「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

今日が亀田選手の世界戦ということで、TVやラジオで特集をたくさんやってます。
その中で必ずあるのがインタビューなのですが、いつも「見とけ!今日はすごい試合したるからなぁ」とか、「今までにない世界戦にしたるからなぁ」などと自信たっぷりな発言をするのですが、その自信は何処から来ているのでしょうか?
あんな自信たっぷりの発言をするスポーツ選手なんてそうはいません。
みなさんの考えをおしえてください””

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

こんにちは。



>その自信は何処から来ているのでしょうか?
今回の相手なら、本当に勝てる自信があるのでしょう・・・。
それとNo3さんご回答の様に「亀田ファミリー」は
ブランドとしてすでに確立されいています。
更なる「注目度」をあげるために「ビッグマウス」を吐くのはこの世界(格闘技等)では常套手段でありしごく当然の事です。
(TV局・スポンサー等しがらみがありますから・・・)
さらに追い討ちをかけて対戦相手が亀田に対して「オムツ」と「おしゃぶり」を渡したシーンが流されていましたが「やらされてる感」ったっぷりで不謹慎ですが爆笑してしまいました・・・。(ランダエタが不憫におもいました)

ここからは回答の本質とは離れますが
本当に残念なのは、こういった「パフォーマンス先行」が「亀田興毅」の実力が不当に評価されている点です。
私は日本ボクシングを数十年見ていますが亀田興毅は渡辺二郎(ユーリは除く)以来の軽量級の「逸材」と感じます。(私は辰吉の評価は低いです)
だからあえて「パフォーマンス」に走らず
「本当の実力」を眼下に示して欲しいのだが・・・。
そして、試合が終われば戦った相手を「リスペクト」する気持ちを持って欲しい・・・。
(特に亀親父に言いたい・・・)

世界には「強い奴」は、いっぱいいます。
それを撃破してこそ「亀田伝説」ではないか!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わたしもそのことを亀田父に言いたいです。
同じ考えを持った人に回答していただき嬉しいです。
ごていねいな回答をありがとうございました。

お礼日時:2006/08/05 13:47

まあ先ほどはスポンサーやらファンの手前やらブランド化みたいな方面で書きましたが、亀親父は「『勝つ』って口にだして必ず勝ってこい」と教えて、それを実現できるようにいろいろと知恵やらなにやらめぐらして、朝から番まで息子しごいているわけですよね。



そして息子は親孝行にもほどがあるくらいに、そのつどきっちり勝利をおさめています(判定のときもありましたが)。

いままでの試合に勝利し積み上げてきた成功体験からくる自信と、親の言うことをきっちり遂行して、家族とまわりの人間に認められるという社会的な成功からくる自信。

あの自信には現に根拠があるものなんですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有言実行ですかね?やはり自信には根拠があるんですね。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/05 13:48

たとえすごく不安に感じてたとしても、ああいうふうに周りが言わせているわけです。

たぶん最初はおやじがいわせてたんでしょうがね。盛り上げる為と自分を追い込む為によくあることです。

確かにあるていど自信はあると思います。
相手はミニマム級でやってた選手。一階級あげてきたわけですし、亀田選手は一階級下げてきたんですから、実質2階級違う選手の対戦です。ボクシングで一階級違えばぜんぜん変わりますからね。その階級のトップ選手同士であれば2階級も上の方がメチャメチャ有利でしょう。
言ってみればちょっときたないマッチメイクですね。

そういうマッチメイクができるのも、デビュー前からテレビ局がついていたりスポンサーがいるからで、今のボクシングは実力だけでは世界戦のマッチメイクは出来ませんからね。あまり実力がありすぎても対戦を避けられますし。
実力的には有利な条件で、勝てばランキングが上に上がっていける対戦を組めるのも、実力以外のマッチメイクの力、お金の力が無いと出来ません。ちょっとぶっちゃけ話でつまんない話ですけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはりお父さんが言わせていたのでしょうか?
関西の方ってけっこうああいうところあると思っていたのですが、関西の友達に「関西人でも考えるよ。そぉいうところはな」と言われてしまいました。となるとやはりお父さん・・・
ちょっと同じ考えを持った方にご回答していただき嬉しいです↑ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/05 13:44

亀田選手は既にブランドです。


ビッグマウスインタビュー、そして試合では猛烈な手数で5ラウンド以内のKO勝ちにこだわり、その後マイクパフォーマンスでファンと交流。

そういうスタイルのある種のブランドにファンが、そしてスポンサーがつくわけです。

もし本人が本当はビビリはいっていたと(というか闘いを目前にしてビビリが入らない人間などいないわけですが)ごく近いの家族や親戚だけならまだしも、TVで見ている世界中のファンの前でそんな醜態さらすわけにはいかんとおもいます。

夢と希望を背負ってる以上、後ろ向きなものやことがらはありえないんではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ファンの期待を裏切るわけにもいかないですしね。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/05 13:41

大口を叩く



そのうち負けて批判を受ける。自暴自棄に。

改心して一からやり直す
(ここでロッキーのテーマ)

チャンピオンになる

めでたし、めでたし。という筋書きなので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはりそのうち負けて改心するのでしょうかね。
私的には、年上の人に敬語を使わないのが気に食わないんですよね。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/05 13:40

相手がチャンプではない。


2階級差のパンチ力の違い。
世間の広さを知らない。
いざとなったら金的。

とかじゃないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱり世間の広さを知らないのでしょうかね?
ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2006/08/05 13:38

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング