田中真紀子前外相と鈴木宗男代議士の問題でクローズアップされている、NGOについての素朴な質問です。
NGOで活動されている方々の、給与はどの程度のレベルで、どこから支払われているのでしょうか?噂によると、PWJの大西代表は、月収数百万で、飛行機はビジネスクラス以上で、宿泊先もセキュリティの高い高級ホテルに宿泊しているそうですが、本当なのでしょうか?

税金の中から、大きな額が拠出されているそうですが、彼らは透明性のある金の運営をしているのでしょうか、ご存知の方おられましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

政府から補助金がもらえるようなNGOは平成10年に施行された特定非営利活動促進法の適用を受けいます。

その法律によりますと、報酬が支払われる役員は総数の3分の一以下であることが要求されますし、毎年決算ごとに予算に基いた収支で正規の簿記の原則に従がった財務諸表の内閣への提出が義務つけられています。その団体の長となりますと、会議の出席や移動の確保などの理由により、高級ホテルの滞在、会議にふさわしい待遇などは必要と思われます。数団体に関係するならば重複して報酬を受け取ることも考えられます。

参考URL:http://www5.cao.go.jp/seikatsu/npo/
    • good
    • 0

NGOというのは、政府の行政機関そのもでないという定義でしかないので、それぞれ千差万別です。

公益法人もあれば、私企業タイプもあるし。
ただ、国や自治体んじょ補助金や委託を受けてる処は概ね給与も公務員と大差ない程度のところが多いようです。
大西氏の処は従来から外務省より多くの資金提供を受けていますし、某企業(マルチとの噂も有るが真偽不明)がバックにいるとも。
行政機関等と違い会計検査院による厳しいチェック体制もないので、良識を信じるほか無いのかも知れませんが…。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QNGOの給料

NGOの給料はどこ(誰)が出してるのですか?募金が彼らの給料になってるのですか?

Aベストアンサー

まず、街頭募金を主な財源としているNGOというのはほとんどない、ということは覚えておいてください。NGOは組織としてずっと存在し続けるものですから、そんなことを年間通して行うのは不可能なのです。逆に言えば、いつも派手に街頭募金をやっている団体は、下の方が書かれているように、怪しい、ということです。

NGOの街頭募金はどんなことが起きているのかを世の中のたくさんの人に知らせ、その人達の善意の気持を募金という形で掘り起こす、という目的で行うのがほとんどです。

本当のNGOの資金源は多様です。財団などの補助金、一般の人や会社、労働組合からの寄付金、政府系の資金、途上国製品の販売による売上げ、などなどです。一般的には、NGOスタッフの給与はこういうところから出ています。

ただ、援助プロジェクトを行う場合、街頭募金をしたとして、その中に給与が含まれていることはあります。
たとえば「途上国」で、分かりやすく井戸を掘るプロジェクトをやるとしましょう。その費用としてかかるのは、材料費、現地で働く人(日本人や現地の人)の給与、交通費、食費、事務費、連絡費などがあります。いくらボランティア的にやるとしても、生活ぐらいは支えなければできません。
そして、それだけではきちんとしたプロジェクトはできません。プロジェクトがきちんと進行しているか、日本側でもチェックしなければなりません。領収書をチェックし、きちんと支出されているか調べ、経理を整理します。寄附をしてくれた人や組織への報告書を出します。ニュースレターなどもつくります。報告会をやるには会場費や人件費がかかります。
これはプロジェクトの経費の一部ですよね。そして、ある程度以上の規模のプロジェクトなら、こうした事務を専門にやる人が必要になってきますよね。

ごく一般的にいえば、プロジェクトをきちんと遂行するためには、2割程度はそうした経費に回さなければいけません。

こういう意味では、「募金が給与になっている」という言い方もできなくはありません。

まず、街頭募金を主な財源としているNGOというのはほとんどない、ということは覚えておいてください。NGOは組織としてずっと存在し続けるものですから、そんなことを年間通して行うのは不可能なのです。逆に言えば、いつも派手に街頭募金をやっている団体は、下の方が書かれているように、怪しい、ということです。

NGOの街頭募金はどんなことが起きているのかを世の中のたくさんの人に知らせ、その人達の善意の気持を募金という形で掘り起こす、という目的で行うのがほとんどです。

本当のNGO...続きを読む

QNGOとODA

NGOとODAは具体的にそれぞれどのようなことを行っているのでしょうか?自分で調べてみたのですが良くわからないので、わかりやすいように教えて頂けたらありがたいです。

