痔になりやすい生活習慣とは?

春にオイカワを捕まえて以来飼っているのですが、昨日、二匹に異変が見つかりました。尾びれが無くなり、背骨がS字に曲がっています。尾腐れ病ではないかと思うのですが、背骨まで曲がる物でしょうか?

A 回答 (5件)

回答にはなりませんが参考になりそうなサイトがありましたので貼っておきます。



水質の悪い川では背骨が曲がったカワムツなどを良く見かけます。
ひょっとしたら水質が問題かもしれませんね。

参考URL:http://tansuigyo.maxs.jp/a/seb/1954.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になるサイトを教えていただきありがとうございました。伸びてきた水草の影響で日光がさえぎられてきた可能性が大です。幸い魚はかろうじてまだ生きています。水槽の環境を手直ししてみます。

お礼日時:2006/08/09 12:59

私もオイカワ、カワムツ等の川魚を飼育しておりますが、背骨が曲がる症状が過去に現れた経験があります。


私は、日光等、光の当たり加減ではないかと考えております。
私の場合は、神経質な魚でしたので、隠れられるよう水槽にすだれを半分ほどかけていました。
結果的にそれが日のあたらない影の部分を多く作ってしまい、それが骨の成長に影響し湾曲させたのではないかと考えています。
その後すだれをはずし、日が良くあたるようにしていると若干曲がりが戻ってきましたが、元のようにまっすぐには治りませんでした。

尾の傷みは尾腐れ病の可能性が高いと思われます。

この回答への補足

ありがとうございます。日当たりは悪くは無いと思います。一匹はすでに泳ぐことが出来ないほど体が曲がってしまいました。二匹のほかにさらに一匹からだが曲がってきてるようです。

補足日時:2006/08/01 14:59
    • good
    • 2

逃がしてやるのが一番だと思います。


以前、川魚を飼っていましたが、日に日にやせていき
ました。
餌は鯉や金魚のものを使っていました。
市販のえさでは何らかの養分が不足していると考えられます。
    • good
    • 0

尾びれについては尾腐れ病だと思いますが、背骨は・・


栄養は偏ってませんでしたか?
エサは何を与えていましたか?

この回答への補足

ありがとうございます。市販の”川魚のえさ”、赤ムシ、金魚のえさなどをランダムに一日一回ですがあげています。

補足日時:2006/08/01 14:55
    • good
    • 1

水槽が狭かったりしたのでは?

この回答への補足

ありがとうございます。水槽は90cmですが、水草や石などを入れてあるので実質はその四分の一位が泳げる範囲でしょうか。

補足日時:2006/08/01 14:53
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q川魚の白点病?

お世話になります。

60cm水槽にオイカワ、ヤマトヌマエビ、イトモロコを5匹ぐらいずつ飼っているのですがイトモロコの様子がおかしいです。外部フィルターをつけていますが、ヒーターなしです。飼いはじめて1っカ月です。
白い大きな円状のもの1,2個できているイトモロコが数匹います。初めは白点病かと思ったのですが、ネットで見つけた白点病の写真と見比べるとずいぶんと大きく直径2-3mmはあります。またイトモロコだけがかかっている上に、なんだか鱗の表面というよりも鱗の内部にその白い円があるように見えます。白点病は小さい点が数多く現れる症状がでると思うのですが、小さいものはみあたりません。でも岩に体をこすり付けているのをたまに見かけたので痒いようです。
よって白点病なのか、他の病気なのかいまいち分からないでいます。
手遅れになることだけは避けたいと考えているので、なにかご存知の方がいたら教えてください。

Aベストアンサー

こんばんば。(おはようございますかな?)
オイカワやモロコですかぁ・・・懐かしいですね、昔長い事飼ってました。

ええと・・・魚の病気はいろいろ複雑で、私の書く事も「正しい病名」若しくは「正しい治療法」で無い可能性があります。先ずはご了承願えますでしょうか。

その上で先ずお聞きしたいのですが、その川魚達は「元野生」のものでしょうか?それともペットショップにて購入されたものでしょうか?

もしも前者(元野生)ならば1番考えられる事は「水温、水質の急激な変化による不調」だと思います。

ヒーターを使われていない、との事なので水温関係かな?と思うのですが、ここでちょっと想像力を働かせて頂きたいのです。

野生の場合は川にしろ沼にしろ、少なくとも60cm水槽内よりは水温が安定しています。

更に大抵の魚は夏の暑い時には瀬等の流れの速い、水温の低いとこで過ごし、寒い冬場には流れの少ない深場に落ちます。これは釣りをやった事のある人ならご存知の事が多いと思います。

つまり魚自ら「水温調節」をしているのです。

それが水槽に入ってしまうと、夏場は30度以上、冬場は0度前後まで水温が下がってしまう事があります。

これは野生の状態では有り得ない水温です。

また、川や沼の水温が1日を通して極端に上下しないのに対し、水槽では例えば明け方には3度、昼間は20度にもなる事もあります。

これは魚にとってはかなり過酷な環境と言えるでしょう。

どんな魚を飼うにしろ、最低限サーモスタッドとヒーター、水温計は用意しましょう。

それから水質。
まさか水道水をそのまま入れていると言う事は無いと思いますが、水の「硬度」は重要です。いわゆるph(ペーハー)ですね。

万が一水道水をそのまま使う場合は絶対に「塩素除去剤」(ハイポ)の投入を怠らないで下さい。

これを使わないとエラを傷めてしまい、そうなったら回復させるのはほぼ(素人では)不可能になります。

硬度の方はペットショップ等でPhを計る試験紙や調整剤が売っています。
日本の川魚を飼う分にはほとんど使わないで済むとは思いますが、こういった時の原因の分からない時には計ってみた方が良いでしょう。
保険のようなものとお思い下さい。

日本の川魚(特にコイ科の魚)は基本的に「軟水」を好むので、カルキ抜きをした水道水でほぼ問題は無いのですが、投入したアクセサリー(例えば貝殻や流木等)によって硬度は変化する事があります。また、底に敷く砂の質によっても水の硬度は変わります。

綺麗だからと言って闇雲にサンゴ砂や石灰系の砂を使うのは非常に危険です。

さて、病名は分からないのですが、私が飼っていた魚にも同じような症状が出た事があります。恐らく水カビ系の病気と思われます。

治療法は先ず水温を安定させる事を大前提として、病気を発症している魚を隔離する必要があります。

その上でメチレンブルー、マカライトグリーン等の色素系治療薬を投入
します。
この色素系治療薬は万能(と言うよりは他の治療法が確立していないと言った方が正確でしょうか)なので、これも常備して置くべきでしょう。

勿論隔離した方の水槽の水温も安定させる事は必然です。

ここで注意したいのが「隔離」の仕方。
初心者の方で良く失敗するのが、いきなり「新しい水」を張った水槽に投入してしまうと言う事。

これをやるとほぼ確実に死んでしまいます。

やり方を解説しますと、元々の水槽の水から新しい水槽に少なくとも半分位の水を移します。
そこに新しい水を入れ、カルキを抜いた上で少なくとも半日位は置きます。
勿論ただ置いて置くのではなく、エアポンプ等で良く水を循環させます。
そして魚を移した後、新しい水槽に慣れたのを見計らってから薬剤を投入します。

これも良く考えてみれば分かりますよね。

人間だって病気で弱っている時に、いきなり環境の違うところに放り出されたら余計に弱ってしまうでしょう?

それで数週間~数ヶ月様子を見ます。

もしもそれで回復しないなら、残念ですが悲しいお別れが来る事と思います。

他食塩水を使った治療等もありますが、病気で弱っている上に環境も変わり、更に薬浴させられた個体に更に新しいストレスを掛けても先ず回復はしないでしょう。

とにかく先ずは環境を整える事です。

水槽にカナダ藻か松藻を植えてみましょう。
水草がすぐに枯れてしまうようなら、魚にとっても「長生き出来る環境」では無いと言う事です。

御健闘をお祈りします。

こんばんば。(おはようございますかな?)
オイカワやモロコですかぁ・・・懐かしいですね、昔長い事飼ってました。

ええと・・・魚の病気はいろいろ複雑で、私の書く事も「正しい病名」若しくは「正しい治療法」で無い可能性があります。先ずはご了承願えますでしょうか。

その上で先ずお聞きしたいのですが、その川魚達は「元野生」のものでしょうか?それともペットショップにて購入されたものでしょうか?

もしも前者(元野生)ならば1番考えられる事は「水温、水質の急激な変化による不調」だと...続きを読む

Q薬浴中の水換えと餌やり

現在、白点病と尾ぐされ病の治療中です。
マラカイトグリーンと塩浴、症状が若干重いほうの水槽には(元気な金魚とわけてあります)ヒーターを取り付けました。フィルターはまわしておらず、エアポンプのみです。

2日経ち昨日は朝は大丈夫だったのですが、夕方から悪化し始める金魚が出てきて、最終的に赤班病などを併発して☆になってしまいました。今日は今のところ大丈夫です。心なしか、白点が消えてきたようにも思います。

お聞きしたいことはまず餌についてなのですが、今年の4月に生まれた当歳魚ということもあり、健康な時は朝晩二回、もしくはかなり小分けして3回あげていました。
本来ならば薬浴中は餌は控える聞いたのですが体力的に心配な面もあります。
今のこの薬浴中の状態で、餌は一日にどのくらいあげても大丈夫でしょうか。
また、水換えについてなのですが、餌を与えるとなると当然フィルターも周っていませんし、すぐに汚れますよね?
一応今は低面のフンなどを一日に何回かはスポイトで取っている状況なのですが、水換えはどのくらいの頻度ですればよいでしょうか。
色々なサイトなどをみると、毎日かえる・薬の効き目が切れたら・1週間に1回など色々な意見がありました。
変えないのも心配ですが、変えすぎてかえって体調を崩してしまっても心配です。
餌やりと水換えの頻度、この2つについてアドバイスいただけないでしょうか。

現在、白点病と尾ぐされ病の治療中です。
マラカイトグリーンと塩浴、症状が若干重いほうの水槽には(元気な金魚とわけてあります)ヒーターを取り付けました。フィルターはまわしておらず、エアポンプのみです。

2日経ち昨日は朝は大丈夫だったのですが、夕方から悪化し始める金魚が出てきて、最終的に赤班病などを併発して☆になってしまいました。今日は今のところ大丈夫です。心なしか、白点が消えてきたようにも思います。

お聞きしたいことはまず餌についてなのですが、今年の4月に生まれた当歳魚と...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
>白点病と尾ぐされ病の治療中です。
まず病気の発生原因を取り除かないと、治療しても再発の恐れがありますので最優先です。
おそらくシステムの問題で生物濾過の非力・脆弱が原因と思われます。決して水温が下がったとか、病気の魚を持ち込んだなどと安易に考えないでください、生物濾過が機能して飼育環境が十分に整っていれば多少の白点病や尾ぐされ病など薬品を使用しなくとも治癒することを何度も経験しています。

>エアポンプのみです。
マラカイトグリーンは本水槽に直接入れて大丈夫です。濾過バクテリアに大して影響も出ませんので、普通の白点病であれば3~4日で治癒するはずです。

>最終的に赤班病などを併発して
赤班病は亜硝酸中毒でしょうからよほど水質が悪いと考えられます。
特に治療するときに使用する水に、水道水のカルキ抜きしただけの水を使用するとこのようなことになることは多いですね。

>浴中は餌は控える聞いたのですが体力的に心配な面もあります。
金魚は1週間くらい餌を食べなくとも、そのことで体力が落ち死ぬことは絶対にありません。もし死ぬようなら別の原因と考えてください。

餌を食べる→糞をする→その糞が猛毒アンモニアを誘発→金魚を苦しめ病気の発生。

>餌は一日にどのくらいあげても大丈夫でしょうか。
止めた方が賢明で可哀想と思うなら、水質管理を考えてください。

>今は低面のフンなどを一日に何回かはスポイトで取っている状況なのですが、
大変良いことです。
減った分だけ足し水すればよいのですが、この足し水が問題で先に書いたように水道水(もちろんカルキ抜きした水)は決してよい水では無くいきなりこの水で飼育すると元気な金魚でも病気になることがあります。
濾過バクテリアが良く繁殖した濾過槽を通した水が最適でこの水には濾過バクテリアが含まれていますので水質悪化を防げます。

>毎日かえる・薬の効き目が切れたら・1週間に1回など色々な意見がありました。
濾過器の内容や飼育水によって一概にこれが一番は無く、難しい判断をしなければなりません。

>餌やりと水換えの頻度、
餌やりについては先に書いたようにやらないことです。
水換えをについては今の状態でしたら水に匂いが出るまで3日を限度に換えない方が良いかと思いますが、換える水はバクテリアが繁殖した水が条件です。もし手に入らなければ本水槽の水を使用してください。
参考まで。

こんにちは。
>白点病と尾ぐされ病の治療中です。
まず病気の発生原因を取り除かないと、治療しても再発の恐れがありますので最優先です。
おそらくシステムの問題で生物濾過の非力・脆弱が原因と思われます。決して水温が下がったとか、病気の魚を持ち込んだなどと安易に考えないでください、生物濾過が機能して飼育環境が十分に整っていれば多少の白点病や尾ぐされ病など薬品を使用しなくとも治癒することを何度も経験しています。

>エアポンプのみです。
マラカイトグリーンは本水槽に直接入れて大丈...続きを読む

Q魚の病気

こんにちわ

今ドジョウ4匹とモツゴ1匹とスジエビ1匹を60cm水槽で飼っています。
元はドジョウは6匹いたのですが内5匹ある日突然背骨が曲がり体が奇形してしまいました。
3匹は持ち直したのですが、2匹は死んでしまいました。死因は1匹は不明1匹はうまく泳げなくなって餌が食べられなくなった為の餓死だと思います。
残った個体はゆがみは残っているものの体が伸びて何とか元気を取り戻したようです。

水槽の管理は2~3週間に1回位で水を1/3交換と掃除をしています。
水質の管理用に「FLex麦飯石溶液」を使用しています。
他に特に問題になりそうな事は一切していないはずなのですが。
この奇形が発生する病気の原因と対策をご存知の方、良いアドバイスをお願い致します。

追、別水槽(小型)で飼育中のアカヒレにも同じような症状が出始めています。

Aベストアンサー

初めまして。
背骨のわん曲症の原因は、正直分からない事が多いんですよ。
と言うのは、解剖して原因究明するまで一般レベルでは出来ない事なので。

原因としては、細菌感染・化学物質汚染・骨折など原因はあります。
それと遺伝レベルでの奇形。

色んな質問の回答でPhショックと言うのが原因では?と言う事を目にしますが、その場合は入れた途端ひっくり返る等のショック症状がすぐに現れます。
実際、Phショックを目にした方って少ないと思いますよ。
わん曲症の場合は、水質が関連する場合は汚染が一番の原因だと考えます。

ドジョウは自然採集でも、わん曲症を発症してる個体を以外に目にします。
と言う事は、遺伝レベルで発症し易いのかもしれません。
ただ、別の水槽のアカヒレにも発症してるとすれば、使用してる水に原因があるのでは?
もし水道水なら、管轄の水道局に水質検査を依頼しても良いかもしれません。
これからは、雨水が増え塩素も強く使用されますし。
原水域で汚染が進んでるのかも?

