明日の保健のテストで環境問題についての論文を書かなければいけないんですけど、具体的にどんなことを書いたらいいのかわかりません。
どんな問題について、どのようなことを中心にかけばいいのか具体的に教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ええとですね、論文と言ってもいろいろあって、


・単語で出題(問題に「環境問題」としか書いていない)
・資料を与えて出題(何点か資料を見せ、考察させる)
などがありますが、どういった種類の論文でしょうか?

ちなみに、論文で見たいのはその人がその問題に対してどういった見解を
持っているかです。ここで聞いた事を書いても、点数にはなりますが、
真の評価ではないですよ。

論文のテクニックとして、

・具体例を出す(出し過ぎると文字数が足りなくなるので、ポイントを押えて)
・理論構成を考える(段落ごとに肯定、否定などを書き分ける)
・資料要約→問題提起→問題解析→問題解決 の様な構成がよい
 (問題と、それに対する将来的提案を必ず記述する)
・対比の構成を出すと理論的になる

などがあります。


具体的に、環境問題ならば、例えば
・今日の環境問題の具体例を出す(温暖化など)
・問題は何か→先を読まない技術革新、倫理観の欠如、技術に対する盲目的否定論
・問題解決にはどうするか→その技術の与える影響を考える(シミュレーション技術をさらに発達させる)、人間の生存のために、何をすべきか個人がよく考える、我々の技術で環境を破壊したのだから、我々の技術で環境を改善する(→技術の発展の方向の定義)
こんな感じで書けばいいのではないでしょうか。
    • good
    • 0

もう、書いているかもしれないけど、


京都議定書についてはどうですか?

増加している二酸化炭素の排出量を減らそう、という取り組みですが、
一番排出しているアメリカは不参加なんですよ。
その辺を考慮しながら書いてみては?

とりあえず、どんなものかは下記のURLを参考にしてみてください。

参考URL:http://www.env.go.jp/earth/cop3/
    • good
    • 0

#1の補足を見て・・・あなたねーーー



(↑すみません、横やりでした。)

やっぱりそういうことは、ふだんから新聞を読むなりニュースを見るなりしてないと、イキナリは無理ですよ。
ベンキョーしなさい!ベンキョー!!!

って、つい教育ママさんになっちゃいました。

そうですねー、(ってやっと本題かよ)

昨年、施行された「家電リサイクル法」なんかはどうでしょう?
限定された家電製品を新しく買うときに今まで使っていた製品を有料で引き取ってもらうというやつ、電気屋さんのチラシなんかで見たことあるでしょ?

施行1年になりますが、その現状、問題点、今後のみとうしなどを企業、消費者、行政の立場から論じてみては?

参考URL見て、がんばって。

参考URL:http://www.meti.go.jp/policy/kaden_recycle/case1 …
    • good
    • 1

あまり大部なものだと消化しきれないので簡潔に一つの例を


テーマ PCB問題
 ○かつてその毒性について過剰にパニック化(実際死亡者多発などという事態はおきたわけでない)
 ○高温焼却という処理方法はあったが、近隣住民の過敏反応のため実施できないまま。その結果保管するしかない状態が長期化し、管理しきれなくなった中小事業者からPCBが所在不明になるなどかえって問題が複雑化。
 ○最近、化学処理方法が開発されたが、これが普及するにも周囲の理解が不可欠。
 ○一方、かつて近海魚類について過剰に警戒されたが、近年そんな注意を払う人は稀。流行(牛肉等)に流されているのみ。
 ○いたずらに情動的にならず、正しい知識と冷静な感覚が不可欠という代表例である。

この回答への補足

すみません・・・PCD問題とは何ですか??

補足日時:2002/03/07 19:09
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q環境問題で論文を書くのですが・・・

大学の推薦用に論文を提出しなければならないのですが、資料や本が多すぎて、どれから手を付けたらいいか分かりません。九月末までに、6000~7000字程度を書かなければいけないので、何か分かりやすい、まとめやすい本などがありましたら、教えてください。一応、自分でも昔から少しやっていたのですが、その時は、ゴミ問題を多く調べました。とにかく時間がないので、環境に関してなら、どの分野でも結構です。論文の書き方などのアドバイスも頂ければ恐縮です。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 パニクっているようですが、少し落ち着いてください。
(時間がないので、特定の本を丸写ししたい気持ちは分かります。でも、それをやると失敗します。その理由は後述。)
 まず、テーマを決めないと、誰からも、本の紹介はしてもらえないと思いますよ。

