教えて!goo限定 1000名様に電子コミック1000円分が当たる!!

 こんにちは,中学2年生の男子です。

 少々遅いのかもしれませんが,今頃になって,「勉強」の大事さというものが認識されてきて,今までマジメに勉強してこなかったことに対して焦りを感じています。
 成績は,まぁ,普通よりちょっといい程度の者ですが,現時点から必死で勉強すれば,どれくらいの程度の学校ぐらいなら狙えるでしょうか。
 また,効果的な勉強法なども併せて御教授いただけますと大変嬉しく存じます。どうも,「勉強法がよくわからない」というところに自分は逃げ込んでいる節があるような気がしてならないので……。

 拙い文章ですが,どうぞご回答いただきますようお願い申し上げます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

○×クイズ」に関するQ&A: 結婚式で○×クイズをやったりする方がいますが、新郎新婦にまつわるクイズ以外でやったことある方いますか

A 回答 (12件中1~10件)

真面目に勉強せずに中の上程度の成績を取っていたなら、必死で


勉強すればクラスや学年トップレベルになる可能性は充分あります。

そうすれば地域で上位とされる進学校に行くことも可能でしょうし、
そうすれば大学も難関大学に入れる可能性は高くなるでしょう。

勉強法と言うか、基本は目からウロコ系の方が身に付きます(個人的には)
ですから最初だけでも塾や家庭教師の指導を受けた方が良いと思います。
「へえっ」と思えるような方法を習って活かしましょう。

まあ質問文を見る限り、現時点でも中2としてはしっかりとした方
という風に見受けられるので、勉強勉強と意識し過ぎないで肩の力を
抜いて行きましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 早速のご返事ありがとうございます。

>>真面目に勉強せずに中の上程度の成績を取っていたなら――
 こうおっしゃっていただくと,すごく自信がつきます。あまりの自信家にはならないほうがいいんでしょうけど^^;

>>勉強法と言うか――
 「目から鱗式」ですが,よく考えてみると,あんまり「へぇ,そうだったんだ!?」と感じられる学習はしていませんでした^^;

>>まあ質問文を見る限り――
 自分で言うのは大変おこがましいですが,語彙量とかだけには少々自信があります。残念ながらあまり学校で,ボキャブラリーをためされるようなことはないですが^^;
 とにかく,肩の力を抜いて,度が過ぎない程度の楽観主義者になるよう,意識してみます。

 どうもありがとうございました。

お礼日時:2006/08/02 00:27

元塾講師です。


他の質問/補足に書いてないので、なぜ言及されていないのか疑問なのですが、
部活はどうされているのでしょうか?

特に運動部の男子については、中3の部活終了後の成績上昇には目をみはるものがあります。
部活に注いでいたエネルギーが勉強に向くからだと私は解釈しています。
極論を述べますが、もし運動部ということであれば、部活への集中をそいで
部活も勉強も中途半端にするくらいなら、勉強はしない方が良いかもしれません。

また家庭での勉強も大切ですが、学校の授業時にどれだけ集中できるかが大事だと思います。
学校の授業に集中することによって、勉強法は自然と身につくはずです。
一般に、中学の教師は小学校の教師よりも授業が下手なことが多いですが、
それを踏まえても学校の授業は大切だと思います。

私立中学では話は別かもしれませんが、公立中学に話を限定すれば
中学で「頭がいい」と言われている子は、学校の授業だけで殆ど
理解してしまっています。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございます。

 部活は……。ものぐさ者なので,下世話に申しますところの「帰宅部」です^^;
 入ろうとは思ったんですが,どうも……。

 授業中で理解して,家での勉強で更にそれを深めることが大事ですね。

 ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/05 19:00

こんにちは、今中2でしたら全然遅くありませんよ。


中3になる前に気づけてよかったですね。
どれくらいの高校を狙えるかということですが、はっきり言ってどこでも狙えます。高校入試レベルでしたら今から勉強していけば、トップレベルの学校にだって絶対合格できます!今、中2の夏ですからちょうど中学生活の折り返し地点です、まだ半分あるんですから学力をぐっと伸ばすことは十分可能ですよ。これは、私の経験から断言できます。
そして、大事な勉強法ですが、現段階の成績が普通以上とのことなので超基礎的な部分は完成されてるのだと思います。
ですから、この夏の内に既習範囲の標準~応用レベルを完成してください。効果的な勉強法に当たるかどうかわかりませんが
数学は、粘り強く考えてください。結果的に答えに結びつかなくたって、考えれば考えるだけ数学的思考はついていきます。
英語は、ます構文・単語を覚えることです。中学レベルでは(超難関校以外では)それほどややこしい構文解析は必要ないので、基礎知識の習得で十分でしょう。

まぁとにかく、逃げないことですね。勉強だけをしろってわけでは決して無いです。遊びたいだけ遊んでもいいですし、やりたいことをやりたいだけやるのもいいです。まだ中2ですしね。でも頭の片隅に、少しは勉強のことや受験のことをおいといてください。そうすれば、自ずと勉強するはずです。危機感みたいなものが出てくるはずですから。
では、頑張ってください。逃げなければ絶対大丈夫です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございます。

 中2と中3。結構差があるんですね。

 数学は,投げ出してしまうこともしばしばありましたが,そういうことはやめます^^;
 だから苦手になったんでしょうね。いや,苦手だからこうなったのかもしれませんが。……これではニワトリのアレみたいですね^^;

 やれるだけはやってみようと思います。

 ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/05 18:57

十分に間に合います。

若いときに壁に突き当たり、いろいろ苦労すると、非常にその後の人生にプラスになります。
勉強だけでなく、いろいろなことに悩んでください。

さて、以前自分が書いたフォウニクスを含んだ英語の基礎についての文を貼り付けておきます。

受験を含め、英語の実力をつけるのに役立つはずです。かなり長文ですが、できればきちんと読んで、感想をお聞かせください。

途中、高校レベルのものもありますが、英語の感覚と言うことで読んでみてください。

(6)の語順と最後の使役動詞については、完全に高校レベルです。

では、まずは、単語の読み方、書き方から。

(1).つづりと発音の関係:
つづりを覚えるのは、次のような法則を知っておくととても楽になります。これは、以前、定時制に勤めていた時に作ったものです。

1.文字は2種類ある。一つは母音を表す母音字でA, I, U, E, Oの5文字しかない。もう一つは子音字でアルファベットから(母音字)を除いた残り全部を言う。

2.母音とは、口を自然に開いて、唇とか舌とかのぞを使わずに、自然に出せる音のことを言う。「ア、イ、ウ、エ、オ」のような短い母音と「エィ、アィ、ユゥ、イー、オゥ」のような長い母音の2種類がある。つまり、基本的に、母音字は、それぞれ、これらの短い音と長い音の二通りの発音を、持っている。ここが、ローマ字と英語の文字の読み方の違う点です。

なお、u は、短い読み方は「ウ」よりも「ア」のほうが多い。cut:「カット」, bus「バス」 など。それから、aとuでは、口の開きの大きさが異なる。aのほうが口が大きく開き、「エア」のような音で、Japan:「ジャパーン」のpanのような音。uは、日本語の「ア」とほぼ同じ。

3.子音とは、口の色々な機関、例えば、舌、唇、歯、喉などを使わないと発音できない音のこと。基本的に、子音字が表す子音は、そのアルファベット読みから母音を取り去った残りの子音になる。例えば、f、l、m、n、s、xのアルファベット読みはどれも、「エ」という母音が共通していて、それぞれの文字のアルファベット読みから「エ」を取り去り、残った子音がそれぞれの子音字の表す子音となる。だから、基本的に、子音字は一通りの読み方しかない。
「エ」が共通なものを上に示しましたが、「イー」が共通なものも多くあります。b、c、d、g、p、t、v、zです。また、「エィ」が共通なものもあります。h、j、kです。


なお、2と3が、ローマ字が「か」ka のように、二文字になる理由。

4.母音字が二通り、子音字が一通りの発音の仕方があるので、英単語の読み方で困るのは、母音字を短く読むのか長く読むのかの判断である。

5.dog, cat, pet の様に、子音字+母音字+子音字 の並びの時は、母音字を短く発音する。これは、二つの子音字に挟まれて、母音字が圧縮されているとイメージすればいい。母音字1個に対し子音字2個で、1対2で、母音字が負けて圧縮されていると思えばいい。

6.cake, five, codeのように、子音字+母音字+子音字+eの時は、母音字を長く発音する。これは、eが母音字であるため、子音字2個、母音字2個の同数なので、数の上で勝ち負けなしとなり、母音字は圧縮されない。これは、e が自分は発音しなくていいからもうひとつの母音字を長く発音してくれと言っているようなもの。
なお、これには、have,come,liveなどの例外があります。ただ、例外は日常的に非常によく使うものに限られます。そうでないと、例外的なものを覚えていられないからだと感じます。

7.desk, test, pass の様に、子音字+母音字+子音字+子音字のパターンの時は、母音字を短く発音する。これは、子音字が3個に対し、母音字がたったの1個であるので、母音字が子音字に圧縮されて短くなるとイメージする。
これも例外がある程度あります。

8.boat, read, coat の様な子音字+母音字+母音字+子音字のパターンの時は、母音字の一方だけを長く読む。もう一方のほうは読まない。これは、次のように考える。つまり、母音字と子音字の数が同じなので、互いに勢力が等しい。よって、母音字は圧縮されないということ。
これについても、例外が多少あります。たとえば、outのouは「アゥ」と読みます。この応用がabout,shoutです。


