今朝配信されました小泉メルマガで、竹中大臣は『「物価が下がるのは良いことだ」と言う時、自然に一つのことを前提にしているのではないでしょうか。「自分の給料が変わらなければ・・・・・」』という趣旨の発言をしておりますが、インフレになって(給料が上がることが前提の上で)物価がさらに上昇すれば、日本の国際競争力はさらに低下するのではないでしょうか?

 やはり今のデフレは、「自然なデフレ」ですから、デフレが進み給与も下がり、国際競争力をつけることが、真の日本再生への道ではないかと思うのですが、如何でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

デフレの原因のひとつに、人がモノを買わなくなったという


意見があります。モノが売れないから企業は値段を下げますが、
売上から利益を残して給料が支給される訳ですから、
売上がおちた企業では、賃下げも当然の現象となるでしょうね。
実はモノが売れない原因は他にもあります。それは日本人の人口の
減少傾向です。日本の人口が増えないと国内市場も増えないからです。
今後も日本国内の市場規模は、どの業種でも人口の減り方に応じて縮小
すると思います。そうなると今後の日本では緩やかなデフレ経済が
これからず~と定着するのではないでしょうか。
モノの値段が下がる理由は人口減少傾向による日本市場の縮小化が、
これからもず~と継続するからです。
今のデフレの原因には10年つづくバブルの爪痕でありますが、
日本が抱えるもっと大きな問題は、この人口問題による
経済の縮小化ではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 コメント有り難うございました。

 そうなんですよね。私もこのような人口減少などの結果として、自然な流れの中でデフレになっていったと思うんですよね。
 人口減少、そして中国の驚異(日本の賃金の1/30)などがあると思うのですよね。
 東西冷戦終了後、東側諸国より安い製品が日本に流入してきたため、その製品に対抗するには、日本の国内産業も価格を下げざるを得なかったのですよね。
 最近では、ユニクロの影響などがその代表ですよね。

 ですから対外戦略でうまく成功した「トヨタ」は、「賃上げ」ということが可能なんですよね。

 自然なデフレに対して、人為的なインフレ目標という戦略は、いつかバブル崩壊のような大きな歪みを生じるのではないかと心配でたまらないのです。

 また良いアドバイスあったら、よろしくお願いいたします。

お礼日時:2002/03/10 06:48

ただの意見です。



100円で作ってたものを500円で売るのが今までだったとしましょう。
その400円の中で人件費や次の商品の為の開発費などを捻出していたとします。
それが300円で売らなくてはならなくなったとき会社側はどうすればいいのでしょう。  200円で今までのすべてを捻出できればまだいいですが出来なかったとき・・・   人件費やら「無駄」なものが省かれると思います。  ボーナスカットとか。   
実際今までの年収なのに月に買えるものが二倍になるって言うのは変だとは思いませんか?  当然物価にあわせて年収も減ってくると思います。

極論で言えばいつの時代も一ヶ月の給料で買えるコーラは100本なら100本であるのが普通ということです。  日本の経済=企業の体力=人々の生活力が普通ではないでしょうか?

それでも問題は国内でコーラが100本買えるお金をもらっててもそれは「デフレ」が起こってる社会の中の話であって海外に出たら100円は100円なんだということが現実です

例を出せばアルゼンチンを想像してください。
あそこの通貨が世界中に認められなくなって価値が落ちてしまっても私たちが旅行に行ったとしたら同じ100円で1.5倍の商品が買えるのです。  逆を言えば彼らが日本にきたら100円のものを買うのに150円出す「気分」になってしまうということです

子供みたいな意見ですいません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 コメント有り難うございました。

 物価と年収って、現実には必ずしも一致しませんよね。
 一例として、トヨタは今年の春闘で、6000円台後半のベースアップを検討していると、昨日か一昨日の朝日新聞に出ていました。

