工務店に依頼して新築の家を計画中です。次世代省エネ基準を満たす仕様でお願いしています。壁について工務店側の仕様案は高性能グラスウール16k(防湿シート付きでないもの)90mmですが、断熱材の室内側に防湿気密シートの計画はありません(室内側から珪藻土→石膏ボード→グラスウール→構造用面材ハイベストウッド→防水シート→通気胴縁です)。また屋根断熱ですが、屋根についても同様に防湿シートがありません。
 防湿シートなしで内部結露がおこらないか心配です。その点にについて工務店側に問い合わせたところ、
(1)冬は室内側はむしろ乾燥しているから、湿気はそれほどでない(ちなみに暖房はFFストーブの予定)。
(2)IV地域なので冬季でもそれほど外気温が下がらない。
 以上の理由で内部結露の心配はないから防湿気密シートは必要ないとの説明がありました。この説明の通りなのか、やはりシートの施工を求めた方がいいのか教えていただけませんか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

>(1)冬は室内側はむしろ乾燥しているから、湿気はそれほどでない(ちなみに暖房はFFストーブの予定)。



いいえ。だめです。
具体的に計算しましょうか。外気温5℃で室内20℃とした場合、

外気5度にさらされる断熱材外側部分で湿度100%となるときの飽和水蒸気量は6.8g/m3です。
この水蒸気量が室内20℃のときには、相対湿度は20℃のときの飽和水蒸気量17.3g/m3を使うと、39%となります。

つまり室内は40%を切るほど乾燥しているにもかかわらずその室内の空気が断熱材を通って室外側に到達するときには結露するのです。

外気温が更に低ければもっとひどくなります。

たとえ冬場といえども人間にとっては最低でも40%以上は湿度は確保したいし、インフルエンザなどの繁殖を抑制したいのであれば50%程度は欲しいので、そうするとどんどん壁内結露が発生することなります。

だから室内側に防湿層がないというのは論外です。必ず必要です。

>(2)IV地域なので冬季でもそれほど外気温が下がらない。
下がらないといっても上記の通りの結果となります。
どんな地域でも冬場は5度程度には下がると思いますけど。

ちなみに22℃、湿度50%の室内空気の環境を作ると、外気温11度をきると壁内結露が始まります。

計算もしないで根拠のない話をするなと一喝してください。

ただこれまでシートの施工をしたことがないような業者だときちんと施工できるのか心配ですけど。。。。。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。具体的なデータに基づいているのでわかりやすく、納得がいきました。もう一度工務店側と交渉してみようと思います。

お礼日時:2006/08/01 14:30

No5です。



>外断熱の場合と充填断熱の場合でなぜ防湿シートの必要性の違いが生じるのでしょうか?よくわかっていないので教えてもらえますか。

簡単に説明すると高気密住宅においては外断熱と充填断熱の場合での断熱材の役割が違うからです。

外断熱では基礎・壁・屋根をスッポリと覆うよう断熱層を設けるので、断熱材の外側で気密化され断熱材自体は外気から侵入する湿気の影響を受けない構造となっています。 そして断熱材よりも室内側は機械空調設備で温度・湿度を隈無くコントロールするため断熱材が湿気たりすることがないのです。

一方の充填断熱の場合、断熱材は外気から侵入する湿気の影響を受けます。
グラスウールは自ら調湿機能をもつ素材なので、常に外気との間で吸湿・蒸散を繰り返していますが、室内側とは防湿気密シートで空気の流れを遮断してやる必要があるのです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

丁寧な回答ありがとうございます。とても参考になりました。

お礼日時:2006/08/02 20:37

No4です。


質問をよく読まずに回答してしまいました(失礼しました)
mrsknさんのお宅は充填断熱でしたね。。。それなら他の回答者さんと同意見で防湿気密シートの施工は絶対に必要です。
前回の書き込みは全て無視して下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。拙宅は確かに充填断熱です。ただ、外断熱の場合と充填断熱の場合でなぜ防湿シートの必要性の違いが生じるのでしょうか?よくわかっていないので教えてもらえますか。

お礼日時:2006/08/02 03:10

他の回答者とは少々違った意見を述べさせていただきます。



そもそも、グラスウールの室内側に防湿気密シートを貼るのなら、どうして室内壁に珪藻土を使うのでしょうか?
珪藻土の良さは調湿・透湿性の高さにありますから、その外側に防湿気密シートを貼っては、特性の半分も活かされないことになります。
また、私はグラスウール断熱材自体も吸湿・放湿をしながら呼吸させることで本来の特性を活かせる物だと思っていますので、グラスウールの内と外に防湿シートを施しても断熱材の気密性を高めているだけで意味の無い事です。

例えば北海道の様に、外は氷点下でも室内では半袖1枚で過ごすような極端に室内外の温度差が生じる環境ならば、壁体内の結露も相当なものですが、それ以外の地域では壁体内に多少の結露が生じても、グラスウールの調湿機能をいかして蒸散させてやる方が良いと思います。

充填断熱の場合なら確かにグラスウールの内壁側に防湿シートを貼り付けるべきですが、mrsknさんのお宅は外断熱仕様ですので、この場合は工務店さんの意見に賛成します。
    • good
    • 1

#2の方の回答通りだと思います。



正しい知識を理解していない工務店ですと、施工面でも不安が残りますね。
シートの取り合い部分の施工や、コンセントなど細かい部分の作業など、
経験の無い業者ですと、闇雲に切った・張ったになるやも知れません。

IV地域ですとなみだ茸事件まではならないのでしょうが、
壁内でカビが繁殖するなど、良い事はひとつも無いように思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうごさいます。過去の施工例の有無についても問い合わせてみます。

お礼日時:2006/08/02 03:01

次世代省エネ基準を満たすには、高気密性能も必要ですので


室内側の防湿シートを施工しなければ高気密にはならないと思います。

(1)に関して
一般的に乾燥していると思われますが、生活状況で変わります。
・開放型暖房器具の使用
・洗濯物の室内干し
・観葉植物や観賞魚
など住まい手側の状況により一概に言えない

(2)に関して
外気が下がらなくても室内の設定温度が高く高湿度であれば
内部結露の危険性はあります。
また、外壁面の構造用面材の透湿抵抗が高ければ危険です。

防湿シートの施工要求をされたほうが良いと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速回答ありがとうございます!構造用面材の透湿抵抗についても調べてみます。

お礼日時:2006/08/01 14:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシートクリーナーはどれがオススメですか?

白いシートに黒い小キズがついてしまったのですが、どの製品がオススメでしょうか?

過去にご使用経験がある方などのアドバイスを
お聞かせいただければありがたいです。

検討しているシートクリーナー商品

・MOTOWN モーターサイクル用シートクリーナー 
・MOTOWN シートクリーナー 
・HONDA:ホンダ シートクリーナー
・デイトナ:DAYTONA アルティシャイン シートクリーナー
・モータウン スクーティーズ シートクリーナー

よろしくお願いします

Aベストアンサー

小さいのであれば練り歯磨きでも取れると思います。
材質と汚れの種類にもよりますが…。

Q次世代省エネ対応 断熱材の厚みについて

某ハウスメーカーで新築を建てようとしております。
次世代省エネ基準対応で建てる予定で、我が家は神奈川県なのでIV地域、木造軸組構法です。

仕様書を見ると天井はロックウールの175mm(100+75mm)なのですが、壁が75mmのロックウールしか入っておりません。

「平成11年省エネルギー基準(次世代省エネルギー基準)における住宅の各部位及び地域別の断熱材必要厚さ一覧表」のIV地域の壁はロックウールの場合は84mmとなっております。

ハウスメーカーのホームページには『壁には100mmのロックウールを使用し、1階の床には発泡ポリスチレンを使い、「次世代省エネルギー基準」もクリア。』と謳っていたので営業に問い合わせたところ、「HPにはそう書いてますが、通気性の観点から仕様が75mmに変更されています」と言われました。

その時は納得したのですが、壁の断熱材がロックウールの75mmで次世代省エネ基準クリアとなるのでしょうか?
ご存知の方、ご教示願います。

Aベストアンサー

うーん。
残念ながら「通気性の観点から仕様が75mmに変更されています」なんてありえないですね。

通気部分と断熱材の入れる部分は別の空間だからです。
素人だと思って完全に言いくるめられています。

東北の地震や中国の成長で、断熱材も高騰しており、コストダウンから100⇒75にこっそり変更したことはまずマチガイありません。

担当者に、いったいどのような「観点」から75mmに変更したのか聞いて見てください。
コストダウンの観点しかありえません。

でも・・・。
「仕様書どおりにしてください。」とクレームをつけると、他にわからないところで嫌がらせを受けないかどうかなど、心配は絶えません。

大手メーカーや全国チェーンのメーカーであれば、本社に問い合わせることもできますが、単立のメーカーだとごねるだけなので・・・。

Qレザーシート用のクリーナーとオイル

こんばんは!
レザーシート用のクリーナーとオイルでお勧めの製品があったら教えて下さい。
また、手入れをする時のコツなども知っていたら伝授してください!

Aベストアンサー

車のレザーシートに使用されている革は全て塗装されています。車のボディに用いられるウレタン塗装に
柔軟性を持たせたものが革の塗料です。詳しい事は二玄社から出版されている「クルマはかくして作られ
る」に掲載されています。
ですので、オイル等は塗っても意味がありません。車のボディ表面にオイルを塗るようなものです。
手入れは固く絞った濡れタオルで表面をふくだけでいいです。どうしても汚れたらを落としたいのなら
入手しにくいかもしれませんが、クイックブライトというペースト状のクリーナーがお勧め。

Q断熱材の室内側の防湿シートがなく、天井の結露がひどいです。

2月中旬に棟上し、4月11日に施主検査がありました(在来軸組工法、通気工法、サイディング・陶器瓦、場所は九州です)。
天気の良い日がしばらく続いており気温20℃湿度50%程度の日だったのですが、2階の南東側の勾配天井(寄棟)に、すでに触ると手のひらにびっしょり付くほどの結露が一面にありました。
天井断熱材はロックウール100mmですが、工法として、(1)断熱材の室内側に防湿シートの施工がない事、(2)天井裏換気口が軒天換気のみな事、(3)間仕切り壁と床下の隙間に通気止めが無い事、で結露は心配しておりましたがやはりこの結果です。
HMは「新築の最初は一番湿度が高くなります。24時間換気をしばらくつけていれば大丈夫です。」との回答ですが、それで本当に大丈夫なのか非常に不安でこのまま決済して良いものか悩んでおります。
そこで上記の工法の不備3点を指摘しようと思うのですが、特にどこが問題だと思いますか?
どこまでが、正当な要求なのか素人で分かりかねまして、みなさまにご相談した次第です。どうぞよろしくお願いします!

Aベストアンサー

建物の現状が良く判らないのですが。既に建築工事が終わっているのですか。私の家も、あなた様の住宅と違うのは屋根葺き材位で、あとは全て同じで、場所も九州で気候も判ります。
叉、わが家にも2階の個室(18平方米)の東側が勾配天井(屋根勾配に合わせた)になっています。その部分に斜めに天窓まで付けています。築後、12年になりますが、そのような事はありません。
その天井の材質・仕上げについての情報がないと判断しかねます。
その情報をお知らせ願います。
私は、建築界に40数年関わり、今はリタイアしていますが。

Q本皮シートを長持ちさせるコツは?

本皮シートを長持ちさせるコツがありましたら教えて下さい~。また、おすすめのシートクリーナーとかありますか?シートが擦れて傷がついてしまった場合は修復可能でしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

自分でする革製品の傷のごまかし方法があるとすれば、私の場合、手芸用品など扱っているお店に革工芸用の顔料が置いてあって(黒とか茶色とか赤とか緑とかいろいろありました)それで修復したことがあります。傷自体はどうやっても直らなかったけどパット見は、目立たなくなりましたよ私のは、そういった物で目立たなく出来ないもでしょうか。革の色は濃いの?白っぽいものだと失敗するとかえって目立つけど、車のシートやハンドルはミンクオイルを靴屋さんで買ってきて塗り込んでます。
汚れも取れるし。くれぐれも塗れた雑巾なんぞで拭かないように。ひび割れの原因です。あと家具の傷隠し専門の人なんか革のソファーのたばこの焼き穴を見事に消してたのテレビでみたことあるよ。このときは合成皮革だったかも、お金いくらか知らないけど。参考までに。

Q高気密工断熱住宅の断熱材手抜き工事について

初めまして。クレーマーではありません。
当方少々精神的に参っておりますので、厳しい発言は勘弁願います。高気密工断熱が売りの輸入注文住宅に住みはや2年半が経過しました。
入居当時から我家で一番いい東南西角部屋が結露、隙間風、底冷えに悩まされ、再三訴えたのですが、そんなはずはない、といわれ、結露すら見に来てくれませんでした。うちはペアガラスおまけにLOW-Eガラスです。
高気密、高断熱で、断熱材たっぷり、が売りの家なのに、今日枠をはずしたら窓周りに断熱材がないんです。
問題の部屋の窓4箇所開けたら、2箇所は少々入っているものの、1ヶ所は全くなし、もう一箇所は5分の1くらい?角には全く入ってません。このメーカーでは必ず窓周囲にも断熱材は入れる事になっています。施工した方、上の方、営業、現場監督全て呼び、「有り得るのか?」と聞いたら「あってはならないこと」と認めました。2分の1の確率で入ってない断熱材。うちは22箇所窓があります。現場監督に聞きました「他の窓には入ってるんですか、確認しましたか?」結果は「してません。申し訳ありません」でした。他の部分(外壁に面している場所)にもきちんと入っているのか?不安になりました。
とにかく、業者は、できれば全ての窓を点検(枠をはがして)補修するといっています。石膏ボードもぼろぼろ、クロスもはがれるので当然全てリフォーム状態になります。
クロスの品番も変わっているようですし、ただ直せばいいというもんでもないと思うのですが。
工事期間は仕事も休まなければなりません。生活にも支障が出ます。その間の給与補償くらいは求めてもいいのでしょうか?
明らかな手抜き工事を認めているわけで、今後どのように話を進めたらいいものでしょうか。
デジカメで業者もうちも証拠影像は残しました。
支離滅裂ですみません。アドバイスお願いします。

初めまして。クレーマーではありません。
当方少々精神的に参っておりますので、厳しい発言は勘弁願います。高気密工断熱が売りの輸入注文住宅に住みはや2年半が経過しました。
入居当時から我家で一番いい東南西角部屋が結露、隙間風、底冷えに悩まされ、再三訴えたのですが、そんなはずはない、といわれ、結露すら見に来てくれませんでした。うちはペアガラスおまけにLOW-Eガラスです。
高気密、高断熱で、断熱材たっぷり、が売りの家なのに、今日枠をはずしたら窓周りに断熱材がないんです。
問題の部屋の...続きを読む

Aベストアンサー

現場監督をしています。
同じ業界の者として大変申し訳ないと思っております。
結露をする部屋の壁の一部をばらし、天井点検口から、天井と壁の断熱材の確認をされたほうがよいと思われます。
また、外部にかんしては、サイディングであれば、サイディングの一部をばらして確認をおすすめします。
また、内容から、判断して、壁の断熱材は、十分入っているとは考えられません。
また、高気密の施工も不十分かと考えられます。
弁護士等にご相談をお奨めします。
また、瑕疵保証についてですが、知らない場合は、10年ですが、知っている場合は、10年と区切りがなくなります。つまり、永久的です。
ただ、今回の場合は、知らないとすませる問題ではありません。同じ現場監督としてあまりにもお粗末です。
知っていたがそのままやったというレベルだと思います。

Q革シートの擦れ

革シートの車に乗っていますが、乗り降りのときにお尻が擦れて、シートサイド部分が荒れた状態になってきました。肌荒れみたいな感じでしょうか。
これは、仕方ないことなんでしょうか。なにか防ぐことしていますか?
また、クリームとかの保護は必要なんでしょうか。
いまは、革クリーナーみたいなものをホームセンターで買ってやっています。

Aベストアンサー

本革のシートは『くたびれ感』がイイのですよ!
あなたがオーナーとして使用している証拠ですから、簡単に転売を考えない場合は、そのまま乗られるのがおしゃれだと思います。
どうしても気になる場合は薄い座布団のようなものを敷かれるのも一案だとは思いますが、滑り止めが付いているものでないと乗車してもブレーキをかけた時にズレます・・・。
せっかくの本革シートです。是非使い込んでイイ風合いを出して欲しいものです。

皮革用クリームは助手席に乗車される方の衣類に付着するおそれもあるのでご使用は慎重にされたほうが良いと思います。

なんだか的を射ない回答かも知れませんが・・・ご参考までに!
(元自動車ディーラー勤務)

Q断熱材の結露が心配。オススメの断熱材を教えて下さい

建売の新築戸建ての購入を検討しています。←木造です。

物件の検討段階ですので決定したわけではないのですが
まだ建っていない物件であれば、別料金はかかると思いますが
断熱材を入れてもらおうと思っています。
(現在私は木造戸建ての実家に住んでいるのですが、とにかく寒くて、
暖房をつけていても、切るとすぐに部屋が冷えてしまう為。)

調べたところ、グラスウールなどの断熱材を入れる事で保温性がアップするとの
事で、是非入れたいなぁと思っているのですが、材質や工法などが色々あり、
それぞれ一長一短で素人の私にはどれが良いのか判別がつきません。

さらに結露の問題もあるとの事で(これが一番心配です)、どうしたら良いのか迷ってます。

そこでご質問なのですが

◆オススメの断熱材の材質は何でしょうか?
(それぞれ一長一短あると思いますが、出来れば縮んだり劣化しにくい物が良いです)

◆結露を防ぐにはどういう事が必要でしょうか?結露が出来るかどうかと言うのは
材質さえ結露の出来にくい物を選んでおけば大丈夫なのでしょうか?

