主人と同じ、日雇いで生計を立てている男の友人がいます。
友人は、「源泉徴収されてないので確定申告したことがない」そうです。
でも、個人の雇い主は、友人に支払ったという提出はしてると思うのですが…本人曰く、節税だと…
会社の恩恵(保険や各種手当)を受けられない分、自分たちの自己防衛だと…
国保はどうなってるのか聞いたら、日雇いの種類のに奥さんが手続きしてるらしいです。
住民税はどうなってるのでしょう?聞くの忘れましたが…

弟も、いい年したフリーターです。友人と同じく源泉出てないので申告してません。
独身ですが、親の扶養には入ってません。医者嫌いで、国保も入ってません。
周りが口うるさく言うと、「今さら国保加入したらさかのぼって払わされる。そんな金ない」と。
骨の見える怪我をしても、脂汗たらしながら苦痛に耐えて自力で治しましたが、そばで見ていた身内はたまったものではなかったです。

ながながとなりましたが、教えて頂きたいのは、

1.友人は罪に問われないのか。
2.友人が申告する場合、だいたいの所得額を源泉徴収票に記入(明細がなく、正確に判らない為)し、
一般の申告できるのか。(一般の申告をするのには、源泉徴収票が要るのですよね?)
3.日雇いの種類の保険って?
4.弟が国保に加入するには、莫大なお金が必要?親の扶養抜けて10年は経つと思います。

以前この場で質問させていただきましたが、色々話をきくうちに、さらに疑問が沸いてきて…
頭の中がこんがらがってます。
もしや、この質問は、脱税のしかたを教えて下さいともあながちとれなくもないような。。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

順番にお答えします。


1.もし確定申告をしたとして、税額があれば当然脱税の罪に問われます。
2.源泉徴収票は不要。当然申告できます。
3.日雇いの場合、国民健康保険となります。
4.国民健康保険は、今の状況では過去5年分にわたって請求されます。また国民年金(保険)は過去3年分の請求をされます。
夫婦のみの家庭(収入は夫のみ)の場合、年間所得で最低114万円なければ課税されません。ということは収入では180万円以下ということになります。
日雇いで毎日仕事をした場合、日給5000円以下なら所得税はかからないということです。したがって、あなたの友人の場合はもしかしたら脱税といっても住民税のほうのみになるかもしれません。
こんな回答でいいでしょうか?

この回答への補足

昔、お水のバイトしていた友達を思い出しました。高収入だったはずですが、申告した話は聞いてません。
#2の回答にあったように、そんな恐ろしい処罰があるというのにどうしてバレないんでしょう?
経営者は多額の給与を友達に支払っていると申告しているはずなのに……???(?н?)

>源泉徴収票は不要。当然申告できます。

その場合、一般申告できないのですよね?事業申告になり、経費を算出する方法になると聞きました。
経費で引けない友人に、過酷な課税はされませんか?

弟は仕事がある日とない日があって、僅かな収入です。
課税対象にもならないだろうし、国保料も安いとは思いますが、過去5年間さかのぼっては払えないと思いますが、一度役所に相談に行くよう話してみます。

補足日時:2002/03/12 00:35
    • good
    • 0

1.税務署から、税金を追徴されます(滞納税と重加算税をプラスして)。


 払えないで、告発、裁判になれば、払えない分を懲役で払うこともあり得ます。
 また、財産差押えということもあります。
2.源泉徴収票は不要。いつ、どこの会社から、いくらもらったか、帳簿(形式自由)があれば、申告できます。源泉徴収票は、先に源泉徴収(税金支払い)してないので、なくて当然。
3.日雇いも、国民健康保険や国民年金に加入義務があります。
4.時効があるので、10年もさかのぼることはないでしょうが、過去分を請求されます。

この回答への補足

昔、お水のバイトしていた友達を思い出しました。高収入だったはずですが、申告した話は聞いてません。
そんな恐ろしい処罰があるのにどうしてバレないんでしょう?
経営者は多額の給与を友達に支払っていると申告しているはずなのに……???(?н?)

