好きな映画監督はゴダール(気狂いピエロ、中国女、後期はまだ見てません)レオス・カラックス(全部好き)D・リンチ(イレイザーヘッド、マルホランドドライブ)。好きな映画は去年マリエンバートで、ラジュテ、タクシードライバー、スケアクロウ、ツィゴイネルワイゼンなどです。ヒューマン系は嫌いですが最近観た父帰るは抑制が効きまくってて良かったです。D・ボイル、石井克人が作るスタイリッシュな感じも好きです。最近の邦画では黒沢清のアカルイミライ、青山真治のヘルプレスなど好きです。
こんな趣味の人が好きがりそうな作品教えてください
加えて映画創成期の古典的作品と昔のやくざ映画について教えてください。
要求が多いですがお気軽にお答えください。

A 回答 (8件)

お好きな映画がツウっぽいラインナップで緊張しますが・・・



古典作品からいくと・・
◇ドライヤーの「吸血鬼」(32年仏)
かっこいい映像とはこのことさ。
白黒がきいてます。
◇ヴィゴの「アタラント号」(34年仏)
すばらしい映像とはこの映画。
◇ブレッソンの「ラルジャン」(83年スイス)
ブレッソンはお好き?
◇「まぼろしの市街戦」(67年伊)
好きすぎて言葉なくす。
◇「ラ・パロマ」(74年スイス)
なんか「ツィゴイネルワイゼン」っぽい。

すこうし新しければ
◇「紅夢」(91年中国)
チャン・イーモウもかっこいい。
◇「シティ・オブ・ゴッド」(02年ブラジル)
ダークな現実、迫力ありまくり。
◇「ヘドウィグ・アンド・アングリー・インチ」(01年米)
人はみんなかけらをさがしているのさ。

という私は
ゴダールは「中国女」の前まで好き、カラックスは「ボン・ヌフ」の前まで好き、リンチは時々大好き、
「マリエンバード」はいつも寝ちゃうけど好き、といった者です。少し好みは違うと思いますけど、よろしく。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

吸血鬼のカール・テオドール・ドライエルは裁かるるジャンヌの人でしたか、今度、奇跡をシャンテシネで観ようと思います。ジャン・ヴィゴ、新学期・操行ゼロ観たかったんですが見逃しました、とゆうか両監督の作品はツタヤで借りれますか?ツタヤオンラインで調べたらレンタルの在庫無いみたいですが・・・
あとのやつは渋谷ツタヤで安心して借りれそうですね。最近、映画をレンタルでよく観るようになったんで趣向が偏ってて知識はあまりありません。映画館で観たのは最近、文芸座で観たトリュフォーの特集だけですね。

お礼日時:2006/08/01 22:28

>こんな趣味の人が好きがりそうな作品教えてください


「マルホランドドライブ」は最後の方がよくわからなかったのですが、同じく「最後まで見入ってしまう映画」を紹介します↓

『隣人は静かに笑う』マーク・ペリントン監督、ジャンル;スリラー
最初、主人公の家族と隣人の家族は普通の付き合いをするんですが
主人公が隣人のことを不審に思って調べるうちに、隣人の正体が明らかになります。
この映画は最後が衝撃を受けますので、是非見てみてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ラスト衝撃的で後味が悪いそうですね、そうゆう映画、最高です。今度、観てみます。

お礼日時:2006/08/01 21:38

#1です。



ビリー・ワイルダー監督の「サンセット大通り」もお勧めします。
http://www.geocities.co.jp/Hollywood/5710/sunset …
リンチは「サンセット大通り」を意識して「マルホランド・ドライブ」を作ったそうです。
http://www.tcp-ip.or.jp/~iwamatsu/seefilm/50on/m …
http://www.eiga.com/special/mulholland/02.shtml

既に見てらっしゃる場合は、ご容赦ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

サンセット大通りもう観ちゃってます。残念。
狂気みたいなのが描かれててよかったです。S・キューブリックのロリータと通じるものがありましたね。

お礼日時:2006/08/01 21:34

私の好きな映画監督シドニー・ルメットをご紹介します。



彼が監督した作品は
・セルピコ
・狼たちの午後
・オリエント急行殺人事件 などなど佳作が多いですが、その中でも『12人の怒れる男』と『ネットワーク』という2本をpapertigerさんにおススメします。

『12人の怒れる男』は陪審員制度を題材にした名作ドラマです。日本や各国でも舞台で何度も上演されていますし、ウィリアム・フリードキン監督でTV映画としてリメイクされた事もあります。これこそ手に汗握る珠玉の名作です。

『ネットワーク』
TV業界の内幕を描いた屈指の社会派名作です。今まで制作された映画の中でも5本の指に入るであろうオリジナルの脚本をもとに、人間の欲の限界に迫った作品。

papertigerさんのお好きな作品を見ますと、こちらの2本もきっときっと気に入って頂けると思います!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

狼たちの午後、12人の怒れる男は観ました。2作品とも終始部屋に閉じこもってて登場人物が汗だくでしたね。アルパチーノ好きなんでセルピコは観たいですね。ネットワークですか、観てみます。

お礼日時:2006/07/30 03:59

こんにちは



ブライアン・デパルマの「ファントム・オブ・パラダイス」、未見ならぜひご覧下さい。
デ・パルマ作品は他に「アンタッチャブル」「キャリー」などもスタイリッシュのニュアンスは違えど、いい線いくと思いますよ。
あと、ピーター・グリーナウェイやデレク・ジャーマン
の作品なんて如何でしょうか。

その他、スタイリッシュという観点で作品を揚げるなら「タイタス」でしょうか。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00006F1V2/25 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ブライアン・デパルマは敬遠してましたがファントム・オブ・パラダイスのレビュー見たらなんか良さそうでしたね。アンタッチャブル、キャリーはちょっと・・・スタイリッシュて言葉は誤解を招きやすいかもしれませんね。デレク・ジャーマンは大好きです。

お礼日時:2006/07/30 00:43

「アルマゲドン」 - 主演ブルース・ウィルス -


「タイタンズを忘れない」 - 主演デンゼル・ワシントン -
- 製作ジェリー・ブラッカイマー -
↑の人はたくさんいいの作ってますよ。↓をみてくださいね。
http://movie.goo.ne.jp/cast/5591/index.html
あとは、リュック・ベッソンですね。
TAXIシリーズ
キス・オブ・ザ・ドラゴン
トランスポーターシリーズ
この人もいいのがたくさんです。下を見てくださいね。
http://movie.goo.ne.jp/cast/50851/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

的確な回答をありがとうございます。

お礼日時:2006/07/30 00:33

映画創成期の作品に関しては、↓のページも参考になるかと思います。


http://www5f.biglobe.ne.jp/~st_octopus/MOVIE/MOV …

参考URL:http://www5f.biglobe.ne.jp/~st_octopus/MOVIE/MOV …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こうゆうの知りたかったんでありがたいです。どうもありがとうございます。

お礼日時:2006/07/30 00:31

古典的作品から、「カリガリ博士」と


http://www.shokoku.ac.jp/~nakazawa/caligari.html
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B0000844E6/
「アンダルシアの犬」
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00006GJI7/
を、お勧めします。

それと、DVDにはなっていないようですが、ケネス・アンガーの作品も機会があればご覧になってみてください。
http://www.imageforum.co.jp/anger/index.html

全て、前衛的な作品ですが、リンチ的な世界観のルーツとも言えると思います。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
アンダルシアの犬は見ましたが映画というより芸術作品でしたね。シュルレアリズム的なのは大好物です。
カリガリとケネスアンガー絶対観ます。ありがとうございました。

補足日時:2006/07/30 00:21
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q映画監督の「カット!」を英語でどう言うのでしょうか

映画監督が、撮影を止めるときに、日本では「カット!」と言いますが
英語ではどういう表現が使われるのでしょうか?
そのまま「Cut!」と言うのではないと思うのですが
ご存知のかた、お教え下さい。

Aベストアンサー

その通りだと思います。なにか証拠と思いましたが、以下のような英文が見つかりました。

Movies: What is the thing a film director claps when he says "Cut!"?

映画監督がカットというときに鳴らすものはなんですか、という質問の文章が乗っていました。

Q昔の映画「冒険者達」の情報とゴダールの映画の情報

昔の洋画「冒険者達」のタイトルの英語名、監督、主演俳優などを教えて下さい。
またフランスのゴダール監督の映画で「きちがいピエロ」という作品がありますが、その英語名も教えて下さい。そのほかのゴダールのタイトルとその英語名も教えて下さい。

アメリカに留学中の娘が昔のヒッピーに興味を持ち、英語版の映画ビデオを買いたいらしいのですが、タイトルやその英語名がわからなくて、困っています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「冒険者たち」
英語タイトル:The Last Adventure
監督:Robert Enrico
主演:Lino Ventura,Alain Delon,Joanna Shimkus
※現在アメリカでのビデオ発売なし
http://us.imdb.com/Title?0061376

「気狂いピエロ」
英語タイトル:Crazy Pete とか Pierrot Goes Wild というのが当時使われたようですが、原題の"Pierrot le fou"でビデオは流通しているのではないでしょうか。
http://us.imdb.com/Title?0059592
その他では
「勝手にしやがれ」→"Breathless"※リチャード・ギアのと間違えないように。
「女は女である」→"A Woman Is a Woman"
「軽蔑」→"Contempt"
「女と男のいる舗道」→"My Life to Live"
「彼女について私が知っている二、三の事柄」
 →"Two or Three Things I Know About Her"
「恋人のいる時間」→"A MARRIED WOMAN"等々
以下のURLでも確認できます。
http://us.imdb.com/Name?Godard,+Jean-Luc

「冒険者たち」
英語タイトル:The Last Adventure
監督:Robert Enrico
主演:Lino Ventura,Alain Delon,Joanna Shimkus
※現在アメリカでのビデオ発売なし
http://us.imdb.com/Title?0061376

「気狂いピエロ」
英語タイトル:Crazy Pete とか Pierrot Goes Wild というのが当時使われたようですが、原題の"Pierrot le fou"でビデオは流通しているのではないでしょうか。
http://us.imdb.com/Title?0059592
その他では
「勝手にしやがれ」→"Breathless"※リチャード・ギアのと間違えないように。
「女...続きを読む

Q日本人がハリウッドで映画監督になる方法

初めまして。
自分は日本の大学で映画を学んでいる学生です、そして今は休学して1年間ロサンゼルスの近くにあるCSULB〔カリフォルニア州立大学ロングビーチ校〕という大学で英語だけを学びに留学しています。英語は喋れる訳もなく初級からのスタートです。

小さな頃から洋画に惚れて、いつかはハリウッドで映画監督の仕事に就きたいと願って今まできました。
しかし、留学中に何人かのCSULBで映画を学ぶ日本人に会い、話を聞きましたが、彼らが言うにはハリウッドで日本人が映画監督になれる可能性はまずない。なぜならビザの面でもスキルの面でも英話能力という面でも非常に不利であり、そして映画会社に入っても大変だろうということで、もしうまく日本人が映画会社に就職してもハリウッドで監督になるには相当の時間がかかる、とのことでした。
そのあといろいろ調べてもみましたが、基本的に映画の勉強を日本でしているといっても実際に優れた技術があるわけでもないですし、今英語能力が優れてもいません、そんな不利な日本人をわざわざアメリカ映画企業が同じ国の人間を除いて雇うとは考えられないのです。
もし、自分が英語をマスターしたところで、スキルはゼロからだと思います。スキルを習得してから就職となると相当時間がかかりますし、具体的に映画監督という職業の窓口はありません〔色々な方向の職業から監督になる人が多い〕。そこが不安の種になっています。
そこで質問です。

●英語をマスターしたあと、実際に日本人がハリウッドの映画監督になるための方法というのはどんな方法があるのでしょうか?どの方法がベストだと思いますか?


●実際に日本人がハリウッドの映画会社に就職することはそんなに困難なことなのでしょうか?〔映画会社に就職する業種は別にして、一般的に〕ビザの面や契約の面や組合の面や技術の面で。


この1年間の留学もあと数ヶ月で終わりまた日本の大学に戻らなくてはなりません。自分はこの先アメリカで英語を数年間勉強してアメリカの映画会社に就職して映画監督を目指すか、それとも日本で方向性の似た職業でしっかりと働くべきなのか悩んでいます。
どうか皆様のご回答をお待ちしております。

初めまして。
自分は日本の大学で映画を学んでいる学生です、そして今は休学して1年間ロサンゼルスの近くにあるCSULB〔カリフォルニア州立大学ロングビーチ校〕という大学で英語だけを学びに留学しています。英語は喋れる訳もなく初級からのスタートです。

小さな頃から洋画に惚れて、いつかはハリウッドで映画監督の仕事に就きたいと願って今まできました。
しかし、留学中に何人かのCSULBで映画を学ぶ日本人に会い、話を聞きましたが、彼らが言うにはハリウッドで日本人が映画監督になれる可能性はまずな...続きを読む

Aベストアンサー

アメリカの学校は如何でしょうか?英語の方は?
何かこの一年で作品を撮りましたか?せっかくの青い空。
今まで見てきたハリウッド映画のロケーションが山ほど。。。
ロングビーチからだったら車でいける所に有名なロケ地が沢山近くにありますよね?

●(割愛)ハリウッドで日本人が映画監督になれる可能性はまずない。なぜならビザの面でもスキルの面でも英話能力という面でも非常に不利であり、そして映画会社に入っても大変だろうということで、もしうまく日本人が映画会社に就職してもハリウッドで監督になるには相当の時間がかかる、とのことでした。

○可能性がまずない、だけどsuzutomoさんがなっちゃう、としたら
なんとかっこいい人なんだろう!と一人で想像してました。
確かにハリウッド映画の監督ってミュージックビデオやCM業界、ドラマ出身者も目立ちますよね。やはり実績、って事なんでしょうね。suzutomoさんが好きな監督はどういう経緯で監督になられた方でしょうか?映画会社に入社して、その後ハリウッド映画の監督になった方ですか?

●英語をマスターしたあと、実際に日本人がハリウッドの映画監督になるための方法というのはどんな方法があるのでしょうか?どの方法がベストだと思いますか?

○道具を用意できるのであれば撮りたいものをアメリカ、日本に関わらず撮っていけばいいように思います。タランティーノやロドリゲスも映画が好きで好きでたまらない、という事から始まっているようですし。例えば最近で言えば、清水崇監督がサムライミに気に入ってもらってハリウッド映画を。。。やはり実績なんでしょうね。清水監督って英語がからきしだめだった気がしましたが。また「ブレア~」みたいに自主で作った作品でも話題になれば大きなバジェットで続編もつくることもありましたし。suzutomoさんがどんな映画を撮る事が出来る人なのか、も大事かもしれませんね。ソダーバーグもカンヌ国際映画祭グランプリを取り、その後様々な映画を撮り、俳優から「使われてみたい」と思わせる監督になりました。

●実際に日本人がハリウッドの映画会社に就職することはそんなに困難なことなのでしょうか?〔映画会社に就職する業種は別にして、一般的に〕ビザの面や契約の面や組合の面や技術の面で。

○数名の知人がCGでアメリカの某有名企業に勤めております。それまでもいくつかの企業でインターン、又は安月給だったようです。そういう実績(もちろん技術もですが)があってこそ今の彼らがあるように思います。ちなみに一人は英語がからきしだめでした。今はマシになっているかも。ビザの面はインターンの時代は英語学校に行きながら働いたり、元々グリーンカードを持っていた人もいます。正式に働く場合はもちろん企業がある程度考えてくれるであろうし、自分でも取得する為のある程度の知識は必要になってくると思います。

意外とアメリカではコネが効く事もあるようです。
そう言えば知人はある監督が大好きで、何かの試写会の時に「あなたの作品の大ファンで」と、監督があきれ返るくらい喋ったあげく監督の会社に入ったツワモノもいました。彼はかなりのおしゃべり男でした。。。

余計に悩ましてしまったかもしれませんが、「ハリウッド映画を撮る」のか、「自分の好きなものを撮る」のか「自分の好きなものをハリウッド映画として撮る」、目的によっても監督になる方法が異なる気がします。

アメリカの学校は如何でしょうか?英語の方は?
何かこの一年で作品を撮りましたか?せっかくの青い空。
今まで見てきたハリウッド映画のロケーションが山ほど。。。
ロングビーチからだったら車でいける所に有名なロケ地が沢山近くにありますよね?

●(割愛)ハリウッドで日本人が映画監督になれる可能性はまずない。なぜならビザの面でもスキルの面でも英話能力という面でも非常に不利であり、そして映画会社に入っても大変だろうということで、もしうまく日本人が映画会社に就職してもハリウッドで監督に...続きを読む

Q気狂いピエロに出てくる言葉

ゴダールの「気狂いピエロ」に出てきたセリフ
ユニプリ モノプリ
というのは、何語で何という意味なのでしょう。
字幕には「ユニプリ」「モノプリ」としか出てませんでした。


アランジ アロンゾ
は一体何語なのでしょう。字幕には「さあ、行こう」と
ありました。(なんだかフランス語のような気がしないので)

そして、最後に
失われたときを求めて
という字幕が出てきたのですが、ストーリーとの関連性が
よくわかりませんでした。

ゴダールの映画を見ていると、すべてにおいて笑いが隠されて
いるような気がして、気になってしょうがありません。
(大きく映し出されたオイル缶の文字とか)
ゴダール映画の解説書みたいなのがあれば教えてください!

Aベストアンサー

ものすごく前に見たので、すっかり忘れていました。
検索してみたら
c’est le meme prix, prix, uniprix, monoprix
でした。
セ・ル・メム・プリ、プリ、ユニプリ、モノプリ
(同じ値段、値段、均一値段、単一値段)
という言葉の遊びなんですね。ちなみにモノプリはフランスの大きなスーパーの名前です。


もうひとつは
allons-y, Alonzo
アロンジ、アロンソ
(さあ、行こう、アロンソ)
で、こちらも言葉遊びのようです。

駄洒落と言ってしまっては身も蓋もないので、ゴダールの音楽性と詩というのが理解(?)のポイントでしょうか・・・。

Q映画の中の映画監督

映画監督が出てくる映画を教えて下さい。ただし、実在する監督の物語ではないものを。そして、その劇中の映画監督は撮っている映画監督を反映していると思いますか?洋画も邦画もよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

 続きが遅くなってしまいました。
 先に挙げた作品についてあれこれといっても仕方がないと思いますし、既にspontaさんからも傑作ばかりだという応援の言葉も有りますから、これらに関しては一言だけ付け加えて終わります。

 私もトリュフォーは大好きです。彼のテーマは常に愛でしたが、「アメリカの夜」は、映画に愛をこめて、という副題が日本で付けられた通りの作品でした。これを観ればあなたも映画作りに参加することが出来ます。楽しいですよ。
 ゴダールは全般に、気ままに生きてきた主人公がちょっとしたトラブルに巻き込まれて、最後でドンパチやった挙句に死んでしまう、というパターンの作品が多い人です。はっきり言って私はその傾向の作品はほとんど評価しません。しかし「軽蔑」はそれらとは一線を画する、人生の奥行きを見事に切り取った傑作です。主人公が映画監督であるということで、さすがにゴダールさんも真剣に登場人物を描いたのかもしれません。
 フェリーニは、「甘い生活」の様に極めてシリアスなものから、「アマルコルド」のようなノスタルジックなものまで、作品は色々有ります。時々シュールレアリスティックなシーンが挟まって、はっとさせられるようなことも有りますが、この作品にそれが一番大きく現れているかもしれません。なにしろ映画を撮れない映画監督の悪夢の映画ですからね。ただし、映画史上の傑作とは言うものの、私はもう一つ体調が良くない(睡眠不足)時に見たため個人的な評価は保留のままです。
 「すべて売り物」は、まだ欧日協会と言っていた頃の某所で私も観ていす。ワイダの作品としては良くも悪くも無いといった辺りでしょうか。
 
 その後、考えていましたが、捜せばまだいくつも有ると思います。と言っても、広い意味での映画人を描いた作品は相当に有りますが、監督が主人公で映画製作の現場を、という条件は結構厳しいかもしれません。それでも、例えば。
・「ことの次第」 ヴィム・ヴェンダース
 荒れ果てた海沿いのホテルの跡地で、B級SF映画とおぼしき怪しげな映画を撮影している一行を、状況そのままに、捉えどころの無いシナリオで描く(当然劇中劇も、この映画自体も面白くない)。ヴェンダースとしては、資金問題を始めとする様々な障害のため、創作に苦悩する映画監督を描きたかったのかも?
・「黄金の夢」ナンニ・モレッティ イタリア
 こちらには撮影場面が出てきたかどうか自信が有りません。監督は知識階級の受けが良くて、各国の映画祭で何度も受賞していますが、私はどうにももう一つです。

それで質問の後半部分ですが、以上に書いたようにほとんどが自分自身の姿を反映していると思います。以上です。

 続きが遅くなってしまいました。
 先に挙げた作品についてあれこれといっても仕方がないと思いますし、既にspontaさんからも傑作ばかりだという応援の言葉も有りますから、これらに関しては一言だけ付け加えて終わります。

 私もトリュフォーは大好きです。彼のテーマは常に愛でしたが、「アメリカの夜」は、映画に愛をこめて、という副題が日本で付けられた通りの作品でした。これを観ればあなたも映画作りに参加することが出来ます。楽しいですよ。
 ゴダールは全般に、気ままに生きてきた主人公がち...続きを読む

Qジャン=リュック・ゴダールの映画で

ジャン=リュック・ゴダールの映画で

先日大学の授業で映画のBGMについての講義がありました。
その中でゴダールの作品が紹介されたのですが、
一部しか見なかったのとタイトルを失念してしまったのとで気になっています。

男が歩いているとBGMが流れてきて、さらに歩いているとそのBGMを演奏するオーケストラがいた。
(男はまったく気にせずに、というより見えないかのように歩いていく)
男が車にはねられるような描写があったような…

という非常に断片的でしかもうろ覚えな情報しかないのですが、
どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。
オーケストラが出てくるシーンはとてもシュールな雰囲気でした。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「勝手に逃げろ/人生」(1979)です。
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD16947/story.html

参考URL:http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD16947/story.html

Q映画監督の堤幸彦さんに、映画監督としての才能がないと思うのですが、

映画監督の堤幸彦さんに、映画監督としての才能がないと思うのですが、
業界では評価が高い監督さんなのでしょうか?

彼の作品を拝見するかぎり、とても良作と呼べるものがないのですが…
ファンの方には申し訳ないです。

Aベストアンサー

ご安心ください。堤幸彦監督に映画監督としての才能がないと思われている方は、あなた以外にもたくさんいるようです。

ただ、業界内ではどうなのか私には分かりません。

1998年に『踊る大捜査線 THE MOVIE』(監督:本広克行)が大ヒットして、テレビ局が映画製作に本格的に乗り出すようになってきました。テレビドラマも映画も演出経験のある堤監督は、テレビ局側にとっては映画を製作するとき使いやすく、重宝がられて起用されたのではないでしょうか。そして、大コケしたりする作品もある一方、原作モノなどで大ヒットする作品もあって、現在でも仕事が途絶えずあるのだと私は思います。

参考URL:http://hakaiya.com/best/zerw/index.html

Qゴダール映画、初心者入門作は?