それと麦飯石ですが、ハッキリ言います。
何の効果もありません。
石を磨り潰しただけですし。
あれだけ流行した物が、今では取り扱ってるショップが少ないのは、効果が無いと言ってるような物ですから。
活性炭の方が、何十倍も効果ありますよ。
使用し過ぎると、底砂に沈殿して砂を舞わせれば分かりますが、水が真っ黒になりますしぬめりもあります。

まずは、水道局に問い合わせして確認した方が良いかも?

初めまして。
背骨のわん曲症の原因は、正直分からない事が多いんですよ。
と言うのは、解剖して原因究明するまで一般レベルでは出来ない事なので。

原因としては、細菌感染・化学物質汚染・骨折など原因はあります。
それと遺伝レベルでの奇形。

色んな質問の回答でPhショックと言うのが原因では?と言う事を目にしますが、その場合は入れた途端ひっくり返る等のショック症状がすぐに現れます。
実際、Phショックを目にした方って少ないと思いますよ。
わん曲症の場合は、水質が関連する場合は汚染が...続きを読む

Q尾腐れ病は薬浴させても治らないんでしょうか?

ラミレジイのロングフィンが尾腐れになりかれこれ3ヶ月間薬漬けですが、徐々に尾ひれが溶けていき、薬が効いている様子がありません。
尾腐れ病に効くとされるグリーンFゴールド、エルバージュ、イソジンと薬浴してきて、5日前からパラザンDで薬浴しているのですが、これも又効果は見られず・・・。

 薬浴槽 20Lにパラザン2ml+塩100g弱
 魚数  一匹
 水温  ファンをまわして26度
     エアレーションとヒーターもつけています。
 水換え 5日おきに8割ほど

実は一週間前までもっと小さなプラケースで薬浴していたのですが、もしかしたらそれが治らない一因なのではないかと思ったり・・・
しかし3ヶ月間ずっと薬漬けの辛い環境であるにもかかわらず、この子は割と元気で、餌を落としてやるともう必死でがっついてきます。
(2~3日に一度ディスカス用の沈下性の餌を一粒だけあげています) 

食欲もあるし元気だし、それなのにヒレが少しずつ無くなりいずれは体の方へ広がってじわじわと死んでいくのかと思うと、やり切れません。
3ヶ月に渡る長期間薬浴した魚は今までいなかったので、どうにかして完治させ長生きさせてやりたいのです。
もう助からないのでしょうか・・・どなたかアドバイスをお願いします。
  

ラミレジイのロングフィンが尾腐れになりかれこれ3ヶ月間薬漬けですが、徐々に尾ひれが溶けていき、薬が効いている様子がありません。
尾腐れ病に効くとされるグリーンFゴールド、エルバージュ、イソジンと薬浴してきて、5日前からパラザンDで薬浴しているのですが、これも又効果は見られず・・・。

 薬浴槽 20Lにパラザン2ml+塩100g弱
 魚数  一匹
 水温  ファンをまわして26度
     エアレーションとヒーターもつけています。
 水換え 5日おきに8割ほど

実は一週間前までもっと小さ...続きを読む

Aベストアンサー

長時間は危険だと思いますので塗るのが一番でしょう。
その場合は要するに寄生虫であれ最近であれこれが死んでしまえばいいのですから、一番は赤チンをお勧めします。
付けた後も水中で塗った場所に張り付き効果が持続しますから。
それはないけど、イソジンでもいいかもしれません。しかしイソジンはすぐ水に溶ける、殺菌能力が強いタイミングが違うと聞いているので…。

経口投与で以外と効果が出ることもあるようです。
液体なら好きなエサの乾燥したもの(乾燥赤虫とか)を濃い液(濃度が難しいのですが…)に30分ほど浸して食べさせます。原液を染み込ませる人が結構多いですね。そんなに染み込まないし、ということだそうですが。
ほんの少しやって問題なければ濃度を上げます。とはいってもエサはほどほどにしなければなりませんが。

抗生物質や粉の薬を使う場合、エサを水で柔らかくして練りエサにしてやってみて下さい。
いずれも量の決まりがないので、難しいです。


以下は金魚なので、参考程度にしかならないと思いますが…。

こちらのミスで発見が遅れ、尾がボロボロになっていたので、まずバケツに隔離(水槽のろ過が薬で死ぬため)、水槽を2分の1水替え、ろ材を軽く洗いバクテリア活性剤を入れる、
ヒーターで26度 0.6%塩水浴、エルバージュ24h →塩水浴0.6% グリーンFゴールド+メチレンブルー で6日間(ろ過はバケツに水作エイトの活性炭を取り除いたもの、エサはやらないのでゴミ取りのみ)
これでもあまりはっきりした結果が現れなかったので体力があるうちに、
尾のあたりを中心にマーキュロクロム液(手も真っ赤になるのでハイポを用意…)を塗り込んで塩水浴0.7%+エルバージュー0.2g+グリーンFゴールドx1.2倍+メチレンブルー エルバージュ0.1gとグリーンFゴールド+とある抗生物質を少量を混ぜた小粒(金魚の小粒なので熱帯魚からするとかなり大きいと思います)のエサ6個ほどを作り、1日2回経口投与。
水が汚れるため、バケツを3つ連結して水量アップ(10リットル×3)1日10リットル水替え。
これで回復して2週間後から塩水浴で様子見、水槽へ、という感じでした。
ここまで酷かったのは一回切りで経口投与したのもこの時だけでした。

