よろしくお願いいたします。

以前、http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=228343
投稿させていただいた者です。

現在交通事故の裁判中です。こちらが原告側(被害者遺族)です。
主治医のレントゲンフィルムを見ると日付がシールで張ってあるだけで、
移りこんでいるわけではありません。
これって、偽造が可能なんじゃないでしょうか。
レントゲンフィルムはシールでも日付は有効でしょうか?
対策などありましたらアドバイスお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 シールでも、その日付が偽りであると証明できるものがない場合には、有効でしょう。

撮影のときに、日付を間違ってしまったので、シールを貼りました、と言われればそれまでです。

 シールの月日に疑問がある場合には、その日に診察を受けたのがどうかを、診療報酬明細書(レセプト)や、通院の場合でしたら領収書の月日から、確認をする方法があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
やっぱり、現状だとやりたい放題が可能なわけですね。
レセプトで確認すると食い違いがありますので
医師に説明を求めてみたいと思います。

お礼日時:2002/03/10 13:34

シールでも日付は有効でしょうか? >


 あなたが有効性を争わないかぎり、真正なものと推定されます。たとえば、その日に受診しなかったとか、その日の他のフィルムとの比較により同一性を覆すなどで推定が崩れます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
明細書で確認すると食い違いがあります。
医師と掛け合ってみますね。

お礼日時:2002/03/10 13:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qhttp://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=429748の瑕疵担保責任について

この問題文では一度AがBに別荘を売りそれが激しい傷みで使い物にならないくらいで、しかも両者とも善意であった。と言う場合は、BはAに対して損害賠償請求もしくは契約解除ができますが、Bが絶対に特定物であるこの別荘に住みたかった場合はこのBの願いは叶えられるのでしょうか?これは法定責任説か契約責任説に分かれると思うのですが、どう考えたらよろしいのでしょうか?

Aベストアンサー

 貴殿の質問文にあるAB両者間には何ら問題がない(善意)場合,BはAに対して損害賠償請求もしくは契約解除ができる旨とありますが,両者間はともに善意であった場合,民法第555条合意の上の契約が成立する.
 よって,貴殿の解釈では,BはAが売った物件に瑕疵があったとの判断のようですが,当事者同士が善意であったとしてもAがBに対し,民566条の定めにあるような地役権,対抗力を有する借地権があって,その購入物件が十分に利用出来ない事情があるときに限られる.
 仮に,貴殿の判断にあるように対抗権を有する場合の解約権の有効期限は1年間であるから,1年間を過ぎれば請求権は消滅する.
 従って,Bが納得の上購入した後,購入物件に瑕疵があったときは話し合いによる方策が結局得策であると考えられる.
 但し,真の事情を知るのは当事者の貴殿のみであります.果たして,売買成立前に当事者同士でどの程度の取り決めがあったかによって結論が異なってくるから,それを見極めた上でなければ仮に提起しても勝ち目はないと考えれられます.
 次に,Bが絶対に特定物に住みたい場合はなおさらのこと,上記の売買成立(決済終了)以前のAとBの認識の違いが争点となりますから,購入者Bが,そこに住みたい旨の強い希望がある以上,結果的には,何らかの事前交渉時のAの示した条件や説明の違いを探し,それを指摘するか,又は,瑕疵あると貴殿が考える事由を提示して修復費用の負担を求めるべきではないかと思います.

 貴殿の質問文にあるAB両者間には何ら問題がない(善意)場合,BはAに対して損害賠償請求もしくは契約解除ができる旨とありますが,両者間はともに善意であった場合,民法第555条合意の上の契約が成立する.
 よって,貴殿の解釈では,BはAが売った物件に瑕疵があったとの判断のようですが,当事者同士が善意であったとしてもAがBに対し,民566条の定めにあるような地役権,対抗力を有する借地権があって,その購入物件が十分に利用出来ない事情があるときに限られる.
 仮に,貴殿の判断にあるよう...続きを読む