>源泉徴収票は不要。いつ、どこの会社から、いくらもらったか、帳簿(形式自由)があれば、申告できます。源泉徴収票は、先に源泉徴収(税金支払い)してないので、なくて当然。

給与支払いの明細がなく、どこからどのくらいもらったか正確に出せないで概算で申告をしても大丈夫ですか?
その所得と給与支払い者が友人に支払った額が合わなかったら…
また、源泉徴収票がない場合の申告は、一般でなく事業申告となり、経費を算出しなければならないと聞きました。
経費で引けない友人にとって、過酷な課税になりませんか?

弟の国保ですが、仕事になかなかありつけず、収入は僅かなので課税の対象にはならないだろうし、国保料も安いとは思うのですが、#3の回答にあったように過去5年間にさかのぼる金額を支払うことができないと思います…が、役所に相談するよう一度話してみます。

補足日時:2002/03/11 23:59
    • good
    • 0

アルバイトでなおかつ手渡しの給与の場合、給与の明細が入っていても捨てたり、なくしたりして、給与所得がわからない場合がありますが、一般の確定申告をしないと、国民健康保険、年金等の資格が少なくなり、もらうべき年金がもらえない場合があります。

また、収入がある程度あり、源泉徴収がされていなくても、申告することにより収入や、各種税金の納入に応じて還付される場合もあるので申告したほうがいいです。
国保や国民年金の場合、未納の分については、全額か、分納で納めなければなりません。それは、本人と役所との相談になります。年金の場合、2年以上たった年金の未納分は納められなくなるので早めに手続きをしたほうがいいです。今は、若いからといっても年齢がたかくなると、病気等で入院する場合、保険が無いと金額が大変です。私もリストラで社保険から国保に変わったとき、収入がなかったので、保険は分割にしてもらいました。そのときの国保は半年の期限で分割での納金が6ヶ月以上になったときに残りの期限延長で国保をいただいたことがあります。
くわしいことは、近くの役所に相談してみたほうがいいです。それぞれの場所によって対応がかわってきます。
アルバイトで収入が少ない人の場合は、納税の対象外になることもあるので、面倒でも申告すれば、心配なく国の保険をうけることができるのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。お礼が遅くなってすみません…

>各種税金の納入に応じて還付される場合もあるので申告したほうがいいです。

源泉徴収されてないので所得税はひかれていないし、確定申告してないので国保税や住民税などは払ってないので
還付される事はないのでは?

仕事がなかなかまわってこない弟の収入は、かなり低いです。申告し、課税の対象外になるだろうし、毎月の国保料もかなり
安くなるとは思いますが、#3の回答にあったように、過去5年間にさかのぼって…となると、とても払えないだろうなと思います…が、一度役所に相談に行くよう話してみます。

お礼日時:2002/03/11 23:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q滞納処分停止 納税義務消滅 の通知書が届きました

具体的にこれはどういうことなのか、教えていただきたく思います。

「あなたの下記未納徴収金につき、地方税第15条の7第1項第1号の規定により滞納処分の執行を停止しましたので、同条第2項の規定により通知します。また、この徴収金については、同条第5項の規定により納税義務を消滅させましたので、あわせて通知します。」

H21~H22までは延滞金だけが残っており、
H22~H23は延滞金はありませんが、本来の納税額が残っています。

約2年前から、毎月1万5千円づつ支払っておりました。
そして、3ヶ月前に会社都合で離職し、今回支払う予定の地方税は免除されることになりました。

現在、貯金は殆ど無く、銀行に生活費の5万円ほどだけあります。


この通知書は何を表しているのか、わかりません。

地方税第15条の7第1項第1号
同条第2項
同条第5項

の内容を見ましたが、
滞納処分の執行の停止と
納税義務の消滅ということは書いてありましたが。。。

要するに、離職中の今は税金を払わなくても、滞納処分を一時的に停止するということなのか、
今まで溜まっている地方税はもう支払わなくても良いということなのか。

税金には時効というものはあると聞いたことはありますが、
こんな数年前の分が無くなるとは思えません。

どういうことか、教えてください。お願いします。

具体的にこれはどういうことなのか、教えていただきたく思います。

「あなたの下記未納徴収金につき、地方税第15条の7第1項第1号の規定により滞納処分の執行を停止しましたので、同条第2項の規定により通知します。また、この徴収金については、同条第5項の規定により納税義務を消滅させましたので、あわせて通知します。」

H21~H22までは延滞金だけが残っており、
H22~H23は延滞金はありませんが、本来の納税額が残っています。

約2年前から、毎月1万5千円づつ支払っておりました。
そし...続きを読む

Aベストアンサー

>就職をして、安定したら、再び督促されるということでしょうか?