もっと経験豊富な人が見てくれると良いのですが。

あくまで、参考に。

長時間は危険だと思いますので塗るのが一番でしょう。
その場合は要するに寄生虫であれ最近であれこれが死んでしまえばいいのですから、一番は赤チンをお勧めします。
付けた後も水中で塗った場所に張り付き効果が持続しますから。
それはないけど、イソジンでもいいかもしれません。しかしイソジンはすぐ水に溶ける、殺菌能力が強いタイミングが違うと聞いているので…。

経口投与で以外と効果が出ることもあるようです。
液体なら好きなエサの乾燥したもの(乾燥赤虫とか)を濃い液(濃度が難しいのですが…)...続きを読む

Q白点病を発症した魚がいた水槽は放置で治療可能?

白点病についてサイトをいろいろと見ましたが、不明な点があったのでこちらをお借りして質問致します。


現在90cm水槽で以下の魚を飼育しています。
*****************************
・セルフィンプレコ×2
・ブロンズプレコ×1
・ラミノーズテトラ×4
・レッドファントムテトラ×4
・ネオンテトラ×8
・アカヒレ×18
・ヤマトヌマエビ×10
・ダイヤモンドピラニア×1
*****************************

加えて、以下の水草を育てています。
*****************************
・アマゾンフログピット
・アマゾンチドメグサ
・ウィローモス
*****************************


この環境下で、1週間程度前から白点病に感染しているようで、体表に白い小さな点々が出来てきました。

私は最近水槽で魚を飼育しはじめ、白点病の経験も全くありません。
サイトを参考に治療をしようと調べていたのですが、1点不明な点がありました。

現在水槽は90cm水槽しかないので、薬浴用に新しく水槽を購入してきて、水槽にいるピラニア以外(ピラニアは平気そうなので…)の全ての魚をそちらへ移し、薬浴を実行しようと考えています。

治療中、90cm水槽では水温を高い状態で保ち、そのままの状態で2週間程度放置することで、白点病の病虫を死滅させることが出来るのではないかと思ったのですが、可能でしょうか…?
水槽自体も底砂の交換や薬浴をしなければ、魚を戻した際に再発してしまうでしょうか…?


回答者様の治療方法や、治療以外にも、現在の環境で気をつけることなどありましたら、出来るだけ詳細に回答頂けると幸いです。

白点病についてサイトをいろいろと見ましたが、不明な点があったのでこちらをお借りして質問致します。


現在90cm水槽で以下の魚を飼育しています。
*****************************
・セルフィンプレコ×2
・ブロンズプレコ×1
・ラミノーズテトラ×4
・レッドファントムテトラ×4
・ネオンテトラ×8
・アカヒレ×18
・ヤマトヌマエビ×10
・ダイヤモンドピラニア×1
*****************************

加えて、以下の水草を育てています。
***...続きを読む

Aベストアンサー

まず原則を先に書かせて頂きます。

白点病が発生した時は、発生した魚だけを別水槽に隔離しても意味が
ありません。水槽には白点病の菌が浮遊しているので、発病した魚を
別水槽に移して隔離しても、発病していない魚も数日後には発病する
可能性は高くなります。
発生したら使用中の水槽で治療を行う事です。発病した魚も発病して
いない魚も一緒に治療してやります。
発病していない魚まで治療する事は無いと思うでしょうが、先程も書い
たように水槽の水には白点病の菌が浮遊しています。肉眼では見え
ませんが、発病している可能性はありますので、発病していない魚も
予防策として治療してやります。
発病した魚だけ隔離して、残された魚には何もせず放置をすれば、間
違いなく数日後には白点病に感染するでしょう。

白点病の菌を死滅させるためには水温を一定温度まで上昇させる事
が必要ですが、だからと言って2時間では死滅する事はありません。

白点病に感染したら、サーモ付ヒーターで水温を最終的には28℃~
30℃に上昇させます。白点病の治療薬を投与して1週間絶食をさせて
様子を見ます。1週間で白点病の症状が消えれば、水を1/3抜いて
新しい水を入れ、再び1週間放置します。その間に水温は28~30℃に
保った状態にします。これを3回繰り返した後に全ての水を入れ替えて
掃除をします。
もし1週間で白点病が完治していなければ、水を1/3だけ抜いてから
新しい水を入れ、薬剤を規定量だけ再投与します。
薬剤にもよりますが、グリーンFリキッドやグリーンFゴールドの持続期間
は1週間です。1週間以上も薬剤効果が持続する事はありませんから、
感知していなければ再び投与する事になります。

薬剤を投与する前は、水草、色が付いては困るアクセサリー、活性炭が
使用されているフィルターは投与前に水槽から出します。
薬剤の成分により水草は枯れますし、薬剤の色が浸み込んで洗っても
落ちなくなります。また活性炭により成分の効果が消えますので、必ず
活性炭が入っているフィルターは事前に取り外して下さい。
活性炭が使用されていないフィルターは外さない事です。またエアーは
通常通りに送り続けて下さい。
ヒーターの設定は1日に2℃づつ水温が上昇するようにします。一気に
上昇させるのは魚に負担を与えます。最終的に28~30℃になるよう
にしましょう。

まず原則を先に書かせて頂きます。

白点病が発生した時は、発生した魚だけを別水槽に隔離しても意味が
ありません。水槽には白点病の菌が浮遊しているので、発病した魚を
別水槽に移して隔離しても、発病していない魚も数日後には発病する
可能性は高くなります。
発生したら使用中の水槽で治療を行う事です。発病した魚も発病して
いない魚も一緒に治療してやります。
発病していない魚まで治療する事は無いと思うでしょうが、先程も書い
たように水槽の水には白点病の菌が浮遊しています。肉眼では見え
ません...続きを読む

Qオイカワについて

題名の通り、オイカワについてなんですが、オイカワはどれくらいのサイズから婚姻色が出てくるんでしょうか?
あと飼育が難しいって聞いたんですが、どんな風に飼育すればいいんでしょうか?簡単な飼い方と注意すべき点なんかを教えていただけませんでしょうか?
ここで質問するのは不適切かもしれませんが、川魚の飼い方なら釣り人が一番知っていると思いましたので、ここに投稿させていただきました。

Aベストアンサー

オイカワの場合、成熟して繁殖できるようになるのに2年とされていて、その頃のサイズというのは10cmくらいのようですよ。
ちなみに自然界での寿命は3~4年だそうです。

オイカワに限らず釣ってきた魚は寄生虫や病原菌を持っていますので、そんなものを水槽内に持ち込まないように魚病薬や食塩(粗塩)を融かした水であらかじめ消毒しておいた方がいいですよ。金魚掬いなんかで持って帰ってきた金魚なんかも。(エビ等は薬に弱いのでできませんが)

魚を水槽に入れる前に持って帰ってきた水と魚をビニールの袋に入れて1時間ほど浮かべておいて、水温を合わせると思いますが、その袋の中に薬か塩を融かしておくといいですよ。終わったら水は移さずに魚だけを移してください。
オイカワとか酸欠に弱い魚の場合、袋の中にエアストーンを突っ込んで空気を送っていたら安心ですね。(破裂しないように工夫してくださいね)
薬浴の時間は長いに越したことはないので、釣り場から持ち帰るときに薬を放り込んでおいてもいいです(本当は1週間ほど薬の入った別の水槽で休養させるのがいいんですが)

ビギナーの方には薬剤よりも食塩(粗塩)の方をお勧めします。間違えて入れすぎた場合でも食塩の方が魚に優しいですからね。
塩分濃度は0.1~0.5%なんていいますが、僕の場合いつも適当です(笑)

オイカワの場合、成熟して繁殖できるようになるのに2年とされていて、その頃のサイズというのは10cmくらいのようですよ。
ちなみに自然界での寿命は3~4年だそうです。

オイカワに限らず釣ってきた魚は寄生虫や病原菌を持っていますので、そんなものを水槽内に持ち込まないように魚病薬や食塩(粗塩)を融かした水であらかじめ消毒しておいた方がいいですよ。金魚掬いなんかで持って帰ってきた金魚なんかも。(エビ等は薬に弱いのでできませんが)

魚を水槽に入れる前に持って帰ってきた水と魚をビ...続きを読む

Qオイカワのオスとメス

こちらオイカワのオスメスの判定お願いします。
ずっとメスだと思ってたのですが最近オビレが長くなり色も着いてきました。

判定お願いします。

Aベストアンサー

婚姻色がでるのは、雄

Qバクテリアの液はデメリットはありますか?

半年ぐらい前から金魚を飼っています。
差し迫って困ってるわけではないのですが、ちょっと疑問があるので教えてください。

よくアクアリウム関連のサイトを見ると、水槽立ち上げ時は、「エアレーションして1週間ほど空回しして水を作る」とあります。
これは、砂や空気中の自然界にいる好気バクテリアをタネにして、濾過に最低必要な量にまで増加させるためなのでしょう。パイロットフィッシュなど立ち上げ用の生体を入れればより効率的でもあるとされています。

ただ思うのは、市販のバクテリアの液を入れればずっと簡単だし早いと思うんですが、それを推奨しないのはなぜでしょうか?
たしかに成分がよくわからない薬(のようなもの)を使うより、自然界のシステムで環境を整えるほうが、気持ち的に信用はおける気はしますが・・・・・。
こういうバクテリア液は、手軽である反面、何かデメリットなどはあるのでしょうか?
よろしければ教えてください。

