ごみ焼却発電について教えてください。
リサイクルが叫ばれる昨今ですが、様々な種類の材料が組み合わせれているものは結局分別しきれず、焼却されると思います。そこで焼却の際発生する熱を利用したり、発電(よくわからないんですが)したりといわゆるサーマルリサイクルが行われ始めています。しかし、本当にこれでいいのでしょうか・・?結局二酸化炭素を排出するし、ことによってはダイオキシンも発生するかもしれません。また燃えるごみと違って、必要燃焼熱(?)も高いので、結局別のところでエネルギーを使っていて実はエネルギー的にマイナスになってないのでしょうか?どなたか具体的にサーマルリサイクルの利点欠点を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

もちろん、ゴミに出さず、リユースが一番です。


ゴミ発電するからどんどんゴミを出してくれ、というのは間違いです。
ただ、出て燃やしちゃった場合に、ただ熱を捨てるならコージェネの足しにでも使った方がまし。発電しなくてもエネルギーは使わなくちゃいけないから、少しでもお釣りを、という発想ですね。

あるいは、清掃工場の立地場所は収集車が集まって近隣の迷惑にもなっているから、地域サービスとして温水プールか何か作るとか。

あるは、生ゴミを微生物分解して天然ガスを作るとか、特殊な酵素反応によって水素を作って燃料電池に、という研究もあるようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。そんなふうに考えるととてもわかるような気がします。どうしてもうまく使えないもの?再資源化できないものに関しては燃やすしかない。でも燃やした場合でも何とか工夫してみようという考え方ですね。とてもすっきりしました

お礼日時:2002/03/08 08:48

 こんばんは。



 「廃棄物発電」――という言い方が一般的です。で、廃棄物発電にも実に多くの形式がありまして。

↓のurlは「新エネルギー・産業技術総合開発機構」(略称=NEDO=ネドー)という機関の、廃棄物発電に関するページです。廃棄物処理の現状から発電の現状、発電システムの形式、発電計画の立案、経済性、導入促進策まで紹介されています。

 参考になれば幸いです。

参考URL:http://www.nedo.go.jp/intro/shinnene/haikibutu/
    • good
    • 0

わが国においては、ゴミを燃やす以外になすすべが有りません。


どうせ燃やすのだから、その熱で発電できれば一石二兆ではないでしょうか。
多少過剰設備投資にはなりますが、新たに火力発電所を造るよりは安価ではないでしょうか。
以下のHPに関連内容がありますから参考にして下さい。

参考URL:http://www.gas-enenews.co.jp/series/tennen/01053 …

この回答への補足

うーん、そうなんですけど、なんとなく炭酸ガスの観点から言ったらマテリアルリサイクルのほうがよくないですか?もちろん再資源化するのにいろいろな処理があったら過剰なエネルギーを使うわけでやっぱり、環境によくないというふうにも思えます。じゃあ、最近流行の生分解性素材を使って土に返す。どう思います?

補足日時:2002/03/07 21:54
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 咽頭結膜熱・プール熱のまとめページ

    咽頭結膜熱(プール熱)とはどんな病気か  咽頭結膜熱は結膜炎のため、はやり眼と呼ばれることもあります。6月ごろから増え始め、7〜8月に患者数のピークを迎えます。 原因は何か  アデノウイルスと呼ばれるウイルスが原因になります。このウイルスは多くの血清型に分類され、多くはアデノウイルス3型で引き起こされますが、1995年以降、7型と呼ばれる新しい型が流行するようになりました。アデノウイルス7型は以前...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q直流電源装置と電源供給装置のちがい

電気関係には素人で、初歩的な質問ですが、どうぞお願いします。

コンピューターの電力供給は、無停電電源装置(UPS)→分電盤(PDU)→電源供給装置(PSU)→サーバーという配電構成が一般的なのかと思っていたのですが、コンピューターに直流電源装置で電力供給することもあると聞きました。直流電源装置は、電力系統からどういう配電構成でコンピュータにつながるのかがわかりません。

