今年2月のはじめ末期の胆管がんで肝臓への転移も
みられ余命3ヶ月といわれました。
治療も、入院もできないとのこと。
胆管にバイバス手術を施し、その後退院。

現在はガンに効くと言われる健康食品を与え、
近いうちに丸山ワクチンの投与を始めます。

本人は現在黄疸もほとんど無く、食欲も出てきて、一人で
出かけたりしています。
他の人はこの回復を手放しで喜んでいますが
一度は「余命3ヶ月」と言われたし、予断を許さない
状況は変わらないと思うのですがどうでしょう?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 回答になっていないような気がしますが,私の母の例をご紹介しておきます。



 母は大腸癌でしたが,気が付いたときには肝転移を起こしており,半年もつかと言われました。が,その後見た目にも元気そうになり,約6時間かけて私の所まで出掛けてこれる程でした(かなり疲れたようではありますが)。

 結果として,半年もつかと言われてから2年後に息を引き取りました。直接の原因は肝転移の結果の肝機能不全に基づくものでした。

 ですので,今お元気でも『予断を許さない状況は変わらないと思う』のはその通りだと思います。ただ,私の母の場合は開腹後何もできずに閉じたそうですが,『胆管にバイバス手術を施し』てられるそうですので,今すぐどうこうと言う事は無いように思います。

 御本人様もですが,端で看病される方も大変だと思います。お体にお気を付けられて,一つでも多く良い思い出をお作り下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>回答になっていないような気がしますが

とんでもございません。
たいへん参考になりました!

お礼日時:2002/03/08 20:00

こんにちわ。

回答にならないと思いますが、私の父は2年前に亡くなったのですが同じく胆管がんでした。私の父もバイパス手術をしました。私の父の場合も似たようなことを言われたと思いますが、半年ぐらい生きました。その間私の結婚式にも出てくれて本人にとっては幸せな時間だったのではないでしょうか。この先何があるがわかりませんが、とりあえず今を楽しませて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

書き込みありがとうございます。
半年ですか・・・
私の方は結婚式には間に合うか微妙なところです。

お礼日時:2002/03/23 05:15

こんにちは。



全然医学的知識ないし、また聞き程度の無責任な話ですが。

ガンで余命?ヶ月で命が燃え尽きる寸前(?)、炎が消え尽きる寸前に大きく燃え上がることがあるように、状態がよくなることがあるそうです。

体力のない老人ですと、奇跡的な回復というのはあまり望めない代わり、急激に悪くなることもないそうで、このようなことがよく起こる、という話を聞いたことがあります。
その方がどのような方かはわかりませんが、せっかく元気になられているのでしたら、その期間は有意義に過ごすことが出来るよう、気遣ってあげるのがよいのではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「命が燃え尽きる寸前」と言うのは信じたくないです。
でもそれが事実である可能性の方が高いわけですからね、
ツライです。

お礼日時:2002/03/08 20:07

余命というのは医師が予想している範囲です。


それが、本人の生きる気力や延命治療によって、のびることがあります。
どちらにしても、本人が充実した日を1日でも長く、すごせるようにしたいものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね「余命」と言うのは
当てにならないかもしれませんね

お礼日時:2002/03/08 18:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QiPhoneアプリ「3年日記」バックアップできない

iPhoneのWiFi機能が壊れて、ソフトバンクの人からの勧めで、iPhoneをバックアップして復元しようとしています。

iPhone用アプリ『3年日記』(ver1.3.1)(85円)を使っていますが、iPhoneのバックアップでは3年日記のデータはバックアップされないみたいなので、3年日記のアプリでバックアップする必要があります。
しかし3年日記のバックアップはDropBoxを使ったバックアップでWiFi接続が必須のようで、今iPhoneのWiFiが使えない状況のため、アプリでのバックアップが出来ずに困っています。開発者に相談したくても連絡方法もわからないし。。。開発者はKazuoSakamotoさんとなっているようです。
3年日記を3g回線でもバックアップできる方法、もしくは、開発者への問い合わせ方法をわかる方がいれば教えてください。

Aベストアンサー

ザザッと調べてみましたが、

http://www.smartphone-dev.com/blog/?p=136

こちらで試して見るのはいかがでしょうか?