そうではなく、免除されたと思っていいですが、法では、「免除しました。(もう支払わなくていいヨ)」とは、なっていないのです。
marucrestさんは、税金を支払わないので、何かを差押られているのでしよう。
その執行(換価)を、とりあえず、「しないヨ」と言うのが「停止」です。
「支払い義務もないヨ」と言うのが5項の「消滅」です。
3年過ぎれば、執行があるかも知らないし、支払い義務も復活しますが、
その場合は、一部の免除や全部の免除する。
となっています。
ですから、法律上で言うと、再び支払いしなければならない場合もあるし、支払わなくてもいい場合もあると言うことです。
事実上再び支払う必要がなくなっていますが、法は、「3年間様子をみて、それで決めよう」となっています。

Q家の大掃除をしていたら申告してない源泉徴収票が3年分出てきたのですが

家の大掃除をしていたら申告してない源泉徴収票が3年分出てきたのですが
これを今から申告した場合は3年分足しての計算になるんですか?

それとも一年ずつの計算になるんでしょうか?

分かる方居ましたら教えてくれませんか

Aベストアンサー

通常、給与所得者は会社で年末調整しますので確定申告は必要ありませんが…。
でも、医療費控除があったり、本業以外の給与や所得があれば確定申告が必要です。

>これを今から申告した場合は3年分足しての計算になるんですか?
いいえ。

>それとも一年ずつの計算になるんでしょうか?
そのとおりです。

Q乗っていない車の廃車 車検証紛失 納税滞納・・

5年ほど放置したままの車の廃車について色々と調べてみましたが、
やるべきコトが多すぎて頭が混乱してきましたので教えてください!

ダンナ名義の車が5年ほど実家に放置してあります。塗装も剥がれ、もう動かないと思いますので廃車しようと思っています。
そこで問題が・・・。

●家族に確認してもらったところ車検証が車内に見当たらない
●使用者はダンナの名前ですが所有者はディーラーの可能性あり(支払いは済んでいます)
●放置5年の間に結婚し転居したため車検証の住所と現住所が違う
●放置5年間、自動車税を払っていない
●実印がどれか分からない(購入時の実印とは別のものでも大丈夫ですか?)

車は業者さんに引き取ってもらうものの手続きは自分でやれるだけやろうと思っています。
実家まで車で2時間、ナンバープレートの車検場まで車で3時間かかるので出来れば1度で済ませたいところです。
まずは何から手を付けたら良いでしょうか?

1、住民票・印鑑証明・印鑑等を持って車検場に行き車検証の再発行
2、所有者・使用者が異なれば所有権解除
3、必要書類を持って車検場に行き滞納自動車税を納め一時抹消または完全抹消
4、業者さんに連絡し車の引き取り

このような手順で大丈夫でしょうか?必要書類等はネットで調べましたので大丈夫そうです。
書いてたら・・この状態でよく放っておいたなと呆れるばかりです(^_^;)よろしくお願い致します。

5年ほど放置したままの車の廃車について色々と調べてみましたが、
やるべきコトが多すぎて頭が混乱してきましたので教えてください!