そこで、直流電源装置と電源供給装置の用途のちがい、装置の構造のちがいも含めて、直流電源装置がコンピューターの電源供給に使われるまでの配電プロセスを教えてください。
何卒、よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

コンピュータに直流電源供給することはあります。

1無停電電源装置(UPS)→2分電盤(PDU)→3電源供給装置(PSU)→サーバー

1の時点ですでにDC電源になっている場合が多く、
PSUもDC電源用になっています。が、その他は基本的に
AC電源仕様と同じなので、PSUとかを見ないとACかDCか
分かんない場合もあります。

DC電源のメリットは、”AC電源に比べてロス(発熱ロスも)も少なく、
何よりも蓄電池より直でバックアップ電源がとれる”ということです。

供給ルートは基本的にAC電源と一緒です。

UPS自体がセンター一括(かフロア一括)になっているとか
を除けば、普通にAC電源のラックに入っているものとあまり変わりありません。

一部のデータセンターなどでは好んでDC電源が使用されています。

Q焼却場のダイオキシン類測定結果

全国一斉行われた、焼却場の排ガス、焼却灰、ばいじんなどのダイオキシン類濃度調査結果を探してます。いいウェブサイトしってるかたおしえてください。

できれば新らしいデータのほうがいいですが、ここ数年は全国一斉調査をやってないのかもしれません。

Aベストアンサー

なかなか全国となると、いろいろ検索してみたのですが、いいのが見つからないですね、参考にならないかもしれませんが?

一般廃棄物焼却施設の排ガス中のダイオキシン類濃度測定平成(12年・平成11年)
http://www1.mhlw.go.jp/topics/gomi/index_14.html

http://www.nippo.co.jp/diottl.htm

Q直流電源について

私は直流電源(DC100V)は、P相が対地間+100VでN相が0Vだと思っていました。ところが今日、会社の直流電源をテスターで測ったら、P相が対地間+50V、N相が-50Vでした。

直流電源にマイナス電位があるのでしょうか。よくわかりません。教えて下さい。

Aベストアンサー

これは、ラインフィルタのいたづらです。

まず、大地と電源出力の間に導通があったらどうなるでしょうか?
これは、コンセントプラグを差す向きによっては
ACが出力側にリークすることを意味します。
当然、こんな事があってはいけないわけで、普通はかならずどこかで
トランスを使った絶縁が行われています。

ですから、直流回路を特にアースしていない限り、
P相、N相共に、大地に対して特定の電圧を持ちません。

しかし実際は、電源の交流側にラインフィルタが入っています。
これはコンデンサ(とコイル)で構成されていて、
各ラインとアース間をコンデンサが渡っています。

ということは、ケース(アース)は
100Vと0Vの中点と言うことになります。(コンデンサ分割)
ここには50Vの電圧が掛かっているわけです。

これが基準電位となっているので
100V側はその差の50V,0V側は-50Vとなります。

ただし、コンデンサに流れる電流はごくわずかですから、
この電圧は気にしなくても大丈夫です。
(差の100Vだけを考えれば良い)


なお、マイナス電位というのはごく普通に存在します。

たとえば、今回の電源で、DC100V側をアースしたとすると
N相側は-100Vです。
要は基準に対して電圧を表示するので、プラス側を基準にすると
マイナス側はマイナス電圧で表示することになるのです。

これは、ラインフィルタのいたづらです。

まず、大地と電源出力の間に導通があったらどうなるでしょうか?
これは、コンセントプラグを差す向きによっては
ACが出力側にリークすることを意味します。
当然、こんな事があってはいけないわけで、普通はかならずどこかで
トランスを使った絶縁が行われています。

ですから、直流回路を特にアースしていない限り、
P相、N相共に、大地に対して特定の電圧を持ちません。

しかし実際は、電源の交流側にラインフィルタが入っています。
これはコンデ...続きを読む

Qソーラー発電や、太陽光発電パネルのエネルギー効率と効果

ソーラー発電や、太陽光発電パネルが地球温暖化に貢献するかのようにもてはやされています。
クリーンエネルギーという観点では、原子力発電は、無害化できない負の遺産を残すので反対です。よって、別の手段で電力を得られるなら良いことだと思います。
しかし、エネルギー効率の観点から、太陽光パネルを作る・施工する・維持するのに使うエネルギーと、それを使用して得られる発電エネルギー量はどちらが多いのでしょうか?
発電量の方が多いなら、じゃんじゃん太陽光パネルを作って、各家庭・企業に配布した方がいいと思いますが・・・。
仮に、太陽光パネルを全て原子力発電で作ったとしたら、各家庭がミニ原子力発電所(発電の場所と時間がシフトされただけ)のように感じますが、いかがでしょうか?

Aベストアンサー

クリーンなエネルギーなんてない。
エントロピーの法則からコレは反する。
実際は火力発電が一番環境に正しい。(優しいというのは傲慢である。)火力発電はもっとも発電効率が良い一般的には50%くらい(最高で60%程度)
太陽電池の製造に大量の石油が使われる。
このことはあまり知られていない。

各電力発電比(発電所製造時コスト比)
火力:1倍
原子力:2倍
風力:4倍
太陽光:10倍
数字は製造過程にドレくらい二酸化炭素が出ているかの
比率でもある。
ANo.2が、知ったかで書き込んでいるがやめた方が良い。
今は太陽パネルでの発電は微々たる物で電力会社には発電しようがしまいが関係ない、だがもっと普及して発電量が増えると電力会社は
KW/時20円で買うのをやめる、KW/時10円台に引き下がる。
20年で元が取れる計算は狂う。環境問題について
知識もないくせに突っ込む話ではない。
また、原子力発電に関してはウラン濃縮、冷却保管のために最大300万キロワット
使われる。原発換算最大3基ぶんの発電量だ
このような理由からクリーンなエネルギーは幻想である

クリーンなエネルギーなんてない。
エントロピーの法則からコレは反する。
実際は火力発電が一番環境に正しい。(優しいというのは傲慢である。)火力発電はもっとも発電効率が良い一般的には50%くらい(最高で60%程度)
太陽電池の製造に大量の石油が使われる。
このことはあまり知られていない。

各電力発電比(発電所製造時コスト比)
火力:1倍
原子力:2倍
風力:4倍
太陽光:10倍
数字は製造過程にドレくらい二酸化炭素が出ているかの
比率でもある。
ANo.2が、知ったかで書き込んでいるがや...続きを読む

Q直流電源装置と制御電源

電気素人です。よろしくお願いします。
今、会社に直流電源装置があるのですが、負荷が非常照明と機器操作(VCBなど)、制御用です。機器操作制御用はなぜ直流電源装置より電源がいっているのでしょうか?商用の交流ではいけないのでしょうか?
詳しい方、よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

最近はコストを押える方向で経済設計に向かっています。
つまり直流電源装置はイニシャルコスト・維持管理コストが掛かると言うことです。

電力会社から電気を買う場合は高圧なら取引計器用VCTが必要です。
このVCTの2次側に操作用変圧器を設けてAC100Vで回路を構成します。

電気設備もピンキリで一概には言えませんが、DC100Vが必要な場合は「整流器」「コンデンサトリップ装置:電気を蓄えて短時間なら電源が供給できる装置」を設けることもあります。また小容量のUPS(AC100V無停電電源装置)を設けることもあります。