ジャン・リュック・ゴダールの映画は難解と言われていますが、初心者はどの作品から手を着ければいいのでしょうか?
私はもともと映像美、構成美な映画が好きなので、楽しめる自信はそれなりにあるのですが、初心者にはこれがオススメ!っていうのがありましたら教えてください。
今のところ一番有名な(私の中で)「気狂いピエロ」から入ろうと思っているのですが…
どうでしょう?よろしくお願いします!

それにしても、どの作品もタイトル素敵ですよね。。。

Aベストアンサー

ジャン=リュック・ゴダールは,何作か見ましたが,オススメと言われると,しばし,考えてしまうものがあります。

個人的な初ゴダールは,「ゴダールのマリア」を見ましたが,この映画は,短編「「ゴダールのマリア」に関するささやかな覚書」(ヴィデオ25分)と長編「ゴダールのマリア」(カラー72分)にわかれているということも知らず見に行き,何だ?これはと思ったものでした。後に,再び,スクリーンで見る機会があり,このとき,2部構成を確認できたような感じでした。
しかし,初めてゴダールを見た時にも感じたのですが,この映画の中で,ボードレールの「悪の華」が朗読とともに映像が展開されるのですが,これ見たとき,衝撃を受けたのを覚えています。このシーンが,自分の中でのゴダール的映像の象徴のように思えたからです。
その後,「男と女のいる舗道」,「勝手にしやがれ」,「気狂いピエロ」など有名どころも見ましたが,それぞれに映像的にインパクのあるシーンが沢山あります。
また,「映画史」も見ましたが,その長さも驚きですが,映像にも,再び,個人的には衝撃を受けました。何故なら,ちょっと,強引ですが,「映画史」というタイトルをつけただけのことがある映画の映像美に溢れた作品になっているからです。

結局,どれをオススメしようかと思ったのですが,一番,Rainyさんが気になるタイトルの映画を見るのが良いように思います。どの映画も,ゴダールの映画のゴダールたる映像となっているからです。

でも,個人的には,
「ゴダールのマリア」,「気狂いピエロ」,「勝手にしやがれ」,「男と女のいる舗道」,「映画史」がいいのかもと,自分の結論を否定しまうような感じになってしまい,申し訳ありません。
参考になればよいのですが・・・。

ジャン=リュック・ゴダールは,何作か見ましたが,オススメと言われると,しばし,考えてしまうものがあります。

個人的な初ゴダールは,「ゴダールのマリア」を見ましたが,この映画は,短編「「ゴダールのマリア」に関するささやかな覚書」(ヴィデオ25分)と長編「ゴダールのマリア」(カラー72分)にわかれているということも知らず見に行き,何だ?これはと思ったものでした。後に,再び,スクリーンで見る機会があり,このとき,2部構成を確認できたような感じでした。
しかし,初めてゴダールを見た時...続きを読む

Q映画監督についての論文

高校の卒業論文で、一人の映画監督について論文を書こうとしてるのですが、その監督を誰にしたらいいか決まりません。
誰か「この映画監督についてだったら書きやすい」などというのはありますか?
海外の映画監督でお願いします。
お返事お待ちしてます

Aベストアンサー

既に評伝が出版されている監督が良いでしょう、丸写しはまずいですが、かなり参考になるはずですよ。
ヨーロッパの監督の方が作風が一定していて議論しやすいと思います。
ハリウッドの監督の場合、商業主義と作家主義の対立もあり、論評は難しいと思いますね。

イタリア
フェデリコ・フェリーニ、ミケランジェロアントニオー二、ルキノ・ビスコンティ

フランス
ジャン・リュック・ゴダール、フランソワ・トリュフォー、アラン・レネ


イングマール・ベルイマン、アンジェイ・ワイダ、アンドレイ・タルコフスキー、ニキータ・ミハルコフ、テオ・アンゲロプロス、ユルマズ・ギュネイ

アジアだとサタジット・レイとか

昔で良いなら、エイゼンシュタインとかグリフィス、表現主義でムルナウとかヴィーネなんかも書きやすいかと

個人的に興味あるのはニュー・ジャーマン・シネマにかかる監督達ですね、ヴェルナー・ヘルツォーク、ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー、ヴィム・ヴェンダース、フォルカー・シュレンドルフあたりを経緯と絡めると面白そうですね。

Qゴダール映画について

ゴダールの「気狂いピエロ」と「ゴダールの決別」を見たのですが、
さっぱり理解できませんでした。
まず、物語のすじがわからない。
そしてテーマがわからない。
(「決別」の場合はパッケージの裏に、ギリシャ神話のゼウスの話を元にした・・・と書いてありましたが、一体どのへんが?!と思いました。)
極めつけは、誰が誰だか区別がつかない!!

ゴダールの作品は一体どこが面白くて評価されているのでしょうか?
こういう類の映画は感覚でみる映画なのかな、とも思いますが、
解説をしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

すいません、歯痛のため、レスが遅くなりました。

>芸人が時事ネタを用いるとき、私がその事柄を知らなければ、「何をいってるん
>だ?さっぱりわからーん、面白くない。」となってしまうようなものでしょうか。>(例えが単純かつ俗で、すみませんっっ)

そのとおりです。ですからフランス人はあれほど大胆に有名な詩やら絵画を“引用”したフィルム・ノワールに初めて出会った時、その場面で笑ったのではないか、と思われます。まあ、これは推測ですが。

> > 娯楽小説に対する純文学といったところでしょうか。
> うーん、よくわかりません・・・。大変申し訳ないのですが、詳しく教えてく
> ださると嬉しいです。

本題から少々外れますが……。

純文学については前回の回答の「映画に何が……」以降の文章の“映画”の部分を“文学”に替えていただければよいかと思います。
それに対し、娯楽小説は、何を描けば、どう描けば読者は喜ぶか、を第一義にかかれたものである。

と、これはあくまでわたしの見解で、実はこの問題に関しましてはこれまでにも文壇で何度となく議論が繰り返されてきましたので、以下にそこで提示された仮説を紹介します。

1) 娯楽小説は商品であり、純文学は芸術である。
2) 文章の質が高く、テーマが高尚なものが純文学、そうでないものが娯楽小説。3) 「オール読物」などの小説雑誌に掲載されるものが娯楽小説、「新潮」などの  文芸誌に掲載されるものが純文学。
4) 直木賞にノミネートされるのが娯楽小説、芥川賞にノミネートされるのが純文  学。

 ……などなど。

以上は文芸評論家の福田和也氏が著作「作家の値うち」(飛鳥新社)の中で解説されています。またそこで、以上のものとは別の氏の見解が提示されていますが、著作権に触れるといけませんので、興味がございましたら是非ご一読を。

横レスですが……。

> なんだかゴダールは広義の「映画」というものに、ものすごーくこだわっている
> ようなので。ichienさんが評価しておられる「中国女」も、(私は観ていないの
> で恐縮ですが)「映画」の可能性を試しているところ、という感じがします。
> でもそれは「映画」の何たるかを考える人でないと面白くないんじゃないかな
> ぁ?

そうですね。まあ「映画」に限らず「表現」の何たるかを考える人でないと退屈なだけ、だと思われます。

以前友人宅にあったゴダール作品(何かは忘れました)のLDのライナーにゴダールが“フィルム”と“シネマ”という言葉を使っての自身の考え方を述べた文章が載っていました。この二つのフランス語は通常日本語に訳す場合、どちらも“映画”になるのですが、ゴダールはそれを区別して使っていました。残念ながら詳細は忘れてしまいました、ichienさん、御存知でしたら御教示くださいませ。

すいません、歯痛のため、レスが遅くなりました。

>芸人が時事ネタを用いるとき、私がその事柄を知らなければ、「何をいってるん
>だ?さっぱりわからーん、面白くない。」となってしまうようなものでしょうか。>(例えが単純かつ俗で、すみませんっっ)

そのとおりです。ですからフランス人はあれほど大胆に有名な詩やら絵画を“引用”したフィルム・ノワールに初めて出会った時、その場面で笑ったのではないか、と思われます。まあ、これは推測ですが。

> > 娯楽小説に対する純文学といったところでし...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング