購入できるところもあります。ただあくまでもシステム上のことであって、末端の切符販売員まで情報が行き渡っておらず実践されていないことも多いです)

また切符の販売枚数の割り当てがあります。
これは例えばA駅発B駅・C駅経由D駅行きという列車の場合、4号車の5番の座席(寝台)はA駅でA駅乗車の切符として販売し、5号車の13番の座席(寝台)はB駅でB駅乗車の切符として販売すると言うことです。すべての車両の座席(寝台)がこのように割り当てられています。
ただ中国の列車は基本的に始発から終着まで直通で行くことを主眼にしています。なので途中駅乗車の割り当ては少なく、とりわけ寝台はほぼ全てが始発駅に割り当てられます。なので始発駅から出ないと寝台切符はまず買えません。

山東省のどこから行くかはわかりませんが、省都の済南と青島には上海行き始発列車があります。ただ長旅と言っても済南からは夜出て翌朝着、青島でも昼過ぎに出て翌朝着で結構短いです。

なおトイレですが、軟臥は洋式があります。それなりにきれいです。硬臥も硬座よりは利用人数が少ないのでまだましです。ただ軟臥にしても硬臥にしても列車員(車掌)がそのくらいマメに掃除するかで結構差があります。トイレットペーパーも最初からない場合、最初だけある場合、常に補充される場合とさまざまです。
空調車両であれば新しい車両が多くきれいです。先日初めて友人を連れて乗せましたが、創造してたよりきれいだったらしく驚いてました。


済南東発は特快、青島発は空調快速ですので、両方とも新空調快速料金が適用されますが、この料金体系の場合、軟臥は同区間の正規航空運賃の半額はします。軟臥のみ身分証チェックがありますし、それなりの所得のある人が乗るので危険ではありません。
ただ所要時間からして硬臥でも十分です。

できれば山東省のどこから行くのか補足して下さい。そのほうが回答しやすいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速詳しいご回答を頂きありがとうございます。
済南からの乗車です。
身分証のチェックがあるとのことで少し安心な気がします。やっぱり電車で行きたいです。特快より空調特快の方が設備が良さそうな気がするので、青島発じゃなくて残念です。
もしどうしても個室のメンバーが気に入らなければ別の部屋に移ることは可能でしょうか?ご存知でしたら教えて下さい。

お礼日時:2006/07/29 13:29

#1・2です。



すみません。重大な間違いを犯してました。
済南発上海行きの特快はT65次でなく、T105次です。(T65は北京発南京西行きでした)
申し訳ありません。凡ミスもいいところですね。


そういえば聞き忘れてましたが、いつごろ利用するのでしょうか?

中国国鉄は7月・8月の2ヶ月は暑運と呼ばれる夏季特別運行体制をとっています。この間は臨時列車が運行されます。つまり混むと言うことです。といってもごく一部のピーク時を除き切符購入は容易です。
今後の暑運のピークは大学新入生および大学生の学校所在地への移動が集中する8月末です。この時期以外は切符購入は容易です。ただピーク時でも自分は広州東発ハルビン行き特快の切符を乗車2日前に購入しましたし、当日段階でもありました。まあそこは#3の方が言われる「運」ですね。

なお済南から上海に行く場合、済南始発で上海終着或いは経由の列車はT105次以外は杭州行き特快しかありません。あまり時刻表購入の必要はないと思います。

なお済南駅は6日以内の切符を販売します。(あまり信用したくないのですが、済南駅は利用したことないので地球の歩き方を見たらそうなってました)
乗車5日前の段階で済南にいるようであれば、中国語もできるようですし、個人購入で十分です。(2日前くらいでも大丈夫だとは思います)

なお硬臥のみにある消灯時間(大体22時くらい)を過ぎると、ほとんどの人が寝ます。(むしろ日本人のほうが寝るのが遅い) 軟臥の客もそのくらいで寝ます。
T105次は発車時間も遅いのでみんなすぐ寝ると思いますよ。翌朝も早いですし。(中国は深夜・早朝であっても下車30分~1時間前には起こされます。)
長距離だと下車前に仕事を終わらせるために客を寝台から追放して、寝台の整理をすることもよくあります。まあ夜発翌朝着の列車ではあまりありませんが
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度々詳しいご回答を頂きありがとうございます。
2週間後に利用する予定です。心配なので、切符の発売日に購入したいと思います。まだちょっと不安もありますが、中国初列車、すごく楽しみになってきました!
dayuan様、本当にお世話になりました。

お礼日時:2006/07/31 15:16

こんにちは。

以前に北京に住んでいた者です。よく電車を利用してあちこちにいっていたのですが、●日本と違って切符は長蛇の列に並んで買わなければならない。●前もって予約できない。●割り込みされていつまでたっても切符が買えない。●何月何日何時の何番の電車と細かく調べて行かないと切符を発券してもらえない。(日本のように、午前中に出発の・・・とか言っても調べてもらえません。)●その駅が始発の切符しか買えない。というように、慣れていない人が切符を買うのは困難を伴いますが、頑張って行き先までの切符をゲットして頂きたいです。←北京ならば外国人専用窓口があるのですが、多分地方都市はないと思います。まず、駅に行き列車の時刻表を買いましょう。(5元くらいです。)それで調べて、第三希望くらいまで絞り込んで、切符売り場に挑んでください。

さて、トイレの話。どうしても乗っている走っている時間が長い列車は綺麗とは言えません。また、水にも限りがあるようで手を洗いたい、顔を洗いたいのに水が出ない事も多かったです。なので、当然トイレも流れないという事で汚物が山盛りなんて事も。(´Д`)軟臥は、利用した事もありますが、私の場合はすごく「いびき」のウルサイ人がいて全然眠れませんでした。私は硬臥が一番好きです。二段ベットや三段ベットで一緒になる中国の人と親しくなって、色々な話をしたり、その人の家に泊めてもらったり、文通が始まったり。面白い事が沢山あります。只、一番下のベットになってしまうと、上に寝るはずの中国人の人に陣取られてしまい、夜中まで眠れないという事は日常茶飯事です。(イス代わりにされてしまう。)また、別の部屋に移る事は空いていれば可能かも知れませんがほぼ全席埋まっているため不可能かと思います。私も一度、そんな事があって、一両、一両に係りのお姉さん(もしくはお兄さん)が着いていてくれるのですがその人に相談して食堂車を貸しきってもらった事があります。まぁ、中国の列車の旅は、何でも【運】だと思います。良い人にめぐり合うのも【運】。トイレが綺麗かどうかも【運】。行き先までの希望切符が買えるかどうかも【運】。頑張ってください。

これらが面倒な時は奥の手として中国の大きな旅行会社に手数料を支払い希望切符を揃えてもらうのも手です。私の場合は、無茶苦茶な強行日程だった為に中国各地に支店を持つ旅行会社の人を手配して行く先々の駅やホテルで次の目的地までの切符を受け取ったりしながら旅行しました。切符を一枚手配してもらうのに手数料は確か25元ほどでした。この金額でイライラしながら順番を待たなくても良いし、失敗もないので私はもう毎度旅行社に頼んじゃってマース。σ(´∀`)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。こころしてチケット購入に望みたいと思います!!
すべて運次第、とのこと。私もWaterClolor様のような楽しい出会いに恵まれるといいのですが。軟臥にしようと思っていましたが、ご回答を拝見して硬臥にも惹かれてます、ああ、決められない…。
とにかくありがとうございました。

お礼日時:2006/07/31 15:08

#1です。



>特快より空調特快の方が設備が良さそうな気がするので

すみません、自分は空調特快でなく空調快速とかいたのですがね。逆にわかりづらかったかもしれません。
両方とも空調列車です。なぜ特快を空調特快と書かなかったのかというと、特快は全て空調列車なのでわざわざ明記する必要がなかったからです。
一方で快速の場合、空調列車と普通列車(つまり非空調列車)の両方があるので、便宜上空調快速と書きました。

少々マニアックな話ですが、基本的に使用車両は特快が25K型で、快速は25G型です。ただこの2本の列車は乗車歴ないので断定はできません。
違いと言えば最高速度と製造初年度くらいで(25Kは160キロ・1997年、25Gは120キロ・1992年)、車内設備はほとんど同じです。ただ25Gは後期生産型の場合、25Kより新しくきれいです。

なお済南・上海間の特快は「T65次」という列車です。中国の列車は基本的に列車番号(飛行機の便名のようなもの)でしか正式には呼ばれません。

済南21:12発
泰山21:57着
  22:02発
蚌埠01:57着
  02:05着
上海06:30着

というダイヤです。

なお基本的に軟臥は1つの列車に1両しか連結されていません。こういった夜発翌朝着のダイヤの優等列車は飛行機利用できるような人も利用するので結構混みます。行く時期にもよりますが、おそらく軟臥は満席という可能性が高いので移るのは無理です。もちろん空いていれば、列車員に頼んで変えてもらえます。
ただ乗ってすぐに皆さん寝るでしょうから、寝息のうるささ以外で不快になることはないと思います。自分は今まで寝息がうるさい人と同室になったことはありませんが、日本でもたまにいますよね。

あと非常にどうでもいいことですが、中国の鉄道は基本的に機関車が客車を牽引する方式なので「電車」という表現は正しくありません。「列車」です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当に詳しく教えて下さってありがとうございました。まだ中国の列車を見たこともないのに、とても詳しくなったような気分です。ダイヤや車両の製造時期まで教えていただいて、とても心強く感じます。車両が比較的新しそうなので安心しました!!(列車と電車の違い、考えたこともなかったです...)
本当にありがとうございました。

お礼日時:2006/07/30 13:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング