痔になりやすい生活習慣とは?

 日本語を勉強中の中国人です。「夏の思い出」という唱歌の歌詞を読みましたが、理解できないところがあるので、質問をさせてください。

 歌詞の全文はこちらでご覧ください。
http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/hog/shouka/n …

1.「うかびくる」は古い表示でしょうか。辞書で調べましたが、見つけませんでした。「浮かんでくる」という意味でしょうか。

2.「やさしい影」は何の物の影でしょうか。水芭蕉のですか。

3.この歌詞の中の「水芭蕉」はいったいどこに咲いているのでしょうか。野の小径ですか。それとも水のほとりなのでしょうか。分からなくなりました。

4.「夢見て咲いている水のほとり」とはどのような意味でしょうか。句読点がないので、混乱しています。誰が夢を見たのでしょうか。作詞者自身ですか。第二段落の中の「夢みて匂っている水のほとり」もこれと同じような理由で、よく理解できません。句読点を入れていただければ助かります。

5.「花のなかに そよそよと ゆれゆれる 浮き島よ」とはどのようなことを指すのでしょうか。なんか省略が多すぎるような気がします。風情を壊してしまって申し訳ありません。具体的な情景をつかみたいので、説明していただけないでしょうか。

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それについてもご指摘いただければありがたく思います。よろしくお願いいたします。

A 回答 (11件中1~10件)

1.「うかびくる」は古い表示でしょうか。

辞書で調べましたが、見つけませんでした。「浮かんでくる」という意味でしょうか。
⇒正解です。
⇒夏が来るたびに思い出すのは、遠い空の下にある尾瀬沼のこと。
その尾瀬沼は霧が深く、野の小径を歩いていくと、その霧の中に何かぼんやりとやさしい影が浮かんでくるのです。そう、水芭蕉の花が咲いているのです。まるで水のほとりで夢でも見ているかのように咲いているのです。


2.「やさしい影」は何の物の影でしょうか。水芭蕉のですか。
⇒正解です。
⇒上記の説明でお分かりのように、見えてくるのは「水芭蕉のやさしい影」です。


3.この歌詞の中の「水芭蕉」はいったいどこに咲いているのでしょうか。野の小径ですか。それとも水のほとりなのでしょうか。分からなくなりました。
⇒歌詞の中にある「尾瀬」という沼の「水のほとり」です。
尾瀬沼のすばらしい景色をご堪能ください。

http://www.towabank.co.jp/oze/oze97/oze97.html

4.「夢見て咲いている水のほとり」とはどのような意味でしょうか。句読点がないので、混乱しています。誰が夢を見たのでしょうか。作詞者自身ですか。第二段落の中の「夢みて匂っている水のほとり」もこれと同じような理由で、よく理解できません。句読点を入れていただければ助かります。

⇒「夢見て咲いている、水のほとり」
⇒読んで字の如し「水芭蕉の花が夢を見ているかのように静かに美しく水のほとりに咲いている」
⇒「水のほとりに、夢見て咲いている」が倒置されてます。
⇒「水芭蕉」を擬人化して「夢を見ているかのように咲いている」と表現しています。

第二段落も同じです。
「水のほとりで、夢を見ているかのように匂っている」
⇒「夢を見ているかのように」という表現は、「水芭蕉の純白の可憐な花が、そっとやさしく咲いている様」を【純真で汚れの無い小さな子供が、スヤスヤとやさしく、そして幸せそうに眠っている様】に喩えているのです。


5.「花のなかに そよそよと ゆれゆれる 浮き島よ」とはどのようなことを指すのでしょうか。なんか省略が多すぎるような気がします。風情を壊してしまって申し訳ありません。具体的な情景をつかみたいので、説明していただけないでしょうか。
⇒省略はありません。
⇒下記のURLをご覧下さい。
⇒「水芭蕉」は沼地にあるところでは点々と、あるところでは何本かが寄り添って、またあるところでは道のように連なって、さらにあるところでは花たちが集まって島のような塊となって咲いているのです。水の中に咲いている様子が「浮き島」のように見える水芭蕉もあるのです。

【浮き島】のイメージが下記の写真で解るといいのですが・・・。
http://www.page.sannet.ne.jp/moris/oze.htm

質問文の1.
【辞書で調べましたが、見つけませんでした。】
⇒【見つけることが出来ませんでした】
⇒【見つかりませんでした】
⇒【探せませんでした】
⇒【探すことが出来ませんでした】
⇒【見当たりませんでした】
⇒【辞書で調べましたが載っていませんでした】
★「見つけませんでした」は、ご自分の意志で見つけなかったという意味になり、「探しても見つからなかった」という意味とは違ってしまいます。

質問文5.
【なんか省略が多すぎるような気がします。】
⇒「なんか」ではなく、もし使うのであれば「かなり」とかになります。しかし、ここではそのような言葉を使うのではなく、「この文章は省略されたものが多すぎるような気がしています」などの方が、質問文としては良いでしょう。

歌詞はメロディーに当てはめ、音符に乗せることなどが優先され、倒置法が用いられていたり、省略されたり、妙な造語が出てきたり、擬態語が使われたりします。さらには、歌詞独特の擬人法が駆使されていたりして、詩自体の文意が解りにくくなっていることが多いですね。

頑張ってください。

この回答への補足

「水芭蕉」はいったいどこで生えているのでしょうか。ネットで写真も何枚も見たのですが、はっきり見えなくて、何か湖に生えているのもあるし、泥道に生えているのもあるような気がします。歌詞の中の「水のほとり」というところは水の中ですか。それとも陸地の上ですか。「花が咲いている中をそよそよと、ゆれながら漂っている浮き島よ」という文の中の「花」は何の花だと思われますか。

「そよそよ」は普通風を修飾すると思うのですが、ここでは浮き島の様子も修飾できるのでしょうか。私は「そよそよ」を浮き島の修飾語と思えず、「風」の修飾語のような気がします。つまり「花が咲いている中を(風に)そよそよと(吹かれ)、ゆれながら漂っている浮き島よ」のような感じです。「そよそよと」にかかわる省略を補足していただけないでしょうか。

補足日時:2006/08/02 13:43
    • good
    • 7
この回答へのお礼

 いつもお世話になっております。
 ご親切に教えていただき誠にありがとうございます。4まではよく理解できました。参考ページは全部見られましたが、浮島は参考ページで見つけられなかったので、水芭蕉と浮島の関係はいまだによく分かりません。「純真で汚れの無い小さな子供が、スヤスヤとやさしく、そして幸せそうに眠っている様」はとても素敵な表現ですね。ものすごく気に入りました。質問文まで力を入れて添削していただき心より感謝いたします。今後は間違えないように気をつけます。大変参考になりました。
 本当にありがとうございました。