日本語でHokkaidoと言う時と、hokaidoと言う時ではhoの部分を強く言えるかどうかの違いがある。日本語は高低アクセントだが、英語は強弱アクセントになるので、Hokkaidoのように、子音字二つでためを作り、その前の母音を強く読ませる形が多い。これについては、スポーツ観戦で「日本」を応援する時の言葉でも説明できます。nihonとはほとんど言わずに、 nipponといいますよね。これは、nipponのほうが強く言えるからです。「イ」の音を強く発音するには、nipponと言うしかないわけです。

名前動後。つまり、名詞のアクセントは前、動詞のアクセントは後ろ。これは、動詞の過去形などが語尾変化により作られるので、語尾の方を強くはっきり言う必要が生まれ、それと区別するために名詞は前を強く言うようになったため。一番簡単な例が、同じ語が名詞と動詞でアクセントの位置が変わるrecordの例です。ただし、似た単語でreportは名詞動詞ともに後ろにアクセントです。

長い単語は、短い単位に分けて、考える。enforcementは、en-force-mentとなる。

(2).単語を分類してみよう。
なぜ分類が必要かと言うと、名詞しか、主語や目的語になれないからです。そして、名詞を説明するものが形容詞、動詞を説明するものが副詞です。

このことは、例えば、自転車で、タイヤ、リム、サドルなど部品があり、それと、原材料との関係はどうか、と言うようなこと。つまり、ゴムでなければ、タイヤになれないし、金属でないとリムには、なれない、と言う感じです。
さて、名詞、動詞、形容詞、副詞の説明。

世の中を表現するのが、言葉だが、世の中は基本的にものでできている。だから、物をあらわす名詞がある。(名詞はものの名前)
しかし、世界は動く。犬は歩くし、魚は泳ぐ。つまり、ものの動きを表すものが動詞。
ものは、ものでも、姿かたちが異なる。大きい机もあれば、小さい机もある。つまり、ものの形の違いをあらわすのが形容詞。(ものの「形」と言う語がある。)
動くのもいろいろある。早く歩いたり、きれいに泳いだり。動きの説明をするのが副詞。(いつも「動け」とか号令をかける司令官の横にいる「副」司令官みたいなものか。)

上でも言っていますが、主語になれるのは、名詞だけと言うことを注意しましょう。

(3)進行形や受身、完了形の話
ここが、基本的には、文法の一番の基礎です。

これは、ある意味、とても簡単です。

まず、進行形とは日本語でどんなことですか。「~している」ですよね。それを表すのが英語ではing形なのです。

たとえば、「彼はテニスをしている。」は、
He is playing tennis. となります。
「彼はテニスをしていた。」は、
He was playing tennis. です。
つまり、「テニスをして」の部分が、playing tennis で、「いる」とか「いた」になる部分が is,was になるのです。

次に受身、これは日本語では「される」ですよね。それに当たるのが英語では edがついた形や過去分詞といわれる形です。ed形は過去形でもありますが、なぜ、過去形が受身になるかと言うと、たとえば、誰かが窓を壊します。誰かが壊した後になってはじめて、「窓が壊された。」と言えるからです。つまり、「する」と言う動作があってから「される」と言う言い方が出来るからです。
「彼は彼女に好かれている。」は、
He is liked by her. です。
「彼は彼女に好かれていた。」は、
He was liked by her. となり、進行形と同じでis, was で、現在、過去を表しています。

完了形、これは単に過去のことを今持っていると言うだけです。つまり、過去分詞(過去のこと)をhave(持っている)ということです。
「彼はバックをなくしてしまった。」
He has lost his bag. つまり、lost(無くしたと言う状態)を, has(今、持っている)ということです。
今、持っていると言う意味は、上の文では、「まだバックはなくなったままで見つかっていない。」ということです。
He lost his bag. 「彼はバックをなくした。」なら、今はもう見つかっている可能性もあります。


(4)動詞は形容詞にもなる。これは、進行形や受身の応用です。

He is happy.(彼は幸せだ。)  a happy boy(幸せな少年)

He is swimming.(彼は泳いでいる。)  a swimming boy(泳いでいる少年)

The window was broken.(その窓は壊された。)  the broken window(壊れた窓)

上の例で、happy と swimming,broken は同じように形容詞として働いています。つまり、名詞の説明をしています。

これをもう少し応用してみましょう。

(5)文から句を作る方法です。

これ、便利ですよ。関係代名詞を使わなくても、ほぼ同様なことが表現できます。

The book is on the desk.(その本は、机の上にある。) から the book on the desk(机の上のその本) はbe動詞が省略されただけです。

この応用形として、

The boy is playing tennis.(その少年はテニスをしている。)から、
the boy playing tennis(テニスをしている少年)

The boy is liked by her.(その少年は彼女に好かれている。)から、
the boy liked by her(彼女に好かれている少年)

The boy is good at playing tennis.(その少年はテニスをするのが得意だ。)から 
the boy good at playing tennis(テニスが得意な少年) が作れます。


(6).文型。
ここでは、次の4つの記号を使います。
S:主語のこと。subject(主語) という単語の頭文字。偶然にも、シュゴという読み方の最初の音がSなので、それで覚えればいい。
V:動詞のこと。verb(動詞) の頭文字。下向きの矢印で、動きを表していると考え、動き→動詞と覚える。
O:目的語のこと。object(目的語)の頭文字。的の形に似ているので、動詞などの働きが作用する的のことと覚える。
C:補語のこと。complement(補語)のこと。Oと違い右の横の線がないので、それを補うのだと覚える。補語とは、He is nice. のnice, The desk is old.のold, We call him Tom. のTom などのこと。基本的には、補語の前にある名詞とイコールで結べる関係にある。
I like apples. のapples は、I = apples の関係ではないので、目的語になります。つまり、「補う」というのは、たとえば、しょう油が無くなりかけたら、それを補うのには同じしょう油を補うわけで、その意味で=で結べるということ。

特に、日本語と英語の語順の違いに注意です。
 英語の5文型、例を示します。
まずは、5文型
  第一文型:SV(主語+動詞)
  第二文型:SVC(主語+動詞+補語)
  第三文型:SVO(主語+動詞+目的語)
  第四文型:SVOO(主語+動詞+目的語+目的語)
  第五文型:SVOC(主語+動詞+目的語+補語)
    まず、すべての文型に共通する形として、主語+動詞の組み合わせがある。多分、英語だけに限らない。物理や数学でも、この考え方は重要だと思う。つまり、ある動作をするには、動作の前に、何か物、物体が必要だということ。言い換えれば、何か主語があって初めて、その動作が出来るという事だ。たとえば、誰もいない空間に向かって、「立て」とか「座れ」と言っても何も意味がない。だから、必ず、まず最初に主語が来て、その次に動詞が来る。反対に考えれば、何か動詞が出てきたら、その主語は何かということをいつも意識しなければいけない。そうすることによって、「読む」ことがかなり正確にできるはずだ。このことの具体的な応用はいくらでもある。例をあげよう。
例1:It is important for me to pass the exam.(試験に受かることは僕にとって重要だ。):この文章で「受かる」のは「僕」だ。日本語では「受かる」という動詞が「僕」よりも前に来ている。もう少し、しつこく言うと、日本語で「僕が試験に受かることは僕にとって重要だ。」とはあまり言わないという意味。このように、日本文では動詞が主語よりも前に来る文がかなり多くある。ところが、英語では、かなりきちんとこの原則(主語が先で動詞が後)が守られる。
例2:I want you to go shopping.(僕は君に買い物へ行ってもらいたい。):「君」という主語がまず示され、その次に「買い物へ行く」という動詞が来る。一般的な第五文型の文はみんなこの例と同じだ。
例3:She is angry at my breaking the window.(彼女は僕が窓を壊したことに怒っている。):my breaking の部分は「僕」を示すmyが「壊す」の前に来ている。つまり、「僕が壊す」の主語+動詞の語順が保たれている。
 二番目に重要なことは、5文型の中で、基礎は第一文型と第二文型、第三文型の三つのみ。第四文型と第五文型はこの基礎の三つの文型の組み合わせとして理解できるということ。
つまり、第四文型は、たとえば He gave me the book.(彼は僕にその本をくれた。)のような文。これは、He gave ( I have the book).のように考えられる。重要な点は語順の問題だ。「私」が先に来て、その次に「本」が来ている。一般に、第四文型の”OO”の部分は、「人」+「物」の順になると言われているが、その理由はここにあるのではないだろうか。つまり、「人」と「物」の二つの要素があったとき、それを組み合わせて文を作ると普通は「人」が主語になる。「ケン」と「りんご」を組み合わせれば、普通は「ケンがりんごをたべる。」のような文になる。英語は語順の言語だといわれるように、この語順の意識が残ってSVOOの文型は主語+動詞+目的語(主語)+目的語(目的語)となっているように思える。
第五文型は、たとえば、He asked me to go shopping.(彼は僕に買い物へ行くように頼んだ。)のような文。もう気がつかれると思うが、me go shopping の部分は、meつまり「僕が」という主語がまず来て、その次にto go shoppingつまり「買い物へ行く」という動詞部分が来ている。 だから、簡単に考えれば、第五文型はSVOCのOCの部分がまた主語と動詞になっていて、主語+動詞+(主語)+(動詞)のような形だと思えばいい。
このことは次ことを導き出す。
つまり、主語+動詞+補語の形や主語+動詞+目的語の形などがこの第五文型に組み込まれることがあるということ。
まず、第三文型が組み込まれた形を見よう。たとえば、I asked him to play tennis.(僕は彼にテニスをやってくれと頼んだ。)がそうだ。I asked ( he plays tennis).のようになっていると思えば良い。重要な点は、主語+動詞+(主語+動詞+目的語)という語順だ。
次に第四文型が組み込まれている例だ。He had Tom give Alice the book.(彼はトムがアリスへその本をあげるようにした。)だ。He had (Tom gives Alice the book).という形がもとにある。
次は第五文型が組み込まれている形。I expect you to ask Tom to come to my party.(僕は貴方がトムに僕のパーティに来るよう頼んでくれたらと期待する。)これも I expect ( You ask Tom to come to my party).となる。
最後に第二文型が組み込まれる形を見よう。これはちょっと複雑だ。She made me happy.(彼女は僕を幸せにした。)これは有名な歌の一節だ。この元の形は She made ( I am happy ).ということになる。ここでは、be動詞が省略されている。be動詞は基本的にほとんど意味を持たないから、時制を表すとかの積極的な意味を持たなければ、省略されてしまうのだ。


(7) 語と語の並びは、意味関係を表す。
ちょっとある風景を紙に書いてください。大きな湖があります。(実際は多少大きめの丸を書くだけです。)その横に、背の高い木が生えています。(実際は、クリスマスツリーのようなぎざぎざのある木を書きます。)木の下に椅子があります。その椅子に人が腰掛けています。さて、この情景をどう説明するでしょうか。要素は「湖」、「木」、「椅子」、「人」の四つです。普通は、「湖の横の木の下の椅子に腰掛けている人」の順番です。英語でも、a man sitting on the chair under the tree by the lake となり、隣り合う語の順番は同じです。これは、現実の認識が「湖の横の木」のように、実際にある様子の捉え方として、誰でも同じになるようになっていると言うことです。決して、「木、人、湖、椅子」の順番にはなりません。
英語と日本語の違いは、英語は、焦点を当てる語が最初に来るのに対し、日本語は、焦点が最後に来ると言うことです。そして、隣り合う語と語の並びは、英語も日本語も、同じであると言うことですね。

(8)語源、または、語根、説頭辞、接尾辞を覚える。

 meet, meat, は、see, eatが隠れている。つまり、「会う」は「見る」から。「肉」は「食べる」から。glass,grassの区別はgreenで覚える。green grass つまり、greenとgrass は親戚。「草は緑」
 多少、初歩とは異なりますが、日本語が大和言葉と漢字から出来ているのと同じで、英語ももともとの英語とラテン語系の英語がある。そのいい例がcowと beef, pigと porkの区別。これは、征服民族と被征服民族の区別から生じた。つまり、牛や豚の面倒を見る被征服民族の言葉とその肉を食べる征服民族の言葉。その発展形として、refuse,confuse,infuseなどがある。reは「元へ」、 conは「一緒に」、 inは「中へ」の意味。fuseは「注ぐ」の意味。だからrefuseは「元へ注ぎ返す」、つまり宴会で注いでもらったビールをいらないよと言って注ぎ返すこと、つまり「拒否する」になる。confuseは「一緒に注ぐ」だから、ビールと焼酎、ソースとジュースを一緒に注ぐと言うことで「混乱する」の意味。infuseは「中へ注ぎ込む」の意味。だから、「思想などを教え込む」の意味になる。

上に見たように、語根は、語の中心的な意味を表す部分。接頭辞は、語根の意味に「反対」とか「繰り返し」、「上」、「下」のようなさまざまなニュアンスを付け加える働きがある。接尾辞は、日本語の語尾と同じで、品詞を決める働きがある。つまり、「暑い」と「い」で終われば形容詞、「暑さ」と「さ」で終われば名詞のようなもの。英語では、名詞+yで形容詞になり、形容詞+lyで副詞になるなどがある。例えば、wind(風)+y で「風が強い」、beautiful(美しい)+lyで「美しく」となる。

使役動詞についても、以前、投稿したものがあったので、ここにコピーしておきます。
お役に立てば幸いです。

使役動詞は、「誰々に、何々をさせる」のような意味合いで使います。
例えば、He made me clean the room.「彼は僕に部屋の掃除をさせた。」です。
使役動詞で問題になるのは、主語+使役動詞+目的語+補語の形のときの、補語の部分に来る動詞の形です。to clean のように、to が付く形が来るのか、ただの clean だけでいいのか、をよく間違えます。

以下、その説明です。

makeは、完成状態を目的語に取ります。例えば、
I made a chair. なら、「完成した椅子」を作ったことになるわけです。この完成と言う感覚が、即時と言う感覚を生み出し、
make+目的語+原形不定詞 と言う語順を選ばせているわけです。
他にも、I helped him to clean the room.とtoがないI helped him clean the room. は、多少違い、toがある場合は、直接的に助けるのではなく、彼以外の誰かに私が掃除を手伝えと言ったと言うような間接性を暗示させます。それに対し、to なしの場合は、直接的に手伝う、つまり、自分も雑巾を持って、と言うことです。これと同じで、to がない形は、それだけ、直接的なニュアンスを持ちます。そう言えば、感覚動詞の場合も、補語に原形をとりますよね。I saw him kick the ball. これも、感覚は、心の中での、それだけ生き生きした再現を暗示するからです。

それに対し、force の方は、単に強制するだけですから、目的語は、強制される方向へ動くわけで、その動きをtoが表していると思えばいいと思います。つまり、to は、目的語が、何か、迷うと言うか、どうしようかなと、逡巡する間の時間差を表すと、見ればいいと思います。

He made me clean the room. 有無を言わせず、または、非常な権力と言うか権威を持って、または、自分の方で、相手に抵抗すると言う試みもなく、「私は部屋の掃除をした。」結果に重点があり、過程については述べていない。

He forced me to clean the room. 彼は、私が嫌がっているのに、脅したり、何かの権力のようなものを使って、私が抵抗しているのにもかかわらず、「私に部屋の掃除をさせた。」結果と言うよりも、過程に重点がある。

この他にも、to が必要かどうかを迷うものにhave,get があります。

The teacher had the students clean the room.「先生は生徒に部屋の掃除をさせた。」haveが使われているのは、もうすでにそこにあるものを持つという感覚があるからです。つまり、教員にとって、生徒が掃除をするのは当然のことであって、特に生徒の気持ちを変化させる必要性がないからです。つまり、主語+have+目的語+動詞の原型 という形で、toをとりません。

The man got his wife to take care of the children.「男は妻に子供たちの世話をさせた。」
この文では、getが使われていますが、getは、変化を意味します。つまり、It got dark. 「暗くなった。」のような文のgetの使い方と同じです。明るい状態から暗くなったという意味ですね。「男は、妻に、いろいろ言葉を尽くして、(たとえば、今度の休みには皿洗いをやるからとか、次の出張でお土産を必ず買ってくるとか)妻の心を動かし、子供の面倒を見てもらった。」という意味です。目的語の心の変化を表すのがtoです。

もっと心が変化すると、intoが使われます。

He deceived her into thinking he was rich. 「彼は彼女をだまして彼が金持ちだと思い込ませた。」

などですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ちょっと忙しくてお礼が遅れまして申し訳ありませんでした。ご回答ありがとうございます。

【1】
 書くだけで読み方などは実はあまり意識していませんでしたね^^;
 こちらを参考にして,これからは発音にも一々注意して勉強しようと思います。

【2】
 名詞:形容詞
 動詞:副詞
というのは,「I am good swimmer」「I swim well」みたいな感じですよね。
 「主語=名詞のみ」というのもしかと記憶しておきます。

【3】
 受け身の形はまだ学校で習っていませんが,勉強になります。
 英語も,なぜそういう言い回しをするのか,ということを考えてゆくと,理解しやすくなるのですね。

【4・5】
 後ろから修飾したりするのは日本語にはないので,ちょっと難しいですね。

【6・7】
 「主語+動詞」が大原則なのですね。
 また,語順も覚えようと思います。

【8】
 日本語で「愛おしい」が「いと‐おしい」というのが語源というのを知っておくと意味などが理解しやすいのと同じですね(これが本当かは知りませんが^^;)。

 使役とかはちょっとまだ難解です^^;

 ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/05 18:53

私は今年の春高校受験でした。

現在某大学の付属校(高校入試のみのところです)に通っています。
受験勉強は中2の夏から始めようとしたのですが、諸事情により9月から始めました。が……後々かなり後悔しました。夏休みはかなり大きいです。中3の夏休みでは、頑張った成果が出て偏差値15くらいあがりました。夏休みは(だけとは言いませんが^^;)本当に頑張ったほうがいいですよ。

この時期に勉強が大切だ、と感じられるのはとてもいいことだと思います。私はなんとなく勉強していたので、そういう意識を持って出来るのであれば、学力も相当つくはずです。私自身もやる気になるまでは普通よりちょっといいくらいでしたが、中3になってからは、学校ではかなりの上位層にいられるようになりました。



本題ですが、今からやるならば「難関」と呼ばれる学校を十分に狙えると思います。友人に、中2の段階で偏差値40程度だったのが、最終的には偏差値70を超えた人もいますし、ようはこれからの勉強&やる気次第だと思います。
志望校がまだ決まっていない、とありますが志望校は出来るだけ早い段階で決めた方がいいです。(無理やり決めるまではしないほうがいいですが)なぜなら、志望校の過去問を早めに1度解いてみて、自分の目指す高校のレベルをしっかりと確認し、「この問題を解けるようになろう!」と自分のモチベーションを高めることになるからです。私自身は志望校が決まったのが中3の9月でしたので、そこから志望校の過去問に手をつけ始め、かなりの絶望感に襲われました。そうならないためにも、早めに志望校を決めましょう。そして、志望校は偏差値で決めるのでなく、実際に行ってみたほうがいいです。この時期からそういうことをするのはやはり少々早いですが、早くても損はありません。これからの季節(9月・10月)は色々な高校で文化祭が行われると思うので、何か興味がある高校がありましたら是非行ってみてください。