◆結露を気にするのであれば断熱材は入れない方が良いのでしょうか?

◆断熱材については施工する人の腕次第と聞いた事がありますが、腕が良いかどうかは
わからないです…腕が良くない方が施工する場合でもしっかりした断熱効果が得られて、
結露も起こりにくいというような材質、工法はありますでしょうか?

以上ですがどうぞよろしくお願いします。

建売の新築戸建ての購入を検討しています。←木造です。

物件の検討段階ですので決定したわけではないのですが
まだ建っていない物件であれば、別料金はかかると思いますが
断熱材を入れてもらおうと思っています。
(現在私は木造戸建ての実家に住んでいるのですが、とにかく寒くて、
暖房をつけていても、切るとすぐに部屋が冷えてしまう為。)

調べたところ、グラスウールなどの断熱材を入れる事で保温性がアップするとの
事で、是非入れたいなぁと思っているのですが、材質や工法などが色々あり、
それぞれ一...続きを読む

Aベストアンサー

(3)の再アンサーですが、

>まだ建っていない物件であれば、別料金はかかると思いますが
断熱材を入れてもらおうと思っています。

今どき、といいますか、はるか大昔からでも、どんな最廉価クラスの建売住宅レベルでも、「断熱工事」は最低限の「標準仕様」になっていると思います。
「お金のかかる別料金オプション」というような仕様の建売業者レベルだったら、そういう業者物件には他のトータルレベルで考えても手を出さないほうが賢明ですヨ(^^。

どんな建売業者でも建物の「標準仕様書」(設計書)というのは備わっているのは承知と思います。
それがなくてどういう建物?
どういうグレードで建てる?って契約の指針がないってことはあり得ないでしょう?(^^

またすでに建ってるものだったら、「目で見た限りの商品ですよ」だけじゃ安心して買えないですよネ(^^

標準仕様書に「断熱工事」の項があります。
標準仕様に謳われていることは当然お金を払うこと内容ですから、たとえばグラスウールを入れる標準施工マニュアルというのが材料メーカーに当然のようにあります。
標準品例 http://www.glass-fiber.net/form/index.html

契約内容に謳われていることは当然、施工マニュアルどおりが標準。勝手なやりかた、手抜きだのは許されません。
それに対して対価を払う建主契約者はとことん「ただ単に完全な標準施工なだけ」を要求、追求するだけです。買主・建主ですもん(^^。

施工業者技術・知識レベルが心配であれば、先の施工マニュアル持参で、販売主・不動産営業担当や社長などに、「このことが一番気がかりだ。徹底的に標準施工の品質を見守ってくれ。見届けてくれ。施工写真を撮っておいてくれ」と人間信頼感を期待して頼んでおけばいいのです。もちろ現場で大工さんと顔を合わした時も。
施工マニュアルも複数用意してそういう会話と同時に手渡せば、いくらハイハイ(内心、口うるさいシロウト施主と思う)生返事で受け流そうと思っても、施工時にはかなり気にして手をかけるはずです。それなり責任感で仕事している人間ですもん(^^。

(まー本当に重要な「気がかりなこと」は、並び立てればもっと他にいくらでもあるわけですが(笑)

また、言われなくても常識でマニュアルのようにやってあたり前の現場職人かもしれないし。念押しぐらいのつもりで(^^

------------------------------------------------------------
一般的に、「ウチはこの材料とマニュアルを多用している」という販売主や工務店側の特別の提示がない限り断熱材はグラスウールが標準、並、一般的だと思います。
コストパフォーマンスでいまだ一番ですから。(またはロックウール。ほんの若干性能劣るもその分ほんの若干安い)

厚さが50mmか100mmかで、100mmにしたい場合差額追加オプションというケースの、50mm標準仕様レベルは存在します。
大した差額でないですから100mmにすべきべきでしょう。(関東以北の場合)
また多少の施工いいかげんさがもしあっても、その厚さ膨らみで内壁側ボートとの密着性がいいですから。=膨らみを押し込むほど密着性がいいということは、その間に空隙ができにくい。=その空間を空気が流通・循環するのを防いでくれる。
特に木造在来工法など、床下の空気が温度の高い天井側へ壁内を伝って通気しているのが現状多々です。
(しっかり文書や設計・施工図で指示して見届けないとまだまだいいかげんなのが現状です。)

北海道・東北でもない限り、断熱材の室内側の防湿フィルムの完璧密閉性にはそうシビアに心配しても、神経が休まりません(笑 完璧を目指すという目標値の謳いあげで、よりハイレベルを、の(笑

仮に空気の流入が多少箇所あっても、通気しているわけではないですから、そんな内部まで流入循環が起こるわけでないので。仮に多少の湿気状態が部分小面積に起こっても、全体性能が一気に低下するほどでなく。○×思考しない柔軟性も必要。人間相手。コンセント・スイッチボックスなど密閉性を損なう要因は多数・・現状なので。。。

冷房による壁内の逆結露、カビの発生症状は、先に記しました、壁内空気循環が室内ボード
側に起こるような空隙が放置されて、その接触面で起こっている例です。

耐用年数迎えた木造住宅の建て替えや部分リフォームの現場には相当数立会い研究している立場ですが、断熱材の結露が原因で耐用年数を縮めたというような決定的な腐朽要因は経験ありません。腐朽の場合、外部から雨水・湿気など浸入しての腐朽がすべてと言っていいほど。雨漏り・壁内雨水浸入などあってはならない根本欠陥ですから、断熱材の是非と別問題です。

(3)の再アンサーですが、

>まだ建っていない物件であれば、別料金はかかると思いますが
断熱材を入れてもらおうと思っています。

今どき、といいますか、はるか大昔からでも、どんな最廉価クラスの建売住宅レベルでも、「断熱工事」は最低限の「標準仕様」になっていると思います。
「お金のかかる別料金オプション」というような仕様の建売業者レベルだったら、そういう業者物件には他のトータルレベルで考えても手を出さないほうが賢明ですヨ(^^。

どんな建売業者でも建物の「標準仕様書」(設計書)というの...続きを読む

Q車のシートが汚れまくってます

タイトル通り子供がお菓子を食べたりジュースをこぼしたり泥がついた靴で登ったりと・・シートが人に見せるのが恥ずかしいくらい汚れています。
ホームセンターで売っているカーシートクリーナーや通販で有名な洗剤革命など使ってみましたが一時的に落ちても洗ったところがまた新たなシミを作るといった悪循環になってしまいます。
専門の業者に出しても良いのですが、これですごく汚れが落ちた!という方法などあれば教えて下さい。
ちなみにシートの種類は布製です。

Aベストアンサー

スチームで汚れを落とすものが、雑誌記事に載ってました。
製品は忘れましたが、好評価だったように記憶しています。

参考URL:http://store.yahoo.co.jp/valumore/y9999999999937.html

Q高気密高断熱工法 気密試験C値の件

高気密高断熱住宅の気密試験について、次の2点を教えてください。

(1) 気密試験の実施時期

施工のいつ頃、何回、気密試験を行うものなのですか。
例えば木工事が終了した時と引渡し時とかですか?
本当の住宅性能を測るのであれば、完成時に測定するのが適当かと考えてます。木工事終了時であれば、それ以降にまだ電話線の引き込み工事等で壁に穴をあける可能性もありますよね?

(2) 検査結果の定量的【良】判定値(妥当値)

地域(1)(2)区分で2.0以下、(3)以上の地域で5.0以下と定められているかと思います。
0.9以下を基準値としている場合、本当に適切な数値ですか?高性能住宅の場合はどのくらいの数値なのでしょうか?

よろしくお願いします。
  

Aベストアンサー

>断熱気密工事終了時と竣工引渡し前では、検査結果にいおて一般的に後者の方が
>気密度合い劣位となりますでしょうか。

通常、竣工時、C値が落ちたとしてもごくわずかです。ほとんど変わりません。
ただ、余談ですが・・・外断熱工法のうち、断熱材が突きつけで、テープで気密を取るウェイトの高いものは、経年変化的に、また、大きな地震力を受けた後など、未知数の部分はあります。

>電話線の引き込み工事等で壁に穴をあける可能性もありますよね?

こうゆうこともほとんどありません。
高断熱・高気密をコンスタントに施工しているビルダーさんは、元請は言うまでもなく、電気設備・給排水衛生設備業者も、勘所をよく理解していますから。
(その逆だと、ちょっと心配はありますが・・・)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報