 ですから、物価が下がって給与は増える企業の方も当然いるわけですよね。トヨタの社員にとっては、デフレは歓迎すべき状況なのではと思いますが・・。

お礼日時:2002/03/08 13:30

恒久的なデフレは国際競争力の低下につながると思います。


現在、世界において環境面で優秀は車種は日本車が上位を独占しています。
なぜか?理由は各社ともバブル景気時代に基礎研究に対して膨大な投資を
行ったからです。結果としてはデフレとなり投資は負債となり日本国内では
青色吐息になってしまいましが、しかし、ヨーロッパやアメリカにちゃんとした拠点を
築いていた企業は現地では絶好調です。

元々、基礎研究に対する認識も日本と欧米では異なります。
日本の基礎研究の場合、一人の実力者が中心に長期的な展望にたった研究が進められます。
研究者自身も企業にいながら学術研究を意識しているのも事実です。
一方で、欧米はプロジェクトを組んで組織で大量の研究者で研究を進めます。
そして短期的な目標を定めて、達成できなければ解散という流れです。
つまり、日本においては研究者とは独立した研究を行えるものという認識があり
欧米では単年契約のポスドクを集中雇用という頭脳を司る研究者と手足となる研究者が
それぞれ地位があるという認識です。博士号を持った研究者を積極的に採用する欧米と、
大学院でも修士卒程度を採用する日本との差ですね。

これを如実に表しているのが製薬業です。現在は多少ポスドク制度が浸透してきましたが
それでも手足となる研究者の絶対数が少なく、日本企業の主戦はほとんどが漢方薬を
中心とした栄養ドリンクです。で、肝心の薬品はというと海外で開発された薬品の
国内ライセンスを修得して生産している現状です。

欧米のように短期間の基礎研究に集中投資する考えがあればデフレもインフレも
大きな影響はないと思います。しかし、日本においては基礎研究は長期的な展望を基に
進められるので経営者は投資という借金の積み重ねを強いられます。長期的な借金ほど
物価の影響を受けやすいのでデフレ状態では基礎研究に新規投資ができなくなります。
研究者や博士卒の院生は国内に就職先がないので欧米へ頭脳流出し、結果、
日本の国際競争力は増々低下します。

なんか、アメリカへ行くというと欧米偏重のように思われるんですが、
院生はできれば国内で就職したいんです。でも、企業には採用枠がなかったり、
博士卒も修士卒も同じ院卒として扱われ条件が悪かったりと、結局、アメリカしか
まともに採用してくれないという状態にあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 『デフレ状態では基礎研究に新規投資ができなくなります』:デフレの持つマイナス面が良く理解できました。

 ただ、物価も給与も継続的に右肩上がりが続いていけば、結局はバブルがはじけたように、国際競争力の低下から、構造改革が必要になるように感じるのですが・・・。

 コメント誠に有り難うございました。

お礼日時:2002/03/07 12:36

なぜ今デフレが問題なのかというと物価が下がる前の借金が返せないからです。

デフレになると当然企業の利益という物も少なくなりますが今すでにある借金の額はデフレであろうとなかろうと減ったり増えたりしないからです(感覚的には変わりますが)。このために銀行の不良債権が減らずに銀行が苦しんでいます(逆に増えている)。デフレを解消するために物価を上昇させようと言うのもすべては企業の業績を上げ、これによる不良債権の増加に歯止めをかけるためです。
 不良債権を抜きにした場合での「自然なデフレ」は歓迎されるかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 過日の金融危機に続きコメントいただき、誠に有り難うございます。

 『物価が下がって、債権が膨らんでいる』現状はそれなりに理解しているつもりです(5日付の朝日新聞も、相当紙面を割いて解説しておりましたし・・・)。

 ただ、そうして物価上昇(&税金注入)という痛みを消費者に背負わせてまで救済しても、決して企業の国際競争力の強化(=真の景気回復)には結びつかないのでは・・と考えてしまうのですが・・・。

 IYバンク(=消費者サイドにたった銀行として、巨大な銀行になるという噂ですね)の、一人勝ちになるのでしょうかね。

 有り難うございました。
 今後ともよろしくお願いいたします。

お礼日時:2002/03/07 09:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今回の日銀の追加緩和って完全に財政ファイナンス?