お礼日時:2006/08/02 14:25

awayuki_ch さん、こんにちは。


1.「水芭蕉」はいったいどこで生えているのでしょうか。ネットで写真も何枚も見たのですが、はっきり見えなくて、何か湖に生えているのもあるし、泥道に生えているのもあるような気がします。
⇒awayuki_ch さんのお国にも湿原地帯はあると思います。湿原地帯は広大な野原全体が常にじめじめと湿っている土地です。
その水は、あるところは地中からの湧き水であり、あるところでは近くの川の水が流れ込んできているものであり、あるところは沼地の延長であるというように、様々な要因で出来ています。
また、湿原地帯は、全体がただただじめじめしている場合もありますが、中にはじめじめではなく沼のほとりのように、水がゆらゆらと揺れるように豊富な場合や、ところどころに小川などがさらさらと流れている場合もあるのです。
それは、雨が大量に降ったりすると、今まではただじめじめしていた湿地が、急に沼や池のような状態になってしまったり、小川のような状態で流れてきたりするからです。
awayuki_ch さんがご質問に書かれたように、水芭蕉は、沼道に生えている場合もあり、(湖ではないですが)沼地に生えている場合もあり、流れている小川に生えている場合もあるのです。数日後に訪れた人が見たときは、あの時は人が足を踏み入れることが出来た場所が、小川のように水が流れている場合だってあるのです。また、その逆もありますね。

湿地帯は「水はけ」が悪く、流れ込んだ川の水や、降り注いだ雨水が簡単にははけない土質なのです。その湿地帯に生えている「水芭蕉」は、上記のような理由で様々なところに咲いているように見えますが、実際は、そこの土地のそのときの水量の差がもたらした演出だといえるでしょう。

★「水芭蕉の花は湿地帯・湿原地帯に咲いている」というのが正解です。


2.歌詞の中の「水のほとり」というところは水の中ですか。それとも陸地の上ですか。
⇒「水の中」か「陸の上」かと質問されれば「水の中」と答えます。
⇒水芭蕉は生きていくうえで大量な水が必要なのです。
水の無い陸の上では育ちにくく、根っこを水の中に伸ばして水分を吸い上げる必要があります。
⇒ここでは、湿原地帯の中を流れる小さな流れの脇に生えて、可憐な花を咲かせている水芭蕉のことを歌っているものと思いますが、その地帯全体は豊富な水が溜まっている湿地帯です。

3.「花が咲いている中をそよそよと、ゆれながら漂っている浮き島よ」という文の中の「花」は何の花だと思われますか。
⇒「水芭蕉の花」以外は考えられません。
⇒作者は、「夏が来るたびに思い出すのです。はるかかなたの尾瀬の野原を旅したことを。目を瞑って思い出すと、尾瀬の湿原一杯に咲いている水芭蕉の花が思い出されます。そして、その水芭蕉の花の群れの中を、そよそよと吹く風に吹かれて、ゆらゆらと流れに乗って流されてくる浮き島までも、昨日のことのように思いだされるな~。そして、その水のほとりに、夢見る子供のように少し首を傾けながら咲いている水芭蕉は、かすかに匂いを放っていたなあ~。
目を瞑るだけで、懐かしい水芭蕉の花の光景が思い出される尾瀬。その尾瀬も今は遠い空の下。
★こんな感じの歌の心だと思います。したがってここで水芭蕉以外の花が登場する余地は無いと思います。

4.「そよそよ」は普通風を修飾すると思うのですが、ここでは浮き島の様子も修飾できるのでしょうか。私は「そよそよ」を浮き島の修飾語と思えず、「風」の修飾語のような気がします。つまり「花が咲いている中を(風に)そよそよと(吹かれ)、ゆれながら漂っている浮き島よ」のような感じです。
「そよそよと」にかかわる省略を補足していただけないでしょうか。
⇒(水芭蕉の花)の中に、そよそよと(吹く風に)揺れ揺れる浮き島よ。
★風に吹かれて揺れながら、水芭蕉の花の咲く湿原地帯の中の小さな流れを漂ってくる浮き島のことを歌っているのだと思います。

★先ほども書きましたように、湿原地帯では雨の後などに急に小さな流れが出来たり、常に川の水が流れ込んで、ちょろちょろとした流れが出来ている場合があります。
特に、雨などで急に水量が増えた後は、湿原地帯の真ん中に流れていた小さな流れの水量も増え、枯れた根っこや葉っぱが堆積しているものが、ふわっと流れに流されることがあるのです。まさにふわふわと頼りなく浮きながら流されてくる「浮き島」という表現にぴったりの状態になるのではないでしょうか。

★★水芭蕉の咲く地域でよく見られるのは「ザゼンソウ(座禅草)」です。しかし、この歌詞の中で、作者は水芭蕉以外の花のことには触れていないと思います。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

 shigure136さん、再びありがとうございます。
 湿原地帯について詳しく説明していただきありがとうございました。湿原地帯の特徴がよく分かりました。歌詞もよく理解できるようになりました。
 この歌のメロディを聞くときに、なぜか水か風か心の中を通り過ぎていくような気がします。まずこの淡白で自然な音符の流れに惹かれました。都市生活の疲れを洗い流し、払い除けてくれました。よく歌詞を読んでみたら、メロディーと同じで、とても素敵でした。shigure136さんの文章はとてもきれいで、日本の尾瀬の風景はよく私に伝わってきました。水芭蕉、浮島、石楠花色にたそがれる空などなど、外国人の私に深い印象を残しました。もう忘れられません。ぜひこの目で、尾瀬、尾瀬の水芭蕉を見にいきたいです。
 本当にありがとうございました。

お礼日時:2006/08/03 00:17

#9です。

何度もおじゃましてすみません。

>水芭蕉は「水のほとり」という陸地にあり、浮き島は湖にあると思ったので、この文の「花」が水芭蕉だったら、理解できなくなります
:すでに述べていますが、私はこの「花」は水芭蕉以外の花だと思います。
ただ、浮島は風に吹かれて岸辺に寄ることもあるようなので、これが水芭蕉の花であるとする解釈も『文章の構造上から考えて間違い』とすることはできないでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 何回も何回もご親切に教えていただき誠にありがとうございます。ご意見はよく理解できました。大変参考になりました。
 心より厚くお礼を申し上げます。

お礼日時:2006/08/02 21:53

#5の補足を拝見しました。




#8で「浮島」の様子を記述しましたが、島の上には色々な草などが生えています。
「その草が風に【そよそよ】となびく」わけですが、その草が生えている浮島も根が無いのでゆらゆら揺れます。
結果として草は、左右にそよそよとなびきながら浮島と共に上下にもゆらゆらゆれるわけです。

花の中にこのような上下左右の動きが見えるのを風情がある、と【まとめて表現している】ということだと思います。
#5でも述べたとおり、この花は水芭蕉以外の花ではないか、と個人的には思います。


歌詞という特性を離れて厳密に言えば、浮島がゆれるのは「そよそよ」ではなく「ゆらゆら」と表現すべきでしょう。
「そよそよ」は「そよ」(「風がそよとも吹かない」などという使い方をします)の連語ですが、
「風が静かに吹く様子」、またその風に揺られて「物が触れ合う様子」を意味します。
ですから、浮島のような一塊になっているものに対して「そよそよと揺れる」という表現は自然ではないと思います。
あくまで、風が静かに吹いて、浮島の上に群生している草などが反応してそよぎ、その葉ずれの音さえ柔らかく聞こえてきそうな状況に対して使われる表現でしょう。
その意味ではawayuki_chさんのおっしゃるとおりで、通常の文章としては不適当と言えるのは確かだろうと思います。
歌詞は字数などに制限がありますから、どうしても文法どおり収まることが難しい場合も往々にしてあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 度々ありがとうございます。「そよそよ」に関する説明はとても理解しやすいと思いました。よく分かりました。
 本当にありがとうございました。

お礼日時:2006/08/02 21:36

#5です。



参考URLが開きづらいようなので、その内容を記述しておきます。

「浮島」は植物や植物遺体 (泥炭または枯死体) からなり,湖沼や河川に浮遊する島。
浮島が浮遊するのは,植物や植物遺体のもつ浮力と浮島内部に発生するメタン,二酸化炭素などのガスによる浮力によっている。
日本では,尾瀬ヶ原に代表される高層湿原の池沼に浮島は多くみられ,池底から水面に浮上したコウホネ類などの浮葉植物の根茎や,水面に長く伸びるミツガシワの根茎を核にしてスゲ類やミズゴケ類が侵入して浮島が発達することが知られている。
大きさは普通は数m2程度までだが,時には数haに発達する (京都市深泥池,山形県琵琶沼)。
泥炭塊が浮遊する場合 (鹿児島県藺牟田池) や浮島に高木が生育する場合 (和歌山県新宮藺沢) もある。
高層湿原以外でも,ヨシ,マコモなどの抽水植物が岸から離れて浮島となる場合がある。
熱帯・亜熱帯では,ホテイアオイ,ボタンウキクサなどの浮遊植物やイネ科・カヤツリグサ科の抽水植物からなり, 浮芝suddとよばれる浮島が広く見られ,船の航行に障害となるほど巨大に発達する場合がある。
乾季に露出した湖底・河底に生えた植物が雨季の増水時に底から離れて浮島となる場合も知られている。


尾瀬の浮島。
http://www004.upp.so-net.ne.jp/fjmthr/oze/ukisim …

尾瀬沼の畔(ほとり)
http://www004.upp.so-net.ne.jp/fjmthr/oze/numaho …

http://www004.upp.so-net.ne.jp/fjmthr/oze/kisuge …

小川の水芭蕉
http://www004.upp.so-net.ne.jp/fjmthr/oze/mizube …

残雪と水芭蕉
http://www004.upp.so-net.ne.jp/fjmthr/oze/sifutu …

ハイカー
http://www004.upp.so-net.ne.jp/fjmthr/oze/porter …

以下のURLでその他も見られるかもしれません。
うまく表示されると良いのですが・・・。
http://www004.upp.so-net.ne.jp/fjmthr/oze/meta1. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 再びありがとうございます。「浮島」の詳しい定義を拝読しました。大体のイメージが分かりました。せっかくいろいろ探していただいたのですが、残念ながら、今回の画像も見られませんでした。絵の右側についた説明は見えます。
 本当にありがとうございました。

お礼日時:2006/08/02 19:44

こうしてみるとわかっているつもりでわかってなかったなあと感じています。


2は、野の小径あるいはそこを歩く人影説に賛成です。
水芭蕉は「霧のなかに うかびくる」ほど大きくないですから。

5については、#3さんの参考URL先の「イメージのみ参照」は見ることができました。
湿原全体のところどころに水芭蕉が咲いていて、そのどっかに浮島があるのでしょう。
だから「花のなかに ~~ 浮き島よ」となったのだと思います。
浮島というのはたぶん湿原中に植物が堆積してできた小さな部分だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご親切に教えていただき誠にありがとうございます。残念ながら、「イメージのみ参照」をクッリクしてもまだだめです。自分でもいろいろ検索してみました。「浮島」のイメージはなんとなく分かりました。「湿原全体のところどころに水芭蕉が咲いていて、そのどっかに浮島がある」なら、確かに「花のなかに ~~ 浮き島よ」なのですね。とても参考になりました。
 本当にありがとうございました。

お礼日時:2006/08/02 16:29

1、


文法には自信がありませんが、
「くる(来る)」は、「来(く)」という文語の連体形だろうと思います。

おっしゃるとおり「浮かんでくる」という意味で、『【次第に】浮かび上がる』という意味です。
突然はっきりと見えるのではなく、原文の場合は、霧の中に(やさしい影が)次第に浮かび上がるように見えてくる、という解釈で良いと思います。
【次第に、ある状態になる】を意味する「くる(来る)」を使うことによって霧の存在を印象づけ、幻想的な情景の表現に成功しているように思います。

2、
ここが解釈の関門のひとつになっておられるようですが、個人的には「人の影」ではないかと思います。
尾瀬を旅した時の思い出の歌ですから、霧の深かったこと、歩いて行くに従って、その霧の彼方に同じように尾瀬を散策する人々の影が幻想的に浮び上っていたこと、などをまず思い出した、と考えて良いでしょう。
つまり、この部分は直接水芭蕉に関する歌詞ではなく、状況説明と捉えたほうが良いでしょう。

3、
そして、そのような人の影が浮かび上がる野の小径を歩いていたら、水芭蕉の花が咲いているのに気付いた。
ということだと思います。
どこに咲いていたかというと、「水のほとり」です。

4、
「夢見て~」は、「水のほとりで夢を見ながら~」で主語はどちらも水芭蕉です。
いわゆる【擬人法】ですね。

5、
尾瀬には水芭蕉の他にもたくさんの色々な花々が咲いています。
その花々に見とれていると、根の定まらない浮島
http://ss.hbi.ne.jp/@6db3a80af51a482a63ea271a800 …
が風の吹くたびにゆらゆらしているのも目に入ってきて、それもまた風情がある。
ということを表現しているのでしょう。