 とりあえず、思いついたアドバイスを書きます。

 論文の流れとしては、(1)問題の提起(2)過去及び現在の対策状況及びその対策の評価(3)今後の対策(現在、国等が検討していること及び自分のオリジナルの対策)ということになります。

 まず、(1)の段階ですが、なぜ問題かを示すため、過去や現在の状況がどうであるかを示す統計が必要となります。
 そのためには、とりあえずここ数年の環境白書は、最低限必要となると思います。
また、もう少し詳細のデータがほしいと感じた場合は、その分野ごとの統計が別途環境省から発行されている場合があるので、環境省に問い合わせて、入手可能か聴いてみてください。

 (2)の段階は、その分野の専門書を頼ることになるでしょう。
 これは、分野を決めて、再質問したほうがいいでしょう。

 あと、テーマの決め方で参考になるかどうか分かりませんが、今の環境のトレンドみたいなものを書きます。

 ここ2年程度の環境関連の主な出来事は、
 ○京都議定書の批准(地球温暖化対策)
 ○家電リサイクル法等のリサイクル関連法の制定(ゴミ対策)
 ○フロン回収・破壊法の制定(フロン対策)
 ○土壌汚染対策法の制定(土壌汚染対策)
 ○自動車NOx法の改正(自動車排出ガス対策)
 ○水質汚濁防止法の改正(河川、海洋汚染対策)
 ○焼却炉の規制強化(ダイオキシン対策)
 資料の収集しやすさでいけば、地球温暖化とゴミ対策とダイオキシン対策で、それにフロン対策が続くといった感じです。
 資料の収集の困難さや多岐の知識が必要とする自動車排出ガスは手を出すべきではないでしょう。(いい本があれば、なかなか書き応えある分野でお勧めしますが、一から調べて書くには、今から1ヶ月ではきついでしょう。)
 河川・海洋汚染は、総量規制の強化(規制項目の追加)という、昔からすべきだといわれて、ようやく実施した施策なので、新鮮みはないでしょう。
 あと、「失われし未来」を参考に、環境ホルモンのことについて書くことはやめた方が良いでしょう。(これをやってぼろぼろの評価を受けた学生を知ってます。)

 そして(3)の段階ですが、本では最新の情報を得られません。特定の本にでけ頼るとどうしても、最新の情報は抜けます。上のように環境問題では、次から次へと新しい対策が打ち出されます。今後の対策や自分の考えた対策が、すでに実行されていたっていうことになりかねません。
 環境省のホームページを見て、最新の情報を得てください、特に、国の今後の対策は、環境省のホームページに掲載された環境中央審議会の答申を読んでもらうのが、一番良いでしょう。
 環境問題で自分オリジナルの考え方を書くことは困難だと思います。で、誰かが書いたものをパクルことになるかと思いますが、その意見を言っている人の立場に気を付けてください。具体的には
役所
 嘘は書かない。自分に不利なことも書かない
学者
 比較的公正。ただし、研究費を得るためにセンセーショナルなことをいう時がある。
NGO、公害訴訟原告団
 行政、学者より情報が少ないので、間違ったことをいっていることがある。また、実現不可能なことを主張していることがある。
 環境関連商品を販売している人
 自社製品を売るために、事実を誇張したり、歪曲していることが多い。読まないこと。
 となります。時間がない中、読むとしたら学者、行政が書いたものを勧めます。

あと、参考になるかどうかわかりませんが、「市民のための環境学ガイド」(http://plaza13.mbn.or.jp/~yasui_it/)というホームページがあります。これは、東大の教授が作っているものですが、あなたが決めた分野で、こういった対策をしたら良いのではという提言がされている場合がありますので、一度見てみたらよいと思います。

 結論
1 テーマを決める
2 テーマに関連するデータを環境白書から抜き出す。
3 環境省のホームページで最新のデータを入手する。
4 そのテーマの本を探す。(ここに質問するもよし。)

参考URL:http://plaza13.mbn.or.jp/~yasui_it/

 パニクっているようですが、少し落ち着いてください。
(時間がないので、特定の本を丸写ししたい気持ちは分かります。でも、それをやると失敗します。その理由は後述。)
 まず、テーマを決めないと、誰からも、本の紹介はしてもらえないと思いますよ。

 とりあえず、思いついたアドバイスを書きます。

 論文の流れとしては、(1)問題の提起(2)過去及び現在の対策状況及びその対策の評価(3)今後の対策(現在、国等が検討していること及び自分のオリジナルの対策)ということになります。

 まず、...続きを読む


人気Q&Aランキング