日銀は10月31日、追加緩和を決定し国債買い入れ量を年間30兆円増やすことを決定した。これまでは財務省発行の国債の7割の額に相当する国債を日銀が市中から買っていた。これからは10割買うことになる。財務省発行の国債と同額の国債を買い続けるということは、事実上の日銀国債引受だし、財政ファイナンスそのものではないでしょうか。これならいくら政府が国債を増発しても売れ残る心配はありませんね。

ところで、財政ファイナンスをすれば、国債が暴落しハイパーインフレになると主張していた馬鹿なエコノミストがいました。この日銀の発表で国債は暴落するどころか、価格は上昇しました。10年物の国債の金利は前日比0.020%低い0.45%に低下しました。ハイパーインフレになるどころか、物価上昇率は1%を割り込む寸前にまで下がってきました。

財政ファイナンスで国債の信認が失われ、国債が暴落し、ハイパーインフレになると主張していた馬鹿なエコノミストの主張は完璧に否定されたと思いませんか。

Aベストアンサー

> 財政ファイナンスで国債の信認が失われ、国債が暴落し、ハイパーインフレ
> になると主張していた馬鹿なエコノミストの主張は完璧に否定されたと思い
> ませんか。

しかし黒田くんもその一人なのよ。

Q何で国際競争力を競わせる競争に必死になるの?

正直言って、ニュージーランドや、中国の、国際競争力(国際企業が楽に金儲けできる国ランキング)に 日本人まで付き合わなければいけないのでしょう?

日本は確かにそういった国に行って利益を上げていますが、莫大なるODA等の負担も負っています。本当は もともとアメリカへの協力だけで精一杯です。

なのに財官学全てにおいて 対抗する手立てや 連携を模索するではなく一方的に盲従してダボス体制の優等生になろうとして ユーロ企業の餌狩場に日本をしようとしているのが 不思議でなりません

それがかえって 著しく国力を消耗させている原因のように思えてなりません。

まるっきり対抗する手段がない上に 逆らえないのでしょうか?

Aベストアンサー

日本は燃料にしても、食料にしても輸入に頼っている国です。日本が外国からこれらのものを輸入するには、日本からなんらかの商品を輸出して外貨を稼がないといけません。

80年代のアメリカとの貿易摩擦や、昨年のリーマンショック以後の保護貿易の潮流など、輸出しなくては国内経済を維持できない日本にとっては、魅力的な商品を販売するだけでなく、その経済パワーを使って世界の安定にコミットしている、という実績が必要になります。
また通常は国力や発言力の後ろ盾となる軍事力も日本は有していませんので(有しているが専守防衛)、他国に比べてPKOやPKFなどに参加するのも難しく、ますます経済的な「大国」の地位を維持する必要があります。


日本の国際競争力が落ちるということは、やがて輸出力が落ちるということです。ドルもどうなるか分かりませんが、1ドル=300円程度の1960年代の水準に戻ることになるとすれば、今の生活は維持できません。
バブル崩壊もあって、この20年豊かになったような実感は少ないでしょうが、携帯電話が普及し、パソコンやFAXが家庭に1台あり、インターネットもダイアルアップからADSL、そして今光回線に変わるような急激な変化は、国力のある日本だからできるのです。

また今、日本が上位につけていても中国などの新興国の追い上げがものすごいですから、安閑としているうちに競争力が落ちてしまいます。

日本は燃料にしても、食料にしても輸入に頼っている国です。日本が外国からこれらのものを輸入するには、日本からなんらかの商品を輸出して外貨を稼がないといけません。

80年代のアメリカとの貿易摩擦や、昨年のリーマンショック以後の保護貿易の潮流など、輸出しなくては国内経済を維持できない日本にとっては、魅力的な商品を販売するだけでなく、その経済パワーを使って世界の安定にコミットしている、という実績が必要になります。
また通常は国力や発言力の後ろ盾となる軍事力も日本は有していませんの...続きを読む

Qデフレとデフレスパイラル?