また、こちら開発者さんのブログのようですので、
ここからであれば連絡がとれるかもしれません。

Q胆管炎

東京で胆管炎の名医を教えてください。
現在、外科の先生に診てもらっていますが、すぐに手術を勧められます。できれば手術を避けたいので、内科(?)の先生を教えてください。

Aベストアンサー

おはようございます。病院の当直明けで、ふと見たところ、気になるのがあったので投稿しました。

私も一応医師ですが、業界で名の通った人といえば、虎の門病院の消化器外科、渡辺部長でしょうか・・・
自分から見れば雲の上の方ですので、会ったこともありませんが、名前はよく聞きますね。
内科ではこれといった医師は聞きませんね。すみません。
どうしても症状からして外科に回されやすいですね。
また調べておきます。

Qフランス語訳 「余命」

インターネットなどで「余命」のフランス語訳を調べると

l’espérance de vie (平均余命)
リスペホンス ドゥ ヴィ

と出てきました
実際にこの言葉が持つニュアンスは日本の余命と近いものになるでしょうか?
ネイティヴなフランス語に詳しい方がいらしたらご指南いただきたく存じます

よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

l’espérance de vie (レスペランス ドゥ ヴィ)は、まさに「平均余命」です。
新聞や雑誌で平均寿命の話をするときなんかに出てくる言葉です。
そういう意味では日本語と同じです。

それとも、「余命幾ばくもない」というときの「余命」でしょうか。
それならたとえば「彼の余命」であれば、
ses derniers jours(直訳:彼の最後の日々)
le restant de sa vie(直訳:彼の生命の残り)
あたりでしょう。

「彼はもう余命幾ばくもない」であれば、
Ses jours sont comptés.(直訳:His days are counted)

Qすい臓がん患者への胆管炎治療について

私はすい臓がんを患っている50歳男性です。
私の悩みは食事ができないことです。ずっと絶食で、24時間の点滴を続けています。
原因は食事をすると必ず、胆管炎が起こるからです。がん腫瘍が胆管を閉塞しているためだそうです。主治医の話では「胆管にステントを入れてもそれがもとで詰まったり、その場所に細菌が繁殖する危険があるから、何も手は打てない。」ということです。私は素人考えですが、胆管を中から広げなくても、腫瘍から閉塞されないように胆管自体を保護するようなチューブを付けられないかと思っていますが、無理なのでしょうか?可能性があるとするばどこの病院でできるかも分かればお教え下さい。このまま、一生食事が出来ないし、身動きが取れないのはとっても苦痛です。
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、状況が良く分りません。

膵臓がんとのことですが、手術はされたのでしょうか?
それとも、手術不能で、膵頭部がんなのでしょうか?
などなど、状況がまったくわかりません。

「腫瘍が胆管を閉塞している」
というのも、腫瘍が外部から胆管を圧迫している状態なのでしょうか?
それとも、すでに胆管に転移している状況なのでしょうか?

(Q)腫瘍から閉塞されないように胆管自体を保護するようなチューブを
付けられないかと思っていますが、無理なのでしょうか?
(A)これは、無理です。
内部から広げるしか、方法はありません。

文面からは、何もわからないのですが……
胆管の閉塞している部分が、乳頭部周囲である。
胆嚢、その他の胆管は、正常である。
手術に耐えるだけの体力があり、問題はない。
という条件付で、胆道ドレナージという方法があります。
これは、閉塞している胆道の上の部分にチューブを入れて、
余分な胆汁を体外に出すという方法です。

しかし、言うまでもないことですが……
胆汁は食物の消化に重要な酵素が含まれています。
胆汁を外に出して、食事をさせる……というのは、
良策とは思えません。
膵臓がダメージを受けているならば、
食事をすること自体が問題である場合もあります。
などなど、様々な問題もあるので、
胆汁を外に出せば、問題解決とはなりません。

現状では、黄疸も出ていないようですから、余分なことはしない
という方針なのだと思います。
つまり、一つ間違えば、すぐに命に関わる可能性があるという
状況なのだとおもいます。
大学病院ならば、当然、このようなこと色々と考えて、
「打つ手なし」と判断したのだと、私は思っています。

膵臓がんがどのような状況にあるのかわかりませんが、
状況が改善すれば、ステント留置も可能だと思います。

不明な点は、医師に相談をするべきです。

まず、状況が良く分りません。

膵臓がんとのことですが、手術はされたのでしょうか?
それとも、手術不能で、膵頭部がんなのでしょうか?
などなど、状況がまったくわかりません。

「腫瘍が胆管を閉塞している」
というのも、腫瘍が外部から胆管を圧迫している状態なのでしょうか?
それとも、すでに胆管に転移している状況なのでしょうか?

(Q)腫瘍から閉塞されないように胆管自体を保護するようなチューブを
付けられないかと思っていますが、無理なのでしょうか?
(A)これは、無理です。
内部から広げ...続きを読む

Q癌 余命

癌を宣告された患者や家族は、なぜ、すぐに余命を聞きたがるのでしょうか?

リンパ節に転移があったとしても、多くの癌ではそれほどすぐには死にません。
リンパ節転移が見られる癌は多いですし、治療の進歩でリンパ節転移があっても、5年~10年以上生存する人も多いです。
よほどの末期癌でない限り、医師も余命は予測できませんし、1年生存確率10%でも100人に10人は生き残りますよね。

なぜ、癌を宣告された患者や家族は、すぐに余命を聞きたがるのでしょうか?
癌=余命宣告、しばらくしたら死ぬというようなイメージでしょうか?

Aベストアンサー

私の意見でして、すべての方にあてはまるかは疑問ですが、
癌の宣告をされて、最初に思ったのが、「俺の人生終わったか・・・」でした。
なんででしょうね。手術をする前や治療をする以前に、終わった。と思いましたよ。
ご質問者様の仰るように、癌=余命宣告 というのが、自然と頭にインプットされているんでしょうね。
でも私の場合は、余命どのくらいですか?とは聞きませんでした。治りますか?とは聞きましたが。
治療は治すためとはいえ副作用のせいで弱る部分も出てきます。相当な体力が必要です。
ですから、癌はあるのに治療を休まなくてはいけないときもあります。
もう、これ以上治療を続けても死期を早めるだけだとか、昏睡状態だとかでないと、現実では余命云々とはあまり聞かないのではないかと思います。
テレビ、ドラマの影響が大きいように思います。癌になると末は死ぬ。それまでにしておくことは済ませるような
パターンが多いのかな。
今は、医学の進歩から治せる癌、治せなくても出来る限り長く生かせるような治療。医学はすばらしいと思います。
ドラマや映画が、癌にかかっても、治って元気におじいちゃんおばあちゃんになるまで暮らしているような、ストーリーが増えないといけないのかな。
だらだらと書きましたが、おっしゃるとおり、癌=すぐに死ぬ というイメージに尽きると思います。

私の意見でして、すべての方にあてはまるかは疑問ですが、
癌の宣告をされて、最初に思ったのが、「俺の人生終わったか・・・」でした。
なんででしょうね。手術をする前や治療をする以前に、終わった。と思いましたよ。
ご質問者様の仰るように、癌=余命宣告 というのが、自然と頭にインプットされているんでしょうね。
でも私の場合は、余命どのくらいですか?とは聞きませんでした。治りますか?とは聞きましたが。
治療は治すためとはいえ副作用のせいで弱る部分も出てきます。相当な体力が必要です。
ですか...続きを読む

Q「胆管がん」の治療について

こんにちは。私の友人で最近体の調子が悪いので、病院で検査を受けたところ「胆管がん」の恐れがあるとの診断をうけました。この病気は治らないと言われたのですが本当なのでしょうか?最近聞く高度先進医療というのでも治せないものなのでしょうか?友人の歳は61歳です。
また、病気の相談をしてくれる「ティーペック」という会社があるのですがネットで調べたのですがあまりよくわかりませんでした。くわしくご存知の方教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

胆管がんについては下記のサイトを参考にしてください。
たしかに治りにくいガンのようですね。
http://www.gsic.jp/cancer/cc_16/hc/

ティーベックはこちらです。
http://www.t-pec.co.jp/

Q余命を宣告されたらどう過ごしますか

余命を宣告された訳でも、大病になっている訳でもありません。

(昨年、考えるきっかけがあったもので)

私は、余命2ヶ月と言われたら、
職場の上司と自分の家族に知らせます。
1ヶ月休みを頂いて、今まで関わった人に
病気のことを伝えず、お礼の旅をしたいと
思います。
余命1ヶ月を切ったら、家族と楽しく過ごします。

Aベストアンサー

余命宣告されたら、まず自室の掃除と、机と箪笥の中を片付けます。
特に箪笥の中身、着古した服や下着を処分します。
机の引き出しの中も入念に片付けておきます。

次に家族に話して、私の場合、一人者なので、その時点で親がいれば親に、もう親がいなければ妹と弟に、その時の事を頼みます。費用などの置き場所、実印、保険の証書、家土地の権利証の置き場所、遺言書の場所なども話しておきます。

それから会社の上司に話して、仕事の引継を行い、退職します。

その後まだ動けるようであれば、お世話になった人や友人に会いに行ったり、大好きな場所を回ります。もし動けないようであればお世話になった方々、友人にお礼の手紙を書きます。

約10年前、病気した時、医者からもしかしたら明日の朝、死んでるかもしれない、と言われた事が一度ありまして、それ以来回復した今でもその時の準備だけはある程度しています。宣告されたら、心静かにその時に向かって過ごしたいとは思っています。

Q肘管部症候群手術と手根管手術は同時にできますか?それぞれ違う腕です。その場合入院で手術になりますか。

肘管部症候群手術と手根管手術は同時にできますか?それぞれ違う腕です。その場合入院で手術になりますか。お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。猫山と申します。
医師です。

技術的には同日手術は可能ですし、関節鏡手術なら日帰り手術も可能です。
病院の方針と、交渉次第だと思います。

ただ、現実的には、しばらく両手が使えませんので、非常に不便な生活を送られることにはなるだろうと思います。
診察医も、それを勧めはしないのではないでしょうか。

以上、ご参考になれば幸いです。

Q医師の余命宣告の信憑性

父親と知人が余命宣告を受けています。
父親は肺癌からくる脳腫瘍です。一時は一週間と言われ、あわてて入院、治療を始め、それでも半年から一年と言われました。
知人は、病名が分からないのですが、何か血液がカルシウムを多く作りすぎる病気で(遺伝らしいのですが)、治らないみたいです。初めて受けた余命宣告はとっくに過ぎていて(五年くらい)、二回目の余命宣告も2年くらい過ぎています。
病気によってそれぞれだと思いますが、医師の言う余命宣告ってどれくらい正確なのですか。後半年といわれてから何年、何十年生きる人もいると思いますし、後3年と言われて半年でなくなってしまう人もいると思います。医者は何を基準に余命宣告するのでしょう。そして、その信憑性を教えてください。

Aベストアンサー

初めまして。

私は医療従事者です。
#1さんの仰るとおり、余命とはその病気に掛かってしまった方がどのくらい生存していたか、
と言う統計に基づいて話している筈です。

人の体ってこんなに医学が進んでいても、分からない事は沢山あります。
千差万別とはよく言ったものですが、まさにその通りで、色々なそれぞれの体の体質や機能の違いで変わってくる物です。
そう言ってしまうと都合の良い様に聞こえてしまうかも知れませんが、実際はそれが本当のところなのではないかと思います。

Q根管治療中、根を開放している状態で抜歯しても大丈夫か?

左下の親知らずを根管治療中です。
通院から1週間ほどすると、排膿・激痛→開放のくりかえし、
昨日、急患で膿を出してもらい、今はセメントのふたがしてあります。

今も腫れと激痛があり(おそらく急性期)
歯は浮き上がって、ぐらぐらしています。

親知らずなので、もう抜歯することに決めました。

そして、ここからが、お聞きしたいことです。

この、炎症した、急性期の根管治療中の歯を
「抜歯にむけて」、まだ「根を清潔に保つ必要がありますか?」

つまり、抜歯すると決めたあとでも、痛みにたえつづけて、セメントふたをとらないでいることに意味はあるのでしょうか?

ふたを取れば、おそらく楽になりますが、
オープンにして根に細菌が入ってしまうと、それが抜歯のときの痛みになるなど抜歯に悪影響はありますか?

また、もしふたをとる場合、飲み続けた抗生物質はそのまま続けた方がいいですか?(現在2日間飲みました)

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

経験あるけど、治療した後が痛いんだよね。痛むたびに薬を飲むのはいけないと言われたので我慢するんだけど、会話にも影響が出る。一番困るのが飲食だった。そのうち、痛みを和らげるコツみたいなものがわかってきた。冷たいものは大丈夫だった。熱いものはもちろん、温かいものにも激痛。それで、食べるときは冷まして食べていた。せっかく温めて待っていたのにと奥さんから文句言われる毎日であった。それと、口を開けてスースーとやると和らぐことが分かった。
いろいろと疑問があるようですが、すべてお任せしましょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報