個人的には、「水芭蕉の歌」ではなく、「尾瀬の思い出の歌」として解釈するとわかりやすくなると考えます。

【ご質問文の添削】
1、{古い表示}(×)
『古い表現』(○)

2、{見つけませんでした}(×)
・「見つけませんでした」は文法的に誤った表現ではありませんが、「意図して、わざと見つけなかった」という意味になってしまいます。
・「見つける」という他動詞を使うのであれば主語は「私」になりますから、
『見つけられませんでした』(○)と可能の否定形にする必要があります。
・「うかびくる」という言葉を主語とする場合は、
『見つかりませんでした』(○)と自動詞「見つかる」の変化形を使うべきと思います。
(文法用語にはあまり自信がありませんが、このように判断しています)

3、{【なんか】省略が多すぎるような}(△)
「なんか」は「なにか(何か)」の音便ですが、相当くだけた表現です。
「なんか最近暇だねえ」「なんかこのごろ体がだるくてさ~」など、親しい友人同士の会話で使われるのに相応しいという印象を受けます。
このような場では、『なにか』(○)と表現するほうが無難でしょう。

この回答への補足

 残念ですが、参考ページは見られませんでした。

「花が咲いている中をそよそよと、ゆれながら漂っている浮き島よ」という文の中の「花」は水芭蕉以外の花のことでしょうか。水芭蕉は「水のほとり」という陸地にあり、浮き島は湖にあると思ったので、この文の「花」が水芭蕉だったら、理解できなくなります。どうも水芭蕉と浮島は同じところにあるとは思えません。

「そよそよ」は普通風を修飾すると思うのですが、ここでは浮き島の様子も修飾できるのでしょうか。私は「そよそよ」を浮き島の修飾語と思えず、「風」の修飾語のような気がします。つまり「花が咲いている中を(風に)そよそよと(吹かれ)、ゆれながら漂っている浮き島よ」のような感じです。「そよそよと」にかかわる省略を補足していただけないでしょうか。

補足日時:2006/08/02 11:08
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 毎度お世話になります。
 ご親切に教えていただき誠にありがとうございます。4まではよく分かりました。特に、「来る」のご説明はとても理解しやすいと思いました。大変参考になりました。
 質問文まで手直しをしていただき心より感謝いたします。間違いに気づきませんでした。とても肝心な知識です。今後は使い分けに十分注意いたします。
 本当にありがとうございました。

お礼日時:2006/08/02 11:33

 他の回答者の方々が触れていらっしゃらないので、「質問文に不自然な表現がありましたら」に関して2点。



> 1.「うかびくる」は古い表示でしょうか。
> 辞書で調べましたが、見つけませんでした。

 まず、「表示」は、おかしいです。「表現」とすべきです。また、この場合は「古語(文語)」「古い言い方」などという言い方も可能です。
 「表示」は、「はっきりと表(あらわ)し示すこと。」です。「用いた原料を製品のラベルに『表示』する」などと使われます。
 「古い表示」という言い方は、たとえば、店で売っている品物の値段が変わっているのに、値札の価格は前のままである=「古い表示」のままである、というような場合に用いるのが適切です。

 次に、「見つけませんでした」という言い方は「辞書で調べましたが」に続く言い方としては適していません。普通に日本語を話す人なら、「見つけることができませんでした」もしくは「見つかりませんでした」という言い方をします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご親切に指摘していただき誠にありがとうございます。とても嬉しいです。この二点は私にとって非常に重要な知識です。今後間違えないように気をつけます。大変参考になりました。
 本当にありがとうございました。

お礼日時:2006/08/02 00:41

1. おっしゃるように「浮かんでくる」という意味だと思います。



2. 野の小径(こみち)じゃないでしょうか。

3. 水のほとりです。

4. 「夢見て咲いている水のほとり」については、この文だけではなく、
「水芭蕉(みずばしょう)の花が 咲いている/夢見て咲いている水のほとり」をひとつとして見た方がわかりやすいかもしれません。  「水芭蕉が夢を見ているように水のほとりで咲いている」という意味だと思います。  第二段落の中の「夢みて匂っている水のほとり」も同じく、「水芭蕉が水のほとりで夢見ているように匂っている」という意味でしょう。 水芭蕉は夢を見たりしませんが、まるで人間であるかのように表現しているのでしょう。

5. 咲いているたくさんの水芭蕉の花の中に浮島があって、風に吹かれて(浮島が)ゆれている状態だと思います。  浮島と言うのは「湿原や沼の水面に浮き、漂っている島のようなもの。水草・水苔・泥炭などの塊で、上には湿生植物が生える。尾瀬沼のものが有名。」だそうです。  (浮島の写真は添付しましたので、見て下さい。)

この回答は私の自己流の解釈ですので、間違っているかもしれません。 (ごめんなさい。)

日本語をお勉強中の外国の方だそうですが、質問文もしっかり書けていますし、とてもお上手だと思いますよ。 (いまどきの日本人でもこれだけきちんと書けない人たちがいると思いますよ。) これからもがんばって下さいね。

参考URL:http://images.google.co.jp/imgres?imgurl=http:// …

この回答への補足

 5に関してですが、補足させていただきます。

 残念ですが、私のパソコンで参考ページは見られませんでした。「咲いているたくさんの水芭蕉の花の中に浮島があって」とはどのようなことを指すのでしょうか。水芭蕉は「水のほとり」という陸地にあり、浮き島は湖にあると思ったので、理解できなくなりました。

補足日時:2006/08/02 00:20
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご丁寧に教えていただき誠にありがとうございます。4までは全部分かりました。とても参考になりました。
 励ましていただき本当にありがとうございました。日本語はまだまだ下手です。これからも頑張ります!

お礼日時:2006/08/02 00:29

こんばんは。


詩というのは、時に文章の勉強より難しいですね。
私も外国語をやっているのでよく分かります。
ご質問に回答させて頂きます。

1.おっしゃる通り、古い表現です。
日常会話ではほとんど使われていないでしょう。
「浮かんでくる」という意味ですが、
この詩では「見えてくる」と言うことを表しています。
「やさしい影」や「野の小径」が霧の向こうに見えてくるのです。
「うかびくる」の方が「見えてくる」よりロマンチックな
表現なのは、お分かり頂けますか?

2.水芭蕉の影と考えていいでしょう。
その他、周囲の木々や植物の影も含まれ得ると思います。

3.水のほとりです。

4.句読点ではなく、主語を補えば分かって頂けると思います。
「水芭蕉が、夢を見ながら咲いている」、
「水芭蕉が、夢を見ながら匂っている」と書き換えれば
お分かり頂けるでしょうか?水芭蕉を擬人化しています。
水芭蕉はどんな夢を見ているのでしょうね?
想像をかき立てられませんか?
水芭蕉に自分を重ねてもいいですよね。
非常に繊細でロマン溢れる表現です。

5.「浮き島」とは湖の中にある小島のことです。
具体的な情景をつかむには、
自分がその場にいると仮定してみて下さい。
あなたの前には、花が沢山咲いています。
その花達は、そよ風に吹かれてゆらゆら動いています。
その向こうに浮き島が見えています。
美しい情景をご想像頂けるでしょうか?

あと、あなたの日本語は全体的には大変お上手です。
質問文中の不自然な表現は、
>古い表示→古い表現
>見つけませんでした→見つかりませんでした or 見つけられませんでした
>何の物の影でしょうか→何の影でしょうか

唱歌の歌詞は古い表現が多く難しいですが、
その分とても風情があり美しいです。
他の唱歌にも是非触れてみて下さい。

この回答への補足

 まだすっきりしていないところについて、もう少しご意見をお聞かせください。

>水芭蕉に自分を重ねてもいいですよね。

「水芭蕉に自分を重ねる」とはどういう意味でしょうか。ほかの言い方に言い換えていただけませんか。

>「浮き島」とは湖の中にある小島のことです。

 5に関してですが、水芭蕉の生えているところは浮き島のあるところ湖ではなく、「水のほとり」という陸地ですね。「花が咲いている中をそよそよと、ゆれながら漂っている浮き島よ」という文の中の「花」は水芭蕉以外の花のことでしょうか。水芭蕉は陸地にあり、浮き島は湖にあると思うので、この文の「花」が水芭蕉だったら、「花が咲いている中を」が理解できなくなります。

「そよそよ」は普通風を修飾するのですが、ここで浮き島の様子も修飾できるのでしょうか。湿原を見たことがないので、情景はつかみづらいです……

補足日時:2006/08/01 23:37
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご親切に教えていただき誠にありがとうございます。4までは理解できました。大変参考になりました

>自分がその場にいると仮定してみて下さい。あなたの前には、花が沢山咲いています。その花達は、そよ風に吹かれてゆらゆら動いています。その向こうに浮き島が見えています。

 5の情景なのですが、上の情景なら想像できます。美しいと思います。

 質問文まで手を加えていただき心より感謝いたします。今度気をつけます。

 唱歌の歌詞は風情があり美しいのですね。それがとても好きです。他の唱歌にも是非触れてみます。本当にありがとうございました。

お礼日時:2006/08/02 00:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q江間章子・作詞/中田喜直・作曲の『夏の思い出』

この歌はどう解釈すればいいのでしょうか?
調べたら情景を思い浮かべて…などとあったのですが
よくわかりません・・(汗))
教えてくださいっ!!

Aベストアンサー

あまり考えすぎない方がいいです。
歌詞だけ読むと、「この人は、夏に尾瀬に行ったことがあり、夏になると思い出すのかな」と思うのですが、実は、夏に尾瀬に行っても「水芭蕉の花」は見られません。(笑)もう少し早い時期に行けば、残雪の中から顔をのぞかせている水芭蕉の花が見られるのですが。

江間さんは尾瀬に行ったわけではなく、イメージだけで作詞されたのではないでしょうか。

尾瀬の写真は図書館などにはよく置いてありますし、ごらんになるといいでしょう。厳密には「虚構」もある歌詞なのですが、曲と言い、歌詞といい、初夏の尾瀬のイメージにあう名曲だと思います。

Q「早春賦」の歌詞について

 日本語を勉強中の中国人です。「早春賦」の歌詞を読んでいますが、古典文法が入っているので、理解できなくて困っています。特に理解に苦しんでいるところは次の三箇所です。この歌をご存知の方がいらっしゃいましたら、教えていただけないでしょうか。

 歌詞の参考ページです。
http://www.hi-ho.ne.jp/momose/mu_title/sousyunfu.htm

1.「歌は思えど」
2.「さては時ぞと 思うあやにく」
3.「春と聞かねば 知らでありしを
  聞けばせかるる 胸の思いを
  いかにせよとの この頃か」

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それについてもご指摘いただければありがたく思います。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1.春は名のみの 風の寒さや  
谷の鶯(うぐいす) 歌は思えど  
時にあらずと 声も立てず 
時にあらずと 声も立てず
  
暦の上では春になったといっても、春とは名ばかりで、風は冷たく、まだまだ寒く感じます。
谷で冬を越した鶯が里に下りて、美しい声で春を告げようと思っても、まだこの風の冷たさに、春はまだ来ていない、まだその時ではないと、鳴き出そうとした声を潜めて春をじっと待っています。

2.氷解け去り 葦(あし)は角(つの)ぐむ 
さては時ぞと思う
あやにく今日もきのうも 雪の空  
今日もきのうも 雪の空
 
川や池に張っていた氷は解け始め、そこに生えている葦も芽をふき始めてきています。
さあ、いよいよ春が来たと思いきや、そんな思いとは裏腹に現実は厳しく、昨日も今日もまだ空はどんよりして雪が舞っています。

3.春と聞かねば 知らでありしを  
聞けば急かるる(せかるる)胸の思(おもい)を  いかにせよとの この頃か 
いかにせよとの この頃か

暦の上ではもう春になったのですと聞かされてなければ、まだ春だとは思わなかったのに、聞いてしまったので、もう、春が待ち遠しくなってしまい、季節の移り変わりさえ遅く感じ、春よ早く来いという待ち焦がれる思いをどう晴らしたらいいか判らないくらいである。

1)歌は思えど
⇒歌おうと思ったけれど。

2)さては時ぞと 思うあやにく
⇒さては時(春が来た)と思うが、その気持ちを打ち消すかのように、(まだまだ雪が降っている。)
⇒いよいよ春が来たと思ったのだが、折悪しくまた今日も雪が舞って来てしまった。(春はまだなのか~)

★あや‐にく【▽生憎】
《感動詞「あや」+形容詞「にくし」の語幹から》

1.[副]意に反して不都合なことが起こるさま。
あいにく。
折悪しく。

2.[形動ナリ]目の前の事柄が、予想や期待に反していて好ましくないさま。

意地が悪い。
不都合だ。間(ま)が悪い。
予想以上に厳しい。過酷だ。

この歌は難しい歌ですよ。
全体に伝わってくるイメージは明瞭ですが、字句の説明は非常に難解です。自信ありません。

1.春は名のみの 風の寒さや  
谷の鶯(うぐいす) 歌は思えど  
時にあらずと 声も立てず 
時にあらずと 声も立てず
  
暦の上では春になったといっても、春とは名ばかりで、風は冷たく、まだまだ寒く感じます。
谷で冬を越した鶯が里に下りて、美しい声で春を告げようと思っても、まだこの風の冷たさに、春はまだ来ていない、まだその時ではないと、鳴き出そうとした声を潜めて春をじっと待っています。

2.氷解け去り 葦(あし)は角(つの)ぐむ 
さては時ぞと思う
あやにく今日もき...続きを読む

Q「夏の思い出」の歌詞

江間章子さんの有名な歌ですが、歌詞が(題名も)いろいろあります。
http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/hog/shouka/natsunoomoide.html
http://www.hi-ho.ne.jp/momose/mu_title/natsuno_omoide.htm
http://utagoekissa.web.infoseek.co.jp/natsunoomoide.html

どれが正しいでしょうか?

Aベストアンサー

 仕事の関係で『夏の思い出』について調べる必要がありました。その際に集めた資料で歌詞底本に、最も江間章子原文に正確なものを探しました。
 それを踏まえた上で、参考URLでは1番目の歌詞がそれと同じです。ただし、底本にはルビはふられていませんでした。
 なお江間章子は尾瀬の光景を見て、故郷の平舘(現、岩手県八幡平市)で「べこ(牛)の舌」と呼ばれる水芭蕉の景色を想いだし、4年後に作詞したそうです。

Qアルトリコーダーの運指を教えてください

アルトリコーダー(バロック式)の初心者です。
ハ長調の簡単な曲でも吹けたらと思いつつ、ドレミファを順に吹いているのですが、添付されていた運指表の見方すら、頼りない状態です。
以下の運指は、間違っていませんか?
お教え下さいますでしょうか。

ソ … ●   ●●● ●●● ○
ラ … ●   ●●● ●●○ ○
シ … ●   ●●● ○●● ○

ド … ●   ●●● ○○○ ○
レ … ●   ●●○ ○○○ ○
ミ … ●   ●○○ ○○○ ○
フア … ●   ○●○ ○○○ ○
ソ … ○   ○●○ ○○○ ○
ラ … ◎   ●●● ●●○ ○
シ … ◎   ●●● ○●○ ○
ド … ◎   ●●● ○○○ ○

レ … ◎   ●●○ ○○○ ○
ミ … ◎   ●●○ ●●○ ○
フア … ◎   ●○○ ●●○ ○


親指(裏の穴)
◎じるしは、少し開ける

アルトリコーダー(バロック式)の初心者です。
ハ長調の簡単な曲でも吹けたらと思いつつ、ドレミファを順に吹いているのですが、添付されていた運指表の見方すら、頼りない状態です。
以下の運指は、間違っていませんか?
お教え下さいますでしょうか。

ソ … ●   ●●● ●●● ○
ラ … ●   ●●● ●●○ ○
シ … ●   ●●● ○●● ○

ド … ●   ●●● ○○○ ○
レ … ●   ●●○ ○○○ ○
ミ … ●   ●○○ ○○○ ○
フア … ●   ○●○ ○○○ ○
ソ … ○   ○●○...続きを読む

Aベストアンサー

全てバロック式のアルトの指使いで合っています。

それからこれは余計なことですが、「◎じるしは、少し開ける」とご本人が書かれているように '少し開ける’で正しいです。
昔、リコーダーを小学校などで教わった時に「半分あける」と教わった人も多いようですが、実際には1~2ミリくらいのものです。

リコーダーを始めるに当たって、アルトを選択し、しかもバロック式で始められたというのは最良の選択だと思います。がんばってくださいね!

Q浜辺の歌の意味がわからない

浜辺の歌の1題目、2題目までは意味がわかるのですが、3題目の意味がわかりません。教えてくださいませんか?

はやちたちまち 波を吹き
赤裳のすそぞ ぬれもせじ
やみし我は すべていえて
浜辺の真砂 まなごいまは

西東社刊 「童謡・唱歌 こころの歌」より

Aベストアンサー

はやちたちまち 波を吹き
赤裳のすそぞ ぬれもせじ
やみし我は すべていえて
浜辺の真砂 まなごいまは

東風が波の上を吹き、
着ていた赤い服がすっかりと濡れてしまったことだ
病んだ自分は癒えてきたが、
浜辺の砂,いや,私の子どもはどうしているのだろうか
http://www7a.biglobe.ne.jp/~hnet/haturatu/hamabenouta/hamabe.html


「はやち」は疾風(はやて)で、
「ち」は東風(こち)の「ち」と同様、古い日本語で風を意味します。

「赤裳」は赤い着物。
「ぬれもひじし」は「濡れ漬つ」という複合動詞の間に、
意味を強める係助詞「も」を挟んだもの。

「漬つ(ひつ)」は、「沾つ」とも書き、水につかる、濡れるという意味。
末尾の「し」は、過去を示す助動詞「き「の連体形。
「すそぞ ぬれもひぢし」で、
裾がすっかり濡れてしまったという意味の係り結び。

「真砂」は、一般にはマサゴと読み、細かい砂を示します。
次の「まなご」も同じ意味。
「まなご」には愛子という意味もあります。
4番が消失してしまったのでわかりませんが、
古渓は「まなご」に真砂と愛子の2つの意味を、
掛けていた可能性があります。


だそうです。
なんか、どこを見ても、この歌の3番はイワクツキのようですね。

http://duarbo.air-nifty.com/songs/2007/01/post_e4b4.html

はやちたちまち 波を吹き
赤裳のすそぞ ぬれもせじ
やみし我は すべていえて
浜辺の真砂 まなごいまは

東風が波の上を吹き、
着ていた赤い服がすっかりと濡れてしまったことだ
病んだ自分は癒えてきたが、
浜辺の砂,いや,私の子どもはどうしているのだろうか
http://www7a.biglobe.ne.jp/~hnet/haturatu/hamabenouta/hamabe.html


「はやち」は疾風(はやて)で、
「ち」は東風(こち)の「ち」と同様、古い日本語で風を意味します。

「赤裳」は赤い着物。
「ぬれもひじし」は「濡れ漬つ...続きを読む

Q「曲想」と「曲調」の違い

楽曲のレビュー記事を見てよく思うのですが、

ダイナミックな曲想、哀調をおびた曲調...

「曲想」と「曲調」言葉の違いはどこにあるのでしょうか。辞書で引きましたがしっくりきません。

どなたかお分かりの方はいらっしゃるでしょうか。

Aベストアンサー

曲調は、明るい暗いなどが含まれていると思います。また、これにはリズムも関係してくる。楽しいリズムであるとか、淡白だとか。

曲想は、その曲に込められた想いを意味するんだと想います。ダイナミックは、壮大でおおらか、すごく英雄的な感じとか、または幻想的とか、そういった捉え方だと思います。

Q「浜辺の歌」という童謡の歌詞について

 日本語を勉強中の中国人です。「浜辺の歌」の歌詞を読んでいますが、古典文法が入っているようで、よく理解できなくて困っています。質問をさせてください。
 
 歌詞の参考ページは次のようになります。
http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/hog/shouka/00_songs.html

1.「あした浜辺を さまよえば」「ゆうべ浜辺を もとおれば」

 上の二つの歌詞の中の「ば」は、現代語の中の「ば」の意味と一緒ですか。現代語の「ば」の意味と違うなら、ご説明願います。

2.「昔のことぞ しのばるる」

 この文を現代語に訳していただけませんか。「しのばるる」は連体形でしょうか。

3.「ゆうべ浜辺を もとおれば」

「もとおる」とはどのような意味でしょうか。

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それについてもご指摘いただければありがたく思います。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1.同じと言えばまあ同じです。「さまよえ」を口語「さまよう」の仮定形と見ても、一般条件(恒常条件とも言う)を表す節を成していると取るなら、いちおうは作者の言わんとするところをつかまえたことになるでしょう。

でもまあそれは偶々そうなっただけです。これは文語文(仮名遣いが「間違って」ますが)ですから、口語文として解するのは見当違いというものです。

「古典文法が入っているようで」とおっしゃるが、それは違います。全文が文語文法にのっとって書かれています。部分的になんてことは不可能です。口語に文語が混ざり込んでくるのは、熟語とか俚諺などの定型表現として残存しているだけのことです。逆に文語に口語が混入するなら、それは誤謬というもので、よく言っても便宜的措置です。

「あした」は朝のことです。明日のことではありません。明日のことだとすると、「さまよえば」が未来の出来事になり、一般条件ではなく仮定条件を表すことになり、そうなるともう何がなんだか分からなくなってしまうからです。(あともう一つ、「ゆうべ」と対を成さなくなるという不都合もありますが、これはまあ些末なことです。)

古文に「朝」という語が現れたときにこれを「あした」と読むことがほとんどだ、なんてことはありません。上古の昔から「あさ」と読む場合も沢山あります。

わきまえておくべきなのは「あした」が文語と口語とでは意味が異なることです。今「あした」と言えば、必ず今日の次の日のことです。でも昔は朝の意味であって、tomorrowという意味ではなかったのです。

どうして意味が変わったか、というと昔は一日を日の有る無し(要するにヒルとヨル、英語で言えばdayとnightと)、大きく二つに分け、それぞれに時間の推移を表す言葉の系列があったのに、いつしかその区別が失われたことによります。

明るい時間はアサに始まりヒルを経てユフで終わります。夜は〈ユフベ→ヨヒ→ヨナカ→アカツキ→アシタ〉と推移します。アサとアシタは実質的には同じ時間帯ですが、アサは明るい時間の始まりであり、アシタは暗い時間の終わりに当たるのでした。となれば、どうしてアシタがミョウニチの意味に変化したかは説明するまでもないでしょう。

さて、ここまでは前置きみたいなものだ。「さまよへ」と「もとほれ」はともに動詞の已然形であって
未然形ではない、ということが分かっていないと、この文は読めないのです。已然形であるということは「ば」と結びつけば、確定条件(既定条件と呼ぶむきもある)か一般条件を表すことになります。未然形なら仮定条件です。

確定条件・一般条件・仮定条件とはそれぞれ何か。活用形の名前を見れば分かります。そのように名付けられているからです。

已然形とはスデニシカル(ヲイフ)カタチであり未然形とはイマダシラカザル(ヲイフ)カタチです。既に起こった事柄と今だに(註:これ誤記にあらず)起こっていない事柄と、その別をかつては語形によって明々地に示していたわけです。

花咲かば、歌詠むべし。
花咲けば、歌詠むべし。

この二つは意味が異なります。前者は「花が咲いたら歌を詠みなさい」、後者は「花が咲いたので歌を詠みますぞ」と言っています。前者ではまだ花が咲いていないのに対し、後者では既に咲いています。単純と言えば極めて単純です。

一般条件とは、ある事柄がある条件において常に同じ結果が生じることを言うときに使われる表現法です。これは確定条件で表されるような事態の反復的生起と観察によって得られた知見に基づきますから、已然形が用いられるのは理の当然でしょう。

さてようやく結論。この歌の「さまよへば」も「もとほれば」もこの一般条件を立てるものです。朝方に浜辺をぶらぶらすると必ず、いつも、常に、そのたびに、昔のことを思い出す、ということです。このしつっこく畳みかけた語を一つ入れないと、学校のテストなら減点でしょう。

2.たとえば「昔のことがしきりと思われてならない」となります。ここに使われている古文特有の語法を「係り結び」と称します。係助詞「ぞ」が出ると文尾を連体形で結ぶという約束があるのです。初歩の初歩ですが。

3.私は不思議でならないのですが、どうして辞書を引かないんですか。「しのばるる」にしても「しのばる」なんて動詞があるかどうか確かめてからお尋ねになるべきだと思う。

>「浜辺の歌」の歌詞を読んでいますが、古典文法が入っているようで、よく理解できなくて困っています。

「読んでいます」ってことはないでしょう。こんな短いものを。〈読みましたが〉とするべきです。とすると、後ろも変えなくてはならない。〈…読みましたが、文語表現らしき部分がよく理解できません〉

>歌詞の参考ページは次のようになります。

「なります」は誤りではないけれど、「なる」ってほどのもんか? って思いますね。それから、こういう「なります」って非人間的(機械的)接客用語として嫌われる傾向が強いようですよ。〈歌詞の全文はこちらでご覧ください〉のほうが好ましい。


よけいな差し出口かもしれませんが、古文なんか勉強しても労ばかり多くて酬われるところは少ないと思いますよ。日本人なら、和歌が理解できるようになり、したがって詠むこともできるようになるという非常に大きな御利益がありますが、日本語を母語としない人たちには五七五の律動感はいつまでたっても感じられるようにならないみたいだから。

それから歌謡の詞を日本語の教材扱いなさるのもあんまり良いこととは思えません。たいていは舌足らずというか、カタコトみたいなもので、優れた表現を含むものは極めて稀です。

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%E2%A4%C8%A4%AA%A4%EB&kind=jn

1.同じと言えばまあ同じです。「さまよえ」を口語「さまよう」の仮定形と見ても、一般条件(恒常条件とも言う)を表す節を成していると取るなら、いちおうは作者の言わんとするところをつかまえたことになるでしょう。

でもまあそれは偶々そうなっただけです。これは文語文(仮名遣いが「間違って」ますが)ですから、口語文として解するのは見当違いというものです。

「古典文法が入っているようで」とおっしゃるが、それは違います。全文が文語文法にのっとって書かれています。部分的になんてことは不...続きを読む

Q滝廉太郎の「花」の歌詞の意味を教えてください。

滝廉太郎の「花」の歌詞の意味を教えてください。
古い言葉なので、分からない語句があります。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こういう注釈でいいでしょうか。個人的解釈です。

春のうらゝの隅田川
のぼりくだりの船人が
櫂のしづくも花と散る
ながめを何にたとふべき

「舟人が」→舟人の
「櫂のしづくも花と散る」→(舟人の漕ぐ)櫂のあげるしずくが花のように散っている
「たとふべき」→たとえることができるだろうか(たとえられない)  
 ※「べき」→連体形「べきか」の省略ではないかとの解釈

見ずや あけぼの露浴びて
われにもの言ふ櫻木を
見ずや 夕ぐれ手をのべて
われさしまねく青柳を

「見ずや」→見てないの?(いや、見なくてはいけませんよ) 
 ※全体的に対句の倒置法、「見ずや」は、それぞれ「櫻木」、「青柳」にかかる。
 →見てないのですか? 夕暮れどき、自分においでおいでと手招きするような青柳を
 ※浅田真央をまだ見てないの? の使い方と同じ解釈

錦おりなす長堤に
くるればのぼるおぼろ月
げに一刻も千金の
ながめを何にたとふべき

「錦おりなす」→様々に花が咲き乱れているようす
「くるればのぼるおぼろ月」→日が暮れたら昇る(満月)のおぼろ月
 ※参考:蕪村の「月は東に日は西に」
「げに」→実に、ほんとうに
「千金の」→千金の価値がある(ほどすばらしい)
 ※参考:蘇軾の「春宵一刻値千金」

こういう注釈でいいでしょうか。個人的解釈です。

春のうらゝの隅田川
のぼりくだりの船人が
櫂のしづくも花と散る
ながめを何にたとふべき

「舟人が」→舟人の
「櫂のしづくも花と散る」→(舟人の漕ぐ)櫂のあげるしずくが花のように散っている
「たとふべき」→たとえることができるだろうか(たとえられない)  
 ※「べき」→連体形「べきか」の省略ではないかとの解釈

見ずや あけぼの露浴びて
われにもの言ふ櫻木を
見ずや 夕ぐれ手をのべて
われさしまねく青柳を

「見ずや」→見てないの?(...続きを読む

Q楽しく感じる音楽授業とは?

授業以外で中学生が音楽が好きだなあと感じる取り組みは何かあるでしょうか?
ドラムとか…楽器つくりとか。
ぜひ、現役の中学生はもちろんのこと、昔、音楽嫌いな生徒だった人はこんなことをしてほしかった!!という意見がありましたら教えてください

Aベストアンサー

僕の高校のころの英語の教師の授業が忘れられない。
よく洋楽を流してくれました。
そして、生徒からのリクエストにも答えてくれて、僕がリクエストした中島美嘉やBONJOVIも流してもらえ、とてもうれしかったです。
そして人生の教訓や、生きていくための力になるような内容の授業を、わかりやすくハリウッド映画などを使って学ばせてくれ、とても感動し、英語嫌いが治りました。
あと、中学でも、ビートルズのレット・イット・ビー、エアロスミスなどの曲を歌詞を配って、聞かせてくれた先生がいて、とても面白い授業でした。

Q楽しい発声練習方法を教えてください。

小学生と中学生向けの楽しい発声練習がありましたら、教えてください。
音楽を教えています。
授業の導入で毎回発声をやっているのですが、スケールで、ドレミファソファミレド~♪と半音ずつあがっていく発声方法と(ありきたりですが苦)、スタッカートでの発声、授業で歌ったことのある曲や、2分程度の童謡、
「人間っていいな」
「もりのくまさん」
「南の島のハメハメハ」
など誰もが知っていて、即興で出来る簡単な曲をやっております。
童謡は中学校では子供っぽすぎると思いやっていません。
私的にはあまり面白くないな~と思っています。
スケールでの発声は、元気な子は面白がってやりますが、少しおとなしい子や、女子生徒はつまらなさそうな顔をしています。
そんな子も楽しんで出来るような発声方法がありましたら是非教えてください!
指導の助言、声が出る指導の助言、面白い曲も知っていましたら教えてください。

あと、「犬のおなか」という曲のコード進行がのっているサイトがありましたら、そちらも教えてください。
よろしくお願いします♪

Aベストアンサー

中学校の先生で、あまり声を出さない年頃の男の子もバシバシと乗せて声を出させる先生がいました。

いつも、発生代わりに歌わせるのがみんなの歌の「恋するニワトリ」
少し早めのテンポで弾いて勢いで歌わせていました。
歌詞もちょっと切なくてコミカルでみんなで歌っていました。

後は普通に発声練習。
ドードードードードー、レーレーレーレーレー

をずっと「あーえーいーおーうー」とやるアレですが
なんか響きを面白がってみんなでやってました。
男子はたまに「マーマーレーモーンー」とか変えて遊んでました。

割と間髪入れないテンション、生徒のぼやきは取り合わないってのもよかったのかもしれません。

「ハイハイハイハイ!やるよ!たって!」と言いながら前奏に入る感じでした。

スタッカートなら「やまでらのおしょうさん」とかもいいんじゃないでしょうか。

おとなしい子は単に声を出すことに抵抗がまだあるんじゃないでしょうか。
個別指導とかなら先生が一緒に声を出すとか
その子の好きな歌、カラオケでうまくなりたい歌とかを選ばせる
もしくはその曲に役に立つということをはっきりわからせた曲を選ぶのもいいと思いますけど

中学校の先生で、あまり声を出さない年頃の男の子もバシバシと乗せて声を出させる先生がいました。

いつも、発生代わりに歌わせるのがみんなの歌の「恋するニワトリ」
少し早めのテンポで弾いて勢いで歌わせていました。
歌詞もちょっと切なくてコミカルでみんなで歌っていました。

後は普通に発声練習。
ドードードードードー、レーレーレーレーレー

をずっと「あーえーいーおーうー」とやるアレですが
なんか響きを面白がってみんなでやってました。
男子はたまに「マーマーレーモーンー」とか変...続きを読む


人気Q&Aランキング