ダンナ名義の車が5年ほど実家に放置してあります。塗装も剥がれ、もう動かないと思いますので廃車しようと思っています。
そこで問題が・・・。

●家族に確認してもらったところ車検証が車内に見当たらない
●使用者はダンナの名前ですが所有者はディーラーの可能性あり(支払いは済んでいます)
●放置5年の間に結婚し転居したため車検証の住所と現住所が違う
●放置...続きを読む

Aベストアンサー

お答えします。
まず実印は現在役所に登録しているものが実印です。購入時の時の実印は関係ありません。現在登録してる物を「実印」と言います。
でまずすることは対象の車の税金を支払って下さい。
支払い完了後、その支払った領収書を持ってその車を買われたディラーに行って下さい。そして「この車廃車手続きお願いします」を言いましょう。
現時点ではご自身で全てを行うとなると、かなりの労力と時間・交通費などの費用がかかります。
ここはディーラーの手数料で全てを終わらすべきだと思います。
多分支払う金額は差ほど変わらないと思います。

Q源泉徴収および源泉徴収表について

最近、派遣で仕事をするようになりました。それで、源泉徴収というものが、給料支払い時に天引きされているのですが、給与明細と言いますか、「労働条件通知兼就業条件明示書」というものを給料支払い時にもらって帰るのですが、そこには源泉徴収金額の記載が一切ありません。以下にお金に関して記載してあるものを書きます。

就労日 勤務開始 勤務終了 休憩時間 延長有無 支払条件 単位給 基本賃金 延長賃金 手当金額 交通費 安全整備料 備考

が書いてあります。手当金額と交通費はもらってないので書いてありません。安全整備費は、何のことかわかりませんがとりあえず何も書いてありません。備考欄も何も書いてありません。
それで、単位給から計算した基本賃金および延長賃金(たぶん残業代。単位給の約25.3%増しで計算した金額が記載してあります。)
それで、これを見ると源泉徴収額がいくらかまったくわからないんですけど、こんなもんなんですか?それとも記載されているべきものですか?
(一応、派遣会社の事務所には「給料がいくらのとき、どれだけ引かれるか?」という表が張ってあり、それ通りに引かれています。)

次に、源泉徴収したものを年末調整(?)で調整したら、いくらか返ってきたり、逆に払わなくてはいけないときなどあると思うのですが、「源泉徴収表」というのは、正社員でも派遣社員でも必ず送られる・渡されるものなんでしょうか?

源泉徴収とか所得税とか、初めてなものでよくわからないのですが、源泉徴収金額がもらって帰ってきた書類に何も書いてないので、なぜかと思い、源泉徴収表についてもあわせて質問しました。

最近、派遣で仕事をするようになりました。それで、源泉徴収というものが、給料支払い時に天引きされているのですが、給与明細と言いますか、「労働条件通知兼就業条件明示書」というものを給料支払い時にもらって帰るのですが、そこには源泉徴収金額の記載が一切ありません。以下にお金に関して記載してあるものを書きます。

就労日 勤務開始 勤務終了 休憩時間 延長有無 支払条件 単位給 基本賃金 延長賃金 手当金額 交通費 安全整備料 備考

が書いてあります。手当金額と交通費はもらってな...続きを読む

Aベストアンサー

>源泉徴収票というのは、会社側には作成して通知などをする義務があるんでしょうか

必ず渡す義務がありますが、それは来年の1月に渡せばそれで問題ありません。給料明細の表記の仕方に若干疑問がありますが、あくまで表記の問題でしょう。

Q転居と納税義務について

 税に詳しい方のみ回答お願いします。

皆さんのお知恵をお貸し下さい。

 税金滞納が残っている状態で、事情により住所変更(転居)

しなければならなくなった場合、滞納分はどうなるのでしょうか?

 <下記条件の場合>

(1) 現住所とは違う場所(市町村)に転居する。

(2) 家は持家、名義はそのまま。(現住所、名義人も変更無し)

 例えば

 A: 納税義務があるので、何も変わらない。
            (現住所の市町村へ納税)

 B: 家の固定資産税のみ納税義務が発生し、その他は請求権が

    無くなる為、納税義務が無くなる。

 C: 現住所の市町村へ家の固定資産税のみ納税義務が発生し、

    その他滞納分は転居先の市町村へ納税する必要がある。
 
 D: その他

上記回答の他、転居後の期間など条件ありましたら教えて頂ければ

幸いです。  

Aベストアンサー

・所得税・・・国税なので国内でどこに転居しようが、納税義務がなくなることはありません。

・市県民税 (住民税)・・・1月 1日に住民登録のある自治体に、6月から翌年 1月 (給与天引きなら 5月) までに納税。
この間に住所変更しても追っかけてきます。

・固定資産税・・・1月 1日に土地や建物を保有している自治体に、4月から翌年 2月までに納税。
土地や建物がある限り、住所変更しても永遠に追っかけてきます。

Q17年分の確定申告 源泉徴収の額と申告の額が違う!?

お世話になります。

10日ほど前、税理士から「管轄の税務署から17年分の減収徴収票の額と、申告の額が異なってるとの連絡を受けました。もしかすると追徴課税されるかもしれません」と連絡が入りました。

昨年は源泉徴収票と共に書類を渡したのですが、どこかで紛失されるというトラブルがあり、源泉徴収票なしで申告をしたそうなのです。

17年分の申告は、私自身が病気治療中ということもあって、詳細はまったく承知していないのですが、主人によると、そのときは勤務先の経理担当の方から、源泉徴収にある数字を聞き出して緊急で申告したとか・・・。

10日ほど前の電話を受け、再度17年分の源泉徴収票を受け取り、税理士に送ったのですが、その後連絡がなく不安な毎日を過ごしております。

質問は2つです。
まず1つ目は17年の源泉徴収票を受け取ったとき、印字される用紙が18年のものになっていたのですが、問題ないのでしょうか?
(数字は昨年末いただいたものと異なっているのですが・・・)

2つ目です。
追徴課税が決定するまでには、どのくらい時間がかかるのでしょうか?

どうしたらよいかわからず、追徴課税という言葉にとても恐怖を感じています。
よろしくお願いいたします。

お世話になります。

10日ほど前、税理士から「管轄の税務署から17年分の減収徴収票の額と、申告の額が異なってるとの連絡を受けました。もしかすると追徴課税されるかもしれません」と連絡が入りました。

昨年は源泉徴収票と共に書類を渡したのですが、どこかで紛失されるというトラブルがあり、源泉徴収票なしで申告をしたそうなのです。

17年分の申告は、私自身が病気治療中ということもあって、詳細はまったく承知していないのですが、主人によると、そのときは勤務先の経理担当の方から、源泉徴...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。

源泉徴収票の「年分」が平成18年分になっているのは、恐らく勤務先に平成17年分のストックが
もう無かったからでしょう。「18」を二重線で抹消して側に「17」と書いてください。
税務署から連絡があったということは、質問者様が修正申告しない限り「更正通知書」が
送られてきます。修正申告書又は更正通知書に基づいて過少だった金額を納付することになりますが、
延滞税や過少申告加算税(以下「附帯税」)が課されるときは、過少分を納付後に附帯税だけが
記載された納付書が送られてきますから、その納付書で附帯税を納付することになります。

追徴課税の可能性があるということは、確定申告書に記載した「源泉徴収税額」が
源泉徴収票の源泉徴収税額よりも大きかったために確定申告納付額が過少だった、
ということでしょう。
過少分は質問者様が元々納付すべきものだった訳ですから、
質問者様が負担し納付することになります。
問題は附帯税が課された場合です。
(1) 質問者様は税理士に確定申告書の作成を依頼し、その税理士に源泉徴収票を提出した。
(2) 税理士は質問者様から預かった源泉徴収票を紛失した。
(3) 確定申告書には源泉徴収票を添付しなければならないのに、
  税理士は添付しないまま提出した。
(4) 税理士は紛失後すみやかに質問者様に対して勤務先から再発行してもらうよう依頼し、、
  その源泉徴収票を添付した修正申告書等を提出すべきであったのに、これを怠った。
(5) 以上の状況について、この度税務署から連絡が入るまで、質問者様は税理士から
  一切知らされていなかった。
というような状況かと思いますから、落ち度は明らかに税理士側にあります。
附帯税は納税義務者に課されるものですから、たとえ確定申告を税理士に依頼していても
質問者様が納付する義務があります。
しかし、その原因が税理士側にあれば税理士に対して同額の損害賠償請求ができます。
その税理士とよく話し合ってみてください。

こんばんは。

源泉徴収票の「年分」が平成18年分になっているのは、恐らく勤務先に平成17年分のストックが
もう無かったからでしょう。「18」を二重線で抹消して側に「17」と書いてください。
税務署から連絡があったということは、質問者様が修正申告しない限り「更正通知書」が
送られてきます。修正申告書又は更正通知書に基づいて過少だった金額を納付することになりますが、
延滞税や過少申告加算税(以下「附帯税」)が課されるときは、過少分を納付後に附帯税だけが
記載された納付書が送られてき...続きを読む

Q固定資産税の滞納

震災後、加工場の全壊により、
収入源が無くなり、個人破産を選択しました。
その後、被災者向け個人版私的整理の記事を見かけて
その方法での債務整理に挑戦しようかと書類を集めています。

納税証明書を取り寄せたところ、固定資産税の滞納がありました。
固定資産税については、夫と夫の父の共有名義の建物で
建設当時、その土地にマイホームを建てるのを大反対だった
夫は家賃として毎月10万円払うけれど、住宅ローンや税関系は
一切払わないという約束で、義父の連帯保証人になり、建物のみ
共有名義としました。
私的整理では震災前の債務の滞納や税金の滞納があった場合には
対象にならないとのことなので、10万円程度なら
払ってしまおうと、税務課に問い合わせたところ
105万円とのことでした。
固定資産税の滞納を知らないでいた私達が
馬鹿ですが、本当に今回の納税証明書で知りました。
それまでも納税証明は融資の申し込みのときなど1年に1度くらいは
とっていましたが、今回初めて固定資産税の滞納が載っていました
けれども、滞納は平成15年から有ると税務課で言われました。
そこも疑問なところなのですが・・

今はもう貯蓄や義援金・支援金も底が見えてきて
とても払える金額ではありません。
自営業の再会の準備と平行して仕事は探していますが、
現金収入はほとんどありません。

持っている不動産はほとんど津波被害で価値はありませんが
私的整理により持ち物ではなくなってしまいます。

このまま固定資産税を払わないでいたら、
どうなるのでしょうか?
差し押さえられる資産があってそれで滞納が無くなれば
ありがたいのですが、金目のものは流失し、震災後に流失した
車の変わりに買った中古車も価値は無いようです。
差し押さえられる収入もありません。
どなたか教えてください。
生活費が無くなってでも払ってしまったほうがいいのでしょうか?

震災後、加工場の全壊により、
収入源が無くなり、個人破産を選択しました。
その後、被災者向け個人版私的整理の記事を見かけて
その方法での債務整理に挑戦しようかと書類を集めています。

納税証明書を取り寄せたところ、固定資産税の滞納がありました。
固定資産税については、夫と夫の父の共有名義の建物で
建設当時、その土地にマイホームを建てるのを大反対だった
夫は家賃として毎月10万円払うけれど、住宅ローンや税関系は
一切払わないという約束で、義父の連帯保証人になり、建物のみ
共有名義としま...続きを読む

Aベストアンサー

私的整理ではなく、自己破産なら財産処分で

税金の滞納も片付くと思います。

信用情報についてマイナスがあったり弁護士費用が発生したりと

デメリットはありますが、100万の滞納が処理できるのであれば

いいのではと思います。

これから大変な時だと思います。少しでも現金が残る方法を・・

がんばってください。


追記:被災した方に意地悪な回答はやめましょう

Q源泉徴収票の摘要欄に国保について明記されていません

先日、源泉徴収票にミスを見つけたので総務に年末調整やり直しをてもらいました。4月に再就職したため、1~3月分として今年支払った国民健康保険料を保険料控除申告書で申告したのですが、社会保険料控除に反映されていなかったからです。

この点については解決したのですが、摘要欄が空欄になっています。先日こちらのカテゴリで教えて頂いたところによると、

>社員が「保険料控除申告書」に書いた社会保険料の額を摘要欄に記載することになっています。

とのことでした。

やはり、摘要欄に「国保xx円」などと明記するように総務に言ったほうがいいでしょうか。

Aベストアンサー

>先日こちらのカテゴリで教えて頂いたところ…

それはどこかの社のローカルルールです。

>社会保険料の額を摘要欄に記載することになっています…

国税庁の様式では、国民年金はたしかに付記するようになっていますが、国保についてはそのような定めはありません。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hotei/annai/pdf/23100051-7.pdf

>総務に言ったほうがいいでしょうか…

数字自体に間違いがない以上、確証のないことを押しつけたりしてはいけません。
摘要欄のメモ書きうんぬんで、源泉徴収票としての効力が失われるわけではありません。

Q納税証明書その2の発行について

引越しのために納税証明書その2が必要になりました。
前期分H19年分(H18年度分の)納税証明書が必要なのですが、お恥ずかしい話、現在H19年の3,4期分の市民税を滞納中です。

前期分までは完納しているからといって前期分だけの納税証明書は発行してもらえないのでしょうか?

すべて納税しないと、前期分H18年度分?の納税証明書は発行されないのでしょうか?
年度ごとの発行はしていないのでしょうか?
(年度で区切られているものなのかがわからないので;)

どなたかお答えいただけないでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

納税証明書その2というのは、税務署で発行してもらう書類です。確定申告をしていれば発行してもらえますが、していなければ発行できません。

市民税の納税証明は、年度分ごとに発行され、滞納があっても発行してもらえます。
ただし、何年度何期分未納と記載されています。

Q源泉徴収票から

前職場に辞める相談をし、辞めると決定してから新しい職場の面接に行きました。
一ヶ月しか続かなかった事を新しい職場に知られるのがコワくて職歴にも
書いてありません。
採用していただき書類を揃える時に「あれば前職場の源泉徴収票」と書かれて
いました。
源泉徴収票には前職場の退職年月日は記入されているのですか?
前職場に郵送をお願いしてあるのですが、まだ手元に届いていません。
7月30日で退職したのですが、7月27日の面接の時「現在お仕事は?」と
きかれた時「していません」と答えてしまい、今頃困っています。

Aベストアンサー

源泉徴収票には「退職年月日」が記載されてますよ。

退職した場合には一ヶ月以内に、退職者に源泉徴収票を交付しなければならない規則がありますので、それを再就職先に提出します。

面接時に「無職です」と云ったが、源泉徴収票を見ると嘘だとばれてしまうのでどうしようという事でしょうか。
前職の源泉徴収票に記載されてる退職年月日と、面接時に「今は無職です」という応対をリンクさせて「こいつは、言うことが違ってる」と言い出す人がいるかどうかです。
採用担当者が源泉徴収票の退職年月日をわざわざ調べることはないでしょう。
面接のときの発言の裏を綿密にとって、今更どうなるものではありません。
「お前は、うそをこきやがって。首だ首」という会社もないと思いますよ。

以前の会社の源泉徴収業を現在の職場に出すのをためらうなら「未だ発行されてない」と言い張り「自分で確定申告をします」としましょう。
実は前職の源泉徴収票の提出がない人に対しては、会社で年末調整ができません。
ですから、貴方が自分で確定申告をするしかないのです。

なお、翌年1月に源泉徴収票を受取るというのは「年末調整を受けた人」です。
貴方は中途退職してますので、旧社では年末調整がしたくてもできません。
ですから退職してから一月程度で源泉徴収票をくれます。
会社によっては「来年の1月にならないと交付できない」というところもあります。
規則は「退職してから一ヶ月以内に本人に交付しなさい」となってますよ。

源泉徴収票には「退職年月日」が記載されてますよ。

退職した場合には一ヶ月以内に、退職者に源泉徴収票を交付しなければならない規則がありますので、それを再就職先に提出します。

面接時に「無職です」と云ったが、源泉徴収票を見ると嘘だとばれてしまうのでどうしようという事でしょうか。
前職の源泉徴収票に記載されてる退職年月日と、面接時に「今は無職です」という応対をリンクさせて「こいつは、言うことが違ってる」と言い出す人がいるかどうかです。
採用担当者が源泉徴収票の退職年月日をわざわざ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報