最近、経済がデフレの方向に進んでいるという話を良く聞きますが、
デフレとデフレスパイラルって何が違うのでしょうか?
あと、デフレの反対はインフレですが、
デフレスパイラルの反対ってあるのでしょうか?

Aベストアンサー

 デフレとデフレスパイラルの違いについては、既に回答がなされているので省略します。
 デフレスパイラルの反対には、インフレスパイラルというのがあります。週刊ダイヤモンド1月号別冊「めちゃくちゃわかるよ!日本経済入門」によると、「物の値段が上がる」→「買い急ぎが起こる」→「品不足になる」→「さらに買い急ぎが起こる」→「値段が上がる」という現象だそうです。デフレスパイラルの全く逆ですね。

Q物価とインフレ、デフレについて

物価が上昇するのはインフレーションですが、今はデフレーションなので金融緩和を行ってインフレーションに導いているのですか?

1.それでは、ハイパーインフレとは何ですか?(物価が上がりすぎて通貨の使用に困難が生じるという様に捉えていますが、合っていますか?)

2.デフレになると円の価値は上がるんですよね、という事はドルの価値が下がるということですか?(ドルの価値が下がるということは、アメリカでインフレーションが起きているという事になりますか?)

3.いまいち、理解が出来ていないんですが
これらを解説してくれている様な入門用の本のオススメなどありませんか?

経済にあまりに疎いので変な記述があると思いますが、
ご紹介していただけると幸いです。

Aベストアンサー

多分、社会科の授業で習ったと思いますが、需要と供給の関係はご存知でしょうか?
経済の諸問題はお金の動きにウェイトを置くと、よく分かるようになります。

インフレとは貨幣の供給が過剰になる、つまりお金が余り気味になっている状態です。
みんながお金を持っているから、だまっていてもポンと出します。
当然、商売する側は今がチャンスとばかりに一斉に値上げに走ります。

逆にハイパーインフレは通貨の制御が利かなくなった状態で、どんどん紙幣が発行されます。
ハイパーインフレは好景気からでも不景気からでも発生しますが、
国民が通貨を信用していないということなので、不景気からの局面の方が多いですね。

今の日本は供給側は世界屈指で十分な量があります。
つまり、本来はインフレ傾向で好景気になっていないといけません。
ところが、金融恐慌で米国の余波を受け、日本人全体が不況だと思いこんでいます。
このためお金が十分あっても動いていません。お金が動かなくなった状態がデフレです。
日本の現在の不況はバランスシート型の不況といわれ、珍しい現象です。

為替に関しては自分の国がデフレだから相手はインフレになるとか、
当然そんな理論では動きません。

単純にいえば国の総合的な力関係と思えばいいでしょう。
自国の経済が相手国より強ければ、相手国通貨に対して高くなります。

なぜ、円高になるのか。それはその局面によって分析が異なります。
中には1985年当時のように先進国が合意して強制的に円高に向かわせたケースもあります。
そのときも日本製品が強すぎて、アメリカが悲鳴を上げたという背景があります。

今の円高もアメリカのバブルがはじけて日本の力が相対的に強くなっています。

多分、社会科の授業で習ったと思いますが、需要と供給の関係はご存知でしょうか?
経済の諸問題はお金の動きにウェイトを置くと、よく分かるようになります。

インフレとは貨幣の供給が過剰になる、つまりお金が余り気味になっている状態です。
みんながお金を持っているから、だまっていてもポンと出します。
当然、商売する側は今がチャンスとばかりに一斉に値上げに走ります。

逆にハイパーインフレは通貨の制御が利かなくなった状態で、どんどん紙幣が発行されます。
ハイパーインフレは好景気から...続きを読む

Q【デフレ】日本はデフレって言われてますよね?円安ってインフレでは?どういうことでしょう?日本はデ

【デフレ】日本はデフレって言われてますよね?円安ってインフレでは?どういうことでしょう?