ちなみに自分は半年前、水槽を買ってきて、水道水にカルキ抜きとバクテリア液を入れて、すぐに金魚を入れて飼いはじめましたが、とくに水の濁りも臭いも発生せず、別段なんの問題も無く金魚たちは元気にしています。(もちろん今はもう液は入れてません)

半年ぐらい前から金魚を飼っています。
差し迫って困ってるわけではないのですが、ちょっと疑問があるので教えてください。

よくアクアリウム関連のサイトを見ると、水槽立ち上げ時は、「エアレーションして1週間ほど空回しして水を作る」とあります。
これは、砂や空気中の自然界にいる好気バクテリアをタネにして、濾過に最低必要な量にまで増加させるためなのでしょう。パイロットフィッシュなど立ち上げ用の生体を入れればより効率的でもあるとされています。

ただ思うのは、市販のバクテリアの液を入れれば...続きを読む

Aベストアンサー

濾過バクテリアとは何物か?
が、分かれば答えも、自ずと導き出されます。
濾過バクテリアは、枯草菌など腐敗菌類の仲間。
彼らの役割は、有機物を分解し無機物化。

マグロの刺身を、雨風当たる庭に放置すれば、直ぐに傷んで、、、
腐敗臭(アンモニア)が発生して、、、
ドス黒くドロドロになり、、、
最後は、カラカラに乾いて、ほぼ無機物と化します。

濾過バクテリアなどの腐敗菌類は、地球上の、ほぼ全ての場所に生息する細菌類。
バクテリア剤など使用しなくても、マグロは確実に腐って消えて行く・・・これが答えです。

> よくアクアリウム関連のサイトを見ると、水槽立ち上げ時は、「エアレーションして1週間ほど空回しして水を作る」とあります。
・これは、昭和40年代頃に広まった立ち上げ方法。

現在では、空回しは3日~5日間程度で充分です。
空回しの目的は水槽設備の初期不良や漏水チェック。
3日~5日目に一端、全換水すれば魚の受け入れ完了です。

全換水の目的は、始めて張った水には、以下の物質が溶け込むため。
・水槽目地表面のシリコン保護剤。
・プラスチック、ゴムの保護剤。
・底砂から溶け出す様々なミネラル。
これらは有毒物ではありませんが、保護剤には環境ホルモン物質が使用されていることがあり、魚の繁殖能力に影響を与える可能性があります。

> ただ思うのは、市販のバクテリアの液を入れればずっと簡単だし早いと思うんですが、それを推奨しないのはなぜでしょうか?
・ハッキリ言って、使っても、使わなくても、ほとんど濾過バクテリアの繁殖定着する日数に違いが無いためデス。
第一、市販のバクテリア剤の大半が、アンモニア硝化菌のみで、亜硝酸硝化菌は含まれていません。
・ニトロソモナス属(アンモニア硝化菌)は、休眠加工が可能でパウダー状態で長期間常温保存が可能です。
・ニトロバクター属(亜硝酸硝化菌)は、休眠加工は出来ません。
ニトロバクター属の細菌は、生菌をボトリングする必要があるため冷蔵保存が必要です。
ペットショップで、常温の棚に置かれている濾過バクテリアは、アンモニア硝化菌のみになります。
アンモニア硝化菌と亜硝酸硝化菌の両方をパッケージした製品は、冷蔵保存され使用期限も短く、価格も非常に高価です。

私のところの実験では、バクテリア剤を使用すると平均で3日間ほど、早く立ち上がるだけの効果でした。

=日数=
バクテリア剤無し・・・・平均21日。
バクテリア剤有り・・・・平均18日。

=別効果=
立ち上がる日数以外では、バクテリア剤を投入すると一時的にアンモニア濃度が下がる効果があります。

> こういうバクテリア液は、手軽である反面、何かデメリットなどはあるのでしょうか?
・デメリットはありません。
市販のバクテリア剤は、上手に使えば、それなりにメリットも望める製品だと思います。
生体飼育後、5日目あたりからアンモニアが発生してきます。
この頃に市販のバクテリア剤を適宜、使用すると、、、
使用した菌は、ほとんど定着するわけではありませんが、アンモニア濃度を低位に抑えることが可能で、生体にとって安全な飼育環境を提供出来ます。
だから、30cm12L水槽にイキナリ、ネオンテトラを10匹とか飼育する、初めてのアクアリストの方などには、それなりの効果があると思います。
ただ、市販のバクテリア剤は、継続して長期間使用し続ける必要は無い製品だと思います。

濾過バクテリアとは何物か?
が、分かれば答えも、自ずと導き出されます。
濾過バクテリアは、枯草菌など腐敗菌類の仲間。
彼らの役割は、有機物を分解し無機物化。

マグロの刺身を、雨風当たる庭に放置すれば、直ぐに傷んで、、、
腐敗臭(アンモニア)が発生して、、、
ドス黒くドロドロになり、、、
最後は、カラカラに乾いて、ほぼ無機物と化します。

濾過バクテリアなどの腐敗菌類は、地球上の、ほぼ全ての場所に生息する細菌類。
バクテリア剤など使用しなくても、マグロは確実に腐って消えて行く・・・こ...続きを読む

Q金魚の目が白濁してます・・・

一つの水槽で和金とコメットを飼っています。

7年ほど飼っているコメットの右目が、一ヶ月ほど前から白くブヨブヨした何かに覆われてしまっています。
これは何の病気で、どう治療すればいいのでしょうか?
また、元々その目は瞳の部分が銀色っぽく、正常な目とは少し異なっていましたが、今回の目の白濁と何か関係があるのでしょうか?

