忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

子供の頃、山内直美さんの『なんて素敵にジャパネスク』や『ザ・チェンジ』が大好きでした。だけど、いつの間にか単行本も発行されなくなって・・・

ネットで調べたのですが、まったく分かりません。

漫画家をやめちゃったのでしょうか?それとも、他のペンネームで書き続けられてるのでしょうか?

今は何をされてるのか、すごく気になります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「なんて素敵にジャパネスク」の「人妻編」が現在3冊発行されています。



参考URL:http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=07161 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今も漫画家としてがんばってらっしゃるのですね!さっそく探してみますっ☆

ありがとうございました!!

お礼日時:2006/07/29 19:10

いえ、山内直美として<別冊・花とゆめ>とかでジャパネスク人妻編書いてますよ。


かなり不定期ですが、白泉社の花ゆめ系列の雑誌で連載してます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

不定期でも、今も漫画家としてがんばってらっしゃるのですねっ☆

ありがとうございました!!

お礼日時:2006/07/29 19:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなんて素敵にジャパネスクの疑問点

若い頃、なんて素敵にジャパネスクを読んだんですが・・・
朝廷物のため、あんまり理解出来ませんでした。
吉野の君は天皇に対して謀反(今で言うテロ)を起こし、瀕死の重傷を負って死んでしまったのでしょうか?
それとも記憶喪失で何とか助かって、実は生きて再度登場するのでしょうか?

Aベストアンサー

がると申します。
懐かしいですね。って、まだ小説もっておりますが。

以下、ネタばれになりますのでご注意下さい。

いち。
吉野の君は天皇家の血筋を引いています。ただ、権力争いの問題があって、父宮から「お前は自分の子供ではない」と言い放たれます。
その父宮が唯一認めたのが、たかお(漢字忘れた…)です。元東宮で、物語が進むとお上になっている、あの人です。
ここから、吉野の君は「身内を切り捨てる者」に対して大変に敏感な感性を持ちます。

に。
東宮たかおには弟宮がいました。まだまだ若いのですが、一部の権力者たちは、たかおがお上になることを良く思わず、弟宮がお上になることを夢見ています(そのほうが利権上の問題で美味しいので)。
で、まだお若い弟宮は、ぶっちゃけ「いいように」その名を使われてしまいます。謀反人たちの手によって。

さん。
謀反は、概ね最悪のシチュエーションで露見します。
たかお的には「可能な限り密やかに」片付けたかったのですが、いくつかの事情から事実が完全に表側に出てしまいます。
基本的にこの場合「関係者全部死刑」が基本です。

よん。
でもたかお的には「弟宮はなんとか、せめて命だけでも」と思い、出家によって逃がそうと考えます。
出家させて「一切の凡俗の縁(親子関係含む)を切る」ことで、せめても命乞いをしよう、と。
………そうして、それは「もっとも信頼の厚い僧侶」、吉野の君のお寺にて行われます。

らすと。
理屈ではわかっていてなお。「人を愛する目は青く 人を憎む目は赤い」。どこまでも、どこまでも、自分を捨てた父宮を、その父宮に愛され、自らもまた弟宮を切り捨てた東宮たかおを、憎むしかなかった吉野の君。
そんなこんなが、謀反を起こした概ねの理由です。

小説版において、知っているかぎりでは。重症を負って、それでも瑠璃姫の手によって途中まで逃げたこと。
その先に用意した馬はなくなっていたが、吉野の君と思しき人物が逃げた目撃はまったくなかく、生死は不明であること。
までは、書かれているのを知っています。

美吉野に雪は降りつつ。
読むたびに涙が出てしまうこの小説が、とても大好きです。

がると申します。
懐かしいですね。って、まだ小説もっておりますが。

以下、ネタばれになりますのでご注意下さい。

いち。
吉野の君は天皇家の血筋を引いています。ただ、権力争いの問題があって、父宮から「お前は自分の子供ではない」と言い放たれます。
その父宮が唯一認めたのが、たかお(漢字忘れた…)です。元東宮で、物語が進むとお上になっている、あの人です。
ここから、吉野の君は「身内を切り捨てる者」に対して大変に敏感な感性を持ちます。

に。
東宮たかおには弟宮がいました。まだま...続きを読む

Qなんて素敵にジャパネスクってご存知?

1980年代後半から1990年代中盤(位だったかな?)に書かれた氷室冴子さんの小説なんですがご存知でしょうか?
この小説、コミック化されていまして、白泉社さんから山内直実さんが11巻まで出していたと思うのですが、合ってますか?
…で、知りたいのは…
これってどうして11巻…途中までしか出なかったんでしょう?
人気が下降線だったと言うのなら、まぁ…アレですが…(^^;
私、山内直実さんの絵がすご~くスキだったのでとっても残念だったんです。
その後、山内直実さんの作品にもお目にかかれなかったし…
どなたかその辺りの事情をご存知ありませんか…?
随分昔の話だから無理かなぁ…(><)

Aベストアンサー

こんにちは。
『なんて素敵にジャパネスク』のコミックは全巻読んだ事があり、好きな作品です。

途中までしか漫画化されなかった事情は分かりませんが、
その後は、小説のイラスト(挿絵)を描いたりしているようです。

例えば、小野不由美 (著)『緑の我が家 Home, Green Home』 で山内直実さんが挿絵を描かれています。

参考URL:
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062552949/ref=pd_sims_dp__1/249-3486244-8113163



以下のURLで本の表紙が見られます。

参考URL:http://www.enjoy.ne.jp/~kyot/Fuyumi-ono.html


人気Q&Aランキング