勉強法ですが、やはり自分にあった勉強法というものを見つける事が大切です。英単語の暗記一つをとっても、どの方法が一番覚えやすいか、と試行錯誤してみてください。私の場合は、発音しながらひたすら紙に書く、という方法が一番おぼえやすかたったです。
各教科についてですが、英語はまずは単語力が大切です。なんとなく分かっている、という曖昧な時もすぐに辞書を引くようにしましょう。そして文法ですが、英検のテキストは結構分かりやすいと思います。私は英検用テキストを準2レベルまで一通りやった後に塾のテキストでひたすら復習、という形でやりました。
数学は、とにかく問題を解きましょう。まだまだ新しいことがたくさん出てくる時期だとは思いますが、まずは解説文をしっかり理解し、そこで分からない所は塾で聞くなり学校の先生に聞くなり完璧に理解するようにしてください。それから問題を解きましょう。そして問題はじっくり考えてください。少しでもわからない所は絶対後回しにせず聞くようにしましょう。「なんでここはこのとき方なんだろう」「なんでここはこれじゃだめなんだろう」等の疑問を解消していくうちに力がつきます。
国語は特にひたすら問題を解くのがいいと思います。文章中のわからない漢字・語句を調べるようにすると、後々役にたちますよ。国語は比較的早い時期から色々な学校の過去問に手を出しました。それと、本を読むのは国語において大切です。実際私は試験の時に本で読んだ知識が出てきて、やっぱ本て大切だったんだなぁと実感しました。毎日すこしづつでも読む事をオススメします。

そして、もしも私立の難関校を目指すのであれば、「駿台模試」というのを一度受けてみることをオススメします。かなり有名な模試だと思います。そして問題はかなり難しいです。私も中3になって受けはじめましたが、問題・受験者のあまりのレベルの高さに衝撃を受けました。


長くなってしまいましたが、受験勉強はやはり苦しいものだと思います。勉強が好きな人ならいいですが、あまりそんな人いませんからね。駄文失礼いたしました。では、頑張ってください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございます。

 志望校ですか……。ここは高望みも甚だしく学芸大附属とか狙えば勉強量・質も必然的に上がるでしょうから,そこに入れないにしても,まぁそれなりのところくらいになら入れるようになるでしょうか。。。
 これじゃ目標もとい夢ですが(苦笑)。

 自分にあった勉強法は,皆様のご回答を参考にして,どうにかやってみようと思います。
 また,数学は徹底的に問題問題でやってゆこうと思います。

 駿台模試。できればやってみようと思います。

 勉強はやっぱりあまり^^;

 ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/03 10:29

理数がだめなのですね。



原子記号などは、語呂でリズム良く言いながら書いていけばいいです。

水兵リーベ僕の船曲がりーなシップすクラークのようにして覚えればいいです。

後は、起こる現象をよく理解することです。
苦手意識はなるべくなくすようにしたほうがいいです。
苦手意識があるとそればかり気になり学習に身が入らなかったりモチベーションが下がりほかの強化に影響があるからです。

物理も数学もいえることですが大部分は計算なので計算問題をとにかくやって計算になれることです。
計算問題を解いていくことにより記号に対する苦手意識がなくなるからです。

よく数学とか物理などは記号に対する意識が強すぎるため現象や意味を理解できずに挫折してしまうのです。

また、分からなくなれば重要だと思うところを図やグループ分けして書くことにより思考の整理ができるのでより落ちついて考えれるようになります。

歴史や地理などは、語呂で覚えたりその時代の特徴や背景を覚えることで理解しやすくなります。
地理などは実際に地図を見てなんとなくでも形をイメージできないと覚えるのが難しいと思います。

地理の覚え方は、都道府県なら北海道・東北・関東・関西・中国・四国・九州・沖縄のようにグループ分けしてそれに該当する地名を書いていきます。
このとき北から南に順番に書いていくといいでしょう。
書き方は北海道なら北海道で大きな円を作りその中に該当する地名を書いていきます。
そのときに県庁所在地などの重要な都市は赤ペンなどで色分けするといいでしょう。
上記のようにして日本の形を作っていけばイメージがつきやすくなり覚えれるようになります。

暗記物にいえることですが、語呂、図などで覚えるということは印象を高めて脳に強い刺激を与えるから覚えれるのであり、ただ書くだけ、ただ発音するだけでは覚えにくいものをインパクトを強くすることにより覚えれるようになるので独自の方法を身につけてください。

英語は、単語をより幅広く知ることにより、多少文法などが分からなくても全体の意味をなんとなくでも知ることができます。

教科にでる単語は、分からないものがあればひとつでも多く調べておく必要があります。
S+V+Cなどのぼんぽうの基本を式にして覚えるのもいいですが、それも単語が動詞なのか形容詞なのか分かるようにするためにも単語を一つでも多く知ることが大切なのです。
単語を勉強するのに、辞書の裏や教科書の裏に単語集があるはずなのでそこにある単語は重要な単語なのですべて覚えるようにしてください。

電子辞書を一つ持っておくと便利ですよ。
普通の辞書で調べることも大切なのですが短時間の中で効率よく学習しようと思ったら電子辞書を使って調べるほうが早いですし調べるときのロスがなくなります。
ほかにもいろいろな辞書が載っているのであらゆる場面で役立ちます。
中には英語など語学学習にも対応しているタイプもありネイティブ発音を聞くこともできます。

勉強するのにだらだらとするのではなく一時間なら一時間と時間を決めてすることにより集中力が発揮でき効率がよくなります。

一時間勉強するなら、二教科勉強すればいいです。
初めの十五分、数学次の十五分物理、五分から十分休憩し、十五分数学、十五分物理のように勉強したほうがいいです。

なぜ、時間を空けて勉強するのかというと、休憩を入れることにより脳に空白が生まれること短時間でも回数を分けて学習することにより一回一時間同じ勉強をするより、二回、三回とやるほうが脳に刺激残り理解しやすいのです。

休憩や勉強する前にコーヒーを飲んでおくとすっきりして集中できますよ。

音楽を聴きながら勉強しがちですが、なくても集中できるのであればできればやめたほうがいいです。
なぜなら一部の神経が音楽を聴くことに使われるので、音楽の歌詞を覚えてしまったり無駄なところに力を使われるからです。

英語の勉強方法として、好きな外国の歌(英語の歌)を聴きながら歌詞の意味などを調べて覚えるというやり方もいいですよ。
好きな音楽の意味を調べることは苦にならないしリラックスできるのでモチベーションを保つことにもなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございます。
 語呂合わせは有効でしょうね。やってみようと思います。
 あと,苦手意識は,過剰なまでに持ってますから意識してでも消そうと思います^^;
 計算もやっぱりだめですね。ケアレスミスがかなり頻繁に^^;
 地理の勉強で地図を見ることはあまりしていませんでした。今度からは見てみようと思います。
 単語は,比較的覚えてるとは思いますが,教科書の裏のものを利用するのは思いつきませんでした。やってみます。
 電子辞書は持ってますね。結構よく使ってます。音は出ませんが^^;
 だらだら勉強しててもだめなんですね。短時間集中勉強を心がけてみます。また,休憩を取ったりするのも覚えておきます。
 音楽はなくても平気だと思います。
 英語の歌の歌詞を訳したりするのはよいですね。

 ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/02 16:23

勉強の大事さに気づく、ということは非常に立派なことだと思います。


 
今から必死に勉強すれば、挽回は十二分に可能です。意思を強く持てば超難関私立校や超難関国立付属校などにも合格できるでしょう。

 まず、今、貴方は中学二年ですので、まだ時間はたくさんあります、とにかく自分の得意分野を作ってください。すでにそれがある場合はさらに磨きをかけましょう。そして、志望校をなるでく早く決めることです。できれば、今からでも高校の情報が載っている案内書のような本(市進のがお勧め、書店にもあったと思いますが)を見て、自分の目標を決めましょう。

 なぜ得意分野を作るのがよいのかと言いますと、試験の際にその教科が他の教科を引っ張ってくれることは勿論のこと、推薦や面接のときにも有利だからです。ですから、得意分野というのは国語・数学・英語の
どれかがとても優れている、といったようなことに限らず、「私は漢字が得意だ」「野球では誰にも負けない」「パソコンに詳しい」「社会問題について興味があり、新聞などを読んで色々と勉強したり、自分で考えてみたりしている」といったことでもよいでしょう。なぜこんなことが推薦や面接のときに有利になるかといいますと、推薦というものはそもそもある分野に非常に長けている人がされることなのです。ある意味で 

得意分野=専門家=expert=オタク=professional=玄人=教授=professor 

になることが必要なのかも知れません。(『オタク』という言葉のニュアンスはあまりよくありませんが、本当はよい意味なのです。ただ、物事にはまり過ぎてはいけないということです)そして、面接の際にも、緊張してなかなか思うように話せなくなったとしても、専門分野のことなら自然と口に出てきて、面接官にコミュニケーション能力が高いととられやすくなります。(面接の際には経験量の違いが大きく影響します、経験は読書などから得たものでもよいでしょう)
ただし、くれぐれも、数学はかなり得意だが、国語は全くだめ、という状態にはならにようにしてください。試験で数学がだめだともうどうしようもなくなってしまいますから。 

  
 志望校を決めることで勉強の仕方もだいぶ変わってきます。三教科だけ勉強すれば受かる学校をありますし、小論文を書かなくてはいけない学校もあります。また。学校のレベルによって、どんな塾に行くのか、Z会や進研ゼミのほうがよいのか、あるいは自分でやるべきなのか、色々と変わってきます。

 いずれにしても、参考書は必ず必要です。塾や通信教材、家庭教師などを受けたとしても、自分一人で勉強しなくてはならない時間(家庭学習)のほうが、塾などの時間よりも多くなるのですから。それに、つまずいたところから勉強しなおせますし、カラフルな図や写真などによって理解を深めることができます。
 参考書は自分で見て一番自分にあっている、っと思ったものを買いましょう。因みに、私は学研の「ニューコースシリーズ」が一番分かりやすかったように思います。

 難関校を目指そうとする場合、塾はなるべく大手で、実績のある塾にしましょう。(通信教材や家庭教師などでは対応しきれない場合がある)なぜ大手で実績のある方がいいのかといいますと、小規模の塾で実績のない塾ですと、難関校用の対策がきちんとできていない可能性があるからです。確かに、規模の小さい塾でも難関校に対応できる塾は沢山あると思いますが、大手にはなかなかかないません。ある大手塾では、受験用に研究所を置いたり、特定の受験校用の模試を行ったりしています。大手でなくてはできないことも多いのです。しかし、小さな塾などで丁寧に指導してもらいつつ、大手の塾の夏期講習とか冬期講習とかにだけ参加し、模試を受ける、というパターンも可能ではあると思います。実際、私もそのパターンでした。

 勉強は何よりも意志が大切なのでしょう。今の気持ちを忘れず、入試のときまでもち続ければ、ぞれは絶対に役に立ちます。勉強の大切さが分からないまま、詰め込み式でただ頭がいい人よりも、大切さの分かる人のほうが人間的にはよろしいのです。

 このような場では、回答がどうしても中途半端になってしまって申し訳ないのですが、つまずいたらその度に、このような質問をしていってください。私も人にアドバイスをするような者ではありませんが、少しでも参考になれば本望です。

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございます。

 まだ間に合うとおっしゃっていただき,安堵しています。
 得意なことというと,「ピアノ」「漢字」「パソコン」「走ること^^;」。興味があって調べたりいろいろしているのというと,「漢字(字源とか旧字体など)」「政治」あたりでしょうか。
 やっぱり理数を徹底的に強化しないと,自分の未来は暗いですね。いやはや^^;
 志望校ですか。そういえば考えてませんねぇ……。
 『ニューコースシリーズ』。書店で探してみようと思います。やはり1年から復習したほうがいいんでしょうか?
 塾は,多分今のところで十分だと思ってます。先生は結構いいと思うので。
 意思なら多分大丈夫……だといいですね^^;

 ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/02 16:04

現在高2の者です。

自分も中学2年生までは真ん中よりちょっと良い程の成績(模試)でした。本格的に受験勉強を始めたのは中学三年生になる前の春休みからでした。その後一年間頑張って某六大学の付属高に受かりました。中2から必死になる必要はないと思います。中2の間は毎日少しづつでも勉強して、自分に合った勉強法と勉強を習慣付けるための期間にすれば良いと思います。必死になって勉強するのはそれかれで十分だと思います。中2のうちから必死に勉強しよう!!という意気込みがあるだけでも素晴らしいことと思います。焦る必要はないです。この夏休みを大事に使ってくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございます。

 ちゃんとがんばればしっかり報われるんですね。
 勉強する習慣を身につけることが今の僕に一番必要だと思います。
 また,あんまり焦らずゆっくりとやってゆこうと思います。

 ありがとうございました。


 なお,ここに書くのは僭越ですが,#5様へのお礼の末尾にお礼を書き忘れました。すみません。ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/02 15:49

どこかのテレビで「波瀾万丈」っていうの


やっていますがそこでホリエモンの事やって
いました。

彼は高校に入って勉強しだしたのが高3から
だ!って言っていましたよ。それで東大です
からね。英語を中心に勉強した!っていって
いました。

俺も子供の頃よく親に勉強しろといわれまし
た。ろくに勉強もしないでいまではこんな
つまらない会社にしか就職できません。
大人になってから「もっと勉強しておけば
よかったな」と気がつきました。

勉強していい会社に就職するか、遊んでばか
りで給料の安い会社にしか就職できないかは
勉強どれだけやったかに比例すると思います。

h18_2666さんは中2で気がついたんですから
立派ですよ。俺は30歳くらいで「もっと
勉強しておけばよかったな」と気がつきました
(;^_^A アセアセ・・・
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございます。

 ホリエモンさんはあまり好きではありませんね。あの人を見下したような感じが^^;
 彼って東大出だったんですか。英語……。がんばります。

 やっぱり勉強って大事なんですね。精進しなくては。
 でも#5様は十分ご立派だと思いますよ^^

お礼日時:2006/08/02 15:43

あなたのように「夏休みに生まれ変わった」生徒さんは、毎年毎年、雨後の竹の子のように発生します。

その中で飛躍的に成績を伸ばして学区トップ校に合格するのは約1割、学区2位の高校に合格するのが2~3割、平均よりやや上の高校に進むのが3~4割、残りは燃え尽きて学力ダウン、といったところでしょうか。学生時代に勉強のできた人はこういった質問に対して楽観的に答える傾向がありますが、現実はもう少し厳しいです。

受験は
地頭×学習方法(含教材)×学習時間×メンタル
で決まり、どれか一つの要素が決定的に欠けている場合、それを挽回することはほぼ不可能です。

地頭:変えられません。平均的な頭があれば、他の要素で十分挽回できます。

学習方法:色々ありますが
・確実に理解する。
・理解したら絶対に覚える。
結局これだけです。
 
問題が分からなければすぐに解答・解説を見る。それでもわからなければ塾の講師に聞くか、教科書なり参考書で調べる。ここまでは皆さんしてますよね?

理解したら確実に覚える。皆さんこれをしていません。解いたら解きっぱなし、ノートをとったら書きっぱなし、人に聞いたら聞きっぱなし。中間期末の前だけ復習して終わり。これが下位~中位やや上の生徒さんの実態です。受かる気ありませんね。

本気で覚えたければ、問題集を解く際に
○(絶対に間違えない)
△(会っていたけど自信なし)
×(間違えた)
といったマークでもつけて、△と×は毎回復習しましょう。記憶力が平均以上なら、5~6回ほどやれば反射的に思い出すようになります。それでも覚えられないものや、曜日や月名、岩石の種類などまとまったものについては、暗記ノートを使って覚えます。A6かB6のルーズリーフをカード代わりに使用して、

○・1月             January
×・2月             February
 
 ・take care of~ ~の世話をする
 ・何か冷たい飲み物   something cold to drink
 ・a fewとa littleの違い    数えられる・ない

△・享保の改革誰         吉宗
  語呂合わせ         あぶくめし
  内容             上げ米
                 武芸奨励
                 公家方御定書
                 目安箱
                 質素倹約

△・~すいの体積      底面積×高さ×1/3

といった具合に、左側に思い出すためのキーワードを、右側に思い出したい事項を記入して毎日クイズ形式で復習します。まあ別に形式は何でも構いません。

学習時間:言うまでもありませんね。学区トップ校合格者は、平均2~3時間/日勉強しているようです。受験直前期にはもっと増えますので、学習時間でトップ集団に追いつくのは大変です。

メンタル:精神面が不安定ですと、上記の全ての努力が無駄になります。精神を健康に保ちましょう。

長々述べましたが、上記事項を本当に実行する人は10人に1人もいません。失礼ながら私も書きながら「まぁしないだろうなぁ」と思っています( ̄  ̄;)。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございます。

 夏休みは,自分みたいなのが「量産」されるわけですね。しかも大抵が「不良品」とはいやはや^^;

 まず「地頭」ですが,うーん。月並み程度でしょうか^^;

 学習方法は,#4様はじめ皆様の御教授をできる限り実行に移そうと思います。

 学習時間。これは^^;
 俗に言う「帰宅部」なので掃いて捨てるほどありますがあまり有効には使っていません……。改めねば。

 精神だけは強靱だと思います。


>>長々述べましたが――
 うーん,自分の場合はどうなんでしょうね^^;

 とりあえず,ご助言を賜りましたので,熟語系を中心にルーズリーフをつくってみましたが……。

お礼日時:2006/08/02 06:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこの成績で偏差値63の公立高校は無理?

通塾してない中2の娘は、偏差値63の公立進学校を志望しています。
中1、3学期の、成績表は5教科23。9教科39でした。
定期テストは学年230名の中学校で平均40番でした。
得意科目は、英、数。やや点を取れない科目は理、社で、
この2教科が、学年順位を下げています。

2年1学期の定期テストは、5教科計206点、学年順位43番。
2年夏休み明け実力は、5教科計194点、学年順位38番でした。

2年1学期に受けた塾の模試は偏差値59でした。

質問は、これから塾に行き頑張るとして
偏差値63の公立高校は、可能性があるかというものです。
言い訳のようですが、塾に行き効率の良い学習指導を受ければ
私は、少しは競争もあるし成績がわずかながら上向くのではと思うのです。
でも塾に行ったからといって上がるわけは無く
塾+本人の努力とやる気だと思いますが。

偏差値59ぐらいの子が偏差値を63まで上げるのは
奇跡に近いと言われました。
やはりそうなのでしょうか?
最初から、無理なのでしょうか?
やはり偏差値63の公立の進学校に行く人は、
最初から、偏差値65ぐらいある人ばかりなのですか?
アドバイス、よろしくお願いします。

通塾してない中2の娘は、偏差値63の公立進学校を志望しています。
中1、3学期の、成績表は5教科23。9教科39でした。
定期テストは学年230名の中学校で平均40番でした。
得意科目は、英、数。やや点を取れない科目は理、社で、
この2教科が、学年順位を下げています。

2年1学期の定期テストは、5教科計206点、学年順位43番。
2年夏休み明け実力は、5教科計194点、学年順位38番でした。

2年1学期に受けた塾の模試は偏差値59でした。

質問は、これから塾に行き頑...続きを読む

Aベストアンサー

ウチの子(現高三)と同じ状況ですね。
ウチの子は、中三の春60ぐらいから、63の公立に行きました。
校内の成績は、9教科36~39ぐらい
220人中良いときで30番台後半、悪いときで60番ぐらい。5教科平均点は、400~420点でした。

どのデーターを取ってもほぼ同じですね。

>偏差値59ぐらいの子が偏差値を63まで上げるのは奇跡に近いと言われました。

ウチも中三春の時点で同じ事言われました。
子供の高校の同級生の話を聞くと、得点率90%は当たり前、5教科満点という強者も結構います。
ここで、偏差値の話から
偏差値65以上の上位7%に成績表の5が付きます。
偏差値63は、上位9.7%(22/223)
偏差値59は、上位18.5%(42/223)
となります。結構当たってますね。
つまり、63まで上げるということは、
学内で、22番以内に入るということです。
中間期末は、範囲も少ないので、突如ランクインすることもありますが、常時20番前後が出れば、偏差値63ぐらいなったと言って良いでしょう。

もし、受験直前まで偏差値63までたどり着かなかった場合、志望校の志願倍率などみて受験を決めたら良いと思います。1.1倍ぐらいなら、60ぐらいでも充分合格できると思います。(ウチの子の時はコレだった)
1.3倍だったら60では先ず無理だと思います。

普通、志願倍率が教育委員会から、HPに発表になってからも志願先を変更できると思います。(地域によって違うかも)

成績上位(43/223)から、22番ぐらいに上げるのは、『相手も頑張っている』ゾーンなので、結構努力が必要です。(それでも絶対ではない)

いずれにせよやる前にあきらめるより、直前まで頑張る事を小生は薦めます。

ウチの子(現高三)と同じ状況ですね。
ウチの子は、中三の春60ぐらいから、63の公立に行きました。
校内の成績は、9教科36~39ぐらい
220人中良いときで30番台後半、悪いときで60番ぐらい。5教科平均点は、400~420点でした。

どのデーターを取ってもほぼ同じですね。

>偏差値59ぐらいの子が偏差値を63まで上げるのは奇跡に近いと言われました。

ウチも中三春の時点で同じ事言われました。
子供の高校の同級生の話を聞くと、得点率90%は当たり前、5教科満点という強者...続きを読む

Q勉強をしない、やる気がない中2の子供

中学2年になる息子が遊んでばかりで勉強をしなくなってきたので困っています。

中1から週3で塾に行ってますが、学年110人中11位→4位→18位→22位と下がっても
気にする様子はなく、最近では、試験中にまで遊びに行くようになりました。
いくら注意しても聞く耳持たずです。

夏休みには、本人が少し興味があった高校のオープンキャンパスに連れて行ったりも
しました。(楽しかったようです)
少しでも高校受験を意識してくれるだろうと思っていましたが、変化なし。

試験範囲が2週間前にわかるのですが、提出課題のワークをダラダラして、
試験直前に友達にノートを借りて写しています。(ノートの提出のため)
ノートを借りるということは授業も適当に受けているのではと思います。

ワークもたった数ページを1日かけてやる、少ししては、寝るかゲームをするの
繰り返しで試験を迎えています。

本人は、手を抜いてもできると思っているような感じです。
塾以外の日は、本当にダラダラしていて、休日も朝から夕方まで遊びに行くようになり
以前に比べると家で勉強をしているときがまったくない状態になってきました。
成績が落ちるのもやってないから当たり前のような態度で反省はしません。
このまま3年になり、周りが受験モードに入っても、今のようなダラダラ生活から
抜け出せないのではないかと心配です。

やる気になるようなきっかけを与えたいのですが、ウサギとカメのウサギのような子供には、
どういう言葉かけ、接し方をすればよいのでしょうか?
また、このままではいけないと本人が思えるような、本などないでしょうか?

中学2年になる息子が遊んでばかりで勉強をしなくなってきたので困っています。

中1から週3で塾に行ってますが、学年110人中11位→4位→18位→22位と下がっても
気にする様子はなく、最近では、試験中にまで遊びに行くようになりました。
いくら注意しても聞く耳持たずです。

夏休みには、本人が少し興味があった高校のオープンキャンパスに連れて行ったりも
しました。(楽しかったようです)
少しでも高校受験を意識してくれるだろうと思っていましたが、変化なし。

試験範囲が2週間前にわかるのですが、提出課...続きを読む

Aベストアンサー

大学生と高校生の親です。

ご質問を見て、贅沢だなあ、って思います。
中2の2学期なんて誰でも成績落ちる時期です。
もっと長い目で見てあげれば良いのに、って。
心配する親心はもちろん痛いほどわかりますが、勉強勉強というのは間違いなく逆効果なのでやめるのが身のためです。

<このまま3年になり、周りが受験モードに入っても、今のようなダラダラ生活から
抜け出せないのではないかと心配です。

大丈夫ですよ。そんな事ありませんて。
子供は親を心配させるのが仕事みたいなものです。
自分が安心したいからと口うるさく言ったり成果を求めたりするのは、お門違いなんですよ。
授業を真面目に受けて成績も落とさず親の心配など一切要らないような子供。
そんな子供はモンスターですよ。

まあ一歩引いて大らかに見てあげてください。
時々はクギを刺したりしながらね。
親という字は木の上に立って見ると書きます。
木の上ですよ。すぐそばでガチャガチャ言っちゃいけません。
少し遠くから「おーい、しっかりやれよ」と声掛けをする程度に。
あれ?しばらく声が聞こえて来なくなったなあと思えば自覚するんですよ。

大学生と高校生の親です。

ご質問を見て、贅沢だなあ、って思います。
中2の2学期なんて誰でも成績落ちる時期です。
もっと長い目で見てあげれば良いのに、って。
心配する親心はもちろん痛いほどわかりますが、勉強勉強というのは間違いなく逆効果なのでやめるのが身のためです。

<このまま3年になり、周りが受験モードに入っても、今のようなダラダラ生活から
抜け出せないのではないかと心配です。

大丈夫ですよ。そんな事ありませんて。
子供は親を心配させるのが仕事みたいなものです。
自分が安心したい...続きを読む

Q偏差値を50→70に上げる方法。

私にはあと半年しか残されていません。
運命の学校だと思う学校の偏差値が約70。。。

私の模擬での偏差値は約50。。。

無謀だとはわかっていますが、これから半年で
偏差値を50→70の20上げる方法を教えてください。

体験談など何でも構いません。真面目に答えていただければ十分です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

運命の学校にまかり間違って入学できたとしても、付け焼き刃で付けた学力では到底授業についていく事ができませんよ。
それでもなお偏差値を上げたいと思うなら、1年生からの3年間の勉強をあと3ヶ月ですべてこなし、基礎力をつける事です。
基礎力がないとどんなに勉強しても成績なんて伸びません。
苦手をなくす、不得意をなくす、つまらないミスをなくす、その上で、その高校のレベルの問題をひたすら解き続けるしかありません。
過去問は解けて当たり前、そこまでいかないと偏差値70は到底無理な話でしょう。

できないからと最初から諦めていたら、偏差値なんて一生上がりません。
中学時代の偏差値は努力があれば上げる事ができない事はありません。
でも、もっと早くから上げたいと思うべきでしたね。
とにかく時間はありません。
ネットで質問をしている間があったら、問題の1問や2問解けるはずです。
半年で偏差値を上げるって、実際半年なんて残されていないでしょう?

私の子供の話ですが、夏の終わりから秋にかけて偏差値を10上げることはできました。
20の壁は確かに厚いでしょうが、何もしなければ50もキープできません。
運命を切り開くのは自分自身です。

運命の学校にまかり間違って入学できたとしても、付け焼き刃で付けた学力では到底授業についていく事ができませんよ。
それでもなお偏差値を上げたいと思うなら、1年生からの3年間の勉強をあと3ヶ月ですべてこなし、基礎力をつける事です。
基礎力がないとどんなに勉強しても成績なんて伸びません。
苦手をなくす、不得意をなくす、つまらないミスをなくす、その上で、その高校のレベルの問題をひたすら解き続けるしかありません。
過去問は解けて当たり前、そこまでいかないと偏差値70は到底無理な話でしょう。

...続きを読む

Q三年になって部活が終わると成績が上がるってほんと?

こんにちは。
中二の子供をもつ親です。
よく中学三年生になって部活が終わったら成績が急にのびるって
聞きます。
特に男子は今まで出来なかった子ものびるんだと。
うちの子は平均点よりややいい点数ばかりで成績は悪くありません。
でも、目指す高校のレベルまで到達できていません。
今は部活で忙しくあまり勉強もしていませんし
塾も夏休みだけの個別で週1回だけと英語を習っているだけです。
ほんとうは進学塾に入れたいのですが部活が終わってからの
塾通いは体力的に心配なのと金銭面でもきつくなってしまうから
塾は三年生の夏休みから入れる計画にしています。
もしも、めざす公立高校(偏差値60くらい)がだめなら
いきなり偏差値50ちょっとの公立高校しかないので
恐らく私立高校に入れることになります。
でも、私立に入れてお金に苦しくなるくらいなら
今からでも塾に入れて頑張らせようかと思ったり・・・。
とにかく、部活が終わって三年生の夏休み以降急に成績が
伸びるなんて本当なんでしょうか?
恐らく人によるのでしょうが、よく耳にするので気になります。
何かアドバイスお願いします。

こんにちは。
中二の子供をもつ親です。
よく中学三年生になって部活が終わったら成績が急にのびるって
聞きます。
特に男子は今まで出来なかった子ものびるんだと。
うちの子は平均点よりややいい点数ばかりで成績は悪くありません。
でも、目指す高校のレベルまで到達できていません。
今は部活で忙しくあまり勉強もしていませんし
塾も夏休みだけの個別で週1回だけと英語を習っているだけです。
ほんとうは進学塾に入れたいのですが部活が終わってからの
塾通いは体力的に心配なのと金銭面でもきつ...続きを読む

Aベストアンサー

確かに、男の子など爆発的に伸びる子は伸びます。

うちの弟は部活はしてませんでしたが、勉強もしていなかったので(笑)
夏ごろから塾に入って勉強し始めたら
偏差値49→67まであがりました。
本人は乾いたスポンジが水を吸い取るように理解したそうです。
ただ第一志望の公立校はどうやら内申の足きりもあって落ちました。
内申も響く受験方式だと、途中から伸びても不利なこともあります。
(たとえ内申重視じゃなくても合格ラインに同点で並んだときなど)

ただ、普通はどの子供たちも「夏休み明ける頃には成績があがりにくくなる」んです
だって部活が終わった子達がいっせいに受験に向けて勉強し始めますから。

本人が爆発的に伸びれば別ですが
普通のペースでしか伸びなければ、周囲も延びる時期。
順位や偏差値はさほど上がりません。

偏差値50ちょっとの公立高校からだとその先の進学が結構限られますよね。
お金は苦しくても、私大に行くより国公立大に行くほうが安いですし
高卒と大卒で生涯賃金の可能性が変わってきます(大学出て必ずいいところにいけるとは限りませんが)

お子さんを大学までいかせたい、もしくはなんらかのこの仕事がやりたいという
明確な目標があるなら「受験の時点でいける、より進路の良い学校」に
入れたほうがいいんじゃないかなと思います。

また、部活で拘束されていた子というのは
意外と自由に放り出されると自分で何をしていいかわからなかったり
自制して努力することができないこともあります。
周囲のプレッシャー、部活という枠組みがあってこそ休日返上で頑張れても
それがなくなった途端ふわふわしてしまうというか…
そういう場合はやはり塾にいれたほうがいいでしょう。

夏休み明け、伸びる子もいるけど「いる」だけであって「必ず伸びる」ではないですし
現状維持なら「相対的に下がる」
少しずつ成績を上げても「相対的には同じ」であることもあります。

私と弟が通った塾は部活OKでした。
その代わり、部活で休んだ時間も遅れた時間の分もついていくこと
宿題ももちろん全部、休んでもプリントだけでもとりにいくこと。
「部活を言い訳にしない」がモットーでした。
確かにきつかったですけど、なんとかなりました。

確かに、男の子など爆発的に伸びる子は伸びます。

うちの弟は部活はしてませんでしたが、勉強もしていなかったので(笑)
夏ごろから塾に入って勉強し始めたら
偏差値49→67まであがりました。
本人は乾いたスポンジが水を吸い取るように理解したそうです。
ただ第一志望の公立校はどうやら内申の足きりもあって落ちました。
内申も響く受験方式だと、途中から伸びても不利なこともあります。
(たとえ内申重視じゃなくても合格ラインに同点で並んだときなど)

ただ、普通はどの子供たちも「夏休み明け...続きを読む

Q中3の息子 成績が下がりすぎ こんなはずでは・・・

現在中3の息子です。
小学生時代 本当に頭のよく切れる子でした。小さいころからでした。
小学校の頃 担任が変わるたびに この子は考える力がずば抜けているとか 頭がいいとか かなり褒めて頂きました。
コツコツ真面目にするタイプではなく呑み込みが早く 思考力もあったように思います。
なので私も いつしかできて当たり前と思うようになったんです。
公立の小中ですが小学校では私立受験する子より賢いと先生に言って頂き 中1でもクラスで1・2の順位だったと思います。
中学から塾にも行きはじめました。
ただ、今までは 授業を聞けばそれだけで理解できていたのが そうはいかなくなってきたようで (結局天才ではなかったんですよね)成績は右肩下がり 偏差値は15は落ちたでしょうか。
勉強していないわけではないんですが集中力がなく コツコツするのも嫌い、自分は出来が悪いんだとおもうようになり 半分あきらめモード。
でも もともとできる子だったので 真面目に頑張ればそこそこは取り戻せんると思うんです。
本人のやる気がないからどうしようもないし この子は結局こんなもので 勝手に過剰に期待した私が悪いのだと思うのですが
夏休み明けて あの子が?って言うような子が息子よりずっと成績を上げてきていたり みんなにどんどん どんどん抜かされていくのが正直私は 歯がゆくて仕方ないです。

下に3つ下の弟がおりますが この子は本当に勉強ができなくて 理解も応用力もイマイチなんです。息子はその点 弟が10かかるところ1度でクリアできるような子だっただけに もったいなくて仕方ないです。

親の醜い愚痴ではありますが、ご意見お聞かせください。

現在中3の息子です。
小学生時代 本当に頭のよく切れる子でした。小さいころからでした。
小学校の頃 担任が変わるたびに この子は考える力がずば抜けているとか 頭がいいとか かなり褒めて頂きました。
コツコツ真面目にするタイプではなく呑み込みが早く 思考力もあったように思います。
なので私も いつしかできて当たり前と思うようになったんです。
公立の小中ですが小学校では私立受験する子より賢いと先生に言って頂き 中1でもクラスで1・2の順位だったと思います。
中学から塾にも行きはじめまし...続きを読む

Aベストアンサー

塾の講師と家庭教師をいている者です。

お子さん、まるで子供時代の私の話のようです。
中3になってからずるずる成績が落ち続け…。

大人になって今の仕事をするようになって分かったのですが
暗記力と推理力が他の子よりやや勝っていたので
単にテストで点が取れていただけで
勉強の内容をちゃんと理解していなかったんです。

息子さんも同じタイプではないでしょうか?
しかも男の子の場合それまで勉強が出来ると言われていた子には
プライドが高くなってしまっている子が多いので
成績が落ち始めた途端天狗の鼻もぺっきり折れて
やる気も一気になくなります。

おそらく英語や数学、理科の計算を含んだ問題や国語の文法
など理解が必要な分野で中1の基礎からやり直す必要があると思います。

もともと賢いお子さんのようなので、
理解する楽しさを知って、もう一度自信をつけてあげれば
受験モードに入って自分から勉強するようになると思います。

黒板授業の集団型の塾はかえって逆効果になるので
口コミで生徒が集まっている小規模塾か
プロ講師が教える個別塾か家庭教師に教えてもらうのが
良いかと思います。

それと一番気になったのは、お母さんの下のお子さんに対する評価です。
多分お兄さんと正反対の理解するのに時間が掛かるじっくりタイプの
お子さんなのではないでしょうか?

こういうタイプのお子さんは時間は掛かりますが
丁寧に教えてじっくり理解するようにしてあげると
教えたことをずっと覚えていられるタイプだと思います。
(逆にお兄さんは覚えるのも早いけど、忘れるのも早くありませんか?)

こういうお子さんは成長過程の学校や家庭の評価で、
自信をなくしてしまっていて実力を出せないでいる場合が多いのです。
実際、家の塾にこういうタイプの生徒さんがくると
褒めて自信を付けてあげるだけで、一気に成績が上がることが多いです。

お母さんがお子さんのマイナス面ばかりを見てしまうと
伸びるものも伸びなくなってしまいます。
子供の側からしてみると、お母さんの存在って特別大きいんです。
普段の生活の中で勉強に関係のないことでもどんどん褒めてあげてくださいね。

塾の講師と家庭教師をいている者です。

お子さん、まるで子供時代の私の話のようです。
中3になってからずるずる成績が落ち続け…。

大人になって今の仕事をするようになって分かったのですが
暗記力と推理力が他の子よりやや勝っていたので
単にテストで点が取れていただけで
勉強の内容をちゃんと理解していなかったんです。

息子さんも同じタイプではないでしょうか?
しかも男の子の場合それまで勉強が出来ると言われていた子には
プライドが高くなってしまっている子が多いので
成績が落ち始めた途端天狗...続きを読む

Q評定で5をとるためには、テスト何点?

評定で5をとるためには、テストの平均は最低何点でしょうか?
学校によって違うかもしれませんが、80点とれれば、5は有り得るんでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。学校関係者です。
#2、#3、#4の方ごめんなさい。現在の中学校では、相対評価が廃止されています。よって、上位○%以内、という基準で評定がつけられることは全くありません。
今は絶対評価といって、初めから設定されている基準以上の成果を見せれば、必ず5がとれるようになっています。このあたり、中学校によっては保護者会などでしっかり説明されていますので、保護者会で配られた資料などを家族にみせてもらうといいかもしれません。
さて、質問の5をとる方法ですが、本校の場合は達成率90%以上で与えることになっています。「達成率」という言い方に引っかかりを感じませんか?
つまり、テストも、提出物も、実技も、授業態度も総合して90点以上でないと5ではない、ということです。
だから、テストだけで5をとるのは無理、ということになります。逆に80点台後半でも、提出物と授業態度が完璧だと5になる可能性が高まります。絶対評価では、努力しだいでクラス全員が5になる可能性すらあります。
参考になると良いのですが。がんばってください。

Q成績が下がる一方の息子

中1から中2の夏くらいまで大手の進学塾に通わせていましたが成績があまり伸びず、中2の後半から個人塾に変えました。

中2の学年末はあまり変わらなかったのですが、中3になってから中間テストで過去最低の順位になりました。特に国語と社会の点数が平均よりはるかに低く、塾長に相談したところマンツーマンで補習をしてくださることになり、週3の塾通いを週4に増やしました。

その後の期末テストは、国語は平均点に数点足らず、社会は30点以上下でした。他の教科も平均点ギリギリくらいで、、、またまた順位は過去最低でした。1学期の成績表は過去最悪でした。中3ということで内申書もかかっているというのに。。。

成績低下の原因は、塾だけにあるわけではありません。本人がギリギリまでテスト勉強をしないこと。テスト前日もネットゲームがやめられないこと。テスト勉強もずっと携帯をいじりながらしていたようです。現在は携帯を取り上げ、PC使用も1日1時間を厳守させるようにしています。

塾長に相談したところ、「補習代金はとらないので毎日でも塾に来させてください。塾に来ればゲームをしようと思っても出来ない環境です。」と言われました。8月に夏期講習が3週間あり正規の授業も週3(息子は週4、もしくは毎日でも良いとの事)あります。そうなると間に1時間半位のブレイクはありますが、午後1時半から9時半まで塾にいることになります。土日は休みですが、毎日そこまで塾で過ごさせて本当に成果がでるのか。。。学校の宿題がおろそかにならないか。。。不安です。いっそのこと今の塾をやめさせることも考えています。
塾長いわく「自分は個人経営なので、息子さんの成績不振は自分がくやしくてたまらない。絶対どうにかします!」とも言ってくださいますが、、、。

当の本人は、「家で頑張って勉強する。塾はやめたい。」とも言います。以前は、本当に家庭学習をしない子でしたが、最近は少しづつ(1,2時間)やってるようです。が、家で勉強できる子なら私も悩みません。多分、この夏休みもゲームやテレビの誘惑に流されると思います。

塾の先生を信頼して預けるか、息子を信頼して家庭で頑張らせるか、、、また効率の良い学習法などありましたら教えてください。よろしくお願いします。

中1から中2の夏くらいまで大手の進学塾に通わせていましたが成績があまり伸びず、中2の後半から個人塾に変えました。

中2の学年末はあまり変わらなかったのですが、中3になってから中間テストで過去最低の順位になりました。特に国語と社会の点数が平均よりはるかに低く、塾長に相談したところマンツーマンで補習をしてくださることになり、週3の塾通いを週4に増やしました。

その後の期末テストは、国語は平均点に数点足らず、社会は30点以上下でした。他の教科も平均点ギリギリくらいで、、、ま...続きを読む

Aベストアンサー

こんな言い方するともうしわけないですが?
どうも、親子で、受験勉強(中学3年の勉強)の仕方をつかみきれてないかも?ご両親は、きっと思い出せると思います。

暗記して、テストや問題集で確認!この繰り返しです。
ゲームをやってようが、問題集を毎日何度もこなしてれば、
覚えます、疑問点は塾の先生に聞けばよいし、問題集に
書き込まず、ノートに回答を書いてなんども試すだけです。答え合わせです。

最初は、わかってもわからなくても暗記です。これをやってれば
必ず成績は上ります。お母さんの見てる前で問題集をやらせることです。キッチン、リビングでもいいし。タイマーがあった方がよいです、20分もさせるのは、酷です、5分とか10分で終了休憩してまた。ゲーム感覚?

成功体験が少ないから、安易なゲームに、はまってしまうのだと思います。成績が上るまではお互いかなり我慢が必要ですが、上ったらいままで以上にほめてあげてください。

子供に「とにかく暗記、そらで覚えること!それが勉強!」って言ってあげてください。(creativeな勉強は大学に入ってからです)

こんな言い方するともうしわけないですが?
どうも、親子で、受験勉強(中学3年の勉強)の仕方をつかみきれてないかも?ご両親は、きっと思い出せると思います。

暗記して、テストや問題集で確認!この繰り返しです。
ゲームをやってようが、問題集を毎日何度もこなしてれば、
覚えます、疑問点は塾の先生に聞けばよいし、問題集に
書き込まず、ノートに回答を書いてなんども試すだけです。答え合わせです。

最初は、わかってもわからなくても暗記です。これをやってれば
必ず成績は上ります。お母さん...続きを読む

Q中1学年末テスト勉強法

どうも、こんにちわ

上のとおりに3月1、2にテストがあります、教科は国語、数学、社会、理科、英語、保体、美術、家庭
技術、音楽とぜんぶでてきます・・・

なにか(わがままですけど)おしえてくれませんか?勉強法です。

覚えやすくテストでよかったひととか先生とか塾でもいいですどうかおしえてください。

よろしくおねがいします。あと1週間ちょいなので・・・

Aベストアンサー

まず、得意な教科から始めて、やる気をだします。

次に、他の教科に移るんですが、勉強法として、100点を目指さない事です。60点位を目指せば、勉強量も減りますし、要点だけを押さえればよいので、楽になります。

あとは、テストの日程を見て、先にやる教科から手を付けて行くと、計画も立て易くなります。
+徹夜をせず、6時間は睡眠を取りましょう。寝る前に覚えた事は、睡眠中に記憶に定着しやすいので、寝る前の簡単な総復習と睡眠は欠かさない方がよいですよ。

ファイト!!

Q勉強苦手中学生の勉強と親の関わり方について

中一のわが子は成績は中の下、すぐにピンとこない方で要領もあまり良くないので親からすると歯がゆいのですが、自分なりに宿題は頑張ってこなしています。

苦手な数学と得意な英語は塾に行かせています。

最初のころは親の私も一緒に数学など勉強して子供に教えたりしていたのですが、段々難しくなってきました。子供に任せておくと、相変わらずの下の成績です。

皆さんは中学生の勉強に親として家でどの位、どのように関わっていますか?〔塾や家庭教師以外〕
自分も教科書を理解したりしていますか?

ちなみに都会の進学地区ではなく地方です。

Aベストアンサー

我が家にも中一の子がおり,地方に住んでおります。
子どもは質問者さんのお子さん同様で真面目なのですが要領が悪く,物事の道理というか基本を飲み込むまでに時間がかかります。

>皆さんは中学生の勉強に親として家でどの位、どのように関わっていますか?〔塾や家庭教師以外〕

親としての関わり方ですが,
私はできるだけ関わっています。

理解しているが問題を解くのに時間がかかっているだけ,と見極められれば黙っていますが,
理解していないないのだな,と感じれば教えます。
私は数学が苦手なので,数学は高校生の姉や父親に任せます。
本当は英語にも苦手意識があるのですが,英語は子供の教科書やワークなどをみて
自分も勉強しながら教えます。

塾には行っていません。
近くに適当なところが無い・・・近所の塾は,学校の定期テストの問題をストックしていて,
それだけを教え,成績を上げ実績をだすという方針なので,それはちょっと違うと思ったからです。

子供も当初は親の前で勉強することはあまり本意で無かったようなので,1学期の中間は自力でやらせました。
案の定入学直後に行った小学校の復習テストに比べると中間は惨憺たる結果に終わったので,その後は納得して一緒にやるようになりました。


>自分も教科書を理解したりしていますか?

私は勉強そのものというより勉強の仕方〈英語の場合は,各ユニットの基本の構文を見ないで言えるようにする,本文を音読する,単語を単語帳に書く等〉を教え,英語に慣らしていきました。

子供は自分の学習スタイルが出来,こつこつと学習を積み重ねて10月頃からはほぼ一人でやっています。
1月には英検の5級にチャレンジし,合格することができました。
自信がつき,その教科を好きになれば,後はもう一人でがんばれると思います。

数学は英語より「教える」ということは難しいです。
やっぱり自分が理解していないと教えられません。
幸い父親と姉が理数系なので助かっていますが。
私は問題集などは解答を片手に教えていますがなかなか難しいです。
でも,日中参考書などを読んだりして「中学校の数学」に触れるようにしています。




学校の授業だけで理解できる人は,「親なんかに教わるなんて」と思うかも知れません。
この子の姉は授業だけで理解できる子だったので,中学時代に勉強をみたことなんてありませんでした。
ですから,この下の子が中学生になるまで私も「中学生にもなって親に勉強を教わるなんて・・」
と思っていました。

でも,学校の授業だけでは「?」という子は多いのです。(元小・中学校の教員なので経験上。)
教わっても「?」なのに,一人で分かるようにはなかなかなりません。
明日にはまた新しいことを授業で習うのですから「?」「?」と増えてしまいます。
「?」が増えれば授業はちんぷんかんぷんです。
学校は基本勉強をしに行くところ。
授業が分からないことだらけになったら苦行以外の何ものでもありません。


授業が楽しいと思えれば学校は楽しい,という思いのもと,私は子どもの勉強に関わっています。

中学校は義務教育ですから,最低限ここで習うことは身につけさせなければいけないと思います。

高校に進学すれば,まさかもう手伝いませんが。

子供に中学までの学力を身につけさせる,というのは親の義務でもあると思います。

なかなか大変なことではありますが,お互いがんばりましょう。

我が家にも中一の子がおり,地方に住んでおります。
子どもは質問者さんのお子さん同様で真面目なのですが要領が悪く,物事の道理というか基本を飲み込むまでに時間がかかります。

>皆さんは中学生の勉強に親として家でどの位、どのように関わっていますか?〔塾や家庭教師以外〕

親としての関わり方ですが,
私はできるだけ関わっています。

理解しているが問題を解くのに時間がかかっているだけ,と見極められれば黙っていますが,
理解していないないのだな,と感じれば教えます。
私は数学が苦手なので,...続きを読む

Q勉強してもできない中1の息子です。

中1の息子です。小学生の時から勉強ができず、中学生になる時も心配していましたが、中学生になって個別指導をしています。
1学期の成績も悪く本人も高校進学を心配しています。
2学期も意欲的に自習に塾に通い、塾の先生からも3教科に絞ってやってみましょうとゆう事で、本人も数学に力を入れて取り組んでいました。毎日3~4時間ほど学習していましたが、結果はさんざんでした。数学は一桁です。親子共々何故なんだろうと落ち込んでしまいます。
本人いわくテストでは最後まで記入したいと焦る気持ちばかりで、帰ってから同じテストのやり直しするといくつかですが出来ているようです。同じ悩みをお持ちの方がいらっしゃいましたらアドバイスよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

学習塾をやっています。
勉強しても成績が上がらないのは、
自分にあった勉強法をやっていないからだと思われます。

学力別の勉強の仕方をブログに書いていますので、
よかったらお読みください。

参考URL:http://ameblo.jp/tmtanaka/entry-10283065182.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング