「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

はじめまして、十数年ぶりにラジコンを始めようかと考えています。

大きさやデザインなどからシャーシはMシャーシを考えているのですが、フラットダートでのレースを楽しみたいので4WD化が出来ないか考えています。

過去のオークションには出品があったようなのですが
4WD化のキットなどは市販されているのでしょうか?

<オークションのMシャーシ4WD化>

http://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n3 …

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

Techのキット、懐かしいですね。


本題に入る前に、Mシャシーの説明が必要かもしれません。

Mシャシーは大別して、M01/M02系とM03/M04系との2系統に分かれます。
前者はモノショック、後者は4独サスが大きな特長の違いです。さらにそれぞれ -L や -M といったホイールベース長のバリエーションや駆動系の違いで細分化されますが、ここでは割愛します。

御提示のTechのキットは、前者M01/M02系用のコンバージョンキットです。
このキットを探すのも大変ですが、M01/M02系シャシー自体も最近ではほとんど見掛けません。部品欠損等の対応も困難になることは容易に想像できます。従って、M03/M04系のシャシーをベースにするのが現実的と言えます。

さて、M03/M04系シャシーの4WDコンバージョンキットですが、残念ながら私はその存在を知りません。ただし条件によって、様々なアプローチがありますので、私の知る限りで説明します。

質問文通り、あくまでMシャシーの4WD化にこだわる場合:
1.前輪駆動系のM03と後輪駆動系のM04を切って貼る。
2.M03と部品共有同系列の4WDシャシーである、TL01(ツーリングカーサイズのシャフト4WD)を短く詰める。

タミヤ現行型ツーリングシャシーのmini化:
3.シャフト4WDならTT01やTB02等、ベルト4WDならTA04やTA05等を短く詰める。

miniサイズの4WDなら何でも良い場合:
4.他社製同一サイズのシャシーキットを購入する。

1はビッグフットのクロカン仕様に仕上げられる場合が多く、一部では「ゴブリン仕様」などと言われる物です。
キットを二つ用意するか、どちらかのキットに必要なパーツだけを買い足して製作します。
ツインモーターの4WDとなりますので、重量・燃費や前後輪の回転差をワンウェイベアリング等で補正する必要(気になる場合w)がありますが、オフロードにおけるダイナミックな走りは秀逸です。

2はTL01シャーシ(少々旧型であるも、まだまだ入手可)のホイールベースを短縮する手法です。
ホイールベース短縮に伴い、前後ギヤボックスを連結するシャフトも加工が必要となりますが、サスペンション周辺部品はM03のパーツが無加工で使用可能なため、最も安価かつ簡潔な手法と言えます。
シャシーとシャフトの切断以外は、信頼のTLシャシーそのままであり、ピーキーなモーターを搭載しない限りは安定した走行性能が得られることでしょう。
1,2共、web上でシャシー構造が公開されており、検索エンジンの活用で豊富な情報の入手が容易です。

3は現行ツーリングシャシーを短縮する手法です。TL01に比べ、比較的走行性能の高いシャシーがベースとなっています。
この手法はマニアと呼ばれる人達が独自に製作するケースが多く、走行性能も非常に高くなる場合が多いです。反面、製作難易度も高くなり、いろんなメーカーの部品に対する知識や高い加工技術を必要とします。
以前某有名団体の有志がTB系シャシー用ミニコンバージョンのカーボンシャシーを、一括製作・数量限定販売していましたが、ごく短期間で完売した経緯があります。

4は他社の同寸4WDシャシーをそのまま組み立てるだけです。
昔はABCホビーから「カレラ」、HPIから「RS4-PRO」といった製品が販売されていましたが、割と短期間で両者共市場から姿を消しました。その後このカテゴリーは暫くの間低迷しました。
しかし最近になってまた、ABCホビーから「ジェネティック」をはじめ、数社から同種の品が発売されています。
現在販売中の月刊誌「RCマガジン」8月号では、これらの特集記事があったように記憶しています(3日後に来月号が発売されてしまいます)。
この手法に関するメリットは、特筆するまでもありませんネ。ただひとつ言える注意点は「基本的にオンロード用」であるということです。

こういったメーカー各社の動向を見ると、質問者様はある意味「時代を先行」しているのかもしれません。
ひょっとしてブームになりつつある現在、一定の人気が確率されれば、大御所が新シャシーを発売することになるでしょう。ただし先述のとおり、オフロードに関してはMサイズ用のタイヤが潤沢でなく、「タムテックギア」と称される小型バギーを売り出した事もあり、メーカーは様子見といったところでしょうか。

総じて考え方は何通りかあると思います。
・あくまでMシャシーの4WD化に拘る。
・ひたすら自作の道を選ぶ。
・他社製のキットをダートに使用する。もしくはオンロードに甘んじる。
・タミヤが興そうとしているミニバギー(即走行可フルセット:2万円)の流行に乗る。

私が質問者様の立場なら、2の手法を用いてTLを切り詰め、サス周りはTLそのままを使用してラリーブロックタイヤを履くでしょう。ハミタイヤになるので、Mシャシーボディのタイヤハウスを大きくカットしないと干渉します。その後、社外品で小径のオフ用タイヤが見つかれば、Mシャシー用の短いサスに戻します。


長文ついでの余談:

私はM03を前後逆にしたRR車を自作所持していますが、暗中模索・試行錯誤しながら苦労して製作した割には走行性能が悪く(まぁ想定内でしたw)、現在ではその特性を生かしたミニドラッグ仕様となってしまいました。タミヤサーキットでは軽く前輪を浮かしながら加速しますが、ストレートが短く車速が伸び切りません。さらにはそんなスピードで曲がれる筈もなく、横転しながら壁面に激突して停止します。
自己満足だけを追求すると、こんな結果を招くこともあります。
怪我のないよう、安全に楽しく遊びましょうネ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qミニクーパーのラジコンでドリフトがしたい!

ミニクーパーのラジコンでドリフトがしたい!

今までラジコンにはあまり興味がなかったのですが、
たまたま行ったショッピングセンターにラジコンを走らせる事ができる場所があり、
そこでドリフト走行してるラジコンに惚れてしまいました。
自分もやってみたい!と思い、通販でラジコンの購入を考えています。
ラジコンの知識が全くないので教えていただけると助かります。

車はミニクーパーが好きなのでミニクーパーでドリフトが出来れば大満足です。
とりあえずネットで探した結果、
電動RC XBシリーズ ミニクーパーが見つかりましたが、ドリフトさせるにはどうすれば良いのでしょうか?
ドリフトタイヤを付けるだけでも出来ますか?

ミニクーパーでドリフトができるだけで良いんです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

#2です。
あきらめの悪いかたですね…でもキライじゃないですけどw
予算の提示が無くどのくらい本気なのか想像できませんが、その熱意に少々面倒な説明をします。

いわゆる一般的なラジドリは、「ツーリングカー」と呼ばれる1/10サイズの4WD車に滑りやすいセッティングを施した物です。これはタイヤのみならず、サスの硬さ・舵角・車高・キャンバー角・デフ・減速比の調整等々に加え、相応の練習を重ねて実践に至るわけです。
ツーリングカーの主要寸法は大凡、幅200mm・ホイールベース260mmで、これを統一することで各車のボディを被せることができるようになっています。

反してタミヤのミニにも、幾つかの種類があります。
同じ1/10サイズですから、当然前者とはタイヤ径を含む各部の寸法が異なる訳でして、幅170mm弱・ホイールベース210(ローバーミニ)・225?(BMW2002)・237(BMW2006クーパーS)とあります。
シャーシのシリーズもM03・M05といった種類が(他にも)あり、これら一連を総称して「Mサイズ」と呼び、他社もそれに追従しています。
タミヤのMサイズには2WDのラインナップしか存在しないため、Mサイズの4WDが必要であれば、改造車を製作(幾つか方法あれども省略)するか、ABCホビーの「ジェネティック」やミワホビーの「ビート」といった他社製のMサイズ4WD車を購入し、Mサイズのドリフトタイヤを履かせるしかありません。経験上これが一番の近道と考え、一式を新品で揃えるには25000円程度は必要になるでしょう。

ツーリングサイズでは、以前タミヤ製品で TG10-Mk.1 という1/10エンジンカーのシリーズに、1/8サイズのロバミニボディを載せた製品がありました。このボディやキットを使えばツーリングサイズに使用できますが、既に入手難&高価なので現実的ではないでしょう。

ドリパケライトですが、2種類のホイールベースが選択できながらも、これに見合うミニのボディが一般的なプラモデルの中には無いようです。はるか昔にイマイもしくはアリイといったメーカーから1/20サイズのプラモデルがあったらしいという話は聞き覚えがありますが、マッチするかは疑問ですし、この他に思い当たる解決策はありません。ドリパケライトの性能自体もイマイチです(関係者の方スミマセン)。

旧ミニにはミニモークを含め正式な4WDが存在しないことですし、せっかくのゴーカートのような実車の乗り心地や挙動を、ありえない4WDで再現してしまうのもどうかな?とは思います。ただ、実車のnewミニに4WD設定が追加されましたので、今後のラジコンにもその影響が波及する可能性はゼロではないでしょうね。

#2です。
あきらめの悪いかたですね…でもキライじゃないですけどw
予算の提示が無くどのくらい本気なのか想像できませんが、その熱意に少々面倒な説明をします。

いわゆる一般的なラジドリは、「ツーリングカー」と呼ばれる1/10サイズの4WD車に滑りやすいセッティングを施した物です。これはタイヤのみならず、サスの硬さ・舵角・車高・キャンバー角・デフ・減速比の調整等々に加え、相応の練習を重ねて実践に至るわけです。
ツーリングカーの主要寸法は大凡、幅200mm・ホイールベース260mmで、これを統一する...続きを読む

QRCカーのタイヤのサイズ

当方いい歳になりましたがネットでドリフトするラジコンカーを見て火が点きかけています。
私も昔RCカーでタイヤにセロテープなどを貼ってドリフトさせて(スピンさせて?)遊んだものです。
でもその頃RCカーは1/12が主流でした。
またよく作ったプラデルも1/12で、このスケールにとても愛着があります。
それでプラモボディー流用、もしくはFRP自作ボディーで作ってみたいと思っています。
シャーシーは1/10の物を加工するつもりですが問題はタイヤです。
1/10ミニクーパーなどのタイヤがもしかすると使えるかな、でもデザインがな~…などと思案しています。
前置きが長くなりましたが要はいろいろなメーカーで現在容易に購入できるタイヤ、ホイールなどの外形寸法や取り付け部の形状など一覧できる都合の良いサイトなどご存じないでしょうか(見つからないのです)。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1です。返信を有難うございます。
残念ながら、オオタキを知らない世代(見栄?w)です。

お返事の内容から、非常に精力的に調査されていることが良くわかります。
タミヤは多くのシャシーに対して組立説明図をweb公開しており、とても参考になります。しかしそれはやはり「紙の上」、実際にいろいろなシャシーパーツを手にした私ですが、個別部品の他シャシーへのコンバート相関関係には、やはり辟易するものがありますネ。

私自身、M03(FWD ミニクーパ)の前後を入れ替えたRWD車を製作しました経験上、M04(RWD)をベースにするのが最も簡潔な方法だと思います。何と言ってもホイルベースの調整だけですから・・・
難点は、シャシーが少し高いことです。S30Z等のボディがもし干渉するような状況であれば、シャシーの余分を切断・小型電装品の採用で解決するはずです。

縦置きモータの構想も同意します。おそらくシャシーはFRP板から切り出すくらいの覚悟でしょうから、TB-02系(TT系は不向き)のギヤボックスを使うことで、意外と簡単に製作できるものと考えます。これにMシャシー用の短いサスアームを接続して、車幅を狭めます。
通常6セルのバッテリパックの搭載は、横置きの場合は車幅が、縦置きの場合はホイルベースがネックになるかもしれません。この場合にはバッテリを4セル化するか、タミヤから販売されているティレルP34専用の短いバッテリー(確か型式は1700MP)で対処する必要があるでしょう。

F103系には最近ツーリングカー向けに発売されたGT仕様があります。構造も単純で、従来のF1スポンジタイヤ装着ではなく対辺12mmの六角ハブが使用可能ですが、懸念されておられる車幅の問題を解決するのは至難であると同感します。

#1での記述を忘れておりました。
以前の純正オプションにアルミ切削加工のホイールがあったと記憶しています(確か二種類)。高価で流通量も多くなく、現在では入手困難だとは思いますが、ディスプレイ目的の満足度はケタ違いでしょうね。


それと・・・
今、いろいろ調べているうちに、こんなものを見つけてしまいました。
詳細・パーツ互換はまったく不明ですが、業界大手のメーカですね。

http://www.kyosho.co.jp/web/products/car_bike/a12/a12racing/racing_series/racing-j.html

この商品、2年前に秋葉原のスーパーラジコンで80%offで販売されていたという情報もあります。

参考になれば幸いです。

#1です。返信を有難うございます。
残念ながら、オオタキを知らない世代(見栄?w)です。

お返事の内容から、非常に精力的に調査されていることが良くわかります。
タミヤは多くのシャシーに対して組立説明図をweb公開しており、とても参考になります。しかしそれはやはり「紙の上」、実際にいろいろなシャシーパーツを手にした私ですが、個別部品の他シャシーへのコンバート相関関係には、やはり辟易するものがありますネ。

私自身、M03(FWD ミニクーパ)の前後を入れ替えたRWD車を製作しました経験上...続きを読む

QRCのバッテリーについて教えてください

最近またラジコン(ドリフト)を始め、5年前のバッテリーを3本引っ張り出して使用しています。
古いのでもうだめかなと思いつつ使っていますが問題なく使用できています。
タミヤ1400、SANYO2000、KYOSHO2000の3本ですが急速充電器(放電付き)で1時間~1時間30分で充電後、3本ともに走行時間15~20分位です。
モーターはドリパケの純正モータでタイやはドリパケ用ゼロワンRです。
充電に関して気を使っていた点は5年前の当時も放電後→充電するようにしていました。
その恩恵か5年経過後でも多少のパワーダウンは否めませんがそこそこ
ストレス無く遊べています。
そこで気になっているのは本来のバッテリーの寿命です。
RC用7.2Vニッカドバッテリーの寿命はどのくらいなのでしょうか?
何か手軽にバッテリー性能を測れるものがあれば教えてください。
あと、放充電器も5年前のものなので信頼性が心配です。
比較的安価なお奨めのものがあれば教えて欲しいです。
いかんせん、商品がたくさんありすぎてどれが良いのかさっぱりわからないので・・^^;

よろしくご教授ください。

最近またラジコン(ドリフト)を始め、5年前のバッテリーを3本引っ張り出して使用しています。
古いのでもうだめかなと思いつつ使っていますが問題なく使用できています。
タミヤ1400、SANYO2000、KYOSHO2000の3本ですが急速充電器(放電付き)で1時間~1時間30分で充電後、3本ともに走行時間15~20分位です。
モーターはドリパケの純正モータでタイやはドリパケ用ゼロワンRです。
充電に関して気を使っていた点は5年前の当時も放電後→充電するようにしていました。
その恩恵か5年経過後でも多少の...続きを読む

Aベストアンサー

RC用バッテリーの寿命は、主に充放電回数とそれに伴う素材劣化の程度で決まります。電池素材自体はどれも非常に化学的安定性が高いですし、缶もステンレスで錆びないので、過放電と高温多湿さえ避けられれば、20年~30年でも使える状態を維持できることは産業界でも実証済みです。実際に自分自身、10年以上前の各種セルを現役でいろいろと使っています。

ただし、耐久性は「ニッカド」「ニッケル水素」と単純にくくって考えられるほど単純ではありません。セル間のマッチング精度やセルの銘柄によって、耐久性に差が出ます。パックバッテリーはマッチドと特に謡っていない限りマッチング精度が低いので弱いセルの負荷が厳しく、マッチドのバラセル(自分でパックを組むもの)より寿命は短くなります。自分の経験上は、マッチドセルだとノンマッチドのパックバッテリーにくらべて概ね10~30サイクルくらい寿命が延びる感じです。

銘柄に関しては、ニッカドでも1700までと2000以降では耐久性が大きく違います。1700までは100回以上使えて性能低下もあまり目立ちませんでした。しかし2000以降は容量面で無理をしたこともあって耐久性は犠牲になっています。保存特性(自己放電量や過放電耐性)も2000以降はかなり悪化しています。自分の経験では2000以降は50サイクルくらいで死ぬセルが増えました。上手に使えば100サイクルくらいまでは使えましたが、容量低下が著しいので走行用として楽しめるのは50~70サイクルくらいまでです。

ニッケル水素になってからもGPとサンヨー、インテレクトでは耐久性に差があります。自分は使ったことありませんが、たぶんフォースマックスなども同様でしょう。従来、耐久性に定評があったのはGPです。ただし3300までの話です。

サンヨー、インテレクトのニッケル水素は当初から純レース用を強く意識機しており、あまり耐久性は重視されていなかったようです。レースに勝てなければ商売にならないので耐久性の優先度が低いのは仕方がありません。ニッケル水素になってからはモデルチェンジも毎年のように行われ、セルがダメになる前にどんどん買い買えを促されます。「ご意見番」たるトップレベルのユーザーの「耐久性」への関心が薄くなるのも無理ないです。「型落ち品」の劣化なんて関係ないですもんね。ほとんど使い捨て感覚です。酷いケースでは12ヶ月の間に3600→3800→4200と2回もモデルチェンジした時期があったくらいです。さすがに最近は落ち着きましたが、またぞろ4500~4600への切り替えが始まっていますよね。

また、レースでは放電特性が悪いと話にならないので、どんどんセルの特性がコンデンサ的なものになってきており、とんでもなく自己放電特性が悪くなっています。これも耐久性の悪化に影を落としています。3600以降のセルでは満充電1ヶ月程度でカラになってしまうケースも珍しくありません。日常的に使い続けられる前提がないと過放電でセルが死んだり痛んだりしてしまうわけです。毎週のように走らないと、文字通り、カネをドブに捨てる感じです。そしてどのみちセルが劣化するので翌年には買い換えなければならないと。

こうしたニッケル水素(特に最新スペック品)の商品性は、サンデードライバーには実に痛いものになってきています。狙いが「レースでの勝利」なので、これはもう仕方ありません。価格も容量が増えれば高くなります(材料費が増えるので仕方ない)。なので、ご自身の走行頻度と相談して、頻度が毎月2回以下程度なら、最新スペックのニッケル水素は避け、1700以下のニッカド、または3300以下のGP製ニッケル水素になさることをお奨めします。

GPも耐久性の評価が高かったのは3300までで、3600~3700以降はどのメーカーを使っても最高の性能が得られるのはせいぜい5サイクル程度、10サイクルも使えば放電量が1割以上減り、性能低下がはっきり分かるようになり、50サイクル過ぎると充放電すらマトモにできなくなるケースが増えてきます。使い方が良かったり、当たりのパックに出会えば100回くらい使えるケースもありますが、放電量は新品時の6~7割まで落ちてしまいます。

ニッケル水素はサイクル特性(耐久性)はニッカドより悪いですが、容量が大きく、走行時間が延びるので、寿命までのトータルの走行時間と支払うコストを見比べると、ニッケル水素に若干の分があるとは思います。また、走行性能的にはこれはもう圧倒的に最新のニッケル水素が一番優れていますから(モーターの回転音からして全然変わります)、胸のすくパワーを手軽に楽しむにはバッテリーのグレードアップは一番手っ取り早いのではないでしょうか。

充放電器は、5年程度なんて、まだ新しいほうですよ!よっぽど酷い保管をしてなければ、まったく問題なく使えるはずです。バッテリーコネクター端子が錆びてたら交換すればいいくらいの話です。

手軽なバッテリーの性能測定としては、決め打ちしたモーター、ギヤ比、タイヤで走行時間を比べればいいと思います。充電時間では的確な放電量は予想できません。ダメなセルがあると、充電電流を熱に変換して電気ばっかり食うだけで全然入らないからです。充電時間がアテになるのは、バッテリーのコンディションが信頼できるケースに限ります。

ただ、コンディションが信頼できるならば、簡便法として充電器の出力電流(単位はA)に時間(単位は時)を掛けてやれば、充電量はおおよそ推察できます。例えば2Aの充電電流で1時間入れたら2Ah(アンペアアワー)、つまり2000mAh(ミリアンペアアワー)です(1000mAh=1Ah)。充電器の出力電流レートは、電流レートの調整機能と電流計が装備されていればそれで分かりますし、固定レート式でも定格を見れば明記されているはずです。

RC用バッテリーの寿命は、主に充放電回数とそれに伴う素材劣化の程度で決まります。電池素材自体はどれも非常に化学的安定性が高いですし、缶もステンレスで錆びないので、過放電と高温多湿さえ避けられれば、20年~30年でも使える状態を維持できることは産業界でも実証済みです。実際に自分自身、10年以上前の各種セルを現役でいろいろと使っています。

ただし、耐久性は「ニッカド」「ニッケル水素」と単純にくくって考えられるほど単純ではありません。セル間のマッチング精度やセルの銘柄によって、耐久性...続きを読む

Q【初歩的質問】ラジコン用アンプの性能について

非常に初歩的な質問で恐縮です。
1/10電動RCカーのアンプについてなんですが、価格に比例して
どんな部分の性能に差があるんでしょうか?
例えば、フタバのエントリー用アンプで、MC230CRと、MC330CRがありますが、何が違うのでしょうか?
スペック表での違いは見ればわかりますが、それが例えば「この数字が大きいほど速い」というような、わかりやすい言葉で教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

アンプのスペックはRCカーの性能にとって、とても大きな
要素になります。決して恐縮する必要はありませんヨ^^

具体的にフタバの製品を挙げられているので、それに対し
て回答致します。

アンプの基本的な性能は、どれだけ多くの電流を流せるか
が最も重要な要素になります。
230と330(省略します)を例に取った場合、前進側の連続
最大電流は、230が90A、330が200Aですね。数値だけを比較
してしまうと、後者が倍以上良いという結果になりますが、
そのまま実際の速さに比例するわけではありません。

一般に、使用する負荷(モータ)で消費電流は変わります。
仕様の対応モータでは、前者は20T、後者は13Tとあります。
Tはターン数といって、モータの芯(コア)への巻線数を
示します。この数値が少ないほど高出力な野蛮なモータと
言えます。
当然野蛮なモータほど大食漢であり、電力を多く消費する
ので、330の方が野蛮なモータにふさわしいわけです。

キット付属の入門用モータ(主に25~28T)や、現在レース
等で主流の23Tのモータを使う限りは、流れても30A程度の
電流(大雑把ですみません)なので、230でも330でも十分
な余裕があります。従ってこれらの無難なモータを使う限
りは、両者に大きな差は生じません。
ただし上の数値で負荷率の面から見ると、前者33%、後者
15%となります。イメージとして捉えていただければありが
たいのですが、前者は負荷によってアンプが少しずつ発熱
してくるのに対し、後者はまだまだ余裕があります。
発熱は自己の性能を下げますから、休み無く連続して使用
すると、この差がスピードに表れます。
私のような余裕の無い人がアクセク働いてオーバーヒート
ぎみになるのに対し、裕福な人がポンとポルシェでも買う
ような人間社会の構図と同じですw

大脱線を元に戻します・・・

後進側の電流量は、後進を使う場合に必要ではありますが、
実用上あまり数値を気にする必要はないと思います。
中~上級者用の多くは、後進の無いアンプを使っています。

対応(適用)モータは、前述の前進側電流値の目安となり
ます。数値(ターン数)が少ないアンプほど、高性能だと
言えます。

重量は車両全体の重量に直接影響します。軽いほど理想で
はありますが、メーカによって重量物であるコードの重さ
を含んだり省いたりしており、数値比較はできません。

上級機種には、出力をプログラムできるものもあります。
状況に応じて臨機応変にアンプの出力を「味付け」する訳
ですが、今このあたりの説明は割愛します。

読み返したら、エラい長文になっていましたが、大雑把に
まとめますと、
「適用モータを見れば、大方の判断がつく」
コレだけでしたね^^

アンプのスペックはRCカーの性能にとって、とても大きな
要素になります。決して恐縮する必要はありませんヨ^^

具体的にフタバの製品を挙げられているので、それに対し
て回答致します。

アンプの基本的な性能は、どれだけ多くの電流を流せるか
が最も重要な要素になります。
230と330(省略します)を例に取った場合、前進側の連続
最大電流は、230が90A、330が200Aですね。数値だけを比較
してしまうと、後者が倍以上良いという結果になりますが、
そのまま実際の速さに比例するわけではありませ...続きを読む

QABCホビー ジェネティックのホイール

海外在住です。
ABCホビーのジェネティックを2年前に購入しました。
バッテリー関連やボディ塗料などなかなか手に入らず、やっとボディ塗装が終わって被せようとしたところ、
リアのトレッドとボディ幅まで片側で10mmの差があります。
フロントはボディが片側で1mm程でる程度です。
今装着しているタイヤは幅約24mmでオフセットは0というのでしょうか、おそらくABCホビーのMシャーシ強化ホイールです。

7075アルミジョイント ピン間36.5mmとステアリングボールロングタイプをリア左右分用意したので
片側で4mmは外に出る予定ですが、ホイールを変えてツライチとはいかずともまだ4~6mmは外に出したいです。

しかし、ラジコン業界は不思議なほど不親切ですね。
メーカーによってはオフセット量や不適合な車種の注意を書いてくれたり、ショップによってもありますが、そういうのは稀なようで、
手にとって比較できないネットでのショッピングではどれを選んで良いのかわかりません。

この正月に帰省した時に、地元の田舎のショップ店員に聞きましたら、「さぁメーカーに聞かないとわかりませんねぇ」という返答ばかりでした。
気になるスパイスのディッシュホイールのオフセット量などメーカーに問い合わせましたが返信はもらえませんでした。
HPIのディッシュホイールは2.2インチとの表記ですが、幅でしょうか。幅が内側に広がるとナックルアームで干渉するように思えます。
そもそもホイールの直径は1/10用なのかもわかりません。

希望としてはボディが旧車なので、派手なデザインではなく、ディッシュホイールがあればいいな、と思っています。
できれば、前後を合わせたいので、オフセット0の同じデザインのがあると尚良いです。
ディッシュホイールで見た目が似てましたら、メーカーは同じでなくとも良いと思っています。

そこで
ライドというメーカーの RH-1300WMINI Dish Wheelはどうでしょうか。
デザインを無視するならば、スクエアというメーカーのBBSタイプ白ホイールワイドオフセットが説明がありませんが、メッキタイプと同じならばオフセット4mmだそうで、サイズは希望に合います。


ややこしい質問ですみませんが、
どなたかMシャーシサイズのホイールを試された方がいらっしゃいましたら、お勧めをご教授ください。

海外在住です。
ABCホビーのジェネティックを2年前に購入しました。
バッテリー関連やボディ塗料などなかなか手に入らず、やっとボディ塗装が終わって被せようとしたところ、
リアのトレッドとボディ幅まで片側で10mmの差があります。
フロントはボディが片側で1mm程でる程度です。
今装着しているタイヤは幅約24mmでオフセットは0というのでしょうか、おそらくABCホビーのMシャーシ強化ホイールです。

7075アルミジョイント ピン間36.5mmとステアリングボールロングタイプをリア左右分用意...続きを読む

Aベストアンサー

度々失礼します。

なるほど、タミヤのルノーサンクですか!

これはド派手に決めたいところですよね。

昔、実車を見た事がありますが、極端に広いリヤトレッドはあの車のアイデンティティそのもの。

比較的ワイド化が容易なサス構造を持つGENETICとは相性が良さそうにおもいます。

最近ではOPTION NO.1 さんがMシャーシで出し、購入したのですがタイヤハウスのスケールが
中途半端で手放してしまいました。

話しを戻して。

ホイールハブは規格があるのか判りませんが、1/10ツーリング、台湾製MRR2(Mシャーシ)、BeaT等々でパーツをスワップしていて、どれがオリジナルか判らん状態(汗)ですが、意外と付いてしまってるので汎用品の厚いもので行けそうな気がします。

問題はアクスルシャフトの頭がちゃんとホイールから出ないとナットで止められないので、安価な1mmホイールスペーサーを重ねてみて、「何ミリまでの厚さまでは付く」というのを確認するのも手かと。

ホイールデザインは個人の好みかと思いますが、せっかくのルノーサンクなら力強い「チョイ悪」っぽいのでもいいのではと模型店を先ほど覗いて来たのですが…。

同一デザインでオフセットが豊富に選べるのはやはりHPIのカップレーサー用でした。

但し、売れなかったのかカップレーサー自体が生産終了してる事、ホイールは手に入るもののタイヤが一本も無かった(その店は)事、60系サイズなので純粋なMシャーシでは入らない事がある等を考えると選択肢から落ちるか、と。

スパイスが同一デザインで±0と-2を揃えているのを確認できましたが、その差が2mmというのはサンクの後輪に足りないかなぁって。

叩き売り(値段書けない)されて大量にあったスクエアのメッキホイール、これがやっぱり良いのではというのが私の推薦でしょうか。

同一デザインでワイドオフセットはリム部がオフセット量以上に派手に強調されてるので迫力がありました。

何より、前後同一のデザインで揃うという点はポイントだと思います。

ダラダラと私感を並べてしまいましたが、少しでも参考になれば幸いです。

あと、参考URLにblogを付けておきますね。

カテゴリでRCを選択すれば記事を絞り込めるので何かの役に立つかもしれません。

納得の結果に到達できることを祈ってます!

参考URL:http://gazoo.com/G-BLOG/takay/index.aspx

度々失礼します。

なるほど、タミヤのルノーサンクですか!

これはド派手に決めたいところですよね。

昔、実車を見た事がありますが、極端に広いリヤトレッドはあの車のアイデンティティそのもの。

比較的ワイド化が容易なサス構造を持つGENETICとは相性が良さそうにおもいます。

最近ではOPTION NO.1 さんがMシャーシで出し、購入したのですがタイヤハウスのスケールが
中途半端で手放してしまいました。

話しを戻して。

ホイールハブは規格があるのか判りませんが、1/10ツーリング、台湾製MRR2...続きを読む

QESCの電圧カット機能について教えてください。

電動ラジコンを初めて1年ぐらいになり、
今まで使用していたブラシモーターのスポーツチューンやダートチューンから
ブラシレスモーターに切り替えました。
購入したのはG-ForceのTS50Aと同社のSuperVelocity 13.5Tです。
バッテリーはリポの5000やニッケル水素の4000ですが、
ニッケル水素バッテリーで使用すると、満充電にもかかわらずコース2~3周でスローダウン
バッテリーの問題か?と思ったのですが、そのバッテリーを別のブラシモーターのマシンへ
搭載すると十分なパワーがあります。
他のニッケル水素でも試したのですが、結果は同じ・・・
ESCの設定内容にも特にニッケル水素で設定する項目もなく、
怪しそうな電圧カット機能はリポ3.2V/1Sになっています。
リポとニッケル水素の切り替え項目は無く、マニュアルでは
ニッケル水素も使えると記載されています。
ESC中には、ジャンパーでバッテリータイプを切り替えて
使用するものもあるらしいですが、そのようなESCに買い換えた方が
よいのでしょうか?
今までニッケル水素をメインに使用していたので、
リポとニッケル水素のどちらも使用したいのですが・・
お教えいただけますようお願いいたします。

電動ラジコンを初めて1年ぐらいになり、
今まで使用していたブラシモーターのスポーツチューンやダートチューンから
ブラシレスモーターに切り替えました。
購入したのはG-ForceのTS50Aと同社のSuperVelocity 13.5Tです。
バッテリーはリポの5000やニッケル水素の4000ですが、
ニッケル水素バッテリーで使用すると、満充電にもかかわらずコース2~3周でスローダウン
バッテリーの問題か?と思ったのですが、そのバッテリーを別のブラシモーターのマシンへ
搭載すると十分なパワーがあります。
他のニッケル水素...続きを読む

Aベストアンサー

ここまで回答が付かないことからお分かりのようにみなさん{?}なんですよ。

ESC、プロポ間の初期設定も実行済みで問題なく
リポバッテリー使用時には長時間の走行が可能との前提で回答しますが私も{?}のままなのでご容赦。

TS-50Aはリポ、ニッケル水素の違いによる設定変更は必要ありません。
バッテリーの入れ代えだけで通常走行可能です。

あなたはESCの低電圧カット機能が原因とお考えのようですが本当にそれだけでしょうか?
他の保護機能が働いていると考えることはできませんか?
モーターに過度の負荷を与えすぎた場合はオーバーヒートプロテクションが働いた可能性もあります。
ギヤ比は適切か、駆動系は滑らかに動くか確認が必要です。
オーバースペックのモーターを繋いだ場合に過電流防止機能も働く場合があります。
使用モーターがSuperVelocity 13.5Tなのでオーバースペックとは言えませんが
ギヤ比との兼ね合いで作動しているかもしません。

他にあるとすればニッケル水素バッテリーからのコードですかね?
極端な曲げ癖のついたコードは内部断線していたりセルとの接続があやしくなることがあります。
冷えている時は問題無くても暖かくなると導通が不安定になり電圧低下を起こす可能性もあります。
他のシャーシでは問題ないとおっしゃっていますが
そちらの方がコードの取り回しが緩やかになり導通状態が安定するのでは?と推測します。

とにもかくにも現状ではESCの買い替えは待った方がいいです。
一つ一つ問題を切り分けて試行してみて解決していきましょう。

ここまで回答が付かないことからお分かりのようにみなさん{?}なんですよ。

ESC、プロポ間の初期設定も実行済みで問題なく
リポバッテリー使用時には長時間の走行が可能との前提で回答しますが私も{?}のままなのでご容赦。

TS-50Aはリポ、ニッケル水素の違いによる設定変更は必要ありません。
バッテリーの入れ代えだけで通常走行可能です。

あなたはESCの低電圧カット機能が原因とお考えのようですが本当にそれだけでしょうか?
他の保護機能が働いていると考えることはできませんか?
モーターに過度の...続きを読む

Qヨコモかタミヤか・・・

最近、ドリフトに興味が出てきましたのでドリフトRCなるものを購入しようかと思います。
そこで疑問なのですが、ヨコモのドリフトラジコンと
タミヤのインプレッサ(TT-01Dシャーシ)では
何か大きく違うところがあるのでしょうか?
値段がかなり違うので迷っています。
違いを教えてください。

Aベストアンサー

過去に回答した内容で、シャシーについて触れた件がありましたので御覧下さい。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1922257

さてヨコモとタミヤの違いですが、値段以上に大きく異なる点はありませんw
双方ともシャフト駆動の4WDで基本的な構成は同じです。ヨコモは基本シャシーに MR4TC-SD という初級者から上級者までをカバーする基本性能の高いシャシーを使用しているのに対し、タミヤは TT-01 という初級~中級者をターゲットとした廉価版のシャシーに、オイルダンパーや低グリップタイヤを付属したキットが TT-01D です。シャシーそのものが持つ限界性能は、ヨコモが一枚上手となるでしょう。ただしそれを体感できるのは中級者以上のレベルになってからですし、タミヤにはタミヤ故の組み立ての簡単さで定評があります。
オプションも両者共に豊富にあります。ボールデフ等の走行性能に関わる部分をグレードアップさせることも可能ですし、ボディを変えることでお好みの車種を使用することができます。単純に車種のボディラインナップで言えばタミヤに軍配が上がりますが、ライトを点灯させたり、ホイール・ディスクブレーキ等のドレスアップに関するオプションは、今のところヨコモの方が充実しています。もっとも各社のシャシーは同一スケールなので、基本的に他社のボディやホイールも装着することができます(例外を除く)。つまりタミヤのシャシーにヨコモのボディを乗せ、電飾をつけることも普通に可能なわけです。

部品の入手性も考慮した方が良いでしょう。特に初心者の場合は、最低限でも足回りの部品(サスアーム・ドライブシャフト等)は予備を持っておくべきです。特にその手の部品は手軽に入手できることが大切です。「破損したから二週間遊べない;;」では、シラけてしまいますよ。

ドリフト用パッケージでない車種をドリフト用に使う人もいます。具体的には、タミヤでもう少し基本性能が高く走行性能を上げるオプションも豊富な TB系シャシー(TB02,TBエボリューション等)や TA系シャシー(TA04/TA05等:ベルト駆動)をベース車両とし、ヨコモ・タミヤその他各社の低グリップタイヤを選択して装着する手法です。TT-01D よりも高次元なセッティングが可能になるメリットはありますが、キットやオプションの価格にそれなりに反映されます。

初心者であれば、この場合に重要視すべきは部品の入手性と初期費用だと思いますよ。あととても大切なのは、存分に遊べる場所と仲間です。コレ絶対必要です。

過去に回答した内容で、シャシーについて触れた件がありましたので御覧下さい。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1922257

さてヨコモとタミヤの違いですが、値段以上に大きく異なる点はありませんw
双方ともシャフト駆動の4WDで基本的な構成は同じです。ヨコモは基本シャシーに MR4TC-SD という初級者から上級者までをカバーする基本性能の高いシャシーを使用しているのに対し、タミヤは TT-01 という初級~中級者をターゲットとした廉価版のシャシーに、オイルダンパーや低グリップタイヤを付...続きを読む

Q千葉、東京あたりの大きなラジコンSHOPについて

はじめまして。
現在千葉市に住んでいるのですが、これからモンスタートラック、サベージ等のビックフットのエンジンカーを購入しようと思っています。
近くに取扱店がないため、一度大きなラジコンショップ見入ってみたいとおもっています。
お勧めのラジコンショップはないでしょうか?日本橋のラジコンショップがいいと一度友人から聞いたことがあります。どうでしょうか?また、他にもお勧めのショップはないでしょうか?
モンスタートラック、サベージ等のビックフットのエンジンカーは初めてなので、何でもいいのでアドバイス等あれば教えてください!
速度はストレスを感じなく出るタイプ、友達何人かと同時購入を考えています。5万以下で探しています。
初心者なので説明不足なところはあると思いますが、回答お待ちしています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://www.pro-s-futaba.co.jp/
↑千葉県でRCと言えばってくらい有名です。エンジン物に強し!

http://www.rc-champ.co.jp/new_shop2/index_akihabara.htm
↑品揃え抜群

http://www.super-rc.co.jp/
↑品揃え抜群

http://www.f-sangyo.co.jp/default.html
↑長くつきあうならココ

http://www.rcjoyplaza.com/
↑秋葉原ラジコンの老舗と言えば

http://www.ccsltd.co.jp/CCS_2200_012.html
↑特売品がおいしい。(すぐなくなるチョクチョクいくべし)

参考URL:http://www.rcmx.net/gigalinx/index.html

Qプロポとサーボの相性

ラジコン送受信機(プロポ)とサーボの組み合わせは
サンワのプロポにはサンワのサーボ、
フタバのプロポにはフタバのサーボを組み合わせるのが普通と聞いたのですが、本当でしょうか。
サンワのプロポにフタバのサーボを組み合わせた場合、どのような不具合が発生するのでしょうか。

Aベストアンサー

補足して
内部での信号のやり取りも各社仕様が違いますので
JRと双葉の組み合わせの場合にはニュートラル位置がずれます。
なので正転と逆転の稼動範囲が違う事になります。
(コンピュータープロポで設定は出来ますけどね)
で、JRと三和の組み合わせは上に書いた通りで電源の極性が逆なのですが
内部的な相性は良いのです。
これはその昔、三和の開発スタッフが独立してプロポメーカーを立ち上げ
後にJRとなった為で基本仕様は三和と同じなのです。

QM-03用のおすすめパーツ

タミヤのM-03シャシーキットを購入したのですが、TT-01にフルベアリングセットといったように、「これだけは入れておいたほうがいい」とか、「余裕があるなら入れておくといい」いうオプションパーツはありますでしょうか。
わかる方、いらっしゃいましたら回答お願いします。
加えてそのパーツの利点、参考価格等も教えていただけると助かります。
ちなみに走行はオンロードのみです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは

この間まで、M-03Rを改造強化してました。
標準540Jモーターなら、改造強化する必要はほとんど無いです
フルベアリング化と安いオイルダンパーでOKです

標準M-03を高速走行、旋回性能強化、各種強化を望みますか?
>(お金に)「余裕があるなら入れておくといい」
又は、自己満足改造強化したい場合は参考にして下さい

1.スーパーストックRZ モーター (高速走行可能)
2.M03アルミヒートシンク 1000円前後 (モーター冷却の為)
3.プロポはFM方式 又はPPM方式 (ノイズ、ノーコン対策)
4.アンプ MC330CR (モーター13Tまで対応) 
サーボ S9405 反応速度良好、トルク高い
5.スポンジ タイヤ 55mmサイズ (グリップは良好)
(スポンジの場合、ヨレがほとんど無い為、横転頻度は少ないです、
ただし路面が荒れていると削れます)
 ゴムタイヤの場合 55mmサイズを使用 
Mシャーシ スーパーグリップラジアルタイヤ インナースポンジ・ハードセット
Mシャーシ スーパースリックタイヤ 強化ホイール (高速走行に必要)
(60Dサイズは車高が高くなる為、旋回時に車が横転する可能性が高い)
ゴムタイヤは旋回の時、ヨレる為、横転します
6.TRF ダンパー 5000円前後 (スプリング調整が簡単)
シリコンダンパーオイルミディアム オンロード仕様スプリングセット
(シリンダーにスペーサーを入れてストロークを調整して車高を下げる)
7.ラバーシールベアリンク 1150タイプ 4個 900円前後 (ゴミほこり対策)
ラバーシールベアリンク 850タイプ 4個1200円前後 (ゴミほこり対策)
8.マンタレイ ボールデフセット 1200円前後 又は TA03・ボールデフ1500円前後
(ボールデフを使用すると旋回良好です、メンテ必要です)
9.M03アッセンブリーユニバーサルシャフト 1800円前後 (足回り抵抗軽減)
10.ハイトルクサーボセイバー 600円前後 (操作がクイックになります)
11.Mシャーシ クイックバッテリーホルダー 600円前後
(バッテリーの取り外しが簡単です)
12.M03スタビライザーセット 600円前後 (走行安定性UP)
13.アルミ六角ハブ4個1000円前後(足回り強化)
14.ステルス・アンテナ ABCホビー 780円 (ボディの見た目良好)
15.アルミフロントアップライト 2500円前後(操作性UP)
16.アルミリアアップライト 2500円前後(直進性UP)
17.リアホイルアクスル (チタン) 2000円前後(ダメージ軽減)
18.バッテリー容量UP 2400mAh 以上 (長い走行時間)

注 意
金額は参考価格です、お店によって違います

こんにちは

この間まで、M-03Rを改造強化してました。
標準540Jモーターなら、改造強化する必要はほとんど無いです
フルベアリング化と安いオイルダンパーでOKです

標準M-03を高速走行、旋回性能強化、各種強化を望みますか?
>(お金に)「余裕があるなら入れておくといい」
又は、自己満足改造強化したい場合は参考にして下さい

1.スーパーストックRZ モーター (高速走行可能)
2.M03アルミヒートシンク 1000円前後 (モーター冷却の為)
3.プロポはFM方式 又はPPM方式 (ノイズ、ノーコン対策)...続きを読む


人気Q&Aランキング