日本はデフレって言いますけど、インフレ??

Aベストアンサー

円安というより、ドル高。対米貿易の一部のみ、影響がありますが、日本国内のデフレ、インフレと連動してるわけではありません。

値段が上がってる品もあれば、下がってる品もあります。
完全なインフレやデフレではなく、あえていえば、物価が不安定、でしょう。

Q今日から値上げ・値上げ…。日本はデフレで、物価は上昇していないって本当?

今日(6月1日)から、生活関連の商品やサービスが値上げされました。
郵便料金(はがき)、電気・ガス料金(5か月連続)、バター、ビールなどの酒類、自動車用タイヤ…。
(電力会社の株価は、原発を再稼働させた関西電力や九州電力を中心に、軒並み大きく上昇。儲かるのですねぇ)

あっ 6月からではありませんが、4月から年金の保険料(納める額)は増え、給付額(受け取れる額)は減りました。このサイトでも、嘆き?の質問が投稿されています。

庶民は、生活が苦しくなる一方なのですが…。

一方政府・日銀は、「デフレからの脱却」とかで、世の中に出回る「お金」の量が増える“マイナス金利政策”まで動員して、もっと物価を上げようとしています。

<質問>

[1] 日本の物価は、上昇しているのですか、それほど上昇していないのですか。
   電気・ガス料金が5か月連続値上げされても、例えば、テレビの小売価格が下がったので、統計上は物価はあまり上昇していないとか…。

[2] 物価に関して、生活の実感と、日銀の現状認識との差は、どうして生まれるのでしょうか。

今日(6月1日)から、生活関連の商品やサービスが値上げされました。
郵便料金(はがき)、電気・ガス料金(5か月連続)、バター、ビールなどの酒類、自動車用タイヤ…。
(電力会社の株価は、原発を再稼働させた関西電力や九州電力を中心に、軒並み大きく上昇。儲かるのですねぇ)

あっ 6月からではありませんが、4月から年金の保険料(納める額)は増え、給付額(受け取れる額)は減りました。このサイトでも、嘆き?の質問が投稿されています。

庶民は、生活が苦しくなる一方なのですが…。

一方政府...続きを読む

Aベストアンサー

http://www.garbagenews.net/archives/2064125.html

こちらを信じると、ほぼ25年ほとんど物価は上がっていません。
私は働きだして35年になりますが、実感としてそう思います。
1970年代から1990年代まではそれこそ何でもかんでも値上がりしていきましたが、もちろん収入もその分増えていました。
タバコ代くらいかな?本当に値上げを感じるのは(笑)

すごくピンポイントの話ですが映画代などはめちゃくちゃ安くなっていますね。
20年ほど前まではレディスデーやメンズデー、毎月一日やTOHOなら14日MOVIXなら20日などの1100円の日などはありませんでしたし、
千円で観られたのは年に一度の12月1日「映画の日」しかなかったですし。
今は売れなくなったCDも30年前に出始めた時からほとんど値段は上がっていません。
DVDやBlu-rayなどもハントしすぎれば廉価版が出て1000円1500円ほどで買えますし。

住宅も30年前のほうが今より5割高かったです(笑)
日経平均株価も最高値をつけたのは1989年12月29日で終値38915.87円でした。
現在はいくらでしょうか?(笑)2万円切ってますよね?

http://www.garbagenews.net/archives/2064125.html

こちらを信じると、ほぼ25年ほとんど物価は上がっていません。
私は働きだして35年になりますが、実感としてそう思います。
1970年代から1990年代まではそれこそ何でもかんでも値上がりしていきましたが、もちろん収入もその分増えていました。
タバコ代くらいかな?本当に値上げを感じるのは(笑)

すごくピンポイントの話ですが映画代などはめちゃくちゃ安くなっていますね。
20年ほど前まではレディスデーやメンズデー、毎月一日やTOHOなら14日MOVIXなら20...続きを読む

Qデフレについて、

誰か教えてください。
今、世の中でデフレ、デフレと騒いでますが、一体いつまでデフレが続くと思いますか?また、デフレの打開策はないのでしょうか?
あと、アメリカがイラクとの戦争によってデフレが解消したりしますか?
すみませんが、教えてください。

Aベストアンサー

 残念ながら、デフレの出口は見えていません。当分続くでしょう。昨日聞いたセミナーではあと10年は続くと言っていました。
 アメリカとイラクの戦争がはじまっても多分解決しません。戦争特需による上げ要因よりも将来不安による下げ要因の方が多分大きいでしょう。原油の値上がりにより物価上昇はあるかもしれませんが、そういうのって「デフレ解消」って呼べるのか疑問です。
 デフレ解消への必殺技はいくつか学者や関係者の間で提言されています。
1.円安にする
 輸入品が値上がりするので物価が上がる。また、輸出産業の競争力もあがる。でも、確実に円安にする方法がわからない。
2.毎年消費税を1%づつ上げる。
 消費税が1%上がると物価が1%上がる。しかも毎年駆け込み需要が見込める。ただ、政府の支持率が下がるので総理大臣はやりたがらない。私もやって欲しくない。

まあ、ここで質問しても本当にいい回答は得られないですよ。もしそんなのがあったらとっくに政府はやってます。

Qデフレについて教えてください。今、デフレが騒がれています。よくデフレ解

デフレについて教えてください。今、デフレが騒がれています。よくデフレ解消のためにお札をたくさん発行すればよいという解決策が言われますが、なぜ政府はそのように(お札の大量発行)をしないのでしょうか?理由を教えてください。

Aベストアンサー

 単に通貨を大量発行しても日銀の口座に滞留するだけです。
日銀はゼロ金利政策に続いて量的緩和といって、一般の銀行の日銀当座預金にお金を振り込みましたが資金需要がなかったためそのまま口座に塩漬けとなり市場には出回りませんでした。政策としては、通貨発行のほかに流通させる方法も必要です。

 お札をたくさん発行すればよいという場合にはそのお金を流通させるため次の2つのどちらかの方法が考えられます。

(1) お金を国民に配る
 定額給付金や子供手当てのようなものです。でも、預金や借金返済に回ると消費が増えずデフレ解消に役立ちません。預金が増えればさらに通貨が減ってデフレになります。これを俗にヘリコプターマネーといいますが、全額消費に回らないのが玉にキズです。

(2) 政府が使う
 ずばり公共事業です。今まで必死になって削減してきたのでこれを増やすには反対が強いでしょうね。

結論は、発行したお金を預金しないで使わないとデフレ対策にならないです。

Qデフレの原因について

デフレの原因というのは細かく言えばいろいろありますが、主に以下の2つが議論されていると思います。
- 単純に需要そのものがないこと(デフレギャップ:技術革新がないので新しいものが出ないとか、みんな欲しいものは買っちゃったとか、人口動態上、人口が減り始めたとか)
- 収入が下がっているから使うお金がない(デフレスパイラル:お金がないので安いものを買う)


(1)そもそもデフレの原因はデフレギャップではないのでしょうか?
デフレスパイラルが原因なのでしょうか?

最近は企業に対してデフレ脱却のために内部留保をやめて給料を上げろという話がよくきかれますが、給料上げてもデフレが止まるとは思えないのですが。


(2)そもそも名目の給与総額が減ったからと言って、デフレになるものでしょうか?

デフレの原因は名目賃金の低下であるという主張があります。どうも正しいとは思えません。
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51838762.html

まず、名目賃金が下がろうが上がろうが誰だって同じものなら安いものがいいに決まっているので安いものを買うと思います。名目賃金が下がったらデフレになるとも思いません。名目賃金が下がらずとも、企業が努力して値段を下げたらデフレになると思います。

むしろ名目賃金が下がったら、今まで買っていたものの数量を減らすと思います。商品単価が下がるのではなく、数量が減ると思います。

デフレの原因というのは細かく言えばいろいろありますが、主に以下の2つが議論されていると思います。
- 単純に需要そのものがないこと(デフレギャップ:技術革新がないので新しいものが出ないとか、みんな欲しいものは買っちゃったとか、人口動態上、人口が減り始めたとか)
- 収入が下がっているから使うお金がない(デフレスパイラル:お金がないので安いものを買う)


(1)そもそもデフレの原因はデフレギャップではないのでしょうか?
デフレスパイラルが原因なのでしょうか?

最近は企業に対してデフレ脱却の...続きを読む

Aベストアンサー

> (1)そもそもデフレの原因はデフレギャップではないのでしょうか?
> デフレスパイラルが原因なのでしょうか?

インフレ・デフレという、物価がどのように決まるのかについては、実は経済学の最先端でも未だに良く分からないことが多いのが現状です。
それでも、いくつかのことは既に分かっています。
その根幹としては、簡単に言えば、沢山ものがあれば物価は下がり、逆にものが少なければ物価が上がる、という点です。

バブル崩壊後、いわゆる過剰生産設備の問題(要するに1000個作る能力があるのに必要なのは実は500個だったら物価は下がるよね、という話)などいくつかの原因によりデフレギャップが生じており、これが日本のデフレの原因である、ということがよく指摘されています。
ただし、このデフレギャップは潜在供給と実際の需要の差ですが、潜在供給を測定できないため、デフレギャップも測定できません。潜在供給を「このくらい」という仮定の下で計算して求めます。したがって、日本くらい大きければ別ですが、デフレギャップが比較的小さい国では仮定を少しいじるだけでデフレギャップが大きくも小さくもなります。

デフレになると投資や消費が冷え込みます。
すると、デフレギャップはますます大きくなりますから、デフレ傾向はますます強くなります。これがデフレスパイラルと呼ばれるものです。つまりデフレスパイラルとは、放っておくとデフレギャップを高止まりさせてしまうメカニズムです。


> 最近は企業に対してデフレ脱却のために内部留保をやめて給料を上げろという話がよくきかれますが、給料上げてもデフレが止まるとは思えないのですが。

と言っている人たちは、内部留保というものが何物かを知らないか、知っていてミスリーディングさせるようなことを言っているのです。
内部留保は資本の一部であり、利益のうち税にも配当にもならなかった部分です。普通は設備投資などの投資に使われており、企業内部の貯金ではありません。


> (2)そもそも名目の給与総額が減ったからと言って、デフレになるものでしょうか?

それ以前に、とても不思議な事実を指摘しましょう。給与総額が下がっているとして、GDPの家計の消費支出はほぼ横ばいで、家計の持つ資産はリーマンショックまで増加し続けています。
給料が減っていて、同じだけ消費しているのに、貯金が増えている、と言っているわけです。実に奇妙だと思いませんか?

給与総額が減っている原因は、単に高給のいわゆる団塊の世代が抜けていることが大きな原因を占めています。これに加えて、いわゆる就職氷河期以降の世代の給与が上がらないことも原因としては上げられます。
更に、この団塊の世代は退職後にいわゆるシルバー人材等で非正規雇用として働いているため、非正規雇用人口を押し上げ、平均給与を押し下げています。例えば過去15年間の非正規雇用増加の約半分は、60代以降です。

カラクリとしては、年金など非給与の所得が存在するためです。特に年金は年々その額を増し、現在は50兆円(GDPの10%)を超えています。この増加を無視しているため、上記のような不思議なことが起こっているわけです。


勿論、名目の給与総額が減ってデフレになることはあり得ます。デフレギャップは潜在供給と需要の差ですが、給与総額が減った場合には需要が減るためです。
問題は、日本で妥当なのか? という点です。
妥当だとすれば、給与削減→需要減→デフレ、となっているはずです。しかしながら日本の家計消費はほぼ横ばいであり、需要減が起こっていないということが分かります。
したがって、妥当ではない、ということになります。

> (1)そもそもデフレの原因はデフレギャップではないのでしょうか?
> デフレスパイラルが原因なのでしょうか?

インフレ・デフレという、物価がどのように決まるのかについては、実は経済学の最先端でも未だに良く分からないことが多いのが現状です。
それでも、いくつかのことは既に分かっています。
その根幹としては、簡単に言えば、沢山ものがあれば物価は下がり、逆にものが少なければ物価が上がる、という点です。

バブル崩壊後、いわゆる過剰生産設備の問題(要するに1000個作る能力があるのに必要なの...続きを読む

Qデフレって上がりすぎた物価と増えすぎた人口が要因?

日本がここ数年、インフレになってなかったといっても
元の値段や人件費があがりすぎ
1970年頃からあがりまくり
人件費も同様に
さらに団塊ジュニアのせいで人口増えすぎ。

その歪みで人件費や商品価格の抑制、人口の抑制が自然の摂理で起きたとも思えますが。

1980年頃は大卒の初任給は9万程度で10万もなかった高卒が85000円程度。
しかし今は大卒の初任給は約20万でたった30年で倍以上で11万も増えた
こういう背景から企業はどんどん海外に工場をうつしていった。
アジアという所はにてるのか中国がまさにこの状態で
どんどん採用の中国人離れが進んでいる。
人口にしても、戦後はまだ1億もいなかったのが
こちらもたった40年程度で3000万も3500万も増えて
1,28億と増えすぎた。

どちらも、このまま増えすぎたらもっとやばかったのではないでしょうか。
たった30年で11万ふえてる状況がつづけば
2040年に大卒の初任給は30万超え、海外で雇えば10万以下で雇えるし
人口もたった40年で3000万もふえてたら、今でも多すぎなのに
1億6000万、むしろ、どちらもこのまま増え続けていた方が害が大きかったと思う。

日本がここ数年、インフレになってなかったといっても
元の値段や人件費があがりすぎ
1970年頃からあがりまくり
人件費も同様に
さらに団塊ジュニアのせいで人口増えすぎ。

その歪みで人件費や商品価格の抑制、人口の抑制が自然の摂理で起きたとも思えますが。

1980年頃は大卒の初任給は9万程度で10万もなかった高卒が85000円程度。
しかし今は大卒の初任給は約20万でたった30年で倍以上で11万も増えた
こういう背景から企業はどんどん海外に工場をうつしていった。
アジアという所はにて...続きを読む

Aベストアンサー

> デフレって上がりすぎた物価と増えすぎた人口が要因?

いいえ。2000年代以降の労働生産性の低下が原因です。
給料が上がらないほうではなく、働き手1人当たりの生産額の大幅な低下のほうです。
ご質問にある、物価が上がった時期の日本人の生産性は世界でトップクラスでした。時間当たりではさほどではなくても、どんどんと上がって、1990年代では、長労働時間もあって、先進国でほぼトップ(4位)でした。
その労働生産性も、1990年代に大幅に落ち込み、その後、大きな回復をすることなく、今はOECD参加国中で最下位になっています。

生産性が低ければ、収入も減りますし、自由な時間も減ります。自由な時間が減れば、多くの場合、消費も減ります。

人口や物価が要因なのではなく、人の質的な低下が原因です。人口や物価と人の質は直接は関係ないと思うのですがどう思われます?
1990年代、特に1997年に大きく落ち込み、その後復活できない。。。この時期、アレとアレが普及した時期と重なります。。。


人気Q&Aランキング