また、つい最近、和金の方も片目の透明な膜が白く濁ってきました。
病気が伝染してしまったのでしょうか?

まとまりのない内容で申し訳ありませんが、回答をお願いします。

Aベストアンサー

恐らく「白濁眼」の可能性が高い。

白濁眼は、眼球表皮に細菌類が感染する病気です。
感染した細菌類を魚の免疫細胞が排除するために、白濁した大きな腫瘍が出来る病気です。
多くの場合、今後、眼球表皮が大きく出っ張ってきます。

原因は飼育環境の悪化。
・飼育水の汚れ。
・水温の急変。
・pHの低下。
一言で言うならば、水の汚れが主たる原因です。
今後は、マメな水替えと底砂掃除を行いましょう。
ただ、7年間も飼育しているとのお話。
毎日、水槽へ投入する餌は、細菌類に分解され最後の最後は酸性の滓になります。
この滓は、底砂の中に溜まります。
この水槽には、酸化物質が大量に底砂に溜まっているハズ。
金魚は、中性~弱アルカリ性を好むため、低pHでは調子を落とします。
そろそろ、底砂を交換する時期だと思います。
交換する底砂は金魚用と書かれたモノをオススメします。

白濁眼は、即、死に直結する病気ではありません。
通常、飼育環境を改善すれば、積極的な薬剤治療を行わなくても自然治癒します。
ですが、白濁度合いが進行し、デメキンのように大きく眼球が飛び出すと、何かに眼球をぶつけて、眼球を失う危険性があります。
眼球が真っ白に白濁し、腫瘍が大きくなる場合は、積極的な薬剤治療をオススメします。

白濁眼治療の今後の経過は、、、
・腫瘍が小さければ、長くても一ヶ月ほどで、白濁が改善し腫瘍も小さくなってきます。
・腫瘍が大きい場合、より一層白濁度合いを増し、場合によっては腫瘍が大きく出目金のようになることもありますが、二ヶ月程度で、ある日、突然、ボロッと白濁した主要部分が落ちて、中から正常な眼が現れ完治します。

白濁眼の薬剤治療は、
金魚のような塩耐性魚の場合は、0.5%塩水とオキソリン酸製剤による薬浴を一週間ほど行います。
オキソリン酸は濾過バクテリアや水草に被害の少ない薬剤ですから、直接本水槽で薬浴可能です。
白濁眼の魚が弱っていて食欲が無い場合、他の魚に虐められる可能性があるため隔離水槽で治療します。
治療完了後の水替えは、治療完了直後、7日目、10日目に水替え1/2を行い、薬剤と塩分を希釈すれば薬浴は完了です。

オキソリン酸製剤は、次の2種類です。
「グリーンFゴールドリキッド」
「パラザンD」

あまり良い写真がありませんが、下記を参照
http://www.kinhito.com/beginner/tosa07-2.html

注意
今後、飛び出した眼球の付け根に「血管の浮きだしや充血」が認められた場合は、「ポップアイ」別の病気です。
ポップアイはエロモナス菌が原因で、悪性の病気。
薬剤による積極的な治療が必要です。
ポップアイの薬剤、治療方法も、白濁眼と同様です。

恐らく「白濁眼」の可能性が高い。

白濁眼は、眼球表皮に細菌類が感染する病気です。
感染した細菌類を魚の免疫細胞が排除するために、白濁した大きな腫瘍が出来る病気です。
多くの場合、今後、眼球表皮が大きく出っ張ってきます。

原因は飼育環境の悪化。
・飼育水の汚れ。
・水温の急変。
・pHの低下。
一言で言うならば、水の汚れが主たる原因です。
今後は、マメな水替えと底砂掃除を行いましょう。
ただ、7年間も飼育しているとのお話。
毎日、水槽へ投入する餌は、細菌類に分解され最後の最後は酸性の...続きを読む

Q遊びで小魚をつります。 エサは?

キャンプ場などの川で小魚取りをしてますがすぐ横をすいすい逃げていってしまいます。 いちばん深いところでも30から40センチくらいで川幅も2メートル程度、大半が10センチくらいの深さのところで、子供が小枝に糸をつける程度の釣り遊びをしたいのですがエサとかコツがありますか。魚も大きいのでも7.8センチ、大半が3センチくらいまでのものです。

Aベストアンサー

そこまで小さいと、釣るのはチト難しいかと。

私も小さいコロ、川で良く遊びましたが
その手の小さいやつは、網ですくうのみでした。

あと良くやったのが、川の中の大きな石をハンマーで殴る方法。
石の下に隠れてる魚が、ショックで気絶します。
浮いてくるところを捕まえてましたが・・・大人に怒られてましたね(苦笑


人気Q&Aランキング