Q裁判官と原告・原告の弁護士の態度がおかしい

 民事で,慰謝料請求を去年の7月から争っています。私は,精神疾患があり,精神状態が不安定なことが多いので,こちら側は弁護士さんが代理人として出廷していました。
 原告側の弁護士が,第一回の公判をすっぽかす,そんな始まり方でした。慰謝料請求は,原告が,「被告は私の夫と不倫をしていた」と主張するものですが,原告側が立証すべき不貞行為の証拠を出せずに,私の出した近況報告のメールなどを証拠として,それだけで延々と裁判を長引かせています。もちろん,原告の主張は単なる言いがかりにすぎません。「金が欲しいだけなのか?」と思うような執拗さで臨んでいるようです。
 この件を担当する裁判官が,今年の4月に人事異動で替わり,今までの経緯を把握しているものと思いましたが,同じことを何度も聞き返す原告側の弁護士を注意するわけでもなく,原告がわめいても,たしなめもせずです。
 その裁判官は,前々回の時に「50万くらいで,手を打ったらどうですか?」といったそうで,さすがに,こちらの弁護士さんも抗議しました。
 前回(先月)は,初めて私も出ましたが,原告の弁護士の回りくどい質問に「その手に乗るか」と思っていながらも,言いたいことも言えず,いらいらし続けて答弁を終えました。
 これで終わるかと思ったところ,裁判官が,「次回,また,ということで」と2ヶ月先にまた出廷しなければならなくなりました。
 不貞行為の立証を原告側ができないのに,裁判官が毅然とした態度で原告側の弁護士に「証拠の提出」を命令しないのは,なぜでしょうか? また,原告の態度を注意もせず,それをただ眺めている裁判官は,怠慢ではないのでしょうか? それらについて,どこに抗議をすればいいのでしょうか?
 ちなみに,原告側の弁護士は,この裁判所の管轄区の弁護士です。

 民事で,慰謝料請求を去年の7月から争っています。私は,精神疾患があり,精神状態が不安定なことが多いので,こちら側は弁護士さんが代理人として出廷していました。
 原告側の弁護士が,第一回の公判をすっぽかす,そんな始まり方でした。慰謝料請求は,原告が,「被告は私の夫と不倫をしていた」と主張するものですが,原告側が立証すべき不貞行為の証拠を出せずに,私の出した近況報告のメールなどを証拠として,それだけで延々と裁判を長引かせています。もちろん,原告の主張は単なる言いがかりにすぎ...続きを読む

Aベストアンサー

#1です。

弁護士さんとの打合せも大事ですね。

相手が提示した日ということについて考えますと、
原告も被告も証明できない、という事実について、
「事実無根だ」という準備書面を出すと良いでしょう。
或いは、期限付きの証拠提示を促してはどうですか?
例えば、次回口頭弁論までに証拠を示せ、というような。

Qレントゲンフィルムが足りない。

よろしくお願いいたします。

現在裁判中で、こちらが原告(交通事故被害者側遺族)です。
裁判に必要なので、被害者が診察を受けた際の
レントゲンフィルムを取り寄せることができましたが、
受け取ってビックリ!
枚数が足りません。肝心の患部がぽっかりと抜け落ちております。
念のため診療報酬明細と照らし合わせるとそこにはしっかりと
抜け落ちている分のレントゲン撮影が明記されていますが、
肝心のフィルムがないんです。
これって、法的にはどうなるんでしょうか?
医者に確認したところ、"さあ、どうっだったかなぁ、保険会社が持っていたんじゃないかなぁ"とあいまいに答えます。
まだ、事故より5年たっていませんが、こんな態度が通用するのでしょうか?
どのように対処したらよいでしょうか?
原告が証明しなくてはいけないのに、肝心の主治医がこれでは・・・・
ひょっとして、保険会社と仲よくなっているのではと考えてしまいます。
(保険会社と仲のよい医者らしいとのうわさは後から聞いたので・・・)

レントゲンフィルムを手に入れるまでの簡単な流れですが、

一番最初にレントゲンフィルムを要求したら、
"ない"といわれ断られました。
後日もう一度いくと
"保険会社が持っていった"といわれました。
ないといっていたのに。
そして、3度目でようやく手に入れることができたのですが、
枚数が足りない。

と、こんな具合です。

弁護士は立てているんですが、こちらでもできる範囲のことは
やっておきたいのです。
どうぞよろしくお願いいたします。

よろしくお願いいたします。

現在裁判中で、こちらが原告(交通事故被害者側遺族)です。
裁判に必要なので、被害者が診察を受けた際の
レントゲンフィルムを取り寄せることができましたが、
受け取ってビックリ!
枚数が足りません。肝心の患部がぽっかりと抜け落ちております。
念のため診療報酬明細と照らし合わせるとそこにはしっかりと
抜け落ちている分のレントゲン撮影が明記されていますが、
肝心のフィルムがないんです。
これって、法的にはどうなるんでしょうか?
医者に確認したところ、"...続きを読む

Aベストアンサー

弁護士は立てているんですが、>
 弁護士と相談して、文書提出命令(民訴220条3号、223条)を裁判所に請求してください。

参考URL:http://www.fine.bun.kyoto-u.ac.jp/tr1/02okuno.html

Q遺言書に偽造の疑いがある(私文書偽造?)

 昨年親が病死し、残された相続人である子二人(どちらも成人し親とは別居しています、仮にa・bとしておきます)での相続が始まりました。ところが半年以上話しがまとまらず、結局私bが家庭裁判所の調停制度を利用すると宣言しました。その後aに一切連絡がつかなくなり、一ヵ月後家庭裁判所で遺言書検認が行われました。私bは遠方で暮らしているため、遺言書のコピーを検認した家庭裁判所から取り寄せました。
 遺言書内容に関して親の日頃の言動とは大きくかけ離れており、また遺言書の筆跡に関しても私bの判断では別人に思えて、あちこち調べて歩き親の筆跡が残る書類(自動車等の契約書)を手に入れました。
 この後弁護士に相談しました、
 こういう偽造では相手も出来るだけ真似て書くため結局曖昧になり偽造を証明するのが難しいケースが多い。その後逆に相手先aから訴えられる事もある。弁護士を雇い長期間争うほど何億も相続資産があるわけでもないのでまずは調停制度を利用したらどうかとのアドバイスを貰いました。
 しかし、私bは親の最後の意思を踏みにじる行為を行ったなら相手aは社会的な罰を受けなければならないと考えいます(たとえ兄弟であっても、十分成人なのですから厳しく対応したい)。その為には私bも裁判・弁護士費用等も少ない貯金の中からできるだけ用意したい。
 また、この段階での調停制度の利用についても疑問を感じます。遺言書の真偽確認はできない、話し合いのみでは平行線のまま半年経ち、審判に移行して終了するだけだと思えます。結果はゴネまくる犯罪者を野放しにするだけとしか思えません。
 私文書偽造・同行使として告発したいのですが、警察は民事不介入らしいと聞きました。刑事裁判で告訴するためには、親の筆跡などの証拠集め以外に具体的にどのように動けば良いのかアドバイスを頂けたらと思います。

 昨年親が病死し、残された相続人である子二人(どちらも成人し親とは別居しています、仮にa・bとしておきます)での相続が始まりました。ところが半年以上話しがまとまらず、結局私bが家庭裁判所の調停制度を利用すると宣言しました。その後aに一切連絡がつかなくなり、一ヵ月後家庭裁判所で遺言書検認が行われました。私bは遠方で暮らしているため、遺言書のコピーを検認した家庭裁判所から取り寄せました。
 遺言書内容に関して親の日頃の言動とは大きくかけ離れており、また遺言書の筆跡に関しても私bの判断...続きを読む

Aベストアンサー

「筆跡鑑定」だけでは、相手を「有罪」に持っていくは不可能ですので
「起訴」は出来ません(証拠不十分で不起訴が、関の山です)

1・何時、改ざんしたか?
  Aが、何時頃実家に来て置いたか?
が焦点ですね?
しかし・・・
>裁判で、ある筆跡鑑定書をどの程度重視するかは裁判長の「自由な心証」にゆだねられています(自由心証主義)から、鑑定人の立場で一律にどの程度有効であるということはできません<
となってますので、必ず「質問者様」が有利に働く事はありません
http://www.kcon-nemoto.com/8_kantei/kantei_advise.html

Qこの間、スーパーで夕方になると貼られる割引きシールを、2割引きのシール

この間、スーパーで夕方になると貼られる割引きシールを、2割引きのシールが貼られている商品を5割引きのシールに貼り替えてる人を見かけたらんだけど、これって犯罪ですよね?
そこでふと思ったんですが、これは何の罪になるんだろうって…
店の人を騙しているから詐欺?でも、店側は割引きするつもりでシールを貼っているんだから、割引きの差額分の窃盗?

Aベストアンサー

本来2割引のものを不正に5割引の表示に変えて、店がそれによって錯誤に陥り、その差額を騙取している以上、詐欺罪に該当すると考えます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報