Aベストアンサー

NGOは非政府組織で
ODAは政府開発援助という日本語訳が付けられています。
そこから分かる通り
NGOは民間の組織で営利を目的としないものです。なので活動は様々です。医療貢献などが多いでしょうか。
ODAはインフラの整備や資金援助など先進諸国が発展途上国に行う支援のことです。なのでこちらも色々です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%9E%E6%94%BF%E5%BA%9C%E7%B5%84%E7%B9%94

http://ja.wikipedia.org/wiki/ODA

Q無給NGO職員の収入源について

海外の貧困解消などの活動をするNGOに興味があります。
NGO職員の方は無給であることが多いと聞きます。
無給の場合は、他にお金のもらえる仕事をしていくことが
多いと思うのですが。。。

そこでお聞きしたいのですが、

1)無給のNGO職員の方は週どれくらいの時間、活動して
  いるのですか?

2)NGOとして海外で活動することも多いと思いますが、
  他の仕事で生計をたてられるだけ働く余裕(時間的にも
  体力的にも)はありますか?

3)「他の仕事」はアルバイトとしてですか?
  また、日本での仕事が多いですか?

実際にNGO職員として働いている方の意見もいただければ
幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私はNGOの運営委員をしていますが、昼間は他の仕事をしており、NGOの方はもっぱらボランティアです。週に3日ほど、夜会議をしたり事務仕事をしたりします。この私は、「無給非専従職員」としてカウントされています。
無給職員というのは、だいたいこんな感じの、いわゆるボランティアの人たちを指します。NGOで働いているけれど給料がもらえない、というようなことを考えておられるのだとしたら、ちょっと違います。当然ながら、メインの仕事としてそれをやるなら、給与をもらわないわけにはいきませんから。

なお、NGOで働くことを考えておられるのなら、国際協力NGOセンター(JANIC)が「NGO就職セミナー」というのを時々開いていますので、参加されるとよいでしょう。

参考URL:http://www.janic.org/pr/shushoku.html

QNGO,NPO,ボランティア団体

募金や衣類などの支援を行っている団体はHPなど見かけますが、壊れていない不要のオモチャ等を途上国などへ送っている団体を知っている方いらっしゃいませんか?

Aベストアンサー

http://www.elephant-hills.com/japanese/news.php
子供たちのための古着やおもちゃなど、なんでも結構ですのエレファントヒルズまでお持ちより下さい

http://www.npwo.or.jp/wakaba/report/2008/0010.html
http://www.k-i-a.or.jp/kokusai/ngo/kikin/chikyunokaze/chikyunokaze-no7/chikyunokaze-no7.html
日本の家庭で不要となった玩具を集め、ダッカ郊外の障害児のための施設


いずれもサイトの抜粋ですが、一番上のサイトが合致していると思います。

QNGO・NPOのスタッフ

今、進路について悩んでいます。職を失った父から、生活のために仕事をするより社会のために仕事をするほうが幸せだといわれ、NPO・NGOのスタッフに興味を持ち始めました。
ですが学生時代、そういう活動にかかわったことがなく、ボランティアに参加したこともありません。このような経歴でNGO・NPOの専従職員になることは厳しいでしょうか?給料は生活最低限の水準でもぜんぜんかまいません。興味のある分野は政治・行政・社会問題にかかわる分野です。
経験者・専門家の方、アドバイスいただけないでしょう
か?

Aベストアンサー

 NPO役員です。ちなみに無給です。
 NPOの中で有給のスタッフの募集情報が一番入りやすいのは、やはりどこかのNPOにはいり、横の連携から情報をえることです。就職・転職雑誌や職業安定所にはまず情報は入ってきません。理由は、そういった紹介手数料の節約と、自ら情報を進んで求めてくる人をNPO側が求めているので、情報収集能力を試すということもあります。
 必ずしも、NPO経験者しか採用しないということはないでしょうか、やはり民間企業と同じ感覚ではないことを身につけるためにも、どこかしらのNPOに入ることをお勧めします。もちろん会員から。

 関心分野が政治・行政・社会問題ということですので、ひとつ提案なのですが、いまはちょうど総選挙の時期ですので、どこかの選挙事務所にボランティアに入るというのはいかがでしょうか?この時期ですので、もちろん無給ですが、無給だけど働くことについて考えるにはちょうどいいかもしれません。
 あと、NPOなどを取り上げている雑誌「ソトコト」などは参考文献としてお勧めします


人気Q&Aランキング

おすすめ情報