と言うことで小規模電気設備は交流電源が多くなっています。

【参考】
ビルの屋上などに設置している電気設備には当然、直流電源装置などありません。

Q材料リサイクルにエネルギーを投入するデメリット。

材料リサイクルにエネルギーを投入するデメリットを教えてください。

Aベストアンサー

デメリット1:CO2の排出が増える(=地球温暖化を加速する)
デメリット2:化石燃料の枯渇を促進する
デメリット3:消費者が高価なリサイクル材料を使った製品を買わされる。
デメリット4:リサイクルできるのだから消費しても「浪費ではない」という心理的言い訳を作る。

Qアイソレータのある直流電源

計測実験を行う際に、直流電源を使用するために、
アイソレーション機能のある-15~15Vの出力のある直流電源を探しています。
探してみたのですが、そういったものは販売していないので、アイソレータと電源を別々に購入、使用しなくてはならないのでしょうか?

Aベストアンサー

>アイソレーション機能のある-15~15Vの出力のある直流電源を探しています。
この意味なんですけど、AC100V側と絶縁されたフローティング電源であればよいということでよいでしょうか。

であれば、たとえばTEXIO(旧KENWOOD)から出ているPSF400Lなどはフローティング電源なので、使えるのではと思います。(カタログなどには記載がないのですが、マニュアルにその記載があります)
(フローティング電源で探せば結構あります)

Q原子力等発電所のエネルギー効率?

原子力発電所におけるエネルギー効率は如何ほどでしょうか?また火力発電所は40%、地熱等、風力発電の実質的な面積当たりの発電量がでているサイトはありますか?
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

現在の原子力発電におけるエネルギー効率はおよそ30%程度で火力発電より劣ります。 地熱については、最初から蒸気を利用する方法もあれば、高温水を加圧して蒸気を発生させて使う方法もあり、どういった環境かによって、発電量は異なります。 また、風力発電もどれだけの時間どれだけ強い風が吹くかによって発電量は異なります。 よって、水力発電や波浪発電なども含め、自然を利用した発電では、面積当たり(ちょっと意味が分かりませんが)一律いくらかと言う事は言えません。 

Qコンバーター(交流→直流へ変換)へ直流電源を接続するとどうなるのでしょ

コンバーター(交流→直流へ変換)へ直流電源を接続するとどうなるのでしょうか?
また、インバーター(直流→交流へ変換)へ交流電源を接続するとどうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

コンバータやインバータと言っても、
様々な種類があるので一口に語ることはできません。
また、機器の耐電圧や電源の性質によっても答えは様々です。

ブリッジ整流器に直流電圧を印加した場合、
出力は直流となるでしょう。

電圧の変換を伴う整流器(ACアダプタ)など、
初段にトランスを備えた機器の場合、
直流的にはショートとなり、発火するかもしれません。
実際はヒューズが飛んで終わりでしょう。

インバータに交流を印加した場合は
正常動作しないか、保護装置が働いて終わりだと思います。

以上はすべて電源電圧が機器の耐電圧を超えていないことが前提です。

Q零下で発電できる物ってないのでしょうか? (寒ければ寒い程動く物資とか…) 熱い=熱量 冷たい=熱量

零下で発電できる物ってないのでしょうか?
(寒ければ寒い程動く物資とか…)


熱い=熱量

冷たい=熱量?

同じ熱量なら変換は可能?

絶対零度
物資が動かなくなる世界

冷たいことはエネルギーを停止するとの意味なのでしょうか?

Aベストアンサー

熱い、冷たい、は脳の体性感覚野の情報を前頭連合野は意識の座に上げて、「・・と思う」と言う主観の世界。

温度は連続した物だが、在る点を境に「熱い」とか「冷たい」とか、別の主観になってしまう。
熱い」とか「冷たい」の実体は無いと言う事。脳が行なっている。

温度は分子(原子)の内部エネルギーである運動ネネルギーの総和を「温度計」という測定器で測定して値にしたもの。

温度という実態は無く、分子(原子)の振動の強弱(運動エネルギー)が実体。

だから、温度が低い=運動エネルギーが小さい=振動(振幅)が小さい。
寒ければ寒い程動く物資という物は無い。


人気Q&Aランキング